5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に21回閉じ込めてみた

646 :爆音で名前が聞こえません:2008/12/19(金) 10:46:21 ID:Jk3bfgzv0
−名の無き地にて−


サンバ「…何だか、外が賑やかだなぁ。何かの祭り?」

サンバ「…あぁ。DJTの家庭用とかいうのが発売されたんだ…それでだ。
…私には関係無いから、どうでもいいか。もう一眠りしてこよう…」

<サンバッ!デシャネイロ―ッ!(チャイム音)

サンバ「…誰だろ。こんな場所に来る曲なんて…今、開けますよー」

<ケチャ

サンバ「…あの、どちら様ですか?」
ラブアゲヨシリミ「初めまして。私は、I’m In Love Again -DJ YOSHITAKA REMIX-。…DJT曲よ」

サンバ「…DJTの曲が、どうしてこんな場所に?今は、家庭用が発売されて忙しい筈…」
ラブアゲヨシリミ「…貴女と同じ立場になったからよ」
サンバ「…それって、まさか…」
ラブア゙ケヨシリミ「…ACでは削除、家庭用では未収録…ACでもCSでも、居場所が無くなったの」
サンバ「そんな!私と違って、貴方はコナミオリジナル曲の筈…それがどうして…」
ラブアゲヨシリミ「知らないわ。…聞いてみたけど、「大人の都合だから」ってしか、返ってこなかった」
サンバ「………」

ラブアゲヨシリミ「…それじゃ、私はこれで。また会えたら、その時はヨロシク」
サンバ「待って!…住む宛は、あるの?」
ラブアゲヨシリミ「これから探すのよ。…これだけただ広い場所だと、何処に住むか迷うけど」
サンバ「…だったら、私と一緒に住まない?」
ラブアゲヨシリミ「それは有りがたいけど、貴女と私は、違う地区の…」
サンバ「関係無いよ、そんなの…それに、私の住んでる場所って変に広くて…一曲きりだと寂しいんだ」

ラブアゲヨシリミ「…いいの?…それなら…お世話になろうかしら。…これから、よろしくね」
サンバ「うん!よろしくね!」

同じ立場の曲が増えてしまったから、こういうのもありじゃないかと思って、書いた。


400 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)