5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新核武装論

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 23:05:37 ID:aU+hSCjZ
現在の日本のおかれている状況(外交、経済、世論など)を見ると、
やはり正規の道筋の核武装(戦略核など攻撃に用いる核兵器)は不可能だと思う。

よって、日本独自の核兵器技術の確立や
将来において正規の核武装をするためには、
まず、ハードルが低いと考えられる、
弾道弾迎撃ミサイル専用の小型核(参考:ナイキミサイル・W54)の
開発から始めるしかないと思います。

ナイキ・ミサイル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

W54
http://ja.wikipedia.org/wiki/W54_(%E6%A0%B8%E5%BC%BE%E9%A0%AD)


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 23:07:22 ID:aU+hSCjZ
>>1のつづき

弾道弾迎撃ミサイル専用の小型核武装の利点

正規の道筋の核武装(戦略核など攻撃に用いる核兵器)よりハードルが低いと思われる。
アメリカからの外交的支援を受けられる可能性がある。
小型核なので、小笠原諸島などで実験できる可能性がある。
独自の核兵器技術を開発できる可能性がある。
現在のTMDやPAC−3のように直接命中して破壊するより、破壊範囲が広い。
国内の妄信的核武装反対派に対しても、一考させる事ができる。


弾道弾迎撃ミサイル専用の小型核武装の欠点

正規の道筋の核武装(戦略核など攻撃に用いる核兵器)のハードルが、より上がる可能性がある。
弾道弾迎撃ミサイル専用の小型核武装すらできなかった場合、なにも得る事はない上に、日本の信用だけが下がる可能性がある。
アメリカの横槍で、日本独自の核武装技術が得られない可能性がある。(買わされる。)
新しい形の軍拡が進む可能性がある。
日本の防衛力強化により、日米同盟の雲行きが怪しくなる可能性がある。
IAEAの議長国であるのに限定的とはいえ核武装をすれば、国際社会の信用を失う可能性がある。

他に何か利点・欠点が、有りますでしょうか?

法律や技術的な観点からのご指摘は、
わかり易い様に、例え話を交えながら、解説お願いします。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 00:05:48 ID:GBOLJiEx
良スレ化希望


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 14:56:34 ID:Kds2oXyj
核ミサイル迎撃に核ミサイルを利用するってアイデアは確かアメリカも
持っていたね。
Wikiじゃ
「核ミサイルを迎撃するのに核ミサイルを使用したのでは放射性降下物などの被害が避けられないこと、
核爆発に伴う大規模な電磁的障害のせいで敵国の第二次攻撃に対抗できないことなどから、このような
核弾頭を搭載するタイプの迎撃ミサイル開発は次第に廃れていく。」とある。
しかし
多弾頭化された拡散型核弾道弾ミサイルには効果的に阻止可能な面はある。
もちろん最終段階前、発射直後や、ブースト段階などで破壊できるのであれば、そのような
処置は必要無くなるので、「早期警戒による察知」、発射、上昇、大気圏外、落下と各フェイズ
に段階を分けて効率的迎撃システムに考えを変えて来たのが昨今のミサイル防衛システム
構想だろう。
対する側は飽和的に多数のミサイル発射によって、処理能力限界に期待した突破が主眼になってくる。
従って波状的にミサイル攻撃を受ける場合に、核ミサイルのみでの迎撃では先の懸念が倍化するだけに
なるわけだから、手段としてはあるだろうけどその一点だけでは無理があると思う。



5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 18:29:35 ID:y23nksA3
頭悪すぎ、
核兵器を使って核兵器迎撃するってアイディアは冷戦時代あったけど、
結局、
ミサイルが早すぎる、
核兵器のミサイル破壊実行威力半径が狭すぎる(2km弱)ってことでやめたんだよ。

今の155ミリ砲知能弾弾薬30〜50kgで、威力半径100メートルいくから、

弾薬300〜500kgのミサイルなら、やろうと思えば、威力半径300メートルいける。

弾薬23kgのw54だと、威力半径500メートルから1kメートルいけるかどうか、
それなら通常弾薬500〜kgで、威力半径500〜メートル目指したほうがやすい、早い、管理も簡単

第一迎撃ミサイルの威力半径云々理論は、冷戦初期の議論で、現在のmdシステムじゃ核使う意味ないだろ。
ロシアとかの粗雑な迎撃システムでもない限り意味ないよ。


今のミサイルで重要なのは、弾薬の威力半径じゃなくて、ミサイルの速度、キャスター(ファンネルw)の機動性、正確に動作するかだろ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 20:07:25 ID:Ifo0ZJtJ
>>4
弾道弾迎撃小型核は、

「核爆発により発生する電磁波などにより、波状攻撃に対する防御には向かない。」
「他の迎撃システムも併せ持つべき。」

という事でOK?


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 20:52:20 ID:u7Fi4RV6
>>6
>>5に書いてある通り、核を使ってのMDは時代遅れのテクノロジー。

簡潔に言えば、核では無く通常の火薬で充分だし、コストも掛からない。
・・・たった5レスで終了って事。

>「核爆発により発生する電磁波などにより、波状攻撃に対する防御には向かない。」
>「他の迎撃システムも併せ持つべき。」
そういう事。
では、何時使うのですか?と聞かれれば最後の最後で使うしかない。
それならば核でなく通常爆薬で充分になる。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 21:59:12 ID:Ifo0ZJtJ
>>7
>簡潔に言えば、核では無く通常の火薬で充分だし、コストも掛からない。
・・・たった5レスで終了って事。

→最終目標は、核を使ってのMDじゃないよ。
最終目標は、
「日本独自の核兵器技術の確立や 将来において正規の核武装をするため」(>>1より抜粋)
だよ。その辺は、理解しているよね?

>では、何時使うのですか?と聞かれれば最後の最後で使うしかない。
→これが保有の要因でいいんじゃないの?
あと波状攻撃がなければ全然使えるって事にもなるね!

威力半径500m、弾頭重量500kg〜の弾道弾迎撃用対空ミサイルは、
ちょっとした衛星用固体ロケットになってしまうね!
これだと費用や場所の制約から、数はあまりそろえられないね。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 23:17:05 ID:u7Fi4RV6
>>8
>その辺は、理解しているよね?
最終的に正規の核武装をするとコストがどれだけ掛かる?
通常戦力を削減、若しくは経済が悪化する位のコストが掛かるよ。

と言う訳で最終目的・・・と言うか、最終手段が提示されているだけで目的が無い。
そんな計画に賛同するのはおかしな話だろ。

>威力半径500m、弾頭重量500kg〜の弾道弾迎撃用対空ミサイルは、
>ちょっとした衛星用固体ロケットになってしまうね!
そうだね、ノドンで充分だね。

>>5をちゃんと読んだ?
>今のミサイルで重要なのは、弾薬の威力半径じゃなくて、ミサイルの速度、
>キャスター(ファンネルw)の機動性、正確に動作するかだろ
核を搭載する必要性が無いって言っているんだけど?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 23:17:43 ID:RZcayDKZ
>1
MDにおける、キル・ヴィークル直撃での弾道ミサイル迎撃技術が確立している、
若しくは確立されつつあるこのご時勢に、MD用核弾頭の存在する余地が
あるかどうかはさておき(多弾頭といっても10発20発と積んでるわけじゃなし、
核弾頭の数には直撃弾頭の数で対抗すればいい)・・・

迎撃ミサイルには即応性が要求される、つまり高速化と弾頭小型化が要求される訳で、
一方、核兵器開発はどれだけ小型化できるかが肝、つまり迎撃弾頭用の核を
開発しているならその過程で必然的に弾道ミサイル用の核弾頭が造れてしまうんだが、

何故にロードマップの途中にゴールが設定されてるんだ?

報復による核抑止を前提とした核開発ではない、あくまで迎撃用だと強弁してみたところで、
「見苦しい言い訳を考えたものじゃのぅ、ほっほっほ」と各国に嗤われるだけですぜ旦那w

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 23:18:32 ID:u7Fi4RV6
核武装の目的を明かさなければ突っ込みが入らないって思ってたのか?
最終目的が核武装だとすれば、最終的に今までと同じ展開になるぞ?



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 01:05:01 ID:iKkUJTJb
撃たれた核を迎撃するよりも核報復で撃たせない方が遥かに上策。
ただし、MDは研究しておいて損はない。

従来どおりのMD開発研究+北朝鮮に対する核武装で、当面は行くべき。
これなら、防衛予算も十分間に合う。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 15:44:51 ID:+jYvdJ+s
w54擁護派ワロタw
核兵器による核迎撃システムは、冷戦初期の理論で、70年代でも、w54型は時代遅れだった。

mdは、
レーダー
弾頭計算シミュレーター
ミサイル
で構成されるから
核使う必要性がないんだよ。

現代だと、レーダー+シミュレータってのは、80年代ならともかく、今では簡単に
で構成出来るから、後はストラトキャスター
弾頭に核使うと、無駄に、コストかかるからいみなし。
核使うと50億くらいになるんじゃん+世論の反発
50億使えば、マッハ12〜15で機動ミサイルすら迎撃出来るミサイルつくれんじゃん

後、弾薬に1億以上使わせてもらえば、威力半径500メートル容易だよ。
第一、核って戦術レベルだと、重量あたりの実行威力半径ないだろ。
汚染+爆風半径があるだけだろ。
確実に、heat50〜100ミリ以上の威力半径ないと、ミサイル壊せないんですが

核万能論って、ベトナム戦争中期までの理論だよなw

核迎撃システムだと汚染心配だし、そのまま核として使えばいいじゃん。

新核武装論とかいうなら、
口径300ミリで、1発弾薬500kgのレールガンとか、
弾薬200kgで、威力半径1kmで、マッハ7で2000km走る巡航高速ミサイルとかもってこいよ。

今の通常兵器って、下手したら核以上の威力あるんだよ。戦爆に10トンの爆弾詰んだら、うまくやれば殺傷半径3〜5kmとかいけるよ。
新核武装論>w54w、旧旧旧核武装理論何だけど、ゼロ戦やすいからコイン機としてゼロ戦よみがえらせようってのより意味ない議論、



というわけで、これから、核にかわる核以上の次世代戦略兵器スレ=新核武装論スレにしようか

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/08(火) 16:03:51 ID:+jYvdJ+s
というわけで早速、
冷戦時代強力とされた核だけど、

1発10〜20億以上とされるコストパフォーマンスの悪さ、
原潜、弾頭ミサイル等のおおががりな発射システムを要すること、
管理コスト、
核を保有した段階で、核パラドックスにより核を打てなくなること、
国際世論の反発を受けやすいこと、
戦略兵器としては、有効だけど、戦術兵器としてはたいした威力がないこと、
発射システム込みで、1発50〜100億かかるといわれるシステムを迎撃するのに、1発当たり30〜50億半額ですみ、防御を越える絶対攻撃力の構築が難しい事

等が問題視た。
そこで、より強力で安価でありテクノロジー性の高い、高速ミサイル兵器や、レールガン等(+サーモバリックw)の可能性も見ようというスレ

兵器に必要とされるのは、コストパフォーマンス、弾頭ミサイル並の速度、威力





15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 13:42:42 ID:/7OkWgLJ
>>14
日本語でお願い。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 18:05:28 ID:BwtqkuMJ
>>14
もって運用しないとわかんないんじゃない?
日本の優秀な官僚が安く運用するかもよ。w


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 18:43:20 ID:uIbQR9IM
>>13-14

もう一回、文章を丁寧に書き直してくれへんかな?
…わけわからん…



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 19:03:06 ID:JdPDE79V
>>17
俺は>>13-14ではないが、具体的に数字出して、技術の進歩を説明して・・・と、
これ以上丁重に説明するのは不可能だと思うぞ?

簡単に纏めると、「技術が進歩したので、MDで核を使う必要性がゼロ。」って話。
間違っていたら本人さんに登場願う。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 21:18:02 ID:uIbQR9IM
>>18
>具体的に数字出して、技術の進歩を説明して・・・
→説明内容を指摘しているわけではない。
「文章の流れがよくわからないから、
もう一度文章の流れがわかりやすいように書いて欲しい。」
と言っている。
>>15のナカーマ!)




20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 00:08:17 ID:+prThhqM
>>19
面倒臭いなぁ・・・

技術が進歩した現在では、核兵器の広範囲な爆発に頼る必要性が無い。
ピンポイントに敵ミサイルにミサイルをぶつけられる状況では、核弾頭を使うと無駄な予算が必要になる。
核を使って無駄になる50億を新型ミサイル開発に使えば、より高性能なミサイルが作れる。

またミサイルの弾頭に1億円以上お金を掛ければ、爆風で敵ミサイルを破壊できる半径が500メートルに達する。
>>1が例に出した戦術核弾頭を使用しても重いだけで、爆風の広さは少ない。
その上、世論からの反対と汚染の問題が発生する。
核万能論はベトナム戦争中期までの理論であり、技術が進歩した現在では必要とされない思想である。

これでどうでしょうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 00:39:27 ID:FT0oZXkg
良スレ進行希望


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 10:48:41 ID:h6lB1nQ0
>>20

→その辺は何となくわかる。
>>14の最後の方は?

>そこで、より強力で安価でありテクノロジー性の高い、
 「高速ミサイル兵器や、レールガン等(+サーモバリックw)」
 の可能性も見ようというスレ『〜にしたい。〜で考えてみて欲しい。』
  ↓↓↓
>『既存の核兵器を越える』兵器に必要とされるのは、
 「コストパフォーマンス」、「弾頭(弾)ミサイル並の速度」、「威力」
 『〜などと考える。』

→『』の中身を想像で付け加えた。でも、訳わからん…
→次に「最後」と「最後からひとつ前」の文章を入れ替えてみた。

>『既存の核兵器を越える』兵器に必要とされるのは、
 「コストパフォーマンス」、「弾頭(弾)ミサイル並の速度」、「威力」
 『〜などと考える。』
  ↓↓↓
>そこで、より強力で安価でありテクノロジー性の高い、
 「高速ミサイル兵器や、レールガン等(+サーモバリックw)」
 の可能性も見ようというスレ『〜にしたい。〜で考えてみて欲しい。』

→これなら何とかわかる。
→(>>14)の最後の方の主張は、これでいいのかな?


23 :20:2009/09/10(木) 19:09:48 ID:+prThhqM
>>22
私もそのように考えます。
核兵器と言う古臭い兵器に拘らず、最新テクノロジーで代替兵器を考えてみよう!と言う事かと。

丁度良いタイミングで今月号の軍事研究で代替核兵器の紹介を行っていますので、
本屋さんで手に取ってみては如何でしょうか?
でもって、>>1さんの主張する戦術核兵器拡散の禁止の話もちょろっと出てきたりしますw

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 20:17:17 ID:h6lB1nQ0
>>23

貴重な情報ありがとう!
早速、明日帰りにでも本屋さんに行ってみる。
ちょっと釣りしてるからまた明日 ノシ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 09:49:54 ID:riUGoc63
核兵器を越える兵器を研究するのはいいが、実現はずっと先の話。

それまでは核には核で対抗するしかない。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 10:29:17 ID:VJeH4Sra
>>25
すでにアメリカ海軍は艦艇に搭載する計画を進めており
計画では揚陸作戦支援に重量15kgの砲弾を初速2.5km/sで発射、高度152kmまで打ち上げて
370km以上先の攻撃目標に終速1.7km/s(マッハ5)で着弾させる、このためには砲口での
砲弾運動エネルギーは64MJ(メガジュール・入力する電力ではなく、砲弾のもつ運動エネルギー
である)を必要としている。
同計画では2020〜2025年頃を目処に実用機を艦船に搭載することを目標とし、BAEシステムズ社と
ジェネラル・アトミックス社は32MJ砲の試作に入っており、2006年10月の時点で口径90mm・2.4kg
砲弾を砲口での砲弾運動エネルギー800キロジュール(0.8MJ・初速830m/s)で発射に成功、2007年1月
には3.2kg砲弾で初速2146m/s 砲弾運動エネルギー7.4MJを、2008年1月の試射では3.35kg砲弾を初速2520m/s
砲弾運動エネルギー10.64MJでを記録している。
2016年には洋上試験を予定中とのこと。(Wikiより)

さてその2020年〜からというのがずっと先なのか直ぐそこなのかは判断が分かられるねぇ。
テクノロジーの発展、特に軍事関係は恐ろしい速さで変化するから、あまり固定観念に
囚われるのは良くないと思うけどね?






27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 18:22:06 ID:riUGoc63
>>25
それアメリカの計画だろ。日本はいつ?
それまでは、核で対抗するしかない。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 18:25:57 ID:riUGoc63
アンカー>>26に訂正。

研究するのはいい。
だが完成するまでは、他の手段で自衛するしかないだろ。
核を封じることができるのは、現時点では核武装だけ。


29 :20:2009/09/11(金) 18:50:07 ID:SVWmePm/
>>25>>27
>核兵器を越える兵器を研究するのはいいが、実現はずっと先の話。
>それまでは核には核で対抗するしかない。
核武装するとなると10年以上見た方が良いよ。
その間に憲法改正、関連法案の整備、兵器の調達・・・と非常に長い時間が掛かる。
尚且つ、核武装論者は非核武装論者達の反論を論理的に退けて、国民を納得させる仕事が待っているw

果たして本当に核武装が技術の進歩の観点から考えて有効なのか・・・と言う話だ。
ヘタすりゃレールガンの完成の方が早い。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 18:51:03 ID:VJeH4Sra
>>28
日本は残念ながら核もレールガンも望み薄だろね。
民主政権下では予算大幅減額になりそうだから。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 18:59:43 ID:riUGoc63
核抑止のための核武装(戦略核)と、
局所的な攻撃のため核兵器(戦術核)を分けて考えるべきだ。

日本が必要としているのは、もちろん前者。
開発中の新兵器は後者の代替にしかすぎず、核抑止にはならない。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 19:28:36 ID:s8aurTBG
核に焼かれて死ねネトウヨども

33 :20:2009/09/11(金) 20:25:27 ID:7sesJGK8
>>31
だからさ、核武装した時のコストを考えようぜ。
それと今月の軍事研究を読んどけ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 23:13:12 ID:AKTmOgit
>>31

ごもっとも!


レールガンは、射程(400km程度)や使い勝手の悪さ(艦船用兵器)から
戦術兵器の一部(遠距離砲撃)の任務しか遂行できないと思うよ。
核弾頭を使えば、戦術核としての任務は一部できると思うが・・・

仮に、陸上兵器として使用するなら、その大きさから
固定砲台になり空爆や特殊部隊の絶好の目標となってしまうね。



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 23:38:08 ID:IaAAk1kJ
日本もいちおう民意で政権交代できる国ということが証明できたから
核武装にも安心して踏み切れるわけだ。

これで晴れて堂々と核保有国の仲間入りができ60年の怨念を晴らせる。
世界中でお祝いしてもらいたい。よろしく。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 10:02:28 ID:224SafR/
>31
わざわざそんなことわりを入れんでも、積極的に戦術核を持ちたがる国家なんて今時どこにもないぞ。
防衛に使えば国土を汚染するし、他国侵攻に使っても接近経路や後方連絡線に汚染地域をこさえることになって
爾後の展開に支障をきたす。

でもって、アメリカでは戦略核の代替としての非核弾頭を研究中。
詳しくは軍研の今月号で。

>35
より国防意識が低い政党が政権をとった事と、核武装とに何の関係が?
それに、政権交代なら1990年代にもやってるんだが。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 10:04:15 ID:SoPdUr0X
『日本が核武装すれば日本は世界から孤立する』ってマスゴミが煽ってるけど、
世界第二位の経済力の日本が孤立するわけないじゃん。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 11:01:48 ID:Ei0WL6TM
>>37
ハイハイ、ウランを輸入に頼ってる国は
経済力以前の問題だからね

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 14:32:17 ID:Ifx0g8W+
>34
当初レールガンは発電所三つで砲が一基と言われるほど、膨大な電気エネルギーが必要だと言われ
コストや効率から、実用化が疑問視されていた事もあるが、
テクノロジーの発展速度は恐ろしいもので、すでに艦艇搭載可能なレベルまでコンパクト化してきている。
さらに進化するだろう事は間違いない。
片や核はほぼ洗練され、その価値も制御不能な全破壊による恐怖に頼る抑止効果のみとなってるのは周知な事実だろう。
日本の様な小さな国が核を使うと消滅を意味する。
英国の様にアメリカとの戦略核システムに参加し、相互確証破壊の一翼を担うにしても、日本は時代が経ち過ぎてタイミング的に無理がある。
現実的なのはアメリカの核の傘に依存し、新世代兵器開発による軍事的優位さの確保だと思うがどうだろう?

40 :34ナリ!:2009/09/12(土) 16:56:47 ID:oJIE1c41
>>39

うーん…
それだと、アメリカと世界の関係、そして日本との関係が、
このままずっと続くという事を前提にした話になるよね。
例えば、アメリカが180度政策変更したり、もしくは、
アメリカが孤立化した場合のリスクを無視していると思うよ。

あと、戦略核兵器も新世代兵器もそして、現在あるさまざまな兵器
や装備は、数ある手札の1つとして考えないといけないよ。


41 :20:2009/09/12(土) 19:30:42 ID:2P8K2wth
>>40
>例えば、アメリカが180度政策変更したり、もしくは、
>アメリカが孤立化した場合のリスクを無視していると思うよ。
アメリカが安全保障戦略を180度変更する時は、日本が核武装しなくて良い環境になっている。
地政学から考えれば、アメリカは日本との関係を絶つ事が出来ない。
無論、日本としても同様に大陸国家から独立する為にアメリカのバックアップが必要になる。

日米の関係が絶たれれば、中国やロシアが太平洋に海軍力を自由に派遣出来るようになる。
同盟国を失う=アメリカの安全保障の崩壊(若しくは終わりの始まり)になる。
アメリカが孤立しても日本は関係を結んでりゃいいでしょ?
なんで態々アメリカ排除の動きに乗っかるのかが理解出来ない。

>あと、戦略核兵器も新世代兵器もそして、現在あるさまざまな兵器
>や装備は、数ある手札の1つとして考えないといけないよ。
入手が出来ない、コストが掛かる兵器を夢想して足元が疎かになっては意味が無い。
手札ってのは自分で持っていて初めて価値があるんだよ。

42 :20:2009/09/12(土) 19:32:24 ID:2P8K2wth
>アメリカが安全保障戦略を180度変更する時は、日本が核武装しなくて良い環境になっている。
この意味だけど、対中・対露安全保障が要らない環境って事ね。
民主化が完全に果され、脅威にならない・・・と言う話。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 03:17:28 ID:563gP3Pw
>>40
レールガンの発展性の考察
火薬を使用する火器では、燃焼によるエネルギーの多くが熱の形で失われ、
弾体の投射エネルギーに使われるのは少しになる。
また弾体の発射速度は発生・過熱膨張されるガスの膨張速度を越えられないが、
レールガンはこれらの限界を持たない。

ということは?

発射する砲弾の数は今の火薬式砲弾200発前後ら5000発に跳ね上がる。
さらに、砲弾はおよそマッハ7というものすごい速さで進むため、
破壊力はこれまでの2倍を超えることになる。
また、砲弾の到達距離も3?倍に拡大し、およそ370キロメートルから、
おそらく556キロメートルほどまでの範囲に達する。
例えば、北朝鮮にある「危険な」攻撃目標を、単独の艦艇で100%射程内
に十分収められる能力を有し、文字どうり目標に対して短時間に集中豪雨
の如くの砲弾の雨を降らすことが可能になるという。
また砲弾をGPS誘導する計画でもあるので、精密砲撃?も可能らしい。
砲弾速度が恐ろしい速さなので、どんな堅牢な要塞であっても衝撃エネルギー
だけで破壊されてしまうそうな。
まだまだ解決すべき技術的問題点は多々あるようだが、実用化されると
戦術核以上の広域を破壊する事も可能との事。


44 :40ナリ!:2009/09/13(日) 10:24:04 ID:kd3l8pv/
>>41>>42

スマナイ、ちょっと質問していい?

>アメリカが安全保障戦略を180度変更する時は、日本が核武装しなくて良い環境になっている。
この意味だけど、対中・対露安全保障が要らない環境って事ね。
民主化が完全に果され、脅威にならない・・・と言う話。

→アメリカが安全保障戦略を180度変更する時は、
 中共・ロシアの民主化が完全に果たされ脅威にならない、
 つまり、対中・対露安全保障の必要がなくなり、
 日本が核武装しなくて良い環境になっている。

 って事?

 
>>43
うん、だから?
別に、レールガンの兵器としての有効性については、否定してないよ。
戦術核と同等以上の広域破壊力を実現するために必要とする、
「砲弾の量・砲弾の補給・補給速度・保管場所の広さ、」
などについての考察が抜けていると思うけど?

つまり、ある特定の条件の元で、戦術核のような使用が出来るだけでしょ?

仮に、レールガンの射程圏内ぐらいの距離で、残弾が少なく補給も時間が掛かる場合に、
「緊急!今すぐ戦術核クラスの広域破壊(力)が必要です。」
ってなった時、戦術核搭載の巡航ミサイルや
レールガン専用の戦術核を発射する事を想定しないかな?

45 :20:2009/09/13(日) 17:36:54 ID:SUHDUi/z
>>44
>って事?
そういう事。

>別に、レールガンの兵器としての有効性については、否定してないよ。
>戦術核と同等以上の広域破壊力を実現するために必要とする、
>「砲弾の量・砲弾の補給・補給速度・保管場所の広さ、」
>などについての考察が抜けていると思うけど?
戦術核兵器よりは管理・製造が楽ですよね、多分。
なんせ・・・って貴方、レールガンの知識無いでしょ?

砲弾はアルミだろ?
砲弾の量産はミサイルより楽だろ?推進剤要らないし。アルミでコーティングするだけ。
補給速度?意味が理解できないんだが?
保管所?まぁ、今の自衛隊が使っているのだって口径155mmだからな。
人力で運べるサイズだから場所はそんなに取らないだろ。

>仮に、レールガンの射程圏内ぐらいの距離で、残弾が少なく補給も時間が掛かる場合に、
>「緊急!今すぐ戦術核クラスの広域破壊(力)が必要です。」
>ってなった時、戦術核搭載の巡航ミサイルや
>レールガン専用の戦術核を発射する事を想定しないかな?
しない。
と言うのも事前に有る程度使用する弾薬量は調査・推測をする事が出来る。

一つ聞きたいんだが、どんだけレールガンの知識があるんだ?
どんだけ軍事知識があるんだ?核が欲しいだけはんじゃないの?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 18:43:36 ID:kd3l8pv/
>>45

>一つ聞きたいんだが、どんだけレールガンの知識があるんだ?
どんだけ軍事知識があるんだ?

→ほとんどないって考えてもいいよ。自分自身で全然だと思っているし。
 そういうあなたは、凄く詳しい見たいだね。それに比べればねえ〜。
 それに、そもそもそういう次元の話ではないと思うよ。

詳しそうだから、1つ聞いてみよう。

広島型の原爆(15kt)と同じくらいの広域破壊力をレールガンで実現する場合、
どの程度の砲弾(口径・重量・破壊力)が何発必要ですか?
そして、その為に必要な砲弾を弾薬庫に入れた時、どれくらいのスペースが必要ですか?

47 :20:2009/09/13(日) 22:51:09 ID:735e+vKt
>>46
>そういうあなたは、凄く詳しい見たいだね。それに比べればねえ〜。
>それに、そもそもそういう次元の話ではないと思うよ。
そうだな、次元が違い過ぎるよな?
現代戦で広島型原爆並みの広域破壊を求められる状況は発生するのかw
具体的に教えてくれ。

>広島型の原爆(15kt)と同じくらいの広域破壊力をレールガンで実現する場合、
>どの程度の砲弾(口径・重量・破壊力)が何発必要ですか?
レールガンじゃないが構わんね?

105mm榴弾で90発ってところか。
30平方メートルもありゃ充分収まるな。
積めばもっと狭くても大丈夫だろ。

48 :40ナリ!:2009/09/14(月) 20:55:45 ID:fAc06is/
>>47

>現代戦で広島型原爆並みの広域破壊を求められる状況は発生するのかw
>具体的に教えてくれ。

→対潜水艦戦
 対潜魚雷迎撃戦(違ったかな?)
 潜水艦より港や艦隊を攻撃するための核魚雷戦
 対ソ連機甲師団侵攻用の核地雷(威力が広島型より大きかったかな?)
 対戦略爆撃機戦 (参考:ジーニー)
 塹壕戦(異論があり、気化爆弾や機甲車両による埋め立て作業が、その代替になってきている事は知っている。)
 私的意見だけど、国際的批難や核報復がない場合などの時の「ケサン攻防戦」のような感じ
(ナイアガラ作戦での戦術核使用を想像してください。)
・ ・・などなど・・・

 他に凄く珍しいのがあれば、ヒントだけでも教えて欲しいです。

質問に対する答えは、こういう事じゃないような気もするが、一応書き込む。


49 :40ナリ!:2009/09/14(月) 20:58:57 ID:fAc06is/
>>47

>>48の続き

>レールガンじゃないが構わんね?
>105mm榴弾で90発ってところか。
>30平方メートルもありゃ充分収まる
>積めばもっと狭くても大丈夫だろ。

→うん、ありがとう。
 教えてもらった上で、あとから言うのも悪いんだが、質問の中に『打撃』が抜けていた。本当にゴメン。範囲の話だけだと、少ないよね・・・反省・・・

自分勝手だけど、質問を改めさせてもらうね。
広島型の原爆(15kt)と同じくらいの広域破壊力と『打撃』を
レールガンで実現する場合、どの程度の砲弾(口径・重量・破壊力)が何発必要ですか?

ちなみに、この質問の答えも、105mm榴弾で約90発・30平方メートル程度だったら、
「レールガンが実践配備された場合、レールガンで直ちに攻撃できる範囲の戦術核はいらない」って、考えを再考するよ。

50 :40ナリ!:2009/09/14(月) 21:24:04 ID:fAc06is/
>>48の補足

対ソ連機甲師団侵攻用の核地雷(威力が広島型より大きかったかな?)
→西ドイツに配備されたやつね。
 名前が、たしか「ブービー・クック?」見たいな感じのやつ。


>塹壕戦(異論があり、気化爆弾や機甲車両による埋め立て作業が、
>その代替になってきている事は知っている。)

埋め立て作業・・・(米軍がイラク戦争?で、使った手段。
         戦車にドーザーつけて塹壕埋めた方法を想像して下さい。)


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 21:50:35 ID:e+Omeukt
オランダみたく
核シェアリングするしかないね。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/14(月) 22:41:16 ID:EoNIwRFw
>48
海については不勉強でよく知らんけど・・・
陸上戦について言えば、意外と戦力は分散してるので、15ktの戦術核で2km範囲に
打撃を与えられると仮定しても、余程当たり所が良ければ一個師団が壊滅する程度。
で、核の使用にみあった戦果かどうかというと、>36でも書いたけど
防御側が使ったなら国土の破壊・汚染で失うものが大きいし、
侵攻側が使っても、進撃や兵站に不都合極まりない汚染地域をつくることになってしまう。
地上戦での戦術核は、他に手がなくなったときの最後の手段としてしか使えなさそう。

航空戦での戦術核は・・・あれは信頼できるAAMが登場する前の代物だという事を意識すべき。
それに、第二次大戦を髣髴とさせるような爆撃機大編隊でも飛んでこない限り、
迎撃手段としては極めて効率が悪い。

そもそも現代戦の方向性自体、必要な最小限の場所に最大限の火力をというスマート化が
主流なんで、何でもかんでも核の火力で、というのは無駄遣い以外の何物でもない。
冷戦初期に真剣に検討・開発された戦術核兵器なんて、今のご時勢じゃブラックジョークの
ネタにしかならないよw
ブルービーコックなんて、その極北(デイビー・クロケットとかもね)w

53 :20:2009/09/14(月) 22:44:19 ID:BbG63/Vj
>>48
>他に凄く珍しいのがあれば、ヒントだけでも教えて欲しいです。
全部代替手段が出来ている。

>対潜水艦戦
技術の発展で通常弾頭魚雷で対応できる。
今の技術ならある程度ピンポイントに敵を捕捉できるだろうから、核は不要。
昔の「半径○キロメートルのエリアに居るのが確認できるけど、それ以上は解らないから核を使う」って話。
技術が発展してピンポイントに攻撃できるなら不要な思想だ。

ついでに言うが、核抑止が実現出来るレベルまで核軍拡をするなら、
通常動力の攻撃型潜水艦が保有できなく恐れがある。

>対潜魚雷迎撃戦(違ったかな?)
これも不要。
距離によっては自艦も巻き込まれる可能性があるし、
防御用兵器を搭載して攻撃用兵器の搭載量が減るだけ。

>潜水艦より港や艦隊を攻撃するための核魚雷戦
港 ・・・敵拠点近くまで行くのは危険です。戦略核ミサイルで代替可能。
艦隊・・・普通に空母打撃軍なり通常戦力なりで攻撃すれば充分です。

更にレールガンの射程と速度、GPS誘導弾頭が開発されれば敵艦隊も攻撃出来る・・・と予測する。
更に潜水艦を使っての(有り得ない)港湾攻撃よりも、レールガンを使用した方が安全と思われる。

>対戦略爆撃機戦 (参考:ジーニー)
通常兵器使え。レーダーとか対空ミサイルの精度上がっているだろ。
EMPで自軍も面倒な事になる。

>塹壕戦(異論があり、気化爆弾や機甲車両による埋め立て作業が、その代替になってきている事は知っている。)
>私的意見だけど、国際的批難や核報復がない場合などの時の「ケサン攻防戦」のような感じ
代替手段の方がメリットがあるから使っている。
国際非難の無い核兵器投入などまず不可能だ。

>他に凄く珍しいのがあれば、ヒントだけでも教えて欲しいです。
思いつかんし、恐らくそんな状況は存在しない。
先人達が代替手段を構築しているんだから。

>西ドイツに配備されたやつね。
>名前が、たしか「ブービー・クック?」見たいな感じのやつ。
あのな・・・エアランドバトル・ドクトリンって知っている?
戦術核でしか対処出来ないであろうソ連軍の地上戦力を撃破する為の戦略なんだけどな?
技術の進歩で戦術核兵器不要、通常戦力で対処出来るレベルに高められているんだが?

>教えてもらった上で、あとから言うのも悪いんだが、質問の中に『打撃』が抜けていた。本当にゴメン。
>範囲の話だけだと、少ないよね・・・反省・・・
前に述べた数倍の量の弾薬があれば打撃としては十分なんじゃないか?
多分、10倍もあれば十分な気がする。
9.11の時に飛び散った破片で隣接するビルが倒壊してただろ。

レールガンの場合、幾つかの建物をぶち抜いて・・・って状況も想定できるし、
まぁ、ちょっとした隕石が降り注ぐような状況になるんじゃないか?

>ちなみに、この質問の答えも、105mm榴弾で約90発・30平方メートル程度だったら、
>「レールガンが実践配備された場合、レールガンで直ちに攻撃できる範囲の戦術核はいらない」って、考えを再考するよ。
そもそも現代戦で広島型原爆並の広域破壊力は不要だ。
代替兵器や戦術が確立されている。

54 :20:2009/09/14(月) 22:51:47 ID:BbG63/Vj
基本的に戦術核は、低技術を核の破壊力で補う時代遅れの思想と考えるべき。
技術が発展し、精度が飛躍的に高められれば戦術核など不要になる。
現実問題として高まったし、そのご時勢に戦術核導入ってのは、ある種のキチガイ沙汰。

点での攻撃は精度が上がり、核が不要になった。
面で対処すべき部分もあるが、代替手段が開発されて核が不要になった。
そして戦術核を使えば、一気に核による報復の可能性が上がる。
トータルで考えると通常戦力の技術開発にカネをつぎ込んだ方がマシ・・・と言う話。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 03:04:20 ID:6o+erURV
日本に局所的な戦術核は必要ない。
日本に必要なのは、相手の核攻撃を封じる広域的な核武装。

現在、アメリカの核の傘がその役目を担っているが、
その一部を日本が自ら引き受けることには意味がある。


56 :40:2009/09/15(火) 18:51:56 ID:SxIDctGD
いろいろたくさんの解説ありがとう。
質問が、「現代戦で広島型原爆並みの広域破壊を求められる状況は発生するのか?」
では、考えなければいけない範囲(年代)が広すぎるよ・・・orz・・・
やっぱり、質問の意図が、現存する現代戦関係の限定の話だったのか?

回答を見ていて思ったんだけど、それは、アメリカやイギリス・フランスなどNATO側限定ではないのか?
「ロシアや中国も、同じ状況と考えるべきなのかな?」といっても、
最新のロシアや中共の戦術核のドクトリンは、どのようなものなのかは、具体的にわからないんだけどね。


57 :40:2009/09/15(火) 18:56:29 ID:SxIDctGD
チト古い資料だけど、参考にどうぞ。
17
これ迄長きに亘り、無視されてきた戦術核兵器の問題がより多くの関心を集めつつある。
99年のNPT準備委員会においては、多数の国が戦術核兵器の軍縮が喫緊の課題である旨表明した。
こうした傾向は戦術核兵器に関する関心が高まっていることを如実に示している。
戦術核はロシアの核ドクトリンにおいて再評価されており、このことは99年4月29日のロシア安全保障評議会における決定、
West99として知られる軍事演習等、最近のロシアの動向に反映されている。
99年7月の中国による中性子爆弾の保有宣言もまた注目される。
米ロにより91年10月に発表され、92年1月に確認された一方的かつ相互的な戦術核の削減政策は、
透明性を保ちつつ、逆戻りしないよう実施されなければならない。
中国が戦術核兵器について更なる情報を提供すればそれは歓迎されるであろう。
より一般的には、検証可能な削減と廃絶が戦略核にとどまらず戦術核にまで速やかに拡大されるべきである。

(出処元:外務省ホームページ 99年7月東京フォーラムより抜粋)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/t_forum99/tokyo_f4.html


58 :40:2009/09/15(火) 18:59:30 ID:SxIDctGD
書き込み中に、>>55を見て気づいたんだが・・・・

もしかして質問の意図が、「現在の日本において、現存する現代戦で
広島型原爆並みの広域破壊を求められる状況は発生するのか?」なのか?

レールガンの話においても日本の立場を考えた上での限定の話なのかな?

それなら、今まで答えた回答の内容もかわるな・・・


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 19:04:45 ID:WuYwQ9TZ
そもそも核武装をアメリカが許すという状況が考えられない。
いつそんなに信頼を得たんだよ。
平和ボケなんじゃないか?

核武装したら一気に太平洋戦争前夜よりひどいことになるだろ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 21:32:59 ID:mgJsTgtr
まず「攻撃されたら反撃します」って憲法を変えないといけないな(´・ω・`)

61 :40ナリ!:2009/09/15(火) 21:54:23 ID:SxIDctGD
>>56-58

アンカー打ち忘れた・・・orz・・・モレハ、ユトリ・・・ナンテコッタ・・・

ちなみに、>>56->>58は、>>52->>54(名前:20)への返信です。

62 :20:2009/09/15(火) 22:20:23 ID:qKcbXKSZ
>>55
>現在、アメリカの核の傘がその役目を担っているが、
>その一部を日本が自ら引き受けることには意味がある。
核を保有する事に意味がある・・・と思っているだけでは?
まぁ、アメリカとしては日本の核保有を望まない訳だがな。
日本が核を保有して、通常戦力がガタ落ちになれば、その分アメリカの出費が増えるし。

>>56
>では、考えなければいけない範囲(年代)が広すぎるよ・・・orz・・・
>やっぱり、質問の意図が、現存する現代戦関係の限定の話だったのか?
現存するって言うか、今後想定しうるって話。
今日と未来に関して話をしている・・・と考えて頂ければ。

>>58
>レールガンの話においても日本の立場を考えた上での限定の話なのかな?
基本的に日本です。

>>57
ttp://www.nishinippon.co.jp/wordbox/display/6433/
オバマの核軍縮では、中期に戦術核の大幅な削減を謳っている。

中露が戦術核の必要性を訴えた上で保有をしようとしているのは、通常戦力でアメリカに劣る為。

63 :40ナリ! :2009/09/16(水) 21:08:30 ID:pL57Xth1
>>62

64 :40ナリ! :2009/09/16(水) 21:16:19 ID:pL57Xth1
>>63

ミスった・・・orz・・・

>>62を読んで思ったんだけど、もう少し前提の理解の幅を狭めたい。

→今までの話は、基本的に日本の今日と「近未来」を前提にした話なのかな?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 21:44:08 ID:R4/0EHql
>>59
民主党のオバマは核軍縮が持論だろうが、
前の共和党ブッシュ政権では、日本の核武装が望ましいと考えられていて、
当時の政府高官や国防総省は、日本核武装奨励だった。

オバマになった今でも、日本に核武装を望む識者は少なくない。
アメリカの有力な評論家のFOXテレビでの発言。
http://www.youtube.com/watch?v=0TjgNRfGbAE




66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 21:46:35 ID:R4/0EHql
>>62
日本が核武装する意味とは

1.北朝鮮のテポドンがアメリカ本土に届くようになった時、
アメリカは果たして自国民を危険に晒してまで日本のために核報復してくれるのか、確証がない。

2.仮に核報復してくれる確証があったとしても、日本はアメリカ市民を犠牲にしてまで
防衛を他人任せにしてよいのか。自分達の身は自分達の血と汗で守るのが基本でなければならない。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 22:06:45 ID:7VLZo0NC
民団が総力を挙げて民主党や外国人参政権推進議員を支援すると
民団新聞などを通じて宣言しています。
これについて在特会福岡支部高山会計が関係各所に問い合わせを行い、
以下のとおり返答を貰いました。

総務省への問い合わせ

高山:外国人による国政選挙への協力は不法行為ではないのか?
総務:法律に違反するかどうかの判断は司法当局であるので、
こちらでは判断しかねる。
高山:具体的に民団のホームページにあるような特定候補への選挙協力
(ポスター貼り、ビラ配り、電話による投票依頼)は不法行為ではないのか?
総務:個別の事例の判断は司法に聞いてもらいたいが、一般論として、
外国人の選挙運動は公職選挙法では規定がない。
高山:政治資金規正法ではどうか?
総務:外国人による寄付行為は禁じられている。一般論として、
外国人による選挙協力が無償で行われたとしたら、政治資金規正法の
寄付に当たると思われる。
高山:外国人が特定候補の選挙協力を無償で行った場合、政治資金規正法で
禁じられている外国人による寄付行為となるということか?
総務:22条5に違反すると思われる。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^
高山:罰則は?
総務:3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金になる。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この法律違反に関してご興味のある方へ

続きはこのスレで↓
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1253089291/

68 :20:2009/09/16(水) 22:09:35 ID:alFfI6nH
>>64
>今までの話は、基本的に日本の今日と「近未来」を前提にした話なのかな?
Yes.
日本が戦術核を採用するべき!と言う主張なんだから、
日本が今現在、及び将来必要になると言う話をしないと意味が無い。

>>66
別の核武装スレ読んで来てくれ・・・と、言いたい所だがw

>1.北朝鮮のテポドンがアメリカ本土に届くようになった時、
>アメリカは果たして自国民を危険に晒してまで日本のために核報復してくれるのか、確証がない。
自国民を危険に晒して同盟国の為に核攻撃をしないと、アメリカは世界中の同盟国から信頼を失う。
それはアメリカが望まない状況である。

>2.仮に核報復してくれる確証があったとしても、日本はアメリカ市民を犠牲にしてまで
>防衛を他人任せにしてよいのか。自分達の身は自分達の血と汗で守るのが基本でなければならない。
下らない精神論は止めとけ。
日本が核武装すると、他人であるアメリカの流す血と汗の量が増える。
(核武装に伴う通常戦力の欠如を、アメリカが埋める事になる。)
それはアメリカ人も望んでいない。

核武装以前に憲法9条改正を訴えた方がいい。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 23:32:48 ID:R4/0EHql
>>68
同盟国から信頼を失うからアメリカは報復してくれるに違いない、
というのはあなたの希望的推測。問題は確証があるかないかだ。
現時点での日米安保では、残念ながら確証はない。

日本が核武装しても通常戦力を削減するとは限らない。
通常戦力を維持したまま核武装することは予算面から十分に可能であり、
日本が核武装してもアメリカ人の血がより多く流れることにはならない。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/16(水) 23:51:29 ID:hV1i8KKD
>同盟国から信頼を失うからアメリカは報復してくれるに違いない、
>というのはあなたの希望的推測。問題は確証があるかないかだ。
>現時点での日米安保では、残念ながら確証はない。

「アメリカが撃たない」と確信する最も確かな傍証は、連中が世界の覇権を放棄すると
宣言し実行したときだ。空母の建造ペースでもいいけど。「アメリカの壁」よろしく引きこ
もるというのであれば、その論拠を述べるべきでは?

>日本が核武装しても通常戦力を削減するとは限らない。

現状、税収の10パーセントを防衛費にぶちこんでいるが、この税収そのものが劇的に
改善されない限り、防衛費が増える可能性は無い。過去の防衛費の増額とは、防衛庁
発足当初の一時期を除き、日本の財政規模に忠実にリンクしてきたからだ。

>通常戦力を維持したまま核武装することは予算面から十分に可能であり、

このトンチキの論拠を求める。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 00:27:35 ID:oD9dMc8R
>対潜水艦戦

潜水艦を攻撃するための魚雷は短魚雷と呼ばれる重さ500キロ以下のものだが、
これを潜水艦に正確に誘導することが難しかったから「ルル」のような核爆雷を作
った。潜水艦の耐圧殻はせいぜいが厚さ数センチ。「当たれば」あとは水圧が片を
付けてくれる。自衛隊の持つ97式魚雷は「当てる」ことが「できる」誘導性能がある
ので、弾頭は50キロ。しかも成型炸薬…バズーカなんかと同じ、当てる角度まで
注文を付けるけど、貫徹力は抜群だ…を詰めている。

>対潜魚雷迎撃戦(違ったかな?)

基本的には潜水艦を近づけさせない。魚雷の速度は軍艦相手じゃ倍と出ない。そ
こらへんは銃砲弾やミサイルと違うところ。50ノットの魚雷を撃っても軍艦が30ノッ
ト出せば速度差20ノット、距離が10キロあったら15分近い時間がかかることになる。
だから、潜水艦が魚雷を使うときは、二次大戦並みの数キロまで近づいて相手が
逃げられない距離から撃つと言われているし、そのあとの離脱行動に期待できな
い通常動力潜水艦が大物と「刺し違える」と言われるのはこのことを指す。

>潜水艦より港や艦隊を攻撃するための核魚雷戦

潜水艦が運用する1.5トンの長魚雷の艦艇への効果は絶大だが、これを核化すると
どうなるか。アメリカは(多分ソビエトも)核魚雷を作ったが、潜水艦乗りからは「撃破
確率2.0」と言われた。的を確実に撃沈するから撃破確率1.0、撃った自分も沈むから
2.0ということ。使い物にならないと当事者からも言われていたわけだ。

>対ソ連機甲師団侵攻用の核地雷(威力が広島型より大きかったかな?)

敵が絶対にそこを通るという確証でもないと、敵部隊そのものを目標として起爆させ
ても(まして範囲の限定されれる地上爆発では)効果は期待できない。そもそも機甲
部隊の真髄とは機動力にあるのだから、固定設置の核地雷では「外す」可能性の方
が高い。マトモな投射手段があれば、そっちで「狙って落とす」空中爆発の方がマシ。
NATOの核シェアリングとは、NATO各国が核爆弾運用能力を持つ戦闘爆撃機を分
担整備して、戦術核を落とす手数を確保するというものだった。西ドイツなんて核装
備可能なF-104を、やはり核が積める偵察型まで含めて1000機近く調達した。

>対戦略爆撃機戦 (参考:ジーニー)

このころのAAMがどんなものかを考えれば答えがでるかと。射程が短い誘導性能の
低いファルコンだの、そんなものしかないから「機銃よりマシ」と搭載されたロケット弾
しか無い時代だった。別の見方をすれば「ミサイルとして遠くに飛ばすだけの推進剤
が開発できていない」時代でもあるので、核ロケット弾を搭載していても楽勝とは程遠
く、戦闘機はジーニを発射したらオートパイロットハイGターンをかまさないと自分が巻
き添えになるという程度の近距離から撃つしかなかった。


>対ソ連機甲師団侵攻用の核地雷(威力が広島型より大きかったかな?)
>名前が、たしか「ブービー・クック?」見たいな感じのやつ。

それは世界最小の核兵器、歩兵用無反動砲から0.1キロトンの核を撃つデイビークロ
ケットのことでは? そんなものを使わなくとも携行対戦車兵器が発展すれば、必要と
されなくなった。「撃った自分が吹き飛ばされない」ように運用しなきゃならない核という
のは、キミが考えている以上に面倒くさい。

72 :20:2009/09/17(木) 01:09:36 ID:tDulaF8C
>>69
>同盟国から信頼を失うからアメリカは報復してくれるに違いない、
>というのはあなたの希望的推測。問題は確証があるかないかだ。
かなり確度は高いと思うんだが。
米軍再編成でも中国を睨んだ・・・言い換えれば、対中(東南アジア方面を含む)戦略に合わせて、
日本にはかなり注力しているのがアメリカの現状だ。
アメリカが世界覇権を握るのに欠かせない戦略拠点である日本を手放す、
若しくは使い物にならないような行為をすると思うかね?

ソ連はアメリカとMADを構築し、アメリカ国民が犠牲になる環境を作った。
しかしながら、アメリカはヨーロッパ諸国向け防衛の強化を行い続けた。
お前さんの考えを否定する要素だと思うんだが?

基本的に抑止は、「反撃されて痛い目を見るかもしれない・・・」と思わせる事にあるんだよ。
それは通常戦力でも同じだw

>日本が核武装しても通常戦力を削減するとは限らない。
>通常戦力を維持したまま核武装することは予算面から十分に可能であり、
これこそ根拠の無い妄想だな。
具体的に核武装に幾ら金が掛かるか説明してくれ。

様々な核武装スレで試算が行われているが・・・
核武装すれば国が傾くか、通常戦力がとてつもなく弱体化するって事で終了している。
まぁ、ボチボチ新しいステップに入り込めるように、きちんとした試算をして見やがって下さい。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 01:25:12 ID:9os4ZOyb
>71

>>対ソ連機甲師団侵攻用の核地雷(威力が広島型より大きかったかな?)
>>名前が、たしか「ブービー・クック?」見たいな感じのやつ。
>
>それは世界最小の核兵器、歩兵用無反動砲から0.1キロトンの核を撃つデイビークロ
>ケットのことでは?

んにゃ、ブリが計画していたブルー・ピーコックっていう核地雷があった。
気温低下による起爆装置の作動不良を防ぐため、鳥籠に入れたニワトリを起爆装置の上に置くんだそうだ。
当時の西ドイツに設置する予定だったけど、他国に核地雷設置なんて外交的にどうよ?ってことで
お流れになったとか。

数年前に公文書が機密解除されたんだけど、公開されたのが4月1日だったこともあって、
本気でネタだと思われたらしいw

74 :40ナリ! :2009/09/17(木) 20:04:01 ID:1X3yvGbP
>>71
>>73

>「ブービー・クック?」
     →ブルー・ピーコック○

うん、これこれ。数年前になんかで「チラッ」と見ただけだから、
キーワードの「罠(地雷)・にわとり」=「ブービー・クック」と勘違いして
覚えていたみたいだね。
再度「名前」を知りたかったから、助かったよ。・・・アリガト・・・ノシ(涙w

それと、再度詳しくありがとうね。




75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 20:38:06 ID:jA+Wobeh
>>72
>様々な核武装スレで試算が行われているが・・・
>核武装すれば国が傾くか、通常戦力がとてつもなく弱体化するって事で終了している。

2ちゃんねるがソースかよwwwwwwwww


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 20:54:28 ID:jA+Wobeh
もはやカラッポの在日米軍
日高義樹(ハドソン研究所主席研究員)
http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=189

77 :20:2009/09/17(木) 21:12:34 ID:tDulaF8C
>>75
>2ちゃんねるがソースかよwwwwwwwww
ソースでなくて大まかな傾向の話。
予算の話で反論が出ると核保有論者が消えちまうって事なんだが?
核保有論者、大いに語る→自衛隊の予算知ってんのか?→核保有論者、消える。

大まかな流れとしてこのパターンがあるって話。
代替、この板にどんだけ核武装関連スレが存在するんだよ・・・せめて一箇所でやってくれ・・・

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:08:03 ID:15whXNMg
>>77
核武装の試算(軍事評論家 兵頭二十八氏による)

原子力潜水艦12隻(8400億円=12x700億円)
核弾頭12発(240億円=12x20億円)
長距離ロケット30発(研究用も含む)(1800億円=30x60億円)
--------------------
合計 1兆440億円

これで4隻の原潜を常時運用する。

これを仮に10年で割ると年1000億円あまり。
年間防衛予算5兆円弱のわずか2%増で実現可能。



79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:18:24 ID:15whXNMg
核武装の試算2(伊藤貫による)

核弾頭付き巡航ミサイル200-300基
専用の駆逐艦及び潜水艦約30隻の建設と運用
--------------------
年間1兆円

「必要最小限の抑止力でよしとするならば、日本にとって高いハードルではない」


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:24:32 ID:15whXNMg
核武装の試算3(防衛庁長官 中曽根康弘氏による 1970)

「当時の金で2,000億円、5年以内で核武装できる」
ちなみに現在の消費者物価指数に換算すれば、6,000億円。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:37:13 ID:15whXNMg
英国における核武装コスト

現在の核戦力システム開発費用=3.3兆円
・トライデント64基
・潜水艦4隻
・約200発の戦略核弾頭

2024年に更新予定の新システム構築費用=5.5兆円
・トライデント64基
・潜水艦3隻
・約160発の戦略核弾頭


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:53:57 ID:pHC1pi/F
敵国の核に対する対策は必要だけど、
核兵器は微妙だな

日本がやっと核武装できたあたりですぐに
大量破壊兵器とか非人道的兵器扱いになって
国際的に使用禁止になる可能性が高い

本来ならすぐにでもそうなるはずなのに代替兵器が
開発されてないからねえ

日本的にいくなら電磁波とかで誘導やコントロールを妨害して
海に落として迎撃するとか、そういうのできないのかね?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/17(木) 23:57:45 ID:oD9dMc8R
>核武装の試算(軍事評論家 兵頭二十八氏による)

ああ、核武装を本のタイトルに入れながら、SSBNについては1表題いれて
12ページしか裂かなかったアホかw

>原子力潜水艦12隻(8400億円=12x700億円)

現在、海自が通常動力潜水艦を建造すると500億円ほどかかる。
艦艇用原子炉の開発から始めるってのに、どうやって700億で納めるつもりだ?

>これで4隻の原潜を常時運用する。

弾頭数も、弾道弾も有るのか無いのかわからん数でナニをするつもりだ?

>「必要最小限の抑止力でよしとするならば、日本にとって高いハードルではない」

まず「最小限抑止」とやらで「抑止できる戦力」ってのを試算したら?
抑止の効かない北朝鮮や中国、あるいはロシアにそれは効果があるの?

>「必要最小限の抑止力でよしとするならば、日本にとって高いハードルではない」

「日米同盟が続く限りにおいて日本の核武装は必要ない」と言った人間だな。
「核武装は戦勝国の業であり、日本が関わる必要が無い」とも。

>「当時の金で2,000億円、5年以内で核武装できる」
>ちなみに現在の消費者物価指数に換算すれば、6,000億円。

当時の戦闘機はF-104で価格は5億円、そして核弾頭1発が1億円と見積もられた。
つまり、軍事的物価指数で言うならば、核弾頭1発が戦闘機の1/5の価格になると
いうわけだ。現代なら20億円見当だなw

>英国における核武装コスト

これには60年代からの原子力艦の導入コストは含まれて居ないし、マンハッタン計
画に相乗りして技術を蓄積し、いまは獲得もできない職員地で原爆実験し、世界で
5カ国というNPTの認める核兵器国という立場を獲得するコストも含まれて居ない。

そもそも技術移転が受けられるのは核兵器国だからであって、日本がその立場を
国際的に合法とされる経緯をもって手に入れる説明が無い以上、まったくの妄想。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 00:43:21 ID:zSLPGtYv
核兵器の技術開発の費用が、ここ2〜3年以内で終了し、数兆円規模なら、
国債発行→日銀の国債買いオペ、政府紙幣の発行、プリンティングマネーをすればいい。
(保有については、回答外。)
(経済規模の大きい日本で、現在デフレなので数兆円規模のそれらなら大丈夫だと思う。)

あるいは、日銀に貰えばいいw(極論)。
日銀の資産は、おそらく今現在110兆円以上有るだろうし。
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPnTK013767820080529

開発予算だけの話なら他でやって・・・頼むよ・・・


85 :40ナリ! :2009/09/18(金) 01:08:06 ID:zSLPGtYv
>>84 訂正

ここ2〜3年以内で終了し
    →ここ2〜3年以内に「費用調達」が終了し、

86 :20:2009/09/18(金) 19:36:16 ID:l3AusQ6b
>>78
>>81を見て違和感を感じないのか?
確かイギリスの核武装コストは、現在使用している原潜の延命措置に掛かる金額だ。
ノウハウも設備もゼロの日本がどうやって、その金額で澄むんだ?

数字を並べ立てるだけなら誰でも出来るんだよ・・・数字で違和感を感じようぜ?

>>85
取り合えず、だ。
今後の日本で戦術核が必要な状況への回答はどうした?
まずはそっちに答えてくれんかね?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 20:43:48 ID:cIgrpasF
使えない武器なんぞいらん
相手がキチガイだから外交カードにもなるまい
日本に必要なのは、むしろ総連の締め付けとか
そっちだろ

なんで自爆見えてる国に対抗して、持ったら非難ごうごうで
遠からず使用禁止になる兵器にこだわるんだ?

88 :40ナリ!:2009/09/19(土) 00:44:37 ID:OMaNfDnK
>>86

>今後の日本で戦術核が必要な状況への回答はどうした?
>まずはそっちに答えてくれんかね?

→(>>84)に関して、あなた(20)には、言ってはいないよ。
 外交問題とか、配備時の予算の事など、いろいろな事例を
 絡めての発言をしているからね。
参考
(保有については、回答外。>>84より抜粋)
(開発予算だけの話なら他でやって・・・頼むよ・・・>>84より抜粋)
ねっw

 経済関係の資料(米ドル関連)が、見付からないからもう少し待って。
資料を探し出して言いたい事は、近未来において、米ドルや米国債の価値が急激に
下がる事により、今まで(20)が書いた国際関係の前提が崩れるかもしれないという事。
裏づけとなる資料が見付からないから、回答として書き込めないんだ。
連絡なしで、悪かったね・・・

89 :20:2009/09/19(土) 09:39:17 ID:vkb8gFv4
>>88
こちら側の意図が理解出来ていないのかな?

>資料を探し出して言いたい事は、近未来において、米ドルや米国債の価値が急激に
>下がる事により、今まで(20)が書いた国際関係の前提が崩れるかもしれないという事。
国際関係云々以前に、技術が向上したから戦術核が不要になった訳なんだが?

戦術核が必要とされるレベルまで技術が後退しないと意味が無い訳であって、
国際情勢に左右されるような話ではない。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 12:16:28 ID:0n6dG/Ll
核武装の議論には少なくとも3つ課題がある

1.国際的な反応
  ・いくら北朝鮮が脅威だっていっても流言を飛ばす奴がいるから
   国際的に悪者にされかねない
  ・特にせっかくやや良好になってきた中国一般人あたりの反日思想
   が活発化すると、中国の内部崩壊が延びてしまう
2.費用対効果
  ・費用がかかりすぎる上に扱いに危険が多く、ちょっとしたミスを
   起こそうものならマスゴミに叩かれる格好の材料
  ・高い費用かけて武装しても、そもそもあのマジキチ国家に
   効果あるのか(外交的な効果に疑問)
  ・どこに撃つのか
   →どこに撃っても非戦闘員に被害出せば先制防衛が通じず
    孤立する可能性がある
    (かの国なら非戦闘員被害を捏造する可能性高し)
3.内部不穏分子
  ・マスゴミと教育を牛耳られてる今、変な運動されると今回の
   民主圧勝みたいのが続き、政治的に日本が内部崩壊しかねない

ここまで考えて議論してるんだよな?当然

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 20:49:08 ID:JuKubEfi
>核兵器の技術開発の費用が、ここ2〜3年以内で終了し、数兆円規模なら、
>国債発行→日銀の国債買いオペ、政府紙幣の発行、プリンティングマネーをすればいい。
>(保有については、回答外。)

これで回答している気になれるのだとしたらこれまた随分なバカだな。

核弾頭というのは使用する対象、搭載する運搬手段、期待する軍事的効果、そして政治的
効果によって、寸法も、重量も、威力も、生産設備規模も調達価格も違う。配備を考慮しな
い核開発だのという与太を飛ばされても、そんな発言に価値は無い。

>開発予算だけの話なら他でやって・・・頼むよ・・・

議論ができないなら最悪板にでも行ったら? さすがにそこならどんなバカでも温く相手して
もらえるだろうから。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 11:38:22 ID:rSGNh5kB
技術的方法論や、コストを考えても意味がない。
それらは日本にとって大きなハードルではないからだ。
外交的なハードルも核シェアから考えれば下がる。
最大の問題はマスコミや自称知識人の核アレルギー、つまり日本人の気持ちの問題だ。
要は、日本人の気持ちがババアのような感情論に落ちていて、正常な安保感覚を
もてないということだ。被爆したのに抑止力は要らない、再び被爆してもいい、
原爆は見たくない。これが非核三原則だ。こうした短絡的感情論をどうするかだよ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 12:07:35 ID:IpZDGouJ
>技術的方法論や、コストを考えても意味がない。

国家の事業が方法論やコストを無視してどうする。租税収入以上の歳出を
安全保障政策につぎ込んでも破綻するだけだ。コストは最大のハードルだ。

>外交的なハードルも核シェアから考えれば下がる。

繰り返すが、NATOのやった核シェアリングは「金のかかる投射手段」ならび
に「同盟国内領土への核投下という罪悪感」を「分担」する手法にすぎない。
核の使用は「NATOの総意」であり、にも関わらず最終的には核兵器の保有
国が使用不使用を決断するものであり、なおかつ関与は戦術核に限定され
戦略分野の核抑止とは無関係だ。

勉強がたらないか、あるいは嘘つきか。お前はどっちだ?

>最大の問題はマスコミや自称知識人の核アレルギー、つまり日本人の気持ちの問題だ。

お前のようなバカな卑怯者がウソ八百並べてマトモな核論議を阻害している
ことが、最大の問題だろう。妄想準拠のトンデモ核武装など、更年期障害の
ヒステリーにも劣る。数字も理論も無縁なお前に、国家政治を語る資格など
無い。

ま、工作員が日本の世論の撹乱を狙っているのであれば、それはそれで見上
げた愛国心だと褒めてやらんでもないが、お前の祖国へはもっと別の貢献を
したほうがよりマシなのではないかと忠告はしておく。

とっとと日本から出て行け。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 15:25:28 ID:FfNSFhv4
>>92
お前は無視してるようだが、外交リスクによって蒙る経済リスクが大きい。
俺のような貧乏人でも日経平均が3割下がれば資産が半減する。
まして資産にデッドラインがある、ほとんどの企業の場合は株価下落は致命的になりかねない。
年金にも大穴が開くわけだが、核武装なんて明確な売りサインが出てれば
流動資金だけじゃなくて、固定的な株主すらやむを得ず売却するだろ。

まあ2〜3年で日本経済は壊滅的な打撃を受ける。
完全に日本売りになるだろうから、売却される日本企業を買い支えるのは米中の外国人。
その前にそんなバカな政策を打った政権は、二度と与党になれないくらいに潰されるだろうから問題ないけどw

95 :40ナリ!:2009/09/22(火) 21:10:42 ID:lK3hHBiK
>>89 (20)さんへ

やっと、書き込める時間が取れた。
大変遅くなった、ゴメンヨ・・・orz・・・モウシワケナイ。
米ドル関係の資料は、まだ揃っていないが、あるものを挙げる。

ちょと、回答範囲が広いから単純にまとめる。

@米、プリンティングマネー         (進行中)
A米ドルキャリーが起こり、米ドル安が進む。 (進行中)
B米、米国債の格付けトリプルA解消     (目前?)
C米ドル、単独での基軸通貨でなくなる。    (Bとほぼ同時?)
D米、資金繰りが更に悪化        (以下、近未来に起こる可能性がある)
E米、軍事費の更なる削減
F米、軍事技術費用も削減、軍事技術維持も困難に→後退
G日本も軍事技術維持の低下に巻き込まれる。
G日米同盟も大規模縮小化。(日本に「軍事の自立化」みたいな事が起こる。)

 @〜Hまでが、ドミノ式に近未来において起こる可能性があると思っているから、
現在の日本に核兵器が必要ではないか?とおいらは、思うわけ。

 戦術核についても、FGHまで進み、万が一日本の領土に侵攻されたときに、
更なる被害や時間稼ぎのため、前記の戦術核などを持つ事を一度考えてみるべきじゃないか?と思う。

 仮に、米国の影響が近未来において現在と同等で、国際関係もほぼ同じと推測できるなら、
「日本が核兵器を持つ必要はない」と、(20)の意見に賛同できる。


96 :40ナリ!:2009/09/22(火) 21:19:33 ID:lK3hHBiK
>>95 の補足(参考程度にどうぞ。)

@(米ドルのプリンティングマネー)
http://www.moneypartners.co.jp/market/mori/2009/04/post_213.html

A(米ドルキャリー進む)
http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK030615520090915

B(米国債のAAAの格付け取り消しについての懸念)・・・市場関係者の話を出したかった。
http://www.phillipfinancials.com/blog_2/archives/2009/05/aaa.html

@〜C?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=187767

97 :40ナリ!:2009/09/22(火) 21:24:26 ID:lK3hHBiK
>>91

 解かり難かったかな?
 おいらの話は、「核開発予算の作り方の話」だけに限定している。
 他の事(配備の考慮)などを勝手に補足して批判・批難されても、知らんよ。
 「開発〜配備の費用の話」「核開発予算の作り方の話+この板に関連する他の話」などについては、
批難や「他に行け!」という事はしては、いない。 

 おいらの意見「核開発予算の作り方の話」に対して、自分の意見や見解を出さずに「バカ」(批難だけ)を使っているんだから、
「2〜3年以内で、数兆円の予算確保」のような新レス立てて、自分の説をどうぞ披露して下さい。
そこで、おいらの説をどこがどう間違っているのか、やさしく講釈して下さい。
 経済に関しても勉強不足を自覚しているし、勉強しに行くよ。ホントに!

 最悪板?
 「バカ」というレッテル貼りだけや、人の話を勝手に補足している、おまいが行けば?
 さすがにそこならどんなバカでも温く相手して もらえるんだろ?


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 22:08:30 ID:IpZDGouJ
> 解かり難かったかな?
> おいらの話は、「核開発予算の作り方の話」だけに限定している。
> 他の事(配備の考慮)などを勝手に補足して批判・批難されても、知らんよ。

判ってねーのはおめーだ、タコ。

兵器システムとは配備する手段、数量、稼働率まで含めて見積もり、開発する。
その一要素である核弾頭を、投射手段も配備数も、まして抑止すべき脅威すら
も考慮することなく「開発」するなどろいうのは現実にありえない。

「核開発予算の作り方の話」なんてものにはなっていないわけだが?

>「バカ」というレッテル貼りだけや、人の話を勝手に補足している、おまいが行けば?

バカ、という評価を覆せるだけの中身のある書き込みができないのがお前だろ?

前提条件そのものが「存在しない」という不可思議な核開発の講釈ができるのは、
狂人だけだ。その自覚もない、なんでバカと言われるのかもわからないようならば
ここではなく最悪板に行けばいい。

99 :20:2009/09/22(火) 22:14:44 ID:lh7AikUn
>>95
>@〜Hまでが、ドミノ式に近未来において起こる可能性があると思っているから、
可能性だけだったら、明日にでも宇宙人が攻めてくる事すら考えられるんだが?
近未来に於いて起きる可能性は、何%なんだ?
0.00000000001%だとしても同じ事は言えるんだよ。
お前さんの予言は何%の確率で当るんだ?

俺も予言してやろうか。
お前さんは100年以内に死ぬ。
どうだ?これは高確率で当る予言だろ?
明日死ぬってのは予測は難しいし、恐らく10年後や20年後でも難しい。
というのも様々な要因が関わってくるから、個人の寿命ですら近未来と言う区分で当てるのは不可能に近い。
それ以上に複雑な世界経済を述べる上で、お前さんはどんな情報を集めたんだ?
@〜Dなんぞは、只単に観測された事象を述べているだけで、予測でも何でもないんだよ。

もしもその程度の情報量で予測しようってんなら、最初ッから予測しない方がマシだ。
予測しない、と言う選択肢を選ぶ人間は、最低限、予測が難しいってのを判断できる知能があるからな。
それすら出来ない知能で物事を予測しようってのは、知恵が足りない証拠だ。

オーケイ、お前さんの予言通りにシナリオを考えてみよう。
アメリカ経済ガタガタの状況で一体、何処が攻めて来るんだ?
リーマンショックで経済ガタガタ、リマーンショック以前の景気水準には恐らく戻らない。
(日本を除いた諸外国で繰り広げられていたのは、サブプライム・マネーによるバブル経済だった。)
正直言って、その状況下でバブルの恩恵に浸っていた国々は、どの程度まで経済成長が可能で、
尚且つ、経済成長で得たカネを軍拡に当てられるんだ?

>戦術核についても、FGHまで進み、万が一日本の領土に侵攻されたときに、
>更なる被害や時間稼ぎのため、前記の戦術核などを持つ事を一度考えてみるべきじゃないか?と思う。
だからさ、戦術核を持つべきメリットって何なんだ?
時間稼ぎをしてもお前さんが上げた条件だと、米軍が援軍に来ないって事だろ?
その状況で時間稼ぎをしてどんなメリットがあると言うのだ?

戦術核の有効性を説明せずに、時間稼ぎだの被害を与える為だのってのも、
『自分の意見や見解を出さずに「バカ」(批難だけ)を使っている』のと同じ事だ。

よく解ったか?
優しい説明だと思うだろ?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/22(火) 22:41:04 ID:IpZDGouJ
>@〜Hまでが、ドミノ式に近未来において起こる可能性があると思っているから、
>現在の日本に核兵器が必要ではないか?とおいらは、思うわけ。

…あのさ、1から9までは「一本道」ではないんだけど。

起こる、起こらない、選択する、選択しないの果てであって、そんな風が吹けば
桶屋が儲かる式、あるいは藁しべ長者、もしくはエロゲのハーレムエンドみたい
に「そのフラグだけ正確に立てたらこうなります!」ってな力説をされれも、困る。

>戦術核についても、FGHまで進み、万が一日本の領土に侵攻されたときに、
>更なる被害や時間稼ぎのため、前記の戦術核などを持つ事を一度考えてみるべきじゃないか?と思う。

戦術核とは「命中精度を威力で補う兵器」であって、日本の軍事環境においては
ほぼ役に立たない。国産のそれなりに優秀なAAMやASM、ATMや短魚雷があれ
ば「不要」なんだけど。

お前さんは戦術核をどんな兵器だと規定しているんだ? 俺設定されてもこちらで
はわからないから、そこのとこ説明してみ? その戦術核の威力、投射手段は、攻
撃目標くらいは言えるだろ?

101 :40ナリ! :2009/09/23(水) 00:03:40 ID:mcfKjB7/
>>99

だったら、
「米国の影響が近未来において現在と同等で、国際関係もほぼ同じと推測したとして」
とか、
「米国の優位が崩れない条件下で」
などの前提条件などを途中にでも付け加えて、(20)さん自らも回答範囲を絞るとか、制限を設ければよかったんじゃね?

だから、おいらの勘違いなどもあったことは事実だが、(20)さんとの認識の距離を埋めるため、
少なくともどういう前提で話をしているのかは、何度も質問したし、確認したり、回答範囲を狭めようとした。

その結果の回答が、>>99の「宇宙人〜、0.000・・・1%」なんか?
「よく解ったか? 優しい説明だと思うだろ? 」なんか?

あれほどやり取りしたのに、最終的には(20)さん自身のルールと範囲だけでの回答か? なんだそれ?w


以下は、間違えていた、すまない。

更なる被害や時間稼ぎのため→更なる被害の縮小や時間稼ぎのため


長らく待たして、悪かった、それは再度謝っておく。
又(>>99)の回答の続きをする。ノシ


102 :40ナリ! :2009/09/23(水) 00:48:05 ID:mcfKjB7/
>>98

だから、いろいろ付けられても、知らんがな。

「開発資金の作り方」だけの話について、例を出し「他でやってくれ」と言ったけど、
>>98)の話だと核開発の流れも入っているじゃないか?(これでわかる?)

それ(>>98)に関しては、批難も批判もしていないと例を出したろ?
→「開発〜配備の費用の話」「核開発予算の作り方の話+この板に関連する他の話」などについては、
 批難や「他に行け!」という事はしては、いない。(>>97より抜粋)ね?

要するに、政治・経済板にでも行き、「2〜3年以内で数兆円の費用の作り方」でも議論したらいいじゃん。


>>100

→また次回、(20)さんへの回答と一緒にする。ノシ 


103 :20:2009/09/23(水) 00:50:13 ID:3FPXmWMz
>>101
最初に結論を書くよ?
結論:貴方の予言がパーフェクトに当ったとしても、戦術核が不要である事実は変わらない。

>あれほどやり取りしたのに、最終的には(20)さん自身のルールと範囲だけでの回答か? なんだそれ?w
私が求めているのは、戦術核が必要になる環境。
>>99でも回答しているけど、日米同盟が縮小しても、
戦術核の代替兵器が今日の日本に存在する点は変わらない。
これは繰り返し説明しているよね?

>更なる被害や時間稼ぎのため→更なる被害の縮小や時間稼ぎのため
いや、大まかな意味は理解出来るよ。

その上で・・・
1.被害を拡大させない為には戦術核でなく代替兵器で可能。
2.日米同盟が大規模縮小しているのであれば、米軍が来ないのだから時間稼ぎに意味は無い。
・・・としている。
一応、そっちの想定に基いてコメントしているんだぜ?
無論、貴方の予言が凄まじくいい加減な代物だともコメントしているけどね?

それに貴方の予言は否定したけど、それでも「貴方の予言に基いて」戦術核の不要さを説明している。
>>100さんも『国産のそれなりに優秀なAAMやASM、ATMや短魚雷があれば「不要」なんだけど。』と言っている。
思うに貴方は戦術核を正しく理解していないんじゃないかな?

繰り返すけど、日米同盟が大規模縮小しても戦術核は要らないんだよ。
代替兵器があるからね。
寧ろ戦術核を導入する費用で、通常戦力の向上を図った方がマシな訳。
(世論やらを考えればね。)

まずは戦術核兵器が必要な環境を説明しているつもりなんだろうけど、
『戦術核の代わりになる兵器』が今日存在している事を認識してくれ。
この事を認識しないと、どんなに精密な将来予測を行っても意味が無いんだよ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 01:25:31 ID:UCsjfKPZ
>だから、いろいろ付けられても、知らんがな。

「知らんがな」じゃ済まないんだって。

「現在のやり方」だって、最初からこうと決まっていたわけじゃない。
30年遡ればMDどころかF-15も90式も、ほとんどの護衛艦も存在しない。
そんな中で次はどうしよう、何が必要だろう、こうだから調達しますと必要
性や有用性を説明しながら日本は防衛力を積み上げてきた。

なのに核になると途端に説明も理屈も費用もブッチで保有すべきだ、なん
て言われたって「ハァ?」にしかならない。何かを変える、何かを選ぶ、それ
を政策にするために他人に説明すると言うのは、そういうことなんだよ?

>おいらの話は、「核開発予算の作り方の話」だけに限定している。

なんて言ってるけど、その核開発予算というのは「核武装という政策の一部」
であって、核武装というグランドデザインの後の話だ。日銀の資産を云々し
ても、それは核開発についての具体論に言及したことにはならない。

お前さんは「そこまで風呂敷を広げていない」と逃げるが、根本的に風呂敷
が足りていないと再三言っているわけだ。まだわかんないかな?


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 01:49:37 ID:bL96GAd/
平和憲法を誇れるヤツいないの?日本がリーダーシップを執って核廃絶に取り組もうと思わないの?「核武装!」とか言ってるヤツなんなの?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 10:21:11 ID:eg7K+Rbb
>>105
平和憲法の矛盾があるから「誇れる」ものでは無いという
考え方は否定できないでしょ?
「核廃絶」は人類の願いだろうし、「戦争」の無い世界もそうだろう。
しかし現実は「それ」は存在するし避けれない現実問題でもある。
理念理想だけでは現実世界は動かない面も考える必要があるでそ?
「念仏」では通用しないのよ?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 12:34:27 ID:UCsjfKPZ
>>105
平和憲法と言っても9条を現実的に解釈した結果は、

・侵略戦争を行わない
・侵略能力のある軍隊は保持しない
・自衛権は保持する
・そのための軍隊も保持する

9条を字面だけ読むと一切の軍隊を持たないかのようにも取れるから
平和憲法と言ってるけど「侵略戦争を肯定」したり、自分の国の軍隊
を「侵略に使う」なんて言ってる国はないわけで、他の「侵略戦争を否
定した国」の憲法と大差があるわけではない。

>>106の言ってるような「念仏」すなわち「戦争の否定」なんてのは他
所の国でもしている。「念仏」を唱えることが「誇れない」というのであ
れば、そんなものは他所の国だって同じなのだから、ちくちく言われる
ような筋合いは無いし、現実問題として日本は軍事力による安全保障
を行っているのだから「念仏」を唱えて逃げているわけでもない。

さらに言えば「念仏」を唱えること、現実的に軍事力に頼る安全保障政
策を採ること、そして核廃絶を推進することは何ら矛盾しない。
200機のF-15とAWACSとBADGEという極東最強の防空コンプレックス
を構築し、第三世代戦車を国産し、西太平洋最強の対潜作戦群を4つ
も保持しながらさらに世界唯一の超大国から核の傘の提供を受けつつ
「戦争をなくしましょう」「核を廃絶しましょう」と叫ぶことに何の問題もな
いのだから、>>106のような考えをする必要は無い。

日本がリーダーシップをとっての核廃絶おおいに結構。>>106が何を言
おうと「現実に」日本は核廃絶を世界に訴えているし、武器の管理貿易
でもリーダーシップを執っている。その政策を>>「105が支援する、支持
するというのは、従来からの日本の立場への賛意でもある。

>>106はナニが不満なんだい?w

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 13:16:10 ID:hErYgAOE
いや国権の発動たる戦争が禁止されているので
自衛戦争も禁止されていると解釈すべき。
自衛権は放棄していないので、自衛戦争に至らない範囲での自衛権の行使は可能。
そこの線引きは解釈に委ねられているけど、自衛のための先制攻撃は自衛権の範疇に
収まらないというのはほぼ共通認識になってる。
さらに集団的自衛権の行使と、敵策源地への攻撃は今でもグレーゾーンのまま。

俺は憲法改正すべきでないと思っているけど、上記した部分は通常の国の憲法では
認められていて、日本国憲法の持つ特殊性になっている。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 18:38:55 ID:UCsjfKPZ
>いや国権の発動たる戦争が禁止されているので
>自衛戦争も禁止されていると解釈すべき。

はぁ? 「国権の発動たる戦争」とは「国の決定によって始める戦争」という意味ですが?
世間で言う侵略戦争の否定ですけど、なんでそれが「自衛戦争も禁止」になるんです?

>そこの線引きは解釈に委ねられているけど、自衛のための先制攻撃は自衛権の範疇に
>収まらないというのはほぼ共通認識になってる。

自衛戦争の拡大解釈が予防戦争を含むケースもありますが、その予防措置的な武力
行使においても、弾道弾の発射を察知した場合などにおいて先制攻撃が可能というの
が政府の解釈ですが?

>さらに集団的自衛権の行使と、敵策源地への攻撃は今でもグレーゾーンのまま。

他国に対して軍事力を提供する集団的自衛権はアウトですが何か?
敵策源地への攻撃、といってもいろんな状況が想定されますが、日本を攻撃する意図
が明白で、他に手段が無い場合は弾道弾基地への攻撃できますが? これは1956年
の答弁から変更ありません。

てか、自衛戦争にならない自衛権の行使とか正直ワケワカメなんで、そこらへんの用
語解説をお願いしてもいいですか?

>俺は憲法改正すべきでないと思っているけど、上記した部分は通常の国の憲法では
>認められていて、日本国憲法の持つ特殊性になっている。

特殊性…ってか、ここらへんの元ネタは国連憲章だし。憲法条文にしたときにおかしくな
ったとしても、その意図は国連憲章の2条と51条で答え合わせできるんですが。特殊な
のは集団的自衛権を別扱いにした部分なのでは?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 18:50:11 ID:WXXpMDul
良スレ進行希望


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 19:24:55 ID:muXWeHZB
憲法9条の英訳で、紛争にあたるdisputesの正しい意味は
議論 争論であり、紛争=戦争と訳するのはそもそも間違い!
現在の憲法はアメリカの押し付け憲法なのだから英語で読めば、イタリア憲法とさして変わらない。ドイツ憲法とも中身は一緒。
世界に誇る唯一の平和憲法とほざく奴は、モノを知らない奴と同義語なり。

何故、彼らはそれでも憲法9条堅持と叫ぶのか?

》「日本人に謝りたい 〜 あるユダヤ長老の懺悔 〜」
──ユダヤ長老が明かす戦後病理の原像──

■■■第5章:共産主義はユダヤ人が作った

■■日本共産党を育てたのは我々の最大の誤りだった

ユダヤ人が日本人に謝らなければならない最大の問題は、戦後日本共産党を育て残置諜者として残していったことである。
これは具体的にはニューディーラーが全て行なったことである。共産主義者群から成っていたニューディーラーは社会主義革命こそ行なわなかったが、
戦前の日本にあった類い稀な長所をすべて破壊したのである。
それ以上に大きな誤りは、残置諜者として日本共産党を育て、残したことである。(以下略)
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe805.html


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 19:37:32 ID:w74wShfw
ぜんちゃんがぬぼーっとした二枚目なんかついていくわけないだろ
バリバリの理系出身者なんだから また読み違いッくされぞん うわー無駄などりょく

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 19:39:11 ID:w74wShfw
うわバカに陶酔思いこみばっかしw

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 19:55:34 ID:eKF2IDcs
>>105ずっと言い続けたが無視されまくりで効果ないと理解したので核武装

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:22:06 ID:Og3J7aZH
少し旧式だが核家族を大量生産だ!

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 23:37:56 ID:kPk+dvpI
>>108
その解釈は、通常の国家が通常の制約に則って
宣戦布告してきて、っていう前提の元にあるからな

国家として認められていないテロ集団がミサイルを
撃つぞって脅しをかけてきた場合には自衛しなきゃ
まずいだろ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 19:09:22 ID:R5W32rGX
日本は平和を愛する民だから戦争などしません(笑)但し自衛権は行使 相手が武器を持って迫ってくる以上 駆除 効果絶大な手段で駆除 まずは核」の水平うちは どうでしょうか 何発で駆除できるかなぁ30ぱつくらいで駆除できたらパッピー

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 08:22:36 ID:EHv2TbE9
非核論って説得力なさすぎるね。
国家の目標は核廃絶ではない。国民の安全と繁栄だ。

「核武装すれば核戦争に巻き込まれる!」
⇒×。核使用された例は非保有国の日本のみ。
これは反撃力がなかったため。

「核兵器は残虐な兵器だ。そのような手段を日本が持つべきではない!」
⇒そうだとしても、保有していなかったが故に被害に遭った我らが
非核を選んだところで核攻撃から守られることはない。
それに道義的責任は誰が負ってるんだ?原爆は日本が落としたのか?

どの国だって核武装なんて望まない。(最初の国アメリカ除)
核廃絶運動が全く実を結んでいない現実がある以上、
核武装(あるいは更なる高威力兵器)はやむを得ない。

119 ::2009/11/02(月) 08:59:59 ID:86ilWq+C


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 09:13:44 ID:Txd2Q7Zp
>118
>どの国だって核武装なんて望まない。(最初の国アメリカ除)

アメリカが非核弾頭の戦略兵器を研究中な件。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 10:04:16 ID:3Gpfb4LS
そういえば、グルジア戦争では最初の数時間でグルジア側に数千人の死者が出たというが、どんな兵器を使ったのだろう?


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 11:35:13 ID:jTzedInp
>非核論って説得力なさすぎるね。
>国家の目標は核廃絶ではない。国民の安全と繁栄だ。

その国民の安全と繁栄に繋が「安全保障政策としての核武装」を論じることができない
残念な子は誰でしょう? って話なんだけど? 例えば。

>「核武装すれば核戦争に巻き込まれる!」 ⇒×。

勝手に答えを作っているあたりに残念っぷりが如実に見て取れるけど、核武装「しなけ
れば」戦争に巻き込まれない、なんて冷戦時代から数えても誰も言っていない。米ソが
核戦争すれば核武装の有無と関係なく「アメリカの同盟国を吹き飛ばすために」核を放
り込まれるのが確定していた。核攻撃を受けたくないというのであれば、政治、経済、軍
事、科学技術、文化、ありとあらゆる分野で世界と縁を切り、無価値な存在となることだ。
その場合は地政学的「価値」を求める国には日本列島を進呈し、1億3000万の国民を養
うことも諦めなきゃならないが。

核攻撃が怖くて経済大国ができるか。

>⇒そうだとしても、保有していなかったが故に被害に遭った我らが

保有していたとして、その運搬手段は? 先に潰しておくけど、当時の日本には4トンなんて
重量を運べる飛行機は無い。さらには「原子爆弾」というものの発想に致命的誤りがあった。
ウランやプルトニウムの臨界量を超えて…というのではなく、原子炉の暴走事故の結果の
爆発を「原爆」と勘違いしていた。だから「軽くする目処が立たない」「今次戦争に間に合わ
ない」と判断したわけ。

>非核を選んだところで核攻撃から守られることはない。

核武装したところで、それが「投射手段と組み合わされた有効な戦力」とならなければ抑止
力足りえない。日本の原爆研究の失敗や、原爆を上回る被害を出した「焼夷弾での「」東京
大空襲ってのは、それを示している。

>それに道義的責任は誰が負ってるんだ?原爆は日本が落としたのか?

原爆以外の死人は、死人扱いしないのか? 原爆で死ぬのがそんなに偉いのか? 戦争被
害者は戦争被害者だろ? 死に方でランクつけるってのは、道義的にどうなのよ?w

>核武装(あるいは更なる高威力兵器)はやむを得ない。

届かない兵器は被害を与えられない。その単純な事実を実行するのがMDであり、その投
資が戦争の前段階における「核の被害の確実性」をあやふやにし、恫喝のハードルを上げ、
あるいは相手の努力が足らなければを無効にする。この状況下において「国民の安全と繁
栄」を維持するという「名目」で、技術的政治的財政的目処を明らかにしないままに核武装
を繰り返す「だけ」ならば、それは「国民の安全と繁栄の破壊」でしかない。

もちっとアタマを使え、バカ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 11:49:30 ID:dZemmj73
核武装?

日本は北朝鮮かよ。基地外ばっかりだな

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 14:00:40 ID:EHv2TbE9
>技術的政治的財政的目処

やろうとすれば全てのハードルはクリアできる。
今の経済力を維持したければ、増税するか福祉予算などをカットすればいい。
最小限の核武装なら生活水準もほとんど下げる必要ない。

維持費だけなら>>78-79 のミサイル部隊運用コストと軍事衛星だけ。

金かかるのは初回の核兵器工場、実験、軍事衛星やらの製造、施設建設
原料費。これはまあしょうがない。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 22:57:28 ID:jTzedInp
>やろうとすれば全てのハードルはクリアできる。

国滅ぼして核戦力を作ることに何の意味がある?

>今の経済力を維持したければ、増税するか福祉予算などをカットすればいい。

非生産部門の国防予算の増加はGDPを押し下げますが何か?
福祉教育予算の削減は、国民の生産性、生産力の底上げを阻止しますが何か?

てか、何をいくら削ってどんだけの金を工面するんだ?

>最小限の核武装なら生活水準もほとんど下げる必要ない。

その「最小限の核武装」で引き合いに出した>>78-79がどんだけキチガイか。

どっちも1兆といっているが、片方は「核弾頭が12発、それを1発だけ積んだ潜水艦12隻」で1兆円。
もう片方は「核弾頭300発と巡航ミサイル搭載潜水艦30隻」で1兆円。

個人の思いつきを並べれば、説明になるとでも思っているのか、このバカは。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 10:45:38 ID:j9YN5aGP
まあ核を持てば国が滅びる訳ではないのだがな。

そんなくだらん議論している間に、核を持つのは普通になる時代が来るよ。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 11:07:13 ID:Zygm27Tj
素っ頓狂な数字を出して説明した気分になるも、突っ込まれると「まあ核を持てば
国が滅びる訳ではないのだがな」などと韜晦。

挙句に「まあ核を持てば国が滅びる訳ではないのだがな」と脳内結論に逃避。



もう黄金パターンだな。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 11:10:34 ID:Zygm27Tj
失敬。

×挙句に「まあ核を持てば国が滅びる訳ではないのだがな」と脳内結論に逃避。
○挙句に「そんなくだらん議論している間に、核を持つのは普通になる時代が来るよ」と脳内結論に逃避。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 11:49:30 ID:j9YN5aGP
変なのが湧いてるな
まあ一生懸命書き込め


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 18:36:26 ID:spj5gjVi
まだ田母神ブーム続いてんの?

まあ、こんな小国ブームなどには目もくれず、国際情勢は動いていくが。











131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 18:52:11 ID:spj5gjVi
たぶん、核武装論者の中には、アルカイダのテロ計画を知らないやつなんてゴロゴロいるんだろうな。
中国や北朝鮮の脅威よりも、テロの脅威の方がはるかに高いというのに。
北が日本に攻めてくることはありえないなんて、田母神ですら認めているが。



132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 19:34:06 ID:qiPK1QEG
或貝打はアメリカの属国日本を狙わないだろう。
非キリスト教国の先進国敵に回してもしょうがない。
新疆でウイグル人虐殺してる中国にもしないだろうな。アメリカの敵は味方なわけだから。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 19:45:03 ID:spj5gjVi
なに能天気なこと言ってんだよ。
テロの計画書にはっきりと書いてあった。
攻撃するつもりのない国に関する攻撃計画なんか立てるかよ。

また、テロリストに軍事的抑止力は効かない。
それくらい、抑止力について少しでも勉強すれば分かる。

まあ、核武装自体ありえない話だが。
ジョセフ・ナイの発言によく現れている。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 20:08:53 ID:qiPK1QEG
計画書ねえ。CIAの捏造じゃねえの?
まあ北チョンがアメリカと核の打ち合いして両方地上から消滅してくれると助かる。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 20:24:12 ID:spj5gjVi
http://www.47news.jp/CN/200804/CN2008042201000756.html

せめてこれくらい知っとけな。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 20:32:31 ID:spj5gjVi
ディズニーランド入場の際、全員の持ち物検査をするべき、と主張する学者もいるほど。
北や中国が攻めてくるなんて訳のわからないこと言っている暇があったら、テロの脅威を考えろ。
日本がNPTを抜けること自体ありえないが、仮に、9条改定し、軍隊を持ち、アメリカとともに軍事行動をとるようなことになれば。
考えただけでも恐ろしいね。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 20:46:32 ID:spj5gjVi
こいつも貼っておくか。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091028AT2M2703027102009.html

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 23:08:19 ID:j9YN5aGP
おーよしよし、頑張ってるな。
その調子で頑張れよ、馬鹿。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/03(火) 23:16:53 ID:spj5gjVi
反論できずにファビョり出したな。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 11:23:44 ID:5DT7AI/U
これだけ核が拡散してるのに
アルカイダが核を持つことと
日本が核武装することに関連性はない

だいたい日本が核武装してアメリカと手を切ればいい
アルカイダはアメリカを狙ってる
日本じゃない

核武装して
アメリカの奴隷から解放されないと
同盟国として標的にされる

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 11:26:25 ID:5DT7AI/U
>北や中国が攻めてくるなんて訳のわからないこと

こういう平和ボケが日本を危険に晒すことになる
中国の帝国主義国家で独裁国家だと理解してんのかこのバカたれわ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 11:53:26 ID:c04/1AR5
核武装論者のレベルの低さがよくわかるね。

バカの一つ覚えに、核武装核武装核武装。

で、どうやって?
NPTを抜けてから核武装完了までのシナリオを極めて現実的に語ってみろよ。


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 12:58:54 ID:JBpnGlk+
>中国の帝国主義国家で独裁国家だと理解してんのかこのバカたれわ

このご時勢に中国は世界征服を企んでいるのですか?w占領コストばかりかかってなんの得にもならんだろうが。アフォがw

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 13:22:32 ID:7/8cdxVf
>>142
別に抜けなくても核武装できるよ。
北がプルトニュウムの抽出終了したから
その脅威のためへの対応で可能。
だけど今は友愛民主党。ww

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 13:37:47 ID:c04/1AR5
>>144

無理だから。

いちいちバカレスしないで。



146 :20:2009/11/04(水) 18:52:23 ID:QEvvBsE/
>>140
>だいたい日本が核武装してアメリカと手を切ればいい
>アルカイダはアメリカを狙ってる
>日本じゃない
つーか、世の中自称アルカイダばかりなんだがw
アルカイダって何だか理解しているの?

まぁ、いいや。
ちょっと前にアルカイダ系テロリストと思われる人物が来日していたが、
テロじゃなくて資金稼ぎをしていたよな?
何でテロを起こさなかったのか説明してくれる?

>核武装して
>アメリカの奴隷から解放されないと
>同盟国として標的にされる
テロリストと軍拡している周辺諸国、どっちが危険なのか?って話なんだが。
まぁ、核武装すれば周辺諸国と対等に付き合えなくなるって話は出てるよな?
核武装してどうすんの?

>>143
中国の軍事戦略を見てみな。
中国としては、日本を影響下に起きたいってのがよく解るから。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:14:44 ID:ZEc2yV1T
或甲斐田の座輪日理は、日本がアメリカにこれ以上加担することを警告したのだろう。
確かビン・ラディンは長崎の件を上げてアメリカの非道を指弾している。
日本人にとっても飴のケツ舐めて今まで歴史的に友好だったイスラム勢力と敵対するべきではない。
それはともかく、或甲斐田が飴ではなくあえて日本だけを狙うというのが分からん。
警戒レベルは雨の方が高くても、主敵に対する攻撃が優先されるのではないだろうか?
これ以上日本が、例えばアフガンの支援に全力的に乗り出すかすれば、スペインみたいにやられる可能性はあるが。
民主党政権で対米支援が後退した現状では、テロの脅威はかつてより低いだろう。

日本がもし本当に核武装したとして、果たして経済制裁などできるのだろうか?
日本は北チョnなどとは訳が違う経済大国であって、日本を経済的に封鎖すれば全世界が影響を被る。
経済が悪化している上に日本に国債を買ってもらっているアメリカにとってすら都合が悪い。
北の脅威を主張して正当化すれば、インドのように国際社会も追認する可能性がある。
日本が核武装して一番困るのは、北や中国よりも、属国に牙を持たれるアメリカだろうな。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:31:47 ID:smcF2gHw
>日本がもし本当に核武装したとして、果たして経済制裁などできるのだろうか?

核武装したとして、という部分でお花畑だし、議論から逃げている。

核武装の「意図の表明」から「核の戦力化」までは数年から十数年のリードタイムがある。
この「核の開発期間」において、誰にも、何も邪魔されないという想定がファンタジー。

ま、文章全体が電波系だから突っ込むだけ野暮なのかもしれんが。

149 :20:2009/11/04(水) 22:32:10 ID:QEvvBsE/
>>147
>日本人にとっても飴のケツ舐めて今まで歴史的に友好だったイスラム勢力と敵対するべきではない。
アメリカに付き合う≠イスラム勢力に喧嘩を売る、ではない。

>それはともかく、或甲斐田が飴ではなくあえて日本だけを狙うというのが分からん。
貴方の主張こそ意味が理解出来ないんだが?

>警戒レベルは雨の方が高くても、主敵に対する攻撃が優先されるのではないだろうか?
んで、9.11以降、アメリカ本土でアルカイダを名乗る勢力からテロは有ったの?無かったの?

>日本がもし本当に核武装したとして、果たして経済制裁などできるのだろうか?
核武装して日本経済ガタガタになるよりは、経済制裁するって脅すかもなw
そもそも核武装すれば、日本経済ガタガタ、アメリカの国債も買えない。

経済制裁以前に、日本の防衛予算で核武装、独立すれば日本経済が傾く。
米中露相手にMAD構築した上に、シーレーンを守れるように最低でも空母打撃軍3セット。
アメリカと対峙する事を考えれば、それ以上の戦力が必要になる。
それだけの予算を出すと日本経済が破綻します。

ドアホがこれ位の予算で・・・と数字を出すが突っ込みを喰らってダンマリってのがパターンな?
過去ログを読んでくれ。

>日本が核武装して一番困るのは、北や中国よりも、属国に牙を持たれるアメリカだろうな。
日本人の貯蓄がアメリカ国債で、食料、資源もアメリカに依存している訳ですよ。
核武装してアメリカを脅そうとしても、精々道連れにする位しか出来ない、と。

と言う訳で、ハイ、質問。
日本人は、アメリカ道連れに自爆するような政権を選びたがるでしょうか?
そういう人間は非常に迷惑なので、目を閉じ、耳を塞ぎ、口をつぐんで孤独に暮らしてくれ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:49:57 ID:JBpnGlk+
>>146
軍事戦略のみで対外政策が決定されるわけじゃないだろ。アメリカの覇権でバカ儲けしてる中国が軍事戦略をどれだけ重視してるかは疑問。

>日本がもし本当に核武装したとして、果たして経済制裁などできるのだろうか?
出来ないと思われ。自分の国に莫大な市場を持っていることはむしろ強み。日本に売らなきゃ国が飢えるからな。
ただ核武装は投射能力を含めたコストを考えれば激しくナンセンスなんだろ。どのスレでも似たような結論だったぞw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 22:59:40 ID:ZEc2yV1T
まあ、核武装を公然としなくても、いつでもできる体制をキープすることが、
潜在的な抑止力になるだろうな。プルサーマル計画ってそういうことでしょ?
それか、イスラエルみたいに極秘(半ば公然)と開発して知らぬ顔をするだけなら、
戦術核と通常の爆撃機(現有の航続距離のばす)で十分な訳だし。
核も重要だが、それより本格的な国家の情報機関(JCIA)の設立が急務だ罠。
スレチになるけど。
別に正面から飴とケンカしろとは言わんが、或甲斐田なんて表向き退治するそぶりで飴公が殺されるのを影で喜ぶのが賢い日本だ。

152 :20:2009/11/04(水) 23:26:29 ID:QEvvBsE/
>>151
>まあ、核武装を公然としなくても、いつでもできる体制をキープすることが、
>潜在的な抑止力になるだろうな。プルサーマル計画ってそういうことでしょ?
んでさ、実験もしないでどうやって爆縮型核爆弾を作る訳?
確かイスラエルはアメリカのどっかで実験したんじゃなかったっけ?

>それか、イスラエルみたいに極秘(半ば公然)と開発して知らぬ顔をするだけなら、
>戦術核と通常の爆撃機(現有の航続距離のばす)で十分な訳だし。
日本語が読めないのか?
戦術核不要論で決着しているぞw

>別に正面から飴とケンカしろとは言わんが、
>或甲斐田なんて表向き退治するそぶりで飴公が殺されるのを影で喜ぶのが賢い日本だ。
お前さんの反米感情を剥き出しにしただけだろうが・・・

取り合えず勉強しような?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:37:37 ID:ZEc2yV1T
だったら、北チョソにさー、食糧支援と経済援助する引き換えに核実験のデータ貰うってどうよ?w
どうしても核が駄目というなら生物・化学兵器とか。
或甲斐田を支援する必要はないが、アメリカの戦争助けて「テロの脅威」にさらされるよりは、
「まあ、アメリカはんもイスラムはんも、平和が一番やで〜」ととぼけるのが、国益にかなうんじゃないか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 23:48:07 ID:c04/1AR5
はあ。
いくら匿名掲示板と言え、ここまでバカだと力が抜ける。


155 :20:2009/11/04(水) 23:54:27 ID:QEvvBsE/
>>153
>だったら、北チョソにさー、食糧支援と経済援助する引き換えに核実験のデータ貰うってどうよ?w
>どうしても核が駄目というなら生物・化学兵器とか。
核武装する意味が無いんだってばw
核武装しても日本経済ガタガタになるだけだから。

生物・化学兵器だって北朝鮮は散布の技術持っていないだろうし、BC兵器で報復されても危険よ?
大日本帝国ですら報復を恐れて使用しなかったのに・・・
平成の牟田口か。はたまた辻か。
日本なんか島国だから、その気になれば生物兵器ばら撒いても、パンデミックの恐れは無いだろうし。

>或甲斐田を支援する必要はないが、アメリカの戦争助けて「テロの脅威」にさらされるよりは、
>「まあ、アメリカはんもイスラムはんも、平和が一番やで〜」ととぼけるのが、国益にかなうんじゃないか?
イラク復興支援じゃ地元住民に感謝された上に、石油利権まで手に入れた訳だが。

お前さんの言う国益って何よ?
それにテロリストって国家レベルでの理屈が通じないから、叩き潰さないと大変な事になるよ。
アフガン撤退→月一で9.11クラスのテロ→アメリカ経済崩壊→世界経済崩壊。
サブプライムローン問題で解ったと思うけど・・・日本もロシアも中国もEUもアメリカ経済で動いている訳よ。

んで、最後に質問ね?
質問・・・核保有・アメリカからの独立で日本経済はガタガタになります。
     お前さんは日本を滅ぼしたいのですか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 02:10:36 ID:Nifg0uX8
別に復興支援するなとまでは言ってないわけだが?
深入りするな危険と言うわけで。確かに日米安保にメリットが大きいが、それは飴の属国を半万年続けることでもある。
俺は(仮に本当になるとして)経済がガタガタになってでも自立するのは一つの選択肢だと思う。
アメリカは日本に二度も核を落とした国だということを忘れない方が良い。少なくとも被曝三世としてそう思う。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 03:13:01 ID:RmKUhBNv
日本国は日本列島と言われるように島国で、本州、北海道、四国、九州の周りには数多くの島が点在する。
それらの島のうち、主要な地点を、防衛の為の境界線や最前線と位置付け、
その島に最新鋭の日本軍基地を作り、ミサイル防衛はもちろん、核弾頭を常時配備しておくのはどうか?
核については、本国のどこかしらの地下深くに軍事司令塔を置き、
島の核弾頭発射なりを遠隔操作できるようにして、とにかく防衛ということに重点を置くのはいかがか?

絶対に攻めてこられないというのは難しいが、軍事的な問題はあくまでも可能性として、
他国が日本を攻めたいと思うことがないような体制を高めることを望む。軍需という雇用も生まれる。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 11:08:47 ID:tkDOT1hO
>>155
別にがたがたにはならんぞ?核武装では。
鳩山政権の方がもっとグダグダだしな。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 16:25:17 ID:5KtiHbf+
>>43 その意見には賛成。申し分はない。

>>45 全然キチガイではないぞこのコテ氏は。君も防衛力強化といって防衛戦争を放棄している時点で
主張に矛盾が生じているぞ?君のいう防衛力強化とはなんだい?まさか核保有とか言わないだろーね?
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/war/1252245937/
上記のスレで核武装について語られている。
国防に関心があることは良いことですよ。戦争だけが国防ではないけど
いざ攻め込まれたりミサイルが飛んできて一目散に逃げ出すのは防衛力がないということだよ。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 16:29:00 ID:5KtiHbf+
すいません誤爆しました。低次元なスレ汚し大変失礼致しました。

161 :20:2009/11/05(木) 19:22:32 ID:T2ZHCXdA
>>156
だから質問に答えろ、と言っているのだが?

>俺は(仮に本当になるとして)経済がガタガタになってでも自立するのは一つの選択肢だと思う。
でさ、核武装して自立して・・・経済・食料・エネルギーをアメリカに依存し続ける訳?
核兵器は妄想を叶えてくれる魔法の道具じゃない。

属国が嫌なら憲法9条を改正して、日米同盟強化、東アジアの安全保障で
アメリカが日本に依存する環境を作れば良いだけの話だ。

>アメリカは日本に二度も核を落とした国だということを忘れない方が良い。少なくとも被曝三世としてそう思う。
ほら、反米感情が剥き出しってのが本音じゃないかw
被爆三世だろうが何だろうが、お前さんの欲望で日本を崩壊させるような真似は止めてくれ。
それともお前さんと同じような境遇の人間をまた生み出すつもりか?

>>157
意味が解らない。
離島防衛するのに核兵器で離島ふっ飛ばしてどうすんの?
コストの問題や柔軟性を考えれば、離島にミサイル設置、自衛隊基地設置してもマイナスだけだし。

>>158
最低限、過去ログに反論するか数字を出してから主張する事。

過去ログ無視すりゃ何だって言えるんだよ、ドアホ。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 23:45:12 ID:12/RHxku
>別に復興支援するなとまでは言ってないわけだが?

おいおい、復興支援そのものがテロの標的じゃんかw 復興するくらいなら貧乏なまま
子供を自爆テロに使ったほうがいいってのがイスラム原理主義だろうに。
政治体制や人種、宗教によらず、共通の人権意識だの資本主義の認識だのを持って
もらうのがアメリカの、ひいては日本の利益だ。ようするに客を増やしたいってことなん
だから。

>深入りするな危険と言うわけで。確かに日米安保にメリットが大きいが、それは飴の属国を半万年続けることでもある。

いやー、さすがに同盟が5000年続くなんて発想は無いわ。てか、子や孫の代の話は、
子や孫に任せていいんじゃね?

>俺は(仮に本当になるとして)経済がガタガタになってでも自立するのは一つの選択肢だと思う。

一国で世界経済の4割を握るのがアメリカだろ? 軍隊の全滅の定義は3割の損害だ
そうだが、同盟国入れれば市場半減が確実な状態で「本当になるとして」という見通し
しか立ててないというあたりで眩暈がするわ。

>アメリカは日本に二度も核を落とした国だということを忘れない方が良い。少なくとも被曝三世としてそう思う。

そんな理屈でいいなら、中国戦線で人死にを出したうちの家系は、ロシア人や中国人
へのルサンチマンを奏でていいわけだw 当然、中国人や朝鮮人の「当事者ではなか
った」三世だの四世だのが謝罪と賠償というゆすりたかりを繰り返すことも認めるとw

…アホか。誰も彼もが言い出したら、日本は世界中に恨みだけを抱いて縁切りしなき
ゃならない。でもその結果は亡国でしかないんだが?



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/06(金) 10:06:29 ID:vFOOpKd5
>>161
だからガタガタになる根拠は?

工作員乙。wwww

164 :れふりー:2009/11/06(金) 10:35:56 ID:OraZ3Rx2
>>163は何一つ反論できなかった。>>161の勝ち。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 15:55:43 ID:mLBOlzPo
反米感情は抜きにして、無辜のイスラム教徒の女子供虐殺してまでアメリカに尽くすメリットがないんだが?
復興支援ならまだ顔は立つが、雨がイスラム教徒向こうに回すのを過剰に援助して、
日本に何のメリットがあると?それこそ「テロの標的」にしかならんわけだが。。
日本は「平和憲法があるから」と口実にして逃げるのが賢いやり方だろう。
それに本当に日米同盟だけが選択肢かな??

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/07(土) 20:25:40 ID:b87HRGJB
>反米感情は抜きにして、無辜のイスラム教徒の女子供虐殺してまでアメリカに尽くすメリットがないんだが?

「無辜のイスラム教徒の女子供を虐殺」した目的は「アメリカに尽くすためです」って
与太の「主語」はどこにある? 誰が虐殺してアメリカに「尽くした」の?

>復興支援ならまだ顔は立つが、雨がイスラム教徒向こうに回すのを過剰に援助して、
>日本に何のメリットがあると?それこそ「テロの標的」にしかならんわけだが。。

…で、その「過剰な援助」ってのの具体的中身は何?

>日本は「平和憲法があるから」と口実にして逃げるのが賢いやり方だろう。
>それに本当に日米同盟だけが選択肢かな??

平和憲法を口実にして「逃げられる」のは何故か。アメリカが敗戦後の日本の民主化を
主導し、その過程でできた憲法だからだ。連中は9条や平和の理念を口実にされると何
も言えなくなる。文句があれば「当時」口を出しとけば良かったでしょ? と返されたら終
わりになっちまう程度の話だ。

「唯一の同盟国」が平和憲法を盾に逃げても文句を言わないわけだが、では日米同盟
以外では、どこの国が「平和憲法を盾に逃げる」国と同盟を結ぶんだ?w

167 :20:2009/11/08(日) 01:52:33 ID:7KAChaW7
折角だから予言しておこう。
今後も事実を無視して反米感情を煽り続ける書き込みを行うだろう。

>>165
>それに本当に日米同盟だけが選択肢かな??
なんだ、反米感情を煽って日米離間を実現したいだけか。

>無辜のイスラム教徒の女子供虐殺してまでアメリカに尽くすメリットがないんだが?
中国・・・ウイグルでイスラム教徒虐殺中。
ttp://sankei.jp.msn.com/world/china/090714/chn0907141249003-n1.htm
ロシア・・・チェチェンでイスラム教徒虐殺中。
ttp://jp.ibtimes.com/article/biznews/081130/39470.html

アメリカとイスラムの対立が問題視され易いのは、中露に比べて報道ニーズがあるだけに過ぎない。
より詳細な資料を読めば、戦闘行為でなく「虐殺」を行っているのは中露と解る筈だが?

>復興支援ならまだ顔は立つが、雨がイスラム教徒向こうに回すのを過剰に援助して、
>日本に何のメリットがあると?それこそ「テロの標的」にしかならんわけだが。。
ドイツやカナダがアメリカと共にアフガンで戦闘行為を行っているが、報復としてのテロは起きたか?
ttp://newsweekjapan.jp/foreignpolicy/2009/11/post-56.php
このように原理主義集団の指導者の支持を得られるケースが存在するんだが。
イスラム教にも様々な宗派が存在し、対立している。
ワッハーブ派とアメリカは友好関係にあるし、
「テロを引き起こす聖戦主義者」に関しては、様々な宗派の指導者から批判が出ている。

イスラム教徒と言う括りで同一視するのは、無知の証だ。

>日本は「平和憲法があるから」と口実にして逃げるのが賢いやり方だろう。
この口実が通じなくなっているのが問題なんだ。
アメリカの軍事力を上手く利用していた日本だが、アメリカの財政赤字でそれが難しくなっている。
憲法9条を改正しても、日米同盟の内容次第では日本がアメリカの戦争に無条件に付き合わないで済むだろう。

今現在、アメリカから協力を求められているが「日本を守る為に多額のコストを支払っている」と言う理由だ。
改憲して東アジアの安定の為に協力する事を約束すれば、アメリカは日本に依存するようになる。
無茶な要求を通そうとして衝突するケースも減るだろう。

寧ろ逃げ続ければ、日本の抑止力低下、最悪アメリカの破綻すら想定出来る。
対国家への抑止力を維持し、国益を追求するのであれば、憲法改正と日本の国益を追求した日米同盟しかない。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/12(土) 23:19:03 ID:QtRxjhKV
核保有、大賛成

鳩山が最高指揮官、大反対
(納得できる要素、皆無)

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/13(日) 01:21:13 ID:+/gbeTTD
核武装は利点が多く賛成、核ミサイルに関しては各国の批判が多い為、慎重に判断しないといけないが
艦船の動力としてだけでも使えるようにはするべきだ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/13(日) 06:09:47 ID:r0nSMCde
このスレだけ読んだ。核武装すべきかどうかはともかく、憲法改正と各技術開発できる能力は常に維持したいな。
核武装するには「今の日本」ではまだ厳しいという事実もあるわけで。(現政権なんて宛にもならん。)
もし仮に米国が衰退した場合、日本をサポートしてくれる有力な国は数少ない。
その状態で中国が「お行儀よく」日本に接してくれるとは思えない。
となると、彼らを同等のテーブルに着かせるための核武装をするかという論議は大事。
「あるかもしれないしないかもしれない」と物事をぼかせない、日本の現状がある。
だからこそ「今は決定していない」という意味での「あるかもしれないし、ないかもしれない」
は大事だと思う。
まぁ、「まだ会議で決まってません」と日本が言えば、中国様は「ああ、持ってないんだな」と思うだろうけど。どうせ。
他国と違い、外交において、それ以外でも日本は割と正直者だからね。
誠実すぎる国は、こういうときに損をするから悲しいよ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/13(日) 06:26:49 ID:r0nSMCde
>>170
核武装すべきかどうかはともかく、憲法改正と各技術開発できる能力は常に維持したいな。
→核武装すべきかどうかはともかく、(核武装のための)憲法改正をできる状態と各技術開発できる能力は常に維持したいな。

駄文スマソ。色々雑多に書いたから適当な部分が目立つなOTZ


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/13(日) 08:12:23 ID:V8lUPTBQ
核って軍事的にダメージを与えるって言うより
経済的なダメージを想定して考えたほがいいね。


173 :1:2009/12/13(日) 12:33:08 ID:ZQZ8VTDv
1

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/14(月) 21:18:14 ID:PZnTtQCn
まあ2ちゃんねらーは

持ちたい・打ちたい・実況したい

だからな。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/15(火) 00:43:12 ID:+8JWF3JL
09.12.12リチャードコシミズ東京学習会【純粋水爆】

http://www.youtube.com/watch?v=DelCQik3RVA&feature=PlayList&p=428C6D6D2F7F7F7E&index=0

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 20:42:16 ID:1VzfYD9K
>>174
>持ちたい・打ちたい・実況したい
これ、君が尊敬する将軍様のことだからwwwww

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/11(月) 21:21:22 ID:IRDrnNVA
反核媚中媚韓のヘタレばっかだな。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 09:25:03 ID:lsTudxOy
>新核武装論

オツムの弱い馬鹿が戦争ゲーム脳で考えるモンじゃないわな。

日本における国政関係・外交・経済・金融・資源・食糧など

関連してくるわけだが、オツムの弱い馬鹿にはそれがスッポリ抜けて

しまって核武装などと弱いオツムで考えるわけだ。

特にキチガイ右翼連中な。 


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/13(水) 14:43:14 ID:KR+bnuUZ
憲法改正してもいいんじゃない
ただし、米国は日本の憲法改正には注視する
憲法改正は米軍の恒久化を招くかもしれない

日本の核保有は非核三原則を否定することになり
日本の核保有は日本或いは日本人の滅亡につながるおそれがある

それを分かったうえであれば憲法改正と核保有をすればいいんじゃないの

180 :1234五苦労さん:2010/01/15(金) 15:07:35 ID:NchK/ZOD
日本が核武装する場合、ミサイル防衛の迎撃ミサイルの弾頭部にだけ核爆弾
を装着する手がある。
つまり、敵が撃ってきたときに敵の核ミサイルに対してのみ核を使う。
敵国内の大都市や工場施設・軍事施設に対しては、日本は核攻撃しない。
あくまで、それはアメリカの核報復能力にお願いする。

そうすれば、日本の友好国にとっては日本の核は脅威にはならないから、
受け入れられ易いと思う。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 15:15:55 ID:0Yr2eRn3
>>1234五苦労さん
軍事の知識に乏しくてよくわからないのですが、迎撃ミサイルに核を搭載することで迎撃能力を上げることが可能なのですか?説明をお願いします。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/15(金) 19:33:49 ID:Zbwr9wDd
可能
というか過去に存在する。
弾道弾迎撃ミサイルでggれ

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 01:40:09 ID:STYcu8y3
>日本が核武装する場合、ミサイル防衛の迎撃ミサイルの弾頭部にだけ核爆弾
>を装着する手がある。

キネティック弾頭で直撃させる技術が出来上がった以上、無意味どころか、害悪だけどな。

>つまり、敵が撃ってきたときに敵の核ミサイルに対してのみ核を使う。

結果、日本全土を巻き込んだEMPで民間資産もインフラもあぼーん。

>そうすれば、日本の友好国にとっては日本の核は脅威にはならないから、
>受け入れられ易いと思う。

つまり、本音はココ。核がほしいけど満足に説明ができない。適当にググったらナイキゼウスだの
スパータンだのという「自国上空で遠慮なくメガトン級を使う」という素敵兵器を見つけたもんだから
はしゃいでいるわけだ。

現代のMDであればEMPもへったくれもないから、兄弟殺しも気にせずに金の続く限り迎撃ミサイル
を打ち上げることができる。迎撃能力で言うなら、核付きABMより効果が高い。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/17(日) 11:55:50 ID:Z4O+es7U
>>181
昔は普通に核迎撃ミサイルもあったが、結局自信のうえに
灰が降ってくるんでやめたんじゃなかったけ?
ジーニーとか有名だったしナイキにも核つめたような?
昔はあんまし被爆考えてなかったんだろうね〜
小銃弾にも核って話もあったような?wwww

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 03:21:40 ID:VpDCXsa0
昔は全面核戦争が前提だから、少々の被爆は無視

だいたい広島の生き残りの方は90歳ぐらいまで生きておられる

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 19:38:38 ID:CPhCPQKz
被曝も問題なんだけど、EMPと浮遊物でその後の迎撃が非常に困難になるって欠点がある。
第二撃が来るとお手上げになるので効果が低い。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/18(月) 22:34:54 ID:IEcfyIfE
>昔は普通に核迎撃ミサイルもあったが、結局自信のうえに
>灰が降ってくるんでやめたんじゃなかったけ?

他に方法がなければ核だろうがなんだろうが使っただろうが、精密誘導兵器と
いうものがモノになったという現実がある。

>ジーニーとか有名だったしナイキにも核つめたような?

スパローすら無い時代で、戦闘機の主武装は機銃。ロケット弾が「射程が長い、
威力がある」っつって爆撃機迎撃の切り札扱いだったし。だから爆撃機を編隊ご
と吹き飛ばせるジーニーや核付ナイキにも意味があった。

けど、ちゃんと狙って当たる、落とせるようになると、核兵器の「威力がありすぎて
大雑把」というマイナス面が目立つようになる。ジーニーも核砲弾も核爆雷ルルも
精密誘導兵器が発達するにしたがって退役していった。

>小銃弾にも核って話もあったような?wwww

カリホルニウム核爆弾ね。小銃弾のサイズにできるって話だったが、半減期45分w
ま、SFネタだよ。

>昔は全面核戦争が前提だから、少々の被爆は無視

こっちもぶっ放しているって前提だし、それが相手の第二撃戦力を吹き飛ばしてくれ
ることに期待しているわけだし、遠慮して食らっても仕方ないというのはある。けど。

>だいたい広島の生き残りの方は90歳ぐらいまで生きておられる

長命の人もいた、という程度の話であって、白血病や癌で若くして死んだ人はもっと
大勢いたわけだが? 前段はともかく、後段は何の関係も科学的根拠も無い。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 06:19:46 ID:u+t0fk1a
>>187
今後はテロリストが流れの技術者とともにその大雑把な兵器を運用していくんですね。
わかります

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/19(火) 21:22:27 ID:7w4rhivo
>今後はテロリストが流れの技術者とともにその大雑把な兵器を運用していくんですね。

…黒鉛炉をはじめとするプラントも、ギターよろしく背中に背負えるなら、あるいは。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:14:53 ID:m5XgbbZm
このスレで主な話題になっている日本の核武装論とは少し話しがそれますが、
オバマが唱えた「核廃絶宣言」について言いたいことがあります。

僕は現在の核廃絶運動に大反対です。

何故かと言うとこの運動が世界の主流意見になっちゃうと、現在の核非保有国にとって暗黒の未来しかないからです。
僕は常より、核兵器は日本に取って安全保障よりも田母神閣下の言うように国際社会での発言力の後押しのためにあるものだと思ってます。

【国際社会において、核保有国と核非保有国では発言力に天と地ほどの差がある】

全くその通りだと思います。未だに世界は核保有国を中心に動いています。
悲しいかな、昔も今も世界を動かしているのは【軍事力】です。
その証拠に世界で2番目に金を持っている日本はアメリカの犬、世界のサイフとしか思われていません。
何故なら軍事力を持たないから、核を持たないからです。
ではこのまま核廃絶運動が拡大していくと核非保有国に取ってどんな暗黒な未来が訪れるのか?
それは今まで以上に、そしてより覆しがたい【国際社会においての発言力の差が開いてしまう】という暗黒未来です。

何故か?
まず第1に、世界から完全に核が無くなるとそれこそ【完全なるアメリカ一極世界】が出来上がってしまうからです。
アメリカの軍事力というのは、アメリカ以外の全ての国が軍事同盟を組んでアメリカに戦争を仕掛けたとしても、アメリカが勝つのです。
それぐらいにアメリカの軍事力というのはチートレベルに達しています。
そのアメリカに、力無き国が対等な意見を述べる最大の手段が【核武装】なんです。

なぜなら田母神閣下曰く
【一発でも核攻撃を受けると、それに耐えられる国が存在しないから】
【核兵器は他国との圧倒的な軍事力の差を"0"にしてくれるから】

全くその通りだと思います。
その証拠に、北朝鮮という貧乏弱小国家がちょっと核武装しただけで、
世界最強のアメリカ合衆国様ですら【テロ支援国家指定解除】という貢物を差し出し、
北朝鮮に擦り寄っていっている。
それぐらいに核武装というのは強烈なんです。
僕は日本は核武装しなければ、永遠にアメリカの犬状態から抜け出せないと思ってますから。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:15:46 ID:m5XgbbZm
第2に、仮に世界中の核保有国が本当に核廃絶したとしましょう。
じゃあそれを

【どうやって確認するんですか?】

アメリカがアメリカの全ての軍事基地、エリア51までをも含め全世界に公開して

『ほらー、核兵器なんてどこにもないでしょー?』

なんてことすると思いますか?
アメリカだけじゃなく、他のどの核保有国も自国の最高機密である軍事施設を公開するなんて愚行を犯すわけがありません。
つまり核廃絶は物理的に確認しようがない、核廃絶世界というのは完成し得ないということ。

そしてアメリカが全ての軍事施設を公開するわけがないとなればロシアはどう思いますか?

【(核廃絶とかほざいて、どーせちゃっかり核隠し持ってんだろ?)】と思いますよ。誰だってそう思う。

もちろんアメリカもそう思います。つまり【ロシアが核を捨てるはずが無い】と。
何故なら、核を捨てればロシアは完全にアメリカの下に位置することになりますから。
それをアメリカは当然分かってる。だからアメリカはロシアが核廃絶するというのは完全な建前だというのが分かっているわけです。

他の核保有国、中国やインド、パキスタンも同じです。
特にインドとパキスタンがお互いに信用しあい、核廃絶するなんてありえる訳が無いwww

【他の核保有国が本当に核を廃絶したのか信用出来ない】以上、全ての核保有国は建前では核廃絶したと言っておいて、
しっかり隠し持っておくに決まっているじゃないですか。そしてお互いに暗黙の了解で【核"隠し"保有】を認め合うに決まっているじゃないですか。

そして核非保有国も核保有国が完全な核廃絶を果たしたと確認出来ない以上、結局は【もしかしたら核持ってるかも…】という呪縛から逃れられない。
つまり今までの国際社会での発言力の差は変わらないということですよ。
いや、これまでにもまして最悪なのは、【核保有国が核を隠し持っている】という疑惑に対して、核非保有国が発言力を高めるために核武装しようとしても
建前上、世界は【核廃絶世界に向かっている】のだから【核武装は人類に対する裏切り行為だ!!】とか糾弾されて、結局核武装は出来ず終い。

そして【建前上の核廃絶世界が完成してしまう前に、核武装していた国の発言が中心に回っていく世界が永遠に出来上がる】ということですわ。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 02:16:39 ID:m5XgbbZm
アメリカにとっては核廃絶の声が高まれば二重に助かるんですよね。
一つはテロによる核兵器使用の可能性が低くなること。
テロが核を使用する場合、十中八九アメリカで炸裂しますからね。
それは今まで散々世界に不幸を振りまいて来たツケが回ってきただけで、アメリカの自業自得なんですけどね。

そして二つ目が上記にあげた国際社会に置ける【永遠の優先発言権の獲得】です。

アメリカはいつもそうだ。
世界の為とかほざいて、自分が一番得をするプランを"正義"と称して世界に発信し続ける。
どこまで言ってもアメリカはアメリカだ。
オバマに変わったとはいえ【事実上"白人国家"特有の傲慢さ】は変わっていない。

どなたか、それでも【核は廃絶すべきだ】という方がいましたら、僕に"論理的"に諭して頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/22(金) 21:51:55 ID:a6O9F3vH
>どなたか、それでも【核は廃絶すべきだ】という方がいましたら、僕に"論理的"に諭して頂けないでしょうか?

バカにつける薬は無い、って言葉の意味を理解できますか?

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 00:03:10 ID:RMcQIY3C
>>193
わかりました。
つまりあなたは「論理的」に反論する頭を持ってないということですね。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 00:18:47 ID:TkljxM/b
そも同盟国との兼ね合いや、核拡散が進んでいる現状で、核廃絶なんて出来るわけ無いじゃん
んなもん本気で信じてる&活動してるのはアカの手先のフェラ豚だけだってw

どうでもいいけど、長文&連投イクナイ

なんかコピペ臭いし、タモガミ評価は無いな
所詮傍流の高射出身だし、陰謀論マンセーのアホだろ。
よく出没する酷使様と変わらんw

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 02:12:19 ID:4e7BZXaX
>わかりました。

わかってないじゃん。

>つまりあなたは「論理的」に反論する頭を持ってないということですね。

「バカにつける薬はない」と言う言葉を理解できるか? と聞かれて、↑のような答えしか
返ってこないようでは、そもそも説明を聞くだけの知恵が無い「 バ カ 」であることを晒し
ているだけなのですが?

現実を見ないあなたに、現実の話をしても無駄でしょ?

>そも同盟国との兼ね合いや、核拡散が進んでいる現状で、核廃絶なんて出来るわけ無いじゃん
>んなもん本気で信じてる&活動してるのはアカの手先のフェラ豚だけだってw

あー、お花畑な人の思い描く「核廃絶」と、兵器体系としての「核兵器の効能の限界、あるいは寿命」
というものは別の次元の話ではあるかと思うが?
対立国家を屈服させると言う「目的」に対する回答の「ひとつ」が核兵器なのだから、それが永遠で
あるとも思えない。精密誘導兵器が所定の性能を発揮したら、戦術核としての核付き空対空ロケット
弾だの、核爆雷だの、核砲弾なんてものは無くなってしまったわけだし。

気の長い話かもしれないが、核武装ってのもマジに考えれば気の長い話なのだから、核武装の論拠
が仮定を重ねるだけならチラシのウラにでも書いてろとしか言えないし。
核の脅威がタモガミマンセーなバカ言うテロにまで堕せば、そのときの対抗手段は公安九課みたいな
タチの悪い特殊部隊や、そんなチートソルジャーを維持できる国力や経済力、に代わるだけだし。

>所詮傍流の高射出身だし、陰謀論マンセーのアホだろ。

96年くらいからMD絡みで予算が増えたからねぇ…>高射

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 15:24:59 ID:TkljxM/b
>>196
なるほど、そこまで考えた上での発言なら別だね。
とはいえ今のところ代替手段が無いからなぁ・・・

各種戦術核が消えたのは、使用目的にマッチしなかっただけだしね
狙って当てられるなら無体な破壊力はいらないし
通常兵器にしてもスマートウェポン化は進んでるし。

軍高官として身に付けておくべき能力が決定的に欠けてることが問題なんだよな。
政治的、軍事的、外交的センスが無さ過ぎること。
自分の立場を理解していないこと。
日本の国益を強調してる癖に、その国益を侵す行動しかしてないんだから酷評されて当然なんだよな。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 16:07:40 ID:NwNRDERT
>>197
しかし中小国で兵力に不安を感じる国には戦術核は要戦力だと思われるが?


199 :20:2010/01/23(土) 16:45:49 ID:PK1JhwLd
>>198
それって何処の国?

つーか、兵力に不安を感じる中小国って核保有出来るだけの影響力があるの?
核保有をしたらインドのように経済発展が遅れました・・・では、そっちの不安もあるんだけど。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 17:04:26 ID:NwNRDERT
>>199
イスラエル

201 :20:2010/01/23(土) 17:18:14 ID:PK1JhwLd
>>200
んで、今までイスラエルが戦術核を使用したケースが無いんだが。
イスラエルは通常戦力の機械化(とってもお金が掛かる)を行っているし、
通常戦力にもがっつり力を入れているよ。
そもそも対称戦では、核戦力に頼る事無く勝利してきただろ・・・

ちなみにイスラエルは、軍事予算が多過ぎて経済的な停滞と言う問題を抱えている。
有事の際は、生産的な仕事をしている人間も軍隊で働くから、その間は経済活動がストップ。
軍事技術に関しても財政的な問題から流出させて、相対的に自国の技術的優位を失っている。

そもそも旧西側陣営のハイテク兵器で命中精度を向上させれば、
大雑把な使い方しかしない戦術核は不要って説明済みだろ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 17:38:21 ID:4e7BZXaX
>イスラエル

地域紛争で戦費増大して失業率が10パーセントに達して「自国の内政上の都合」で
予算削減、ある意味、一人軍縮してるな。

で、そのイスラエルが核保有を公言できるのか?
60年代の当時であれば、戦術核に一定の意義もあったが、現代ではその意味も無い。
かといって弾道弾もやってはみたものの、だからとアラブ人口を核で吹き飛ばせるだけ
の戦力をそろえられるわけでもないし、現状はNPTのおかげでアラブも核を持ってない。
自分がNPTを壊しちゃうとイスラム教徒に核武装の大義名分を与えてしまうので、NPTに
参加しないと「断言」することもない。むしろ包括的な和平が達成されるならばNPTに加盟
するという含みまで持たせている。

なんか基礎知識もないバカを相手にするのって疲れるんだけど。

203 :20:2010/01/23(土) 20:10:40 ID:PK1JhwLd
>>201
Xなんか基礎知識もないバカを相手にするのって疲れるんだけど。
○学習能力も学習意欲も無いバカ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/23(土) 21:40:18 ID:TkljxM/b
自分の鬱屈した感情に任せてコピペ連投するしか脳の無い奴だからな
もう少し自分で学べば良いのに

お前が利用している箱は、何のためにあるのかと問い詰めたくなるよなw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 08:37:52 ID:QwMDIna5
>>202
きみがそう思うのは自由だよ。

206 :20:2010/01/24(日) 13:44:29 ID:H1/mn+uP
>>205
事実であると証明するために説明が必要なんだろ・・・

説明もせずに国名だけ書く人間が居ても話にならない。
国名しか書かないのは、細かい点から目を逸らさせる作戦か?w

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 14:45:53 ID:7shXpz6+
核武装と特攻隊再編が必要。小型核爆弾を三等国民すべてが背負って
特攻したら世界の多くの都市を破壊できる。
ちなみに、話し合いで解決しない場合いち早く先制攻撃を仕掛けた方が
正当防衛として認められるというのが国際法です。
三等国民は命を国のために使ってもらうことを至福の喜びとするべき存在です。
遠慮なく使えばいい。それが戦国時代からの古き良き日本の伝統です。
天皇陛下万歳!

参考URL
http://ameblo.jp/piper-21

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/24(日) 16:10:46 ID:9nIn0r0j
>>206
事実がどうであろうと欲しがるやつには
なにをいっても無駄だよ。
そんな冷静な考え持ってない奴らが
欲しがるんだから。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 00:07:40 ID:QEB2joXq
>きみがそう思うのは自由だよ。

「だからボクのオナニー見てぇ!」に続くのか。

キショイ奴だなw

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/26(火) 21:38:20 ID:YF1OfLZX
持ちたい
撃ちたい
実況したい

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/27(火) 14:29:27 ID:/FU7rIu5
ZAETLIDFEXRVDHKRXSDFPYIONLWENWSANHKHF−00

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/04(火) 14:34:36 ID:ZqrnYrfw
【防衛】冷静に考えて核兵器保有すべき【外交】弐弐
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1180721312/ @国際情勢

現実的に日本の核武装の可能性を探るスレ Part3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1271954753/  @軍事



@@@ 日本核武装宣言 @@@ 1
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1160633452/ ~376      @ニュース議論
http://mimizun.com/log/2ch/news2/1160633452/
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1160633452/all


核武装関連過去スレなど まとめ
http://p2.chbox.jp/read.php?bbs=news2&key=1160633452&host=news21.2ch.net&ls=all&field=id&word=siJJbUok&method=just&match=on&idpopup=1&offline=1


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 03:08:20 ID:Bq2jY/pY
米国科学アカデミー・国際安全保障と軍備管理委員会(CISAC)1994
Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium:
原爆に不発は無い!?
計算によれば、核物質が初めて連鎖反応維持可能な大きさまで圧縮された時点、
つまり設計上最悪の時点で早期発生が起きた場合でも、長崎型の比較的単純な装置で1ないし数キロトン
(kt:TNT火薬1000トンに相当する爆発力)程度の爆発力になる筈である。このような爆発力は
「fizzle yield」と呼ばれるが、1ktの爆弾は、破壊力の半径が広島爆弾の3分の1程度に及び、
潜在的に恐るべき爆発である。厄介なアイソトープの比率が如何に高くても、爆発力はそれ以上低下しない。
より高度の設計技術を適用すれば、原子炉級プルトニウムでもより高度の破壊力を持つものが生産可能である。
そして日本は10,000発分以上のプルトニウムを保有している。
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/
     (P   (゜д゜)   P)
      \/| y |\/
         ( ゜д゜)  (P)
         (\/\/


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 18:52:16 ID:umBaxolR
まあ原子炉級プルトニウムで核兵器が製作可能ではないかという指摘は昔から言われてるけど
それを設計するためのデータが無ければ作れない。
データを蓄積するためには核実験が必須。
それなら最初から濃縮したほうが早いw

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/18(金) 19:55:58 ID:eyFgV8c1
自治体ごとにカク武装しようよ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/01(木) 00:55:04 ID:rt98Tp6j
   / ̄ ̄'' -、
  (    / ) ヽ      
  i r-,,,, /,,,, )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 ( >| ●  ●//   /  着弾前に撃ち返すなら、SSBNなど不要。
  `‐|   U  /ノ < 
.   \ ━ ,/   \ 戦略原潜とは2桁違いのお値打ち価格で提供致します 。
    (((O⊃>     \______________________
    \  'oヽ
     |,,,,,,∧|
     /  ∧ \
   / / ヽ ヽ
   ト-<    |_/''┐  注)デコイ車両(30台50億円)付属。
   ヽ=''     `=='     MDと組み合わせるとさらに破壊困難になります。
                 (MDシステムは別売りです)

http://jp.youtube.com/watch?v=QIzXI-mlJjs&feature=related

http://jp.youtube.com/watch?v=S0EyZIfhS18&NR=1

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 02:17:35 ID:WmyJCvWB
FREE TIBET

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 10:36:05 ID:+V5oVXgt
>217

詳しく書いてくれ

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/12(月) 10:29:47 ID:wTDqMr68
核武装核武装というが、そういう人は皮膚が指先から垂れ下がったり、目鼻
が溶けて判別ができないくらいのひどい火傷を負ったり、髪の毛が全部抜け
て、全身に斑点ができてバケツ一杯の吐血を何度もしてのた打ち回るような
思いをしてからほざいてくださいね。

何のために広島・長崎で何万人もの人々が亡くなったか、もう一度考えるべき
でしょう。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 03:51:43 ID:ruaWdGz5
【第27回】原子力

近年、日本では原子力発電により電気をまかなう割合が増えてきました。

今後も原子力の平和利用はどんどん増えていくでしょう。
さて、この原子力によるエネルギー取得を最初に行ったのはどこでしょうか?

みなさんがご存知のように韓半島で最初に行われました。
電気の初めての利用を行った地で原子力によるエネルギー取得を最初に行ったことは何かの縁を感じます。

1936年 白点泰のチームが白頭山の秘密研究所にて原子核分裂を発見しました。
白点泰は分裂時に莫大なエネルギーを取得できることから、すぐに爆弾、発電等への利用を思いつき研究を続けましたが、
日本にその情報が渡るのを恐れ世界に発表できずにいました。

しかし、一部研究員は日本の理化学研究所の研究員と友好関係があり、一部の情報が流出し日本軍に白頭山秘密研究所の存在が露呈してしまいました。
(流出させた研究員は日本の友人を信頼していたのですが、裏切られた格好です。)

日本軍の研究所急襲の1時間前に察知した白点泰のチームは研究所を破壊し脱出しました。
そして、有名な苦難の78日の逃避行を経てアメリカへの亡命に成功したのです。

そして、ロスアラモスの研究所にて研究を続けました。
白点泰はアメリカ側と平和利用に限るとの約束の元、大きな貢献をしました。

そのときロスアラモスにいた学者達は白点泰の天才的なひらめき、行動力に感嘆し教えを請いました。
ニールス・ボーア、エンリコ・フェルミ、ノイマン等が彼の弟子になり彼の教えを元に後の量子力学の成立等に貢献していくのです。

多くの研究がすぐれた学者達により行われ、核分裂の手法はほぼ確立しました。
しかし、そこに目をつけたアメリカは当初の平和利用の約束を破り原子力爆弾の作成を命令したのです。

白点泰はもちろんこれに反対しました。多くの学者達も白点泰に追随しましたが、計画は強行され3発の原子力爆弾が作成され
1発は実験に利用され、のこり2発は広島、長崎に投下されたのです。
(さらに白点泰チームからの情報を元に他のチームが2発の生産を完了していました。)

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 18:08:42 ID:KSXJWhmQ
核武装なんてほざいてる奴等は、頭から死の灰ぶっかぶってくたばれや!!
ど畜生が!!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/30(金) 01:31:40 ID:G9YcdJaL
米国科学アカデミー・国際安全保障と軍備管理委員会(CISAC)1994
Management and Disposition of Excess Weapons Plutonium:
原爆に不発は無い!?
計算によれば、核物質が初めて連鎖反応維持可能な大きさまで圧縮された時点、
つまり設計上最悪の時点で早期発生が起きた場合でも、長崎型の比較的単純な装置で1ないし数キロトン
(kt:TNT火薬1000トンに相当する爆発力)程度の爆発力になる筈である。このような爆発力は
「fizzle yield」と呼ばれるが、1ktの爆弾は、破壊力の半径が広島爆弾の3分の1程度に及び、
潜在的に恐るべき爆発である。厄介なアイソトープの比率が如何に高くても、爆発力はそれ以上低下しない。
より高度の設計技術を適用すれば、原子炉級プルトニウムでもより高度の破壊力を持つものが生産可能である。
そして日本は10,000発分以上のプルトニウムを保有している。
http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/
     (P   (゜д゜)   P)
      \/| y |\/
         ( ゜д゜)  (P)
         (\/\/


138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)