5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 10:31:12 ID:xjFs3Ir5
世界はどうなるんですか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 11:33:56 ID:jP/BQKQD
大和の二の舞

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 12:40:03 ID:Ajq7Enq7
空母の運用ノウハウが無いのに所有しても無駄。
アレは無茶苦茶金食い虫。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 14:28:31 ID:SuFZBNAx
台湾が「平和的に」中国に統一化されるんじゃない?

今の時代、アメリカ以外の空母は、半分以上政治的な示威目的。
つまり、中国が正規空母を持つことの意味は十分ある。

運用ノウハウ、実際の戦力などは、旧ソ連の空母の時も、未知数だった。
つまり、あやしい、ということ。
しかし、そのことで冷戦期の自由主義各国は緊張したし、政治的影響があった。
中国が空母を持てば、それと同じような効果がある。




5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 20:24:56 ID:jP/BQKQD
F22の餌食

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 22:34:06 ID:RE4H7HNq
▲無知蒙昧。F-22に積める対艦兵器って???

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 08:40:29 ID:9ic1AUsX
台湾沖でまたこんなふうになる。

「空母19隻、戦艦4隻、巡洋艦7隻、艦種不明15隻撃沈・撃破。」

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 09:30:26 ID:UZjU8YEa
>>6
大きいの2つ搭載できるよ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 09:30:59 ID:mVrwEpkT
海江田艦長の練習の的が増えたニダ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 10:48:40 ID:f+xwvHAI
潜水艦の餌食になるだろうね(´・ω・`)

空母潰した後の潜水艦が生存出来る可能性は極めて低いけど…。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 12:59:52 ID:QaIuRk0+
運用費用が出せず、フランスの空母みたいに岸壁を守る事になるでしょう。

12 :酒乱のんべ:2009/02/06(金) 13:34:38 ID:QVw1eh6h
やっぱり中国も自国領を拡大したいんだろうな。
ロックフェラーの後押しがあるから、それも十分可能だろう。
中国は今後もロックフェラーの言いなりのまんまで良いのだろうか?
アジアの盟主になりたいのなら、やはり白人国家と単独で戦争して一度は勝たなければ、真の超大国とは言えないのではなかろうか...

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 01:38:58 ID:ucP1g3H/
ピースボートが熱烈歓迎します

14 :ゴルバチョフ名無し:2009/02/07(土) 02:02:24 ID:U//FGMFt
軍事費世界第二位の我国のイージス艦で御出迎え(二度と帰れないw

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 09:34:09 ID:koOIwnfJ
中国に空母って使いどころないよなあ。
と思ったけど対インドなら使える場面もあるか。
日本相手だと空母なくとも本土の飛行場で事足りちゃうから、
経済的にもライバルとなったインドへの示威の目的が大きいだろうね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 09:47:23 ID:NzHePZ1V
>14
そうかな?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 09:51:09 ID:kWrbTc09
日本が高性能な原子力バンバン造って中国へ輸出すればいいのに
この不景気でも儲かると思うけど。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 12:54:39 ID:L+b4pAxt
中国が北朝鮮の日本海側に空母機動部隊の基地を確保したら、
日本は航空戦力を分散させないといけなくなるな。
そうなれば、日本は弾道ミサイルや長距離支援戦闘機を持たない
といけなくなって、軍事バランスが劇的に変化する。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 15:46:06 ID:PDue4DYc
中国の近くの海洋に面した幾つかの国が軍事的圧力で中国と無理矢理同盟を組まされる

当然日本への外交による牽制も含まれる…常任理事国入り反対を軍事で脅して反対側に回らせるとか

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 19:05:27 ID:SBt8yNVq
今作っている支那の空母は米軍の空母の敵ではない。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 20:47:40 ID:i5TY/ysZ
そもそも中国って、外洋に艦隊出したことあるのか…

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 21:15:10 ID:3T4C93nX
甲板で下着干してて、自衛隊の偉い人が「おそるるに足らず」と思う。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 23:12:06 ID:krQOZUJD
空母を完成させても運用はまた別の話。
空母戦術のノウハウをどこから持ってくるかが問題かな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 23:42:16 ID:YTklHQ9q
フランス辺りじゃないの?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/07(土) 23:54:47 ID:oo8AdKJV
今日まで世界で、空母対空母の決戦を経験した国は日本と米国しかない。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 00:30:02 ID:kpcaiCp4
>>25
なんか日本が世界最先端をいってる気がした。。。



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 01:49:24 ID:8zZpY3ql
>>15
> 日本相手だと空母なくとも本土の飛行場で事足りちゃうから、

確か60数年前に同じようなことを言っていた人が地中海にいましたが、結果どうでした?w

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 02:24:36 ID:7gYqkKYG
外洋での運用は、いま海賊退治で順調に経験つんでるね


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 02:47:43 ID:usubiap1
載せるしこうきはあるのかwww
アメ公は70年そんなことやってんだぜ?
日本ともドンパチやったしよう、、、

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 10:12:36 ID:LpIAGgS5
海軍と陸軍を同時に強くしようとするのは無駄
中国は土地と資源があるのだから、陸軍主体にすべき
空母を持つのは費用対効果で割りにあわん。

結局原子力潜水艦と同じで保有しているが、数足りない上に質が悪いから保有してるだけ、になるだろう。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 10:50:39 ID:usubiap1
>>30
シナは穀物と石油が自給できないからだろう?
そういう意味ではソ連の方が強敵だった、、、
ウクライナの穀物、シベリアの天然ガス、カスピ海の石油

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 11:02:53 ID:kpcaiCp4
もしかして、ロシアだけが、自国以外の全世界を灰にしても
今となんら変わらない生活ができる国なのか?



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 12:12:31 ID:usubiap1
>>31
アメ公だってでけるよ(^o^)
メキシコ湾、ロッキー山脈のふもと、アラスカに石油や天然ガスがうなるほどあるwww
「自分のところを掘るな」という戦略だ、、、
食料についても困らないよ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 12:40:28 ID:OJOQ3ZwJ
>>1空母を有効的に運用しているのはアメリカ
有効に運用を行う能力と装備があるのが日本
仮に日本に空母ができれば、アメリカに次ぐ運用を行う事が出来る装備が
現在の海上自衛隊は持っている。本来イージス艦は空母を護衛する為の艦船であり、
それを長年海上自衛隊はイージス艦を運用して来た訳で、空母が揃えば一つの艦隊が出来る。
しかし、中国はイージス艦も無く、イージス艦と同等の艦船は存在しない。
空母だけ出来ても、ただの動く鉄屑でしかない。
つまりは世界広しと言えど、空母を運用し有効に活用出来るのはアメリカと日本だけ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 12:48:10 ID:OJOQ3ZwJ
仮に数十年をかけて兵士を育て経験を積んで運用したとしても、
その間に日本とアメリカはそれ以上の物を作りあげている訳で、
中国が中華思想の元に、太平洋の実効支配を目論んだとしても不可能な現実ではある。

現実として中国の有効な兵器は核でしかなく、使えば共倒れになる以上、太平洋の実効支配は不可能と言えるわな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 13:28:32 ID:pfnFpXuL
2008年日本で埋蔵金(特別会計の積立金)が話題になりましたが

韓国、北朝鮮にも埋蔵金が存在するのをご存知でしょうか

日本には在日韓国人、在日朝鮮人が60万人生息しています

彼らの総資産は実に12兆円にも上ります

彼らは兵役にもつかずあろうことか税金は日本に収めています

強制帰還させ親日法を適用する事で全ての埋蔵金を回収することが可能です

100年に一度という大不況

埋蔵金を使う時が来たようですね


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 13:57:39 ID:ueCRUVa5
>>34
空母保有したら更に護衛艦が経っちまうな
どこまで減っていくことやら


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 13:57:52 ID:usubiap1
>>34
んなこたぁないwww
日本に空母建造と運用の技術なんかもうないよ
「翔鶴、瑞鶴とかもう作れんよ」と造船所の人が言うくらいだwww
一度失われた技術は取り戻せんのよ(^o^;)

空母機動部隊同士の戦いをやったのは日米だけだ、少しでも戦訓が残っていたらと思うだけだ、、、
海戦の前日にガシガシと塗料を剥いだ、なぜなら燃えるから
海自にはそういうのは受け継がれている、、、
キティちゃんを借りるべきだった、そのオファーはあった、政治家がバカなんだよ


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 13:59:43 ID:ZaxhuqGT
>>34
仮に空母を作れたとしよう。カタパルトがないからジャンプ台方式でな。

乗せる飛行機を持ってないわけだがどうするんだ?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:19:56 ID:9fkRpGX7
>>17
おいおい!
売った武器に殺られない様にシステムに木馬ぐらい仕掛けないと…



41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:33:04 ID:O1EEvU6W
>>39
あと人民解放軍は戦闘機のメンテナンスがど下手。
稼働率が50%を割り込んでるはず。
これじゃ空母を持っても運用不可能。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:39:49 ID:2g7DZV2G
潜水艦の餌食になるか米軍の飽和攻撃にあうかどっちかww
中国はイージス艦も高い防空能力をもった艦もない
イージス艦も飽和攻撃にあったらやばいのに
中国艦が防げるわけがない


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:50:03 ID:Y/FMhdY5
>>38
過小評価すぎるのでは。
あの時代に全くノウハウの無いところから
空母艦隊を作り上げた日本だよ。
一旦作ると決めれば技術的な壁は克服していく日本の力は
侮れないと思う。
パクリ兵器しか作れない国とは根本的に実力が違う。
作れない最大の障壁は政治や世論である。
作る作らないは別としてもある程度の研究開発は必要だと思う。
核兵器についても同様だ。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 14:51:00 ID:ZaxhuqGT
>>41
下手というより、たぶん地方軍がメンテ予算の一部を着服したり資材を横流ししたりしてるんじゃないかと。
勝手に副職についても、取り締まりは順調ではないようだし。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 15:09:21 ID:zWuDAs4l
>>41
ただ兵器の一部だが、世界の3分の2とかうシェアも含まれてる。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 18:30:43 ID:CGFuj6Q2
>>43
中国もパクリ以上の模倣力があるから
ロシアが焦って兵器輸出を禁止したんだけどね
スホーイ27より高出力で新素材をつかったJ11Bとか
戦前の日本はこれと同じようなことをドイツに対してやったんだよ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 22:37:37 ID:vU5ynkDZ
>>43
一度失われた技術は取り戻せないんよ(^o^)
70年前から空母機動部隊を運用して、戦訓のあるアメ公にはどこも勝てんよ
日本はヘリ空母からまたやるかwww
艦載機を導入せんといかん、F22が買えないんだったら、F18買えば良いんじゃないの?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/08(日) 23:20:54 ID:8zZpY3ql
>>47
とりあえず、アメリカとは戦争する予定なんか金輪際ないからアメリカに勝てるかどうかを心配する必要は全くない。
アメリカがトチ狂って日本と戦争する気にならない限り、わざわざ飼い主がポチと戦う可能性は皆無だ。
要するに、アメリカには「チワワではアジアの番犬にはならないでしょうから、せめて柴犬かブルドックくらいになってみましょうか」くらいの話をつけ
ておけば十分だ。
いくらアメリカが出しゃばりの理想主義者だからと言って、この状況ではどこにでも十分な兵力を駐屯させる余力はないだろう。
欧州でも英独とその他大勢に肩代わりできるところはしてもらわねばならないだろう。
アジアでは、日本が欧州における英独の立場に立つことが自主防衛力を高めることにもなる。
ということで、まずはインヴィンシブルの3割増くらいの大きさの空母から始めてみよう。F35の海軍型なら運用可能だろう。
それがダメならハリアーの発展型(メーカーが提案したけど予算の都合でお蔵入りした性能向上型がいいのでは?)をまずは導入しておい
て、その経験を元に国産へ進めばよい。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 00:05:19 ID:3ZyiMB2H
そんなモンそるか

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/09(月) 17:56:31 ID:G0DP3cQK
日米演習で海自は何回も、アメリカの空母を沈めている
アメのイージス艦ですら探知できないのにシナができるはずない
100%確実に海の藻屑になります

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 10:57:56 ID:TTIgrd0N
そもそも日本の空母建造技術はGHQがふっ飛ばしてしまった様なものだし…ね。

災害派遣専用の空母建造と名目をうつなら「ひゅうが級」を進化させた形のヘリ空母になるだろうし…

仮に正規空母を建造するとなれば現・野党やら極左やら偽りの平和団体が造船所になだれ込んでくるやもしれん。

「敗戦アレルギー」「戦後ネガティブ」の大障害が空母の建造技術を阻んでいるのさ…

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 14:25:27 ID:xuR89v43
>>51
やはり憲法改正して「戦後レジームの解体」を志向した安倍政権は正しかったよね・・・・


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 15:28:27 ID:jhZWXUi0
>>51
空母機動部隊を持つにはお金がないんよ、、、(^o^;)
片山さつきみたいなアホな財務官僚がいるからだ!
>>50
そりゃ潜水艦で攻撃したの?半径400kmの警戒、攻撃半径を持つ米機動部隊はほとんど無敵よwww
ただ、潜水艦は恐ろしく強力なんよ、海自の潜水艦艦長が本を出しているが、ハンデを与えないと護衛艦が演習時に
見つけられないらしいんだwww
ただ、米機動部隊にも攻撃型原潜がくっついているよ、、、
核を持っている米タスクフォースは韓国くらいのひとつの国を滅ぼす力を持っているよ(^o^)


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/10(火) 16:01:51 ID:1TW3NmE4
>>53
横槍スマソ
一応、潜水艦での戦果のはず
だが、何度もってのはちょっと誇張かなと思う
いろんな条件下を想定して演習が進められるが、
その中で海自の潜水艦が空母を撃沈した事例があるのは確からしい

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 00:14:04 ID:XyyK8Lo+
>>53
金があっても心理的トラウマで作れないよりは、作る気満々だけど金がない方がマシだ。
世界経済が立ち直ったら作れるかもしれないからだ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 01:33:28 ID:gu43uDlQ
F2支援戦闘機、確か空対艦ミサイル4発搭載できるから1機で2隻位沈める事
できるのでは

以前、イギリスとアルゼンチンが戦争した時、空対艦ミサイル(エグゾセ)で
駆逐艦を再起不能にしたはず、それも命中したけど不発でこの威力だったと思う。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 05:48:50 ID:LSnMx7j/
>>47
心神だっけ?空母作るならあれ乗っけてほしいなぁ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 06:09:42 ID:rJoBEGen
>>56 
艦橋部分を軽くするためにアルミの合金を多用していたんよ(^o^)
それでミサイルがぶつかった時に配線なんかが燃えて艦橋も燃えちゃったんw

ただねアメ公の空母機動部隊はE-2なんかもつんでいるし、イージス艦も警戒している
F-2がミサイルの届くとこまで飛んでいけるかねぇ?(^o^;)ムリポ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 07:52:18 ID:oT5Ch5D7
>>57
武装もできない、性能も低い実験機を積んでなにに使うんだ? 特攻でもすんのか?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 13:43:53 ID:2mDQN5pC
戦力兵器云々より、まず今ある戦力を使える国にせにゃあかん気がするのだが・・・


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 15:07:45 ID:wjt1Ihcj
日本は空母いらねぇから戦闘機を一万機と空中給油機を千機製造しとけば大丈夫

空母なんて沈められたら何千人もの人間と物資や兵器やらが水の泡

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/12(木) 22:01:07 ID:Jh8tnVIg
>>1
スレを読まないでレスするが
海自SS艦長の勲章が増えるだけだろ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 01:23:00 ID:yF7IRFHZ
>>50
それ、アメリカが演習の時によくする、同盟国への歓迎の意をこめたささやかなプレゼント。
韓国も同じプレゼント頂いて「韓国の海軍力は世界一ィィィィィ!!!」ってはしゃいでたな。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 20:13:30 ID:2ks6AA3f
自衛隊なら不用意に日本列島に近づいたアメリカ空母機動部隊3個程度
なら返り討ちに討ち果たす事くらいできるんじゃありませんか、たぶん。
戦力的にこのくらいがいい相撲じゃない?
一度見世物で日米決戦して欲しいな♪
つか興行収入を防衛予算に繰り込んだらいいのにねw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 20:15:47 ID:wWqGyw0y
test

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 20:18:03 ID:XK/JnLe4
>>64
ヒント:経費>>>収入

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 21:09:00 ID:Pe57maC+
>>64

あなたは、民主党の応援団なの?

http://plaza.rakuten.co.jp/idaten30/diary/200902080000/



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 21:41:25 ID:y+FImecG
補給もままならない日本が戦争?

笑わせるなよw

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 22:11:40 ID:2ks6AA3f
敵侵攻部隊を瞬殺出来るから8日分くらいの弾薬・物資
で充分らひいよ。



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:13:47 ID:qLGogB/p
ジェット戦闘機って水上機化できないのか?長崎あたりには隠す場所たくさんあって緊急時には貴重な支援戦力になると思うが

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:23:42 ID:XK/JnLe4
>>70
無理。フロート型だと大きな抵抗のかかる脚の強度の問題が今の技術では解決できないため、
ジェットエンジンでの離陸に必要な速度が出せない。折りたためないので機動性も非常に低くなる。
飛行艇タイプだと、大型化が必要で戦闘機は無理だし、爆撃機としても相当大きな戦略爆撃機でないとならず、
しかし重量が増えると不安定になり、離陸できずに事故を起こす可能性が高くなる。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:37:09 ID:2ks6AA3f
空母〜航空機〜ミサイルで敵に命中するわけだから、
ミサイルの射程が長くて精度もよければ空母と航空機はいらんよね。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:37:54 ID:+qEJlAtw
>>68
万事ズボラで物資の横流しがデフォの人民解放軍が海を渡って戦争できるのかよw

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 23:58:12 ID:Nsqf2kpd
ガキウヨはいくつになっても「テキが攻めてきた!」ごっこがスキだなwww。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 00:13:06 ID:VDgJm2FN
>>72
ミサイル万能論って1960年代ごろに流行って1970年代に終わった過去の発想なんだが。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 00:13:51 ID:1IAmyitW
そもそも10年前かそこらの「ブルーウォータープラン」ってヤツの
目標が「外洋航海出来る艦隊そろえる」だからなあ。
いつの時代の話なんだとw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 13:26:41 ID:Kx32BkGw
>>76
それならブルーウォーターに基地を持ってないとだめよ(^o^)
サンディエゴから出航して、ハワイで休養と補給、ハワイから出て、グアムに寄るwww
「あ〜壊れた!」と言って横須賀で修繕するwww
「弾薬を補給しよう!」とディエゴガルシアに寄ってくwww
シナ海軍は海洋国家にはなれんのよ、、、

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/14(土) 20:56:14 ID:amFZZUt9
>>72
無人のミサイルじゃパトロールできないだろ
戦時限定の兵器でしかないんだよ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 15:08:34 ID:pOSu66p0
>>47
>一度失われた技術は取り戻せないんよ

そんなことはないと思いますけど。
一番最初に空母作った国はどこから技術を学んだの?



80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 16:47:01 ID:OdwnMhVH
>>79
だから、新たに構築するしかないんだ。
顔も見たことない祖父が手品師だったからって何の訓練もしていないA氏も手品ができるはずがないし。
代々受け継いで来た訳でもないのに、祖父しか知らない門外不出の手品ができるはずもない。
0から新規に技術を学んで磨いていくしかない。
まあ、そうなると当時だから出来て現代では再現できない事もあったりする。
ロストテクノロジー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC

つーかWW2期に空母持ってたって、
石を割ってナイフを作れたことと、刀鍛冶の刀工技術を一緒にするぐらい無理あるぞ。
仮にタイムマシンで必要なモノを全部持ってきても現代で通用するものを持つならほとんど0からのスタートと大差ないな。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 18:48:47 ID:3xKSmtEF
出来ないとかあれこれ言うのをちょっと止めて手を動かせば
案外早く解決するのも人生の真理だな。
ロストテクノロジーは結局は凄いけれど、まあ本当に必要かといえば
どうでもよい技術だから一部の学者以外真剣に研究しないからわから
ないままっていう面もあるのでは。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 18:55:38 ID:fcRBorJo
81>>
その言葉おれの心につきささった
これからは口動かす前に体を動かしてみるよw

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 22:37:15 ID:80efSct3
>>80
そうなんよ(^o^)
北チョンが防弾ガラスの技術を盗もうと、ダミー企業を作って日本から防弾ガラスを密輸したんよ
ところが同じものが作れないんよwww
結局、日本のメーカーの職人を拉致した!(表に出てないんよ)
陸自の諜報担当がなにをしたと思う?
総連の幹部を拉致して、韓国で交換したんよ
うそじゃない!当人から聞いた話、、、
技術と言うのは職人が持っているものなんよ(^o^)

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 23:40:46 ID:6vlX/+uI
>>10
なぜ?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/16(月) 00:00:16 ID:iH/M1OhP
敵陣からすると、空母は最も攻撃しやすい存在。
一般人を巻き込まないからエグゾセとか魚雷とか撃ちたい放題だろ。

メリケンの罠にハマるだけ。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/17(火) 12:17:09 ID:pjfBkbyF
>>84
仮に空母に攻撃を加えるまで相手に気づかれなくても攻撃した時点で気づかれるから、
その時点で水中で動きも遅くて対空防御一つ出来ない艦船に成り下がるからな。
潜水艦のウリは「隠密性」。
大昔の探知技術が未熟な時代でも見つかれば死亡フラグだったのに、
探知技術の進化と対潜兵器の進化のおかげで生還は絶望的じゃねーの?

空母運用となればハリネズミのように艦隊の対潜対空能力が整えられてるだろうし。
防空艦と攻撃型原潜で。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/21(土) 04:36:26 ID:tRl2OaQr
港から出た途端、そうりゅう型に魚雷攻撃されて あぼーん

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/27(金) 13:03:12 ID:cvr8AjDQ
酸素魚雷でありますか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/27(金) 19:47:17 ID:4iqvN/9D
>>1
もう言われてるかもしれないけど
維持出来ないと思う
持っていてもただのお飾りじゃない?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 16:37:15 ID:Vk4Vm/4h
おれはぜひもって欲しいと思う。
旧ソ連がミンスク初めいくつもの空母を作った。全てスクラップ。実用性ゼロ。金食い虫。おかげでソ連崩壊。
ロシアは50年かけて空母保有に失敗。いまだに実用的な空母を持っていない。
現実的な空母部隊は米海軍だけだ。インド、フランスなど空母部隊は何のためのものか?運用状況が想定できない。戦力外の無価値。
中国も早く持ってくれることを望む。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 01:29:18 ID:HwvaR0oA
まぁ、中国が空母持ったところで訓練に一体どの位かかる事やら…訓練中に新造空母に
「特攻」
「炎上」
「轟沈(又は自沈処理)」
という世界中から笑い者にされるアクシデントも起きるかもしれない

そもそも中国に防空艦など聞いた事が無い、潜水艦はあるが…海中から空母の防空を行うという抜けた事は

考えて…ないよね、中国軍は

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/01(日) 21:45:37 ID:TDHM7xGV
>>91
中国が空母を持っても訓練のレベルが低いから戦闘機が着陸に失敗しまくって運用できなくなると予想します。
アメリカの海軍の飛行機乗りだって空母での着陸は難しいと言うのに経費をケチって戦闘機の飛行訓練の時間が先進国の
十分の一程度の人民解放軍ではどうにもならんでしょう。


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 12:01:02 ID:FyNZAxyN
>>91,92
そーいうのって希望的観測どころかただの自慰的妄想だろ。
アメ公が戦前、
「日本人(黄色人種?)は白人に比べ脳の量がひじょうに少ないから戦闘機を運用どころか操縦も出来ない。
その証拠にろくに日本では自動車も走っていないwww」
って言ってたのと同じだろ。

>中国に防空艦など聞いた事が無い、潜水艦はあるが…海中から空母の防空を行うという抜けた事は
お前・・・防空艦がない海軍って・・・。持ってない国もいるが、中国が持ってないとか新手のジョークか?
いわゆるイージス艦には間違いなく劣るだろうが防空艦ぐらい持っている。
中国海軍 - 日本周辺国の軍事兵器 - livedoor Wiki(ウィキ)
http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/%c3%e6%b9%f1%b3%a4%b7%b3

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 15:43:21 ID:a3UzWtL8
>>93
現時点で人民解放軍の戦闘機稼働率が5割切ってる訳ですよ。要するに連中には戦闘機を運営・管理する能力なんて
存在しません。まして空母なんてもっと手間暇かかるんだから無理よw
大体冷戦時代のソ連だって空母の運用には失敗してるのを忘れちゃいかん。それぐらい大変ですよ。




95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 18:05:07 ID:awptBmtg
>>30
そうなんだよな。中国が陸軍主体で、日本は海軍主体でいくなら、
日本と中国の関係はそれほど悪くはならない。お互い不干渉でいけるから。

なのに中国は海軍の増強なんかするから、日本は中国を危険視することになる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 22:26:38 ID:OIK/Rzi5
>>95
中国が将来のシーレーン拡大や海を隔てた他国への侵略を考えれば海軍増強は当然の行為なんでしょうね?
これを核とセットで脅威と言わずして何と言うのか…

>>93
そういえば防空艦がありましたね…国産じゃなくロシア製の駆逐艦とか
戦闘機もロシア製であるフランカーをベースにした機体を開発している様で

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/02(月) 23:12:28 ID:LYRi8LIE
>>95
なるよ。
だってそれじゃ地理的な理由で日本が一方的に中国のシーレーンを握ってることになるじゃん。
いまや貿易に多くを依存してる中国にとってシーレーンは生命線なのに、同盟国ですらない隣国に生命線を委ねろ、
なんて、仮に中国が日本に言ってきたら「まったく仰るとおりです」って納得するか? 無理だろ?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 12:45:03 ID:OoKFAkNm
外洋海軍を運用したことが一度も無い沿岸海軍国が、空母運用は無理だろ。
空母の運用はマンパワーの精緻な結集。よって高度な教育と士気が必須だが、
基本的に国家に信を置いてない中国人には得がたい特質。
金は最低条件でしかない。

アメリカは教育も民度もバラバラに見えて、基本的に愛国心は旺盛。
さらに、プロテスタントという高いモラルの礎もある。
何より彼らには、多種多様な人間を纏め上げて世界最強国にした実績とノウハウがある。

日本は一回やったからできるでしょ。団体行動好きだし。

中国人団体行動苦手そうだもん

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 15:11:46 ID:e80R8vgO
>>97
中国は自国の経済発展によりシーレーンという弱点を抱え込んでしまい、
現在、海軍を増強している。
しかし、この現実は日本にとって座視すべき問題ではない。


100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 15:19:50 ID:OoKFAkNm
>>95
>中国が陸軍主体で、日本は海軍主体でいくなら、
日本と中国の関係はそれほど悪くはならない。お互い不干渉でいけるから。

考え方が中華思想的で中国人と似てる。自己中




101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 15:37:24 ID:lseQmGo0
太平洋に出るのに、台湾やら日本やらの近海を通らなきゃならんってのはかなりネックだよな。
そんな国が空母艦隊を持てるんかねw

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 17:52:14 ID:OoKFAkNm
台湾が、自国領になること見越して空母作るんじゃん?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 19:47:32 ID:5K32Jp5F
他国を侵略しようと
攻めてみて、
扱いが下手で沈められて、
あれは実は演習だったんだ、賠償金払えのパターン。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 21:07:21 ID:KWYcgMUn
>>101
日本が領海侵犯に対して厳しければネックだが現状ではそれほどでもない感・・・

自衛隊仕事しろよ・・・orz

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 22:24:48 ID:6/8y1VkT
空母はなぁ…維持費がフネと搭載機の両方掛かるし、ロシア空母のコピーでカタパルト無いから攻撃機も重装備出来ないし、戦力としては艦隊防空用に「無いよりマシ」程度のモノしか作れないだろなぁ。
その割にはカネ喰い虫なわけだから中国も大変だな。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 14:11:44 ID:bkBJmMrI
中国の空母は西太平洋には出て行かないだろ。意味がない。
出るのはシーレーン防衛だから、南シナ海からインド洋にかけてだ。
中国はアフリカにも利権を増やしているからね。鄭和の艦隊のルートだな。
基地は海南島三亜。これなら地域覇権の道具として機能する。米艦隊とも衝突しない。
これはかなりいい傾向。インド、東南アジアと決定的に対立する。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 14:24:51 ID:4U26jIML
でも、今直してるのはトリビシ級だろ?
フランカークラスといえどもたかが60機じゃ艦隊防空で手一杯じゃねーのかな?

スカイウォッチは微妙といううわさもあるし、実際は艦隊防空空母みたいな感じにしかならんと思うねぇ。

海軍国なら攻撃の主力船という認識あるけど、
陸軍国の中国からすると揚陸船団守る為の盾として運用するのかもな。

台湾や日本だと揚陸船団より空母に目がいきそうだしな。
揚陸船団守れるなら空母の1隻や2隻沈んでもいいとさえ思ってるかもな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 16:18:07 ID:Bk0+HMAZ
>>96は嘘つきだぜ。
こいつは単なる民族蔑視を述べているだけだ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 19:47:38 ID:Vh1JGXtY
>>108
北京へ帰れ
重慶へ去れ

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 20:03:46 ID:p2l1G9jf
上海へようこそ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 20:04:24 ID:8w2pxkDy
中国が空母を造れば日本も空母を造る理由が出来るから別に構わないよ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 20:21:18 ID:eMg518Xo
空母を作るのにどれだけお金がかかるかわかっているのかな、同志
http://www.allcinema.net/prog/image_large.php?i=333137&t=0&im=8088&nm=%25BA%25D9%25B6%25DD%25CE%25F3%25C5%25E7

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 20:32:15 ID:XmwbRanK
>>104
海峡を(領海であっても)通過するだけの軍艦を攻撃なんかしたら即EEZを失うぞ。
日本に攻撃する意図がよっぽど明らかならともかく……、いやそんな場合には海峡通る必要ないけど。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 21:36:45 ID:z5UUngmB
ひゅうが筆頭の護衛隊群で迎撃だ!

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 21:57:23 ID:zBzpMGch
原子力空母3兆円すかwww
パネェwww

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 22:26:41 ID:kaL8vv3p
潜水艦増強だろ
常備40隻
かなりこわいぞ



117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/04(水) 22:58:29 ID:+dZEEpN4
タイフーン一機ありゃ十分

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 10:58:40 ID:cP3tgBw6
日本終了

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 11:12:54 ID:8q/Zllb0
と思わせることが中国の狙い

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 11:24:31 ID:wvRaVYVz
現代の先進国の若者は潜水艦乗務を非常に嫌うからなぁ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 12:53:57 ID:ms04ypTE
中国人が空母作るなら日本は潜水艦作って沈めてやればいい。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 13:01:11 ID:EL2om6e6
今のまま国防費増やしてけるんなら、空母作るのも悪く無い選択だな<中国

ただ、空母運用できる位、金持ちになってる頃には、今ほど中国国内の
支持は得られそうも無いがw

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:24:15 ID:MISV2wPn
大型無人潜水艦 新回天!
音速無人爆撃機 新月光!
などなどゲームに強い日本人に最適兵器
「あ!やられた〜そんじゃーはじめっから」的に

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:29:07 ID:NP1dS8zL
>>122
その為の
一党独裁と
情報統制と
プロパガンダだよ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:52:56 ID:Y033N0H0
>>122
愉悦浸ってていいんっすか?
人の事笑ってて。なんかこの国マジで
自枕しそうな勢いなんすけど・・¥。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 21:11:46 ID:3rty8RYc
>>105
カタパルトが装備できない→
スキージャンプにしても滑走距離はたくさん必要…@→
スキージャンプ台のせいで艦首付近には駐機することができない…A→
@・Aの相乗効果で一度にたくさん発艦させることができない→
所要に満たない兵力の逐次投入をするはめに→
日米にとってはウマー AA(ry
なんせ、QEUで1度に発艦さえることができるのは12機程度。
護衛戦闘機4機+攻撃機8機で12機になっちまうが、それでは
電子戦機も一緒に出すことができない計算。
第2派を送り出せるのは、2時間後がやっと。
おまけに貴兄の言われるとおり、重装備もできないwwwwwwwwww
さすがに武器だけ満載させて、空中給油機で補給するわけにもいかんだろうし。

>>120
むしろ逆。
潜水艦は希望すれば乗れるというような甘いものではない。
戦闘機同様、選ばれし者だけが乗艦を許可されるものだよ。
むしろなんとなく生きてきた今時の若者が、厳しい選考基準を
クリアーし、『選ばれし者』になった日には、これまで内側に
秘めていた可能性を徐々に発揮してくれるってもんだよ。
gdgd生きているだけの連中には、潜在能力を発揮するだけの場が
与えられないから、自負心も向上心もなかなか育たないけどね。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 12:25:23 ID:wGl9louN
>潜水艦は希望すれば乗れるというような甘いものではない。
戦闘機同様、選ばれし者だけが乗艦を許可されるものだよ。
むしろなんとなく生きてきた今時の若者が、厳しい選考基準を
クリアーし、『選ばれし者』になった日には、これまで内側に
秘めていた可能性を徐々に発揮してくれるってもんだよ。
gdgd生きているだけの連中には、潜在能力を発揮するだけの場が
与えられないから、自負心も向上心もなかなか育たないけどね。

艦長か?


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 13:29:06 ID:2PfzxqrB
潜水艦っていうけど
中国空母機動部隊はそんなの
スルーして太平洋に出るだけだよ
自衛隊には中国を攻撃することはできない
政治家が嫌がるからね

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 15:18:41 ID:wGl9louN
空母機動部隊にとって潜水艦以上の脅威はないぞ

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 22:54:57 ID:etlNiySe
んで、搭載機の開発は進んでるの?
スホイのデッドコピーだろうけど。ハコは出来たが乗せるヒコーキが無い、なんて事にはならんだろな。
いっその事、対潜ヘリだけ載せるとか。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 10:44:53 ID:C1RzqQ2+
中国がやろうとしてるのは空母の運用を研究することだよ
まずは将来の解放軍10個空母機動部隊時代に備えて
ボロいコピー空母を建造して使おうということ
経済超大国にしかできない贅沢な兵器調達だわな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 23:30:05 ID:K/Fi5iXe
>>131
旧ソ連ですら蒸気カタパルトを作れずに空母を戦力化する事が出来なかったんだが…
戦力化出来なかった空母のコピーから始まるのだから、航空打撃兵力として使えるのはどれほど先になるんですかね。
一足飛びにリニアカタパルトでも目指します?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 11:48:14 ID:3QpYZMvO
空母の運用って何がそんなに難しいの?
蒸気カタパルトって何故にあえて蒸気?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 12:06:54 ID:kLY7oS0R
>>133
あえてじゃなくて、推進につかうボイラーの蒸気圧を流用してんだよ。
カタパルトはかなり大きな動力を使うけど、蒸気カタパルトはその動力を別に用意する必要がない。
今研究されているのは電磁式のカタパルトだが、これは船の動力や電力とは別に、
カタパルト用の大きな電源がないといけない。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 12:11:28 ID:3QpYZMvO
なるほど。わかりやすい。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 14:09:50 ID:/6ySW030
>>135
ついでに書くと米軍でも通常動力だと苦労していた。
ボイラーの圧力が下がると艦載機を飛ばせなくなるから。
原子力になってから蒸気カタパルトを稼動させるのに制限が無くなった。
後、運用の困難さについてはフネの中に航空基地を持ってる、と考えれば想像は付くかと。命令系統をどうするかとか何かあった時の優先事項とか、アメちゃんみたいに空母が誕生してからずっと試行錯誤して洗練させてきたのと違ってイチから確立していかないといけない。
ハコとヒコーキが出来たら完成!じゃなくてノウハウを身に着け多艦と連携して戦力化出来るまでに途方もない労力と訓練が必要。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 17:15:43 ID:z3x9iIqq
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/korea/1231728434/781

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 18:31:38 ID:BplFoEzP
空母が誕生したあと攻撃されたことがないから
たいして運用技術があるわけではないんですよね
やってみないとわからないことがたくさんあるんですよ
だから中国は今のうちに空母研究しておこうと思ったのでしょう

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/08(日) 22:49:28 ID:GQigfkbr
考え方を変えれば、通常動力型であるなら
スキージャンプの方が利に適っていると言える
結局のところ、英露はこの方式で落ち着いているしな
開発中のクイーン・エリザベスにも蒸気カタパルトは無いな

日米はともかく、台湾や東南アジア諸国相手なら
艦載数2〜30機程度の空母で十分示威出来るという事なんだろ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 02:00:11 ID:zTjyfb0Z
シナ民の空母なんぞ62式酸素魚雷、2〜3本あてりゃ沈むw

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 02:33:39 ID:zTjyfb0Z
日本が空母作るなら、水中翼船型相胴艦
艦載機はハリアーU、対戦ヘリ
武装は、対地ミサイル、対空ミサイル、対艦ミサイル
ファランクス4門

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 11:42:24 ID:1vVZSAhy
双胴艦  対潜ヘリ  

監事に齢らしい

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 17:53:30 ID:yR3M8+Kx
>>141
ひゅうが型の大型化&甲板耐熱強化でOKな気が…

問題を挙げるなら
・建造&維持コスト
・VTOL機の経験ゼロ
・建造に着手しようものなら「平和団体(?)」「左派」「現在の野党」が総叩きに来る

後は種別…大型特殊護衛艦と名付けても苦しい

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 17:55:55 ID:lDM0tA3G
完成したら日本韓国台湾インドには脅威そのものだな・・

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 18:24:04 ID:CkNfv0q3
>>143
人員も足りない。
今でも定数未満の人員で護衛艦を運用してんのに、空母なんざ作ろうもんなら。
若いニートや引籠りを強制徴用でもせんと…
海自の戸○ヨットスクール化だな

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 18:26:25 ID:eC1g4PvA
日本、台湾、インドで三国連合艦隊つくれw

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 19:35:01 ID:RCDt80EL
軽空母・垂直離着陸機およびヘリ用(例:インヴィンシブル級):乗員1000名
中小型・原子力空母(例:シャルル・ド・ゴール):乗員2000名
中大型・短距離離着陸機用(例:アドミラル・クズネツォフ):乗員2600名
大型・原子力空母(例:ニミッツ級):乗員5700名

ひゅうが型:乗員500名

インヴィンシブル並の軽空母にするにも、あと500名の居住スペースを確保した上で、
さらに航空機を置くスペースが必要。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 23:27:24 ID:7zx2A5sw
合衆国にとってジャパンは最も重要な同盟国だ
護衛艦隊のサムライたちは第七艦隊の護衛を怠らんように頼むぞ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/11(水) 19:48:21 ID:LWGNis7Q
>>148
むしろ、逆に考えてみよう。
沖縄をはじめとする在日米軍及びその家族は日米安保に対する人質だ。
海自の護衛艦隊は第7艦隊を護衛してるんではなく、空母をそのまま
人質にしているようなものだw

安保ただ乗りもなにも、国軍戦力保持と国家の交戦権を否定するような
とんでもない憲法を押し付けておいて、しかもそれをなかなか簡単には
改正できないように、わざわざ衆参両院所属議員の各2/3と国民投票が
必要にしたのはGHQのG2だからね。
そのツケはしっかりと払ってもらわなきゃ!

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/11(水) 20:36:00 ID:MwjbSHFj
不沈空母沖縄があるから、我が国は空母は要らないな
不沈空母台湾が、敵の手に落ちない限りはね

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/12(木) 07:50:16 ID:dU9+MeTf
>>150
沖縄
→太平洋戦争のトラウマ付き…戦争反対派が多い

台湾
→総統が媚中派に決定…台湾独立化から中国の支配下に陥る危機

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/12(木) 10:00:22 ID:Z6s5bq4m


第七艦隊以外の米軍はゴミ傭兵
小沢さんに掃除してもらおう



153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/12(木) 22:55:09 ID:59A9u6AS
空母について書かれた本読んだけど、アメリカすら空母は持たない方がいいような気がする。 
空母艦隊があれば、強力な海軍を保有する事になる事はあるだろうけど、
アメリカでもそこまでの強力な艦隊を保有するのは効率が悪いような気がする。
世界に基地が欲しければ、親米国から基地を提供してもらって戦闘機や攻撃機等整備すればいい。
海軍はイージス艦など戦闘艦その他で艦隊を編成して世界展開すればいい。 
空母は運用するにも改修や修理もしなければならないし、10万トンクラスの空母の場合、
その艦だけで5000人も6000人もの兵士が必要になる。
しかし、アメリカは莫大なコストをかけても空母艦隊を世界中に展開する方が良策と判断している。 
どういう事なんだろ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 00:42:29 ID:4/5UNKR8
スチームカタパルトは作れなかったというより計画が持ち上がっては陸軍派につぶされるを
繰り返したソビエトにとっては1960年代後半にはすでにクリアした問題だったんだが、作れなかったと
言うより巨大な大陸をはさんで東西に分散した機動部隊を持つくらいなら爆撃機とICBMの増備に
予算を回したほうがましと判断したに過ぎないわけで。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 00:45:38 ID:4/5UNKR8
>>153
いっぺんその手のシミュレーションゲームでもやるとその便利さがよく分かるかと、
自在に移動できる航空基地のメリット。  つーか陸上基地のみで今と同じこと
やろうとするとアメリカ破産するよまじで。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 03:18:18 ID:zQLqusUB
>>153

>>154に加えて
その基地を提供してくれる国がいつまでも親米国であるという
保証はないわけで、やっぱり空母はほしいのでしょう。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 11:19:45 ID:Q5ueO37s
おれ結構中国脅威論派なんですが・・・
しかしちょっと中国政府の身になって思考してみた。
そうすると、まずアメリカって国が半端なく脅威に思えるんですよ。
なにか口実(民主主義国家保護とか)があれば軍事介入するし、イスラエルのロビィストの言いなり(?)に同国に一方的に有利な軍事・政治的介入するし。
台湾独立とか、天安門みたいな国内の民主革命などアメリカによる軍事介入の可能性を抱えた中国政府としては軍拡したい恐怖に駆られるのも分かる気がする。やつらの身になったら、空母ニ、三個持ちたくなるのも当然な気がする。
となりのロシアも粗暴な軍事介入大好きだし。
それに中国は長い被占領経験がトラウマになってるだろうから。たぶん日本が中国に感じる脅威よりずっとでかい脅威を中国はアメリカに感じてると思う。
アメリカの軍事力が衰えず、アメリカが日本を重要な経済・軍事拠点と考えてる限り、中国は日本に無茶なことはできないと思う。尖閣諸島の問題とか、日本は結構強気に出ても大丈夫なんじゃないかな。

まあ最近は米中の経済的依存度が高まってからアメリカも中国には無茶なことできんだろうけど・・・
長文すません

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 11:57:39 ID:UpA/FAsc
>>157 
そりゃそうだよ 
だから軍拡合戦が行われてきたわけで 
どの国も軍拡して外交で優位に立ちたいよ
日本もそうなんだけど、日本は工作員が国家中枢から教育現場から、多くの場所に浸透してるから難しい。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 20:37:12 ID:QsXBMD7q
>>157 
加えてアヘン戦争以来、中国には疑心暗鬼・被害妄想になる要素が沢山ある

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 20:48:50 ID:1RVieL3J
>>154
あ、そんな話があったんだ。
技術的には可能だったけどあえて性能の劣るスキージャンプ甲板を採用したと。
それより中国は艦載機どーすんのかね、ロシアに販売拒否られてるが…元ネタが無ければコピーも出来ないしねぇ、今からJSF計画に参加するか?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 22:01:56 ID:QLodd6e2
>>160
1160型空母とかアメリカのCVNに匹敵するような空母の計画はありましたがアメリカが太平洋と
大西洋、両方に拠点を持ってる上にパナマ運河を自由に使える環境「空母の通行はさすがにきついが」
なのに比べてロシアは大西洋、黒海、太平洋と海域が分散され、自らの巨大な国土が
あだとなって艦隊を分散せざるを得ない状態になってしまうこと。地中海など閉鎖的な海域が多いこと
もあってどうせアメリカに圧力加えるんなら潜水艦と核兵器。大量の対艦ミサイルを放てる爆撃機
の開発と配備に力を入れたと。東西の戦力の移動が比較的たやすいアメリカとバルチック艦隊の例を
見ても分かるとおり海から海への移動に非常に手間と時間がかかるソ連とでは正直余り必要なかった
のではと「しかもアメリカと違い国境を接してる国が多い」。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/13(金) 23:04:55 ID:QLodd6e2
国産するんだろうけどフォージャーみたいな微妙なのを作って搭載するか
各国のコンポーネントを寄せ集めてそれなりの物を乗っけてくるか、微妙なとこ。
それでも勇ましく宣伝はするだろうけど。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 16:34:55 ID:ffaEhC90
中国は中期的には、沿海州の領土回復を狙っている。 だから日本海やオホーツク海に
空母を入れて、最終的に露西亜とドンパチやるだろう。 目標は世界情勢が中国優勢に
成る時点だが、50年〜70年後を目指しているのでは … 。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 16:36:57 ID:VKLxFnEj
いずれ軍艦なんかどこの海にいても
陸から発射した対艦ミサイルを人工衛星で誘導して即刻破壊できると思う
「空母」なんてもんが意味を持つのもあと10年だな

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/14(土) 17:22:21 ID:pabbb31L
しかしそうなる頃にはより高性能な迎撃ミサイルも配備されている  


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 15:58:48 ID:Qu51EMON
中国の空母保有の当面の目的は、台湾と南シナ海沿岸諸国に対する威圧と
中東からインド洋、中国沿岸に至る航路の確保だろう。

可否はともかく実情として、中国はある程度カネが掛かっても空母を持たざるを得ない。
同盟国が世界中に軍隊を派遣している日本とは、自ずと事情は異なるだろう。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 16:02:01 ID:XcG4NfAm
マジで日本を軍事力で侵略なのか

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/15(日) 21:35:10 ID:Qu51EMON
中国の海空軍の技術レベルは
日米に対し20年は遅れを取っている。

まずは、このギャップの穴埋めと
アメリカ衛星国の切り崩しではないか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 10:17:56 ID:93bYCQAK
特にアメリカには大量の工作員が送り込まれているらしいな 
台湾紛争で米中が衝突した場合、すでに米国内でどんな反乱が起きるか予測できないという 


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 10:36:01 ID:bCpmTBOj
通常戦力のみの日本侵略は無理
潜水艦16隻は万里の長城と化していて鉄壁すぎる
ただし核戦力によって脅迫して
自衛隊の動きを封じて上陸することなら容易いことだ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 10:47:24 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 10:56:06 ID:D4SZqsua
中国に核を持ち込んで、要所要所で起爆させるとかな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 17:21:57 ID:93bYCQAK
>>170 
日本の自衛隊は短期決戦型だから、2ヶ月ほど衝突が続く事があれば無理かと  


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 19:00:43 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 19:57:12 ID:J1mJklT8
中国が「核の恫喝」を日本にかけてきた場合、
アメリカの「核の傘」に頼れるのか?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h19/jog482.html

■中国は「核の傘」を信じない■

 このような考えからフランス、イギリス、そして中国と、い
ずれもアメリカやソ連の「核の傘」を信じずに、独自の核抑止
力を構築してきたのである。

 特に中国自身が、ソ連の「核の傘」を信じていなかったとい
うことは、日本に対するアメリカの「核の傘」も信じていない
ことを意味する。上述の第二の理由の主張で、国名を入れ替え
れば、こうなる。

 たとえ中国が日本を先制核攻撃した場合にも、アメリカ
がそれに報復するために中国に核ミサイルを撃ち込むよう
なことはありえない。米中両国は、同盟国を守るために核
ミサイルの撃ち合いをするような愚かな国ではない。

 これが正しいかどうかは別にして、当の中国がこう信じてい
るのであるから、中国はアメリカの日本に対する「核の傘」な
ど恐れずに、日本に核の脅しをかけてくることは十分あり得る
のである。

■「日本にとって、そのような中国に対抗する手段はない」■


176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 19:58:57 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 20:12:24 ID:VxlceBaH
共産主義者の大東亜戦争責任
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722


共産主義者の大東亜戦争責任(1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA

共産主義者の大東亜戦争責任(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA

共産主義者の大東亜戦争責任(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 20:12:26 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 20:58:14 ID:1puuVFRV
>>175
ソ連の核の傘……?
中国が核開発したのってソ連と対立してからだろ?
それまで核開発してなかったのは、まさに核の傘を信じてるからだろ。
その論法なら核の傘は有効なんだから日米同盟を深めていくべきだね。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 21:16:15 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 22:18:35 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 22:40:44 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 22:47:06 ID:B107yagD
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/16(月) 22:58:42 ID:J1mJklT8
>>179

>それまで核開発してなかったのは、まさに核の傘を信じてるからだろ

まずは、現代史を勉強してくれw

(1)シナが当時どれほど貧しかったのか
(2)そんな貧しいシナでさえ、乏しい国費を投じて核開発をしたのはなぜ?



185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 01:02:52 ID:KD4DE2JN
スレ違い

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 03:52:32 ID:fp3rSOQO
>>157 慧眼でつね。まあそれでも日本を自国領にせんと虎視眈々と狙っている事は中国首脳の言動からも明らかですが。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 07:21:45 ID:Y5pfrDmF
>>185
恐縮っす。
>日本を自国領にせんと虎視眈々と狙っている
その通りだと思います。13億の国民+市場経済+国民への強烈な統制+パクリ上等、中国は最凶の軍事国家となる素養十分ですね。
国内で拡大しつつある歪みを考えると、強烈な統制が不可能になる(民主化等)あるいは13億国民が減る(国家分裂)なんて可能性も無きにしも非ず・・・?ですが。
しかしそんな傍観じゃいかんですよね。日本がとるべき戦略はどうでしょうかね?
素人考えで、
@アメリカにとっての日本の有用性を保ち、米中の軍事的パートナーシップを牽制しつつ日米安保体制の強化維持を図る。
A自国の防衛力強化を図りつつ、漸次日米安保からの自立を図る。(アメリカはこれを望んでいるという・・・?)
B防衛力強化+日米安保も維持
Cまったく新しい安保体制(インド、韓国、場合によっては中国・・・?)
Dまったく新しいアイデア。アメリカの一州として編入されるとかw

@は現状維持、コスト小(?)、自立性小
Aはハードル高、コスト大(?)、自立性大(核保有も含めて米と交渉しつつ安保から自立)
Bはハードル中、コスト大、自立性は中(核保有はできない、必要もない?)
Cについてはよく考えたことがないです(@_@)よければだれか意見下さいw

また長文で若干スレ違いすませんm(__)m

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 07:22:35 ID:Y5pfrDmF
間違えた
>>186

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 08:02:52 ID:BNcxOW0F
>>184
だから、ソ連と対立したことで核の傘どころか核の脅威になったからだろ。
中国が初の核実験をする10年近く前に既に対立が始まってるんだが?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 09:44:50 ID:V1npVvbe
>>189
今は、あの北チョン国でさえ核開発できる時代だが
当時、核開発がどれほどの時間と経費がかかるか
想像してみてくれ



191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 09:52:27 ID:nhNPbbP6
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 10:00:20 ID:nhNPbbP6
マジで日本を軍事力で侵略なのか本当に教えてよ!!!!


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 10:01:58 ID:V1npVvbe
>>191
今のシナの軍事行動を見れば想像できるはず

かつてのソビエト以上に侵略的な国、民族だよ



194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 10:03:30 ID:nhNPbbP6
>>193
そうだけど、心配なってきたので怖くてたまらなくなってきたよ。本当に何年間たてば支配されるのではないかって怖くなってきたのです。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 10:30:08 ID:nhNPbbP6
>>193
そうだけど、心配なってきたので怖くてたまらなくなってきたよ。本当に何年間たてば支配されるのではないかって怖くなってきたのです。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 11:58:43 ID:V1npVvbe
>>195
日本の防衛で一番確実で、経費も安いのは「核武装」

これは、絶対に必要

日本には「アメリカの核」があるという連中もいるが
日本と中国が戦争になってもアメリカは参戦もしないし
中国に核攻撃など絶対にしない

最近でも「アメリカは日本と中国の領土問題には介入しない」と
発言している
現代で国際間で戦争が起きるのは「領土問題」だが…

要するに「日米同盟」は戦争がおきたら役にたたないということだ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h19/jog482.html

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 12:48:31 ID:nhNPbbP6
>>196
そうだけど。本当に心配だね。年々かったら攻められるのではないかって

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 12:59:52 ID:nhNPbbP6
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1237245863/1-100

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 13:06:38 ID:FcMreiHy
壮志飢餐夷虜肉
笑談渇飲倭奴血

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 14:06:06 ID:nhNPbbP6
>>196
そうだけど。本当に心配だね。何年かたったら攻められるのではないかって


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 14:27:43 ID:nhNPbbP6
>>196
そうだけど。本当に心配だね。何年かたったら攻められるのではないかって

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 15:31:34 ID:nhNPbbP6
上げ

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 16:07:14 ID:fp3rSOQO
>>199 晒し首にしてやる(怒)

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 20:20:58 ID:nhNPbbP6
上げ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 22:19:26 ID:KD4DE2JN
中国脅威を必要以上に煽って
我が国の核武装の正当化に
論点をすり替えるような主張には賛同出来ない。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/17(火) 23:01:26 ID:nhNPbbP6
>>205
確かにそうだけど、本当に支配されるのではないかって心配になってきたのです。何年間経てば攻められるのではないかって

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 00:04:35 ID:yMj7aHGz
空母だってwwwwこのミサイルの時代にwww。

大日本帝国艦隊の大鑑巨砲信仰とおんなじ。www



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 03:46:42 ID:GCSoKhpS
アメリカの空母ってヘリコプターは積んでるのか? 
周りを囲む戦闘艦なんかにはヘリは搭載してるだろうけど、空母にもあった方がいいな
ちょっとした荷物の輸送にも便利だし、攻め込む時も各種ヘリがあった方が地上部隊を支援できる

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 16:38:44 ID:SAMuSPZI
6〜12機程度のヘリを搭載してるよ
ご推察通り輸送や、哨戒に使ってる

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 17:43:19 ID:ijU7K3nw
台湾への圧力を段々強めて、米国の介入を排除しながら、台湾占領の道順ですね。
ここ取らないと、太平洋に自由に出入りできないので、狙ってる。
10年後か、20年後か … 台湾侵攻のスケジュールが、組まれてますね。
台湾・米国・日本の何処かが緩めば、空母より先に来るナー。
経済か、軍事か、核恫喝か、ヒト誑しか … どの手で来るか。

211 :daredemonai:2009/03/18(水) 18:18:07 ID:3ssUzXCb
コメント書いて見たい


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 19:43:42 ID:2rJj1GfH
上げ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 20:55:55 ID:s10B4U1I
>>207
空母は巨砲ではなく多砲
だからミサイル時代の主役なのだよ

214 :golgo:2009/03/18(水) 23:15:36 ID:aVd3l+rQ
やつら頭悪いからどつてことないだろうさ。運用にどんだけ金かかるか考えてなさそうだし。
ただの見栄だろ。
胃の中の蛙ならぬアジアの蛙だな。

215 :軍事的な事を分かってない奴:2009/03/18(水) 23:19:38 ID:1bHIPiha
支那が空母を購入したから日本が危険に晒される可能性が高くなっただと?
どうせ空母無くてもあいつら攻めてくるだろ…
とりあえず左翼・在日・9条狂信者を黙らせようか
憲法9条改正して正式に軍事力を持つことを認めることが先決でしょう
強盗押し入られて抵抗することを拒否するようじゃあ防衛以前の問題…違うか?

ところで
オーストラリア「ちょw軍事的な同盟結んだのに無視されてるw」
たまにはオーストラリアの事も気にかけてあげてください
尤も米の軍事力には遙かに及ばないが

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 23:35:26 ID:AvHDyMGc
>>214
まぁ、真面目な話すると、彼らも米軍の様な打撃力としての運用は目指してないでしょうね。
イージスのような強力な防空システムを持っていない分を艦載機でカバーするつもりなのでは?


217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 00:17:07 ID:mGrqdhe4
たしか、資本主義化する前から
中共には産軍共同体があったはずだ。
社会主義体質のね。


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 00:42:12 ID:c7QVpxrS
体質か。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 07:52:28 ID:Cdq1pv/R
>>196
もし中国がこの件で軍を動かすことがあればアメリカが参戦する、とはっきり表明したが。
あくまで、外交問題として扱っている間は中立を保つから話し合いで解決しろよ、っていう中国への脅しだろ。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 09:10:41 ID:dRuIiVEF
マジで支配するつもりかよ!!!!

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 10:29:13 ID:f0xxMJeK
英国やブラジルでも持ってるのだから持つだろ
いままで経済に専念してたから保有できなかっただけ
中国には憲法九条などないのだし
日本人の感覚で中国を見るとわけがわからなくなるだけ

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 11:29:23 ID:4qOuTCx3
日本も空母出来たね ヘリ空母だけど保有意味はでかい


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 12:02:26 ID:GFyeI4I0
>>207
で、大和みたいに航空機にボコられるわけですね?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 13:29:46 ID:i04LdIHZ
伸びてるっと思いきや未だにミサイル万能論たれてる奴とageレス乞食の連投かよ、、

>陸から発射した対艦ミサイルを人工衛星で誘導して即刻破壊できると思う
>「空母」なんてもんが意味を持つのもあと10年だな


どうやったらこんな発想に飛ぶのかと。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 15:04:50 ID:GFyeI4I0
24の見過ぎだろ?

全部衛星使ってクロエに頼めばなんでもOK

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 15:21:18 ID:dRuIiVEF
マジで支配するつもりかよ!!!!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 16:39:25 ID:g+ozU/P3
>>223
防空戦闘機を積まないって、それどこのヘリ空母?w
通常型空母の持つ最大射程の対空兵器は、艦載対空兵器の射程よりも大きい最大行動半径を持ち空対空ミサイルと機関砲で待ち
構えているCAP機なんだが。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 19:31:19 ID:rbDr8gVj
>>227
ロシアが「艦載機売ってやらん!」って言ってるしな。マジでヘリ満載するしかないかも。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 20:14:40 ID:DtN5mtTG
価格を吊り上げる方便じゃね?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 20:52:03 ID:y85XDccG
できても、2,3年で金欠で放置されそう

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 23:57:53 ID:f0xxMJeK
中国空母を警戒して
米軍がグアムまで下がるから保有価値は高いじゃん

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 02:00:14 ID:iYGJm19I
中国にODAなんて愚かな事だぞ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 02:30:40 ID:9ieUVlZP
核ミサイルって すっげー強大な空爆でしか無いんだよね
空爆で戦争に勝てないのはベトナムが証明した でもイラクアフガンでまた失敗を


中国が空母配備するのを 日本は歓迎します
F-2対艦番長のいい標的な上 ほっておけば 勝手に経費で自爆しますw


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 02:33:58 ID:9ieUVlZP
「大国で空母を持っていないのは中国だけアル」中国国防相が空母建造の方針を表明 (
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1237564886/

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/21(土) 10:13:19 ID:Qvs32znM
空母を攻撃したら日本7都市へ核攻撃します
日本国民のみなさんは賢い投票をしましょうね

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 01:58:06 ID:ZYhXWJlI
>>38
まじでか
俺も研究用として買うべきとおもてた

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/22(日) 18:23:37 ID:Y/HHqkau
中国共産党の航空母艦、国家予算の無駄遣いである。
人民解放軍には、大日本帝国にあったような軍人精神が無いから、国家予算の無駄遣いである。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 00:47:17 ID:JfRVOViv
>>237
良いじゃないか。しっかり無駄使いしてもらおうよ。
いざとなればASM−2でイチコロだし。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 01:07:33 ID:UatJj6nf
中国を擁護するつもりはさらさらないが…

軍事、経済で台湾を圧倒し
政治的に組み入れることができれば
空母・その他、なんて安い買い物だと思う。
そのうち、台湾という飼い犬に日米が噛まれる日が来るな。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 09:28:56 ID:ZM6+a9UQ
>>239
台湾が飼い犬ってw
アメリカならともかく、あそこまで反中で親日やってて見返りもないのにご主人様面されれば向こうもたまらんわ。
ましてや日本なんざ、アメ公のダッチじゃねーか。
ご主人様の下についている人を飼い犬扱いとかw

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 11:16:53 ID:UatJj6nf
表現が悪かったかな?
どうも話しが噛み合わない。

将来的に台湾を失えば
中国海軍を封じ込めることが出来なくなる
と、いうことなんだが。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 03:45:54 ID:sjFxNR6Q
アメリカは台湾の軍事力による併呑は認めんよ、台湾の次は沖縄だからな
すでに中国を脅威と認識して太平洋艦隊を強化しつつある

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 09:34:18 ID:lV3f06Qn
米軍が強化しているのは認識してるが
帰属に関して、最終的な判断を下すのは台湾の人々ではないか。
台湾人が自ら併合を望んだ場合、米軍も手出しはできない。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/26(木) 00:23:19 ID:3F/0rjKH
空母機動艦隊は、ロンドン軍縮条約でトン数=船数、を減らされた日本海軍の
苦肉の策だったんだよ。
当時は対艦巨砲主義=砲門の数=船の数だったから

艦載機ならフネと関係ないから条約違反じゃないし、
1隻の戦艦につける砲門 < 空母1隻の艦載機数  だから

問題は艦載機の離発着と魚雷攻撃が激ムズだったこと
でもそれを訓練で克服したら小さくて早い艦載機を打ち落とせる
艦砲射撃はなかった。で、連合国のフネが次々と沈められ
空母艦隊の有効性と優位性を示したと

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/26(木) 00:34:30 ID:3F/0rjKH
空母の有効性を連合国側が認識したので戦後、アメリカが第7艦隊を作った
ところがソ連が対艦ミサイルを開発してしまう。艦載機ではミサイルを落とせない。
空母本体の防御力はゼロ。
そこで作られたのがイージス艦。
彼らの仕事は本来は空母の脅威となるもの(対艦ミサイル、潜水艦)を取り除くこと
防ぐ盾であって攻撃する矛ではない。

結論;
イージス艦が無い空母機動艦隊は1発もらったらおしまい。

海自の潜水艦は演習で何回かイージスで囲まれている第7艦隊の空母に
ピンガー当ててるんだよね。在日米軍司令官の話で呼んだことある。
「海上自衛隊は恐ろしい」とも書いてあった


246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/26(木) 13:01:03 ID:sWznZkva
演習で空母撃沈は海自どころか、韓国にもされてるけどね。
あのときは、米海軍は毎回演習相手へのプレゼントとして空母撃沈させるのに韓国は何を勘違いしてるのかといわれてたな。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/31(火) 23:55:49 ID:LiZh3M4k
>>245
何の為にF-14とAIM-54が開発されたのかと…

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 01:52:38 ID:z9lvRyYC
>>245
イージス艦が無きゃ防げないような飽和攻撃をかけられるのは
アメリカを除けば、日本とロシアしかない
逆に言うとその辺のレベルの対艦攻撃能力を持つ国とドンパチ
やらかすんじゃなきゃ、イージス艦は空母の直衛に必須ってわけ
じゃない

もちろん、あれば便利だし、今のイージス艦は防空単能艦なんて
域をはるかに超えた万能艦的な存在になっているから、どこの国も
財布が許すなら持とうとするけどな

なんか、イージス艦に対するイメージがズレてないか?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 10:58:23 ID:N8MbeZ4g
>>248
アメリカが防空艦の特許を取っていてそれがイージス艦。
よって防空艦は取得しようとすればアメリカからイージスシステムを購入するしかないとでも思ってんじゃねーの。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/04(土) 11:05:15 ID:4h4IBO2V
演習の最後に空母撃沈させるのは第七艦隊のいつもの慣例というか、儀礼上のサービスじゃなかったっけ。
韓国との演習でも最後同じことやってたと思うけど。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 18:51:36 ID:RtX3Iy2Z
ロシア版イージスシステム、フォールトの改良型フォールトMは
中国駆逐艦瀋陽級に搭載されているね。
イルミネータ1基搭載、同時対処可能目標数は6個という。

中国海軍は空母、艦載機、護衛艦と
それなりのレベルではあるが、必要一式を同時進行で準備しつつある点に注目したい。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 16:52:05 ID:qm7YxHAt
>>1

アジア人としてはこれ以上の欧米・言語・文化の侵食を
食い止めたいとの気持ちもある。

勿論、共産主義マンセーと言うわけではないが
アメリカ型マンセーと言うわけでもない。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/09(木) 17:46:35 ID:hQt4+jLj
ID:3F/0rjKHの語る知識は微妙だな。
最初は正しいように聞こえるけど、話せば話すほど事実とはズレていく。

一昔まえの、売れなくなった作家が編集に言われてなんとなく架空戦記を書いた
らこうなりました、みたいないかがわしさを思い出す。

>空母機動艦隊は、ロンドン軍縮条約でトン数=船数、を減らされた日本海軍の
>苦肉の策だったんだよ。

苦肉の策もへったくれも、ロンドン条約の前のワシントン条約で未成巡洋戦艦の
空母転用が認められている。1万トンのハーミズだの鳳翔をつくったばかりのとこ
ろへ、条約の兼ね合いだけでいきなり3万トンを超える空母を持つことになっちゃっ
たから、各国とも「いきなり現れた空母」の使い方を考えることになった。

最初の仕事は索敵、次が艦隊決戦で飛ぶはずの着弾観測機の撃墜、戦闘機を
積むのだから当然護衛しろってハナシが出るし、なら元から断っちゃえと空母を
沈めることを目指すようになる。その能力向上の果ての主力艦撃沈。

>空母の有効性を連合国側が認識したので戦後、アメリカが第7艦隊を作った

第○艦隊というのは担当戦域で区切る。第七艦隊ができたのは1943年で、マッカ
ーサーの指揮下にあった。空母の有用性とは無関係。

>ところがソ連が対艦ミサイルを開発してしまう。艦載機ではミサイルを落とせない。

米海軍の空母は攻撃の手段。高速で移動して尻尾掴まれないうちに敵の根拠地を
叩き潰す。当時は戦略核攻撃任務も担っていたことを理解していないだろ。

>空母本体の防御力はゼロ。
>そこで作られたのがイージス艦。

60年代前半には艦載AEWを運用し、搭載機による長距離攻撃能力を持っていたの
が空母機動部隊なのだから、対艦ミサイルそのものを脅威と見ていない。発射プラ
ットフォームである潜水艦、水上艦、航空機ごと「遠くで」潰せばいい、それを突破し
た少数機はSAMで落とせばいい、という程度の考え。それをひっくり返したのがオケ
アン演習。大洋のど真ん中で多方向同時侵入による対艦ミサイルの飽和攻撃という
戦術が、現実に成り立つことを実証した。これに対する回答がイージスシステム。

>イージス艦が無い空母機動艦隊は1発もらったらおしまい。

1983年以前の米海軍が、そんな脆弱だったか?

>在日米軍司令官の話で呼んだことある。
>「海上自衛隊は恐ろしい」とも書いてあった

断片で調べもせずに小説書いちゃったわけね…死ね、低能。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 13:51:10 ID:yqSyxkNN
>>>>>>>253
なに呆けたこと言うとるんや!馬鹿m

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 14:36:07 ID:TN9FOR5p
頭の悪い架空戦記作家ID:3F/0rjKHの今日のIDはID:yqSyxkNN、とw

なんかしゃべるときはググるかWiki見ろよ…と普通はいうところだけど。

それじゃかえって手間だよね。教科書読め、バカ。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 16:13:09 ID:fTRcFXUF
宇宙空母を作るしかないな

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 20:08:07 ID:NSc44gBw
心配する事はない





きっと例の電車みたいにゴミだらけで作戦行動もとれないさw

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 20:12:32 ID:I6p0YGzQ
>>250
そう。軍オタの間では有名。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 21:15:16 ID:H9gk7RRr
機動艦隊が出来たら中国は、破産する位傾くだろうな
軍事費が高騰してるのも、人件費が値上がりしてるからだ



260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/10(金) 21:19:09 ID:H9gk7RRr
>>38そりゃあんな古い空母 作った所で仕方がない
大和の砲が現代では作れない と同じだろ



261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 00:16:00 ID:ZazEL6Se
宇宙戦艦大和作れ!

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 05:28:05 ID:5OuuaQhc
>>259
そういう意見も時々見るけどさ中国って早ければ来年にもGDP で日本を抜くんだろ。
運用コストを全く考えないで建造するとは思えんし。
ヒステリックになることも無いだろうけどキチンと脅威として認識すべきだと思う。
制服の連中は情報を集めたりしているだろうけど政治家の危機意識がなぁ…

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 05:51:14 ID:JH8MwNj7
>>257
海に捨てるよ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 10:03:11 ID:ezj6VCzj
>そういう意見も時々見るけどさ中国って早ければ来年にもGDP で日本を抜くんだろ。

25年位前には「オリンピックまでに韓国は日本を追い抜く」なんて話もあった。
経済が伸びているとして、ではその経済のナニで伸びているのかという部分
を無視しても始まらない。成長率には根拠があるし、その根拠が無くなれば
成長率は鈍化する。日本の高度経済成長だって、原油高で瞬殺されたし。

いままで中国が「成長率で」ずば抜けていたのは、それまでが酷すぎたから。
この先、GDPが日本を抜いたとしても一人頭では日本の1/10なのは変わらな
いし、「国民が」もっと食いたい遊びたいと言ったときに国内では資源も食料も
自給できないのだから、結局はドルで買わないといけない。

1バレルの原油を買うときに、1トンの小麦を買うときに、中国人は日本人の10
倍の値段を出していることになる。防衛費の国民あたりの負担だって、誰もが
貧乏で苦労して払っている割には、総額としては日本と同程度だし、やらなき
ゃならない近代化という宿題がでかすぎて終わりも見えない。

>ヒステリックになることも無いだろうけどキチンと脅威として認識すべきだと思う。

個々の兵器としては日本が持ってないとか日本より新しいものがあるかも知れ
ないけど、国が養う人口と、その人口が稼ぐ額と、実際に軍に使える額と、その
軍がやらなきゃならないことを比べると、経済的綱渡りが危うすぎて脅威として
見るにはまだ時間がかかる。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 21:14:34 ID:3GwVf1nG
純粋に中国の潜在力は日本以上。韓国と違って市場規模も資源量も違う外貨準備高も違う。
悲観論でなく中国のいわゆる都市部が増加又は拡大したら経済力で日本は抜かれる。
ただしそれが日本との対立に繋がり非常に脅威だが、直接日本の没落には繋がらないと思うよ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 22:09:36 ID:a7WbVH9a
順調に中国が成長していけば、GDPランキングが五十年後には
一位中国
二位アメリカ
三位インド
四位ブラジル
五位メキシコ
らしい

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 22:17:59 ID:2JTKZHWm
敵を過小に評価して喜ぶ人はダレでしょうか?
日本?まさか!当然・・・^^

まあ、空母機動艦隊作って国を滅ぼすぐらい馬鹿なら間違いなくとっくに中国という国家がなくなってるだろ。
良くも悪くも、新しく空母を採用させるに足るメリットと戦力化できることを証明して見せたのは間違いない。
そしてそれが少なからず日本にとって脅威になるものでもある。
その脅威が日本にとって致命的かというとそこまではいえないけど。
まあ、反特亜な空母厨が涙目になってるぐらいじゃねーの?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 23:38:38 ID:mxBDFPD4
>>267
一体いつ戦力化したんだ?まだ建造中だぞ。
フネが完成してもそれだけで戦力になる訳じゃない。航空機も揃えないといけないし、乗員やパイロットの訓練、艦隊というシステムのなかでの空母の運用方。
全てこれから構築していかないといけない。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/11(土) 23:49:14 ID:2JTKZHWm
>>268
「戦力化できることを証明」。
言い直そうか?
「予算配分する立場にある人から予算を引き出すことの出来る相応しい論拠を示して見せたはずだ」と言ってるんだ。
わざわざ「戦力化」って言った理由を汲んでほしいもんだが。

まあ、日本の官僚を見ると激しく見通しが甘く、計画が頓挫した例も少なくないがな。
だが、それで日本が崩壊したことも無いねと。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 01:04:06 ID:2IVX3LXF
>>265
都市部が拡大すれば低価格帯の輸出産業が立ち行かなくなる
すると外資が逃げる
更に共産主義を続ける限り競争力は付かないから、限り無く上手くいってもデカい韓国にしかならない


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 02:28:25 ID:MpN/GvA7
中国も、一人子政策で、繁栄長く続かない。インドと日本は、協力してパワーバランス保つべき。アメリカは、落ち目だから、当てにしない!

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 03:07:39 ID:2ww+NT43
なんせ中国は無駄に人が多いからな
当面は低価格帯の輸出産業は維持され続ける。

今後どう転んでも、人口に比例してそれなりに経済発展はするし
それに伴って軍事費も確保できてしまう訳だが。
ここが中国の、韓国や旧ソビエトとは根本的に事情が異なる点。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 05:55:31 ID:AxNgxe1P
>>272
GDPを今後も拡大させ続ける為に軍備に金を使う、のであれば方向性として分からなくもないが既に中国式輸出成長モデルは転びまくっているから順調な総生産拡大は見込めない。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 09:26:24 ID:WejxAqb6
外国の言うことは、日本を騙そうとして言ってるんだってことを、いい加減に分かれ。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 10:58:08 ID:MpN/GvA7
フランスの様になったら、遅い!国内政治の安定、国民の結束行動力と、それを楯に出来る強い外交が必要。日本は、インドとの友好を柱に、中国とアメリカを揺さぶるべき!

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 17:05:41 ID:On+3pHcz
>>272一人っ子政策は、今見直しが検討されてるみたいだけど、数十年のツケは大きいぞ
もうすぐ中国は、人口が猛烈な逆ピラミッド構成で、若年層が、老齢人口を支えられなくなるぜW

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 17:56:24 ID:MpN/GvA7
新幹線技術手に入れたから、国内防衛網は、格段に良くなった、中国は、今後30年が勝負、それを見越した、アフリカ覇権争いだろ。
空母も!

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 19:36:45 ID:ep7nR1ls
>274 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/12(日) 09:26:24 ID:WejxAqb6
>外国の言うことは、日本を騙そうとして言ってるんだってことを、いい加減に分かれ。

自分の言葉で説明できないバカの国籍とは?
以下ハン板から転載。


529 すも New! 2009/04/11(土) 21:08:23 ID:SDOxWRkh
気付け、読解力がない、勉強しろ、

朝鮮人の決まり文句です。

539 すも New! 2009/04/11(土) 21:27:29 ID:SDOxWRkh
わかるやろ。
大阪ではフツーやで。
あほちゃう。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 22:33:53 ID:Ned0H+qI
中国が空母機動部隊を手に入れてパイロットも養成したら列かく諸島は事実情
中国の領土は確定ですな

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 00:44:12 ID:2JKsUc2F
アフリカ利権なきして、人口増加政策への道が作れない!中国のインド対応しだいだよ。しかし、理想は、大東和だな。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 02:44:41 ID:79Ihslty
日本は隣国である中韓と仲良くするべき、という話は良く聞くが
日本は島国であるから、中韓に限らず台湾やロシア、アメリカやフィリピンも隣国と言えるわけで
中韓にのみ肩入れする理由は隣国だからに求める事は出来ない

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 02:51:10 ID:Wi0jNUaF
>>281
ふむふむ…そういう意味合いでは
わが国のシーレーンを脅かす中韓の軍拡には、
引き続き注視していかねばならないですね。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 14:30:20 ID:tatmlutO
中国共産党の一党独裁継続不可→中国崩壊
が少なくとも20年以内に起きる可能性が高い。

帝国ってのは必ず滅びるんだよ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 20:30:46 ID:VneXN+xb
中国側の発表では、2015年までに
6万トン級空母を2〜3隻保有としているね
この納期については、どうなのだろうか?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 22:59:49 ID:M3BjWIhg
>>284
うっそでー、としか思えない。

すでに空母と艦載機部隊を運用してノウハウがある程度
固まっているのであればともかく、実艦での離発艦すら
していないのに複数建造して、なんか設計上の不具合で
も見つかったらどうするつもりなんだろう?

あと、フランカーが艦載機候補だけど、その後だよね。
米英仏露は、一応艦載機の開発ができる。けど中国には
まだそれが無い。フランカーは70年代の戦闘機な上に、
STOBARというハンデをつけるような運用しかできない。
九州沖縄を基点にした空自の陸上機が相手なんだから、
これに対抗できる質、あるいは質を補う量が必要。

しかしこれを空母でやるのは、本当に骨。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/13(月) 23:57:41 ID:2JKsUc2F
本当の敵見せないのが戦略、準備出来るまでは、仮想敵日本の方が良い。タイの混乱も、戦略の一部かも!
東南アジア無くして、日本の繁栄は無い!

取りあえずインドにも新幹線必要かな!

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 06:37:49 ID:oQDpEXJi
>>285
別にそれほど変でもないだろ。
あくまで空母を確保するだけ、というつもりであれば。
空母の導入は初のケースであるし、とりあえず空母を確保しておいおい詰めていくつもりなら特に不思議でもない。
コレが2015年までに空母機動部隊を実戦運用段階に持っていくというなら確かに無茶にもほどがあるが。

設計上の不具合にしても建造後に発覚すれば仕方がないだろう、そうならないように「努力する」しかないわけで、
充分すぎるほど努力は重ねていくだろう。
それでも駄目な時はあるが適切に対応すればいい。
計画が遅延しても構うまい、別にムリに急いでずっこける必要はないわけだ。
それにむしろ計画自体は他国から空母を買い取ったことがあったがそれ以前から始まっていたとも言えるわけではある。

あの手の国はビッグマウスな面もあるから、本当に嘘かもしれないが。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 09:29:56 ID:D2zm+5yg
中国はミサイル一発で終了の空母を持つほど馬鹿ではないだろう


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 09:32:56 ID:D2zm+5yg
続き
中国に米空母キラーの新型ミサイル開発のうわさ
中国の新型ミサイルは「米国の超大型空母も1回の攻撃で破壊できる」
事実なら中国は空母を持つわけない

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 10:49:15 ID:D2zm+5yg
しかも空母だけではない新型ミサイルは射程は2000`だから
日本は充分範囲内
新型ミサイルは巡航ミサイルの一種だろう

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 12:50:40 ID:yzp/+0M4
>>289-290
旧ソ連のミサイル戦艦『キーロフ』と同じ構想だろう。
空母で対抗したら国が破綻するから、大型対艦ミサイルで対抗しようとしたの。
人件費を加味したら中国の軍事費は、日本の三倍くらいか?それでもアメリカの水準に及ばない。
効率化された産軍共同体まである。
社会構造の違いもあるから、どっちにしろ金食い虫は維持するだけで大変だ。
あるいは"謝罪"の名義で日本からむしり取るか?



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 00:03:26 ID:S8Ut1uwC
100年ほど前、日本が自前で戦艦を作った時は
在留外国人の間では、まともに進水できるかどうかの賭けをしたという。
中国の空母保有は、そんな話に似ていなくもない。

>>287 同感。
スキージャンプ方式の採用や
艦載機にSu-33やJ-11B(H?)といったフランカー系の機体を模索するなど
中国が出来る範囲で空母を保有しようという意図は感じられる。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 01:40:15 ID:q89FGzg+
>中国が出来る範囲で空母を保有しようという意図は感じられる。

なんというかな…素人目にはわかりづらいのだろうが、兵器の単価、開発経費というものが
100年前と比べれば途方も無く高騰している。

1920年代、初めて空母が作られていた頃、艦載機というのは数年で「腐り落ちる」ものだった。
3万トンの戦艦を計画しても、その寿命は(結果的にはともかく)第一線8年と計算された。トラ
イアンドエラーで失敗しても、それが血肉になるある意味幸せな時代だった。

しかし現代で兵器開発、実用化の方向性を間違えたとき、10年単位の時間と、途方も無いR&D
が無駄になる。それは軍事技術上の相対地位をヤバイくらいに押し下げてしまう。これが別の
分野であれば、先行者の背中だけを見て、その最上の手法を真似て…というのも可能だし、実
際連中はそれをやってきた。だが、海軍でアメリカと張り合う…それも空母を使って…というのは、
ソビエトでさえやっていない、世界のどこを探しても手本が無い世界になる。

ソビエトは空母を持ったし、艦載機も作った。でもそれはソビエトの既存の戦略に則った上での
「兵器システム」であって、冗談みたいな航続力を持つ戦略爆撃機転用の哨戒機と、原子炉事
故が起これば使い捨て上等な大量の原潜、戦闘機サイズが突っ込んでくるという意味ならカミ
カゼそのまんまな大型対艦ミサイルの開発運用能力があっての「要素」としての空母保有だった。

誰もまだ「中国にも援用できる」空母と艦載機というシステムは提示したことがないわけ。そして
中国自身にそれを編み出し成し遂げる地力がついたか。SSBNなら20年いじって弾道弾だけ試
験してというのも出来たけど。たぶん、完成させてから青くなるんじゃないかな。艦載機に合わせ
てしょっちゅう改装して、艦載機の方もころころ変わって。下手すりゃ搭載機がなくなったり。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 01:52:14 ID:q89FGzg+
空母を持つ重要な意味である艦載AEWの問題もあるし、戦闘機用エンジンは目処も立たない。
過去50年、中国は核戦力を持つことで得られる大国の面子に傾注してきた。それが役に立たな
いからこその近代化への転換だけど、50年分の手抜きのツケはお安くない。

使い物になるまでの年数と、その費用、自分で編み出すことの苦しみを、もしかしたら中国人は
初めて味わうことになるのかもしれない。冷戦期のソビエトのように、アメリカに匹敵するだけの
軍事費を賄えるわけでもないしね。

>新型ミサイルは巡航ミサイルの一種だろう

元記事見たけど、低空を云々という記述は無かった。低シグネチャーで経路の予測が困難という
「弾道弾の」特性を誤訳しただけみたい。ただ、それにしたってイージスがBMD対応になっている
現状では、マッハ10で突っ込んでこようと迎撃されてしまう可能性が出てくる。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 02:43:08 ID:TevH3zmO
>>293
そして…巨大テーマパークになるんですね
6万トンクラスの空母と成ると見応えあるでしょうね。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 10:26:16 ID:y4e9wa1R
中国人は科学好きだから楽しんで開発するだろうね
いままでは資金がなくて核ミサイルしか作れなかっただけだし
資金があれば米ソの直後に有人宇宙飛行やっただろうね

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 17:16:41 ID:jNAcUF5v
>>293
意味がわからない、当時の米ソの関係や世界情勢といまの米中の関係と世界情勢は明らかに違う。
米国との軍拡競争紛いのこともする必要がない。
しかもなんでいきなり米国に海軍力で勝負なんて話になるんだ。

そして新しいことをやる上で挑戦と失敗は付き物。
ソレすらも考えないで計画を転がすわけがない。
やるからには実現化してソレ相応のメリットを生み出す必要はあっても、今日明日中に答えを出す必要性はない。
そりゃ冷戦期のようにいつ、第三次世界大戦が起きるか判らない!みたいな時代ならともかく。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 19:29:33 ID:1TX6sNPx
>>294
>空母を持つ重要な意味である艦載AEW
空母持っててかつ自国産の艦載AEW持ってるのってアメリカだけじゃん。
あとはフランスがアメリカから買ったのを持ってるだけで、
それ以外の国はヘリ使うか陸上機使ってるぞ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/15(水) 23:31:30 ID:n7ssZGOu
アメ以外の空母保有国はその運用が限定されてしまっている。
これは、空母自体のサイズの問題もあるけど、フォークランドの戦訓からわかるようにAEWを持たない艦隊は防空面に弱点を持つし、小形の空母だと搭載機数の少なさから防衛的作戦と攻撃的作戦両方こなす事が困難になる。
中国の目指す機動艦隊がどのような物かわからないが、E2のような機体の開発はしてんのかね?又その様な大型の機体をスキージャンプ甲板で発艦させられるのか?
興味は尽きない。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 06:54:16 ID:J9VoU6nm
>意味がわからない、

なら黙っていてくれて全然構わないんだけどなぁ。

>当時の米ソの関係や世界情勢といまの米中の関係と世界情勢は明らかに違う。

しかし軍事を支える経済原則は変わらない。

>米国との軍拡競争紛いのこともする必要がない。

する必要が無いのであれば、それはアメリカの覇権を認めるということになる。
つまり、その仮定であれば、日本は中国の軍拡を無視できてしまう。

>しかもなんでいきなり米国に海軍力で勝負なんて話になるんだ。

自国の影響力の拡大志向を覇権と言い換えるなら、それはアメリカの覇権と
真っ向勝負にしかならないのだが?

>そして新しいことをやる上で挑戦と失敗は付き物。

これは一般論だな。

>ソレすらも考えないで計画を転がすわけがない。
>やるからには実現化してソレ相応のメリットを生み出す必要はあっても、今日明日中に答えを出す必要性はない。

トライアンドエラーを繰り返すには金と時間が必要で、中国はそれを揃える所
まで到達していない。カネかけて作って使ってみなければそもそもが間違いに
気づくのも遅れる。旧海軍のようにね。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 07:01:01 ID:J9VoU6nm
>それ以外の国はヘリ使うか陸上機使ってるぞ。

アメリカからも買えない、ロシアのように長距離哨戒機も無い、まして
CTOL空母というカネのかかるサイズなのにSTOBARなもんだからヘ
リにしなきゃならんという苦労を抱えるわけだ。

で、そもそもの保有目的が第一列島線を越えて第二列島線への勢力
の拡大なんだろ? そこでAEWもないかわいそうな子を使う気か?

空母の建造の試行錯誤、運用の試行錯誤、それで得たノウハウをドク
トリンまで纏め上げて、それが反映される空母が作れるとしたら、それ
は20年くらい先の話。日本としては眺めておくだけでいい。完成もして
いない空母以前に、今の任務を果たす定数を守るとかの方が重要だ
から。


302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 07:27:11 ID:foBNz84n
中国の空母建鑑に平行して、日本も対潜ヘリ空母4、次に防空空母4が整備されるだろうネ。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 09:21:04 ID:J9VoU6nm
>中国の空母建鑑に平行して、日本も対潜ヘリ空母4、次に防空空母4が整備されるだろうネ。

まず中国の空母のスペック、そもそもがドクトリンを把握しないと、
どんな脅威であるかの判定、そしてどーやって対処するのかとい
う手段の「選択」ができない。

その上で日本の国防方針として「大洋のど真ん中でも戦闘機を飛
ばす」という必要性でもなければ、空母は作られないネ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 09:30:04 ID:YTiPD6o0
>300,301
要約すればこんな感じかな。

中国は、おバカでおマヌケさん。
日本のすこし詳しい方にも気付ける程度の不安要素にも自ら突貫するピンクパンサーのクルーゾー警部のようです。
競争できるほどの拮抗した実力があるわけでもなく、今まで普通に回避し誤魔化し逃げてきたのに唐突に正面から米国と競争します。
あらゆる不足を華麗に見逃しあらゆる計画を強行し、なんでもかんでも即座に結果を出そうとして大失敗します。
もはや芸術的の一言です。
時間と金をかければ成功するかもしれませんが、中国はお間抜けさんだから、それほどの時間と金を準備してませんでした。
あらあら、回避不能な大失敗という結果が目の前に迫ってきてついに泣いちゃいましたよ。可哀想だけど仕方がないですね。
皆さんは事前の計画と準備に怠りのないように気をつけましょうね^^出来ないと思えば止める勇気も必要ですよ^^チャンチャン!

まあ、仮想敵国の中国がこの始末だから日本も安泰だな。安心したわ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 17:39:54 ID:J9VoU6nm
>>304
「んな間抜けなハズねーだろ」と続けたいんだろうけどサ。

修理は簡単とウクライナがゲロしたワリヤーグを放り出してるのが現状。
民間船でも主機の殆どを日韓からの輸入に頼っている。国内でライセン
ス生産した低速ディーゼルがあるのに、シェアは1割以下。
造船のトン数は多くても、自国で一からきちっと船舶というシステムを纏
め上げられるレベルに達していない。軍だって輸入品とライセンス頼みな
んだから。

ま、クルーゾー警部ほどお間抜けさんでないから、空母の話が出ちゃあ
消えてるわけだけど。2006年には「一番艦配備、記念式典」とか言ってた
しね。そういやこのときも「2番艦、3番艦は着工」とかあったな…。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 23:04:45 ID:5Rn2HNcY
中国海軍の高級将校が「大国の威信のために空母が必要」
とか電波飛ばしてたな

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 00:54:18 ID:iNnJqJL2
日本も天下り団体の廃止や無駄な公共工事、税金の無駄遣いを止めたら空母が何隻も造れそうだな。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 01:07:26 ID:6wg8jVm5
空母は明らかに外交用の金看板であって、実戦能力は既に時代遅れ。
そもそもアメリカの空母からして、日本レベルの海軍力を持つ国に対しは
実際の交戦能力がどれほどあるのかアメリカ軍人ですら疑問視している。

その建造、運用にかかった同じ費用で、こちらはその艦を50回は沈める事が出来るものが作れる。
国威発揚の意識に対しての警戒は必要だが、戦力としては大した脅威ではない。
むしろこの手の無駄使いは大歓迎だ。



309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 09:43:48 ID:yZoYuZRE
>>308
でも、一時代前に同じ役目を担っていた戦艦よりは汎用性があるな。
その後にのしてきた潜水艦と比べても、敵領土奥地への反復攻撃力とダメコン力においては優れているし。
潜水艦は一度弾道ミサイルを全弾打ち尽くしたらおしまいだし、ちょっとでも損害を受ければ最大無比の能力である隠密性を保てなくなる。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 10:25:33 ID:6wg8jVm5
>>309
攻撃力は確かにあるよね。
イラクみたいに湾岸戦争でまず航空戦力潰しといたみたいな相手には有効だろうね。
でも、イージスシステムの併用が出来ない空母なんて今の時代ただの海に浮かんだ鉄の棺桶でしょ。
艦載機が作った制空権だけが唯一の頼り。アウトレンジのミサイルの飽和攻撃に全くの無力。
潜水艦5・6隻が安全な位置から弾道ミサイル撃ちまくり。航空機で巡航ミサイル撃ちまくり。
防御方法はミサイル駆逐艦による旧式の防御システムと艦隊の全方位配置による艦載砲のみ。
空母を護る為に団子状に固まった相手陣形に海自大笑い。

戦闘開始一時間後には艦隊ごと海の藻くずになってるだろう。



311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 11:17:07 ID:7bnxs0Vk
>潜水艦5・6隻が安全な位置から弾道ミサイル撃ちまくり。

いや、対艦弾道ミサイルはないからw

それはともかくとして、空母保有と維持の最大のネックは、空母の単価、艦載機の単価、
それぞれの維持費というのもあるけど、究極的には「なぜ空母を建造するのか」と言う要
求の根源となる「海の上で使いたい飛行機」をどう調達するのかという部分にある。

「使いたいのはヘリだけ」であれば、まあお安いけど「陸上基地の戦闘機に対抗したい」と
か言い出したら、開発できる国は米仏くらい。その次でSTOBARで離陸重量が制限され
るロシアになる。開発できなきゃこれらのどっからか買え、ということになるけど、例えば
ハリアーの後継が欲しい、と思っても作っていなきゃ「よその開発した飛行機に合わせて」
空母をでかくしなけりゃいけない。ハリアーの「1万トン台でお手軽STOVL空母!」なんて
のはもうどっかに行っちゃって、使ってたイギリスを始め、イタリアもスペインも新規建造。
中国は空母のドンガラは手に入れたけど、艦載機がロシアの胸先三寸。30年前に原型
機が初飛行した戦闘機のライセンスで、いまだに鼻面引きずりまわされている。

JSFのおかげで安価な軽空母が消えた世界で、JSFのサイズに合わせて作った国は後
継機問題で頭を悩ますことになる。でかいが故に他の水上艦艇より長く使わなきゃなら
ないけど、F-35の寿命はそれより先に尽きるし、生産はそのもっと前に終わってる可能
性が高いのだから。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 12:39:57 ID:Sak+IRXY
>>311
空母なんかP−3Cのハープーンで一撃粉砕

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 17:55:38 ID:RcFZHSgi
しかし空母500隻による飽和攻撃の場合、400隻は失っても100隻残れば
戦争は優位に進展する気ーする。 400隻を消耗する過程で敵のほとんどを
壊滅できるだろう。
残りの100隻で、ワンサイドゲームだよ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 19:45:23 ID:6wg8jVm5
500・・・?
たとえにしても、もっと現実的な数字にしてくれ。
日本海が空母で埋まっちまうよ。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 00:17:07 ID:09PfPsnE
どうして中国はこんなことするんだろう?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 01:13:31 ID:1OTQdwbg
実際に中国の空母にたいした能力がなかったとして、

その空母が尖閣諸島に居座ったとしよう。
日本は中国の資源採掘(略奪?)を止められるか?
自衛隊は空母を攻撃できるのか?

増強しつつある海軍、ほぼ近代化された空軍。
台湾を武力制圧に乗り出したらどうなる?

本当に脅威は無いのか?

誰か俺を安心させてくれ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 02:42:18 ID:1AsuuzNB
戦争状態になれば指揮関連は滅茶苦茶になり、各々の士官の判断で攻撃。
個人の暴力性に依存します。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 03:43:04 ID:GgRLq3Ww
>>315

> どうして中国はこんなことするんだろう?

純粋な軍事的理由もさることながら国威発揚と外交カードでしょうな。
特に国民をまとめることには神経質な国だから。
わざと敵を作り国民の関心をそちらに向けたり五輪やロケットの有人宇宙飛行とか…
あれらは対外的というより自国民のプライドをくすぐることと関心をそちらに逸らすことに腐心しているという感じ。
日本にはその程度の砲艦外交なんて通用しないが脅威と感じる国(台湾とかインドシナの国々あたり)もあるだろう。

まぁ、やることがなんとなく前時代的で子供っぽくてあの国らしいw

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 05:48:36 ID:yBGftpPz
米国の最新鋭戦闘機(ステルス搭載)を日本が導入すれば中国の空母は破壊できる。

ってか、米国の最新鋭戦闘機(ステルス搭載)を日本が導入する予定の話をすると、中韓露と在日朝鮮人は『購入するな』など反発するんだ?

日本侵略の妨げになるからか?
それとも日本は、また驚異的な存在になるからか?

中韓露は近々日本を侵略しに来るんだろ?
そんな野蛮な蛆共から日本の防衛の為、米国の最新鋭戦闘機を導入するべき。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 06:20:37 ID:LL1aFQYi
>>316
空母を外洋に長期停泊させられる能力(国力=資金力=練度)を持ってるのは
世界でアメリカのみ。ただ浮かんでるだけに見えるが実際にはそうではない。

まず兵士のソフトパワーの問題が一番だろう。
エンジンは24時間かけっぱなしで、海流に対し常時誤差補正をしている。
碇を下ろしてしまうと魚雷や投下機雷の餌食だからだ。座礁や味方同士の衝突の危険もある。
もちろん、空母だけでは意味無いので、サイドに3〜6艦、後方に2艦の護衛艦隊、
最低2隻の潜水艦も戦術陣形のまま同一運動をし続けなければならない。
これはとても高度な技術と練度が要求される。豊富な経験と操艦ノウハウを持つ海軍国の軍ですら困難。
それを常に攻撃されるかもという危険の中で行なうのだ。技術以上に兵のメンタルの強さも要る。

次に資金の問題もある。アメリカ型の例だと
空母だけで5000人がフル稼働。さらに護衛艦隊でほぼ同数。
補給人員、整備兵、支援の空軍、空軍の為に必要な近くの国の空港と空港を護る駐屯陸軍。
それらが半年交替で動く。戦時下は交替時期は延長されるが,予備まで含め
空母一隻に対し、一年で延べ40000以上の兵力が稼働する。
それら兵士の人件費だけで莫大な金額になるし、補給物資も相当なものだ。
更に長期滞在して何もする事が無いと兵の士気に関わるので、連日訓練をする。
その費用も一度に数億かかる。更に本土の兵站部隊も戦時稼働しなければならない。

こうして見ると尖閣諸島に中国海軍が居座るのはほぼ不可能だろう。
逆にしてきた場合は、それはよほどの不退転の決意と自信を秘めて仕掛けてきたという事だ。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 07:23:51 ID:GgRLq3Ww
>>320
スレ違だがそういう意味では旧日本帝国海軍て凄かったんですな。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」で帝国海軍の繰艦技術について英国海軍に匹敵すると書いてあるがまんざら嘘ではないんだな。

>>319
バカなの?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 07:30:44 ID:IjI3ruzy
中国が空母を建鑑しても、日本がそれを取り込めばいいだけの話だ。
モンゴル族も満州族も、そのようにして漢民族を支配利用した。
アメリカの空母を利用するのと、同じ理屈だ。
最後に勝てば良い、それだけの話だ。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 08:04:45 ID:1AsuuzNB
空母出してきたら、潜水艦からアクティブソナーで何度も叩いてやれ。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 11:50:03 ID:1OTQdwbg
>>320
なるごど、軍隊同士のガチの戦いの場合、中途半端な空母は役に立たないというのは良く判った。

もっと日常的な舞台を考えてみよう。
320が冒頭に言った外交カードの具体例だ。

ソマリアの場合、ロケット弾を装備した程度の海賊が出ただけでシーレーンはズタズタになった。
ただ浮かんでいるのが精一杯の空母でも、民間船には脅威となる。
この場合、海上保安庁が手を出せない程度の武力で十分。

中国が部隊の展開を匂わせただけで、日本はシーレーンをカバーする部隊を展開しなければならなくなる。
空母機動部隊の広い行動範囲を、護衛艦でカバーしなければならない不利はどの程度か想像がつくだろうか。

実際に戦闘が起きたときのリスクより、戦闘に備えなければならないリスク。
こちらのほうが現実的だね。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 12:31:39 ID:IUzsQCLu
その不安心理煽って、中国とアメリカが日本から、金巻き上げる気だろ!

インド、東南アジア固めたら、中国のシーレーンは無くなり、内戦起きて、動けなくなる。中国理由に、何気に日本も軍拡してる?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 13:34:57 ID:Mf7NciC0
>>324
ソレ空母じゃなくて良いじゃん。ソマリアの例で考えても
最悪武装した漁師をあんな小さい漁船に乗せるだけで出来るわけで。
そこまで行かなくても高速商船を武装させる程度でも十分出来る。
そのような手段を取るほうが安上がりだし。

しかもそこまで来ると、既に開戦状態だろ。全国民に影響が出ることをするわけだ。
日本政府は「遺憾の意」で済ませたいだろうが国民の反応を考えれば政府与党にとっては自殺行為だな。
その状況では海自が出さざるを得ない、たかだか海賊退治に出せるのに中国海軍による通商破壊に海自が出れないわきゃーない。
そこまで来ると米軍も出ざるをえなくなるわな。日米も同様の手段を取る可能性もある。
まあ、そのほかにも中国にとっては笑えない事態に発展していくわな。
その状況では日米やそのお仲間国家は中国との経済関係を見直さなければならなくなる。
中国が今までしてこなかったのは気まぐれや空母がないからじゃない。

ただ、マジでされると日本独力では対応不能、外交努力に賭けるしかないのが実情だな。
米国はもちろん、海路の関係各国との連携が必須。
その上で海保海自を派遣したり人員を受け入れたりして各国のコーストガードや海軍の養成に手を貸す。
まあ、今やってることだが。

あの国の空母は、海軍の顔や象徴として箱入り娘のように扱われるんじゃないかな。
ある程度の安全が確保されてないと戦場には赴かんだろ。
もしくはそれでも派遣しないといけないほど切迫される事態。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/18(土) 18:59:19 ID:1AsuuzNB
まるで大和だな。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 00:40:21 ID:j2K9wUuB
大和兼長門って感じだな。
大和は隠匿されてたし、長門は連合艦隊旗艦で人気あったらしいし。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 00:48:53 ID:4HyBlH5m
じゃあそのうち「俺の嫁」とか言い出す奴も出てくるな。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 01:53:11 ID:e688+OMF
取りあえず戦略は、素直は駄目、敵のふりして中国と組む事も考え動く。アメリカの戦争による疲弊は凄いから、中国も今は、軍拡しやすいんだろ!

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 13:09:30 ID:J1H9US5M
??真多

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 13:29:57 ID:IphJh+Kc
日本は中国がこういうことをやってる間に海自の強化はもちろん、中国包囲網を
作っておけば何も問題ない。

第二次世界大戦当時じゃないんだから、何でも自国だけでやる必要はない。
逆に中国が自滅してくれる。
さらにチベット、東ウイグル、香港、内モンゴル、台湾を支援する。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 13:51:45 ID:5E+HKPFs
>>332
憲法9条がある限り日本は何処の国もも支援できないし同盟も結べない。
(アメリカだけは例外だが)

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 16:52:14 ID:Y54v/X4h
人民解放軍の8割を洗脳すれば、無問題。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/19(日) 22:28:06 ID:mAspCZWG
すでに共産政府が洗脳済み

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 00:20:01 ID:VQKvAwC7
アメリカの弱体化は同盟崩壊レベルに向かうだろう。
そのときに組むのは、中国かロシア。どちらがマシだろうか。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 00:48:39 ID:18kqWUgF
>>336
日本を中心とした極東連方が理想。

それはないか。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 01:33:37 ID:Lhi5Pwuv
中共はインド・ベトナム・台湾と周囲は敵ばかり
国内も分裂の危険を常に孕んでいる。

わざわざ憲法改正して、米国の代りに日本が音頭を取る…
メリットがあるのだろうか?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 01:49:35 ID:18kqWUgF
>>338
いや、米が駄目になったらという仮定だから

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 12:31:41 ID:QDqHTw+V
>>337
米国崩壊と言う前提ならソレは理想じゃない。
中国とさらに友好を深め、
中国と関係各国の友好を取り持ち、
中国を中心としたアジア版EUでも作る。


日本は影番として表の番長中国を操る。
トップはアメリカソ連中国みたいにどうしても嫌われるもんだ。
つかスレ違いもイイトコだなw

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 14:48:49 ID:u7PRRWCA


なりきんは個人も国もいい船、欲しがるだっ!




342 :かかって来い:2009/04/20(月) 14:57:04 ID:Z85WQ2P6
かかって来い
03-5875-5230

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/20(月) 22:01:53 ID:18kqWUgF
>>340
中共との同盟は理想と言うより、悪夢だな。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 03:07:31 ID:Wz8dVXUa
会社名 株式会社ライフリジョイス
英語表記 Life Rejoice Co., Ltd.
所在地 神奈川県横浜市港北区綱島台1-7
事業内容 健康食品の委託製造
代表取締役 白土 裕
資本金 1000万円
創業年度 平成18年4月
東京サポートセンター 03-5875-5230

>>342は何が言いたい?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 10:27:33 ID:smgNqCeE
>>344
>>342はいたずら電話させようとしたってことか。

346 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/04/21(火) 19:40:32 ID:JmeHq250
4月21日web・産経ニュースから

「中国のテレビや民間の軍事研究機関・漢和情報センター(本部・カナダ)などによると、
上海市の軍需造船会社「江南造船集団」が長江(揚子江)河口にある同社の長興島造船所で
中国初の国産空母建造に近く着工する予定であることが明らかになった。

中国は排水量5万トンから6万トン級の中型空母3隻体制を目指しており、
2015年ごろに就役させる予定でいる。」



347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 19:54:17 ID:lrNMBLF1
また、たかられる予感。
「日本は過去を真摯に反省し
 わが国の国防に協力するアル
 建造費、維持費の一部を負担するアル」

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 20:59:41 ID:/EapLjg7
日本は空母を持たない方が良いかもしれないよ
俺は空母よりも大多数の潜水艦を日本海に配備した方が利口だと思うね。

空母は戦争が起こらなくても維持費は莫大で、護衛がなければ動く鉄の標的

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 22:22:23 ID:T7822yk+
四つの護衛艦隊をつけるから大丈夫
早く空母「ヨコスカ」と空母「マイヅル」の就航キボン

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 22:27:43 ID:EjuzycD1
>>348
通常動力の潜水艦なんてパルプンテみたいなもんだぞ。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 22:30:06 ID:esmY58Aj
日本は、あっと驚く巨大潜水空母でどう?

ついでに、水中、空中戦闘機作るとか!

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 22:52:57 ID:xDbdXFqb
>中国は排水量5万トンから6万トン級の中型空母3隻体制を目指しており、

かなり現実的な選択をしてきたな。

そしてこれは同時に、
中共がアメリカに対抗して、太平洋の覇権を争う意志はない事をあらためて示している。
5〜6万トン級は威力外交用としてはインパクトが弱い。
実用本意であるが故に,用途は実用だけにほぼ限定される。
さしあたっての任務はインド洋、
アフリカ沿岸諸国に対する影響力増大の為の道具だろうな。

ただ、俺は近い将来中国とアメリカは軍事同盟を結ぶと確信している。
この空母は「その時」にむけた布石だと思ってるがね。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/21(火) 23:44:34 ID:Ijd7h2tU
差し当たって、中国の空母保有の真意が
台湾問題とシーレーンの確保に主眼を置いているなら
ヴァリャーグクラスの保有は理解出来る。

しかし米中同盟に発展する意義とは?

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 00:14:40 ID:IXp1HV2O
>>351
お前には「紺碧の艦隊」を勧めよう。

>>352
米中同盟か、中国的にはそんなに悪くないわな。
米国的にもアジアの安定のためには悪くはない。
とはいえ、同盟には中国の欧米諸国並みの標準化(民主化、人権、環境、その他諸々)は必須だろ。
同盟の実現はハードルが高い。
その前に崩壊してバラバラになる・・・と某専門家が言ってたから信じてたが、
同じく崩壊するはずの北朝鮮も元気なんだよな。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 20:57:44 ID:s6VrlWM9
華軍は世界有数の衛星技術によって着々とGPS「北斗」を構築しつつあるが
日軍は衛星技術がないのに衛星利権のためにボロい国産衛星に執着している(笑

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 21:21:18 ID:PicCyF2g
>355
ええ
あまりのボロさに
こないだなんて月まですっ飛んでいっちゃいましたよ。
宇宙圏ぎりぎりの高度で周回させられる中国の技術には遠く及びませんw

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/22(水) 22:43:33 ID:s6VrlWM9
だろ?
軍事技術じゃ三等国だわな日国は(笑

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 00:18:21 ID:CdEzOkye
まあ、中国が空母なら、日本は、ミクロで対抗したら?昆虫や鳥そっくりのロボット作って地味に攻撃も凄いと思う。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 07:24:15 ID:1GlrK4hp
女性自衛官で中国語ができるのは、人民解放軍
と交際させたらどうか?

中国発の空母に彼女らを、乗船させたらどうか?
綺麗な身体で帰れる保障は無いが、
話題づくりにもなって良いぞ。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 08:12:35 ID:2We/+pYM
>>357その高度な技術のお陰で、人民は相変わらず貧しい人が沢山いると
旧ソ連とやってる事はあんま、変わんねーだろ
民衆弾圧、搾取しすぎ

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 16:57:28 ID:pRw8S8AL
>352
>俺は近い将来中国とアメリカは軍事同盟を結ぶと確信している。
>この空母は「その時」にむけた布石だと思ってるがね。

空母保有が軍事同盟を結ぶ為の布石に何故なるのか詳しくorz.
米と軍事同盟の締結を目指すのならむしろ空母や弾道弾の保有は邪魔になるような
気がするのだが。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 18:22:28 ID:0nfCdxe6
>>361

10年後の中国が世界最強の陸軍国になるのはもう間違い無い。
装備は刷新され、昔みたいな人海戦術から少数精鋭方式に軍制改革も進んでる。
こちらの分野でアメに対し強気に出るだろう。
しかし、海軍は話にならないほど能力が隔絶している。
特殊な技能や連続したノウハウの蓄積がもろに結果に結びつくこの分野は金をかければ何とかなるというものではないからね。

なので、彼らが狙っているのは、現状の日本のポジション。つまり、アメリカ太平洋艦隊の補佐機能。

そして真の狙いは沖縄軍港の合法的な租借だと思う。
今、台湾・日本と戦争する事は彼らにとっても政治・経済両面で命取りの行為になる。
それはアメリカにとっても事情は同じだ。
しかし、沖縄をアメリカと共同管理すれば、事実上、日本、韓国、台湾は戦わずして堕ちたと同じだからね。
中国の東洋支配第一段階がここで完了する。
そしてソレをアメリカはもうのまざるを得ない。
アメリカはもう太平洋艦隊を維持できないからね。一時グアムまで引くという話すら出た程,財政は厳しい。
現状は中国が買ってくれているアメリカ国債が頼み。実質、太平洋艦隊の維持費は中国が出しているようなものだ。

アメリカ側の思惑は同盟により中国本土に軍港を借りることで実質的な軍事支配権を拡大し
その維持費を日中両国に出させる事だろう。
今回の中型空母は、その時にまでに日本に対し海軍力で日本に追いついておこうという
彼らの意志表示であるとともに,牽制の役目も担っている。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 19:01:41 ID:0nfCdxe6
一応追加

俺たち日本人は海と言えば太平洋の事を思い浮かべるが、世界で今一番重要な海はインド洋。
そしてその沿岸諸国に対して最も影響力を持ってるのが中国。
武器も商取引も投資も、ドコも中国だのみ。
アメリカが妥協し、太平洋艦隊の削減を検討して、インド洋増強をしてるのもその為。
ほぼ使い道の無い太平洋の半分は中国にくれてやるから、インド洋の果実をとれ、という事ではなかろうか。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/23(木) 23:58:56 ID:8MlUwaqV
単純に日米に対抗する以上に空母の保有目的がある、とは思っていたが
中国の究極的な真意が、日中の国際的立場の入れ替わりとはね

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 01:52:53 ID:eLjNYEdy
>>63
違う違う。

自衛隊相手にマジにやって沈められてしまったから、
次からそういうことにしたんだよ。
「あの時も実はわざと沈められてあげたんです。
 同盟国へのプレゼントだったんですよ」と言うためにね。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 01:56:16 ID:eLjNYEdy
>>74
奴隷の平和は要らない。
そういうのは頭の中がお花畑の、十代にありがちな発想。

大人は戦争の悲惨さを十分認識した上で、それでも国防は
必要だと考える。最悪の事態を想定する、というのはどんな
局面でも常に必要なことだから。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 02:41:23 ID:lfVRGfc3
ロシアと中国はどちらが強いの?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 03:07:13 ID:+6gEPN4t
>>365
お花畑の十代乙

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 05:52:39 ID:3X5Bb8dB
なんかまたすごい遅レスだなw

370 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/04/24(金) 15:58:35 ID:EFtyk6Lp

 中国海軍 ”観艦式”

 原潜2隻も参加 !

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090423/chn0904231827004-n1.htm

371 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/04/24(金) 16:00:46 ID:EFtyk6Lp

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090418/chn0904180107000-n1.htm

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/25(土) 02:49:41 ID:4nLhWwp7
今の中国はフィリピンと戦争しても勝てない。
スプラトリーでは航空戦力が届かない中国海軍はフィリピン空軍によって壊滅する。
オリンピックの成功などで民衆の大国としての期待値が高いから、軍事的失態は直接内政に影響する。
だから空母は必須だ。ただし過去30年にわたって空母を作り続けているロシアでさえまともな機動部隊は持っていない。
実用的な空母運用ができるのはアメリカだけで、ロシアの空母は事実上のスクラップだ。キエフ、ミンスクだね。
中国が空母を持ったところで運用できない。ロシアでさえできていない。
だから日本はロシアの空母を脅威と見なしていない。中国の空母!どうぞ作ってください。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/25(土) 04:26:27 ID:By1R4OQq
…なんだ、この突っ込みどころだらけの電波は?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/25(土) 16:55:28 ID:HQwXRNGB
イギリス空母はまだまともだろ

375 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/04/26(日) 21:04:42 ID:6FyADCrH

世界の空母
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%A9%BA%E6%AF%8D

376 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/04/26(日) 21:07:01 ID:6FyADCrH

戦艦 ”大和”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/26(日) 21:11:22 ID:uFkBr9RU

空母「赤城」
http://janboo.net/pr_akagi.htm


378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/27(月) 11:18:30 ID:Sdky4QeD
アメリカ(白エテ公ども)独裁じゃまずいから、アジアの中国がんがれ。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 01:48:17 ID:bZAyy4sI
日本は、アメリカや中国に吸い上げられる前に、空中補給システム作るべき!

給油だけでなく、兵器の補給出来れば、戦闘空域に長く留まれ、起動力も船より数段上!得意のロボット技術いかせ!

出来れば無人機が理想!

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 02:12:48 ID:/GWs49Bj
世界連邦ができた暁には、大陸棚固定資産税と、地下資源保有税の莫大な課税
により、むしろ資産保有による逆資産貧乏が起きるので、領土の獲得は国家とし
ての意味がなくなる。つまり、有効活用をして始めて、税金を上納できるのであ
るから、領土の保有はむしろハンデイとなるのだ。そういう意味では、軍事保有
税を課税されると、ますます不利となるのだ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 04:11:09 ID:q52C7APW
大和カッコイイ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 13:37:08 ID:bZAyy4sI
日本は、空中艦隊構想で行こう、イージス機と補給機、などで、反復、長時間制圧可能にする!

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 14:49:45 ID:L/frA30L
日本が目指すべきは戦力の無人化。
歩兵の機械化、航空機の無人化・小型化を押し進め、
無人攻撃機200機編隊の同時制御技術の開発に専念すべき。

かつてガレー船で地中海の覇者となったべネチアは、
やがて海軍後進国のオスマントルコに徐々に圧倒され、最後は会戦には勝利するものの
キプロスを失い、スペインにも見放され衰退した。
べネチアは日本と共通点が多い。
このままでは日本はべネチアと同じ運命を辿るだろう。
今は全力で次世代のハードを開発すべきとき。
最大の仮想敵国が空母という時代錯誤の兵器にうつつを抜かして
子供のように嬉々としているのを僥倖だと思うべきだ。



384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 15:05:41 ID:2ZQg37y6
自動車みたく空母も棺桶みたいなもんじゃねえのか?出来ても

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/28(火) 19:36:27 ID:ovPa8kaI
>>378
チベットや、ウィグルみたいになりたいか!
考えて物を言え!
学校で勉強してきたか?


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 04:49:20 ID:da20tFEq
インディアンみたいに成りたいか?とも言える。天安門事件見れば、どちらも同じだが、アメリカ分割統治も、考える時代かもよ!

戦争しすぎだアメリカは!

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 11:34:32 ID:AWKhiAQu
>>383あれは、トルコの人海戦術の飽和攻撃に、敗れ去ったのでは?
人口比率は多分100倍はあったんじゃないか?

それでも最後まで質はベネチアの方が高かったけどね

それとベネチアは負けてないよ


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 13:04:14 ID:mhEmYGxt
>>387
いや、だから会戦には勝利したと書いてるが?
べネチアのガレー船は当時としては画期的な大砲まで装備してたからな。

だがまさに387の言う通りで、べネチアは人海戦術に負けた。
一度堕ちたキプロスを取り戻す陸軍を持ってなかった。
その後和平会談で、トルコは負けてひげを、べネチアは勝って腕を失ったと笑われた。

今、自衛隊と人民軍が戦えば100%日本が戦闘そのものには勝利するだろうが、
一度どこかの拠点を失えば、二度と帰ってこないだろう。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 13:17:01 ID:AWKhiAQu
>>388ガレアッツア

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 14:10:59 ID:mhEmYGxt
ん?
ガレアス船じゃ無くても大砲は積んでたはずだが・・・・おれの記憶違いだったかな?

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 14:12:26 ID:AWKhiAQu
>>390


392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 14:16:16 ID:AWKhiAQu
>>390いや 個人的に好きな船だから、名前出しただけ

しかし、あの時代のベネチアは魅力的な国だね
人的資源に乏しい分、必死に技術力と政治、経済でカバーしよとした
陸はほぼ傭兵頼みだったらしいが、海軍だけは自国民で構成してたとか

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 20:53:54 ID:tvUqI7/O
>>388
禿げ同、ってか目から鱗だわ。
自演ちゃうぞ。
でもそれと兵器の無人化と、どう繋がんの?。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 21:22:27 ID:ZGJ/IuiZ
中国とアメリカが駄目なら間をとって韓国が世界のリーダーになるというのはどうかな?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 21:56:55 ID:MytCq0hi
GPSの恩恵があれば運用できるだろうが、ECM下での運用は、難しいのでは?

すなわち…艦隊を組んだら衝突とかやらかしそう

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 00:29:59 ID:f3Yvu0M+
日本の市場がガラパゴスと呼ばれてるように、先鋭化は退化に似る。

べネチアのガレー船は確かに最強だったが、袋小路に入っていた。
地中海航路の防衛ばかり気にして、時代が変わった事に気づいていなかった。
喜望峰周りの航路が発見され、船の最先端は既にガレー船ではなく外洋帆船になっていた。

結局は戦いはハードが決める。人海であったり、新兵器であったり。
既存の兵器の熟成、少数精鋭は諸刃の刃。日本は今その轍を踏みつつある。

日本は人件費が防衛費の多くを占める。
イージスやステルスに特化するのはそこそこに、原点に返って安価な物量攻撃という選択を再評価すべきだ。
無人機は初めは高価だろうが、よいAIさえできれば直ぐに大量生産が可能になるだろう。


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 02:07:30 ID:XW9nKVGW
自衛隊は、少数精鋭という選択肢を選ばざるをえないからソレを選択しているだけなんだが。
大体、防衛予算が少ないから選択しているのに、安価でそこそこ高性能な無人機の開発や配備なんぞ夢のまた夢だろ。
少子高齢化でいずれ無人化省力化は命題になるだろうけど。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 10:50:59 ID:UzV/vm0t
空母より、時代遅れの戦艦保有を目指すほうが中国らしいのに。

この国、日本も空母保有するって言ったら反日ライター瞬間着火だろな。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/30(木) 20:18:38 ID:48wGX66I
http://same.ula.cc/test/r.so/tsushima.2ch.net/news/1241086238/1-?guid=ON
空母どこじゃないだろ
いずれ崩壊するぞ
ソ連のように

400 :400:2009/05/01(金) 17:30:54 ID:BR0830pw
400Get

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/01(金) 18:01:14 ID:5PPMQiw4
>>394
寝たまま書き込みができるなんてすごいな。寝言の内容は賛成できないが尊敬するよ。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 01:40:58 ID:OkAtcs/G
結局、空母よりウイルスの方が強くて、相手に莫大な人員と金を遣わすのが暴露された。

中国軍は、手洗いから教えないと!

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/05(火) 22:34:09 ID:2WQXKGUw
中国は自分より弱いものとしか戦えない。
弱いと思って張り切って侵略しようとしたベトナム相手でも、強いと分かってからは
泣きながら戦って負けた。(悪名高い中越戦争)
空母持ったって無駄だ。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 05:22:14 ID:3W383iLh
>>394
>韓国が世界のリーダーになるというのはどうかな?
大賛成!韓国はリーダーの資質がある。
ただ、リーダーになるには軍事力も必要。まずは軍事費を現在の10倍に増やしてだな・・・


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 08:32:48 ID:LtCha+ZD
>>403

ああ! ベトナムはベトナム戦争が終わって間もないから実戦経験が豊富
、それに対して中国は大文化革命で屁理屈しかしらない戦術を
使ったためにコテンパンにやられたとか。


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 10:47:30 ID:gSfGYp3j
>>405
日清戦争でも、圧倒的優位にもかかわらず敗北。
日本は戦艦0巡洋艦5(戦力24万)、清国は戦艦2巡洋艦8(戦力64万)
なんで負ける??????

[日本海軍 聯合艦隊]
第一遊撃隊
巡洋艦「吉野」(旗艦)
巡洋艦「高千穂」
巡洋艦「秋津洲」
巡洋艦「浪速」

本隊
海防艦「松島」(旗艦)
巡洋艦「千代田」
海防艦「厳島」
海防艦「橋立」
海防艦「比叡」
海防艦「扶桑」

別動隊
砲艦「赤城」
仮装巡洋艦「西京丸」


[清国海軍 北洋艦隊]
本隊
戦艦「定遠」(旗艦)
戦艦「鎮遠」
巡洋艦「来遠」
巡洋艦「経遠」
巡洋艦「済遠」
巡洋艦「靖遠」
巡洋艦「致遠」
巡洋艦「超勇」
巡洋艦「揚威」
巡洋艦「広甲」

別動隊
海防艦「平遠」
海防艦「広丙」
水雷艇「福龍」
水雷艇「第一号」

(弱すぎて)天下無双の艦隊ww 空母持ったって無駄。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 10:50:37 ID:n/VlE1/t

中国が空母を完成させたら どうなるか?

簡単です。 中国はおめでたいロシアと異なり、覇権国家の意思が益々強くなるでしょう。
その時、日本海、東シナ海、西太平洋は全て中国の領海となり、日本は手も足も出なくなるでしょうね。

そしてアメリカにも見捨てられ手遅れ、滅亡国家日本だけがしょんぼりと居る。
その時は公明党の責任者で、中国、朝鮮大好きの教祖はこの世に「いない」のだ。

中国の実質的な属国となり、中国人が大量流入して、チベット化してもう終わり。
それでも公明党を応援しますか? 

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 12:28:36 ID:ejuskmS1
米国以外が空母を保有しても無駄だ。
米国は世界各地に軍事基地を持ち、寄港できる友好国が多い。
そうゆう環境を持つ唯一の超大国だから空母が有効な戦力となる。
その他の国では空母の有効な運用は無理。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/06(水) 20:17:51 ID:2wlw2jIl
台湾、東南アジアと、そこにシーレーン依存してる日本への圧力用でしょ。
少なくともアメリカ海軍が健在な内は。

インドが持つから負けらんないってのもあるかもねw

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 06:36:48 ID:WQCEtAKA
まあ、一言で言えば見栄だな。あの国は見栄っぱりだからw
軍事的効果なんざ正確に分析もできねーだろ。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 09:00:19 ID:IMKso+12
空母は海軍の予算を奪う米泥棒だ。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 12:42:30 ID:yLUOJAqV
>>406
たしか戦艦二隻は日本に接収されて日本艦隊に編入されたんだよな?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 12:49:49 ID:I0PjZxpb
>>412
戦後に戦利艦として日本海軍に編入された

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 18:20:19 ID:uHI8dC8s
>>406
艦隊戦も考慮に入れて建造された日本の巡洋艦は、
単純にフリゲート的な役割の中国の巡洋艦よりもかなり強力だと聞いた

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 21:05:59 ID:jv3NkHXz
>>414
かなり強力ってほどでも無いと思う。
日本の旗艦吉野 15cm単装砲 4門 12cm単装砲 8門 47mm単装砲 22門 36cm魚雷発射管 5門
清国の巡洋艦・致遠 21cm連装砲1基+同単装砲1基、15cm単装砲2基、57mm単装砲8基、37mmガトリング砲6基、45.7cm水上魚雷発射管4基

主砲は日本が4(15cm)、清国は3 (21cm)
清国は日本に無いマシンガンを6基も装備してるじゃん

てゆうか、むしろ強いように見えるww

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 21:56:52 ID:vxBLIu27
>>413
定遠は沈んだから編入されたのは一隻だけ。

当時の戦艦の主砲は命中率が低すぎて砲戦には役に立たなかったみたいよ。たったの一門だし。
敵が航行不能になってからのトドメ用かハッタリ用程度の意味しか無かったと物の本で読んだ。
その本によると日本の勝因は速度(日本の艦のが速かった)と中口径砲の速射性(これも日本が勝っていた)らしい。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/07(木) 23:39:18 ID:EQs2YHUO
カネは清のほうが断然持っていたが、水兵を訓練して艦隊に仕立てるという
点でまったく才能が無かった。大砲の砲身を洗濯竿にして服を干しているよ
うな連中に負けるわけが無いだろう、とは当時の高級士官の言葉。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/08(金) 02:52:38 ID:NXHxayql
中国人は気が荒いから一見優秀な兵士になる気がするんだが、逆なんだよな。
我が強すぎて軍隊という規律に則った行動が苦手。
船は規律が全て。だから中華の水軍は伝統的に弱い。



419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 02:07:45 ID:Zwe54Hwu
あの当時の日本の主要艦は主砲が船体に比して大きくて実戦では使えなかったとか。

まあそれでも勝っちゃうんだけどね(笑)

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/09(土) 02:56:15 ID:lr0YhCJ3
>あの当時の日本の主要艦は主砲が船体に比して大きくて実戦では使えなかったとか。

そりゃフランス人の思い付きを日本のカネで試した三景艦だけだろ。

(笑)をやる前に少しはググれ、恥さらしが。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 14:18:17 ID:vOIF3N2Q
>>418
残虐なだけで、本当の殺し合いになるとチキンで有名

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 22:52:13 ID:Gqeszabg
>>418
水軍が弱いのは歴史的に陸戦ばっかりやってきたからだと思うが。
日本だと狭い上に陸は山が多いから海を通る利点も軍事的にあったが、
中国だとそれでも陸路を通ったほうが早いし。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/18(月) 23:45:46 ID:57qV9Hs6
戦争ってのは、殺し合いはほんの一部。

寸断された道路を通って味方に連絡つけたり、土砂降りの中橋を作ったり、燃える船の中で排水作業に従事したり。
飲まず食わずで何日も行軍したり。
グチャグチャニ破壊された街で消火活動しながら、被災者の救助と住民の誘導、衛生、食料、住居、通信、交通...etcの確保

非常に日本人的な能力を必要とするのよ。
中国人は戦争するにはマゾっ気が足りない。


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 02:25:45 ID:4CLHfsl3
>>422
いや、水軍が発達してたのは中国の方。

日本は信じられん話だが戦国期まで専用の軍船は無かった。
ようするに漁船や商戦を徴用してたが古代の日本水軍はそれでも強かった。
歴史的惨敗の白江村の会戦も結果こそアレだが、2年も敵地深くで戦い続け、
巨大な鉄鋼艦まで有する中国海軍と互角以上に渡り合っていたのだから。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 04:08:17 ID:dsQEXK6G
中国の目標はアメリカをアジアから追い出し、地域覇権を確立すること

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/19(火) 10:03:41 ID:42vVfveD
>>422
>>424も言ってるが、日本のが水軍が弱かった。
秀吉の朝鮮征伐の折に、陸では連戦連勝だった日本軍が
中国の水軍に負けて補給を断たれ、餓死者が沢山出るなど被害甚大だった。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 19:55:03 ID:UTrwuS+d
歴史を知ることも大切だとは思うけどね。
個々の主張に都合のいいエピソードを
見つけてきて貼る、というのはどうかと思う。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/21(木) 21:04:41 ID:OerQpPJd
>>424あの安宅船っていうのも、戦国末期に現れたんだっけ?


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 08:57:21 ID:oKxQNbPv
鉛毒が広がって、シナの魚は全滅。その魚を食ってチャンコロ脂肪。ざまぁw

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 09:17:58 ID:KS54XMwa
【軍事】 中国がコピー兵器を続々生産し販売〜ロシア激怒、両国間の知的財産権保護協定締結 [05/21]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1242906652/

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 09:51:14 ID:x05DFAq4
破壊法ってそんなにすごいのか

うーむ一言で説明すればだ自分たちの周りのある物質を見てみれば
動物やプラスチックや資源 鉄 木といった固形物 電気 空気のような無形物 数式や符号のような思想物
人為的に作られた添加物やプロトニウムだいたいこのぐらいで形成されるのだ

だが破壊法はこのどれにもあてはまらない物質なわけだな
固形物はもちろん地球外飛び出すことはない人為的に移動しない限りは
電気や空気も状況や引力によって発生する条件を定められている
数式や符号のような思想も使えるような人材を育てるのに大変手間がかかる
プロトニウムや添加物は毒性が強く感染的ではあるが一兆一夕には作ることができない

だが破壊法にはその隔たりがない
どこにでも発生するのだいやすでに発生しているとも言える
すなわち破壊法はどこにでも存在できるわけだ
水中 国 惑星 無重力間 あるいは次元 時代 あらゆるところに破壊法は浸透するあっと言う間に

これは第五の物質だよわかるかね?電気信号のようにはるかかなたの人々とつながることができる
世界を進化させるに値するエネルギー資源だよ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 13:47:32 ID:tOY+SzC5
>>406
日清戦争の清国惨敗は、清が元々女真族の国家で、中国古来から続く漢民族を侵略した連中だったから。
更に長期政権の弊害で政治が腐りきっていた。

その為兵卒は異常に士気が低く、砦を死守するなんて気概の有る兵は殆ど居なかった。
一方日本は明治維新間もなく、政治形態が新鋭で士気は最高潮。この違いが濃厚に出た。
なので今の中国にはその比較は当てはまらんよ。

・・・とも思うけど、中国は内外に問題抱えすぎだしなぁ。漢民族でも、士気は相変わらず低いかも知れんw

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 15:21:50 ID:3bCfOO4a
「静香サン、サヤウナラ。骨皮ハ、ハコレカラ、沖縄ニ向ッテ出撃シマス。」

                          , -┴─- 、
                        /        \  っ
           _       __  ( (\       ヽ   っ
  _─── ̄ ̄ <        |   |  ー|ヽ ヽ       i
 |   ____ <       |   |    |)|  |        !
 |   __| / /⌒ヽ!  ̄         |   |- 、 /ー′||)_      / ̄ `ヽ
 | (   | ・ |         |   ⊂、 !    | \ へ /ヽ、  ┌゙
 ̄` ヽ   ヽ_ !o_        |   |ー 、\   |  ヽ (      ̄
     \  __/        ̄ ̄    \ ` ー,ヽ|ヽ! ̄`\   「すね夫サン、見事、敵空母ヲ撃沈シテキクダサイ!!」
      \\   ∩              \/⌒ヽ     i
        ヽ_/ ー ,             /   /|     |     
         ヽ   三ノ            /  /_ノ       ヽ、
            |  ̄ヽ)             /  / \     __`ヽ、
          |                /  /   |  / ̄   ヽ ̄ヽ
        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     ⊂⌒  /   | /        ノ   ノ
         ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      /   |    | / ´⌒ ヽ_//_/
            |            (_/ / /U     ||     | /
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\   `          |    | /    __
.       .` ┬       ′            .|    l,-,──/ /⌒ヽ
        //^ヽ                    / |     /    | |___|
       / |  |                   /  ヽ、__|__.| |   |


ついに、複葉機まで特攻出撃。


のび太の少年航空兵
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1243230803/

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 20:04:25 ID:xffb12pB
中国海軍の運用力では単なる大きな的でしかない。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 20:08:54 ID:u73zaAbO
>>432
今の「人民解放軍」も法律上、国軍ではなく共産党の私軍だからな。
軍の実態が市民軍でなく、軍閥に過ぎないのはあの地域の伝統なのかも知れない。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/25(月) 22:02:44 ID:zp8+rHTU
>>435
地域の伝統じゃなくて、でかい上に人が多すぎるからだよ。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 00:12:41 ID:KhM2c4JC
未だに眠れる獅子なんて事は無いだろう

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 10:06:46 ID:OaX5+Kyv
とっくに起きてる獅子だわな。
ただ家族をまとめきれてない雄ライオンってかんじだが・・・ 

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 23:22:29 ID:iUmTnsA7
>>437-438
甘い!
残虐さと逃げ足だけが取り得の体質は、数千年前から北方民族と争っていた時代からの伝統だ。
モンゴル人留学生とかから話を聞いてみろや。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 02:46:21 ID:pF8ubKs5
金とか元とか清とかは征服王朝だな。隋唐の前もそうか。
中国は漢民族の国って言うが、歴史的に見て漢民族が支配権握った事って少ないよな・・・

だから朱子学の土壌が生まれた訳か。
「くそー俺っちの土地を奪いやがっていつか見てろこの夷!」
とか言いながら代々歴代の征服王朝に仕えていた漢民族。

「いやーあんさんの民族は強いッスねーハッハッハー!」と媚び売りつつ、
裏で「我が漢民族こそ世界の中心!他の民族はみな夷!」。

そしてイザ漢民族が主導権を握ると「俺たちが世界の中心だ!」と言って各地を威圧しまくり。

なんだか中国って今も昔も変わらんな・・・

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 07:50:15 ID:QOdw/C82
>>440
少なくねーよ。
それ以外の王朝がいったいいくつあると思ってんだ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 10:42:05 ID:yN1TI02/
というか中国は侵略して侵略されての歴史だから混血が進みに進んで、
純粋な漢民族てのはもはや居ないってのが現状なんだよな。

というか三国志時代から既にばらばらだったし。

陵辱され続けの歴史を、漢民族というもはや実体の無い観念的な言葉にすがる事で、
乗り越えてきたんだろうl。

443 :御国憂危男:2009/05/28(木) 11:31:12 ID:8wk3fe1l
机上の空論ばかりで情けない、中国に対抗するには国民の関心だ平和ボケの官僚や政治家には無理だ。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 11:59:47 ID:JWfRjKnz
日本は原潜と核で対抗するしかない

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/28(木) 19:23:54 ID:QOdw/C82
>>442
なにを持って「漢民族」とするんだ?
それを言ったら日本人だって渡来人や北方系、南方系と混血が進んでて、
純粋な初期大和王朝の山と民族なんてもはやいないぞ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 03:03:32 ID:k5G0yow/
お前はまず国語の偏差値を40に上げような。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/29(金) 22:53:29 ID:gc1cbDjG
>>443
国民の関心が外に向かう時期と中に向かう時期は交互にやってきて、ある一定のパターンがあるのさ。
中に向かう時期には総じて国民全体が無気力になるが、文化が花開き爛熟する。
この現象は洋の東西を問わず全ての国に当てはまるんだよ。

日本は今まさにその無気力時代に突入し、中国は逆に外に向けての旺盛な自己顕示時代にはいった。
隣り合った国がこの関係に陥ると、彼我の実力差を超えて、無気力側が必ず征服されるという法則がある。
ビザンチン帝国とトルコ、西ローマとフランク、女真族と明、大内氏と毛利・・枚挙にいとまが無い。

そして中国の最大の隣国であるアメリカもまた、長い自己顕示時代を終え、
日本と同じ無関心時代に入ったとみていいだろう。
この先世界がどう動くかは、長い人類の歴史がすでに証明を終えている。




448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 00:08:13 ID:FWbJtvI0
安心しろ 日本には空母より強力な9条がある

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 06:10:51 ID:N2rdlW6A
そもそも、機動艦隊をまともに運用できるのかねチャンコロは?

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 10:54:37 ID:8rgMIHCj
>この現象は洋の東西を問わず全ての国に当てはまるんだよ。

あー、いるなー、俺法則持ち出すバカって。

>日本は今まさにその無気力時代に突入し、中国は逆に外に向けての旺盛な自己顕示時代にはいった。

中華という思想そのものが自己顕示欲の塊だし、それで外に向かわなかったのではなく実力が
たりなかっただけ。日本が無気力というのを経済成長ではかったところで、アメリカ同様に世界
規模の経済の中でしか国家を維持できない故に、その序列を破壊したいと思った国とは戦う以外
の方策は無い。

>この先世界がどう動くかは、長い人類の歴史がすでに証明を終えている。

宇宙でワーテルローやってる銀英伝とか大好きだろ、お前。

451 :名無しさん@お腹いっぱい:2009/05/31(日) 03:00:13 ID:ZNLRV5Oi
さて 空母が完成したらですが士気があがり挑発的に
行動するだろうね、調子扱いて日本の民間船を倫見じゃの拿捕
に発展するよ必ずね 

ソコデ日本の原潜から発射された1000Km射程の巡航ミサイル2発
ぶち込まれて沈没されたのを見て完成間もない2号館は港を出れないんだよ。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/31(日) 13:42:07 ID:SFR+oo3K
>>1
空母を中心にした機動艦隊をどう使うか、航空兵力をどこで運用するのかを考えたらあまり出番は無いと思う。

いや、あるとは思うが米軍と同じ海域にノコノコ出向くだろうか。

あるいは強力な航空兵力の及ぶ海域も同様だろう。

お互いに空母沈めあった日米軍の前で示威行動する気があればやってみればいいのだが高くつくのじゃないか?



453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/31(日) 18:05:16 ID:iHcpNHsy

天下り用の予算12兆円の35%。4兆2000億円を毎年「核ミサイル」「空母」「戦闘爆撃機」の投入せよ。
自国の防衛は自国でせよ!  何時まで他国(米国)に御すがりする?  オンブにダッコにカタグルマだ。
情けないだろうが。 それにコロコロ方針が変わる‘米国’は全く当てにならないのだ。

近未来に中国と戦争の時、米国に跳んでくる中国核ミサイルの危険を冒してまで、日本を守ると思う方が異常だ。
中国の核ミサイル数発で、日本は消滅なのだ。 お分かりか? 偶発戦争でも同じだ!

自国民を数千万人殺しても何とも思わない「人権弾圧・軍事・一党独裁国家」なのだ。 
日本のように何を決定するのにも、時間がかかる「民主国家」ではないのだ。
軍部と共産党の決定で、即実行なのだよ!

この覇権国家を、名誉教授、市民証、○○会員証が欲しいために、文化大恩の国などと
日本国民を惑わし続ける‘宗教団体の教祖’の言葉を決して日本国民は信じてはならない。
 宗教屋は、決して責任はとらないし、とれないのだ。  騙されるな! 騙されるな!

ここの会員は大変だ! 365日24時間 教祖と本部職員のため、身体とお金を貢ぎ続けるのだ。
この様な者を信じると 日本は確実に滅亡する。 滅亡してからでは遅いのだ。


454 :447:2009/06/01(月) 02:39:19 ID:Rqh4s/h1
>>450
>あー、いるなー、俺法則持ち出すバカって。

・・・いや、普通に循環論の基本理念・・・・俺理論どころかむしろ古典だろ。
そんな古くさい理論持ち出すなよという突っ込みを期待したのに。

銀英伝は昔漫画でちょっと読んだだけだから、何を言いたいのかよく解らん。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 20:17:14 ID:Yl072/db
公明の反対で
巡航ミサイル導入が見送られたんじゃなかったっけ?

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/02(火) 17:30:15 ID:g+9Yv02m
>>454
歴史は流転じゃなくて螺旋じゃねーかなー。
そもそも征服ってのは今後起きないんじゃないかな。

征服ってのは領土拡張・市場開拓・資源獲得の3つの理由で行われるが、
これだけ世界的に市場経済が発達すると、征服って政治的行動は時代とズレてる気がする。
敵を作るばかりでメリットが無い。

経済とか政治とかでの征服したされたは今後起こるだろうが、
少なくとも古代〜中世〜近代レベルの征服ってのは、よほど世界が後退しない限り起きないと思う。

とてつもない国力を持ちながら、民族的に時代に取り残されて、後で遅れを挽回する為に拡大政策を取ったのは近代ロシアだが、
そういう意味では中国も似てはいるが、近代ならともかく、現代なら中国は近隣諸国の征服はしないだろう。
チベットは征服とは言えないし・・・

するとしたら軍事力を背景にした政治・経済介入くらいか。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 00:24:10 ID:D8NutZhA
http://www.bing.com/maps/default.aspx?v=2&FORM=LMLTCP&cp=34.649268~109.248412&style=h&lvl=17&tilt=-90&dir=0&alt=-1000&phx=0&phy=0&phscl=1&encType=1

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/03(水) 19:48:44 ID:pYnwXV3J
http://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/125/451/html/kuubo05.jpg.html

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    敵艦載機の攻撃圏外から先制攻撃を
      \      ` ⌒ ´  ,/   行えば、この作戦は必ず成功する!
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 07:51:56 ID:ioTxw5K+
>>456
おもしろいね
もっとも戦争なんて「あいつ気にくわねー」でスタートが大半
隣の半島なんて統一戦争ほったらかしで反日反米に熱心だ。
中国が何もしないというのはどうかな?
そんな太平楽な国には見えん。



460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/04(木) 12:38:34 ID:O8vkKc54
>>456の最後の行じゃないのか?
軍事力を背景とした政治介入だろう。

占領なんて今の時代、金はかかるし敵は作るしでやってらんないと思う。


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/05(金) 13:14:30 ID:+Z7uQAI7
google mapで大連港みると空母らしいのがあるんだが、
これがロシアから買ったやつなのかな?

ttp://www.panoramio.com/photo/16911969

建造中のやつはどこで作ってるんだろう。


462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/07(日) 02:31:36 ID:Qg+RmN2y
>建造中のやつはどこで作ってるんだろう。

まだ造船所さえ正式には決まっていない。
ちなみに「作るだろう」といわれている造船所は、たしかにでかいドックを新設したが
その建造費は借金なので、ドックの着工前から船の注文をとっていて向こう数年は
予定が埋まっている。

マジにどこでいつから作るつもりだと聞きたくなる。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/07(日) 18:43:12 ID:u9iDK6WL
>>459
螺旋を描きながら下っているという話ですね?

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/11(木) 11:08:00 ID:VCgnmT5K
>461
これはウクライナから購入した旧ワリヤーグ
最近、大連港のドックに入って改装を行っている事が報じられている。


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/12(金) 21:37:23 ID:Qthto1W1
>>464
そしていつまでたっても「エンジンどうするよ」という疑問への回答もないわけだが。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 01:31:38 ID:ct9jeZu/
エンジンは通常だね。
建造中のやつはしらんけど。

こいつで運用試験をしつつ、ノウハウを蓄積するつもりなんだろう。
20年くらいしたら、それなりに運用できるようになるんじゃないだろうか。
発着訓練は滑走路に絵を描いてやってるらしい(笑)

こんなもんでも、台湾をはじめとする東南アジア諸国を脅かすには十分と言えないだろうか。



467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 15:32:56 ID:56B7NQ+a
うわ…466わかってねぇ。

中国は造船大国と言ったところでドンガラの生産だけで、艤装品はほとんどが
輸入だってことわかってねぇ。なんで世界の艦船でエンジンが話題になってい
るのかといえば、中国には20万馬力の蒸気タービンを国産する技術はないから。

ワリヤーグのボイラーが撤去されてないと言われたところで、高温高圧缶の製
造修理維持運用ってのは、それなりに高度な技術が必要で、それを維持する
ためには「産業」として成り立つ必要がある。細管のどこが割れてるからどう修
理しよう、というノウハウさえないんじゃないか? 民生用ボイラーでさえ、日本の
メーカーから輸入して、技術者が出張して直していたりするんだから。

ことSTOBARであれば船が風上に向かってかっ飛ばしてくれないと合成風力が
得られないわけで、完調でさえ29ノットかそこらの船なのだから、全力運転がで
きないと運用試験どころの話ではない。台湾だの東南アジアを脅かすだのは、
それこそ鬼が(笑)だろ。

日本が二次大戦でドイツ商船を譲り受けて軽空母に改装したときは、結局搭載さ
れていたワグナー缶を撤去した。他所の技術体系で作られたものを維持運用す
るよりは、自前にしちまった方がマシだったからだ。蒸気タービン推進の大型水上
戦闘艦を量産していたソビエトと同じ技術、産業レベルにでもならない限り、ソビエ
トで運用されることを前提に設計された10万馬力単位の蒸気タービンを「修理して
使う」なんてことには現実性が無い。換装すべき国産品も無い。ロシアがウクライ
ナに接収された挙句売り飛ばされたワリヤーグの面倒を見る義理も無い。

アイランドだって「ソビエト製」の電装品を前提に設計されているから、都合よく代
替品を載せる…なんてのも無理なのは専門誌でも指摘されている。

だから、中国人は何を考えているんだろうとみんな不思議がっている。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/13(土) 22:19:11 ID:Cy48NtT7
.....!?!?!!!


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 05:40:16 ID:MjVRIfa4
いよいよ筋書き通りの展開になってきたな・・・

「日中戦争」は北京オリンピックの1年後(2009年)
―― 米専門家が描く悪夢のシナリオ

『ショーダウン』(対決)
ttp://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/25/

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 09:37:19 ID:v/cvTdb9
遅レスだけどさ。

>>432日清戦争の清国惨敗は、清が元々女真族の国家で、中国古来から続く漢民族を侵略した連中だったから。
>漢民族でも、士気は相変わらず低いかも知れんw

自分で結論だしてるけど、それって、負けてからの言い訳臭いんだよねえ。
清朝はむしろ、手札が漢民族でありながら善戦したという見方もできる。
満州族は空気の読める有能な帰化皇帝を輩出したし、漢民族も満州の官服
に憧れるほど満州化したし。

>>452
だから、ハワイ以西の海洋覇権をアメリカに譲れと言っている。
実際、そうでなければ身動きできない。

アメリカの覇権を承認して、そのルールのもとで商売していりゃ良いだけ
なのに、夜郎自大でルールの決定権もよこせというのが中国の態度。
ちなみに海洋覇権というのは大陸覇権と異なり、基本的に分割できない。
それ認めたら、アメリカが中国に降伏するのと一緒。ソ連でさえそんな冒
険はしなかった。

衝突は不可避だし、中国に勝ち目はない。バカはやるなと日米からうるさ
く言われているのに、ずうずうしく押し切ろうとするだけ。もう日米とも、
朝鮮半島問題や台湾問題も含め、対中戦略の方向性は政権がどう変わろう
と変えようがない。海に飛び込んで暴れる陸棲獣は、魚の敵でしかない。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 15:14:42 ID:npZ8rmme
尖閣諸島をアメリカと共同開発しろ。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/14(日) 16:00:46 ID:Iego1BfX
そしてアメリカに利権を搾り取られる日本であった

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 07:54:52 ID:lHwkZrKa

もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら   どうするか? だって?

無条件に、糞支那(中国)を消滅させる核武装して対抗するのだ! 頼りないアメリカ等

当てにするな! 自国の防衛は自国で完備せよ!  腰抜け日本も卒業だ!

 分ったか! ヘラヘラ日本国民よ!  日本が滅亡してからでは遅いのだ!

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 17:49:02 ID:0b7qPoUb
>分ったか! ヘラヘラ日本国民よ!  日本が滅亡してからでは遅いのだ!

この工作員の本音。

「核武装を言い出して通常戦力弱体化させてください、マジ目の上のたんこぶなんで」
「核戦力が完成するまでの10年単位の時間をください、足踏みされてりゃ追いつくかもしれないんで」

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 22:09:30 ID:8yrZqsOv

-----------------------------------------------

第三の選択、幸福実現党は

「9条を改正し、断固として、国民の生命・財産・安全を守る」

「北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ち込む姿勢が明確になったら、
自衛隊がミサイル基地を爆撃する(きょう子党首)」

「北朝鮮の背後には、それを軍事・政治的に利用する中国がおり、
拒否権のある国連は機能しないので、当事者日本自らがやる」

「友愛外交なら、日本は中国・北朝鮮に軍事的に植民地化される」

「インド同盟、ロシア協商、オーストラリアとの関係を強化」

と国防に関しては厳しく現実を直視しています。

-----------------------------------------------



476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 22:12:01 ID:8yrZqsOv


. ┌-r    r─────────────────────────r
. ││   // ̄ ̄ ̄_二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
. ││  //     // ̄ _二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
. ││ //  _   //  /∠_二二_  _二二_二_ 二_二二_ 二二 ̄ ̄ ̄ ̄
. │ レ / ((⌒)し ノ  /∧\ ̄\∨ / ̄│レ/  二 ̄ / (二)_)
. _二二__二二___二_二___/ _/  / /   / /  \(二ヘ
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄r─  ̄ ̄─ ̄ ─  ̄── ̄─── ̄ ̄──r
.            /∠_二二_ ̄_二二二二二二二二二二二 ̄ ̄
.           /∧\ ̄\∨ / ̄/ /\\ ̄ /∠_ ̄/ /\\
.________二_二___/ _/  \\/ / /∧\ \\/ /
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄      ̄ ̄   ̄  ̄    ̄ ̄

Valkyrie Kyoko 「北朝鮮の核ミサイル基地をを爆撃します」
「米情報によれば、早ければ、年内にも北の小型核弾頭が完成します。
 遅くとも3年以内には実現するでしょう。
 今回の総選挙が日本に取って最後のチャンスです。
 4年後まで待ってはいられないのです。」


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/03(金) 18:59:26 ID:hFGfYC16
別に 日本が国を挙げて兵器を作れば あっちゅーまに
沢山いろんな兵器が出来るよ〜。
造船所暇やし 自動車メーカーも暇やし 空母や戦車が ラインで出来るよ。
中国とやるのに空母いらないし
核ミサイルなんか 2週間もあれば完成するらしいし

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 06:45:54 ID:4J1BN5wT
武器輸出三原則を破棄すれば、装備品も随分安くなるだろうなぁ。


479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 08:53:47 ID:W+cbMRY3
>武器輸出三原則を破棄すれば、装備品も随分安くなるだろうなぁ。

自衛隊と同じ要求仕様の兵器を使う軍隊があるならば、という仮定が成立しないからな。

単価が安い兵器であれば、国内で開発して他所の10倍の値段で納入しても、国内ライ
ンがあるという安全保障政策上の利点で相殺できる。

戦闘機や防空システムになると、莫大な開発費を量産単価で割らなきゃならないが、国
でバラバラな要求をまとめること自体が困難で、完成したら日本で使えない、なんてこと
にもなりかねない。自衛隊向けをそのまま買う国もまたない。

ミサイルについては発射プラットフォームとしての戦闘機なり艦艇なりとのフィッティング
が必要で、他所の国のために延々と改修作業のマニュアル作りをするほど余裕は無い。

輸出したとして、それは自衛隊に他国の軍隊の訓練までやらせることになるのだから自
衛隊の規模が「武器輸出のために」劇的に拡大でもしないかぎり、そんな悪条件でも買
うという国そのものが信用ならないし、そこに武器を売ることの政治的リスクも発生する。

国産兵器は技本が開発費出してメーカーにやらせているのだから、防衛省が「性能知ら
れるのがイヤだ」と一言言えば輸出はできない。

輸出すれば安い、なんてのは厨房の妄想にしか存在しない。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/04(土) 09:19:58 ID:31U8wgz5
女性自衛官らを、乗せたいですね。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 00:04:04 ID:7PjrpoXZ
空母機動艦隊はロンドン軍縮条約が生んだ偶然の産物
当時は対艦巨砲主義だから、艦のトン数=艦の数=砲門の数 だった

だったら飛行機ならフネじゃないからトン数に入らないと言う解釈で
砲門の代わりに飛行機で敵艦を攻撃する部隊=空母機動艦隊を作った

この構想は従来からあったが
(1)艦載機の離発着が激ムズ
(2)時速100キロ以上の艦載機からの雷撃がこれまた激ムズ
でどこもやろうとしなかった。

でも日本海軍は猛訓練でこれを克服してしまった。
その上、砲門で艦載機を落とすのが困難で空母機動艦隊の優位さが
認識されアメリカが真似て第7艦隊を作った。

ところが戦後にソ連が対艦ミサイルを開発して艦載機ではこれを落とせなかった
そこで考えられたのがイージス艦。

イージス艦と同じくらいの対空性能を持つ艦を周りで囲まないと空母はただの
ハープーン・魚雷の標的です。喫水線に当たらなくても飛行甲板に穴があくか、
傾けばただのフネです。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 04:46:17 ID:4a9ui/bC
つーか、歴史を知らないと言うか小説家と言うか…。

>空母機動艦隊はロンドン軍縮条約が生んだ偶然の産物

ロンドン条約と関係なく「航空」の効能はWWIからわかっていた。
その上で空母機動部隊は日本の漸減戦略と関わっている。
発案者の小沢治三郎は水雷の出身。その根っこは「空飛ぶ水雷戦隊」だ。

>だったら飛行機ならフネじゃないからトン数に入らないと言う解釈で

その解釈なら別に陸攻でもいいわけだ。どうせ戦前は迎撃しか考えて無い。

>砲門の代わりに飛行機で敵艦を攻撃する部隊=空母機動艦隊を作った

すでにワシントン条約で大型空母の保有数に枠fがはめられ、ロンドン条約
では制限外とされた1万トン以下の小型空母も対象になってるのだが?
飛行機はトン数に入らなくとも、空母はトン数で計るわけだが?

>でも日本海軍は猛訓練でこれを克服してしまった。

世界初の雷撃機はイギリス人が作っている。タラント空襲を知らないの?

>その上、砲門で艦載機を落とすのが困難で空母機動艦隊の優位さが
>認識されアメリカが真似て第7艦隊を作った。

…あのさ、アメリカの第○艦隊ってのは地域を示すものであって、空母機動
部隊の意味じゃないんだけど。第七艦隊ってマッカーサー指揮下で上陸支
援やってた艦隊なんだけど。ハルゼーやスプルーアンスは第三艦隊。

>ところが戦後にソ連が対艦ミサイルを開発して艦載機ではこれを落とせなかった
>そこで考えられたのがイージス艦。

落とす気でいたからF-14だってE-2Cだって作ったんだけど? イージス艦だ
って別に露助がきっかけじゃない。イージスの前のスタンダード、その前のタ
ーター、その前の3Tミサイル、その前のバンブルビー計画まで遡ればなんと
第二次大戦だ。イージスの同時対処能力が求められたのはオケアン演習の
結果から。つまり外洋でもソビエトが多方向同時攻撃をかけられると判ったか
らなんだけど。これが70年のこと。

>イージス艦と同じくらいの対空性能を持つ艦を周りで囲まないと空母はただの
>ハープーン・魚雷の標的です。喫水線に当たらなくても飛行甲板に穴があくか、
>傾けばただのフネです。

何で魚雷が飛行甲板に当たるんだよ、バカかお前は。ASWに防空システムも関
係ないだろうに。蛆が沸いたアタマで考えなくて良いから、中学の社会科からや
り直せ。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/07(火) 08:12:14 ID:15138Jub
そもそも喫水線狙ってどうすんだとか、最近の船って多少なら被弾しても、
ダメコンが発達してる分平気じゃね? とか、イージスあっても魚雷はどうにもなんないとか、
なんかこう……、イメージだけで語ってるような。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 15:59:38 ID:Dlw74+QA
空母をいつかは作って対抗する時が来るかもしれないけど、取りあえず
潜水艦の性能アップと数を増やす事が大事かと。





485 ::2009/07/10(金) 18:38:32 ID:6BTzllJC
もしかしたら中国は、本当に何も考えず作り始めたのかもしれん。
ド貧乏なニートにいきなり大金渡したら、なんに使って良いか解らず
昔から欲しかった「となりの家のおもちゃ」を買っちゃったみたいなノリで。
詳しい事が解れば解るほど謎しか出てこないからなこの話。

まあ、なんにしろ中国がこういう無駄使いをしてくれるのは大歓迎だな。
3隻つくる気らしいがぜひ、初志貫徹して欲しい。
2隻目辺りで正気に戻らない事を祈るね。



486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 20:50:53 ID:n/R5aJsI
>>482あの…昔の海軍と同じ間違えしてますよ。 
ハルゼーが指揮している時は、第三艦隊でいいけど、スプルアンスが指揮すると第五艦隊になるんですけど…同じ機動部隊だけど、二つの名前がついていたんだよ。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/10(金) 21:19:18 ID:PHU7P1HX
>>1
どうって事ないよ。
力のある国が生き残り、力のない国は滅ぶだけのこと。
我が国日本は、外国に依存するところが多いからお世辞にでも力のある国とは言えない。
それは今も昔も大して変わっていない。
しかし、それでも我が国が独立国として維持してきたか?
歴史を各自分析して解釈して欲しい。
大雑把に言えば、耐え難きを耐え、偲び難きを偲んで、知恵を絞って国際情勢の荒波を乗り越え現在に至る事実を認識願いたい。
米国も国益の為なら日米同盟も簡単に反古するだろう。
そんな事も想定に入れて日本列島は日本人だけの物である自覚と誇りもって、知恵を絞って守らねばならない。

488 :しまりす:2009/07/11(土) 00:05:09 ID:fFVnjgJB
【8:487】もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら

>>1 「世界はどうなるんですか?」

普通、「だから何って感じです」
航空機運用とか空母の維持
細かいとこで、通信のやりとり、リンク、メンテ
運用面 予備品、請求、修理する人の教育
チャイナじゃ、「外っかわ」、「航空母艦」作っても・・・おもちゃ

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/11(土) 21:39:35 ID:NxsC8wDO
 昔、長門やら何やらの艦船並べ原爆の洋上実験したんだけど、矢張り空母みたいな箱舟でも大した効果が無かったんかねぇ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 00:44:59 ID:tj/FEf5R
艦隊ってのは艦同士が数キロ離れて差し渡し何十キロという範囲に展開する。
核を使う可能性があるならなおさら。

当たるのであれば、弾頭が核であろうが高性能火薬だろうが、ただじゃ済まないが、
問題は空母機動部隊を探し回る哨戒兵力と弾頭の投射手段だろ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 00:58:49 ID:J+9z/8Dl
中国ならきっと空母を単艦で運用してくれるに違いない

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 02:28:15 ID:7J8UsQKJ
日本も威嚇の意味で40機ぐらい搭載の航空機輸送艦(空母)2隻と護衛艦6隻と潜水艦4隻ぐらい必要なのではないでしょうか?
防衛費はGNP4%近くなると思います、そうなると東アジアは日清・日露の状況に似てくると思いますが、そうなるとみんな覚悟が必要ですね。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 02:40:59 ID:kox9QsKn
>>491
ぶっちゃけ国民や政治家に対する対するプロパガンダ用だわな
アメリカの空母が近海に来て、わが国には無いのかって聞かれた時に
有りますって答える為の船。


494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 02:52:30 ID:7J8UsQKJ
空母は力の外交の象徴だろうが、困るのは東南アジアの国家と韓国だよ。
中国のごり押しがまかりとうるぞ。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 03:02:15 ID:kox9QsKn
力の象徴たってな、アメリカの空母にかなうはずもない
却って親米化を促進しかねん。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 03:07:03 ID:7J8UsQKJ
喜ぶのは各国の軍産メーカーだ。兵器が飛ぶように売れるぞ。そうなりゃ日本も輸出して景気をよくしょうぜ。当然身を守るために六箇所村のプルトニュウム再処理して再利用する。
そうなるとニート問題も解決していくぞ


497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 12:50:52 ID:ulsidXhH
めんどくせえなあと思うのは戦略原潜が後ろに控えてるという現実だな。
その上で空母を押し出されると政治的に厄介だ。

日本も対抗して原潜つくりゃいい。すぐにできるんだから。
そうすりゃシナどころかヤンキーも文句一つ言わなくなるのにな。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 13:21:15 ID:pVjpW/rq
中華の戦略ミサイル原潜はただの飾りで、核戦力の主力は内陸部でそ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 15:57:04 ID:3ShbRExd
>>497
原潜なんか一朝一夕にはできんぞ
日本は「むつ」で失敗してから原子力船の技術が完全に途絶してる

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 17:51:24 ID:ulsidXhH
>>499
むつは所轄が文部省だからしょうがない。
素直に防衛庁でやってれば予算も桁違いだし、母港を探して漂白するような事もなかった。

今は当時とは違い、日本の原子炉の小型化とセーフティ技術は世界一。
造るのは大して難しくはない。問題は事故が起ったときの世論のみ。
アメリカだって事故は起こしてるぐらいだから事故は必ず起るが、
あっちと日本じゃ国情があまりにも違いすぎる。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 21:08:19 ID:tj/FEf5R
>素直に防衛庁でやってれば予算も桁違いだし、母港を探して漂白するような事もなかった。

原潜の開発とは、原子炉の開発だ。それは原子力産業を発電とは別にもうワンセット
つくるということであり、昭和40年代の自衛隊にそんな金など無い。

予算が桁違いというのであれば、北朝鮮が大陸間弾道弾に手を出して、それでアメリ
カを抑止しようというくらいに、目標と現実を結ぶための予算の桁が違う、とは言える。

ま、おおすみの岸壁にも困るのが「現実の」自衛隊なおんだから、脳内妄想だけを並
べるバカに言っても仕方ないが。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 21:28:04 ID:dp8wE5VP
シナの原潜は音が大きいし、海自の潜水艦みたいに深くもぐれないから怖く無いよ
シナは空母を持つといてるが、ロシアのコピー版の改良型と思うがロシアてそんな親切かな?
昔核兵器まで使いかけた中ソ国境紛争があったみたいな国にまともなスクラップ品は売らない、きっと構造的欠陥品でしょう。参考にして作ると使用中に大爆発するよ!!かわいそう


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 22:01:06 ID:p3FQip+0
>>492
近海でしか戦わないのに空母なんか何の役に立つんだ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 22:22:34 ID:dp8wE5VP
原潜の原子炉と発電プラントの原子炉は炉とタービンと発電機は名前だけ一緒で設計は別ものです。
巨大な発電プラントを潜水艦につめるか?ニミッツクラスの空母でも無理だわ
開発実用化となると20年以上かかるだろう。小型高性能な軍用原子炉なんかどこの国も売ってくれないぞ

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 23:04:48 ID:dp8wE5VP
南シナ海周辺国、台湾に脅しがきくぞ、韓国も自由に太平洋に出られ無いから大変、
シナのゆう事を聞くしかないな、高飛車な外交ができる様になる。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/12(日) 23:15:58 ID:+Dt3C3w7
米軍が日本をより重要視する。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 11:31:37 ID:pqMojny/
まずはアメから原潜3隻買え。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 19:52:34 ID:qWm6SPya
>>38

ミツドウエーの近代化改装を請け負ったのは日本の企業だぜ。

戦時に向けた急造に徹して、10万トン級以上のタンカーを改装すればいい。

使い捨ての単純明快な設計で、搭載機数も欲張らないで、何杯か作る。

米式空母の敵じゃないが、亜流空母相手なら、戦力に成るだろwww

搭載機だけだな問題は。 ハリアーJでも作るか?

まあ、金食い虫の空母機動部隊など必要に迫られない限り持ちたくはないが。

シナが本気で第二列島線がどうのこうのと言ってる間は、戦争の可能性はあるしな。

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 20:51:04 ID:LZasn23X
中国が研究してるのってキエフ級じゃなかったけ?
あれ役に立つのかね?
あっオーストラリアからも買ってたか!

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/13(月) 22:35:54 ID:IoFIliSn
>ミツドウエーの近代化改装を請け負ったのは日本の企業だぜ。

うわー、相変わらず痛いバカだなぁ。

じゃあ、その近代化改装の「結果」として動揺周期が短くなり、空母としての運用を諦めて
延長したはずの予定を早めて退役したことは、どう説明するのかね、このバカは。

別に「日本企業」がミッドウェーの改装を請け負ったわけではない。艦船修理廠及び日本
地区造修統括本部(SRF-JRMC)という米海軍の組織が、約2000人の日本人を雇用して
いるというだけ。

改装案は米海軍が立てたし、工事の指揮はSRFの責任者である米海軍大佐が取ってる。
設計図通りに工事をやったSRFの日本人技術者の腕は良かったのにね、と言われる所以。

トヨタの期間工を集めたら、プリウスが作れるの?

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 00:51:32 ID:+oa6/9Zu
すげぇ〜の日本も作んねぇ〜かなぁ〜
こぉ〜無敵なヤツね
全長2キロ位で とにかく すげぇ〜の…
おれ仕様考えてあるから とにかく おれの言いなりで…
えふ22より早くてさぁ〜 目の前にいてもレ〜ダ〜に映らないとか
そ〜んな半端なんじゃなくて目の前にいても目で見えないって
そんぐらい すげぇ〜戦闘機1000機くらい積んでさぁ〜
原潜も搭載してさぁ〜

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 02:15:22 ID:dxhC6bjA
このスレ釣りなのか、香ばしすぎる奴多すぎwww
腹イタイわwwwwww

-無知って怖いな、マジで

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 11:30:30 ID:iF4yhMHq
>無知って怖いな、マジで

無知とは知れば解消される。無知と言う欠点は永続しえないハズなのだ。
ネットに繋いで書き込みができる環境にありながら、調べる「意思」がない
というのが、恐ろしい。なぜ5分の検索でわかることさえしないのだろう?

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 12:39:24 ID:OD4KcW7b
>>269
かなりの亀レスだが

>言い直そうか?
ではなくこの場合
訂正します。訂正させてください。言い直します。
等が正しい言葉使いだと思う。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 20:08:15 ID:pDffnthC
相手が天皇陛下であれ浮浪者であれ、卑しくも2ちゃんねらーであるならば、等しく煽り調子で話すことこそ礼儀なんだぜ。
実社会は礼儀が大切だ。礼儀とは文化。2ちゃんでは煽り口調こそが礼儀であり文化なんだぜ。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/14(火) 22:29:10 ID:OD4KcW7b
いや相手に伝わってないのは自分の性なんだから逆ギレはみっともない。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 10:16:14 ID:iJC2O+9R
遅いレスかっこ悪いッスよ268さんwww
顔真っ赤ッスよwwwww

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 11:16:10 ID:vwYzBxXQ
>506 507
女性自衛官を、乗せたら面白いですね。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 11:27:08 ID:FUf2O71T
>>もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら
ただの大きな的だよ。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 18:50:46 ID:6J3gkYG+
>519
だな!
軍備を山ほど積載した小島。
タンカーが海賊に襲撃されと同じ悲!

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/15(水) 23:58:35 ID:lCyhNeOy
>>1
重さを考えずに作るから沈む。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 14:01:04 ID:pvEY80iE
世界初潜水空母

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 14:08:29 ID:fkSwoW6M
やはり日本の小島には駐留部隊を置いて警戒防空網を構築した上で
動植物や各種資源の調査をするべきだな

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 14:11:59 ID:DNsp7HEu
日本には不沈空母が既にあるので
中華の沈没空母は怖くもなんともないw

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 15:06:21 ID:DNsp7HEu
そういえば
歴史的に見て日本に近づいた艦隊はコトゴトク海の中へ沈んでいったねえ

元寇の艦隊は神風にて全滅、ロシアのバルチック艦隊もワザワザ遠方から
沈むために日本へいらっしゃいました・・・

唯一負けたアメリカ軍にも実は神風で被害を出していたらしい・・
中国海軍の実力はどんなもんですかね。。中国軍の印象は
スグ逃げる印象しかないなw

下げが2チャンネルの何だっけ?
下げたいのは在日だけじゃねえの?(空気読めてないかもw)


526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 17:12:08 ID:DtvgZ6G/
もうチョイ歴史を勉強しようよ・・・

527 :uボート:2009/07/16(木) 17:34:19 ID:b4AvLnH9
なら、自衛隊が旧ソのオスカー級のような対空母用潜水艦でも作って
東シナ海に配備すればよいかと思う。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 08:37:25 ID:R7yOHk5L
>>522
つイ400

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 09:27:12 ID:kcR1o2d9
中華の空母が日本近海で撃沈する所を見れると聞いて!

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 10:23:17 ID:g9Dm+p0s

日米韓合同演習の標的。



531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 17:59:19 ID:YzJdP1RN
中国の脅威の新空母


沖 縄


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 21:34:57 ID:H2EwZaTx
そういうことは沖縄の人に言ったらだめだぞ。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/18(土) 20:59:02 ID:UNVSnAVU
民主が政権とったら あっという間に沖縄と対馬は盗られる。


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 11:28:47 ID:9ix+tTCk
ハプーンで攻撃 撃沈

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 22:42:18 ID:sCzQ1e3N
>527
敵空母部隊の防空圏外から攻撃可能な長射程対艦ミサイルを開発し
哨戒機やF−2に搭載させ攻撃させる方が費用対効果が高いのでは?


536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 12:40:39 ID:eAfxiPBE
日中平和友好協力の産物なんだわ
日本の特殊鋼技術+資金の提供
      ↓
高強度を必要とする空母が完成
      ↓
日本の資金と技術提供により日本に攻撃可能
      ↓
主要都市および日米軍事基地壊滅
      ↓
日本、遺憾の意すら出ず。得意の「成り行きを見守る」が精一杯
      ↓
1年後、北朝鮮との国替えとなった。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 19:23:13 ID:A9/jn0iI

歴史は繰り返すw

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 19:29:52 ID:KTdrB9dX
自衛隊にある能力を及び腰の政治で外交カードに使えない政府と外務省。
空母がどうのこうのより日本の領海を悠々と泳ぐ中国の潜水艦を拿捕するなり撃沈すれば良いだけ。
たったそれだけで中国はかなりおとなしくなります。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 20:20:33 ID:bJZKT/KL
中国には台湾という空母も就航予定なので
沖縄は日本の空母として私用させていただきます。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/20(月) 21:45:58 ID:KTdrB9dX
そりゃいかんわ。
もし、仮に、何かのきっかけで日本に空母を作って運用するならば古式(と言っても歴史は浅いが)に則って、艦名は『龍』か『鳥(鶴、鷹など)』だろ!
こう言う小さなことから日本の伝統に誇りを持たねばならない。
と思うがどうか?

沖縄は国の名称。
戦艦の名称として使えます。
琉球でも構いません。
どちらも日本なのだから。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 01:58:36 ID:8QdGBbsb
この頃 大砲屋の移動が 激しい。
パトリオットの陣地二つに 挟まれてる!
航空基地に加え演習場に 飛行場が 完成!
ああ 夜間に 爆音が 米軍かな! 北へ 飛んでいく(・∀・)

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 11:38:31 ID:cKhoHVvi
>>539-540
それ、沖縄なら戦火に晒されて良いって言ってるようなもんだろ?
民度低すぎ。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/21(火) 14:58:24 ID:qu6Q8fe0
>542
自衛隊の護衛艦には、みょうこう・はるな・ひゅうがなど日本各地の地名がつけられてるぞ。
沖縄の地名が付けられても極自然だろ。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/25(土) 23:42:29 ID:BVpXXDcO
中東まで遠征する必要もないんだから、アメリカで余ってる退役空母もらえよ
金かけて作らなくても交渉次第で手に入るし
沖縄を空母代わりなんて非人道的なことをする必要もなくなる

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 03:12:27 ID:pZSuvi/p
原潜つくって東シナ海でひそんでて出張ってきたら撃沈
シナは日本の原爆をすごく嫌がってるけど、原潜も嫌がってるんだよね

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/26(日) 17:29:05 ID:7HLmsc6B
>中東まで遠征する必要もないんだから、アメリカで余ってる退役空母もらえよ

船体が重巡の軽空母までは売った事があるが、正規空母は売った事が無いんだよな…。


547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 13:50:18 ID:r9H0gmBd
国産なら、ひゅうが型にコブラとブラックホールで置いておけば十分じゃね?
欲を言えば甲板耐熱強化してSTOLハリアーでもあればなあと思うが

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 14:34:31 ID:4XPXpdqm
沖縄を戦艦か空母名と勘違いしたのか
そうでなくて
沖縄が不沈空母って意味だよ
速度0ノットの空母ww

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 14:36:49 ID:/W3XO2tD
【政治】田母神俊雄氏が国民新党から出馬決定
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1248264620/

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 14:38:27 ID:YocQh312
中国国内でも、北朝鮮の扱いに苦慮しているから良い圧力鍋になるだろうね。w

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 15:47:51 ID:uBSgjEsK
>>548
少なくとも時速40000/24で進んでいる

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 19:57:00 ID:3OzV6ily
中国が空母保有したって無問題

永遠に日本と戦争になんてならないからな

永遠は言いすぎでも、スレの住人が生きてるうちはそんなことはない。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 21:31:37 ID:8l3q+g8K
じゃ戦争になったらどうしてくれるんだ?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 22:09:53 ID:zG1m+5G5
>じゃ戦争になったらどうしてくれるんだ?

「どうしてくれる」とはどういう意味?
将来において戦争がおこらなかった状態をもって、お前が土下座でもするのか?


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/29(水) 23:35:53 ID:qXRZ5o7A
中国が南シナ海に空母を配備した場合の対抗策として
フィリピンに対しODAを増額し、見返りに基地を提供してもらい
航空自衛隊部隊と海上自衛隊潜水艦部隊及び航空部隊を駐留させればよいと考えます。

フィリピンに部隊を駐留させることによりシナの空母艦隊の圧力を無力化する
ことが出来、シーレーンの安全を確保できるだけではなく、台湾や東南アジア諸国の
安全保障上の利益となると思う。 


556 ::2009/07/30(木) 00:39:01 ID:VGcmiY2+
>>555
中国は怒り狂うだろうなあソレ。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 01:04:26 ID:nIIkUWDW
>>556
そうならない為に米国の政財界の有力者を買収、マスメディアに
対する工作を行い米国の世論を誘導し、シナを牽制するように
仕向けるべきだと思う。

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 01:13:24 ID:335z96YM
日本海海戦
復活三笠が、鎮遠、定遠撃滅。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 03:16:16 ID:+dwW3V6i
>中国が空母保有したって無問題

日本が核武装し再軍備+憲法9条変えても無問題

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 04:40:34 ID:vm+oQ9M5
一番いいのはそれより大きな客船作って日本近海にきたらしばらく併走させること。

あいつらは見栄っ張りだからすぐへたる。

更に大きい空母作るとまた更に大きい空母作るから巨大客船で追い越すのがポイント。
客船デッキからビール飲みながら見下してやればしばらく来ない。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 09:55:06 ID:/xmeXriD
尖閣に誘き寄せて、領海侵犯したら沈めればいい。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 20:12:04 ID:eJ/dvJox
>>560
グッドアイデア

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/31(金) 21:07:28 ID:8qRWvnIE
>>3
だから今から建造してノウハオを得よう

564 :uボート:2009/07/31(金) 22:10:02 ID:1yRZQPXh
空母なんて作るのが早すぎる。支援艦を改造すれば少しは浮くだろう。
そこでノウハウはえてから作れ。いきなり作っても
どうせ使いこなせなくて無用の長物化するだろう。


565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 03:24:24 ID:vjoXqgM1
>>1
謝罪と賠償の名目で、日本が空母の維持費を負担させられます。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 06:44:03 ID:3eZTeDis
空母は攻撃力だけがメッチャ強いハリボテみたいな兵器

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/02(日) 21:17:01 ID:WxjA6M29
清の北洋艦隊は、末端がダメだったよね?では今の人民解放軍の海軍は?現実を知らんがそれがまず一つの疑問。
歴史的に国家や指導者がいい時中国は強い。そうでない時はダメダメだが、侵略に成功した国(民族)を、いつしか中国の一部にしちゃう懐の深さもある。でも隣接した地続きの国同士の話。
今の中国は反アメリカ、白人だけで勢力を拡大してるように見える。アメリカのように欺瞞かもしれないが、大義もなく人の多さ、経済力だけで押す国に見える。中国は世界中に母港を持てる力と他の大陸や世界に認められる牽引力はあるのか?二つ目の疑問。


568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 03:27:18 ID:IzjFuHWN
丸腰の世界のリーダー日本カコイイ

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 04:18:57 ID:bBbx3O+G
どうなるんだろうな・・・正直な話し・・・
噂じゃ現実日本は渡来人が力を持ってきていて日本派閥はのきなみ失速してきてると利いたぞ
そうなったら・・・間違いは・・・起こるだろうな・・・渡来人には常識は通用せん
この前警察官を見たら見回りするので手いっぱいだったし心ぼそ!やはり自分の身は自分で守らんといかんな

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 04:21:15 ID:bBbx3O+G
ソニーはどうなったんだ!
E3でPSPを紹介するので手いっぱいでした
けけけけ警察!
統合失調症みたいになってる
みみみ民主党!
いまだ意味不明・・・

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/03(月) 04:22:49 ID:bBbx3O+G
地方自治だな

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 01:47:07 ID:2cEU1MZe
>555

中国は敵国に対し基地、物資を提供した国も敵国とみなし
軍事攻撃すると言う法律を制定し、これを聞いた
ヒリピンと韓国は新たなアメリカ基地の提供はしないと明言しました
恐らく日本の基地も作らせないはずです

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 18:24:30 ID:bptQVMZL
新たに基地を作らせないってw

韓国なんて米軍撤退を必死に引きとめてるのにw
日本の基地て横須賀や佐世保、横田、厚木、沖縄これでもまだ足りないってか?w

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 21:54:34 ID:RGMQB7Fk
>>555
日本の基地を作っても海自の人員は不足しているんだから本国が手薄になるだけ
それなら日本に敵対しない国で中国と利害関係で対立する国に艦船ごとあげればいい

財務省が決める定数のために毎年使える護衛艦と潜水艦がスクラップになっているんだから
それをODAの代わりにあげれば東南アジアの国では高性能艦として歓迎されると思うよ

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 06:12:17 ID:OwAopLsO
>574
護衛艦はともかく潜水艦はw
あれは防秘の塊で、外国に出せるようなシロモノか?
メンテナンスも大変だろうし。運用できたら中華海軍涙目だろうけど。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 12:38:19 ID:6+ufcUP0
米がフィリピンに潜水艦を援助する話があがり
米は原潜しか造れないので日本で造ってくれないかという話があったような気がする
今の法律じゃ無理だと思うけど

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 01:55:41 ID:mfbj8wHu
http://wiredvision.jp/archives/200602/2006022404.html
世界人口、68億に――地球は何億人暮らせるのか?

とある教授の試算では、地球上に年間9000立方キロメートルの淡水の
供給があるとして、それによって育てた小麦で世界中の人間に
毎日3500カロリーを与えると仮定すると、地球上で約50億人しか
暮らせないという。

穀物食で50億人ですから、肉食となりますと、さらに少なく20億人程度でしょう。

年々、世界人口が増えるたびに、日本でも庶民の暮らしぶりが貧しくなるわけだ・・・、、トホホ。


578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 22:55:36 ID:MtfdsG1I
>それをODAの代わりにあげれば東南アジアの国では高性能艦として歓迎されると思うよ

ランニングコストの高い海自の艦を押し付けたら、その時点で供与先は
機能停止に陥りかねないのだが?

ま、そうなれば喜ぶのは特亜だけなわけで。
発言者の政治的忠誠心の向き所がどこなのかが良く判るな。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 11:20:09 ID:22GCjt7z
>>578
>ランニングコストの高い海自の艦を押し付けたら、その時点で供与先は
根拠は?
日本じゃスクラップになる船がアジアの国で余生を送っているケースが多いよ。

あまり大きくなくて、程度の良い船だったらありがたいと思われるかもしれん。
でかすぎると確かにコスト高で憤死ものかもしれん。

でもお隣の国のように身の丈以上の船を持とうとする国もあるから、新品買うよりは安くすまないか?

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 20:13:35 ID:FD46R62q
>日本じゃスクラップになる船がアジアの国で余生を送っているケースが多いよ。

モノハルのタンカーが規制で使えなくなるから、規制の無い国に売られる例や、
設備が「現在の日本の客に合わない」から、改装するより新造したほうがいい、
という判断で売られる例はあるが。

取得費用がスクラップ費用より上、でないと、そもそも売る意味が無い。ある程
度の年式の民間船であれば、維持費用そのものは大きな差は無い。しかしそ
れはエンジンならディーゼル一択な民間船での話だ。

>でもお隣の国のように身の丈以上の船を持とうとする国もあるから、新品買うよりは安くすまないか?

隣の半島なら、自国に造船産業があるのだから、可能なら新造するだろう。台
湾が中古を買うのはあの国ならではの事情があるからであって、一般論として
の中古軍艦の優位を示すものでは無いし、アメリカでさえ自由な武器取引とは
程遠いところへのこのこと出かけて軋轢を生まずに済むわけがない。

>でかすぎると確かにコスト高で憤死ものかもしれん。

すでに地方隊どころか退役艦まで出ているゆき型でさえ、アジア基準なら艦隊
旗艦を張れるようなでかさがある。以降の自衛艦は加速と最高速重視のオール
ガスタービンで、燃費を気にして巡航にディーゼル使うような他所の国とは立脚
点から違う。オールガスタービンの艦隊をまともに動かしたかったらでっかい給
油艦、しかも艦艇に追随できる高速発揮が可能な「高価な」補助艦が必須になる。
そうなると単艦ではなく海軍のシステムとしてガスタービン高速艦に合わせる必
要があるわけで、際限なく予算を食い始める。

んでもってシステム艦だし、ミサイル装備だし、ヘリ搭載するし…な「日米基準」
を喜ぶ国ってどこなのかいね? という。アメリカの中古軍艦だって、運行費が安
い方からしか売れない。ペリー級なんかがそうでしょう? それでも米海軍の予算
でアップデート済みな奴がチョイスされているのだから、日本のような下手すりゃ
後日装備がないままに退役するようなフネでは、なおさら魅力が無い。

ミリタリーバランスでも読んでみ? アジアじゃ日本だけが隻数が少なくせに異様
に総トン数が多い…フネがでかいんだから。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 04:28:06 ID:DtNVKaPB
政治的に日本の空母保有は難しいだろうね、だいいち金がかかりすぎるし。。。
安上がりに済ませるなら、対空母戦で一番コストパフォーマンスがいいのは潜水艦だろう
定数16隻は少なすぎるからせめてプラス4隻くらいは欲しいが乗員の育成がネックだね
あとは空対艦のXASM-3と護衛艦用の長射程超音速対艦ミサイルの開発くらいで対抗するしかないんじゃね?

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 12:07:02 ID:1Ulq86Yu
日本が空母を持たないのはコストパフォーマンスが悪すぎるから。
運用するのに膨大な人員と経費がかかるし、護衛艦隊が必要だし、
喪失した時のダメージが大きすぎる。

日本が正規空母クラスを保有するのは無人戦闘機が実用化された
後だろうね。


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/17(月) 17:29:24 ID:DtNVKaPB
その時もたぶん空母とは呼称せず、無人航空機運用艦とか当たりさわりのない名称つけそう

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 00:49:19 ID:uU0L3ugJ
無人航空機運用艦
なんかすげーかっこいいぞw

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/18(火) 20:57:10 ID:gyLByTXr
無人攻撃飛翔体搭載護衛艦とかもカコイイ

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 00:35:44 ID:sydodK/Y
ついにスーパーシルフが現実のものに

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/19(水) 01:05:33 ID:AD3q6aAu
ふっふっふっ。
こっちも空母を造るまでよのう。

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/20(木) 20:26:25 ID:mb2KL/2u
ついに潜水空母鳴門が現実のものに

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/21(金) 23:27:56 ID:rcYpQnhy
即効造る

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 19:01:20 ID:nCoPVFLl
>587-589
たかが中華空母相手なら対艦番長だけでも十分対処可能。同じ物で
対抗する必要はない。
空母が一度に出撃させられるのは高々2機。F-15Jで陽動しておき、
海面すれすれから近づいて射程圏内に入ったら一斉に対艦ミサイル
で飽和攻撃。あの変態ASM-3なら例えイージス艦が居ても対処不能。
あっという間に中華空母は沈み、虎の子の航空戦力は全滅。
制空権のない艦隊なんて鴨打ちだわな。フォークランド紛争でアル
ゼンチン軍はたった5発しか対艦ミサイル(エグゾセ)を持っていな
かったのに、イギリス海軍沈めまくったからなぁ。イギリスも航空
戦力持ってたのに。

それにこれはもうほぼ出来ている装備だけで考えた場合。中国が空母
機動艦隊を完成させる頃には当然自衛隊の装備も進化している。多分
心神で確立した技術を元にステルス制空戦闘機か戦闘爆撃機が完成し
ているだろうし、超音速対艦ミサイルなんてのもできるかも(旧ソ連
が持っていた)。

大体中国の経済は空母機動艦隊作れるまで持つのかね。国内に沢山爆弾
抱えているから経済崩壊どころか分裂の危機にあるとまで言われている
のに。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 11:41:21 ID:4UiqLNvs
>>590
飽和攻撃はソ連の得意技だね。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 12:30:38 ID:BGA/gupC
>>590
今年中に中国のGDPが日本を抜くと言われているのに呑気なことを

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 19:13:23 ID:2zTam6tX
>592
なんでおまい句読点がまったく無いの?日本人じゃないだろ。

まぁいいや。
中国は国内に爆弾を多数抱えており、しかも導火線に火がついている。

・民族問題(ウイグル、チベット、内モンゴル...)
・貧富の差、党幹部の汚職
・環境汚染(工業用水にすら使えないほど水質汚染が酷い)
・水源枯渇(北京近郊では年々地下水位が下がって砂漠化が進行中)
・三峡ダム(いい加減な施工で世界最大のダムを造ってしまったから...)
・不動産バブル(ついに弾け始めたとか)
・軍閥間の対立(上海閥のドン江沢民が長期に渡って行方不明だった)


594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 19:16:39 ID:2zTam6tX
>593
おっと肝心なのを忘れていた。
中央政府が発表した数字より、各省の発表した数字を足したものの方がはるかに
大きくなってしまった。これに限らず共産主義国の統計は一般に信用できない。
ノルマを果たすために、数字を平気で捏造するからね。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 19:59:38 ID:XARq+mtO
その統計が正しかったとしても、人口十倍で沿岸部の数千万人は先進国並みの生活
それで日本と同等のGDPこの意味判るだろ。



十数億人の超貧民を抱えた、史上最大、世界最大の貧民大国だ。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 20:34:47 ID:4UiqLNvs
>>593
中国のあらゆる環境問題が、日本の技術によって解決していることをお忘れなく。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 20:42:18 ID:XARq+mtO
どう解決してんの?w

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/23(日) 23:57:21 ID:2zTam6tX
>596
そりゃちゃんと金払ってくれるなら日本企業はなんとかできるけど、
あれだけ汚職と拝金主義が蔓延ってる中国で環境なんかに金かける訳
ないだろ。中共の中央政府はやっと問題に気が付いたようだけど、最
近のニュースだけでこれだけ悲惨だから、もう手遅れの可能性があるね。

http://news.google.co.jp/news?q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%80%80%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%B1%9A%E6%9F%93&lr=lang_ja&oe=utf-8&rls=org.mozilla:ja:official&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&hl=ja&ei=nlWRSpzrMY2pkAX22Ni7Cg&sa=X&oi=news_group&ct=title&resnum=12


599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 00:19:04 ID:Skk+DzIv
中国海軍が機動部隊を配備出来たとしても、彼らは地理的問題から有効な運用が困難な立場にある。
まず空母の特性上沿岸海軍のノリじゃ返って使えない。
的が大きいから沿岸周辺では探知され易く、それこそレスにもあるが潜水艦のカモにされる可能性が高い。
では本領発揮出来る外洋へ出るのがベストなんだが、日米を意識した場合その外洋への道が閉ざされてしまう。
日本列島、沖縄、台湾と中国が外洋へ出る場合どうしても通らなければならない出口を蓋をする地形的障害がある。
空母にとってこれは致命的で、探知され追撃を受ける事になるとほぼ確実に仕留められてしまう。
また外洋で待ち受ける米空母群などからボコボコにされる運命だろうか。
内海に浮かぶだけの空母はカモ以外の何物でもないね。
台湾併合等の将来への布石か砲艦外交用なのかもね。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 01:24:20 ID:FlqwYRSm
>>599
それは東シナ海で空母を使う、という限定的な前提での話だな
南シナ海があることをお忘れか?

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 02:15:01 ID:Skk+DzIv
>600
うん。
そっちは各諸島を巡って中国と周辺国が領有を巡り熾烈な火花ちらしてる方面だね。
ここを押さえないと中国は外洋へ自由に出入り出来ないが、この付近一帯も結局海峡を通過するという難点がある。
潜水艦などが待ち伏せするのに恰好な場所でもあり、まぁ海賊もそだけど・・・
だから南に下がったところで大海原を進むというわけにもいかないと思うけど?
もっともこの辺りに睨み効かすには空母は有用かもね?

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 03:27:45 ID:FlqwYRSm
>>601
その通り、台湾以西については状況が異なる
中国が空母の必要性を感じているとすれば、まずはそこだ

次に、経済力と軍事力で圧倒し台湾を手中に収めれば
沿岸海軍でもなくなってくる

まあもっとも、今の中国海軍にとっては空母より戦略原潜の整備が先だろうが

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 04:31:50 ID:Skk+DzIv
>602
なるほどね。
という事は、日本が中国に対して結構なプレッシャーかけれるとするならば、潜水艦隊の整備になるね。
原潜と違い日本の潜水艦は待ち伏せには優秀だから、狭い海峡や島が無数に点在するこの海域では
中国空母にとって薄氷を踏む思いで行動せざるを得なくなる。
外洋を高速で移動する米空母群相手では困難だが、ここならウルフパックが有効だろう。
日本単独でもかなり効果が期待できるが、アメリカの空母の支援があれば日本の潜水艦の生還率も高くなるね。



604 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/08/24(月) 07:54:26 ID:bsCNv64I
>>599
空母は駆逐艦やフリゲートetcとかと比べると対潜能力が低い。
それに言われているように的がでかいから沿岸だと最悪潜水艦のシューティングゲーム会場になる可能性が高い。
中国海軍の対潜能力ってどうなんだ?
つーか空母艦載機の前に米の潜水艦にボコられる可能性のほうが上だろ。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 11:20:41 ID:Rxy9Tl2M
>>604
>中国海軍の対潜能力ってどうなんだ?
恐らく現ロシア海軍並かそれ以下だと思われる。
ロシア海軍は伝統的に対艦・対地重視即ち攻撃重視な艦艇の整備に
力を入れてきており、対潜能力は一応哨戒能力があるよ?程度なの
は現在でもそんな程度。
ロシアよりの技術提供やロシア製艦船が多く、ロシア型の軍事思想が
強い中国海軍も似たり寄ったりと思われる。
近年の急速な拡大と近代化の影響などで見た目西側艦艇タイプが散見
されるようになってきているが、中身は未知数。
現状でも「対潜能力」などは後回しにされているか重視されてないと
思われるので日本の護衛艦以下の対戦能力だろう。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 17:32:48 ID:SK2fLQIG
>>604
船自体はな。
ただ載ってる対潜ヘリの分の対潜力はある。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 17:36:36 ID:pjf+M288
>>597
ググってから反論しろバカやろう

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/24(月) 19:30:39 ID:OFtXku6f
>607
ちゃんと親切にも>598が答えているじゃないかw


609 :607:2009/08/24(月) 19:58:35 ID:pjf+M288
>>608
おっと、そうだったか、じゃあ前言撤回な、済まん。バカやろう。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/25(火) 03:34:39 ID:MB6wOYTV
>>607 >>609
>ググってから反論しろ
要するにオマイは何も答えられないって事だなw

611 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/08/25(火) 12:31:14 ID:OOIpDsA2
>>605
えええっ!
元から東側の国の軍は対潜能力が低いとは知っていたがまさかロシア以下とは。
俺の想像を超えていた。
>>606
一応それは計算に入れた。
自前(搭載機抜き)の対潜能力ということで。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 16:30:20 ID:3lQpGDiy
> 購買力平価で換算すると中国のGDPは日本の2倍になる、日本がインドに抜かれるのも時間の問題との世界銀行の推計がでている。
> ニッポン至上主義者たちはさぞ歯ぎしりしていることだと思うが、数字というものは厳しいものである。

日経:中国のGDPは日本の2倍(世界銀行)
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1570102516/E1814576371/

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 16:35:27 ID:3lQpGDiy

> 中国GDP、日本抜き「世界2位の経済大国」へ
>
> 【上海=河崎真澄】第2四半期(4〜6月)の国内総生産(GDP)成長率が7.9%となり、政府目標の「8%前後」達成が視野に入った中国。今年、マイナス成長を見込む日本を尻目に、GDPで米国に次ぐ
> 「世界第2位の経済大国」の地位を射止めることがほぼ確実となった。「巨大市場」を武器に成長の軸足を「内需」に移す経済政策が奏功した。

産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090716/chn0907162211007-n1.htm

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 16:37:51 ID:3lQpGDiy
>>595
貧民は居るが中国の豊かな上層部は別に気にしないだろう

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 19:32:52 ID:VZv1iViz
経済ニュースを鵜呑みにするのは素人。
大抵のニュースはプロが素人を嵌め込む為に流している。
中国関連ニュースは嵌め込む雰囲気が充満している。
疑うなら市況2板へ行ってみな。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 22:48:16 ID:ErcW6iRc
中国のGDPで堅いのは輸出で構成されてる半分ってとこだな。

あと半分は固定資産の形成だけど、こいつは
今まで「人民のもの」だった土地を党幹部が
売りさばく過程の帳簿の付け替えで発生してる。
これってGDPにカウントすべきかは議論の余地が多いにある。

空母機動部隊は、多分、無理だろ。
輸出もサブプラで低調になるしな。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/26(水) 23:56:18 ID:dEeNu7QV
人口が日本の十倍以上だからな。
単純に、現在の日本と中国の経済力が同等とするならば
中国の各家庭の経済力は、日本の十分の一以下ということになる。

しかし逆を言えば、日本があることをしようとすれば
中国はその十分の一の労力で、同じことが出来るということでもある。
見かけ上の貧富さは、この問題に全く関係がない。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 02:29:26 ID:E35exI8P
労力は十分の一でも食わせる飯は十倍だw

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 09:30:09 ID:yVrqxVLX
それに現代においては何やるにしても、優秀な労働力が必要。
頭数だけ揃えてもなぁ。


620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 12:40:19 ID:wjC8UNfS
>>618
飯の量も関係ないな。
毒野菜や事故米を普通に食ってる国だからね。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 18:13:00 ID:VaJWQXcD
>>619
頭のいい奴は10倍は無理でも2倍くらいはいると思った方がいい。
ただし、研究開発への力の入れ方があまりうまくない。

能力の低い奴は人海戦術の駒として使うつもりだろう。

>>620
本物の塩を探すのも大変な国だぞ。


622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 21:53:21 ID:yVrqxVLX
>621
優秀と言っても2種類あってね:
・上位1%に入る連中
 これは確かに人口比が効くだろうね。だけど中国国内では大学教育が
 うまくいってないのは御承知の通り。
・平均値
 これは中国はまだまだ低い。日本はこれが異常に高いのが特徴。
 例えば陸自の野砲部隊が異常に高い命中率を持っていて、米軍から
 真面目に「野砲部隊の特殊部隊なんて作るのは無駄だ」と言われた
 事があるのは有名。

> 能力の低い奴は人海戦術の駒として使うつもりだろう。

これが効くのは陸軍のみ。しかも最近の機械化されている陸軍に対し
有効かどうかはかなり疑問。海や空じゃまったく役に立たないから、日本
には当面関係ない。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:19:55 ID:agmqucNr
>>622
? 陸軍の話じゃないからな
それに、そもそも頭数の話を出したのは資金面での話。

貴方の理論に沿えば、空母のような兵器は
本来、下士官から士官まで「上位1%に入る連中」が運用する訳だから
個人のパフォーマンスの上では、問題は無いということになる。

技術的な部分の不備について、言及したいということかな?

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 23:37:16 ID:E7EQ1vjX
>しかし逆を言えば、日本があることをしようとすれば
>中国はその十分の一の労力で、同じことが出来るということでもある。
>見かけ上の貧富さは、この問題に全く関係がない。

日本とバングラディッシュ。人口は同じくらいだけど、それでGDPにどんだけの差がある?

数を頼めばなんとかなるというものではない。国民一人ひとりが十分に稼がないと、国を
維持する役人を養えない。役人を養えないという事実は、国の選択肢が狭いことに直結
する。共産党の強権で国をまとめるという手法は、ただでさえ人口あたりの統治コストが
高くなるのだから、その手間をかける対象が貧乏人というのは悪夢でしかなくなる。

>飯の量も関係ないな。
>毒野菜や事故米を普通に食ってる国だからね。

それで腹さえ満たしてやれば共産党に従う国民が沸いてでるかというと、小皇帝に代表さ
れるように「子供一人に二人の親、四人の祖父母」と世代が進むごとに急速に出生率は下
がり、高齢化が進んでいる。資本主義としての成熟を迎えるどころか、発展途上国のまま
に高齢化社会に突入することが確定している。その状況で国民平均を採ればとびっきりの
エリートでなければ構成できない海軍というものを増強するというのは大事業であり、空母
に色気を見せて幾星霜に連中がなお空母戦力の具体化ができていないことからも、その
困難さが伺えるわけなのだが。

かつて空母機動部隊…戦艦部隊でもいいが…を戦力として有効化できたのは、日米英の
三カ国でしかない。その三カ国とも海上貿易で富を蓄積することができた。それ以外の空
母保有国とは、中古空母とノウハウの輸入を行っただけであり、輸出元の空母運用の戦略
が変わって、より費用が膨大になったり自国と環境が変わったりすると、大枚をはたいたは
ずのそれを放擲せざるをえなくなった。ソビエトほどの大国であっても、SLOCが生み出す
富が無い大陸国家のままでは、その費用は出せなかったのだ。

トビリシの中古を動かす、程度であれば中国でもできるかもしれない。しかし本当の困難は
その先、買い叩く空母も、供与される艦載機も運用ノウハウも無い状態から中国の財布の
範囲で、中国の国益に利する海軍戦力としての空母という先例の無いものを作り上げなけ
ればならない。兵器システムの接木細工しかできていない彼らにはあまりに荷が重い。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/03(木) 18:22:05 ID:rTb1P/sh
>>1
鳥人間コンテストやりたいお〜


626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/03(木) 19:14:24 ID:lS/81l5e
>>622
近代化済みの軍隊相手になると、陸軍ももうだめだろう。
今は昔のように夜戦の際に人間で押し切るような作戦はできないからね。
制空権を取ってしまえば、赤外線スコープを使って隠れている敵も丸見え。
飛行機なくても監視衛星を使えば移動中の部隊規模など一目両全。

イラクで起きたように虐殺ともいえる戦いをする事になる。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/04(金) 21:46:04 ID:um9W/Zab
>>624
日本やバングラディッシュを引き合いに比較しても無意味だな。
難しいことじゃない、話を単純化して考えるとこうだ…

>国民一人ひとりが十分に稼がないと、国を維持する役人を養えない。
中国の場合その役人の給料が10分の1以下で済む、ということなんだ。
日本と同じ給与水準を保障する必要は無い。

人口は日本の10倍だから、もちろん役人の数も10倍必要だ。
しかし、給料は1/10でいいのだから
この場合、役人の給与の総額はそれぞれにおいて等しい。
コストが上がるとは言えない。


>共産党の強権で国をまとめるという手法は、
>ただでさえ人口あたりの統治コストが高くなる
具体的にどんな統治コストのことを指しているのだろうか?
日本と違い、弱者を保護する必要は特に無いからな。


>世代が進むごとに急速に出生率は下がり、高齢化が進んでいる。
一人っ子政策が中国の隅々まで徹底されている訳ではないよ。
それに長い目で見て、人材が危機的状況になるまで続けると思うか?


>その三カ国とも海上貿易で富を蓄積することができた。
日本でも、アメリカでも、EUでも今や街は中国製品で溢れてるよ。
個人的には極力買わないようにしてるがね。


ソビエトと比較するのもあまり意味が無い。
なぜなら、両者は経済構造に共通点が無いだろう。
共通してるのは、「共産党」と銘打った名ばかりの集団による
一党独裁という政治体制のみだ。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 04:39:13 ID:8GvxgSU0
>>1
>もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら
ミャンマー経由の石油パイプラインが守れる
寄港地さえ確保すれば、インドとも戦える

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 18:45:40 ID:DGXbt6YI
インド人のクロンボ

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 20:25:34 ID:Mw87SIzZ
>>1
日本にとって好都合!  相手の出方を常に利用するのが戦略ですので。

日本はわざと大袈裟に騒げば良いのです。


631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 21:01:26 ID:bB1CvhgK
おばか
日本は水面下でいいの
アメリカがやったあとに止めをさす

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 22:10:20 ID:3zaH2zkD
>>国民一人ひとりが十分に稼がないと、国を維持する役人を養えない。
>中国の場合その役人の給料が10分の1以下で済む、ということなんだ。
>日本と同じ給与水準を保障する必要は無い。

>人口は日本の10倍だから、もちろん役人の数も10倍必要だ。
>しかし、給料は1/10でいいのだから
>この場合、役人の給与の総額はそれぞれにおいて等しい。
>コストが上がるとは言えない。

言えない、とするなら、その根拠でも出せばどうだ、工作員。

公務員の給料が安い、だからナニ?
それを養う納税者は、それに輪をかけて貧乏だ。

>具体的にどんな統治コストのことを指しているのだろうか?
>日本と違い、弱者を保護する必要は特に無いからな。

嘘つきは逃げているが、人口の28人に一人が公務員というのは世界最高比率。
そのくせ貧富の差は拡大し、公務員の給与は支給額で一般労働者の2倍以上、
各種福利で給料に手をつけずに生活できると言われている。人民代議員大会で
さえ、昇給を否決される高給取りを、貧乏人が必死に支えているわけだ。

政府・官僚という組織を維持するために支払われている「統治コスト」が、安いと
言うなら根拠を出せ。

>一人っ子政策が中国の隅々まで徹底されている訳ではないよ。
>それに長い目で見て、人材が危機的状況になるまで続けると思うか?

中国人自身がその心配をしているのに、なんでお前が保証できる?
一人っ子政策の結果は、インフラの整った都市部で生活し、教育に投資できる収
入を持った親から生まれる子供の減少だ。その一方で戸籍すら満足に無い農村
部では、単純な労働力不足から戸籍に記載されない子供が生まれ、教育を受け
ることも無く成長する。大量の戸籍も無い生産性の低い文盲が成長した結果につ
いて、将来の中国政府が責任を取ろうとすれば、莫大なコストを支払う破目になる。

>日本でも、アメリカでも、EUでも今や街は中国製品で溢れてるよ。

あー、もうどうしようもないバカだ、こいつ…。
リアル中学生なのか、引きこもり高校生なのか、まともに本も読めないのが判るわ。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 03:01:07 ID:jpl6uINn
>>632
そうカッカするなよ。
貴方は一方的な決め付けが多いな。
勝った負けたのディベートがしたいのか?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 07:49:58 ID:THVnYy2V
ユダヤ人をナチスから救った先の大戦は
義戦であったと学校で教育されている。
それならば、チベットやウイグルでの虐殺を
傍観しているのはなぜだ?

中国との関係を重視するあまり
黙認を決め込むなんて腰抜けすぎるだろう。
大和民族は臆病者になってしまったのか。

利害よりも義で動くのが大和魂でしょう。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 07:54:05 ID:cRR8Xgs/
>ユダヤ人をナチスから救った先の大戦は義戦であった
これを言うならアメリカに言えw

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 10:41:27 ID:t2sk23Zr
>そうカッカするなよ。

ディベートにもならん一行イイワケしかできないバカでは、怒るだろう、普通。

>貴方は一方的な決め付けが多いな。

勉強が足りないどころか、する意思も無いバカに「んー? それでいいのかなー」なんて
小学生相手の塾講師みたいな対応をしろと?w

>勝った負けたのディベートがしたいのか?

だからコイツがバカすぎて話にならないって言ってるじゃん。中国の公務員が国内にお
いてすごい競争率を誇る人気職業であることはググればわかるのに、それを「しない」で
脳内妄想を垂れ流すのだから、ディベートにはなりえない。バカと言う前段階ではマジレ
スしているんだけどね。

カッカするなというが、ではコイツのバカさ加減についてはどう考える?
真性バカか、工作員でもなければ「事実と違うことだけを書き続ける」ことはしないと思うが?

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 14:59:21 ID:FF3CXO75
尖閣、沖縄の順に日本併合。日本終了W

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 15:05:08 ID:ANWDLTwf
日本は、いざという時は巨人軍が守ってくれるから大丈夫だよ

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/06(日) 19:06:47 ID:2UqjQEDm
ガッツ砲、ラミ砲ですね

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 01:51:56 ID:r7C5yQtv
>>636
>小学生相手の塾講師みたいな対応をしろと?w
そう、つまり貴方のその個人的な主観の押し売りは要らないということ。
なぜなら、貴方は日中の意志を決定する権者ではないからだ。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/07(月) 11:38:02 ID:xPoElMnN
>そう、つまり貴方のその個人的な主観の押し売りは要らないということ。

ならば。

>難しいことじゃない、話を単純化して考えるとこうだ…

「単純化」とやらも個人的主観でしかないし、その前提が「現実を無視」している
ことをどう考える? 事実を知らない、調べもしない、そして「事実と違うことだけ
を書き続ける」ことに対して、アンタはどう考える?

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/09(水) 23:49:10 ID:JiFkaClt
>>641
貴方の解釈の仕方に問題があると思う。

可哀相な人だな。

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 22:42:08 ID:OJM3AvKT
>貴方の解釈の仕方に問題があると思う。

解釈の問題と逃げを打つ前に、まず「調べない、調べると事実がわかるから都合が悪い」
ゆえに「調べないでウソを書き続ける」という人間を、どう評価するのかを聞かせて欲しい。

常識的に考えて、褒められるものか? マジレスにそういう態度をとっている「バカ」を擁護
する根拠ってナニ? もしかして自演?

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/10(木) 23:29:32 ID:7Mto9MoU
中国の掃海能力はどのくらいのものかなあ。
もし低ければ潜水艦設置型の磁気機雷、音響機雷でも
ばらまいとけば封鎖できるんじゃないか。
そうなれば張り子の虎だね。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 06:08:38 ID:l2+HeuCv
小型の船を数十隻、空母の前を走らせれば磁気だろうが音響だろうが全部
処理出来るアル。

1航海で半分位に減っても、代りはいくらでもいるアル。
これこそまさに人民の盾アルネ。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 06:47:03 ID:tg4LvoGp
中国海軍は急速な近代化と拡大を推し進めてるけど、まともな外洋海軍に成長するには
まだ時間がかかる。(最低10〜15年程度は)

その間にこちらも手を打つ、それだけの話だろ。
特定のハードを持ったから如何こう言ってもなー

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 10:40:46 ID:yOTxxYEy
>小型の船を数十隻、空母の前を走らせれば磁気だろうが音響だろうが全部
>処理出来るアル。

あー、いるよねー。思いつきの検証をしないまま「俺って頭イイ!」って書き込む人。

機雷ってのは30年位前でも十分知能化されててね。小型のフネというのであれ
ば、水圧変化で対象の排水量を判断するし、音響で軸数を見て無視もする。
磁気変化もカウンター仕込んで5回まで無視する、10回まで無視するというよう
にもできるわけだ。

いま、中国にある船でワリヤーグ以外に「4軸推進」なんてものはないから、これ
だけでも艦種どころか個艦で特定できるわけだし、その些細なデータを機雷に
詰めてやれば、直接人の手で掃海するのでも無い限り、あとの情報を無視する
設定にもできる。

機雷の敷設の可能性の海域では、延々2軸で誤魔化しますか? と。

ま、試航船…囮を用意するにしても、人口と違って沸いて出るわけではないフネ
という工業製品や、維持航海するための部品、燃料、船員の調達、海軍作戦に
同調させるための指揮管制等、問題山積なんだけどね。
馬鹿にされることの多い旧海軍の漁船徴用の特設監視船だって、それができる
下地としてのインフラは必要だったし、その代償は払った。中国にそれがあるの?

648 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/09/14(月) 07:48:18 ID:4X7qHXIY
>>647
多分無いだろう。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 04:55:41 ID:8RprNiFX
>>627
30年後の労働人口を無視しちゃいかんよ。
仮に現状の労働人口が日本の10倍だったとしても、30年後は日本の10倍ないんだぜ。
日本以上の少子高齢化問題が待ち受けてる。





650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/15(火) 05:11:52 ID:8RprNiFX
あーあと、ついでに言えば中国人のほとんどは納税してないよ。
月給が1000元(だったはず)以下の人は無税だから。
人口の8割ぐらいはこれに該当してるだろうね。
俺がこっち(中国)でやってる店の従業員も納税してない。
税収の大半は企業からだよ。
だから外資が撤退すると中国ヤバイんだってさ。
地方都市(中国)の経済委員会のおっさんが言ってた。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 20:29:36 ID:3gDkJ6a9
>>647
わが中国4千年の房中術を持ってすれば、日本人技術者や政府・自衛隊高官から機密を流出させるのは
赤子の手を捻るようなものよ!



652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/18(金) 23:48:34 ID:akihBdQp
>わが中国4千年の房中術を持ってすれば、日本人技術者や政府・自衛隊高官から機密を流出させるのは
>赤子の手を捻るようなものよ!

その房中術とやらを日本相手にやれば、中国海軍の水兵の質があがるのか?

ある親がセンター試験の答案を手に入れたとして、それを自分の子供のお受験にどう活用できる?

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 02:54:28 ID:ajWRNx8v
他愛のないネタレスでも中朝をちょっとでも持ち上げるととたんに顔真っ赤にする奴って何なんだろな。

火病持ちの韓国人様でもここまで沸点低くないと思うぞww


654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 03:00:12 ID:mBy78g0k
>>653
俺の事いってるのか?
だとしたら、中国に住んでる奴と住んでない奴の認識による違いだろ。
お前も住めばわかる。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 13:18:14 ID:em27KDSw
>他愛のないネタレスでも中朝をちょっとでも持ち上げるととたんに顔真っ赤にする奴って何なんだろな。

事実無根で「持ち上げる」必要がある奴って、ドコの国の人間なんだろうな。
ジョークやユーモアと無縁のままに「捏造してでも」賛美するってのは、それこそ
どっかの半島のメンタリティなんだけど。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/20(日) 16:07:19 ID:Hy/q1vqi
>他愛のないネタレスでも中朝をちょっとでも持ち上げると
他愛のないネタレス=嘘八百並べて必死に中朝を持ち上げる事か?w

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 00:45:47 ID:aLHTGfvJ
イージス艦の無い空母は長距離ミサイルで沈むんじゃね?



658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/27(日) 18:30:41 ID:wBbiqw9G
中華イージスと言われる防空艦は作っているけどね。
大型水上戦闘艦も、ちょこちょこ装備や排水量を変えたのを何タイプも作って
「どーするのがよいか」というノウハウを貯めている段階。

米ソのように確立したドクトリンの元に同型艦をどんどん作れる状況ではない。

659 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/09/28(月) 19:50:50 ID:S+yrTV4/
>>658
まだ中国の海上戦力は発展途上ってことか。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 00:45:21 ID:4tmEgTBX
>658
韓国や北朝鮮とは違うな。技術力が無いなりにがんばっている。
今現在で慌てる必要はないが、将来は脅威となる事を考える必要がある。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 01:41:41 ID:uFICCJ6r
大和魂でシナ人の参政権要求を粉砕せよ!(1/4)
http://www.youtube.com/user/shukenkaifuku2#play/uploads/4/ikS-fkVhU2Y

凶悪シナ人へのとび蹴りシーン ※8分34秒から


662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 12:42:59 ID:jHVj7rfA
支那でも20〜30年後には空母機動部隊を完成させることは出来るでしょ。独裁国家ならではの資金・人員投入もあるしね。
ただ、支那が機動部隊を完成させた時には、日米はその遙か先を行ってるだろうね。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/29(火) 16:47:06 ID:EtS/a2N2
大体過去に
日本に勝った事もないような中国が
日本よりサラに強いアメリカと
それより更に強い世界最強な日米同盟に勝てるわけがない

中国マンセーは、只の絵に描いた餅に過ぎないな。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 10:03:07 ID:90uQDSqH
>662 663
懲らしめてやらねばな。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 10:23:11 ID:zQ3NbdU8
>>663
まぁ 大陸の特徴なんだが「粘り強い」というか「諦めるという言葉を知らない」
のが特徴なんだけどね?www
ロシアもフランスもそうだけど、何度苦杯を味わって国土をヅタボロにされても
時間をかけ立ち直って、また挑戦してくるw
日本みたいに一度ボロボロにやられて自信喪失するような軟弱な民族性じゃないって
いうのが最大の脅威だろなw

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 11:01:56 ID:4TcmbimN
大陸の連中は昔から戦争三昧だからな特に中国は異民族に支配されたり、
支配したりのことを4000年続けてるからな

日本は、それに飲み込まれないように今まで上手くやってきたが、21世紀
はどうなるか分からんな

日本にはびこる、いわゆる“平和主義”。この腐った考えを改めないと、日
本はなくなるわw

「平和を望むなら、戦争に備えろ」ってことだ、自分たちが流した汗と血の
努力の分だけ、1日でも長く平和は保たれるのだから

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 22:46:28 ID:9h5qSKMb
>まぁ 大陸の特徴なんだが「粘り強い」というか「諦めるという言葉を知らない」
>のが特徴なんだけどね?www

近代以降だと、どんな例がある?
中世を引き合いに出されても、現在と違う国家…というか、国家の概念さえ未熟な
時代の話をされても、現代に援用はできない。

>ロシアもフランスもそうだけど、何度苦杯を味わって国土をヅタボロにされても
>時間をかけ立ち直って、また挑戦してくるw

ローマ帝国って復活したっけ? プロイセン公国とか、オーストリアハンガリー帝国
とか。ポーランドも大国だったわな。滅ぼされてどのままフェードアウト、の方が余
程多いわけだが。

>大陸の連中は昔から戦争三昧だからな特に中国は異民族に支配されたり、
>支配したりのことを4000年続けてるからな

…異民族に支配されたあとに、支配された方の王族なり政権がカムバックできた例
って、どんだけあるの? 基本的にミナゴロシで、支配されるたびに混血が進むだけ
であって「民族」としての血統なんてものはない。あの土地を支配していたら、火星
人だって漢民族だ。

>「平和を望むなら、戦争に備えろ」ってことだ、

…誰の言葉? そのアタマの悪そうな台詞は。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 23:42:25 ID:tr/EpNF2
>>664
そうだね支那なんて一撃食らわせれば即降伏だよね
暴支膺懲をスローガンに宣戦布告しようぜ

って言って始めた戦争が終わらなくて陛下にお叱りを受けたのをもう忘れたの?

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 08:31:25 ID:2USl5K37


もしも中国が空母機動艦隊を完成させたら

        ↑
まず、核兵器で日本を恫喝する。 その時、アメリカは知らんふりだ!  日本は何も出来なく、黙っているだけだ。


そして日本近海で、わがもの顔で日本の邪魔をするだけでなく、南方の島を次々に占領して、やがて沖縄、対馬は中国領土だ。

と言って、堂々と占領するだけだ。 日本は手も足も出なくなり、やがて全てが中国に飲み込まれるのだ。

チベット、ウズベキスタンの様に弾圧、虐殺され‘日本国民は虐殺’だ。 此れも馬鹿マスコミや、それに踊らされた‘馬鹿国民’の所為だ。

仕方がないね! 馬鹿国民は‘消滅する’のだ。 中国の高笑いが聞こえる!!  馬鹿国家日本は消滅した。 \(◎o◎)/!

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 11:04:55 ID:CwiwjXCz
>>667
>…誰の言葉?
ほんとアタマの悪そうな台詞だなw

671 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/10/01(木) 19:19:33 ID:yw09qYEV
>>669
中国至上主義妄想はよく見るがここまで来るともはや基地害ものだな・・・・・
>まず、核兵器で日本を恫喝する。 その時、アメリカは知らんふりだ!  日本は何も出来なく、黙っているだけだ。
核恫喝したら100%経済制裁。外資が軒並み撤退して>>650の様になる。

>そして日本近海で、わがもの顔で日本の邪魔をするだけでなく、南方の島を次々に占領して、やがて沖縄、対馬は中国領土だ。
と言って、堂々と占領するだけだ。 日本は手も足も出なくなり、やがて全てが中国に飲み込まれるのだ。
そうしたら100%自衛隊が動くよ。尖閣諸島は不明とはいえ、対馬&沖縄は立派な日本領土。しかも自衛隊が駐留している。いくら軍事オンチのハトポッポ政権でも防衛出動させるだろ。

>チベット、ウズベキスタンの様に弾圧、虐殺され‘日本国民は虐殺’だ。
人道面で世界が許すと思うか?弾圧やった暁には最悪国連で制裁決議が出されるだろうね。世界を敵に回して戦えるほど中国に軍事力は無い。貴様の主張は楽観的過ぎる。

工作員の意見は必要無い。そんな楽観的に戦争を考える貴様には軍事を語る資格など無い。さっさと戦争板から消えろ。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 23:13:24 ID:0CxgOV/n
>>667
>ほんとアタマの悪そうな台詞だなw

>>666は思い込みの激しい、そのくせ人の話を聞かないで半端に覚えて、
間違ったことを得意顔で大声で言って回るクチなんだろうな…。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 12:44:46 ID:vqxPctr9
>>667>>670>>672
「Si vis pacem,para bellum」
 訳「もし平和を欲するならば、戦争に備えよ」

ラテン語の格言だよ。

頭の悪そうな台詞というが、人類の歴史は戦争の歴史でもある。
戦争が平和を生み、平和が戦争を生む。この循環の繰り返しなのだ。

支配する側に立つこともあれば、被支配する側にもされることがあると
いうことだ。

現在の日本は被支配される立場に立っている。実際にいまだに米国の影響
下におかれている。なら、米国と中国のどちらに支配されたい?
俺は実際にはどちらに支配されるのも、支配するのも断る。
だが、現実ではそうはいかない、なら中国よりも自由主義圏である米国の
方がまだマシである。
チベットやウィグル、内モンゴルを見てみろ、この少数民族たちが幸せに
見えるか?

俺は、日本の文化と日本人の誇りを奪われて生きるくらいなら、戦って死んだほうがマシだ。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:06:51 ID:Mdq3Z4om
>>673
>ほんとアタマの悪そうな台詞だなw
ってのは>>667の「誰の言葉?」って台詞に対して言ってるわけだがw

>ラテン語の格言
というかローマの軍事学者ヴェゲティウスのお言葉。
まぁアンタも知ってると思うけど。


675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:10:26 ID:vqxPctr9
>>674
そうだったのか、すまない。

てっきり、自分に言われていると思ってしまった。申し訳ない。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:20:12 ID:DVNJTQmG
空母が自分でイージス機能をもってたらいかんの?

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/02(金) 13:36:54 ID:Mdq3Z4om
>>676
イカンと言うことはない。
ただスペース的な問題もあるので、
それを載せることによって艦載機運用能力が低下するなら
それらは他の艦艇で肩代わりして空母としての性能に特化させた方が良いという話し。


678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 01:31:14 ID:IXIXTcLN
>頭の悪そうな台詞というが、人類の歴史は戦争の歴史でもある。
>戦争が平和を生み、平和が戦争を生む。この循環の繰り返しなのだ。

うちらが生きてるのは現代であって、中世でも古代でもない。
中世的観念で「不業不屈の民族」を妄想したところで、現代で同じことが
できるかどうかは社会システムや生産量が決めることだ。民族の過去の
経験ではない。

日本政府の外交政策は古代ローマほど単純な因子で成り立つわけで
はないのに「平和主義」を「腐った」と断じ、その対極としてその格言を使
うのは、非常に頭が悪く見える。

古代ローマに範をとるというのであれば、まだユリウス正式婚姻法の特
典でも引っ張ってきたほうがマシなくらいだ。


679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 02:22:18 ID:kepe4vym
>>678
オマエらがいくら斜め上を行ったところで、
周りの他国は基本的に大昔から同じロジックで動いてる。

その中で「平和主義」なんてお花畑理論振り回すオマエは頭が悪い以前に世間知らずってわけw

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 11:50:52 ID:5EnDWK1S
定遠はまだ沈みませんか

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 13:42:22 ID:SWrTxO5j

煙もみえず 雲も無く 風も戦がず

波立たず 鏡の如き黄海は唐紅に・・・・・

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 18:48:34 ID:3Izh3GuP
>>678
現代では、武力による侵略だけでは多くの領土を獲得できないくらい中国だって
理解している。

そこで中国が目をつけたのが、西側諸国の民主主義と資本主義の仕組みである。

民主主義は、大衆の投票によって自分たちの国の利益を獲得できる代表者たちを
選出する。中国は、そうした大衆の中に自分たちに有利になるような有権者を作
り、徐々に他国の政党や民間団体などを自分たちのシンパにしていく。そして、
合法的に新中国的な政権を立てさせ、国を乗っ取る。
現在では、これが一番確実かつ合法的で安全な侵略のやり方だ。

次に資本主義である西側諸国は急成長する魅力的な市場には目が無い。
そこで中国は自分たちの国の市場が魅力的に見せるようにした。
現在、世界規模でのエコの盛り上がりによって、ハイブリッドや電気自動車が
注目されているが、それらに使うバッテリーの原材料であるレアアースの産出
国の98%が中国である。
これにより、魅力的な市場と21世紀の戦略物資のひとつであるレアアースなど
を引き合いに出し、西側諸国の中国に対する反感を封じ込める。

チベット暴動のときもフランスなどの西側諸国が北京五輪をボイコットを示唆
したりしたが、予定通り参加した。彼らは、中国の市場から追放されるのを恐
れたのだ。

本当に中国はしたたかである。すでに日本は中国による支配の第一段階に入っ
たといっていいかもしれない。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 19:10:39 ID:L2xOfL6w
>>682
中国人からしたら、その全く逆のことを日本やアメリカといった先進国に感じているかもしれないぞw


684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:07:39 ID:IXIXTcLN
>オマエらがいくら斜め上を行ったところで、
>周りの他国は基本的に大昔から同じロジックで動いてる。

大昔ねぇ…金融も未発達だった古代と、先物で資源の価格を吊り上げられる
現代を同列に並べているあたりで、お前は十分に斜め上だ。

>その中で「平和主義」なんてお花畑理論振り回すオマエは頭が悪い以前に世間知らずってわけw

その「平和主義」は俺定義だろうが。脳内定義して「腐った」とか言っても、具
体的なことは言えない。お前みたいなバカが何を言おうと、世界中から資源を
…文字通り、世界のあちこちから資源をかき集めないと国の豊かさを維持で
きない日本にとって、通商路と市場が平和であることは必須だ。戦争状態にな
って輸送コストが跳ね上がれば、貿易なんてものは成り立たない。自分が住
んでいる国のありようも理解していないことを暴露するのがそんなに楽しいか?

ああ。「住んでいる」だけで、文部省の認可の無い学校にしか通ったことのない
世間知らずか。ならば日本の滅亡を願ってこぶしを効かせて恨み節をがなる
のも仕方ないか。


685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:23:04 ID:IXIXTcLN
>合法的に新中国的な政権を立てさせ、国を乗っ取る。
>現在では、これが一番確実かつ合法的で安全な侵略のやり方だ。

それだと親中国の国家は作れても、中国が乗っ取れるわけではないなぁ。
だいいち、選挙なんてものは「反中国」の表明をも可能とするのだから、選
挙の結果なんてものに頼るのは自殺行為でもある。

選挙が出来ない状態にしてから人口を送りつけるってのはチベットでもやっ
てはいるけど「外国」でできる手法ではない。アフリカや中米でやっているの
は独裁政権を金で吊るってやつなので、もっと金を出せる奴がでてくると札
びらで頬をはたかれてたたき出されるのは自分の方だし。ま、だから単純な
金の問題にならないように、政治的歴史的諍いのあるところを選んでいるわ
けだけど…戦争に大負けしてからはイヤミなくらいに商売に開き直り、政治
的歴史的シガラミの無いまま、国際政治の損得を無視して(いるかのように
見えるが、実はそれ以上に重要視する国内事情の結果ではあるのだが)援
助を始めたりする日本は、いやーな存在だろうなw

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:36:24 ID:3Izh3GuP
>>684
あなたも言っているように日本は何の資源も無い国です。
食料でさえ、満足に自給自足できず大半を輸入に頼るほどです。

そうなると、海上輸送路は日本にとっての最重要の生命線ということです。
ただ、海上輸送路の安全性の維持は一筋縄ではいきません。
陸路のように要所要所に監視所などを建設することもできません。
ひとたび、敵国の海上戦力に脅かされれば戦争状態になっていなくとも十分、
日本にとっては脅威となるのです。海上封鎖をされればさらに深刻でしょう。
そして海上封鎖を行った敵国は我々に不当な要求をしてくるでしょうし、それ
を飲めば、要求はさらにエスカレートしていくはずです。
海上封鎖しなくとも領海内を敵国の艦船がウロチョロするだけでも重大な脅威
なのです。

私がローマのことを語ったのは、当時のことを現代の日本に当てはめろという
わけではなく。そういう心構えが必要で、そういう覚悟があると敵国に意思を
表明することで、敵国も少しは我々が脅しは効かないと考えるようになるはず
だからです。

だからこそ、中国の空母建造と将来における運用が問題になっているわけです。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:44:01 ID:IXIXTcLN
>これにより、魅力的な市場と21世紀の戦略物資のひとつであるレアアースなど
>を引き合いに出し、西側諸国の中国に対する反感を封じ込める。

現実はどうかというと。
http://japanese.china.org.cn/culture/2009-04/15/content_17612091.htm

端的に言うと、買い叩かれている。そこで資源の輸出管理がなぜできない
のかというと、積まれた現金に逆らえる状況に無いから。OPECのような生
産調整もできない状況では「反感を封じ込める」どころか「売って当たり前」
の改善もできない。独裁国家ならなんでもできる、にはならない例でもある。

てかね。

日本と韓国で輸出の半分とか言ってるわじゃん。両国の製造業が中国向
け生産で一息ついている状況で「原材料値上げしました」とやったところで
「では製品価格に転嫁します」にしかならない。実際、数年前の資源価格
高騰のときもそうだったし。中国国内で産業が完結しないのだから、人口
の少ない、人口当たりの獲得外貨がバカみたいに高い産油国が、売りっ
ぱなしの原油の価格を上げるのとは話が違う。

あと。

非鉄金属で言うなら、輸出額の倍を輸入しているのが中国。

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 21:54:54 ID:kepe4vym
とりあえず>>684が自分の娘や嫁さんがレイプされて切り刻まれても、
あれこれ良いわけを考えながら死んだふりを決め込むようなチキンだって事は判ったw

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:03:07 ID:3Izh3GuP
>>687
私が見た読売新聞の記事では、中国がレアアースの本格的な囲い込みに出た
と掲載されている。(2009年10月1日付)

あなたの示す記事では、確かに超安値で買い叩かれているがそのことは現在
では中国政府も認識しているようだ。
結果、昨年11月にネオジムなどの輸出税を10%から25%に引き上げたみたいだ。
内モンゴルで磁石用原材料を生産する昭和電工が金融危機と輸出税引き上げ
でこの8月までに一時生産中止に追い込まれたらしい。

それに中国はハイブリットカーや電気自動車の市場で世界的イニシアチブを
とりたいみたいだな。もし輸出税を上げるのではなく輸出禁止という強制措
置でもとられたら、転換を図っている日本の自動車産業も打撃を受ける。

他にも、中国はITの重要な情報の開示も迫っているし、もし各国の企業が中
国から撤退しても工場は中国が強制接収するという契約を交わしているから
どっちみち技術が接収されるわけだが。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:18:36 ID:kepe4vym
てか>>684が馬鹿過ぎなのが中国が本気で話せばわかる連中だと思ってるところだろう。
その割に一番中国を小馬鹿にもしているわけだがw

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:25:17 ID:IXIXTcLN
>>686
話を中国空母に戻してくれてありがとうw

>ひとたび、敵国の海上戦力に脅かされれば戦争状態になっていなくとも十分、
>日本にとっては脅威となるのです。海上封鎖をされればさらに深刻でしょう。

それを行う能力の確保が可能な組織は、国家の維持する海軍組織くらいで、
軍隊は自分で何かをするのではなく、国家の利益になる行動を命ぜられる。
日本が、日本の通商路を脅かす以上の利得を「相手国政府に」提示できるの
であれば、日本の通商路を脅かす国家はなくなる。あるいは、存在しても「日
本の提供する利益が失われることを恐れて」脅威の排除に同調する。

>そして海上封鎖を行った敵国は我々に不当な要求をしてくるでしょうし、それ
>を飲めば、要求はさらにエスカレートしていくはずです。

こういう利益獲得モデルを成立「させない」ことが最重要となる。もちろん直接
的な軍事力でそれを確保する手法もあるだろうが、軍事費の負担は用意に限
界にぶちあたるし、国民の福利の予算、すなわち「豊かさ」とのトレードオフを行
う必要がある。それが受け入れられなければ、選挙で政策が変わるだけだ。

>私がローマのことを語ったのは、当時のことを現代の日本に当てはめろという
>わけではなく。そういう心構えが必要で、そういう覚悟があると敵国に意思を
>表明することで、敵国も少しは我々が脅しは効かないと考えるようになるはず
>だからです。

脅威とは意図と能力の総和とされる。他国から見た場合の日本は、その経済力
故に、あるいはその経済力を涵養した国家、国民の存在故に、脅威となる戦力を
容易に構築できるとみなされている。そこに意図の要素は無い。「できる」のに「や
らない」と言ってるような日本人を信用するのは、特亜的に愚の骨頂だからだw

冗談はおいておいて、他国が日本を脅威として評価する場合において、経済力の
裏打ちがでかすぎるが故に、意図の部分、とくに表明はあまり重要とはされない
のは事実だ。逆に日本は表明しないことによって事前にそれに拘泥されず、必要
とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。

日本の外交政策を「平和主義」と命名し、それを「腐った」と表現した人間がいるこ
とには言及した。しかしその「腐った」という政策に優先して「戦争の可能性に対抗す
るための、戦争遂行能力の確保」が必要」という主張は、治水対策に必要なのはダ
ムや護岸工事ではなく、処女の生贄だと言ってるようなものだ。そりゃ、当時は正し
かったのかもしれないが、現代においては妥当性を欠くが故にバカであると思って
いる。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:40:15 ID:kepe4vym
>日本の通商路を脅かす以上の利得を「相手国政府に」提示できるのであれば、
まさしく朝貢ですね、判りますw

>こういう利益獲得モデルを成立「させない」ことが最重要となる。
おーい軍事力以外の解決法は?w

>脅威となる戦力を容易に構築できるとみなされている。
そんなのは軍事に疎い日本の左巻き政治家くらいのもんだろ。
軍事力の整備にどれだけ時間がかかると思ってるんだ?

>必要とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。
なに?必要であると判断してから軍隊を組織して法律作って軍隊を送るの?
それじゃ送ったときには思いっきり手遅れだろ。
てかそれこそ19世紀の軍隊じゃあるまいし、
野菜みたいに種蒔いて半年待てば護衛艦や戦闘機がポコポコ生えてくるとでも?w

ま、結局長い割に全く画に描いた餅しか描けないということだな>>684

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:50:13 ID:IXIXTcLN
とりあえず>>688は日本語変換システムもろくに扱えない人間だという
のはわかったw 

仮想敵との懸案事項でさえ買い取れるだけの経済力を維持しろという
主張のどこに「自分の娘や嫁さんがレイプされて切り刻まれても、あれ
これ良いわけを考えながら死んだふりを決め込むようなチキン」などと
いう特亜的に理想とする人物像があるのやらw

>>689
>私が見た読売新聞の記事では、中国がレアアースの本格的な囲い込みに出た
>と掲載されている。(2009年10月1日付)

ある意味手遅れだと思うけどね。

>あなたの示す記事では、確かに超安値で買い叩かれているがそのことは現在
>では中国政府も認識しているようだ。

あー、ちがうちがう。買い叩かれてるのに気づいたから輸出規制をして
いる、のではない。買い叩かれようが売らなきゃ金は一銭も入ってこな
い。国内の鉱山を封印して輸入しているアメリカとは、経済的立場が全
然違うわけだ。あそこはチタンをソビエトから買い付けてSR-71を作るよ
うな国だからな…。現在においても中国の輸出規制は検討課題であっ
て、税額を引き上げることはできても「売るのを止める」ことはできない。

>それに中国はハイブリットカーや電気自動車の市場で世界的イニシアチブを
>とりたいみたいだな。もし輸出税を上げるのではなく輸出禁止という強制措
>置でもとられたら、転換を図っている日本の自動車産業も打撃を受ける。

その前提は「日本の自動車産業が希土類をばかすか使うクルマを作
り続ける」ことなわけだが、近い将来に予想される資源枯渇に対して、
商売で食っていくしかない日本人が対策しないわけがない。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20080721/155084/

>他にも、中国はITの重要な情報の開示も迫っているし、もし各国の企業が中
>国から撤退しても工場は中国が強制接収するという契約を交わしているから
>どっちみち技術が接収されるわけだが。

工場の維持がいつまでできるか見ものだとは思うが。改革解放から
30年、その間に当てられた工場の製造装置、制御機器も30年分の
時代の差がある。それを保守する部品やサービスマンの教育を国内
で完結できるなら、そもそも対日貿易赤字はこんなに膨れ上がって
いないし、国外の投資も必要としない。機械がエラー出しました、で
必要になる、恒温槽で保管されていた「ICチップ」を使った20年モノ
の交換基盤なんて、日本の製造元以外に誰が用意するというさw

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 22:58:49 ID:kepe4vym
>>693
あ〜あ、結局>>692には返せずに揚げ足取りしかできませんか、そうですか〜w

>仮想敵との懸案事項でさえ買い取れるだけの経済力を維持しろという
つまり言われるままに金を出し続けろということですねw

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 23:28:24 ID:IXIXTcLN
>>日本の通商路を脅かす以上の利得を「相手国政府に」提示できるのであれば、
>まさしく朝貢ですね、判りますw

>>こういう利益獲得モデルを成立「させない」ことが最重要となる。
>おーい軍事力以外の解決法は?w

2008年の中国の貿易黒字が4000億ドル弱だっけ。電子部品、機械、輸送機器
等々「稼ぐための手段」を提供を受けたら、対日貿易赤字は340億ドルになった。

たいした朝貢ぶりなんだなw

>>脅威となる戦力を容易に構築できるとみなされている。
>そんなのは軍事に疎い日本の左巻き政治家くらいのもんだろ。
>軍事力の整備にどれだけ時間がかかると思ってるんだ?

金の有るのと無いのとの差を身に染みているのは、人民解放軍の中の人だろw
金があれば技術も買える、兵器そのものも買える。しかしその予算が出せなけ
れば20年経ってもSSBNは戦力化できないし、ICBMの増勢もできない。

>>必要とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。
>なに?必要であると判断してから軍隊を組織して法律作って軍隊を送るの?
>それじゃ送ったときには思いっきり手遅れだろ。

へー、ではどういう状況で「軍隊を送る」と思ってる? どんな規模でどんな任
務で。日本の政治状況では正規軍の大規模戦闘など、日本の本土防衛くら
いしか考えていないのだが?

>ま、結局長い割に全く画に描いた餅しか描けないということだな>>684

で、ID:kepe4vymの主張する「話しても判らない中国」が実在するのであれば、
軍事力に拠って立つ「抑止力」という「損得計算」は成り立たないわけだが?
思考が破綻している自覚も無いバカでは、仕方ないか。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/03(土) 23:42:50 ID:IXIXTcLN
>>693
>あ〜あ、結局>>692には返せずに揚げ足取りしかできませんか、そうですか〜w

長文書いて文中の助詞や変換ミスが、ってのと違うからな。
たった2行だぜ?w

692 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/03(土) 22:40:15 ID:kepe4vym

693 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/03(土) 22:50:13 ID:IXIXTcLN

694 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/03(土) 22:58:49 ID:kepe4vym

695 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/03(土) 23:28:24 ID:IXIXTcLN

>>693で触れていないのが相当に気に障ったらしい。
>>693の8分後に揚げ足取りのなんのとは、ずいぶんな構ってチャンぶりだな。

てか、このバカの脳内には朝貢外交しか存在しないんだw
そりゃ古代の話しか出来ないわな。

で。「腐った平和主義」とやらの説明は? 脳内定義じゃわかんないからw

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 00:11:33 ID:/sucww1h
>>695
>たいした朝貢ぶりなんだなw
いつもながらバカサヨお得意の論理のすり替えばかりだなw
>仮想敵との懸案事項でさえ買い取れるだけの経済力を維持しろという
おまえはこう言ってるわけだから、朝貢でなく何なのかといってるわけ。

>金があれば技術も買える
金と技術だけで戦争が出来ると思ってらっしゃる。
世間知らずにもほどがあるよ、君w

>日本の本土防衛くらいしか考えていないのだが?
あれあれあれ〜?
>数週間で軍隊を「国外」に送る。
バカでも判るようにあえて括弧を入れてみたのだが読めるかな?

>軍事力に拠って立つ「抑止力」という「損得計算」は成り立たないわけだが?
阿呆、相手に軍事的に対抗手段が無いから「最後まで話す」必要がないんだよ。
やはりお花畑回路というのはバカでも一定の理屈が捏ねられるから便利だよなw

>>696
いやいや俺より遙かに長文書いてるオマエほど構ってチャンじゃねぇよ。

それにオマエみたいに「国外」が「国内」とか理屈自体変わったりしないしw





698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 00:15:52 ID:/sucww1h
>>696
あぁそれからオマエは一人かもしれないがオマエの相手は俺だけじゃないからw

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 00:34:07 ID:GeW1GQ2c
>>693
の意見や考えはよく分かりました。確かにレアアースを大量に消費する車を
いつまでも日本の企業が生産するとは思いません。今後も技術の革新は起き
ますからね。ただ、次の技術までの間の利益として中国による様々な政策に
よって、日本の利益が損なわれるわけにはいけません、私はそれを懸念して
いるだけです。

今後、日本にはカーボンナノチューブや高効率太陽光発電パネルなどの新技
術が期待されてますしね。

あなたの発言における日本が容易に戦力を構築することができるというのに
は、すこし疑問を感じます。
現在の軍事力は近代化により、ハイテク化が進んでいます。問題はそこです。
兵器そのものは、短期間で用意できると仮定してもそれを運用する人間側の
育成に時間がかかるのです。新兵を訓練するとしても3、4年ではその兵器
に完全に習熟できる兵士を育てられないのです。特にハイテク化している海、
空の戦力なら特にです。

つまり、現代の戦争は兵器の性能もそうですか、それを操る人間の錬度が高
くないといけないのです。

優秀な無人兵器郡で固めてしまえば関係ないですけど、それは夢物語です。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 01:35:24 ID:yM7jp3/X
>>699
新兵を訓練するとしても1〜2年あれば余裕だから。



701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 07:07:13 ID:hWtSC2Ak
>>1
日本にとってはまさに天助ですよ!

良い口実ができる。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 09:12:49 ID:KXAbshej
>>たいした朝貢ぶりなんだなw
>いつもながらバカサヨお得意の論理のすり替えばかりだなw
>>仮想敵との懸案事項でさえ買い取れるだけの経済力を維持しろという
>おまえはこう言ってるわけだから、朝貢でなく何なのかといってるわけ。

相変わらず頭の悪いすり替えしかできていないが、戦争の動機さえも
札びらではたかれて、経済的理由で戦争を選択肢から外さざるを得な
い国があるのに、そのどこが「朝貢」なんだ? 中国に金が渡るというだ
けで火病起こすやつなんていないぞ?

ああ、対中貿易赤字が拡大している中間財の輸入大国があったな…。

>>金があれば技術も買える
>金と技術だけで戦争が出来ると思ってらっしゃる。
>世間知らずにもほどがあるよ、君w

「戦争」を起こすなら、外交文書1枚で足りるよw でも「戦争の損得勘定」
を強要するには、軍事力のバックボーン、すなわち「金と技術」が必要。
そんなこともわからないバカの「戦争ができる要件」って、なに?

>>日本の本土防衛くらいしか考えていないのだが?
>あれあれあれ〜?
>>数週間で軍隊を「国外」に送る。
>バカでも判るようにあえて括弧を入れてみたのだが読めるかな?

さてさて、>>691でなんと言ったか、バカでもわかるように引用する。

>冗談はおいておいて、他国が日本を脅威として評価する場合において、経済力の
>裏打ちがでかすぎるが故に、意図の部分、とくに表明はあまり重要とはされない
>のは事実だ。逆に日本は表明しないことによって事前にそれに拘泥されず、必要
>とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。

脅威の判断根拠としての「意図と能力」の話題なわけだ。「腐った平和
主義」のバカが叫ぶ「意図の表明」は、能力を担保する経済力があれば
重要ではないし、それを逆に利用できると言ってるのだが、バカは実に
素直にバカとしての自分を表明するから、文意を読み取れずに頓珍漢
なことを言い出す。

>>軍事力に拠って立つ「抑止力」という「損得計算」は成り立たないわけだが?
>阿呆、相手に軍事的に対抗手段が無いから「最後まで話す」必要がないんだよ。
>やはりお花畑回路というのはバカでも一定の理屈が捏ねられるから便利だよなw

そしてバカは軍事力における金と技術の必要性を理解しないから、金と
技術が買える環境の維持に軍隊自身がいかに腐心するかも無視する。

>それにオマエみたいに「国外」が「国内」とか理屈自体変わったりしないしw

2行以上の文章が読めないバカなら。ν速で書き散らしてたら? バカ
すぎて議論にもなりゃしない。

そうそう。

>あ〜あ、結局>>692には返せずに揚げ足取りしかできませんか、そうですか〜w

揚げ足取りにもならない素っ頓狂な文章解釈しかできない現国壊滅小
僧は、いつになったら「平和主義」の定義、ならびに「腐っている」ことに
ついての説明を始めるわけ? そこから無様に逃げて逃げて煽ってりゃ
議論した気分になれるんだから、お安い人生だな。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 10:03:29 ID:KXAbshej
>の意見や考えはよく分かりました。確かにレアアースを大量に消費する車を
>いつまでも日本の企業が生産するとは思いません。今後も技術の革新は起き
>ますからね。ただ、次の技術までの間の利益として中国による様々な政策に
>よって、日本の利益が損なわれるわけにはいけません、私はそれを懸念して
>いるだけです。

日本人は基本的に世界をプラスサムゲームだと思っているが、だからと
いってパイの取り合いが無い世界だとも、自分がパイを食い損ねる可能
性の無い世界だとも考えていない。そんな甘っちょろい考えでは、そもそ
も資源も無い国が、世界二位の経済大国になんてなれないしね。
現実として商売やってれば必ず損得は発生する。その利益の減少はど
んな局面においても発生しうる。原因がどんなに理不尽で人為的なもの
であっても、相手には必ず「理」がある。むしろ無い方が珍しい。資源問
題であれば、売らない、値段を吊り上げるという理不尽さと同程度に資
源保護にも正当性があるのだから、そこで日本がやるべき資源枯渇後
への対応であって、中国政府に翻意を求めることではない。別に今話題
に上っているレアメタル関連でなくとも、35年前に原油で食らったことだ。
いまの日本のエネルギー効率は、石油ショックの賜物とも言える。

「戦争に備えよ」の格言を現代に援用するのであれば、その「戦争」は、
軍事衝突に限定できるものでもなかろう。むしろ軍事衝突や、その勝利
で解決できるとする方が単純で、軍事衝突に備えて軍備を増強したとこ
ろで、軍事衝突が無い「だけ」の世界では、日本の求める利益を満たせ
ない。日本の利益は「世界中」相手に商売をし、商品が安全に流通し「な
おかつ」客が日本製品に対して財布の紐がゆるくなる程度に軍事支出の
順位が下がっている状況でこそ最大になるからだ。

>あなたの発言における日本が容易に戦力を構築することができるというのに
>は、すこし疑問を感じます。

軍事技術の高度化による戦力練成の長期化についての認識は、同じで
あると理解している。その上で「どちらがより困難か」という問題になるか
と思う。軍事力とはLV99のようなカンストがあるわけではなく、常に相対
的なものだからだ。中国がGDPを増やそうと、軍事費1ドルが日本と同じ
効率で軍隊を近代化するわけではない。
課題はまず近代化であって、これそのものにまだ10年以上の時間が必
要となる。先進国に比肩する質を達成したとして、そのときの予算規模は
日本の数倍は必要になる。国土面積と国境線が段違いな上に、回り全
部を仮想敵にしていて軍事同盟を構築できる環境にないからだ。その上
で「継続する軍事技術の向上」においては、先進国が共同開発やライセ
ンスの供与という事実上の多国間開発によって開発資金を賄っている状
況に、中国1国のR&Dで対抗し続けるという大事業が残っている。F-4の
とき、アメリカは自国で開発が完了したのちに、採用国から機体価格の
1パーセントという開発分担金を集めていたが、JSFでは採用予定の段
階から資金を集める方法に転換した。中国がアメリカとその同盟国に軍
事に逆らうということは、アメリカと同盟国の合算する予算で開発した兵
器システムに対抗する必要があるということだ。中国相手に現在も、そ
して近い将来においても戦力構築を「容易」とするのは、経済と技術にお
ける先進諸国の優位を根拠としている。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 11:10:36 ID:GeW1GQ2c
>>703
軍事的な優位はアメリカに依存していることには変わりないみたいですね。
私は、かつて元空将補の方にアメリカ抜きでの日本だけでの安全保障の確立
は可能かたずねたことがありますが、その方もアメリカ抜きでは安全保障は
成り立たないとお答えになりました。

でも、やはり中国という国を甘く見るわけにはいかないと思います。
我々、日本人はときたま敵を過小評価や甘く見積もる癖がありますし、
逆に自分自身を過大評価してまうことがあります。
これだけは念頭においていただきたい。このような議論は最悪の状況を回避
するためにあると考えていますので

もし、>>703。あなたが中国側だとして、今まであなたが提示してきたものを
打破したいと考えたらどのようなことをする?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 13:20:53 ID:/sucww1h
>>702
>経済的理由で戦争を選択肢から外さざるを得ない国
すり替え乙。
よその話をして何の意味があるんだ?

>そしてバカは軍事力における金と技術の必要性を理解しないから、金と
>技術が買える環境の維持に軍隊自身がいかに腐心するかも無視する。
誰が無視したんだ?
おまえだけがそれさえあればあとは何とでもなると言ってるんだろうが。

いくら誤魔化そうが、
>必要とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。 →>日本の本土防衛くらいしか考えていないのだが?
コレは変わらないからw

>能力を担保する経済力があれば重要ではないし、
だから、軍隊なんてポコポコ出来ないっつってるだろ、脳膜炎。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 14:16:47 ID:R6qG2mw7
台湾から日本列島までの島々に射程300km位の対艦ミサイル配備したら
中国艦隊なんてその中に封鎖される様な気がする。
もしくは一度出たら戻ってこられない

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 16:45:22 ID:KXAbshej
>つまり、現代の戦争は兵器の性能もそうですか、それを操る人間の錬度が高
>くないといけないのです。

日本は、特殊出生率が1.57になった1989年から少子化対策に乗り出した。とはいえ
それでも続落し2005年には1.26を記録し、現在は1.37へと推移している。これは女性
一人が生涯に生む子供の数、という計算方法であるため、結婚した夫婦での出生率
をみると「急落した」と言われる2006年においてすら2.09人となる。晩婚化というか、不
景気で所帯がもてないという部分があるにせよ、結婚すれば2人生むし、希望する子
供の数は、やはり減ったとされても2.48人で、日本人が子供を作りたがらないわけで
はないことがわかる。

中国は1979年から一人っ子政策を行い、人口の抑制に励んできたが、それは発展途
上国のまま高齢化社会に突入するという結果を生んだ。中国の特殊出生率は1を割り
込み0.98くらいだが、政府が条件付第二子出産を認めても「合法的に都市に居住する」
都市人口は「十分な教育」を求めて子供を一人しか望まず、農村では労働力としての
子供を求め、現実には長じて都市への流動人口となり、都市行政の重荷となる。農村
部の教育インフラは現在もなお貧弱であり、義務教育の有料化もあって識字率が逆に
低下するなどの問題を解決できていない。

高等教育を受ける人間の比率は低下し、義務教育すら受けていない人間が5年で3000
万人も増えるような国でモダンな軍隊を維持することは、義務教育を徹底できた戦前の
日本よりも分が悪い。

>これだけは念頭においていただきたい。このような議論は最悪の状況を回避
>するためにあると考えていますので

最悪とは想定可能な、あるいは対処可能な「最悪」でなければ意味が無い。今の自衛隊
が怪獣退治や隕石迎撃を任務としていないのと同様に、政治的経済的技術的物理的に
不可能な脅威を妄想して「対処しろ」というのは、ただの空論でしかない。必要なのは脅
威の判定であり、それに最も安価に対処する手法だ。

>もし、>>703。あなたが中国側だとして、今まであなたが提示してきたものを
>打破したいと考えたらどのようなことをする?

人口15億、それぞれの立場で利益も目標も違うのだから、国家の内包する各種問題へ
の認識も「打破」する方法も全く異なるものが多数出てくるとは思うが。根本的に打破す
るのであれば、もうこれは教育の拡充しかない。中国の所得と軍事費と教育のアンバラ
ンスは、アフリカや中南米の発展途上国が、貧乏なのにミラージュやスホーイを運用し
ているのを15倍20倍に相似拡大したようなもので、しかも人口が多いだけに厄介さも半
端では無い。生産性の高い、教育を受けた人間を育てなければ、その存在自体が国富
を食いつぶすことになりかねない。しかしこの教育にかかる予算をひねり出す…それも
日本と同程度の「支出レベル」を目指すとすれば、倍額が確定。それでも過去の未教育
世代が交代するには50年程度の時間を見なければならない。生産性の高い人材を育成
し、党ではなく中国という国家に愛着を示し、政権や政策に拠らず華僑となって国も捨て
たりせずに国に踏みとどまって支えるような国民を育成できれば、正直>>703で挙げたよ
うな問題は瑣末なこととなる。
現状の党が支配する政治体制においては、軍事行動は投機的に過ぎる。ナニをやろうと
「冷戦以降に行われた正規軍規模のそれは常にパーフェクトゲームであった」という事実
を鑑みるに、中国軍が同様の結果を提示できる可能性は無い。一人っ子政策世代の大
量死だの新世代装備の喪失だのをやれば、面子を口実に国外を罵倒して纏め上げた民
意が、面子を潰した党を罵倒する。中国潜水艦が事故を起こして70名が死亡したときは、
国家主席が司令部や遺族を訪れ、将官は軒並み処分を受けた。朝鮮戦争のような人海
戦術も、毛沢東の人民の海も、宣伝ではともかく「お前がやれ」と命令できる時代ではない。

軍事部門からすれば、自分の仕事としては近代化を図りながら、手も口も出せない内政と
外交は、党がアホな決定をしないことを祈るしかないのではないか?

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/04(日) 17:03:26 ID:KXAbshej
>>経済的理由で戦争を選択肢から外さざるを得ない国
>すり替え乙。
>よその話をして何の意味があるんだ?

他所の国と戦争するから対外戦争になるんだろ?
自国だけでやったら内戦じゃんw

>>そしてバカは軍事力における金と技術の必要性を理解しないから、金と
>>技術が買える環境の維持に軍隊自身がいかに腐心するかも無視する。
>誰が無視したんだ?
>おまえだけがそれさえあればあとは何とでもなると言ってるんだろうが。

「無視してない」というのであれば、2行レスでどこまで言及したか引用しろ。

>いくら誤魔化そうが、
>>必要とあればテロ特措法のように数週間で軍隊を国外に送る。 →>日本の本土防衛くらいしか考えていないのだが?
>コレは変わらないからw

政策の転換が短時間で行われた例としてあげたテロ特措法と、自衛隊が
大規模軍事衝突を本土防衛でしか考えていないのは「事実」だが?
その上で論旨の違うレスをくっつけて捏造するとは、どこの半島の出身だ?

ああ、テロ朝とか犬HKとかがやってる手法でもあったなw

>>能力を担保する経済力があれば重要ではないし、
>だから、軍隊なんてポコポコ出来ないっつってるだろ、脳膜炎。

軍事力とは相対的なものだ、とまで言っているのに「ポコポコ」と捏造を繰り
返すのは、いったいどんな政治的背景があるわけ? スレタイの中国空母
にしたってメルボルンの購入から何年経ったと思っている?
向こうが研究しかできていない状況でこっちは艦載ヘリの運用経験を30年
積み上げ、全通甲板型は2隻を就役、3隻目を予算計上するかどうかなんだ
けど。

で、バカの脳内定義の「平和主義」の説明は?
バカの「金と技術を必要としない戦争」って、ナニ?

709 :674:2009/10/05(月) 09:54:09 ID:oPNdj5kM
>>678 =? >>707
ヴェゲティウスの格言はあの時代だからこそ直接的に「戦争に備えろ」という言葉になっているが、
今より少し前のリデルハートは「戦争を理解する」という意味でヴェゲティウスの言葉を継承している。

もちろん現在はリデルハートのいた20世紀前半より、というかちょっと昔の冷戦時代よりもずっと複雑であるし、
まるまるその理論を引用することも無理があるが、逆に全く時代遅れと放り捨てるのも乱暴だろう。

てかアンタ自身のレスをを見てると現代ではない人の唱えた(リデルハートの間接アプローチ)のと同じに見えるしね。

それは兎も角>>666がどういう意味でヴェゲティウスを引用したのかは判らないが、
「戦争を理解する」という意味なら、彼の言う「腐った平和主義者」とは単に九条や無防備主義のように
ただただ平和平和と唱えていれば平和が訪れると思っている連中のことを指すのではないかと個人的には思うのだが。



710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 10:30:10 ID:oPNdj5kM
>>706
それって誘導の面で難しいと思うけど?

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 14:38:03 ID:bz6Kpz+I
今日のアカヒの朝刊別刷りに支那空母の記事が出てるんだけど、支那の軍拡は
正しい軍拡みたいなかんじで書かれてるな
さすがアカヒだと感心してしまったよ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 17:46:32 ID:YU3QQXEz
ここ、政治学のスレでしたか アレ〜??

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 18:25:24 ID:b5JY65C0
てか>>708は前にいた決め付けディベート大好き野郎だろw

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 22:40:07 ID:Hb6MtVNh
>てか>>708は前にいた決め付けディベート大好き野郎だろw

論破すればいいんじゃね?
2行レスで逃げずにw

>>709
>ただただ平和平和と唱えていれば平和が訪れると思っている連中のことを指すのではないかと個人的には思うのだが。

平和主義者が存在することは、悪いことではない。人が善人だと信じて生きている
人間のドコが悪いのか、世の中悪党しかいないと子供に教えるのは教育に悪い。
また、究極的に人類の達成する目標として置いてあったとして、それそのものを悪
と断じたところで意味は無い。理念と現実とを埋め合わせるのが政策だからだ。

で、現実の日本政府の政策としては、国連第一主義だし、核廃絶だし、武器管理貿
易の最先鋒だ。しかしその一方で、世界最大の軍事大国と同盟を結んで、その核
の傘に収まり、軍事技術を買い付け、地域で最もモダンな軍隊を維持している。

>>666が「日本が無くなる」と危惧するような「観念的平和主義に基づく夢想的な政策」
を、現実の日本政府が採っているわけではない。政策と無関係なところで、個人だろ
うと職業市民だろうと、ナニを夢見ようが勝手であり、その思想を統制しようというなら
単なるバカだ。

>>666はあくまで「いままでうまくやってきた日本」という国家単位を指した上で、改め
るべきは「腐った平和主義」と言っているわけだ。「ただただ平和平和と唱えていれば
平和が訪れると思っている連中」が政策提言を出来ていない以上「いままで上手くや
ってきた日本」とも無関係とせざるを得ない。

だから、日本国政府の政策としての「腐った平和主義」としか取れない故に、その説明
を求めたわけだ。極端な善人や、売国奴や工作員の主張を知らないわけじゃないw

715 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/10/08(木) 15:36:07 ID:ZyNb4krJ
>>710
GPS+アクティブレーダーor赤外線画像誘導とか。
GPS衛星の指示で目標艦船の近くまで飛翔して一定の距離に近づいたら
アクティブレーダーor赤外線ホーミングを起動させる、みたいな感じか?
あ、これじゃあ旧ソのSS-N-19だなw
ちなみにSS-N-19の詳細
http://ja.wikipedia.org/wiki/P-700_(%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB)

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/08(木) 23:39:39 ID:xQo62sBd
>GPS+アクティブレーダーor赤外線画像誘導とか。

自分でURLをコピペしたなら、最後まで読めよ。

(尚、現在、米海軍はGPSと衛星中間指令誘導を搭載し、海上/地上目標兼用の
射程3000kmのタクティカルトマホークを装備しており、「前進観測手段が敵に撃
墜されねば」、敵の陸上航空戦力や空母艦載機の行動半径外から対地/対艦攻
撃が一応可能である。「ミサイル飛行中に目標が動くので前進観測手段が必要
だが、撃墜されない前進観測手段の確保が困難という問題」は現代でも長射程
対艦ミサイルが抱える問題といえよう)

300キロの見通し距離を持つレーダーって、飛行機に乗せて成層圏まで上げる
必要がある。それじゃあ長射程SAMの餌食になるし、見つけやすいから迎撃機
だって飛んでくる。UAVを湯水のように使う方法もあるだろうけど、結構な値段だ
し、太平洋戦争のときに敵艦隊に触接した水偵や大艇のように撃墜されまくるこ
とになる。そういう心配の無い衛星監視のレゲンダは金が金がかかりすぎて維
持できなかったし、GPSったって座標が正しくなければミサイルの狭いシーカー
範囲に敵を捉えられない。だいいちGPSたって電波でしかないのだから、ECMで
妨害できるんだけど?

717 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/10/09(金) 16:23:20 ID:TG8sfPhZ
>>716
UAVねえ・・今空自が開発中だけど、大量に使うのは無理臭いね。
つーか、タクティカルトマホークって対水上攻撃できたっけ?
ちなみに空自UAV
http://www.asagumo-news.com/news/200906/090625/09062503.htm

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/05(木) 18:58:27 ID:5nFFH7OC
遅レスですまんが‥
>>679
>その中で「平和主義」なんてお花畑理論振り回すオマエは頭が悪い以前に世間知らず

問題は鳩ぽっぽも同じ主義っぽいところ
中国官僚も米国に困惑を伝えたそうな>アジア共同体構想

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 15:00:11 ID:tGhu1LlD
もし、中華版キューバ危機みたいなモノが東南アジアか南太平洋で起こったとして。
このクラスの空母が出てこれないか、米海軍が追っ払えないと拙いんだよな。
ただ、もしかしたらインド海軍あたりが敵役はらないといけない場合もあるのかな。
そういう状態だと、アメリカはともかく日本は手を出せないよね。
追い払うか全機たたき落とせない限り、大規模な基地を気ままに置かれちゃう様な
モンだもんなあ。
潜水艦で解決出来る?

しかし、極東が戦場になるのって、冷戦で欧州が戦場になるくらい最終戦争じゃないかなあ。
日米同盟と自衛隊が弱体化していなければの話だけど・・・。



720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/19(木) 15:01:47 ID:tGhu1LlD
ごめん、インド洋で起こったとして。


721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/30(月) 01:00:12 ID:IStJkl3Y
>もし、中華版キューバ危機みたいなモノが東南アジアか南太平洋で起こったとして。
>ごめん、インド洋で起こったとして。

…よくわからん。核保有国の核抑止の根幹をひっくりかえすような核ミサイルの
近接配備がキューバ危機とするなら、東南アジアでもインド洋でも、どういう状況
ならそれだけの反発を招けるのがが。

722 :アシュレイ ◆R4tmh3EKwA :2009/12/22(火) 20:53:28 ID:KuK7g02l
>>706
この手のミサイルって、中国に存在してやがんのな。
日本周辺国の軍事兵器 YJ-62対艦ミサイル
http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/YJ-62%b4%cf%c2%d0%b4%cf%a5%df%a5%b5%a5%a4%a5%eb%a1%ca%c2%eb%b7%e262/C-602%a1%cb
中間誘導がGPS、慣性誘導。終末誘導がアクティブレーダーホーミングで射程280km。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/19(金) 12:07:48 ID:Zg714Ws+
世界各国で空母建造開発競争になれば世界的不況の打開策にはなるな
ロシア10隻
中国6隻
日本3隻
台湾1隻
ベトナム1隻
オーストラリア3隻とかなればな

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 15:04:21 ID:GtVjPJuU
>723
作って浮かべておくだけならまぁそうかもしれないが...

...真面目に運用しはじめたら、日本以外財政破綻するぞ。
日本だって防衛費を現状の数倍にせざるを得なくなる。
パイロット養成だけでもしゃれにならん。


725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 01:31:18 ID:UEa2QBEI
>...真面目に運用しはじめたら、日本以外財政破綻するぞ。
>日本だって防衛費を現状の数倍にせざるを得なくなる。

つーか。

税金で景気を支え、税金で老人の世話をし、税金で国民を教育しているわけだ。
防衛費を数倍にすれば、ここらへんがみな吹っ飛ぶ。景気は後退し、老人の世
話に国民が自腹で明け暮れ、学べない子供が将来の国家の構成員になるんだ。

それはもう空母がどうこうってハナシじゃない悪夢だろ。

財政赤字と景気を何とかしない限り、予算の自由度なんてものは地平線の彼方
なんだから。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/05(金) 02:15:09 ID:XYDtrjwp
早い話が日本も財政破綻するだけ
空母は維持費が半端ないから
公共事業にはなりえない

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/17(水) 22:55:30 ID:5FGPmJ3H
じゃあ、中をおだてて、空母に歴代王朝の名を全部を使わせるほど
大量量産させるのが得策だね。
どうせ、早晩漁礁になるんだし。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/18(木) 21:28:44 ID:zy4F9LB5
>>722
今の主力は鷹撃83じゃない?
データリンク誘導で射程200km以上、マッハ1.5の超音速対艦ミサイル

729 :霧屋 ◆R4tmh3EKwA :2010/04/12(月) 14:17:28 ID:dQc9V8Wi
>>728
殆どの艦艇がYJ-83を搭載しているらしい。実質主力だな。(日本で言うところのSSM-1B)
YJ-62が搭載されてんのは中華イージスと言われる流洋U級だけだ。

271 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)