5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「はやぶさ」カプセル投下技術はまじやばい

1 :はやぶさ君:2010/06/14(月) 01:46:38 ID:udTD/wy/
538 名無しのひみつ 2010/06/14(月) 00:09:30 ID:gZNDBpwM
えらい気合い入れてガチで観測してんだな。
NASAはいつもスペースシャトルで大気圏再突入してるだろ

541 名無しのひみつ sage 2010/06/14(月) 00:10:53 ID:J8jnO32V
突入速度がスペースシャトルの数倍以上なので、今後の参考にするとか

645 名無しのひみつ sage 2010/06/14(月) 00:46:08 ID:rRcfo2P2
欲しいのは、再突入時のデータの方。
新しい宇宙船から核融合炉まで応用が期待されている。

>もちろん、大気圏外から、ほとんど誤差なしでターゲットを狙える再突入技術は、
>列強の注目の的だよ。
そりゃ、あのカプセルが爆発物ならば、宇宙から攻撃できるもんな。
軍事関係者がよだれを流すよ。
はやぶさ本体は、通常の地球周回する人工物よりも速いスピードで動くので、
高高度で周回させておけば、他国の人口天体から攻撃されることもない。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 11:18:17 ID:mLaJYIOR
こういう技術は絶対に輸出禁止にしろ
ソニーのイージス艦用アクティブフェイズドレーダーとか
KDDのステルス機用電波吸収塗料みたいな
売国反平和憲法違反企業と同じマネは許さないぞ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 15:33:54 ID:oK6I4Iom
爆弾なんていらないよ、燃え尽きない大きさの石でよい。

日本も何気に最終兵器を手に入れてしまったんだ。
宇宙開発も出来なくなるだろうな、特に無人の帰還の実験なんて絶対に潰される。
米露に次ぐ軍事大国になってしまった日本はその責任も大変なことになるし、NPT以上の組織も必要になるとおもう。

カプセル開ける前にパンドラの箱あけてしまったんだよ、今後流れ星は恐怖の象徴となるだろう。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 22:31:50 ID:HYd/aYhE
まぁある意味そうなるね
北京のとある場所にも正確に落とせるということは
ものすごい事だよ
パラシュートの減速無しだとどうなるか
ツングースカとかの話を見ればわかる

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 22:34:05 ID:HYd/aYhE
>>2
しかしながら宇部のチラノ繊維が輸出されているからw
日本人がリミッター解除してトコトンやったらどこまでいくんだろうか


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/14(月) 23:22:03 ID:I0kSQdR+
アメリカが躍起になって開発してる新型ミサイルが、火薬や核を使わず弾体をぶち当てるモノ
発射後大気圏を脱出して宇宙で方向転換し、マッハ10以上で大気圏再突入して目標に衝突。
爆発しなくても衝撃波だけで既存のミサイル以上の破壊力を持たせる。
ちょうど超高速で突入するはやぶさとカプセルは、まさにジャストタイミングの実験材料。
同じ条件の単独実験なんかやったら、とんでもない金が掛かるから米軍開発者は喜んだろう。

7 :F-14N 猫型卓上戦闘機♂:2010/06/15(火) 02:26:32 ID:gNlKX/Xl ?2BP(0)
確かに、大気圏外からほぼ誤差なしの的のど真ん中に
当てた技術は凄すぎだにゃー
しかも、満身創痍な状態のハヤブサからだから、
正常な制御可能な機体からなら、もっと細かく狙える可能性もあるにゃー

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/15(火) 06:51:57 ID:IoKacbbO
他国からは、お人好しと思われている日本人。
技術の高さ。本気を出すと怖い民族。
日本を支配したい某国には脅威だろうな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 19:32:06 ID:Pq44EpPz
でも誘導能力のあるICBMは既に高い精度を持ってるから特別重要でもないと思うけど

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 19:37:02 ID:MUNDEAFn
撃墜できない新型ミサイルの技術に応用できそうだな
地上でレーダー妨害しようがなんだろうが関係ないからな

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 22:17:41 ID:rAN6YcIG
↓これくらい変態だし、仕方ない

688 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2010/06/12(土) 07:53:20 ID:x0JU1fH7
> ・日本初人工衛星おおすみを打ち上げたL(ラムダ)ロケット
> コンピューター搭載したり、地上の基地から通信したり、誘導機能つけんなよ。とアメリカや中国に言われたので
> 火薬の出力を調整して、点火後に〜〜秒経過で、燃焼が〜〜で推進量が〜〜で角度が〜〜になって速度が〜〜になって、打ち上げ成功
> って漫画みたいなキチガイロケット作って実際に成功してしまった。
> (世界初というか、世界で唯一)
> 一度点火したら、後は放っておいても、勝手にワシントンやニューヨークに着弾するロケット作られたも同然なので
> アメリカが大慌てで、日本政府にデルタロケットの技術の提供をしてきたのは、言うまでも無い。
>
> ・この前の5月に種子島で打ち上げたH-2Aロケット
> 適当な高さに到達したら、エンジン停止して、大学の作った衛星を何個か分離
> エンジン再点火してフル加速 金星探査機あかつきと宇宙帆船イカロスをぶっ放す
>
> これはあくまで練習して、大学衛星は実験用のモルモット

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 23:19:32 ID:cFx3T5hj
今回の実績とデータは日本が保有してるが
カプセルの耐熱技術は極秘でもなんでもない。
http://kotobukibune.at.webry.info/201003/article_30.html

耐えられないから溶けながら放熱し落下する方法を選んだだけ。
再利用するわけじゃないし。
アブレータ耐熱材くらいすでに各国で実用化されてる。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 23:32:03 ID:USbkbMZj

  反日のJaxaに税金を払うな
       2010/06/15 21:35

ハヤブサに関与していた科学者は政治的に偏向していた。
なぜなら日本国の税金を使い放題、しかし日の丸の一振りもイトカワに置いてこなかった。それでいて宇宙大航海の幕開けだとさ。

科学者が自分の好き勝手な研究しても、その金が国民の血税=税金から出ているのだとしたら、
その税金を苦しくとも払う国民を参画させるために、表象が必要だ。
それが当然、国旗日の丸だ。ところがjaxaの研究者はその第一義を無視して、
ただ行った着陸した、良かったね〜と脳天気なあほさかげんを見せているだけだ。
奴らに誰が金を払っているのか、国民全員だ。日本国だ。
それも無視して、国旗を置くことなど考えもいれず、ただ金欲しいと喚いているだけだ。

これほど国家国民をバカにしたアホ科学者の計画なら税金つぎ込むこと無い。
ハヤブサ2など止めろ。

アポロで月面に降りたアストロノートがまず何したか、星条旗を立てたのだ。
それを分からないJaxaにはもう税金を支払うな。


http://tribesmanasia.iza.ne.jp/blog/entry/1654664/



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/16(水) 23:46:37 ID:2i9rE8jG
1個100円のダイオード実装でさえ質量バランス組むの大変なのに、日の丸だなんて・・・

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 13:35:30 ID:9tSkNkOw
>>12
方式は知られているけど、素材については各国の技術レベルで違いが出るんじゃね?
さらに素材があっても大気圏に突入させた結果を持っている実績が重要。

計算上は2cmでよいと思っていたが、実際にやったら3cmほど侵食されたりして・・・・・。
仮に今回の耐熱素材がスペースシャトルの断熱素材よりも効率が良かったら、新型のシャトルが建造されるかもよ?
耐熱部分だけアタッチメントで取り付け取り外しが出来るようにすれば、面倒なタイルの強度チェックと交換が不要になる。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 16:05:50 ID:isBsDItG
>>15
アポロ計画で散々データが取れてる
アポロの帰還船はこの方法で大気圏に突入して安全性が確かめられた
あとこの揮発する断熱材では効率が悪いからスペースシャトルは今の断熱材が使われている

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 17:46:58 ID:vzVEVmNR
この耐熱素材使ってコンクリの塊を落とせば安上がりじゃね?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 19:04:11 ID:IZ3Zeogh
>>15
ハヤブサはシャトルよりはるかに高速で大気圏へ突入している。
この速度での断熱材の運用データはNASAも持っていない。
だからこそNASAも注目し、わざわざオーストラリア上空まで観測飛行機を飛ばした


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 19:32:16 ID:NFQkTtmJ
イトカワ周辺の適当な小惑星を持って帰ってくる技術を確立してほしいな


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 19:51:10 ID:1M9487t2
>>11
それ誘導機能つけんなって言ったの日本の社会党で他国じゃないよ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 20:35:52 ID:yGDsqzYU
>>19
隕石を故意に降らせる技術とな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/17(木) 23:53:44 ID:lZmH98Hg
ABC兵器以外で抑止力があるのが素晴らしい
適当な軌道上に
耐熱処理したイオンエンジン付きの石塊を飛ばしていればOKって事か

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 01:23:55 ID:0O/f3kcw
いわゆるNASAのスパイ行動ですね

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 01:29:23 ID:0O/f3kcw
あの耐熱材は宇宙から攻撃できるミサイルの弾頭に使える。
データ収集兼ねて偵察してたかもね。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 02:38:09 ID:vpyl9Uc2
>はやぶさ本体は、通常の地球周回する人工物よりも速いスピードで動くので、
>高高度で周回させておけば、他国の人口天体から攻撃されることもない。

なんか微妙に頭悪そうな発言だな。
はやぶさは地球の重力を振りきって
小惑星帯まで到達する宇宙機だから
通常の人工衛星より早いと言うのは正しいけど
そういう速度で周回させておくことなんてできないんだが。
周回させようとすると(その軌道において)
他の人工衛星と同じスピードになる。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 03:05:48 ID:Bq2jY/pY
米国科学アカデミー・国際安全保障と軍備管理委員会(CISAC)1994
Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium:
原爆に不発は無い!?
計算によれば、核物質が初めて連鎖反応維持可能な大きさまで圧縮された時点、
つまり設計上最悪の時点で早期発生が起きた場合でも、長崎型の比較的単純な装置で1ないし数キロトン
(kt:TNT火薬1000トンに相当する爆発力)程度の爆発力になる筈である。このような爆発力は
「fizzle yield」と呼ばれるが、1ktの爆弾は、破壊力の半径が広島爆弾の3分の1程度に及び、
潜在的に恐るべき爆発である。厄介なアイソトープの比率が如何に高くても、爆発力はそれ以上低下しない。
より高度の設計技術を適用すれば、原子炉級プルトニウムでもより高度の破壊力を持つものが生産可能である。
そして日本は10,000発分以上のプルトニウムを保有している。
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/
     (P   (゜д゜)   P)
      \/| y |\/
         ( ゜д゜)  (P)
         (\/\/


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 04:02:57 ID:vkvz6cYF
遠くにある小惑星を少し押す技術があれば 核ミサイルは要らない

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 05:31:26 ID:Uvl6eZC8
>>27
核とか比じゃないだろ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 09:07:00 ID:gvu/lgXo
コロニー落としだったのか…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 10:09:27 ID:yPNvDQDr
スレの方針とは別な話になるが、
今後地球に対して衝突の恐れがある天体があるならば、
できるだけ対象を早期発見する事によって
はやぶさ2号とかを派遣して天体の軌道を修正し、
回避するプロジェクトが可能になる。
という事ではやぶさの功績を称えたいのだが・・・

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 10:12:07 ID:tSW7fNW4
はやぶさのカプセルがパラシュート無し
つまり急減速と風の影響を受けないで落下したら
1`bの誤差はどのくらい狭まったのだろうか
10bくらい?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:02:53 ID:+KhTFV6t
>>31
1mの風呂敷くらいって話w

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:08:30 ID:C8ZPv/uD
>>30
よくわかんないんですが、つまりはやぶさ2号でその天体まで行って、
穴掘って爆弾埋め込んでくるわけですね。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:13:56 ID:q3aSw342
http://www.youtube.com/watch?v=_4CeVVhpdW8

はやぶさのサンプル採集の動画なんだけど(1:50あたり)
埃とか舞い上がったとしてもカプセルに入る原理がよくわからない。
教えてエロい人。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:16:26 ID:NXrWY+Hq
やっぱり立つよなww

1.H2Bロケットで静止軌道まで8tのペイロード打ち上げが可能。
2.精密誘導でピンポイント(誤差500m)で帰還衛星を誘導できる。
  GPSを使えば更に精度は上がる。
3.プルトニウム保管量45t(2005年末)

これを組み合わせれば、何ができるかわかるよな?

とりあえず、プルトニウム100kg積んだ地球帰還可能な衛星を
50個ほど静止軌道に乗せとけ、ってことだww

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:29:41 ID:PWne64sR


   , ノ)
  ノ)ノ,(ノi
  (    (ノし
┐) ∧,∧  ノ
..|( ( ....:::::::) (  「やれと言うなら30cm円内に当てて見せるっ!!」
 ̄⊂/ ̄ ̄7 )           
 (/ 川口 /ノ
   ̄TT ̄




37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:34:14 ID:HS+qb0P7
>>8
よくよく考えたら、アメリカ相手に宣戦布告して本当のガチ戦争して
アメリカ軍兵士殺しまくった唯一の国なんだよな・・・

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:50:59 ID:WpLjXSJu
>>27
アクシズ落としですね。

http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100618-OYT1T00347.htm
「カプセル表面に、打ち上げ前の2003年3月18日という日付と、カプセル開発などに
携わった20人の名前が書かれた名刺大の紙がはられているのが見つかった。
名前ははっきり読める状態で、大気圏突入時に紙が傷むような熱はかからず、
安全に落下した様子がうかがえたという。」

この事実は結構凄いと思うけれどどうなのだろうか。名刺大の紙が大気圏突入の高熱に
さらされることなく地表まで届いたということ。最高温度は何度だったのだろうね。
紙が傷まない温度に耐える生物兵器を入れることが可能と言外に言っているように見える。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 22:56:52 ID:obcaVpXi
>>1
人工惑星舐めすぎw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 23:08:50 ID:QJEiWEBq
>>16
技術の進歩を判っていないね。
今回の防護カバーはアポロ計画の際に使われた素材とは全然違う物なのだよ。
従来よりも薄く軽くできるようになっている。
でも予定通りの性能を出せるか確認する必要がある。。だからはやぶさに搭載して実証試験を行ったんだよ。

ちなみに今回の突入スピードの場合、シャトルの断熱材では耐えられない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 23:12:22 ID:WxKmNt3O
>>13
国旗を置く機能ってどんだけ無駄な機能だよw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 23:29:05 ID:QXQd0OqE
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000635-san-pol.view-000

なんでこいつはこんなに胸元あけてるわけ?セクハラじゃん。
そもそも男は襟まであるシャツにネクタイまでしているのに、
女は何でこんなふざけた服装が許されるの?
女を前面に出しておいて、男がそこを見るとセクハラとか言い出す始末・・・
スーツでさえ女の服装が乱れている現状についてどう思います?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 00:18:39 ID:Q2/12xit
>>37
米兵を殺しまくった国は複数あるだろうが、米海軍の根拠地や米国本土を空襲した国は他にないだろうね。

日本は、潜水空母やら風船爆弾やらの変態兵器で米国本土空襲した実績があるから。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 01:21:33 ID:FhRFPYO+
大気圏突入でも燃え尽きずに大ダメージをあたえらる程の物体を打ち上げるのってどれだけエネルギーが要るのかな。
宇宙空間にある物体を落とすにしても大気圏まで持ってくるまでがえらい大変だな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 01:25:44 ID:cjRQ5PpI
米本土への攻撃なら米英戦争と9/11がある





46 :30:2010/06/19(土) 11:02:00 ID:st2GDRuB
>>33
遅くなりました。
軌道修正を目的とする爆弾という意味だと思いますが、
その爆発力が天体を破壊してしまうと、かえって危険を増します。

天体の規模にもよりますが、大気中で燃え尽きないサイズの塊が
たくさん出来てしまう可能性が高くなるのです。
(クラスター爆弾を喰らうという例えは適切かな?)

従って、早い段階で対象の天体に衛星を着地させて、
対象を破壊しないレベルの力を与えて徐々に軌道を変えてやる方法が重要になります。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 11:35:02 ID:eeW82iKV
酸素カプセル 11246 image jpg
http://www.hotfrog.jp/Uploads/PressReleases/%E9%85%B8%E7%B4%A0%E3%82%AB%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%AB-11246_image.jpg
酸素カプセル
http://linkhunter.pa.land.to/get.php?u=www.h-mahoroba.com/imgs/medical_info/oxygen_1.jpg
シェンペクス高気圧酸素カプセル チャンバー
http://www.pro-este.com/images/shenpix.jpg
高気圧酸素カプセル専門店 グラティア
http://spa.e-kuchikomi.info/clinic_image/0000001868.jpg
酸素カプセル
http://salon.cocoon-o2.jp/img/pic_01.jpg


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 21:10:18 ID:kug1xXVI
膨大な燃料と、加速に必要なエンジン、微妙な軌道計算がほぼ自立制御で出来るAI
しかも一発勝負(ばれたら世界中から袋叩き!)非常にリスクが高すぎます。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 22:06:16 ID:fS72Rjtt
>>43
なにげにあれ、ジェット気流を使った兵器なんだよね。
ただの思いつきじゃなくて、もともと航空隊ができる前にあった、
気球部隊のデータをかなり活用して作られてる。

実際には到達して結構、恐れられたみたいだ。
もっとも日本軍はBC兵器は使わなかったので、大きな被害はでなかったけど。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/19(土) 22:07:11 ID:fS72Rjtt
>>35
固体燃料ロケットのM-5のほうがよくない?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 02:11:43 ID:9pd6fW8H
>>37
ガチ戦争ならベトナムもやってる
米兵殺しまくった

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 02:52:26 ID:mm/U7Is4
>>51
しかし、
対日本軍での死者>ベトナム戦争での死者

岡崎久彦氏が、ベトナム軍の将軍と話をしたときに、
硫黄島、沖縄での米軍戦死者数を語ると、
「どうしてそこまで殺せたのに日本軍は勝てなかったのか」と
不思議がられた、という話がある。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 03:46:44 ID:FEYEPbmG
>>3
でもまあこれに比べたら米軍のデイジーカッター程度で十分なんじゃない?
時間的にも衛星に比べてすぐ済むし、激安、阻止されるリスクの発生回数とかは
衛星に比べて少ないし、結局転用するには単純に金の無駄だと思う。

ただカプセル持たせた衛星を常時50個くらいあちこちに放出して別主用途で
運用しつつ、有事の際には即コロニー落としへの任務切り替えができるという
のなら、十分抑止力にはなりえると思う。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 09:00:13 ID:MznyKus8
>>13
支那からの指令で反対してのかw
軍事転用されては、中共政府は困るからな。
なんせ、日本に戦争して勝ったためしがないw


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 09:58:45 ID:vecejA77
>>54
しかし却ってやぶ蛇の結果になる所がアホの社会党らしいw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 12:02:32 ID:Mp0nPTor
>>53
人工衛星に再突入機能つけられる。ってだけでいいんじゃない?表向きはスペースデブリ地帯に置きたくないから大気圏で焼却処分しますよってな感じで。今思ったけど、はやぶさは環境にどのくらいの悪影響を与えたんだろうか。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/20(日) 16:14:17 ID:8FoCZlGV
のび太の心を持ったジャイアン

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/21(月) 08:57:14 ID:wJRwcKgC
>>48
それ、シューメーカー・レビー彗星を例とした場合でも同じ事が言えますか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/21(月) 22:05:13 ID:a9HECAHW
シュメイカー・レビー!、最後にバラバラになって、木星に突っ込んだ奴ですよね
彗星ですから加速は十分です、問題はコントロールがほぼ不可能(汚れた雪球の為、太陽に
近付けばガスが吹き出し、塵が出て核の形も変わります)近付く事さえも出来ず、
最初に付いた勢いのまま、地球の引力に引かれて、地球の何処かに落着しました。
そんなロシアンルーレットみたいな兵器やめてくれー!

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 03:08:23 ID:WsbdhJ+G
プルトニウムでも広島型原爆は製造可能だった!
Mark2原爆「シンマン」 (写真あり)
http://ja.wikipedia.org/wiki/Mark_2_(%E6%A0%B8%E7%88%86%E5%BC%BE)
早期爆発といっても広島の1/3の被害半径!
計算によれば、核物質が初めて連鎖反応維持可能な大きさまで圧縮された時点、
つまり設計上最悪の時点で早期発生が起きた場合でも、比較的単純な装置で1ないし数キロトン
(kt:TNT火薬1000トンに相当する爆発力)程度の爆発力になる筈である。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 22:17:59 ID:VO/roLzY
赤ピーがここを引用

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 22:30:51 ID:y3vbQwn6
要するに日本は
地球上のどこでも精密に狙える、阻止の難しい、既存のミサイルよりも威力の高い隕石狙撃を手に入れた
ってことでおk?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 23:40:13 ID:ZOz4sAml
もう一回やって、勝ったらええやん。
勝つまでやったらええやん。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/23(水) 23:57:14 ID:XazJQZZ9
イスラエルを海に沈めたら世界はかなり静かになるんだが

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 00:09:19 ID:2Q8j3ZAv
イスラエル?それよりも先ず朝鮮半島だろうよw
コリアンマネーが無くなるのは世界経済的に見れば短期的に混乱を齎すだろうけど、長期的に見ると明るい材料しか無い

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/24(木) 00:13:18 ID:FgUom4re
防人やっと居て貰うほうが日本にとっては良いと思うよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/25(金) 17:30:23 ID:Rlsbzged
敵国の重要施設にカプセルを投下させるのか?
カプセルの中に手紙が入っていて
「遺憾の意を表明します」


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 03:35:52 ID:4qxRu3EK
>>66
コリアンが防人?
おまいはいざとなったら強盗と一緒になって主人に噛み付く犬を、番犬に使うのか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 06:13:40 ID:KHFjxZGa
>>67
いいねそれ

70 :名無しさん:2010/06/26(土) 18:01:27 ID:6zK1Swr8
>>67
笑っちまったじゃねーかよ?


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 20:37:35 ID:b9T6rbne
これって、クラスター爆弾の代わりにならないかな?


72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/26(土) 20:42:28 ID:SRhwX+Us
爆撃機からレンガ落とすのに毛が生えたぐらいの威力だろ


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 12:38:11 ID:wbKQAnpS
72>>
毛が生えた程度でも、君に当たったら痛いよ?死ぬよ?
毛が当たるんじゃないよ、レンガだからね。
侮るべからず。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/27(日) 12:57:09 ID:PL4a3/Fj
その昔、スカイラブってUSAの宇宙施設が落ちるってんで、村ごと逃げたインドのハナシ思い出した。まだ何処に墜ちるのかもワカラン時期に。

脱線スマソ。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 00:54:07 ID:rt98Tp6j
   / ̄ ̄'' -、
  (    / ) ヽ      
  i r-,,,, /,,,, )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 ( >| ●  ●//   /  着弾前に撃ち返すなら、SSBNなど不要。
  `‐|   U  /ノ < 
.   \ ━ ,/   \ 戦略原潜とは2桁違いのお値打ち価格で提供致します 。
    (((O⊃>     \______________________
    \  'oヽ
     |,,,,,,∧|
     /  ∧ \
   / / ヽ ヽ
   ト-<    |_/''┐  注)デコイ車両(30台50億円)付属。
   ヽ=''     `=='     MDと組み合わせるとさらに破壊困難になります。
                 (MDシステムは別売りです)

http://jp.youtube.com/watch?v=QIzXI-mlJjs&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=S0EyZIfhS18&NR=1

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 19:08:27 ID:oepBbvuN
>>75
金利手数料はタダですか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/02(金) 21:27:11 ID:Xo+0q7dJ
H2Bの完成を待たなくても、H2Aのペイロードなら耐熱処理を施した岩塊にイオンエンジンと自動報復プログラムを仕組んだAIを搭載して宇宙にバンバン打ち上げが可能でしょう。
マッハ数十もの超高速で落下して来る重さ6トンもある質量兵器を、ピンポイントで迎撃出来る軍事技術は何処の国も保有していない。



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 02:20:47 ID:WmyJCvWB
米国科学アカデミー・国際安全保障と軍備管理委員会(CISAC)1994
Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium:
原爆に不発は無い!?
計算によれば、核物質が初めて連鎖反応維持可能な大きさまで圧縮された時点、
つまり設計上最悪の時点で早期発生が起きた場合でも、長崎型の比較的単純な装置で1ないし数キロトン
(kt:TNT火薬1000トンに相当する爆発力)程度の爆発力になる筈である。このような爆発力は
「fizzle yield」と呼ばれるが、1ktの爆弾は、破壊力の半径が広島爆弾の3分の1程度に及び、
潜在的に恐るべき爆発である。厄介なアイソトープの比率が如何に高くても、爆発力はそれ以上低下しない。
より高度の設計技術を適用すれば、原子炉級プルトニウムでもより高度の破壊力を持つものが生産可能である。
そして日本は10,000発分以上のプルトニウムを保有している。
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/
     (P   (゜д゜)   P)
      \/| y |\/
         ( ゜д゜)  (P)
         (\/\/


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 23:08:11 ID:k7rkHSJC
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 23:09:19 ID:k7rkHSJC
誤爆スマソ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 09:36:20 ID:cxsNDRIP
>>40
なんかはやぶさの方が技術が上と誤解しそうな文章だなー。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 09:37:29 ID:L9/NIthQ
どこのだよ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/05(月) 21:16:21 ID:FuXId1i7
>>81
アポロは1960年代、シャトルは1980年代、21世紀になってから打ち上げられたはやぶさの方が技術的に高度なのは、当たり前ではないかい?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 10:54:45 ID:rxIOS90d
>>83
それがわからないのが>>81の実力。
シャトルの断熱財はリサイクル&軽量化を考えてシリコンを使った。
アポロとかはリサイクルを考えなかったのでプラスチックなどとける素材をつかった。
はやぶさは今回、有機物を使った耐熱シールドを作ったはずだよ。
重量と性能、値段がシャトルの耐熱シールドを凌駕するならばシャトル復活もありえるくらいすごい技術。
シャトルの問題は耐熱シールドのメンテナンス費用が上昇した為廃止が決まった。
シールド部分だけ使い捨てにできてコストダウンが可能になれば復活する可能性もある。
NASAも今回のデータは喉から手が出るほど欲しいと思うよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/06(火) 17:28:47 ID:oUSFbBIj
>>84

多分>>81は、ガソリン自動車よりも電気自動車の方が昔に作られたんだよと教えてやれば
ガソリン自動車>>>>越えられない壁>>>>>>>>>ハイブリッド>>電気
とか平気で言うだろうな。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 05:48:53 ID:MtHpno9B
正直乗り物としては
ガソリン自動車>>>>越えられない壁>>>>>>>>>ハイブリッド>>電気
で合ってると思う。
都市部専用短距離コミューターならEVで良いんだが。

エネルギー密度が低過ぎるんだよな、EVは。
かと言って、無暗にそれを高めれば稀少なマテリアルを多用したり
事故時の危険性が洒落にならなくなったりするし。
基本的に高性能バッテリーは爆弾だからな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 07:33:08 ID:da0PkTh0
高性能バッテリーって5年で交換なんでしょ?しかもバカ高いと言う噂が

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 12:40:19 ID:NJBTAqwK
>NASAも今回のデータは喉から手が出るほど欲しいと思うよ。

だからこそNASAは、ハヤブサの大気圏突入観測とデータ収集する為に
専用の飛行機を飛ばし60人体制で観測した。
シャトルより高速で大気圏突入のデータ(カプセルの耐熱シールドは軍事利用も可能)はそうそう得られないから。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 15:08:13 ID:MtHpno9B
>>87
・電極に一般的な素材(軽量で化学反応時の電圧が高い)ものを採用し
・バッテリーパックが破損して内容物が流出しても問題無く
 ジャケット強度は必要最低限に抑えられる程度に鈍感な電解質が使用でき
・リチウムイオン電池よりも数倍以上エネルギー密度が高く
・加工に要するコストも既存の電池以下である未知のマテリアルを用い
・充電時には常温超伝導を使い発熱を抑制可能なバッテリー

↑が開発されたらEV>自動車と言って良いと思う。
それまでは乗用車のエネルギーソースにバッテリーなんて、帯に短し襷に長しそのもの。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 18:03:41 ID:mOT4ccPQ
死都日本(小説)では
数トンのタングステンの塊を
H2で打ち上げて、秘密兵器 衛星手甲弾とし
いつでも諸外国の原子力発電所を狙えるようにしていた。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 18:13:20 ID:MtHpno9B
糞高いタングステンをそんな用途で大量消費するとかヌルポ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 18:26:47 ID:mOT4ccPQ
だって、霧島が大噴火して
日本が滅びそうになるんだもん。
その為、脅しの為用意したのが衛星手甲弾だ。
ベストセラー小説なので一回読んでみて。
面白いから。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 19:20:41 ID:mOT4ccPQ
衛星徹甲弾←漢字間違えてた。
5トンくらいのタングステン塊の
キネティック弾頭+耐熱シールド
目標への軌道修正はイオンスラスタ
目標は要人の官邸や原子力施設。
大日本帝国無血勝利で世界征服。
今の日本の技術で出来る最終兵器だ。
メシウマー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%BC%BE

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/07(水) 19:33:48 ID:MtHpno9B
イオンスラスタじゃ推力足りないし
APFSDSじゃねーんだからタングステン塊である意味が無いし
どこから突っ込んで良いのか分からん。

95 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 02:46:12 ID:Knt7SvPY
自然に存在する隕石や小惑星などの軌道をを好き勝手に変更することは(ターゲットが大きくなるほど)
簡単ではありません。
強力な核兵器(熱核爆弾)等、空気(気体)が存在して初めて爆破力を発揮するものは宇宙空間上では
たいした破壊力が期待できません。
雪玉に近いようなものであれば熱で雪を蒸発させることで軌道修正が可能かもしれませんね。
いずれにしても、最低でも第二宇宙速度超程度の速度で(ターゲットに拠る)そこそこの質量のものを衝突
させないと意味ある軌道修正は無理かと・・・
ましてや、それを正確にピンポイントで地上の位置に落下誘導するのは殆ど不可能に近いと思われます。
今回のはやぶさで実証された技術を以って兵器の類に利用しよう(したい)と期待する気持は理解できます
が、そもそも利用目的が違いますので大気圏再投入の速度や落下誘導精度に特にスポットを当てて衛星兵器
や弾道弾への応用云々というのはどうも違う様な気がします。


96 :85:2010/07/11(日) 02:54:03 ID:7wQMwIaS
>>86
端的な情報だけで判断するバカって書きたかったんだが、
例えが微妙だったな。

一辺から見て優れているか劣っているかしか判断できず、全体あるいは他方から見た場合どうなるかとか全く理解できない奴なんだろうなと。

97 :Pu:2010/07/26(月) 04:55:31 ID:cdhUHbzY
Pu

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/26(月) 22:55:20 ID:AWYwXCHZ
はやぶさのほうが知名度あるけど、
軍事に応用ならHTV技術のほうが凄いと思うけど。

H-II ロケットでうちあげ、宇宙ステーションへ
無人で貨物輸送したやつ。
http://iss.jaxa.jp/htv/

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/29(木) 23:19:13 ID:c2XPjL2A
>>98
正確にはH-IIBな。


33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)