5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 17スレ

1 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 10:58:30 ID:RG7uEzn7
スーパーロボット大戦A・Dに登場した、スレタイ4人の会話や絡みを妄想するスレです
A・Dメインですが、OG関連のキャラなどもそれなりに
GBAOG2のアクセノレモドキや次元転移の設定等、荒れそうなネタは自重

前スレ
ラミアVSグラキエース
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1140544331/
ラミア・アクセルvsジョッシュ・ラキ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1153754185/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 3スレ
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1164118414/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 4スレ
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1173455650/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 5スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1185531781/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 6スレ 
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1194504172/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 7スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1199058700/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 8スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1200362388/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 9スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1202210141/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 10スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1203759593/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 11スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1206792657/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 12スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1209726832/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 13スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1212568398/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 14スレ
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1214983189/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 15スレ
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1217523908/
アクセル・ラミアvsジョッシュ・ラキ 16スレ
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1219739970/

ジョシュア、夜逃げ完了だぞ
        ,." ̄ ̄ヽ
 ,'" ̄ ̄ヽ. 〈(^リ)〉)ノヽ
 | ノリ^リハ〉  ゙(-V ゞ/  お引越しって言いなさい
 | リ*゚ -゚リ   ノl];;;[l`ilヽ
 リノヘつ/ ̄ ̄ ̄ /_] |__
  ̄ \/氷 結 /   ヽ⊃

ところでW17、そろそろ私達も夜逃げのピンチらしいわ
  ii〜'~l
  || カ |
  || ウ|
  || ン|
  || タ.| 
  ||. l .|        _
  ||命.|      ´ヘ∧.ヽ
  ||ノ,ヘヾヽヽ.  〈ノ^^ヘレ'゙、
 ∫!ノノ<>=リ)ヽ彡(゚- ゚〈> | 
 シ∬∬∀゚ノ∬ ( .(.__i\k〉 ヽ  
 ∬(_]つ/ ̄ ̄ ̄/_i〉|.|〉 ))_ 冗談はほどほどにしてくださいませ
  ̄ \/ 影 鏡 /   ヽ⊃

2 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 13:42:20 ID:1ysxFusk
>>1
麒麟・乙

3 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 16:48:19 ID:6iQMjM3H
リミット解除、奥義>>1乙閃!

4 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 19:16:14 ID:P8gcsIZQ
クリス「はぁ……ココア美味しい。こんな寒い日だと、尚更、ね」
ウェン「……」
クリス「ウェンはココア飲まないの?」
ウェン「……ん、ああ、飲むよ」
クリス「……考え事?」
ウェン「うん」
クリス「何? 私が相談に乗れることなら、乗るわよ?」
ウェン「シャドウミラーの人がさ、君について話してたんだよね」
リアナ「ん? アタシ、足引っ張ってたかな」
ウェン「じゃなくてさ、君の事、可愛いって」
リアナ「……はえ? そ、そうなの?」
ウェン「それで、僕も考えたんだけどね」
クリス「……何を?」
ウェン「うん、リムって可愛いよね」
クリス「……い、いきなり変なこと言わないでよ」
ウェン「変かな。リムって可愛いからさ、そんな君と一緒にいれる僕は、恵まれてるのかな、って。
いや、別に君の容姿は、僕には大した問題じゃないけどね」
クリス「そ、そんなこと言わないでぇ。ウェンだって可愛いじゃない」
リアナ「(クリス、ちょっとわけわかんない)」
ウェン「うん、可愛いよ、リム」
クリス「……ウェンのバカァ」

5 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 20:46:48 ID:6iQMjM3H
>>4
あったまる話ありがとう。

6 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 21:24:14 ID:Od4f+5jr
ヴィン「くっ胃が痛い…ぐぁ」ドサッ
女性士官「ヴ、ヴィンデル様!誰か、誰か医者を読んでー!!!!」

7 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 21:29:18 ID:H2FJ6MLT
アクセル「胃が痛いだぁ?そんなもんこれでも食っとけ。」
つ歯磨き粉

死んだ祖父に聞いた戦時中の軍隊での話

8 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 22:42:57 ID:6iQMjM3H
>>7
そして悪化して入院、女性士官がお見舞いにゾロゾロきて
しばらく影鏡はレモンが仕切ることに。

9 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 22:49:21 ID:H2FJ6MLT
>>8
いや、祖父の話だとそれで治ったらしいぞ

10 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 22:52:42 ID:P8gcsIZQ
残念ながら、君の性はマウザーじゃないし、
君のお爺さんの性もマウザーじゃないし、
ヴィンデルの性も山田(仮名)じゃないんだな。
それとも、もしかして間右座ってお名前?

11 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:21:07 ID:IESDQd7Q
間右座 瓶出流
部楼人具 零門
有馬 亜久瀬留
羅部零巣 裸美亜
伊崎 江綺度奈
湯見流 魚団

12 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:22:15 ID:6iQMjM3H
>>9
爺さん、すごっ!!
じゃ入院のことはそれで治るレベルを越えていたってことで。
ヴィンデルならありうる。

13 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:31:28 ID:6iQMjM3H
>>11
ならば
羅独利府 如珠亜
璃夢須茅 栗阿唖南
羅独利府 経履悪
駆里峰度・・・ガイギャスクだっけガイギャクスだっけ。

14 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:33:07 ID:mbsls5NK
ヴィンデルはスーパースターマン並みの再生能力を持ってると思っている俺は間違いなく少数派。

15 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:36:46 ID:Kidr1fgK
影鏡兵「レモン様、始末書お願いします」
青誓連絡員「ブロウニング女史。ブルースウェアからの補給物資一覧です。
で、これが修理費明細。目を通しておいてください」
アナハイム「ブロウニングさん。貴方がたの機体に合わせたパーツの供給も楽じゃないんですよ。全部特注なんですよ。
新型の補充には、もうちょっと時間がかかりますね。そういうことで」
ドサッ
レモン「……W16」
エキドナ「はい、なんでしょうか」
レモン「この書類の束、見える?」
エキドナ「視認しています」
レモン「これ捌くの、物理的に可能なの?」
エキドナ「ヴィンデル様は、していました」
レモン「わかったわよ! やればいいんでしょ! 私はヴィンデルじゃないっての……ぶつぶつ」

ラミア「あっくん〜♪」
ミィ「アクセル〜♪」
アクセル「あっくん言うなボケ! でぃぃぃぃやっ!」
バタン
アクセル「レモン、お前からも……」
レモン「黙りなさい! ソリッドソードブレイカー!」
ドドドドド

レモン「また始末書が……ぶつぶつ」

ヴィンデル「ここに座るのも久しぶり……む?
な、なぜ私の愛煙の葉巻が置いてある!?」
レモン「あら、ヴィンデル。たまにはウィスキーでもどう?」
ヴィンデル「ひぃぃぃぃぃぃ! 毒殺される!」

16 :それも名無しだ:2008/09/26(金) 23:37:30 ID:6iQMjM3H
忘れてた。
李 林惇

17 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 01:15:20 ID:UGsoWSZz
南極基地にカラオケマシンが来たそうです。
ジョシュア「意外とストレス解消になりますね」

アクセル「ベーオウルフが来ても歌わせるなよ、絶対にだ」
ジョシュア「え?」
アクセル「あちらの世界と変わらないならザ・マイククラッシャーの伝説があるはずだからだ」


18 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 01:36:44 ID:c15njCiA
クリス「今あなたの声か聞こえる ここにおいでと〜♪」

アクセル「みんな歌うんだな」
ラミア「は?」
アクセル「愛・なんとやら」
ラミア「それはもう、この世界を救った歌ですし」
アクセル「……なんで歌が世界を救うんだろうな」
ラミア「それはゼントランとプロトデビルンに文句をつけておくんなまし」


クリス「キラッ☆ 流星にまたがって あなたに急降下 ah ah」

アクセル「……なんだか、手拍子してるウェントスの髪が生きてるみたいにふわふわしてる気するんだが」
ラミア「気のせい」
アクセル「そうなのか」

19 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 01:44:18 ID:0PyGU2Jt
ミレーヌ『えーっとフォールド通信届いてるー?』
クリス「うん、届いてるよ」
ミレーヌ『良かったぁ……えっと、いきなりなんだけどソッチにバサラ行ってない?』
ウェン「んー、こっちでは見てないなぁ」
アクセル「なんかあったのか?」
レイ『ライブの前にまた失踪してな、。まあ、それ以上は勘弁してくれ』
レモン「なるほどね」
ミィ「でも、地球に来てるとは限らないような気がしますの」
ミレーヌ『うん。だから各方面にフォールド通信で連絡取ってるとこなんだ』
レイ『地球で見かけたらとっとと戻って来いと言っといてくれ』
アクセル「ああ、分かった」
ミレーヌ『じゃあよろしくね、皆』
リアナ「任せといてよ」
レモン「……で、当の本人はいったいどこなんでしょうね」
アクセル「この前話した時は宇宙クジラがどうのこうの言ってたからな」
ミィ「でも、案外近くに――」



『過激にファイヤアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!』


ミィ「……いたですの」
ウェン「いたね」
リアナ「ギャグ?」
クリス「さあ……」


20 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 02:01:11 ID:UMenyYC9
ラキ「歌うのは少し難しいな……」
ジョッシュ「俺だって巧くはないよ」
ラミア「そうなれば私達が全力でサポートいたしましょう」
ラキ「ラミア」
ラミア「伴奏は、R・ドロシー・ウェインライト!」
ドロシー「最低だわ」
ラミア「コーラスはシャクティ!」
シャクティ「今は試し……」
ラミア「そしてハーモニカは神隼人!」
隼人「ふっ……」
ジョッシュ「神司令……何故?」
隼人「俺はボインちゃんが好きなんでな……」
ヤマザキ「……」
ラミア「というわけで演奏スタート。ラキさん、どうぞ。曲は、私の彼はパイロット、で」
ラキ「わかった。スゥ……キュ」







21 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 03:50:31 ID:yJZzJYq7
このスレの中で一番歌が下手なのはレモンな気がす

22 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 08:29:38 ID:4q8Fc1kz
>>21
だが前スレで歌ってなかったか?ラキと。

23 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 10:38:23 ID:c15njCiA
アクセル「いや、レモンは中々いい声で唄うんだな、これが」
ラキ「そうなのか」
アクセル「ああ、特にベッドの上でな、鳴くんだよ、いい声で」
レモン「ア・ク・セ・ル〜?」
アクセル「ギクッ」
レモン「そうなの。よくわかったわ。じゃあ今日は貴方に唄ってもらおうかしら」
ラミア「お手伝いいたしますわ、レモン様」
レモン「お願いね」
アクセル「あああああぁぁぁぁ……」
ラキ「……?」

ラキ「ハッ、ハッ、ハッ、ハ〜」
ジョッシュ「風呂上がりにいきなり発声練習を始めてどうしたんだ?」
ラキ「ああ。ベッドの上ではいい声で歌えるらしい」
ジョッシュ「……? いや、聞かないなぁ風邪引くから、しっかり髪拭かないとダメだぞ」
ぐしぐしぐし
ラキ「む、すまん、ジョシュア」




「……何時もより声が大きいな。もっと低くしないと……」
「や……あァン……♪」

24 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 13:02:21 ID:3jl2l+oQ
ベーオウルフ「まずは君の肉体に痛みと恐怖を刻み込む」
アクセル「助けて!誰か!誰かあぁぁぁっ!!」
アクセル「いやああああああっ!!」
ベーオウルフ「ハハハハハ!そう、それだよ!まさに至福の悲鳴だ!」

25 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 13:03:14 ID:3jl2l+oQ
誤爆OTZ

26 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 13:05:43 ID:jmHz8gsy
Zネタか

27 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 13:36:51 ID:UMenyYC9
ウェン「歌はいいねぇ……人類が生み出した文化の極みだよ」
クリス「そう?」
ウェン「違うかな?」
クリス「やっぱりお菓子が文化の頂点だね!」
ミィ「同感ですの!」
ウェン「……じゃあ、お菓子屋さんに行こうか」
クリス「賛成!」
ウェン「……好きな人とこうやって触れ合えるのが、人間の文化のすばらしいことなのかもね」
クリス「……う、うん♪」
ミィ「私に惚れるなよですの」
クリス「私、アルフィミィも好きよ。さ、行こう」

28 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 14:20:16 ID:4q8Fc1kz
>>24
メリオルウルフになりよった!
そんなあなたに二文字

誤  爆

29 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 15:59:17 ID:dCT2yJou
>>27
確かにウェンはカオルくんっぽいよなぁ

30 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 16:17:42 ID:SMF/FGSI
アインスケ「まずは君の肉体に痛みと恐怖を刻み込む」

アクセル「助けて!誰か!誰かあぁぁぁっ!!」

アクセル「いやああああああっ!!」

アインスケ「ハハハハハ!そう、それだよ!まさに至福の悲鳴だ!」


ラミア「ハァ…ハァ…」

ミィ「こ、これは歴史に残りそうですの」

31 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 16:33:32 ID:MKwiZx41
>>30
ン…コレは誤爆か?sageてもないしさ

32 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 17:28:36 ID:4q8Fc1kz
>>30
そうだなミィ、歴史に残る誤爆だろ。
>>31
16スレからの参戦で気づかなかったんですがsageてないと名前緑色になるんですね。

33 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:03:09 ID:nZTAhoGp
あまり誤爆してるとヴィンちゃんが基地の修理代で胃を痛めるぜ。

34 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:12:48 ID:GlgDkXEd
>>30
タケル「腐女子向け元祖といえば!」
マーグ「我々兄弟を忘れてもらっては困るな!」

助手「宇宙の彼方へ帰れ」
アクセル「生身ボゾンジャンプ体験二名様ご案なーい」

35 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:16:56 ID:MKwiZx41
>>34
そんな堂々と威張る事じゃないだろアンタらwww

36 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:20:04 ID:yJZzJYq7
むしろこのスレ的には
レモン「まずは貴方の肉体に痛みと快感を刻み込んであげる」

アクセル「助けて!誰か!誰かあぁぁぁっ!!」

アクセル「いやああああああっ!!」

レモン「ホホホホホ!そう、それよ!まさに至高の快感よ!」

ラミア「…ゴクリ」
エキドナ「レモン様…流石です」

37 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:22:12 ID:c15njCiA
みぃみぃみぃアインストの子〜♪
始まりの地からやってきた〜♪

ミィ「アルフィミィ……アクセル……好き♪」

アクセル「心配しなくても、俺がおまえを守ってやるからな」

以下、ミィの父親・ワカモト、妹たち・アインスト一同の豪華キャストでお送りします。

ミィ「よし! スズキを抉ってさっそく作らせますの!」
アクセル「誰だ、それは。そもそもやめろ」
ラミア「風刃閃の谷のラミア……」

ラキ「……」
ミニラキ「オロカナヤツメ-……」
ジョッシュ「……火垂るの墓、か」
クリス「やっぱり、戦争はダメだよね、お兄ちゃん、ウェン。ぐすっ」
ウェン「そうだね」
ヴィン「……そこで私を見ても、私は何とも思わん。それぐらい私は覚悟の上だ」
クリス「誰か一人が覚悟すれば、許されるなんてことはないんです!」
ウェン「まぁまぁ。彼にも彼なりに助けたい人がいるんだよ、ね、リム」

38 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 18:48:47 ID:dCT2yJou
ツヴァイザーゲイン・ヴィンデル〜サンズオブパトリオット〜

39 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 19:28:03 ID:bwvCZD4q
戦争以外にも闘争の方法ってあると思うの

40 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 19:35:56 ID:MKwiZx41
でも、ヴィンちゃん軍人だから、ね…

41 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 23:24:39 ID:uHJBpkgR
ワカメ「ということで笑いという天満外道、魑魅魍魎のはびこる世界に闘争を起こそうと思う」
アクセル「気をつけろー!基地内に大地の魔装機神操者かちょっと変な性格が忍び込んだぞ!」

ワカメ「とりあえず私とコンビを組むか」
アクセル「嫌なこった!ウェントスとでも組め!」
ワカメ「アイツはダメだ、顔がいいし大人しすぎてお笑いに向かん」
アクセル「じゃあリー」
ワカメ「アイツは腹黒そうで好感度がな…。というわけで」
アクセル「うおっ!何をする!」
ワカメ「やはり相方として一番相性がいいのは記憶失った貴様だな」
アクセル「だからといってバットを振り回すな!」


ミィ「お笑いはストレス対策になるからワカメ必死ですの」
ラキ「あ、ジョシュア。どうしてお茶が怖いんだ?」
助手「へ!?」

42 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 23:26:06 ID:4q8Fc1kz
>>34
それじゃDスレに帰ってね。
>>37
どんな不良も泣くと言われているなその映画は。
>>38
それなんてどこぞの蛇さん?
>>40
そればっかは変えようがない。

43 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 23:31:24 ID:4q8Fc1kz
>>41
見て笑う方が効果あると思う。

44 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 23:35:06 ID:UMenyYC9
ラキ「……ミレーヌ達が送ってくれたフィルムはこれで全部か?」
クリス「そうだね。あー、面白かったね。マクロスで作る映画はみんなダイナマイトで凄いよ」
ラキ「……終わってしまった。面白かったのに……」
ジョッシュ「また別の作品が作られるさ、その内な」
アクセル「……だが俺は飽く迄ミレーヌちゃん派なんだな、これが」
ラミア「ミレーヌさんが好み……ああいう女性が好みか」
エキドナ「メモしておこう」
アクセル「うるせぇ。そういう意味じゃない」
ミィ「でも、今回の怪獣はメルヘンでしたの。あなた、あなたって交配の時に囁く……アインストはこんなロマンないですの」
レモン「そうね。人間よりもロマンチックな生き物かもしれないわね」
ラミア「もしもこれがインベーダーだったら」
アクセル「何?」

『あれは、ラヴソングよ』(←目がグルグルなヒロイン)
『ラヴソング?』
『そう。インベーダー達が数万年に一度進化する時、進化する相手に囁くの。
「アイモ、アイモ」……「進化、進化」って……』

クリス「い、嫌な想像しないでよ!」
ミィ「インベーダーとは仲良くしたくないですの!」
ラキ「ダイナミックだな……」

45 :それも名無しだ:2008/09/27(土) 23:59:31 ID:AGjjBi3h
???「僕らと仲良くすると永遠の進化が可能なんだよ?」
???「そうとも、永久の若さも手に入れようと思えば可能だ!」
『つまり我等は無限の可能性の固まりなのだ!!』


ジョッシュ「クリフ、ゲッターミサイルって作れないかな?あいつらを一気に滅ぼせるほどの」
クリフ「そんなものを作るより門の先に捨てるか、ヴィンデル大佐に協力してもらって因果地平の彼方へ飛ばした方が早いだろう」

46 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 00:49:49 ID:iwxDuYRB
>>45
貴様には、「Dスレに帰れ」すら生温い。

47 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 00:58:36 ID:6492WHdM
なんか最近キャラを混ぜすぎじゃないか?
A・Dキャラ総合スレみたいになってる気がするんだが

48 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 01:43:44 ID:BtVyUnMW
D世界のシャドウミラーな感じだから大して気にならない

49 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 01:50:00 ID:DqadyEyt
あ、桐生ちゃんだ!




はい、撃ち方始め

50 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 01:54:25 ID:DqadyEyt
ああもう……色々ゴメン

51 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 03:35:54 ID:oNaBWKWJ
>>47
6、7スレ前辺りからこうよ。
基本を忘れなければいいのだ。

52 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 10:16:40 ID:HNpfGYnl
チュンチュン……

アクセル「何故シロガネにスズメがいるんだ」
レモン「さぁ? ふふっ、なんででしょうね」
ラミア「なぜでございましょうか」
アクセル「……で、なんで俺のベッドにお前達がいるんだ」
レモン「さぁ、それこそなんででしょう」
ラミア「何故でしょうね」
アクセル「……」
レモン「あら、思考停止? W17」
ラミア「はい」
ちゅっ
レモン「お目覚めできたかしら?」
アクセル「……いい目覚めじゃあないな」
ラミア「ですが、男冥利に尽きる、というものでございましょう?」
アクセル「……実は悪い気分じゃあないが、それでもいい気分でもない」
レモン「もう、素直じゃないんだから」
アクセル「素直って問題じゃ……むぐ」
レモン「ん……」
アクセル「……ふはっ。
……もう知らん!」

53 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 12:52:55 ID:NcVT5ZBl
一方その頃、エキドナはハンカチをキリキリと噛み締めていた

54 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 13:13:09 ID:5oPCI9BP
トラップを仕掛けるのがめんどくさくなって当番制になったんだろ。

55 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 14:34:27 ID:oNaBWKWJ
クリス「んー……zzz」

クリス「(あー……この抱き枕気持ちいいなぁ。
ふわふわしてて、ぷにぷにしてて……)」
リアナ「(うん……ほどよくあっかいし、なんかいい匂いもするし……)」
クリス「(なんだか甘いし……)」
リアナ「(……これ、抱き枕?)」
クリス「……」
ぱちっ
ウェン「や、やぁ、リム」
クリス「……ウェ、ウェン!?」
ウェン「えっと……できれば一度離してくれないかな? 動けないから……」
クリス「ご、ごめん!
(ウェンに抱きついて匂い嗅いで味なんてみたりして……何やってるのよぉ!)」
ウェン「……えっと、気にしなくていいよ。僕は君の幸せそうな寝顔が見れたから……」
クリス「////」

アクセル「抱き枕?」
ラキ「と、ある。お前に届けてくれと」
アクセル「あいよっと。
ふむ……。

……」
ガスッ
もぞもぞ
アクセル「……W15、抱き枕だ。寝相がよくなるぞ、貰っとけ」
ウォーダン「すまね」
抱き枕?「!?」

56 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 15:32:06 ID:iwxDuYRB
>>55
ラミア以外誰がいる。アクセルにガスッとされる奴が!!
エキドナ?しないんじゃないかな。

57 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 17:31:48 ID:bO3eMLEN
何気にウォーダンがくだけた喋りになってるw

58 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 18:35:00 ID:DqadyEyt
おもうに、
「すまぬ」のタイプミス?


>>56
君は以前のこのスレを知らないな…

59 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 18:58:08 ID:oNaBWKWJ
正解

ウンブラ「いわゆる……クレオパトラ式……潜入術。
あれは……絨毯だけど」
ごそごそ
ウンブラ「?」
ガスッ
ウンブラ「フギャ!?」
がさごそ
ウンブラ「?」
ウォーダン『うむ、寝相も身体の健康に重要だな』
ウンブラ「な……なに?」
ウォーダン『どれ……』
ウンブラ「! ど、泥臭い……! アクイラみたいな臭いが……!」

60 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 19:32:19 ID:iwxDuYRB
>>59
そうきたか!!
まだ勉強不足だな、俺は。

61 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 21:30:09 ID:nxk2V9OV
何故か、抱き枕を膝枕と読んでしまった。
そして、リムに膝枕してもらったら顔を見れるのか?と思ってみたり

…ん、何だか空が明るk

62 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 22:44:28 ID:HNpfGYnl
アクセル「ふぁ……ん」
レモン「あら、耳掃除は終わったわよ」
アクセル「そうか。すまんな」
レモン「気持ち良かった?」
アクセル「まぁな。
……W17の膝は」
レモン「ん?」
アクセル「なかなかやらかくて、寝心地は悪くない。
W16の膝は、耳をほじるテクが上手いんだ」
レモン「ふふっ、そう」
アクセル「だが、俺の頭があるべき場所はお前の膝の上。そう思うんだな、これが」
レモン「……」
アクセル「どうした?」
レモン「……わ、私だって恥ずかしいと思うことがあるの」
アクセル「そりゃすまん」
テーン「隊長ォ、レモンさん! いつ結婚するんですか!」
レモン「う、うるさいわね! とっとと諜報に行きなさい!」
アクセル「ふん……さて、と」
ミィ「次は私が耳掃除しますの」
アクセル「はぁ? もう耳糞なんかないぞ」
ミィ「いいからですの」
アクセル「……」
ミィ「それじゃあ優しく……死ねぇぇぇぇですの!」
アクセル「ぐっ!?」
ミィ「くぅぅぅ、大きな獲物が……ツァァァァッ!」
ズポッ
レモン「何の音?」
アクセル「くっ……殺す気か、きさ……おわっ」
ミィ「凄いものが取れてしまいましたの」

キョウスケ「で、それを見せる為に俺を呼んだのか、アクセル・アルマー」
アクセル「ああ、もう、でけぇなんてレベルじゃないぞ!?」
ミィ「ギネスにのりますの!」
キョウスケ「……」
ジャキ
キョウスケ「うぅぅぅちぃぃぃぃつらぁぁぁぁぬぅぅぅかせろぉぉぉぉ!」
エクセレン「落ち着いてダーリン!」

63 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 22:53:12 ID:iwxDuYRB
>>62
ミィスレから何度も出張乙。
・・・乙って言っていいのかなぁ・・

64 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:03:15 ID:iwE5TGI9
排他的にはなりたくないけど、ちぃと違うんじゃねーかと思います

65 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:07:01 ID:HNpfGYnl
これぐらい前からあった気がするんだが……厳しいなぁ。

66 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:08:07 ID:iwxDuYRB
>>64
よく見たらIDの最初にiwと共通の二文字がww

67 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:10:00 ID:r2oAY/Ft
前はもっと厳しかったよ
それこそ噛み付かんばかりだった

OG外伝のおかげで多少緩和してるとはいえ
ちょっと自由にやり過ぎてると、再びギチギチ規制される恐れがあるから
そっち方面はある程度に抑えておかんと

68 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:16:36 ID:BtVyUnMW
あんまりふざけた真似してると愛の核をぶっ放しちゃうぞ♪

69 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:33:14 ID:TYWb414e
>>68
無頼の徒よ、お帰り願おうか!


アクセル「まったく、俺達はガンダム試作二号機の核のせいで大変な目にあったってのにそっちは自分達の兵器に使ってるとは…」
ジョッシュ「いや、こっちはそんなに恐ろしいことなかったしもっと恐ろしい平気がいっぱいあったから」
アクセル「例えば?」
ジョッシュ「カメムs…」
アクセル「でぃぃぃや!」


70 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:37:01 ID:HNpfGYnl
凄い解釈があったな。
先にゼントラン戦争を経験した人類は、反応兵器クラスの乱用で戦争のサイズがでかくなったから、

南極条約に、
核兵器制限が、
ない!

だから、あの世界に星の屑作戦は起こらなかったのだ。

71 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:50:16 ID:5Fqgo/J/
ここいらで一旦原点回帰してみるのも手かもな。
例えば、以降100レスくらいはスレタイに書かれてるキャラだけでネタを出してみる、とか。
まあ、あくまで意見の一つでしかないわけだからスルーしてくれても全然構わんわけだが。

72 :それも名無しだ:2008/09/28(日) 23:54:07 ID:oNaBWKWJ
スルーしてもらうんじゃなくて、自分で出せばいいじゃん……

73 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 00:07:01 ID:BOoTbbQk
ひとまずラミア職人を見かけなくなって久しいなぁ…


74 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 00:34:29 ID:QZbRViFc
というかあれだ、やっぱりキャラを増やしすぎなんだ。
このスレ的にシャドウミラー+Dキャラ+OGsで関係の深いキャラ
これだけでいいと思うんだ。
竜馬とかまで出すとおかしくなる気がするし…

75 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 00:45:43 ID:hj6lS3go
それだとワカメはどこに人生相談すればいいんだ

76 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 00:54:11 ID:XL5d2X4Z
アクセル「我々が手を下さずとも人類の革新は訪れる。今はそれを待つ!」キリッ
レモン「カッコ付けてる所悪いけど、サングラス全然似合ってないわよ」


77 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 01:01:29 ID:TLZUVJhY
ジョッシュ「でも、垂れ目が隠れる分、いつもよりも迫力が増してるように見えるかも」
アクセル「死んだ魚のような目をした奴にだけは、言われたくないんだな、これが」

78 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 01:19:09 ID:QZbRViFc
アホ「明日、きてくれグハッ」
レモン「や め な さ い !!」


79 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 08:13:48 ID:XW/n0bIn
プチ眼鏡ブーム

エキドナ「ふむ……この眼鏡もいいか」
ラミア「フレームレスタイプも悪くござりませんわね」
クリス「ん……でもこのフレームがカラフルな眼鏡も可愛いわよ。あ、ラキさん、クールさが二割り増しだよ」
ラキ「うぅむ……くーる、か」
ウォーダン「何を話している」
ラミア「眼鏡を物色していますわ」
ミィ「ウォーダンにはこれをプレゼントですの」
つパーティ用ハート眼鏡
クリス「ぷっ……アルフィミィ、それはないよ」
ウォーダン「うむ、感謝する」
ラミア「あ、W15……」
ラキ「行ってしまった」


ウォーダン「我はウォーダン・ユミル! 白銀の剣なり!」
「ぎゃーっはっはっは!」
「なんだありゃ!」
ウォーダン「ぬぉぉぉぉぉ!」
ドドドドドド
「ギャーッ!」

ウォーダン「これをつけてから戦果が上がった。感謝するぞ、アインストの娘」
ミィ「そ、そうなのですの……?」

80 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 12:09:44 ID:Vc8bowAj
ヴィンデル「……

ふぅ」
カタン
ヴィンデル「……よし」
アクセル「眼鏡のヴィンデルおじいちゃん、お肩を揉みますわぁん」
ヴィンデル「気持ち悪い。
貴様等が私のデスクワークを増やすから視力も落ちる」
アクセル「だらしねぇな」
ヴィンデル「貴様がだらしないからそのつけが私に回ってくる」
レモン「私も最近ね……実は今、コンタクトなのよ」
アクセル「ん……それぐらい知ってる」
レモン「あらそう」
ラミア「隊長に眼鏡っ子属性は?」
アクセル「ない」
ラミア「でございますか」
レモン「嘘吐き」
アクセル「な、なに?」
レモン「いい? W17。この人は昔ね」
ラミア「ふむふむ」
アクセル「そ、それは言わない約束だろう!」


ラキ「クリフは眼鏡をかけているな」
クリフ「そうだがね」
ラキ「……だが使わないな」
ジョッシュ「昔っからそうなんだよ。髪留め代わりにかけてるだけ。掛けるときがあっても、すぐに『邪魔だ』って外すんだよな」
ラキ「そうなのか」
クリフ「そうなんだがね」
ラキ「それでもかけるのか」
クリフ「……母の形見だからな」
クリス「え……」
クリフ「とでも言ってほしかったのかもしれんがね」

81 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 14:08:32 ID:GFDUm1Ec
>>79
仮面の上から眼鏡かけてる姿想像して糞吹いたww

82 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 16:09:34 ID:jbqOat32
小ネタ
???「・・・」
ヴィンデル「・・・む?誰だ!こんな所に人型テレビを置いたのは?」
ランドグリーズ「テレビじゃねえっス・・・」
ヴィンデル「うわ!テレビが喋った!?」
ランドグリーズ「だから、テレビじゃねえっつーに・・・」

83 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 16:19:15 ID:qLRmZFoN
>>82
不憫すぎだぜワカメ!!
そしてグリーズのその口調は・・・

84 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 17:25:44 ID:yQnZXBW8
なんとなく、リサリサとレモンの姿が重なって見えた

85 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 19:54:11 ID:XW/n0bIn
ラキ「……」
ジョッシュ「ラキ、そっちの洗濯物……ん? わっ!?」
ドシン
          ハラリ
ラキ「……」
ジョッシュ「……ラ、ラキ?」
ラキ「……うん、赤くなるお前の顔も好きだ」
ジョッシュ「……よ、用が済んだら……どいてくれないか?」
ラキ「すまない」
ジョッシュ「……な、なんでいきなり押し倒したりしたんだ?」
ラキ「いや……お前を押し倒すことがどういう気分か知りたかった」
ジョッシュ「は、はぁ……」
ラキ「悪い気分ではなかった」
ジョッシュ「……じゃあ俺がラキを押し倒したら、どんな気分になるかな」
ラキ「? 気になるならやってもいいぞ?」
ジョッシュ「……いや、いいよ……今は」
アシェン「後でやっちまうってこと?」│∀・)ニヤニヤ
ラミア「隅に置けませんわ」│∀・)ニヤニヤ


86 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 21:19:26 ID:u8Q6zo+E
>>82
フルカラー劇場か。なつかしいな。

87 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 23:10:24 ID:sU+cPWkS
>>82を見てフリクリを思いだした俺は微妙な異端

88 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 23:34:21 ID:Vc8bowAj
ラミア「(ヴィンデル様から書類の整理……レモン様からデータ収集……バリソン隊長から新兵訓練の補助……アルフィミィから女の子の買い物……)」
アクセル「よっ、はっ、資料室は……っと……」
ドシン
アクセル「どわっ!」
ラミア「きゃっ!?」
バサバサバサバサ    アクセル「あたたた……」
ラミア「つッ……た、隊長!?」
アクセル「ん、すまんすまん」
ラミア「あ、あの、できれば、早くどいていただけると」
アクセル「困るか?」
ラミア「じ、実に困っちゃったりします」
アクセル「どかなかったらどうなる」
ラミア「と、とても困ったりしますわ」
アクセル「……わかった、どいてやるからそう焦る……

やっぱりやめるかな」
ラミア「ど、どいてくださいませ隊長、お願いしますわ!」
アクセル「そ、そんな泣きそうな声になるな! お前のノリに合わせただけだろう、ほれ」
ラミア「……」
アクセル「……ったく、調子が狂う」
ラミア「こういうことはベッドの上の方が……」
アクセル「……でぃやっ」

89 :それも名無しだ:2008/09/29(月) 23:55:18 ID:cpi+RHHU
>アルフィミィから女の子の買い物
く、kwsk!!!!!

90 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 00:21:18 ID:YhMTlGZc
クリス「最低」
エクセレン「気持ち悪い」
レモン「地獄に落ちろ」
リアナ「死ね」

91 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 00:23:02 ID:vj1vNhms
ラミア「ひ、ひどいのでございますです」

92 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 00:45:14 ID:YhMTlGZc
ラミアが反応するのかよw

93 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 01:05:44 ID:G/kWs8a+
ジョッシュ「日用品はこれで全部か?」
ラキ「ああ。そうだと……む」
ジョッシュ「何かあったか?」
ラキ「すまない、私の下着が損耗し、ストックが残り少ないのだが……」
ジョッシュ「下着……」

ラキ「これにすべきか……あれにすべきか……」
ジョッシュ「……」(目線は天井)
ラキ「ジョシュア、これはどうだ?」
ジョッシュ「ああ、いいんじゃないかと……って黒!? 黒はどうかな……」
ラキ「……こちらにすべきと言うのか?」
ジョッシュ「あ、ああ」
ラキ「おかしいではないか。黒いコートを着ている時などは、落ち着いた服装、と言われるぞ。
この下着なぞ、桃色ではないか。桃色のコートを着ていたら、私でも何かおかしく感じるぞ」
ジョッシュ「……?」
ラキ「ドロシーの下着も黒だぞ」
ジョッシュ「……??」
ラキ「……まぁ、お前がそう言うならば、白辺りにしておこう」
ジョッシュ「……何が何だかわからなくなってきた」
シュバルツバルト「んーっふふふふふふふ。同じルイーナとして、私も黒を勧めるぞ」
ウンブラ「アンタは……メリオルエッセじゃないでしょ」
ジョッシュ「頭が痛くなってきた……」

94 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 01:19:42 ID:GOhHk/KO
レモン「女には、勝負時ってものがあるのよ…そして、その勝負にはそれなりの”衣装”が必要だわ」
ラミア「これが…その…」
エキドナ「”勝負下着…”」
アルフィミィ「ごくり…ですの」

95 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 01:33:55 ID:50ZuZMoV
レモンの場合勝負っていうかむしろ娼婦みたうわなにするやめ

96 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 01:58:35 ID:eZ8KmFBC
ミィは意識せずにエロい下着身に着けてるイメージがある

97 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 02:16:05 ID:II4DSsdF
W15「勝負下着か、確かにあれは重要なものだ」
W17「何!お前が持っているのか!?」
レモン「そんなものをつける様な趣味をプログラムしたつもりはないんだけど…」
W15「何を騒いでいる?普通にこれだ」
つ褌
W17「うお!純白の褌!」
レモン「まあ、予想できた結果よね」
W15「間違っているのか?己の決戦時に最高のポテンシャルを引き出せるように取って置きは残しておくものだぞ」
アクセル「ああ、一理ある」
レモン「アクセル……まさか褌をつけてるの?」
アクセル「…………………そんな分けないだろう」
レモン「今の間は何かしら?…ラミア」
W17「了解」
アクセル「な、何だ!俺を拘束してどうするつもりだ!」
レモン「人の記憶を映像として映し出すマシンを作ってみたの。それで手頃な被検体が欲しかったのよ」
アクセル「俺のプライバシーはどうなってもいいのか?」
レモン「多数決、アクセルのプライバシーと私の研究結果どちらが大切かしら?そうだと思う方に拍手してね。まずはアクセルのプライバシー」
………………………
レモン「私の研究結果」
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
アクセル「おい!」
レモン「というわけてご招待」
アクセル「待てぇ!」

98 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 13:36:57 ID:PqS5tmBm
ラミア「これがいわゆる」
ミィ「パンツじゃないから恥ずかしくないもん! ってヤツですの」
アクセル「いや、その理屈はおかしい」
クリス「でも、スパッツもいいものよ?」
ウンブラ「さらしだから……恥ずかしくないもん」

99 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 14:30:37 ID:rjWdEroE
???「結局、履いてないのが最強なんだよね〜(放熱しながらにこやかに」

100 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 18:21:52 ID:cV15Sbjp
>>99
アシェンだな!?
DTDでもっとひっかきまわしてかまわん。

101 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 20:11:14 ID:qs1c6c4F
>>98
今はスパッツじゃなくてレギンスというらしい

102 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 20:56:22 ID:G/kWs8a+
ラミア「……出血が酷い。布をドンドン裂いてくださいませ」
ラキ「わかった」
アクセル「だ、W17……寒い……俺は……死ぬのか?」
ジョッシュ「死なない」
アクセル「まぁそらそうだな。だが……つうッ……すまんな、これじゃあ戦闘できそうにない」
ジョッシュ「……ラキ。さっきの交戦データを引き出してくれるか? 敵の大まかな規模は把握しておきたい」
ラミア。シロガネの救援までの時間を計算してもらえるか? アクセル、辛いだろうが、アンタじゃなくちゃ
ソウルゲインは動かせない。戦闘は俺達に任せてくれればいいから。移動だけは自力でやってくれ」
アクセル「あ、ああ」
ラキ「ジョシュア、インベーダーの反応も見られているぞ。この位置だ」
ラミア「最速、希望的観測を加えれば32分。最低でも47分というところですわね。
この渓谷地帯、敵のアンブッシュしているポイントは……」
ジョッシュ「……敵も自由にこちらを捜索してる暇はなさそうだな。
……逆に考えれば、インベーダーの「巣」は、汚染濃度が低い一帯まで逃げ切れれば問題はない」
ラミア「リスクは大きいですが」
ジョッシュ「追跡している連中に見つかるよりは、リスクは小さいと俺は思う」
ラキ「……インベーダーも縮小傾向に向かっていると聞くが、逆に言えば、弱いインベーダーは淘汰され、
高い生命力のインベーダーが増えている、とも聞く。大丈夫か?」
ジョッシュ「……とりあえず動こう。見つかるのだけは、絶対に避けたい。
ルイーナとザンスカールに挟み撃ちにされてる状況なのは変わらないしな」
ラミア「その意見には肯定ですわ。隊長、ソウルゲインの肩をどうぞ」
アクセル「ん……スマンな。
おい、ジョッシュ」
ジョッシュ「ん?」
アクセル「お前、どうだ? 部隊長をやってみるつもりはないか? いいセンスだな」
ジョッシュ「……人を引き連れて歩くのは、得意じゃないんだが」
アクセル「だが、今は引き連れてるぞ」
ジョッシュ「うぅん……」
ラキ「ジョシュアはリーダーに向かん」
ラミア「そうでございますか?」
ラキ「ああ。誰か一人を助けるのでいっぱいになる。リーダーには向かん」
アクセル「ははっ、そうかもな。だが……。
いいチームだ」
ジョッシュ「それは同意するよ」


103 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 22:12:06 ID:qs1c6c4F
>>102
なんとなくだが、出血ならラキが傷口を凍結させて止めるとかできそうだな。

ちょっくら脳内に湧いてきた兄妹の日

ウェン「・・・・」にこにこ
ラキ「ウェントス、ジョシュアを…ん?!」
ウェン「静かに、あれをご覧。」にこにこ
ラキ「・・・?」

ジョシュア「…ん、」すーすー
リム「えへへ…とくだいけーき・・・」むにゃむにゃ

ラキ「二人とも眠っているのか。」
ウェン「うん、だから起こしちゃダメだよ。」にこにこ
ラキ「・・・(ムッ)いや、起こしてくる。」
アクセル「野暮なことはするもんじゃないぜ。」ひょい
ラキ「なにをする!?」
アクセル「たまには兄妹二人で昼寝させてやっても良いだろ。妬いてるのか?」
ラキ「・・・あんな穏やかな感情は私と居るときでも滅多に出さない。」
アクセル「ま、血は繋がらなくても兄妹だからな。羨ましいんだったらお前さんもアニキとデートしてきたらどうだ?」
ラキ「アニキ?」
アクセル「そこに居るだろ。」
ウェン「?」にこにこ
ラキ「そうだな、ウェントスにはあのときの礼がまだだった。いくぞ。」ぐい
ウェン「ん?じゃあ、行こうか」にこにこ

アクセル「…」
レモン「やさしいお兄さんだこと。」
アクセル「なんだよ、見てたのか。」
レモン「ふふ、二人とも子供の表情しちゃって…リムちゃんはともかくジョシュアのは新鮮ね。」
アクセル「…まったく、うらやましいもんだぜ。」

104 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 22:37:33 ID:cV15Sbjp
>>103
アクセルも結構安らかな表情してそうだが。
で、そこにラミアが来て飛びつこうとしたがあまりに安らかな顔だから
眺めることにした(それを記録した)って光景が見えた。
たまにはそんなラミアも・・ねぇ?


105 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 23:01:07 ID:G/kWs8a+
アクセル「ヴィンデルめ……たまには教本でも読め、だとか……ちっ。

………。

………。

(バサッ)

……zzz……」

ラミア「隊長? 顔に本を被せてソファーに横になるとは、新手のゼンの構えでございますか」
アクセル「……がーっ……」
ラミア「隊長?」
アクセル「ごーっ……」
ラミア「(隊長……完全に無防備……隙だらけですわ……!)」
アクセル「くぅ……W17……こいつめ……」
ラミア「……!

……私のこと、夢に見ていてくださりますか。

……夢で会えていれば、十分ですわね」
バサッ
ラミア「毛布でも……かけておきましょうか」
アクセル「……」
ラミア「隊長の寝顔……」
アクセル「……おのれ、ラミア……zzz」
ラミア「……ふふっ」

106 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 23:09:39 ID:GOhHk/KO
ラミア…
お前、それでいいのか…

107 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 23:12:36 ID:PqS5tmBm
わからぬか。
可愛い顔で「ラミアめぇ……」と呟く隊長の愛らしさが!

108 :それも名無しだ:2008/09/30(火) 23:35:54 ID:cV15Sbjp
この状況をまとめるひと一言。

これでいいのだ!!

109 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 02:04:28 ID:rQE7NK/S
ラミア「た、いちょ……Zzz……カッコつけ…野郎」
ミィ「う…んん…キョウスケぇ…Zzz…サクサ…ク……zz殺ャア…」
ウォーダン「………Z…z…z…ゼンガァァァァ!変・身!!」
エキドナ「Zzz…シ〇ン…Zzz…洗浄を…zz」
レモン「うふふ…可愛い♪」
アクセル「そ…そうか…」

110 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 03:10:17 ID:Iu28Cyci
フェリオ『ジョシュア、お前は大きくなったら何になりたい?』
幼ジョッシュ『大きくなったら? うーん……パパみたいな立派な科学者になりたい!』
フェリオ『残念だがね、ジョシュア。私は科学者でなく、厳密にはリ・テクノロジストという
分類が七面倒くさい人種であって……何より、大して立派なリ・テクノロジストじゃないんだよ』
幼ジョッシュ『……うぅん。パパは立派だと思う!』
フェリオ『……そう思ってくれるか。だがね、ジョシュア。きっとお前は私を……ゆ……』
幼ジョッシュ『パパを?』
フェリオ『……いや、なんでもない。ところでジョシュア、お前がこの前言った仮説、
実はあながち間違いでもないようなんだ。お前にはリ・テクノロジストの素養があるかもしれんぞ』
幼ジョッシュ『え、あれ?』
フェリオ『ああ。私の仮説が正しければ……この遺跡を作った古代人は、
精神的に豊かな文明を築いていたのかもしれん。いや……情操や情緒が豊か、という意味ではないんだ。
なんと言えばいいのか……とにかく、お前にも見せてやろう。私は――これをシュンパティアと名づけたのだが』
幼ジョッシュ『しゅんぱてぃあ?』
フェリオ『心、という意味だ』

ジョッシュ「あ……」
ラキ「起きたか、ジョシュア? 何の夢を見ていたんだ?」

ラキ「『オヤジ』の夢? 父親のことか」
ジョッシュ「ああ。……厳格なところもあったけどさ、基本的に優しかったよ。親父は」
ラキ「……だがジョシュア。お前は……父親を憎んでいるんだろう?」
ジョッシュ「……どうなんだろう。あの時、南極のあの場所で親父に再会した時、
心も形も変わっちまった親父に感じたのは……怒りも憎しみも、これっぽっちも沸いてこなかった。
酷く哀れだった。そうとしか、俺は言えない」
ラキ「……愛しているのだな、オヤジ、を」
ジョッシュ「愛してた、だな。
……そっか。俺は親父を愛していた。それは……事実なんだな……でもな、ラキ。
どうしても俺は親父を憎まずにはいられなかったんだ。本当にそれは、どうしようもなかったんだ。
俺も親父になったら……あんな風になるのかな。あんな風に憎まれるのかな」
ラキ「……ジョシュア。大丈夫だ。私も一度お前を憎んだ。だが、
憎むことができるのは、愛することができる証明なのだと……私は、そう思っている」
ジョッシュ「……」
ラキ「だがとりあえず、案ずるより一度『オヤジ』になってみたらどうだ? お前がいいなら、私は手伝うぞ」
ジョッシュ「え……そ、それは……考えておくよ」
アクセル「ご祝儀は弾むから、安心していいぞ」
ラミア「たまごクラブもちゃんと買ってきますわ」
ジョッシュ「そういうことは放っておいてくれ!」
ラキ「ありがとう、アクセル、ラミア」
ラミア「いえいえ」
アクセル「おうっ、どういたしまして」
ジョッシュ「……くうっ」

111 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 04:24:13 ID:S/hPItLY
↓ラキの双子の弟(名前忘れた)
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

112 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 08:44:50 ID:1nXy+nk5
>>111
アクイラな

というかアクイラが不憫過ぎるwwwww

113 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 09:04:10 ID:4uKKrDEE
メリオルエッセってラキとウェンとアクイラとウンブラとコンターギオだったよね?

114 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 09:12:37 ID:v5/rVdSR
イグニス「…………………」

115 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 09:28:08 ID:cZTpJ3qb
とりあえず他の連中は町中にいても問題無さそうだがコンタとウンブラは一際人外感が。


まぁウンブラは猫なんだが。

116 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 09:33:56 ID:9EjJXMdN
メリオルじゃないけど、シュバルツバルトも忘れないでね。

117 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 10:12:32 ID:xmfKLs2S
ヒョーゴが同情の目を向けています。

118 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 12:51:45 ID:ESdW1DvC
っと
ラキが氷その双子が炎(火?)
ウェントスが風
アクイラが鷹
コンターギオが汚物
ウンブラが闇
シュッツバルトがビックデュオ
ヒョーゴが空気
でいいんだったっけ?
こうみると何故かコンタニ文字なんだよな

119 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 13:03:39 ID:9EjJXMdN
コンタは、どっちかってと汚染とか感染って意味だな。
シュバルツバルトは、ドイツ語で「黒い森」って意味。
鬱蒼とした、底無し沼を思わす森林が広がる欧州では、
シュバルツバルトは、狂気の象徴なんだね。

120 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 14:47:03 ID:Iu28Cyci
名前って重要だよね。

キィィィィィ
インベーダー『ギシャアアアアアアアア!』
レモン「来たわ! W16、対インベーダー弾を装着した携行ロケット砲が後部座席にあるわ!
撃ってちょうだい!」
エキドナ「了解しました」
ドン
インベーダー『グェェェェェェェシャァァァァァァ!』
エキドナ「移動速度が一時的に落ちただけのもようです」
レモン「くぅ……! 救援はまだ!? W17、アクセルいっぱいに踏んでちょうだい!」
ラミア「了解しましたわ!」
グリグリグリグリ
アクセル「もっと踏んでぇん……って何をする!」
レモン「気持ち悪い! そこじゃない!」
ラミア「そこじゃない?」
グリグリグリ
アクセル「あぁん、らめぇ! ……って、でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
レモン「地獄に落ちなさい!」
エキドナ「……」
ダダダダダッ
インベーダー『シャァァァァァァァ!』
エキドナ「……死ねばいいのに」

121 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 21:37:54 ID:PdWh6oPO
>>111 >>112 >>113 >>118
イグニスかわいそすぎる・・
忘れられ、間違えられ、また間違えられ、また忘れ去られた・・・

122 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 21:52:15 ID:LBCHhe+s
ヒューゴってもともとはイグニスっていう名前になるはずだったんだよね

123 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 22:38:03 ID:uE8cvSTz
遅レスだが>>82

ヴィンデル「・・・で、お前は何をしていたんだ?」
ランドグリーズ「それはっスね、うち等の上司のおっさんが仕事ほっぽりだしていきなり居なくなっちゃったんで
         探して来い。でも無理だったらいーやとか言われたんで仕方なくおいらが行く事になっちまったんですけど
         唯一の手がかりのここにやって来たのは良いけどあのおっさんはいないわ、寒くて凍えるわで疲れちゃって
         もう帰っちゃおーかなー?と物思いにふけっていた所なんス・・・」
ミィ「・・・みぃ、無表情で怖いですの・・・」

124 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 22:45:51 ID:pTlTSbIR
>>123
ちょwwランドグリーズ、なんだかいい奴っぽいなw

125 :それも名無しだ:2008/10/01(水) 22:54:28 ID:PdWh6oPO
>>122
へぇ〜、そうだったのか・・・
>>123
だれだそのおっさん。

126 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 00:12:13 ID:ZG/TQWip
上司=上位機種かカスタム機じゃない?
ラーズアングリフとかレイヴンとか



127 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 00:19:15 ID:lLblUmu0
ラーズグリーズは戦乙女だから、お姉ちゃんだしね。
擬人化したスィームルグは割とノリノリなお嬢だけど、
擬人化したアンジュルグは、「任務とはいえこんな装甲……」ってぼやいてそう。

128 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 00:51:27 ID:k1QpDKkd
レモン「んー……やっぱりSMSCにダイレクト・フィードバックと、
ダイレクト・アクション・リンクは合わないかしら」
ラミア「あ、あの、レモン様……」
レモン「思考伝達で機体の制御を滑らかにする、って機能は是非とも多種の機体に搭載したいけど、
やっぱりパイロットに熟練が要求されるのかしら……。データの絶対量が少ないわねぇ……」
ラミア「レ、レモン様?」
レモン「でも、タイプ30にダイレクト・フィードバックが必要とも思えないし……。
うーん……思考と制御を繋げる……これって、オーガスタ研が踏んだ轍よね……うーん……」
ラミア「レモン様!」
レモン「あら、何かしら、W17」
ラミア「こ、この衣装、脱いじゃっても宜しいでしょうか?」
レモン「ダメ」
ラミア「で、ですが、もうモーションデータの採取は終了したでございますでしょう?
そもそも、モーションを採取するのに、アンジュルグそっくりの衣装を着るというのも……あまりわかりませんですが」
レモン「あら。簡単な話よ。実際に動かしてみなきゃ、装甲と装甲がどこかで緩衝するかわからないでしょう?」
ラミア「……と、とにかく、脱いでもよろしいでございますか?」
レモン「ダメ」
ラミア「何故でらっしゃいますか?」
レモン「面白いし可愛いから」
ラミア「お、横暴ですわ、レモン様……」
パシャパシャ
レモン「くぉら、そこ! 撮影するんじゃないの! W17に可愛い格好させるのは、私だけの特権なんだから」
ラミア「レモン様……どうかご無体な」

129 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 01:13:07 ID:dBH0jNqo
じゃあ次は試験的に装備したアッシャークルーの機構テストを

130 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 01:13:42 ID:hCBoxzbx
そういや、シャドウミラーって二人乗りの機体ってないな。
例えば片方がシステム制御、片方が基本行動などを受け持って
反応のズレを無くすために二人の意識をシンクロさしたりすれば中々に強そうな機体が出来そう

131 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 01:18:22 ID:My0ic1gy
ソウルゲイン + ヴァイサーガで
スーパーソウルゲインに合体とか

132 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 03:08:51 ID:k1QpDKkd
レモン「そうね。試しにアンジュルグにもダイレクトアクションリンクを搭載しましょう。
それと……一度、試してみたかったの。W16。貴方はこっちに乗って」
エキドナ「この特異なデザインの戦闘機ですか」
レモン「ええ。アンジュルグには今までどおり、W17が乗ってちょうだい。
この二機が合体することで……アンジュルグはアンジュルグSにパワーアップするのよ」


ラミア「……」
エキドナ「……」(ラミアがエキドナをおんぶしてる)
ラミア「……」
エキドナ「……」
ラミア「レモン様、矢張り合体機にダイレクトアクションリンクは……」
レモン「言わないで。これも試行錯誤の過程よ」
ミィ「私もアクセルの背中に合体ですの!」
アクセル「こら、やめろ!」
ミィ「おんぶぐらい、いいですの」
アクセル「ったく、しょうがないヤツだ」
ミィ「……ふふぅ〜ん」
アクセル「?」
ミィ「どうですの?」
アクセル「何が?」
ミィ「当ててるのよ、ですの」
アクセル「……何を?」
ミィ「! アクセルの鈍感赤ワカメーッ!」
アクセル「なんだありゃ」
レモン「うーん……あれはアルフィミィが悪い。もう五年、いえ、三年は待つべきだったわね」
アクセル「どういうことだ」
レモン「……アクセル、今更思ったけど、私以外の人には、結構、朴念仁って言われない?」
アクセル「さらにどういうことだ」
ラミア「こういうことですわ。当ててやがりますです」
エキドナ「あ……当てています」
アクセル「いきなり二人で絡み付いて来て何をするか! でぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
ラミア「あぁん」
エキドナ「あうっ」
アクセル「まったく……あ、そういうことか?」
レモン「遅い」

ラキ「……何を当てるのだろう?」
ジョッシュ「……あんまりそういう事は真面目に考えなくていいよ」
ウンブラ「……アクイラ……なら……当てるだけの……胸があるんだけど」
ラキ「……まぁいい。ところでジョシュア、私も……おんぶというものを、一度だけしてもらえないか?」
ジョッシュ「え゛……まぁ、一度くらいならいいか。ほらっ」
ラキ「っと……ふふ、ジョシュアの背中だ。暖かい……」

133 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 03:39:08 ID:CnoPyWTT
>>130
随分前のスレでソウルゲインとアンジュルグで某神魂合体みたいなのはどうだろうとかでてたな
色も青とピンクで似てるし

134 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 08:00:49 ID:IA49H0uh
>>133
ラミア「ソウルゲインとアンジュルグが神魂合体…」
アクセル「なる程、合体してパワーアップという訳か、こいつは」
ラミア「アーちん…」
アクセル「だが、俺は今のソウルゲインのままでも十分…へ?」
ラミア「アーちん!機体だけじゃなく私達もラーブラブな新婚さんになっちゃったりしちゃいましょう!」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!!」

135 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 08:32:35 ID:GB+KF031
>>134
アクセル「貴様、W17じゃないな?!」

136 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 09:13:40 ID:rq6OulnF
相変わらずカオスかつ秩序あるスレだなw

137 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 12:28:30 ID:5aeHNN2t
ワカメさんの求めていたモノが、ここにはある!

様な気がしないでもない様な

138 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 13:36:54 ID:qwx7MCiX
むしろ三体合体だろ
ミィ「闘争!」
ラミア「合体!」
アクセル「GO!ソウルゲイン!……って、んな訳なかろうが!」
ラミア「いやん」
ミィ「ノリが悪いですの」

139 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 13:39:54 ID:hqhcrPte
合体なら
アンジュルグ(天使)+ペルゼイン(鬼、悪魔)
の方が面白い


140 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 14:00:27 ID:k1QpDKkd
ウェン「僕もリムと合体できたらね」
リアナ「が、ががががが合体!?」
クリス「(リアナ、そういう意味じゃないわよ!)」
リアナ「(わかってるって!)」
クリフ「ふむ……実はそれほど難しくないんだがね」
リアナ「そうなの?」
クリフ「ああ。そう難しいことではない。アルスノーヴァに乗り込むのと同じ要領で、
リムがウェントスの上に乗る。リムの方の加速を利用すれば、通常の二倍の速度でイけるだろう」
リアナ「乗っかって、二倍の速度でイく!?」
クリス「(ど、どうしたのリアナ!?)」
リアナ「(な、なんでもないってば!)」
ウェン「できるのかい?」
クリフ「ああ。システム的には似通った部分はかなり多い。
機体同士を接続するのも難しくはないだろう」


リアナ「ウェン、行くよ!」
ウェン「わかった」
ガシッ
ウェン「行けるよ、リム!」
リアナ「……」
ウェン「リム?」
リアナ「(ウェン(の機体)と繋がったままワイバンシザースなんて、
頭がフットーしそうだよぉ!)」
クリス「(リアナ、レディコミの読みすぎよ)」
リアナ「(何よ! クリスが美容院で暇つぶしにずっと読んでるのがいけないんでしょ!)」
クリス「(私は平気だもん)」
ウェン「リム、いいから敵に突っ込むよ」
リアナ「う、うん……そう……突っ込むんだ」
ウェン「?」

141 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 14:07:30 ID:nBuZyfhQ
しかしこのスレにはムッツリな奴が多いなぁ

142 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 14:29:55 ID:w9+WcpfU
日本人はむっつりスケベの変態紳士、コレ基本

143 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 15:08:45 ID:CcMYKQTZ
スレタイがアンジェラアキに見える

144 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 16:31:04 ID:lLblUmu0
ミィ「でも、おんぶにだっこが一番上手なのはドロシーですの」
アクセル「んー」

おんぶ篇
カルル「だぁだぁ」
ドロシー「カルル、おとなしくしてちょうだい」

だっこ篇
タッタッタッタッタッ
ザンス兵「追えー! 逃がすなぁー!」
トレーズ「はっはっはっはっはっ」
ドロシー「トレーズ・クシュナリーダ、おとなしくして」

ミィ「ね?」
アクセル「……」
ラミア「勿論私にもあのくらいお手のモノ」
アクセル「ぐ、き、貴様!」
だきっ
ラミア「おーほっほっほっ」
ミィ「あ、ラミアがアクセルを抱いて逃げますの! 追うですの!」


ヴィンデル「……アクセルを抱えて走るW17とそれを追うアインストの小娘というおぞましい光景を見たのだが……」
影鏡士官「疲れてらっしゃるんですよ、大佐……」
ヴィンデル「……そうかもしれん」


ラキ「私も『ダッコ』してやるか?」
ジョッシュ「い、いや、俺はいいよ」

145 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 17:51:03 ID:nBuZyfhQ
今から五分以内にレスがなければアクセルはアルフィミィの嫁

146 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 17:55:14 ID:vmOnFnDD
ラミア「流石にそれは無理なのでございますです。
    隊長は皆の物。つまりは私のものでもありんす。」

147 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 18:20:33 ID:hqhcrPte
今から1時間書き込みがなければ
アインストグリードがラミアにエロい事する

148 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 18:34:31 ID:w9+WcpfU
あからさまなエロなどいらねー

149 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 19:54:07 ID:lLblUmu0
じゃああからさまじゃないエロってなんだ!
アクセルとレモンの部屋のテーブルに置いてあるティッシュは安っぽいタイプなのに、
ベッドに置いてあるティッシュは凄い高級ふかふかソフトティッシュな時でございますか!

150 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 20:28:46 ID:w9+WcpfU
エロがっつーより、〜分後にレスがなかったらってのがイヤなんだよな
なんか、催促してるみたいで

空気打ち壊してしまったんなら、ゴメン

151 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 20:29:54 ID:nBuZyfhQ
                                       [無限獄]

  三   ウフフ       三三                ┏━━━━━━┓
       ,;;;;;;;;;ヽ  三三 f二iュ   さぁ堕ちてもらおうか…..┃         .┃
三   _;;ゝ゚-i/   .,..'´ ̄`ヽ `っ                      .┃         .┃
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}w  三三                 .┃         .┃
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__                      ┃         .┃
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ            .┃         .┃
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'          .┃         .┃
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄l   ↑             ┃         .┃
                       >>150



152 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 20:54:33 ID:My0ic1gy
セツコスレのAAを使うなw

まあこのスレは割りと侵攻が早い部類だし、●●以内とか使わなくても
問題はないと思うぞ

153 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 21:25:56 ID:vXHLRX60
クリス「……ねね、ウェン」
ウェン「なんだい?」
クリス「こんなこと聞くのもなんだけど……
その……ほら、エッチなことと、そうじゃないことくらい、わかるよね」
ウェン「? ……ああ、そういうことだね。勿論、わかるよ」
クリス「ほ、ほら、ウェンって元々はメリオルエッセでしょ? そういうこと、
疎いんじゃないかな……って」
ウェン「心配してくれてありがとう。僕も色々学んでるから、大丈夫だよ」
クリス「そう。安心したわ。
あ、そろそろ時間ね。ウェン、行こう」
ウェン「あ、待って、リム」
むに
クリス「……」
ウェン「その「きゃあ!?」

クリス「い、言ってる側からなんで胸を掴むのよ、ウェン!」
ウェン「え、えっと……その……掴みやすかったから……。
まずかった?」
クリス「もう……ウェンのバカァ! 女の子の胸は触っちゃダメでしょ!
他の子の胸を触ったりしてないよね!」
ウェン「それはしてないよ……だって君が……」
クリス「それは……その時だけよ!」
アクセル「また一つ賢くなってよかったな、ウェントス」
ウェン「次は気をつけるよ……ごめん、リム」
ラミア「と、仰っておりますし、めでたしめでたし」
リアナ「めでたくない!」

154 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 23:16:09 ID:UAiZKdR2
ランド「え〜、こちらさすらいの修理屋ビーター・サービスでございま〜す!」
メール「何か修理が必要なものはありませんか〜?」
ワカメ「修理屋だと?」
アクセル「今のところ必要は…」
レモン「ところが必要なのよね」
ジョッシュ「修理するものが多いから人手が足りないんですよ…」
ランド「毎度!(ヒートスマイル)」
アクセル「(うわっ!暑苦しい!)」
ワカメ「(暑苦しい奴だ…)」
レモン「(暑苦しいわね)」
ジョッシュ「(暑苦しいなぁ…)」
ラキ「?何が暑苦しいんだジョシュア?」

155 :それも名無しだ:2008/10/02(木) 23:24:24 ID:k1QpDKkd
レモン「…………はっ!?」
アクセル「うぉう、どうした?」
レモン「よく考えたら、私達の部隊に修理・補給機がいないじゃない!」
ヴィンデル「……」
レモン「盲点だったわ……早急に作る必要があるわね」
アクセル「ふむ……補給機なら、ランドグリーズを改修して補給弾薬をたんまり持てる機体に、
修理機なら量産型アシュセイヴァーを改造して、フットワークのいい機体にすべきだと思うがな」
ヴィンデル「ダメだ」
ラミア「何故でございますか」
ヴィンデル「補給があると安心して貴様らは無駄弾を撃ちまくるからだ……」
アクセル「だがなぁ、昨今、補給機が隣接するだけで、核弾頭も補給できるんだぜ?
そう固いこと言うなよ」
ヴィンデル「ダメと言ったらダメだ!」


クリフ「修理機……」
ジョッシュ「ん?」
クリフ「構想はあるのだがね」
ジョッシュ「そうなのか?」
クリフ「ああ。ジェアン・シュヴァリアーを、一つの空母に見立て、
戦闘しながら修理する機能をだな……」
竜馬「それは間違ってる!」
ラキ「どうしたんだ、今日は目と声が綺麗な竜馬」
竜馬「僕は! ……じゃなくて俺は、そんな機体を作っては、作っちゃならねぇと思う!
まぁ俺を乗せるなら考えないでもねぇが」
クリフ「ふむ……そう言うならやめておくか」

156 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 00:32:39 ID:as88iYR+
ラキ「……修理か。好きな言葉ではない」
ジョッシュ「どうしたんだ? ラキ。修理機ぐらい、俺達の部隊に山ほどいるじゃないか」
ラキ「好きでないと言ったら好きでない」
ジョッシュ「……? 何か嫌なことでもあるのか?」
ラキ「……。

私は壊れた存在だから、直されたら……お前への気持ちも、消えてしまうかもしれん。
だから、修理という言葉には……どことなくぞっとするものを感じてしまう。
ある日、唐突に、壊れた私が直ってしまったら……」
ジョッシュ「……大丈夫だよ。俺の気持ちは変わらないから」
ラキ「元の私に戻ったら、私の心も戻ってしまうかもしれんぞ?
お前への気持ちが消えて、もしかしたら、お前を撃ちさえしてしまうかもしれん」
ジョッシュ「……それでもいい。今更……ラキを放っとくつもりはないから」
ラキ「……。

不思議だな。壊れていることが、欠落していることが、これほど嬉しいなんて。
そうか……私の空っぽの部分に、お前がいるんだな」
ジョッシュ「俺にも、君もいる」
ラキ「それと……ふふっ、抱きしめられる、お前がいる」
ジョッシュ「こら、ラキ……」

157 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 01:23:43 ID:B6ssl91F
アクセル「ほぉ、いい感じの町だな。古風な雰囲気の……まだこんな町があったか」
ラミア「ええ、半舷休息には相応しいかと」
アクセル「ふむ……ん、大道芸人か。あれは……人形劇か」
ラミア「人形劇……」
♪〜
プツン
アクセル「む……」
ラミア「糸が……」
アクセル「……糸が切れたら、マリオネットも終わりだな」
ラミア「……そう、ですね。替えの糸を繋げてやらなければなりませんわ」
アクセル「……お前はどっちがいい?」
ラミア「え?」
アクセル「糸を断ち切り自由になって、一歩も歩けなくなった人形と、
不自由なまま、陽気に楽しく踊り続ける人形と」
ラミア「……。

人形であれというのなら、私は不自由に踊り続ける人形で結構です」
アクセル「……」
ラミア「ただ、私は、人形でない何かという選択肢を、指すことができない選択肢だとしても、
選び続けます」
アクセル「……その答えに俺は同調せんが、そういう考え方は、俺は嫌いじゃない。
ラミア、それは何だ? 人の形をした物、人形でない何かっていうのは」
ラミア「……私の心の形をした者です」
アクセル「―――」
ラミア「もしくは隊長の新妻」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」


158 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 10:19:57 ID:0YrC4fKZ
ラキ「・・・・」
助手「どうして怒っているんだ?ラキ」
ラキ「・・・私たちはいつになったらPSPにリメイクされるのだ?」
助手「そ、それはバンプレストに聞かないとなんとも・・・」
ラキ「どうしても出たいのだが」
助手「たぶん、無理だと思う」
アクセル「ふっふっふ、格が違うんだな、これが」
レモン「そのとおりよ。あなたたちは・・・どうかしらね」
ラミア「隊長、私も不適格かと」
ラキ「お、お前たち・・・う、う、うわああん」
助手「お、おいどこにいくんだ」

アクセル「言い過ぎたか」
レモン「あらどこへいくの?」
アクセル「バンプレストにちょっとな」
レモン「ふふふ、いってらっしゃい」
アクセル「フッ。まあ期待して待ってな」




159 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 10:31:20 ID:+CSekfhA
テ・ラーダは黒歴史を使った!
64・D・Jは黒歴史となった!

160 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 10:48:08 ID:0YrC4fKZ
純粋なラキはザオリクを使った!
Dは白歴史になった!
カルヴィナは必死にザオリクを使った!
Jは灰歴史になった!
三人娘は泣きながらザオリクを使った!
Jは白歴史になった!


161 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 12:06:55 ID:jFEyw19s
レラはメガザルを使った!
MPが足りない!

162 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 12:36:05 ID:3aNqgR0W
>>139
なんかものすごく金子一馬的なロボになりそうな気がする

163 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 13:31:16 ID:CWfoqxyA
しかしDは出るんじゃないか?
2ch内ではR(笑)よりDの方のリメイク出せって声が大きい気がするし。

164 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 13:38:09 ID:B6ssl91F
>>163
そういうことは言うもんじゃない。
自分から敵を作ってはいけない。

165 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 14:04:38 ID:jgWTNgSN
>>134
声的には「私を握って!」の方だがなぁ>ラミア


166 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 14:41:04 ID:AGk3i5zc
テラ夕゛「え? リメイクかOGにDのメンツ出したらもちろん寿命関連はカットするつもりですが?」

167 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 15:00:01 ID:36eXlgMj
>>163
ちょっと表に出ろ

168 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 15:12:48 ID:2JKv2Rnv
リメイク雑談を切って




そうだ!
調整ミスッて「敏感ボディ」なエキドナさんはどうだろう

169 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 16:17:22 ID:+9E3VsXJ
敏感肌だとさ、日焼けが恐ろしいよね
紫外線対策で長袖着ると布がこすれてまた辛いし

痛くて痒くて赤くなって…うわぁ

170 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 16:22:07 ID:CWfoqxyA
そんな花粉症なエキドナさんなんて…

171 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 16:44:08 ID:B6ssl91F
エキドナ「あ……熱い……体が燃える様です……」
アクセル「ったく……マイクロ波の中に飛び込むとは……。
任務遂行はいいが、いっぽ間違えれば、ボイルドエッグの失敗作だぞ」
エキドナ「Wシリーズは、これぐらいの環境下でも耐えうる様に作られて……
あつッ……」
ラミア「……とりあえず、軽度の火傷、といったところでございますか」
レモン『そう。後で私が直接見るけど……まぁ、火傷治療のセオリー通りにケアしてあげて』
ラキ「救急セットには……ん、ワセリン軟膏があるぞ」
アクセル「ワセリン軟膏か」
ジョッシュ「ええ」
ラキ「ああ」
ラミア「はい」
エキドナ「……つッ……」
アクセル「で、誰が塗るんだ?」
ジョッシュ「え……。……ラキもできるだろ?」
ラキ「ふむ。塗るだけなら私でもできる」
ラミア「私でも構いませぬが」
アクセル「じゃあここはW17が……」
レモン『W16、希望は?』
エキドナ「た、隊長、頼めますか?」
アクセル「なんで俺に振る!?」
ジョッシュ「……じゃ、じゃあ俺達は機体の整備をしてるからな」
ラキ「エキドナ、任せておいてくれ」
ラミア「ここは大人しく、譲るといたしましょう」
アクセル「ハ、ハクジョー者共!」
エキドナ「くぅ……」
アクセル「……わかった、塗ってやるからとっととそこに横になれ!」
エキドナ「申し訳ありません……」

172 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 17:35:51 ID:s0/7OsxB
アクセル(くっ…今更女の裸体など何とも思わん筈だ…だが…)
エキドナ「お願い…します」
アクセル(火傷を負っているとはいえ、キメ細やかな肌の表面)
エキドナ「…」
アクセル「女性特有の繊細なボディライン…」
エキドナ「あぁ…」
アクセル「筋肉と脂肪の触感…全てが完璧じゃないか!」
エキドナ「あの…隊長…んっ」
アクセル「気が散る…少し黙ってろ」
エキドナ「…しかし隊長…御言葉ですが、思考を声にだされるのは…(///)」
アクセル「はっ?!」




レモン(動揺してるわね)
アシェン(記録は完璧におこないますですよ)

173 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 18:56:36 ID:+CSekfhA
>>166
黒鏡「私は黒鏡、全てのキャラ、全てのシナリオ、全ての設定を鬱鬱としたものにし、そして私もスパロボのライターから消えよう、永遠に!!」
寺田「今だ!OGの設定改編の力を一つに!」
他ライター陣「いいですとも!」

こうですか?わかりません

174 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 19:00:55 ID:IHL7WZRw
ラキ「ううむ。うまく食べらないな」
助手「俺が食べ方を教えてあげるからそれをまねしてみな」
ラキ「うむ頼む」
アクセル「ようお二人さん。隣いいか?」
助手「ああいいぞ」
アクセル「じゃあおれはカレーでもくうか」
ラミア「では私も隊長と同じものを」
助手「もぐもぐもぐ」
ラキ「そうやって食べるのか。・・・もぐもぐもぐ」
アクセル「ところでジョシュア、お前もうヤったのか?」
助手「ブフッ」
ラキ「吹けばよいのか。ブフッ」
アクセル「ジョシュアがふくのは分かるがグラキエースはなぜだ?」
ラキ「ジョシュアが自分の真似をしろといったのだ」
アクセル「・・・ちょっとジョシュア、こい」

175 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 22:29:52 ID:9H+7a2h3
アクセル「おまえ吹いた拍子に鼻から麺が出てるぞ」

176 :それも名無しだ:2008/10/03(金) 22:52:15 ID:H53aINru
ズルズルズル
ラキ「この……すするという動作……中々どうして難しい」
ジョッシュ「……」
ラキ「ジョシュア、冬になれば鼻水もでる。よくあることだ」
ジョッシュ「ない」
ラキ「そうか?」
ジョッシュ「……ほら、焼豚、あげるからさ」
ラキ「む、すまん。代わりに、麺麻をやる」
ミィ「それ、グラキエースが麺麻嫌いなだけじゃないですの?」
ラキ「そ……そんなことはない。……うん、食べられるぞ。

……やっぱり葱をやる」
ジョッシュ「いいよ、ラキ。俺は」
ミィ「私は、どうしますのっと」
アクセル「蒸篭そばにしたらどうだ?」
ミィ「お蕎麦……悪くないですの」
ラミア「今日のオススメは、火星丼でございますが」
ミィ「……ヤですの」
アクセル「嫌? 火星丼は嫌か? なんでだ?」
ミィ「だって……」

ヴィンデル『ほぉ。腕はまだまだ習熟の余地があるが、SPコマンドは有能だな』
ミィ『ふふん、ひれ伏してお願いしますといえば、作戦を手伝ってやってもいいですの』
ヴィンデル『おい、今日の飯を一食減らせ』
ミィ『そ、それはやめて欲しいですの』
ヴィンデル『安心しろ。貴様には腹十二分食わせてやる』
ミィ『え? そうなんですの?』
ヴィンデル『ああ……――勿論だとも』ギィィィィィ

ミィ「って言って私のペルゼインに火星丼を四つ積み込みますの!
来る日も来る日も感応・祝福・火星丼。感応・祝福・火星丼! もううんざりですの!」
ジョッシュ「非常食の方がいいのか?」
クリス「『母さんのシチュー』って選択肢もあるよ」
ラミア「SPドリンクなども……」
ラキ「まぁ、アルフィミィ。お腹いっぱい食べれることは幸せだぞ?」
ミィ「そういう問題じゃないですの!」
アクセル「俺も補助系精神コマンド覚えれば、腹いっぱい食わせてもらえるのかね」
ラミア「二軍落ちするだけだと思いますわ」

177 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 00:18:20 ID:IX6YLq98
ヴィンデル「ふふふふ……アインストの小娘、次は私の新作火星丼を食べてもらおうか」
ミィ「も、もう無理ですの……」
ヴィンデル「まだまだ入るではないか……その次は和風火星丼だ。
それが終わったら、フレンチ火星丼を食べてもらう」
ミィ「そ、そんな……もうお腹が破裂してしまいますの」
ヴィンデル「クククッ……それが終わっても、まだまだ終わらんよ」
ミィ「さ、最低の男ですの……」
ヴィンデル「何とでも言うがいい……クククッ……」


ウェン「あの二人、仲がよさそうだね」
アクセル「打ち解けてくれて何よりだ」
レモン「……そうかしら」
クリス「そうじゃないかな」
ラキ「そうだと思う」
レモン「……じゃあそうなのね」
ラミア「そうなのでございましょう」

178 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 00:24:25 ID:LILY7a6/
ラキもミィも、最初は「鼻をかむ」という行為は知らなかったんだろうなぁ。
相方の鼻を片方押さえ、ティッシュペーパーでもう片一方を押さえてやって

ジョッシュ 「ほら、こうやって鼻から息を出して…」
チーン
ラキ 「ふぅ…鼻がすっきりした」
ジョッシュ 「ラキが風邪ひくなんて珍しいな」
ラキ 「今度はお前の番だ。ほら、顔をこちらに向けろ」
ジョッシュ 「お、俺はいいよ!」

ミィ 「ぅう〜〜〜」
アクセル 「ラキラキの真似をすりゃいい…こら、そんなに力むな」

チィィィィィンンッ

ミィ 「ぶみゅ…ん…ふぇ…ふぇっくちゅ!!」
アクセル 「うわっ、ティッシュが破れちまった」
ミィ 「鼻の中が痛いですの…」

179 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 02:46:11 ID:4i2P6D76
流石に鼻かみくらいは見真似で出来るんじゃないか?

180 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 02:49:19 ID:IX6YLq98
ミィ「んー、んー、んー。効率が悪い作業ですの」
アクセル「片方押さえろ」

181 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 03:08:54 ID:uzYBxCgu
ラキ「(ジョシュアの動きから学ぼう……)」
カチャカチャ
クリス「たまにはお肉もいいね」
ジョッシュ「そうだな」
ラキ「…………。
(ナイフはお箸でフォークはお茶碗か……)」
カチャカチャ
ラキ「……ん、美味しい」

ジョッシュ「スイカ、切れたぞ」
アクセル「お、悪いな。塩あるか、塩」
クリス「塩? 変わってるね、アクセルさん」
アクセル「変わってない。スイカを食べる上での基本なんだな、これが」
ラキ「これは普通に食べればいいのか?
ジョッシュ「ああ。食べてごらん」
シャクシャク
ラキ「ふむ……瑞々しいな」
ジョッシュ「ん……」
ププププププププ
ラキ「!? 吐き出すのか……? ……た、種、飲んでしまったぞ」
ジョッシュ「大丈夫だよ、それくらい」

ジョッシュ「枝豆、食うか?」
ラキ「貰うとするか」
ジョッシュ「どれどれ」
ラキ「これを食べるのか」
プチッ
ジョッシュ「塩加減、もう少し濃くてもよかったか……ん?」
ラキ「……か、皮は食べないのか。スイカの件といい、フェイントばかりずるいぞ、ジョシュア!」
ジョッシュ「そ、そんなこと言われても……」

182 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 08:42:37 ID:Bh9zm4GM
KING・OF・天然のラキ。
やはり、それがいい。

183 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 09:41:31 ID:tHEit1HU
ちずる「あぁん、気持ちいいわ豹馬ぁぁ」
マリア「あぁぁ、だめぇ、甲児ぃ」
アクセル「あ、あいつらす、すごい声だな」
レモン「ふふふ、私たちもそろそろ始めない?」
アクセル「ああそうだな」

アクセル「う、ぐっ、うあぁぁぁ」
レモン「あっ、ひぃっ、はぁ、んん」
アクセル「す、すごく気持ちいいぞ」
レモン「わ、私もよ、あぁ」

アクセル「ふう。レモンめちゃくちゃ気持ちよかったぞ」
レモン「ふふふ、私の傑作よ。その名も超絶頂マシン・マッサージセイヴァーよ。
ただ、まだ完成してなくて二人乗りなのよね」

184 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 11:40:48 ID:tJxtXvcz
だから無駄にキャラ増やすなと言ってるんだ!
  三           三三             
      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ         
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン          
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三     
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__        
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-=>>183ヽ 
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll            

185 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 11:48:54 ID:G2Ca3X9G
ラキ「ジョシュア、見よう見真似ではやり方がわからないことがあるのだが」
ジョッシュ「ん? なんだい?」
ラキ「『キス』だ」
ジョッシュ「……キ、キス!?」
ラキ「お前は時折キスしてくれるが、その瞬間は私にはわからない。私の頬と唇なぞ、見ようがない。
よくわからないのだが」
ジョッシュ「……く、唇で触れるだけだよ」
ラキ「それだけか?」
ジョッシュ「そ、それだけさ」
ラキ「……」
ちゅっ
ジョッシュ「こ、こらっ!」
ラキ「存外に簡単だな……嫌いではないぞ、これは……」

186 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 12:30:06 ID:U2kQMgY/
ラミア「何故人は『キス』という行為をするのでしょうか?」
アクセル「ん?」
ラミア「互いの粘膜同士を接触させるなど…病原体を広める行為なのに、何故そのような危険な行為を?」
アクセル「ああそれはだな………そういう事を抜きにして色々あるだろ」
ラミア「…うるさい相手の口を塞ぐ為?」
アクセル「そんな事の為にキスをするんじゃ犯罪に近いな。そんな分けないだろうが」
ラミア「…ボソンジャンプ成功の為?」
アクセル「や、あいつらの場合特殊な事例であって、しかも普段はあんな事をして跳ぶんじゃないだろ」
ラミア「…では何のため?」
アクセル「それはだな…………………………アイナやシローの関係というか、SP90消費というか………だあああ!レモンに聞いてこい!俺の口ではうまく言えん!!」
ラミア「……了解しました。では」


アクセル「…ふう。子供が無邪気に難しいことを聞くっていうのはこういう感じなんだろうな」

187 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 14:18:07 ID:Bh9zm4GM
>>186
ま、その行為によりあるものを受け取り、与えることができる。
人はそれを「ダール・イ・レゼベール(ギブアンドテイク)の関係」という。
意味とその「あるもの」が分かるな?
・・・「愛」よ。

188 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 14:44:01 ID:uzYBxCgu
>>187
今までお世話になりもうした。

189 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 15:56:18 ID:jOXK/Zfr
リム「あれ?釣竿持ってどこ行くの?」
ウェン「さっき聴いた歌でこんな歌詞があったんだ、
「君は誰と鱚を釣る?」ってね。
だから僕は君と釣りに行こうと思うんだ。付き合ってくれるかい?」
リム「・・・ありがとうウェン!ちょっと間違えてるみたいだけど、釣りデートってのも悪くないかな」

190 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 16:55:58 ID:F2xETyCW
>>189
ウェン「リム、その格好は?」にこにこ
麦藁帽子に白シャツ、ジーンズ姿
リム「これは釣りの正装よ。」

191 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 17:46:52 ID:Bh9zm4GM
>>188
剣の達人で利休に動かされたサルと申したか。
>>189-190
助手セルが釣りしてる場面とかあったよな?

192 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 19:22:17 ID:wdSF1uff
>>191
あったね、そんなSS

193 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 20:25:09 ID:on5h2Ucd
なんか知らんが、ラキが白いワンピースを着て風に麦わら帽子を飛ばされる光景が見えた。

鬱アニメの見すぎかな……

194 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 20:26:41 ID:Bh9zm4GM
そしてD・Aで同じ立場のペアで釣り大会とかかな?
助手セル・リムミア・ラキレモ・ペルデル
こんなペアww

195 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 20:41:32 ID:Ntnq/Aug
鬱アニメを見てない俺は>>193を見てラキが海賊王になったところを想像した。

196 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 21:33:52 ID:g5LMxwSq
白ワンピ+薄命でらき☆すたのかなた母さんが浮かんだ俺

197 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 21:34:33 ID:0+Ww2mFS
ラキ「ううむ、どうも宇宙は違和感があるな」
助手「まあなれれば気にならなくなるよ。それから宇宙にきたら運動とかもしておかないといけないからな」
ラキ「そうなのか」
助手「ところで一緒に運動でもしないか」
ラキ「ああ、いいぞ」

助手「よし、と」
ラキ「ジョシュア、私のはそういう服がないのだが」
助手「そうか。そういえば準備してなかったな。じゃあリムのを拝借するか」
ラキ「じゃあ待っててくれ」

ラキ「ジョシュア、いいぞ。しかし、この服変な感じがするな」
助手「ちょ、その格好は・・・(あ、あいつブルマなんかもって来てたのか・・・)」


198 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 22:43:56 ID:Bh9zm4GM
>>197
それ買ったのはもちろん親父だな。
ん?顔が二つ飛んできたぞ?

199 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 23:32:24 ID:uzYBxCgu
ラキ「ジョシュア!」
ジョッシュ「ラキ、そんなに走ると、帽子が飛んだり、ワンピースをひっかけて転ぶぞ」
ラキ「だが、こんなにひまわりがたくさんあるぞ。こんなにいっぱいだ」
ジョッシュ「ああ……」
ラキ「ジョシュア、私を捕まえてくれ」
ジョッシュ「え?」
ガサガサガサ
ジョッシュ「ラキ? ラキ!」
ガサガサガサ
ジョッシュ「……ラキ! 何処だ!」
ガサガサガサ
ジョッシュ「ラキ!
(何でだろう……今ラキをつかまえておかないと、一生つかまえることができない気がする)」
ラキ「……ジョシュア?」
ジョッシュ「ラキ!」
ラキ「あっ……」
バサッ
ジョッシュ「ラキ……俺は君を確かにつかまえた。つかまえたからな……?」
ラキ「ジョシュア……?
……大丈夫だ、私はどこにも行かない。お前にずっとつかまえられているからな」
ジョッシュ「……」
ラキ「……あ、あと、そこをどいてくれればありがたいのだが。
押し倒されたままというのは、私も……」
ジョッシュ「……! わ、悪い!」

200 :それも名無しだ:2008/10/04(土) 23:42:17 ID:Bh9zm4GM
>(今ラキをつかまえておかないと、一生つかまえることができない気がする)
イグニスの気配がしたが、気のせい?
そんなことしても無駄無(エクスハラティオー!)

あぶね〜

201 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 00:00:03 ID:UxeDXrPl
193だが俺が見たのはファフナーなんだ……

202 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 00:13:32 ID:Guuomvjc
じゃあ何か? ちゃんとファフナーネタで書けってのか?

203 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 00:42:09 ID:HDD+37eK
>>193
>白ワンピ+麦わら帽子
これか?
ttp://ec2.images-amazon.com/images/I/51u0ER-NX6L._SS500_.jpg
それともこっちか?
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=1573663

204 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 10:06:55 ID:UxeDXrPl
>>202
別にそういう意味で言ったわけじゃない。気分を悪くしたなら謝るよ…

…なんか荒らしちゃったな…ごめん、消えるわ…

205 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 11:34:04 ID:UhQX5lKZ
>>204
荒れてないから。
ハートが元気になったら戻って来るといいよ

206 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 11:49:46 ID:qyzdDzJ7
リアナ「……ママ……くぅっ……いやっ……いやっ、いやっ……!」
ぎゅっ
ウェン「ん……リム……? リム、リム!? どうしたんだい!?」
クリス「……あっ……ウェン? 私……どうかしてた?」
ウェン「ひどくうなされてたよ。体の具合が悪いのかい?」
リアナ「……大丈夫よ、ウェン。ちょっと心の具合がよくないだけ」
ウェン「……昔の事、思い出してたの?」
リアナ「アタシは記憶喪失だからさ、微かに瞼にフラッシュバックするだけ。それだけだけどさ……」
ウェン「辛いんだ、リム」
クリス「……でも、でもね、ウェン! 辛い時に苦しい苦しいって俯くのは簡単よ。
やっぱり、そんな時こそ笑ってなきゃダメなのよ、きっと」
ウェン「……リム」
クリス「え?」
ウェン「いいんだよ。君には笑わなくちゃならないなんて義務はない。
君はありのままでいいんだよ。
……リム、今までよく頑張ったね」
リアナ「……う」
ウェン「……」
リアナ「……ひっく……えっぐ……ずっと……ぐすっ……嫌だった……一人になるのが……誰かがいなくなるのが……
だから……笑って……笑って……うぇぇん……」
ウェン「いいんだよ、リム。大丈夫。僕は側にいるよ。約束する。絶対に離れない。心だけになっても、側にいる。約束するよ」
リアナ「ウェン……ウェン……」


クリス「ウェンの胸、びしょびしょにしちゃったね……ごめんね」
ウェン「いいんだよ、これくらい」
リアナ「……ね……ウェン」
ウェン「ん……」
クリス&リアナ「大好きっ」ニコッ
ウェン「……うん、リム。その笑顔を、僕は見たかったんだよ」

207 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 11:50:06 ID:IQmBwai8
ハートが傷つくハードな流れでした

208 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 15:05:02 ID:w/InVBZ5
〜ごめん、消えるわっていつも言ってる奴は多少荒らしな雰囲気がする…

209 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 15:54:03 ID:1rOhd6zr
sageる事を推奨する

210 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 16:43:03 ID:Guuomvjc
ラミア「隊長! 私でございます! 可愛いラミアでございますです!」
アクセル「でぃぃぃぃっや!」

211 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 18:29:37 ID:Yc/AwBuS
アルフィミィ「そして私は綺麗なアルフィミィですの」
アクセル「? 悪いのからいいのになった、って意味か?」
アルフィミィ「じゃなくて普通に綺麗って意味ですの!」
アクセル「……ぷっ。アルフィミィ、お前、可愛いな」
アルフィミィ「可愛いって言うなですの!」
クリス「可愛いね、アルフィミィ」
レモン「可愛い可愛い」
ラミア「まったくですわ」
アルフィミィ「だーかーらー可愛いとか言うなですの!」
ラキ「……ジョシュアだって可愛いぞ」
ジョッシュ「な、何で俺が可愛いんだよ!」
レモン「一理あるかも」
ラキ「矢張りジョシュアも可愛いんだ」
ジョッシュ「うー……」

212 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 18:49:24 ID:6RbuYmuG
>>208
目欄空けてる奴にも同じ臭いを感じるよ

213 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 19:44:10 ID:qyzdDzJ7
ミィ「こうなったら……マジカル☆アインストプリズムパワー!」
ラキ「ん、メモか。
『説明しよう。アルフィミィは体内のアインスト細胞を一時的に活性化させることにより、
三分間だけダイナマイツバディになるのだ!』……とある」
ジョッシュ「前々から思ってたけど、アインストって便利なんだな」
しゃらーん
ミィ「……ふぅ。
ふふふ……どうですの、アクセル? この体。もう可愛いなんて言わせ……」
クリス「ね、ね。今の変身シーンすっごく可愛かったわよね!」
ラミア「新作の魔法少女風でございましたわ」
ミィ「着眼点がそこじゃないですの!」
ポンポン
アクセル「……ったく。何を急いでるんだ? お前は。
お前がちゃんと大人になる前に、俺はいなくなるわけじゃないんだぞ?
そう焦るな。それぐらい俺だって待ってやる」
ミィ「アクセル……でも私、待ちきれませんの」
アクセル「それぐらい待てなきゃ、大人になれんのだがな、これが」
ミィ「……」
ボン
ミィ「……」
アクセル「背伸びもいいが、地に足着いてないと、しっかり歩けんぞ? わかったか?」
ミィ「わかりましたの。アクセル……」
アクセル「よしよし」
ミィ「つまりそれは、結婚適齢になるまで、待ってくれるということですのね?」
アクセル「でぃやっ」
ポカン
ミィ「あいたっ」

214 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 19:57:20 ID:abPhaqFy
ここのA組見てると「ちとせげっちゅ」連想するな。

215 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 20:28:24 ID:4KQaIi68
>>213
もしかしたら、影鏡のメンバーで年取りそうなのはヴィンちゃんだけという可能性もあるな。
レモンも造られた存在だから年を取るのか分からないし、アクセルはアインストになったし。

216 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 20:54:15 ID:wSXELUO9
60年後の影鏡

ヴィンデル 「闘争の世界か…何もかもが…懐かしい (目を閉じた直後、記念写真がはらりと手から落ちる)」

217 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 21:02:52 ID:OhCv3Zyc
何歳だっ!?
100超えてそう・・・

218 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 21:41:19 ID:5CHlEZnv
ヴィンデルは30ちょいくらいのイメージ

219 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 22:35:24 ID:4wssQzKb
えらく老けた三十路だな

220 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 22:39:46 ID:Yc/AwBuS
ラキは偉く老けた1歳だ。

221 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 23:25:34 ID:OhCv3Zyc
同じくウェンもだな。
・・・あれ?ここのメンバーは実年齢と見た目合わない奴多くないか?
メリオルエッセ(6人)、十番台ナンバーズ(3人)、レモン、ペルフェクティオ・・・
11人いる!!

222 :それも名無しだ:2008/10/05(日) 23:58:28 ID:LvjkHWyx
>>221
ペルフェクティオの実年齢はどっちが基準だ?
思念体の年齢か、肉体の年齢か。まあどっちにしろあわないけど。

クリフの年って何歳だ?

223 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 00:02:11 ID:DNoYoZvs
ラミア「そして私は永遠の20だ
「でえぃぃぃぃやっ!」
ラミア「んうっ!……な、何故です隊長?」
アクセル「……条件反射だこいつは」
ラミア「鳩尾は痛いでつ…」
アクセル「次は外すさ」
ラミア「うぅ…爽やかに外道……」

レモン「アレもいつまで続くのかしらね?」
ウォーダン「粗茶を…」
レモン「あら、ありがと……うん、おいし♪」
ウォーダン「…変わらぬものなど無い」
レモン「?」
ウォーダン「人は老いる、物は腐る、自然の理だ」
「……故に、変わらぬものに価値がある」
レモン「虎は死して皮を残し、人は死して名前を残す…私達は…ふふ。何も残らないわ…」
ウォーダン「ただ散らばるのみ…か」
レモン「………私の事、恨んでもいいのよ?」
ウォーダン「生憎、そういう風には出来ておらん」
レモン「ふふふ…皮肉?」
ウォーダン「ゼンガーならば……否定するだろう」
レモン「変わったわね?」
ウォーダン「……貴女もな……む。苦いな…」
レモン「でも、好きよ♪」

ラミア「どうせならばここいらをタッチ・ミー」
アクセル「でいぃぃぃやっ!」
ラミア「キャイン!」


224 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 00:30:52 ID:JpdZoJuD
ヴィンデル「変わらぬものこそ腐敗を招く、政治にしろ、生き方にしろ、人間関係にしろ」
影鏡兵「なればこそ我々は動こうとしない世界を動かなざるおえない」
ヴィンデル「無論だ」
影鏡兵「まるで我々は桜花の如くですね」
ヴィンデル「ん?」
影鏡兵「ある一時の為に芽を育て、ある一時に命という大輪を咲かせ鮮やかに散っていく」
ヴィンデル「続けろ」
影鏡兵「そしてその散り際の鮮やかさにて人の心を動かす。確かにあの世界も美しき花なり、しかし散らねば人々は花の美しさになれてしまう、そうなれば美しき花も雑草なり」
ヴィンデル「そして誰も見ようとせず、醜くなっていくも気付かず…か」
影鏡兵「故に桜花の生き方を、散っては咲く変化の世をもたらさん」
ヴィンデル「無論だ」

225 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 01:21:17 ID:95JtFXMV
ミィ「変わっていくものが美しいと言いますけど」
アクセル「あん?」
ミィ「それは、滅びるものの自己弁護ですの。
一番美しいものを、氷の中に閉じ込めるように封じ込めることができれば、
それは一番美しいことじゃないですの?」
レモン「それはある意味そうかもしれないわね。
美しいものだけ残していければ、それは素晴らしいことなのかも」
アクセル「んー……」
ミィ「レモンもそう思うですの?」
レモン「そうね。例えば人類の科学がずっとずっと進んで、
何もかもを残していければ、それは素晴らしいことなのかもしれない。
けどね、アルフィミィ。永遠に同じ瞬間を生きていることと、永遠に死んでいること、
これにどれほどの差があるの?」
ミィ「え……」
レモン「私達は……だからあの世界を嫌いになったのかもしれない。
同じ瞬間が永遠に続いていた私達の世界。
アルフィミィ、貴方にはわからないことでしょうし、わからなくていいことなのかもしれないけど、
私達はね、生きていきたかったの。死んでいっていくのは真っ平御免。
それが私達の生き方だったの」
アルフィミィ「……わかりませんの」
ラミア「レモン様、レモン様の言っていることは、何か矛盾しておらっしゃいませんか?」
アクセル「わからんか。ちょっとぐらい矛盾してるから、人間なんだよ」
ラミア「……」
レモン「そうね。一つきりの正解なんてどこにもないわ。
見たいわね……貴方達はどうやって生きるのかしら。私達はどうやって生きて……そして死ぬのかしら。
あぁ、ラミア、アルフィミィ。私は楽しみ。どうやって死んでいくことができるのか、私は楽しみ」
ラミア「……それが、レモン様の、生きることなのですね。私は悲しいです。ですが、同時に尊敬します。
貴方を哀れみ、崇敬します。生きている貴方を」
レモン「そう、私はね、生きてるのよ」

226 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 02:42:36 ID:uKlXhCGM
アクセル「もぐもぐ……」
ジョッシュ「その弁当は?」
アクセル「ん? ああ、W16のヤツが作ったというからな……ありがたくいただいてる」
ジョッシュ「……結構可愛いじゃないか?」
アクセル「客観的評価として認める」
ラキ「む、ニンジンが星型に切ってある。……うらやましいな」
ジョッシュ「彼女、マメなんだな」
アクセル「うるへー。お前だってうさぎりんぎだろうが。
桜のカマボコだろうが」
ラキ「ああ、愛らしくてもったいないくらいだ」
ジョッシュ「ラ、ラキ」
アクセル「中々様になる光景じゃないか。お前が朝早く起きて、
さくさくとカマボコを切る姿は」
ジョッシュ「べ、別にいいだろ」
ラキ「エキドナが星型にそぼろを振り掛ける姿も、
中々意外性があると思うが」
アクセル「……」

エキドナ「……今日はハートマークにしておこう」

ジョッシュ「とにかく、アクセルはそうやって作ってもらってるわけだ」
アクセル「まぁ、これがな」
ラキ「では、ヴィンデルはどうしてるのだろう?」
アクセル「アイツの事だ。そんなマメな性格じゃないからな」


ヴィンデル「この浅漬け……うむ、悪くない漬かり具合だ」
女性兵「ヴィンデル様、お弁当作ってきたんですけど!」
女性兵「食べてもらえませんか!?」
ヴィンデル「ふむ……む、少々味付けが濃いな。
こちらは、全体的に緑が不足している。充実した闘争には充実した栄養をだな……。
つまりこのメニューを削り、こういうメニューを入れたらどうだ?」
女性兵「はい、次回から参考にします♪」

アクセル「バカな」

227 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 03:53:15 ID:JRU921zR
アムロ「チェーンとベルトーチカが昼時に二人とも弁当を持ってきて大変だった……」
シャア「ナナイとクェスの仲が悪くてな、この前の昼食の時もプレッシャーをまき散らしていたよ」
アクセル「アンタらなぁ……」
助手「これは……なんというか……」

228 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 14:07:38 ID:ZabFXh7E
クリス「はい、ウェン。あ〜ん」
ウェン「あむっ……もぐもぐ……」
クリス「どう? サンドイッチ、美味しい?」
ウェン「うん……優しい味だね、リム。美味しいよ。こっちのタマゴサンドもいいけど、
ジャムサンドも悪くないね」
クリス「そ、そう……よかったぁ……♪」
ウェン「ん、こっちの果物のシロップ漬けも貰おうかな」
クリス「はい、どうぞ」
ウェン「……ん、甘い」
クリス「そう? それ、私の自信作。気に入ったみたいでよかった」
ミィ「リムの価値観は甘い=美味しいですの?」
クリス「え? どうゆうこと?」
ミィ「まぁいいですの」
クリス「あ、ウェン。ジャムついてるよ」
ウェン「?」
ペロッ
クリス「ふふっ、取ってあげたわよ」
ウェン「ありがと、リム」
ミィ「あーあー……見てられないですの。
もぐもぐ……」
エキドナ「アルフィミィ、お前こそソースがついてるぞ」
ミィ「え?」
ペロッ
ミィ「!」
エキドナ「取れたか?」
ミィ「な、何をしますのエキドナ」
エキドナ「いや、合理的だったから」
ミィ「合理的だったらエキドナは○○○だって××るんですの!?」
エキドナ「する」
ミィ「……」
クリス「姉妹みたいに仲いいんだね」
ウェン「考え方によっては、彼女達は姉妹みたいなものじゃないかな」
ミィ「全然違いますの!」

229 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 17:32:22 ID:0NZBz4bf
>>222
三十二歳。
>>224
影鏡に詩人発見。
>>226
このスレでは助手に次ぐ家庭的人間ワカメ。

230 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 20:52:20 ID:U6Bn3AoI
ラミア「隊長〜!」
アクセル「でいぃぃぃやっ!」
エキドナ「あの、隊長この後お時間よろしいですか?」
アクセル「悪いな。予定がある。」
ウォーダン「一つお手合わせ願いたい。」
アクセル「後にしろ。」
ミィ「アクセル〜」
猫「みゃあ」
アクセル「ええい、まとわりつくな!」

ジョシュア「相変わらず凄い人気だな」
ワカメ「…うちは何時からハーレムギャルゲワールドに…」ブツブツ
ラキ「…ジョシュアも羨ましいのか?」
ジョシュア「そうだね。あれだけいろいろな人に慕われるというのは羨ましいよ。」
リム「いや、お兄ちゃんが言ってもあまり説得力ないよ。」
ウェン「レモンはあの中に入らないの?」にこにこ
クリフ「そうだな、そのうち本気で取られるかも知れんぞ。」
レモン「そうね、たまには…」

ごきっ!
ラミア「おごっ!?」バタッ
こん
エキドナ「え?」
ぐわらごきぃーん!
ウォーダン「…ぬう、お見事」ズズーン
ぺち、ぴん
ミィ「ひゃっ?」
猫「みゃっ?」

アクセル「なんだあ?」
レモン「ほら、あなたたち!何時までも遊んでるんじゃないの。ここはプライマリ・スクールじゃないのよ。」
エキドナ「はい、申し訳ありません。行くぞ」
ミィ「え〜」猫「にゃ〜」
エキドナ「隊長はお仕事で忙しいのだ。」

アクセル「助かった。しかし珍しいな。」
レモン「ふふ、たまにはね?」
アクセル「ち、結局一番厄介なのに捕まっただけか」苦笑

231 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 22:31:16 ID:jgKxj/nN
アクセル「ん?どうした、プランターなんか抱えて」
ウンブラ「ワタシが…育ててた…花…枯れた…」
リム「そっか…あんなに大切に育ててたのにね…元気出して」
アクセル「なに、また新しい花を植えればいいさ」
ウンブラ「……」(フルフル
助手「そういう問題じゃないだろ、アクセル」
アクセル「…っと、すまなかったんだな、これが」
ウンブラ「…ううん…」
ミィ「………」


次の日

アクセル「お?今日は御機嫌だな。何かあったのか?」
ウンブラ「花…元気になってた…」

つ 元気にウネウネしてる花

助手「ホントに何があったぁぁ!!?」
ウンブラ「朝…起きたら…復活…してた…」
花「ママー」
リム「喋ったー!!?」
ウンブラ「ウフフ…よしよし…」

アクセル「…アルフィミィ」
ミィ「私は何もしてませんの」

232 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 23:08:43 ID:vpsXGltM
アクセル「お前のおかげで生き永らえたからあまり強く言えないがああいうのは良くない…」
ミィ「みぃ?」
アクセル「う、む……うまくは言えないが一回こっきりだから大切だ、ってことさ」
ミィ「みー……」
アクセル「そうだな……アインスト細胞使わずにお前も一度花を育ててみるか」
ミィ「やってみたいですの!」

233 :それも名無しだ:2008/10/06(月) 23:19:39 ID:ECQ24P6s
影鏡兵A「最近、部隊が和やかな雰囲気になってきなよなぁ」
影鏡兵B「ああ、特にジョシュアさんとグラキエースさん、リムスカヤさんとウェントスさんを見てると食欲がなくなる程だな」
影鏡兵A「何でだ?」
影鏡兵B「ごちそうさまってな」
影鏡兵A「いってろ」
影鏡兵B「だが、ああいう人達の存在は俺達にとって重要なんだろう」
影鏡兵A「ん?」
影鏡兵B「俺達はあの世界の形に嘆きシャドウミラーに入隊したが、このまま世界を否定し続ければ別の意味で変化を嫌う集団になってしまう」
影鏡兵A「そりゃ最悪の結末だな」
影鏡兵B「だからああやって平和な面を見て改めて世界の形を考えることが俺達にも必要だ。それによって部隊がどのような方向性に進もうとそれはそれで正しい道なのだろう」
影鏡兵A「だからって、和やかすぎるのもなぁ」
影鏡兵B「あれは戦いを知らない脳天気野郎の和み方じゃない。戦いを知り、束の間の平和の大切さを知っている者の和やかさだ。だから俺達にも多少なりとも受けいられるのだろう」
影鏡兵A「実際、修羅場を潜ってきたらしいしな」
影鏡兵B「変な話だが、戦いの世をと思って戦ってたつもりだったんだが、最近はあの平和を壊させないために戦ってるときがある」
影鏡兵A「ああ、それは俺もあるな」
影鏡兵B「俺達があきらめてしまった戦いの挟間の平和。…いったいどのような花を咲かせるか見せてもらおうかね」
影鏡兵A「大層な大輪だろうよ」

234 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 00:45:59 ID:Z9Xz/Sf7
ラキ「……」
ジョッシュ「水はあまりやらずに、肥料も要らない。
日当たりがいい場所で、雨に濡れない様にする……できるかい?」
ラキ「できる……と思う」
ジョッシュ「サボテンってさ、砂漠で逞しく生きてる植物だから、
痩せた土壌でもたくましく育つんだよな」
ラキ「そうだろうか」
ジョッシュ「?」
ラキ「こんなに逞しい植物でも、一緒に暮らしてやろうと思ったら、
細心の注意を払ってやらなければならない。
強い物ほど、その実繊細なバランスで立っているのだろう」
ジョッシュ「……そういうものかもな」
ラキ「ジョシュアは強いが、水が欲しくなったら、いつでも言ってくれ。
私はすぐに持ってくるから」
ジョッシュ「そうだな、頼むよ」
クリス「あいたッ……刺さっちゃった。
ところで、サボテンの花言葉って何?」
ウェン「『情熱』『枯れない愛』『暖かい心』『風刺』……
クリス「なるほど。なんとなく、気に入ったかな」
クリフ「さしずめ『風刺』の辺りは私だと思ったのだろう」
クリス「そ、そんなこと思ってないわよ」
ウェン「……リム、僕らも一つ鉢を貰おうか」
クリス「……うん、そうしようか」
ラキ「早く花を咲かさないものか……」

アクセル「サボテンが花をつけている……」
レモン「シャア・アズナブルが身を竦めるからやめなさい」

235 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 02:37:33 ID:Z9Xz/Sf7
ヴィンデル「……。

ふん、こんな痩せた世界……花も育たんだろうし、
育ったところで……インベーダーが食むか、戦火で吹き飛ばされるかだろう」
エキドナ「でしょうね」
ヴィンデル「……我々が望むのも、そんな世界だがな」
エキドナ「ですか」
ヴィンデル「……時間はまだか?」
エキドナ「じきに来るでしょう。それまでジープの中でお待ちください」
ヴィンデル「ふん……」
コンコン
ヴィンデル「む?」
エキドナ「私が出ましょう。なんだ?」
少女「あの……街を守ってくれた軍人さん?」
エキドナ「……現在は、一応軍属だが」
少女「これ……あの、私達の広場を守ってくれたお礼……受け取ってもらえますか?」
エキドナ「……(爆発物、危険物の反応はなし、か……)
わかった。預かろう」
少女「あ、ありがとう、お姉ちゃん」
エキドナ「……。

ヴィンデル様、貴方への贈り物です」
ヴィンデル「……花か。くだらん。

……花、か」
エキドナ「花は、炭酸水を花瓶に入れて差すと、長持ちすると聞きます」
ヴィンデル「私は何も言ってはいない」
エキドナ「ドライフラワーの心得もありますが」
ヴィンデル「……わかった! W16、お前が世話をしておけ。
……できるだけ長く、枯らすなよ」
エキドナ「了解しました」

236 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 05:23:11 ID:bl9vDXFH
「絶望、か」

 狭い執務室の中、異邦人の話を聞いてヴィンデルは息を漏らした。色を与えるとしたら青か、
さもなければ、くすんだ灰色だったろう。黒というには、いささか諦観の念が強すぎる。

 絶望なら吐いて捨てるほど見てきた。戦場で、政界で、腐敗していく世界の中で、絶望こそ、
唯一ヴィンデルに与えられたものだった。。
 仲間は死に、追われ、枯れていく。助かると思った命が手の中から擦り抜け、殺したいと思っ
た相手はのうのうと生きている。希望が絶望へと変わることなど、何度もあった。
 ヴィンデルに残されたのは希望でも絶望でもなく、仲間だけだった。

 それを救おうとして、何が悪いというのだろう。

 自己弁護していることに気がつき、ヴィンデルは彼らしからぬことだが、苦笑した。
 己を裁くのは過去の己自身。そして、踏み越えてきた仲間の死、そのものだろう。平和の
ために命をささげてきた彼らが、このような左道を許すはずがない。
 連邦政府に怒りを覚えることもあるだろう。ベーオウルヴズとも戦ったかもしれない。それ
でも、今のヴィンデルを肯定するはずがない。

 それでも、事務的にヴィンデルの指先は動いていた。必要な書類にサインをし、命令を出し、
データを分析する。
 疲れているのかもしれない。いや、疲れないはずがなかった。誰であろうと、絶望の只中で
希望を保つことなどできはしない。諦めこそが、ヴィンデルの胸に救った最大の仲間だった。

「今日は…………人か」

 舞台の損傷率は決して芳しいものではない。むしろ造園が見込めない以上、悪いとも言える。
レモンはWシリーズで貢献をしてくれているし、アクセルも指揮と前線でのエースという重い二役
を張ってくれている。
 それでも、絶望はやってくる。
 いっそ序シュアたちが羨ましかった。いずれ避けられぬ茫洋とした絶望よりも、それが今象って
やってきてくれたほうがよほどありがたい。

 それでも、ヴィンデルは揺るがない。滅びと絶望の中にあって、諦めてはいても、それでも、決して
揺るがない。
 あるいは、それこそが真の絶望であり――希望だったのかもしれない。
 だが、そのようなことは瑣末だ。少なくとも、将兵の命を預かる彼にとっては。
 っき、と末尾にサインを残し、ペンが書類から離れる音がうつろに響く。
 次の書類に手を伸ばそうとして、しかし、彼はその手を胸の上で組み、軽く瞑目した。

 時間にすればおよそ10秒ほど。せめて一分、いいや、二分。
 それだけでも休めば、少しは楽になるようなものを。
 しかし、それをヴィンデルは己に許さない。いつまでも己を鑢で削り続け、折れるまでそれは
続けられる。
 ツヴァイザーゲインの感性は遠い、それまで、ヴィンデルの孤独な戦いは終わりを告げそうもなかった。

237 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 07:44:05 ID:hjvWUklU
>>236
内容はともかく、ゲーメストに載った文章の転載かと疑いたくなるほど誤植が多い。きっちり校正と推敲してください

238 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 09:31:35 ID:lJecm+bF
>>237
ミィ「『別にアンタのために言ってるんじゃないんだからね!…でも、また書いてくれるのなら楽しみに待って…って何言わせるの!』…という意味ですのね」
アクセル「…」

239 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 10:46:34 ID:cNggmXzM
>>232

アクセル「…何をどうやったらこうなるんだ」
ミィ「みぃ?」

つ マンイーター

240 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 13:00:22 ID:NwfuMOBZ
>>237
ラミア 「隊長、危ない!! イ ン ド 人 を 右 に ぃ!!」

241 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 13:05:52 ID:HLk+OUzX
アクセル「右にか!? そうだな、妥当な判断だ。シャクティ、助手席に座れ。
しっかりシートベルトをしめて掴まってろ!
追手を振り切るぞ!」
シャクティ「は、はい。お願いします」
ラミア「隊長、やっぱり私を右に……」
アクセル「いいから後方注意してろ」


242 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 13:45:16 ID:uzTxd/qJ
小ネタ
アクセル「ソウルゲインがフォルテギガス級の大きさになってたんだが………」
レモン「ソウルゲイン・ギガンティックよ。ツヴァイと合体する機能はないけど」


243 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 13:55:23 ID:pRojFbtI

ソウルゲインとフォルテは、10メートルしか差ないよ。
まぁ、フォルテギガスを身長180センチとすると、ゲインは144センチなんだけど。

244 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 14:24:28 ID:Z9Xz/Sf7
ジョッシュ「ラキ、シートベルトはちゃんと着けてくれよ」
ラキ「わかった」
クリス「ウェン、買出しのメモはちゃんとあるよね」
ウェン「うん、ここに」
ラキ「街はこのまま道なりに三kmの地点にあるらしい。早く用事を済ませよう」
クリス「まぁ、たまにはこうやってのんびり街に行くのもいいじゃない」
ウェン「そうだね」
ジョッシュ「じゃ、発車させるぞ」

リアナ「そういえばアニキ、運転できたんだね」
ジョッシュ「まぁな」
ラキ「なかなか快適な運転だな」
リアナ「どこで習ったの?」
ジョッシュ「ははっ、シュワルツ少佐とオリファーさんに仕込まれたんだよ。
ジープの運転ぐらいできないと使い物にならん、って」
ラキ「なるほど」
リアナ「で、免許は?」
ジョッシュ「さ、街が見えてきたぞ」
リアナ「ねぇ、アニキィ! 免許は!?」
ラキ「ジョシュア、つり銭でグミを買ってもいいか?」
ジョッシュ「ああ。構わないよ」
リアナ「免許はどうなのよぉ!?」
ウェン「リム、細かい事を気にしちゃいけないよ」
リアナ「細かくない!」

245 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 15:53:38 ID:QTWYfzQR
助手はハンドルにぎると性格変わったりして
クリス「おじいちゃん逃げてー!!」

246 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 16:02:47 ID:uzTxd/qJ
なお最終的にソウルゲイン・ギガンティックはソウルゲイン・ギガンティックEXになります。

247 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 16:17:19 ID:HLk+OUzX
レモン「さて、と……行き先は第4ブロックの電子部品専門店ね。
シートベルトは着けた?」
ラミア「はい」
ミィ「オッケーですの」
レモン「そう。じゃあ行くわよ。

歩行者確認よし。
信号確認よし。
標識確認。
一時停止。
道を譲って……
ゆっくりと駐車場に停車。
着いたわよ、貴方た……どうしたの?」
ラミア「レ……レモン様……な、なんという運転を……」
レモン「安全運転だったでしょ?」
ミィ「あれが安全運転ですの!? 合間合間に声に出してただけですの!」
レモン「ちゃんと確認してたでしょ?」
ラミア「確認しただけですわ! 確認したら注意しないと!」
レモン「大げさねぇ……さ、早く用事を済ますわよ」
ミィ「も、もうジェットコースターなんて……全然怖くないですの」

248 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 16:19:21 ID:qzOcr2XN
助手ボケとは通だなw

249 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 17:56:34 ID:x4W6x9Wp
レモン「あぁこの感覚懐かしいわね。興奮してくるわ」
アクセル「お、おいレモンたのむから安全運転でたのむぞ」
レモン「安心していいわよ」
アクセル「い、いやそれが危険なんだがな、これが」
レモン「いくわよ」
ビュゥゥゥン、ドゴン、ヒュゥゥゥゥ、ゴン、ドン、ガッツン
レモン「久しぶりのドライブ楽しかったわね。・・・アクセル?」
アクセル「ガクガクブルブル」
車には赤い塗料がたっぷりついていたそうだ

250 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 20:53:26 ID:NwfuMOBZ
サーフィンとか、スノボとか、ああいうバランス系の
スポーツってやっぱりWシリーズは得意なのかな?

251 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 22:05:15 ID:XU+5lbAH
ウォーダンが颯爽とスノボーしてる姿が浮かんだ
エキドナが颯爽とサーフィンしてる姿が見える
ラミアがアルフィミィをボンドガールにスノーモービルしてる姿が何故か脳内に再生される…

252 :それも名無しだ:2008/10/07(火) 22:59:15 ID:k5vjFdqd
ラミア「たいちょぉぉ〜っ!」
アクセル「でいぃぃやっ!」
ラミア「きゅう」

エキドナ「またか、懲りないやつだな。」
ラキ「あれは愛情表現の一種だとジョシュアが言っていたが…」
エキドナ「まあ、そうかもしれんが…しかし、お前も」
ラミア「隊長…どうなさったのです?」バタ
ラキ「気絶した?珍しいな、いつもは伸びてもすぐ復活するのに。」
エキドナ「世話の焼ける。おい、このポンコツを医務室に運ぶから手伝ってくれ」
ラキ「わかった。」

ラミア「ふう、恩にキルでございますですわ。」
エキドナ「やっと気がついたか。ところでさっき気になることを言っていたが?」
ラキ「アクセルがおかしいのか?」
ラミア「そうなんでございます!いつもは”でいぃぃぃやっ!”なのに今日は”でいぃぃやっ!”って」
ラキ「どこが違うんだ?」
ラミア「それにいつもは急所を外しつつも的確に痛点を狙ってくるのに今日は急所に一撃」
エキドナ「それで潰れたのか。」
ラミア「ああ、隊長にいったい何が…?」
ラキ「ジョシュアに相談してみよう」
エキドナ「いや、本当に隊長に異状があるのならばこれはシャドウミラーの一大事だ。関係者を増やすことは望ましくない。」
ラキ「だが…」
エキドナ「だいたいお前もジョシュアに頼りすぎだ。少しは自立しないと何時か奴の足を引っ張ることになるぞ。」
ラキ「う…」
ラミア「言いすぎだ、W16.。グラキエースは経験というものが圧倒的に少ない。」
エキドナ「いや、ここは学校じゃない。戦闘集団だ。それにあの男は何かとこいつを甘やかしすぎる傾向がある。」
ラミア「それは一理あるな。ではこうしよう。グラキエース、これは独り立ちの訓練だと思え。ジョシュアの負担にはなりたくないだろう?」
ラキ「わかった。私もジョシュアの負担にはなりたくない。」
エキドナ「よし、この件は我々だけで解決する。」
ラミア「なぜお前が仕切る?」
エキドナ「一応、この中では私が一番”お姉さん”だからな。」
ラキ「ジョシュアに訊かれたらどうすればいい?」
ラミア「そのときは”女の子同士の秘密を知りたがるなんて野暮ですわね”とでも言っておけばいいですわ。」

253 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 03:10:28 ID:y+j7jqFK
ラキ「……」
ジョッシュ「どうした?」
ラキ「いや……ジョシュア、さっきのラミアとエキドナとの会話で気がついたのだが……」
ジョッシュ「?」
ラキ「私は『オンナノコ』だったのか?」
ジョッシュ「女の子? ……そういうのは気の持ちようだから、
ラキがそう思えば、そうなんじゃないか? ……いや、でも俺だって男の子って年じゃないしな」
ラキ「ジョシュアはオトコノコだったことがあるのか……」
ジョッシュ「まぁ……な」
ラキ「で、今はなんだ?」
ジョッシュ「え……お、男だよ」
ラキ「ほぅ……オトコノコが……男に……。男の幼生体が、オトコノコか……。

何か不思議だな」
ジョッシュ「そうかな」
ラキ「なら、ジョシュア。お前は私をオンナにしてくれるか?」
ジョッシュ「は、はぁ!?」
ラキ「できないか?」
ジョッシュ「い、いや、ラキ……俺は……」
アクセル「『男らしく』でいこう!」
ラミア「『男らしく』で行かれませい!」
ジョッシュ「だから変な煽りをしないでくれ!」
ラキ「?
……まぁ、ジョシュアは男らしいと思うぞ。
私は、そんな男らしいジョシュアは好きだ。
……私も、もう少し女らしくありたいのだがな」
ジョッシュ「……そう思うことは大事かもしれないけど、
俺はラキの事、どっちにしても好きだからな」
ラキ「……ふふっ。ありがとう、ジョシュア。私も、どちらにしてもお前が好きだ」
ジョッシュ「ラキ……」
アクセル「『男らしく』でいこう!」
ラミア「『男らしく』でいっちゃいなよ!」
ジョッシュ「だから黙っててくれ!」
ラキ「男らしく、か」

254 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 09:22:35 ID:uW7lk5DT
なんとなく。
ジョシュア「え、有休?」
ヴィンデル「やはり絶え間ない争いを、と言っても人間休まないと壊れるからな(精神的かつ肉体的に)」
ジョシュア「俺よりむしろラミア達を休ませたほうが」
ヴィンデル「W17は前の戦闘の報告書が未だ仕上がってなくてな、まぁたまにはゆっくりしてこい」
ジョシュア「はぁ………」

その頃シャドウミラー・もかもか室

ラミア「ゆっくりした結果がこれだよ!」

アクセル「やかましい、さっさと報告書をあげろ!!」

255 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 16:10:39 ID:pbQpbyl3
クリス「有給って言うけどさ」
ジョッシュ「ん?」
クリス「私達、お給料貰ってたっけ?」
ジョッシュ「……」


ナナイ『総帥はただいま会議中です』
ヤマザキ『ジン・ジャハナムは現在出撃中となっている』
レディ『閣下は現在エレガントに入浴中だ』

ツー ツー
ジョッシュ「……示し合わせたな、あの人達……」
リアナ「んー……まぁ、とりあえずはお腹が空かない分には食べさせてもらってるからいいか。
ラキ「私もそれで十分だ」
ジョッシュ「そうは言うけど……まぁ、小遣い稼ぎもしっかりしてるから、困るってこともないけど……」
ウェン「じゃあいいじゃないか。今は一日一日元気にできることが大事だよ」
ジョッシュ「……それもそうか。
よし、たまにはゆっくり温泉にでも入ってくるか」
クリス「賛成! お風呂セット用意してくるね。クリフも行こう」
クリフ「……まぁ、私もやぶさかではないがね」
ラキ「楽しみだな……ジョシュア」
アクセル「ああ、楽しみだ」
ラミア「まったくですわね」
ヴィンデル「貴様らは仕事の後だ。仕事の後なら地獄巡りだろうがなんだろうが入らせてやる」
アクセル&ラミア「あ゛あ゛〜……」

256 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 19:32:26 ID:KhswLofq
まあ、傭兵というより
正義のために協力したみたいな流れだったような気もするし

または
隼人「ジョシュア、お前の妹を探すために使った捜査員の人件費全てをこちらに回してもらおうか。信じられないかもしれないが行ける大陸には全て捜査員を派遣したので大層な金額になる」
とでも言われたか。

257 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 20:03:31 ID:pbQpbyl3
ジョッシュ「――俺は君に付き合うよ、ずっと……」
ラキ「ジョシュア……」


隼人「借金踏み倒された……! フォールド通信を繋げ!」
ヤマザキ「ダメです。通信不可距離まで離れます」


258 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 20:11:13 ID:fiLcvTP1
>>257
借金をした奴が夜逃げしたなら、親兄弟に請求すればいいんだよ。というわけで、リムやクリフに
請求書を回すのだ。

259 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 20:21:38 ID:ePQx6lEB
カポーン

ラキ「はぁ……」
クリス「温泉もいいねぇ……うん」
ラキ「そうだな……」
リアナ「……」
ラキ「?」
リアナ「ラキ、よく見るといい感じに胸あるね」
ラキ「リムやラミアほどではない」
リアナ「でも、結構いい感じだからさ。
えいっ」
ラキ「あっ……リ、リム、やめてくれないか、胸が……」
リアナ「いいじゃない。ほらほら」
ラキ「リ、リムぅ……やめてくれ、くすぐったい……」


ウェン「リムもグラキエースも、いい感じに打ち解けていてよかったね」
ジョッシュ「……そういう問題じゃないだろう」
ウェン「?」

260 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 21:18:50 ID:hQ65DScY
仕事に頑張るアクラミへ差し入れ


つ【入浴剤セット・日本の名泉50選】

261 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 21:29:24 ID:WdvOdhXk
アクセル(そういえば俺も自爆後に仲間たちが探してくれたらしいな…もしかして)
レモン「アクセル、あなたへロンドベルから手紙が来てるけど」
アクセル「俺はちょっと修行の旅に出てくる。探さないでくれ」
レモン「え?ちょ、ちょっとアクセル!…一体なんなのかしら?」

262 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 21:30:55 ID:F8be6ONT

 や ら な い か


263 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 21:48:55 ID:tL5ZpZzc
アクセルはEDでも捜索されてたなw

264 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 23:34:28 ID:IX6D+s6/
>>261
ア○ロ「NTの力を利用して探してみせる」

ユ○カ「どこへいきたいのー?」
???「アクセル・アルマーのもとへ」

265 :それも名無しだ:2008/10/08(水) 23:57:20 ID:8MELgZhz
アクセルが行方不明になったら、なんだかんだでレモンが一番心配しそうだな。

266 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 00:36:04 ID:POia1vO/
凄く普通なうえにOG2で実践済みだけどな
アクセル死んだときのリアクションも…


信頼とか信用とか諦めを超越した
レモンのスレた感じは一種独特

267 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 00:48:02 ID:azPrmimM
このスレのレモンなら、ヴィンデルと同じく
色々と変わってるような希ガス

268 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 00:52:47 ID:FUJyuAB2
アクセル「終わったぁ……」
ラミア「ですが、もう温泉は……」
アクセル「いい、いい。生涯に一度しか温泉に行けないわけじゃなし、
一度も行ったことがないわけでもないからな、これが。
ちょっと、風呂にでも入る。火を入れてくれるか?」
ラミア「はい」

ざぶん
アクセル「ふぅ……ふん、風情ってのもわからんでもないが……
体を洗い流す湯は、名湯でも水道水でも変わらん……な。

……これは単なる『すっぱい葡萄』か?」
コンコン
ラミア「隊長……?」
アクセル「なんだ? バスタオルか?」
ラミア「いえ、ちょっとした物を……」
アクセル「? なんだ? ……開けて構わんから、見せてみろ」
ラミア「こんなものですが……」
『入浴剤 草津のかほり』
アクセル「……入浴剤か。……これを買いに行ってたのか」
ラミア「い、いえ……」
アクセル「……ありがとよ。結局気の持ちようなんだから、
思い込めば風呂も名湯だな」
ラミア「喜んでいただけちゃいましたか?」
アクセル「ああ。……どうだ、混浴としゃれ込むか」
ラミア「! いえいえ、どうぞどうぞ!」
アクセル「どっちだ」

ザブン
アクセル「はぁ……生き返る、って言うより、死ぬ」
ラミア「死ぬのですか」
アクセル「ああ。このままうとうとしながらあの世に飛んでく気分だ」
ラミア「入浴中の睡眠は本当に危険ですので、お気をつけくださいませ」
アクセル「それもそうだが……今更それぐらいで死ぬ気もせん」
ラミア「ですか。あ、あとこんな物も薦められたのでございますが……」
アクセル「あん? 見せてみろ。

……。

W17、これは入浴剤じゃなく、ぬるぬるぬめる類のオイルだ」
ラミア「ですか。さっそく使用いたしましょう」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃいっぃやっ!」
ラミア「あぁん」


269 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 00:57:41 ID:azPrmimM
とかいいつつ、そのまま混浴してしまうアクセルとラミアを幻視した。
この二人はドライっぽく見えるが、実はレモンとまた違うつながり方をしてるんだな。

270 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 02:35:24 ID:3onYWyPt
ラキ「お、温泉は……気持ちいいが……だ、だめだ、どうしても……はぁ、はぁ……のぼせてしまう」
ジョッシュ「体質の問題なんだよ。仕方ないさ。
……俺がおぶるから、夜風でも浴びてくるか?」
ラキ「た、頼めるか……?」

リリン
リリリリン

ジョッシュ「えっと……これはスズムシ……だな」
ラキ「……落ち着く音色だ……ん……風が気持ちいい」
ジョッシュ「そこで、マンジュウをバラで買ってきた。
食べるか?」
ラキ「もらう……もぐもぐ……うん、美味しい」
ジョッシュ「そうか」
ラキ「……こういう落ち着いた土地があったのだな。
なんだか、歩いているだけで気が安らぐ……」
ジョッシュ「そういう町、俺も好きだな。
……そうだ、土産でも買っていこうか」
ラキ「悪くない」

ラキ「ふむ……これはキンチャク、という入れ物か……。
みやげ物屋にはみな、このボクトーという武器が置いてあるな。
ニホンとはサバイバルな国なのだな」
ジョッシュ「こんな時代だからな……って関係ないか」
店主「ご夫婦で土産物? 今なら安くしとくよ」
ジョッシュ「ふ、夫婦? い、いや、俺達は……」
ラキ「夫婦なら安くしてくれるか? ……そうだ、私達は夫婦だ」
ジョッシュ「ラ、ラキ!」
店主「そう。じゃあ、新婚のお二人さんに、これもおまけで包んでおくわね」
ラキ「よかったな、ジョシュア……む、夫婦なら、あなた、か?」
ジョッシュ「……はぁ、そうだな、ラキ。いや……おまえ、なのか……?」

271 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 10:42:32 ID:Y7C0BVVP
ラキ「遊園地とても楽しかったぞ」
助手「ああそうだな。でもすこし疲れたな」
ラキ「私も少し疲れた。どこかで休もう」
助手「そうだな。どこかないかな」
ラキ「ジョシュア、あったぞ。あそこにとまろう」
助手「・・・げ、あそこに泊まるのか」
ラキ「どうしたのだ?早く行くぞ」
助手「え、あ、ああ。・・・まさかな」
ラキ(ブルー・スウェアの人間たちも気が利くな)


272 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 13:07:23 ID:Z5K/kIDO
レモン「機体整備の後の入浴はたまらないわね……。
体から機械油が落ちる感覚が……。

んー……W16!」
エキドナ「はい。お呼びでしょうか。
アロマオイルですか? 入浴剤ですか? リンスですか? 白髪染めですか?」
レモン「……最後のは何?」
エキドナ「いえ、万全を期して」
レモン「……まぁ、いいわ。アロマオイルを頂戴。
それから……貴方、服を脱ぎなさい」
エキドナ「……はい?」

ちゃぷ
レモン「はぁ……安らぐわ。鬼のいぬ間になんとやら……ってね」

ヴィンデル「ぶぇっくしょい!」

エキドナ「……レモン様、この体勢はいささか……」
レモン「仕方ないでしょ、そんなに広い浴槽じゃないんだから」
エキドナ「ですが、もう少し効率の良い入浴の体勢が……」
レモン「W16、必ずしも最も効率のいいやり方が本質を突いてるとは言えないわよ」
エキドナ「は、はぁ……」
レモン「ささ、肩までちゃんと浸からせてあげなくちゃいけないわね」
エキドナ「レ、レモン様……」



ウォーダン「なぁぁぁぁぁぁにぃぃぃぃぃぃ?」
アクイラ「男は黙って!」
ウォーダン「行水!」
アクイラ「男は黙って!」
ウォーダン「行水!」


エキドナ「何の音でしょうか」
レモン「さぁ、新手のコントじゃないの? 流行りそうにはないけど」

273 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 14:43:36 ID:RvEv29br
>>272の冒頭で、レモン様の正体はアンドロイドだと
妄想した俺は、極度のロボ娘スキー

レモン「あら…また頭部が外れちゃった…首のロック部を
点検しないと駄目ね…アクセル?どうしたの?(床に落ちた頭を拾いながら」
アクセル「き、聞いてないぞ…こんなこと」

274 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 17:26:37 ID:aX8A7PD+
>>272
このスレの「漢」二人がネタ披露!?
ウォーダン、細かいようだが「やっちまったなぁ!」が抜けてるぜ?

275 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 19:34:32 ID:CMPqit6i
その大雑把なところに惚れた

276 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 21:45:17 ID:pBd1iF60
アクセル「しかしな、お前ら助手ラキラヴラヴごちそうさまとか言ってるけどあんなのぬるいもんなんだなこれが。」
影鏡A「しかし隊長、Wシリーズとは違って我々も生身の人間、あれだけ見せつけられたら」
アクセル「おいB、お前は覚えているだろう?あの連中を」
影鏡B「ひょっとしてキャピキャピ艦長&コックと空手バカ&羽の生えたお姫様ですか?」
アクセル「やつらに比べればほほえましいものだろう?」
影鏡B「そうっスね。あの頃は敵味方問わず連中に関わった独り身の8割がしっ○団の入団手続きとってましたからね。」
影鏡C「あ、俺のとこまだ会報届いてます。」
影鏡A「そんなに凄かったんですか?」
ミィ「キャピキャピ艦長&コックなら私も知っていますの。見てるだけで胸焼けがしたですの。」
ラミア「あれに比べれば私などまだまだ…」
影鏡A「…マジデスカ?」
エキドナ「待ってください、隊長。私が閲覧した記録にはそんな…」
ラミア「戦闘とは関係ない無駄な記録はなるべく省いただけだ。」
アクセル「ヴィンデルも許可している。はっきり言って独り身の多いこの部隊にとっては劇薬だ。」
ミィ「…全身タイツ男の熱烈告白は知っていますの?」
ラミア「ふふふ、残念ながらよくご存知のことですのよ。」
アクセル「ああ…と、いう訳でだ。この荒廃した世界にあの程度のラヴラヴはむしろ必要な要素なんだな。」

277 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 23:33:23 ID:b97BpRTA
アクセル「あとアレだな、アマダとアイナさんも見ててこっぱずかしくなるくらいだな」
全員「「「「「アイナ゙さん゙!?!?」」」」」
アクセル「……何だよ」

ラミア「天上天下唯我独尊なところがある隊長が年下の女性をさん付け…」
ワカメ「気の置けない同志とはいえ今まで組織の長たる私にそんな殊勝な態度とったことないぞ」
エキドナ「意外です…」
レモン「なんか違和感ね」
ミィ「びっくりですの」
アクセル「……。ヴィンデルさん」
ワカメ「うおっ!気色悪い!!」
アクセル「ラミアさん、エキドナさん、レモンさん、アルフィミィちゃん」
ラミドナレモミィ「「「「鳥肌が出そう(です・ですの)」」」」





ラキ「ジョシュアさん、……なんだか距離を感じる。嫌だ。」


いくらアホを経てるとはいえアイナさん発言にはびっくらこいた

278 :それも名無しだ:2008/10/09(木) 23:45:37 ID:3onYWyPt
ラミア「隊長? まだ記憶喪失の後遺症が?」
アクセル「……ない! ……と信じたい」
ラミア「少し不安があるのですね……」
アクセル「いや、大丈夫だ! 問題ない! 俺は正常だ、ラミアさん!」
ラミア「……」
エキドナ「……」
アクセル「ど、どうした? 俺は何か変なこと言ったか? エキドナさん」
レモン「……一回、頭開けた方がいいかしら」
ヴィンデル「……そうかもしれん」
アクセル「レモンさん、ヴィンデルさん!? 俺は何か変なのか? ジョッシュさん、グラキエースさん!」
ジョッシュ「……疲れてるんだよ、アクセル」
ラキ「今は休め、アクセル」
アクセル「な、なんなんだ? 何が変なんだ!?」
ミィ「気にしなくていいですの」
レモン「アルフィミィ?」
ミィ「キョウスケだって一度こういう状態になったですの。ちょっと寝ればすぐ元通りですの。麻疹みたいなもんですの」
レモン「そうだといいんだけど……ぷすっ、と」
アクセル「うっ」
レモン「W17、部屋に運んだだげて」
ラミア「はい」
レモン「……けど、どうしちゃったのかしら」
クリフ「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」
レモン「あら、ニーチェかしら?」
クリフ「ええ」
レモン「……ペットは飼い主に、飼い主はペットに似るとも言うし、W17に感化されたかしら」


アクセル「うぅん……」
ラミア「隊長、ご気分はよろしいですか?」
アクセル「ここは……頭痛が……」
ラミア「お水をどうぞ」
アクセル「ああ、ありがとう、ラミア様」
ラミア「レモン様! 隊長がさらに変になっていますですわ!」

279 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 00:16:44 ID:LFVAIV0A
たった一つの 命を捨てて
鉄の悪魔を叩いて砕く
アクセルがやらねば 誰がやる

280 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 02:38:15 ID:zuJiizLM
>>273

>>272の冒頭で、レモン様の正体はアンドロイドスキーだと
妄想した私は、極度のエキドナスキー

きっとむっちりプリプリなレモン様とW16が狭いお風呂で入浴するからには

「それにしても貴方って本当に素敵ね」
「全てはレモン様の完璧な設計によるものです。私の力ではありません」
「あらあら、ダメよそんなに堅くなってちゃ、ここぐらい柔らかくなくっちゃ」 むにん
「ひゃぁっ!?レモン様!一体ナニを!!」
「ふふふ、ちょっとお堅い貴方の一番柔らかそうな所に触れているだけよ」 むにむに
「んくっ!!お、お戯れを………」
「変ねぇ、感度の設定こんなに敏感にした覚えがないのに………」 むにむにむにん
「そっそれは、人に近づくためと敵を欺く為に私なりのカスタマイっ、あっ!」
「ふふぅ〜ん♪ そんなイケない調整しちゃう子にはお仕置きが必要ね」 ムキュ
「レ………レモン様お許しを………思考回路に未知数の負荷が……だっダメ」
「ふふふ、今の貴方とっても可愛いわよ。あの人がみたら一発ノックアウトかもね」 むに〜っ
「た、隊長の事とか意識してこんな風になったのでは……あぅっ…!」
「んもぅ☆誘導尋問に引っ掛かるようなうっかりな子にはまだ仕置きが必要みたいね」 むにゅにゅ
「ダッ………ダメです。負荷限界値突破寸前……トンじゃう…トンじゃ



(省略されました。続きを読むにはまとめサイトなどの編者にワッフルしてください)

281 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 02:44:27 ID:oNNfEo0J
こ○へーじゃ、こ○へーが降臨なされた(棒読み

282 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 03:08:36 ID:jABJVA+C
うわぁー〇うへーだー!
セツコスレのまとめ大変ですか?

283 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 03:32:27 ID:zDxaiYxV
ポチャン

ジョッシュ「ふぅ……やっぱりこうやって、狭い風呂にのんびり浸かるのもいいな」
ラキ「……」
ジョッシュ「どうしたんだい、ラキ?」
むにっ
ジョッシュ「!? わ、わ!? いきなり何をするんだ!?」
ラキ「ジョシュアの体……柔らかい……」
ジョッシュ「は、はぁ!?」
ラキ「引き締まっている様で、優しい体をしているのだな」
もにもに
ジョッシュ「お、男の胸なんか揉んでどうするんだよ、ラキ!」
ラキ「男の胸は柔らかくないと聞くが……ふむ、悪くない。枕にしてもいい心地だろう」
ジョッシュ「こ、こら!」
ラキ「わき腹も……ふむ、揉み心地は悪くないぞ」
ジョッシュ「だ、だから! 勘弁してくれよ!」
ラキ「脹脛も……筋はしっかりしているが、存外に揉むといい感じだぞ」
ジョッシュ「わ、ひゃ、ひゃひゃ、そ、そこは弱いんだ。やめてくれってば!」


ウンブラ「……グラキエースに……人間……襲われてた」
ラミア「襲われた?」
ウンブラ「襲われてた」
アクセル「グラキエースが?」
ウンブラ「グラキエースに」
レモン「じゃあほっときなさい」
アクセル「そうだな。馬に蹴られてサンズ・リバーだな、これが」
ウンブラ「……(いいの?)」

284 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 03:53:21 ID:xyERy+5X
>>280
こう○ーじゃないか!

285 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 09:33:41 ID:IlZx/tPh
>>281-284
だが待って欲しい。
ひょっとすると此処じゃ書けないODEな展開をこうへ○に
押し付けたと考えられないだろうか

286 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 12:19:56 ID:JEYavGC+
ラキ「ジョシュア、一緒に風呂にはいるぞ」
助手「え、い、いや、それはちょっとまずいんじゃないか?」
リム「そうよグラキエースさん。お兄ちゃんは私と入るんだから」
クリス(私も一緒に入りたいといってよ)
リム「クリスもそういってるよ」
助手「お前たちも同じだ」
ブラ○ト「お、お前たちこんなところでそんな話をするんじゃない」
マ○ア「ふ、不潔よ」
助手「不潔って・・・」
ギュ○イ「貴様、ちょっとこい」
助手「なんだよギュ○イ」
鉄○「ジョシュア、お前、俺たちと入るんじゃないのか?」
助手「俺にそっちの趣味はない!」
ラキ(ギュ○イ・ガスと剣鉄○か、要注意だな・・・)

287 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 12:27:05 ID:JEYavGC+
ク○ス「ギュ○イとやったの?!」

288 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 15:00:11 ID:2L3Tc19E
大浴場――

カポーン

アクセル「……」
ギュネイ「ふぅ、クェスの訓練に付き合うのも疲れるな……」
アクセル「……(一般的なビームサーベル、ってとこか……)」
ジョッシュ「どうしたんだ?」
アクセル「(ネオビームブレード並との噂もあるが……こっちも標準的インパルスキャノン……)
ウォーダン「……」
アクセル「(斬艦刀サイズ……)」
鉄也「何を見ている、アクセル」
アクセル「(ぬぉ、グレートブースターか!?)」


クリス「ふぃ〜……」
ミィ「……(ダブルメロン……)」
ラミア「顔が緩みすぎていますわ」
ミィ「(それを上回るダブルウォーターメロン)」
マリア「でも戦い戦いじゃ、疲れちゃうわ」
ミレーヌ「私達は歌ってばっかりだけどね」
クェス「本当よ」
ミィ「(ぷっ……右へ行くほどどんどん平坦になっていきますの。


……!? 私もその平野に加わってますの!?)」

289 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 15:06:14 ID:lUtLoql8
マックス「銭湯か……輝達と一度だけ体験したな……」
アクセル「(か、完璧だと!?)」
ギュネイ「(あれが50過ぎた男のモノかよ!?)」
助手「(ゼントラーディの技術のせいなのか!?)」
ウォーダン「(美事なり!!)」

290 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 16:35:22 ID:u3t6PFfs
待って欲しい、男湯組。

君達が見ているのは変形前だ。

291 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 20:07:56 ID:RcKxoo7d
つまり、ジョシュアはエールからジュアンに(ry

292 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 21:17:35 ID:JkKasF2f
そして二人でしっぽり夜のフォルテギガスというわけですか

293 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 22:46:37 ID:EU0xmrp+
兄妹でそんなことをするのか…。

294 :それも名無しだ:2008/10/10(金) 23:10:12 ID:zDxaiYxV
アクセル「前々から思ってたんだが」
リアナ「え?」
アクセル「フォルテギガスって、あれどうやって合体してるんだ?」
リアナ「……えっと……」
クリフ「ん、私が説明しよう。
確かに一種独特な合体だが、難しく考えんでくれ。
ストレーガの上に、ガナドゥールが乗っかっているというだけだ」
アクセル「ほぉ、肩車か」
ウォーダン「ぬ、っと」
ミィ「高い高ーい、ですの」
クリフ「いいや、どちらかといえば、四十八の殺人技で、もっとも有名なあれだ」
ウォーダン「屁のツッパリはいらん!」
ミィ「ウギャー! アクセルー! ですの!」
アクセル「つまり……リムちゃんがジョッシュに殺人技をかけてるわけだ」
リアナ「な、なんでそうやって解釈するのよ!」
クリス「お兄ちゃんは私達には重いから無理よね」
リアナ「じゃなくて!」
レモン「ところがこの設計図にはもう一つの見方があるのよ」
アクセル「な、なに! ご先祖様から天罰でも受けるのか!?」


ラキ「くぅくぅ……」
ジョッシュ「Zzz……」
(頭合わせる形で寝てる)

295 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 01:21:44 ID:IQZmj+GY
お前らがアルフィミィ好きなのは分かった…
いい加減ラミアを寄越せ

296 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 01:23:44 ID:J83tV86H
ミィ「でも肩車も悪くない感じですの。アクセル、肩車をしてほしいですの」
ラミア「肩車が好きでございますか。……まだまだ子供」
ミィ「うっさいですの!」
ラミア「ほれ、肩車ですわ」
ミィ「子供扱いするなですの!」
ウォーダン「助太刀する!」
ミィ「え?」
ラミア「二段肩車ー」
ミィ「ぎゃー!」
ウォーダン「荒鷲よ!」
アクイラ「任せるがいい。
ぬぅぅぅぅぅ!」
ラミア「三段肩車ー」
ミィ「ぎゃぁぁぁあああああ!」
ラミア「よし、隊長にタワー攻撃ですわ」
ウォーダン「応!」
アクセル「は?」
ボガッ
バキッ
ドガッ
16万8932ダメージ!
レベルアップ!
レベルアップ!
レベルアップ!
レベルアップ!
ラミア「隊長を倒してレベルアップですわ……む、どうしたアルフィミィ」
ミィ「……ぶくぶく」

297 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 03:30:43 ID:w3je5Eq6
アクセル「敵基地はこの山の向こうか……予備射撃でかく乱できれば、
楽なんだが」
エキドナ「……無理です。射角が足りません。Fソリッドカノンの山越えをするには、
少々難があります」
アクセル「そうか……じゃあしょうが……いや、待てよ!?」

アクセル「……で、W15、お前が俺を持ち上げ、俺がW17のアンジュルグを持ち上げ、
貴様はW16のラーズアングリフを持ち上げる。どうだ、これで基地が狙えるだろう」
エキドナ「……。
ジェアン・シュヴァリアーのアームドベースの上に乗り、砲撃戦を行うというシチュエーションはありましたが、
この状況だと、反動で下の機体が吹っ飛ぶと思うのですが……」
ラミア「特機は度胸、何でも試してみるものですわ」
エキドナ「……」

よっこらせっと

アクセル「どうだ、撃てるか!」
エキドナ「……撃てます。これなら射程に入っています」
アクセル「よし、フォールディングソリッドカノン、構え!」
エキドナ「……」
アクセル「今だ、う」
ドン
アクセル「……ありゃ?」
ラミア「基地より対空砲火。ラーズアングリフに命中しました」
アクセル「なにぃぃぃ!?」


エキドナ「……」(顔に絆創膏張りつつムスッ)
アクセル「うまくいくと思ったんだ……これが」
エキドナ「……今度、リーンホースJrの舳先で砲撃戦をしてくだされば、許します。
BGMは『いくつもの愛をかさねて』でお願いします」
アクセル「い、いや、それは……」

298 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 10:28:10 ID:AEZg6yuS
絆創膏を貼って頬を膨らませてムスッとしてるエキドナだと!?
なんというご褒美…間違いなく俺は天に昇れる

299 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 10:56:14 ID:Wh2xf5zq
>>298
こいつ最高にk○-he

300 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 10:56:23 ID:EygtIvmh
ソードブレイカーならば、曲射も可能ではなかっただろうか?と空気を読まないでいってみる。

301 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 11:29:17 ID:mLEi4/11
>>298
普段の顔と殆ど変わらないような…

302 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 11:29:49 ID:mLEi4/11
>>300
???「俺の曲撃ち、見ていきなよ!」

303 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 13:55:23 ID:LTUfuTrk
>>301
裸で乳首とマから始まる穴に絆創膏を(ry

304 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 14:25:52 ID:AEZg6yuS
俺が言いたい事はエキドナは何をしても美しい。
つまり女神って事さ

305 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 15:11:47 ID:IQZmj+GY
いいからラミア寄越せ

306 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 15:53:19 ID:dL9gvEon
シャドウミラー D世界に出現した時の事


ラミア(ここが次の転移地か…周りが氷だらけのようだが北のほうか?む、あそこに何かあるな。人工物だろうか?)
ザクッザクッザクッザクッザクッザク
ラミア「…でかいな。かなりの規模の人が入れる大きさだが…本隊ならば制圧可能だろうか?」
ジョッシュ「…あれ?そこに誰かいるんですか」
ラミア(!?!…まずいか。ここは何とかしてなんとかしてしのがねば)
ジョッシュ「吹雪いてきましたから早く中に入らないと………」
ラミア「お気遣いありがとうございます。……何か?」
ジョッシュ「いや、随分薄手なんだなって」
ラミア(しまった!?この寒さでこの格好はおかしかったか!?怪しまれたのならここで口封じも……)
ジョッシュ「他にもリムみたいな人がいたんだな…ほら、早く入って下さい」
ラミア「あ、ああ…」(納得…されたのか?いや、やはりおかしいのだろう。怪しまれたのならこの後の行動にも気を付けなければ)

307 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 16:50:23 ID:TWy88sek
まぁあの南極、普通に逃亡兵とか敗残兵を雇って警備に置いてるからな
特によくわからない機動兵器に乗った人がいてもあまり不審には思われまい

308 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:12:36 ID:HifF6QXM
>>306
ジョシュアが玄関先を掃除していたようにしか思えない。
もちろん、箒とちりとりで

309 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:23:15 ID:J+WdxoCJ
>>308
割烹着もつけるぜ!

310 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:24:41 ID:Wh2xf5zq
>>309
三角巾もだ!

311 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:37:41 ID:TWy88sek
南極でんな格好してたら普通は死にます

312 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:46:50 ID:AEZg6yuS
>>311
つリム

313 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:49:09 ID:nNp64e07
リムの南極ノースリーブは、竜馬も裸足で逃げ出す逞しさだよw

314 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 18:58:46 ID:LTUfuTrk
しかもミニスカだしな

315 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 21:13:59 ID:+duy1uy+
実は親父の実験の影響で体質まで変わってしまって、常に体が発熱してるとか



…あれ?

316 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 21:28:57 ID:J83tV86H
ジョッシュ「たまにはみんなで食事でもできればいいと思ってな。
せっかくのバーベキューなんだから、肉だけじゃなく野菜も食べてくれよ」
クリス「えっと、カボチャにー、じゃがいもにー……」
ウェン「ほら、リム。お肉も美味しいよ」
ラキ「はむっ……はむっ……」
クリフ「ん、悪くない肉だ。
どうした、大佐、艦長。食べないのかね?」
ヴィンデル「ふ、ふふふふふ……こ、こういう席は、な、な馴れてないのでな……」
リー「ま、まったくだ、経験したことがない……」
リアナ「大佐も案外シャイだね」
アクセル「……じゃなくてだな! なんでこんな南極のど真ん中で立食バーベキューなんかせなあかんのだ!?」
ミィ「寒いですの……」
ジョッシュ「? 中でバーベキューやったら、大変なことになるだろ?」
アクセル「そういう問題じゃなくてだな!」
ラミア「体温調節機能がある我々には有利な場」
ウォーダン「ラミアよ、エキドナよ! 今が食べぬける時!」
ラミア「応!」
エキドナ「……」もぐもぐ
アクセル「お、おのれぇ、食わせてなるものか! 俺達も食うぞ、レモン!」
張り紙『バカじゃないの?』
ミィ「アクセル……お肉美味しいですの……お腹一杯になったら眠くなってきましたの……」
アクセル「アルフィミィ? アルフィミィ!?」
ラキ「ジョシュア、バーベキューは楽しいな。また、こういう食事をしたいな」
ジョッシュ「そうだな、ラキ」
クリス「うんうん」
アクセル「二度と絶対出席せんからな!」
ラミア「もきゅもきゅ」
エキドナ「もぐもぐ」
ウォーダン「がつがつ」

317 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 21:46:11 ID:HifF6QXM
>>316
さすが南極児。
だが赤道直下に行ったときが心配だ。

ところで南極といったらペンギンだよな
D世界じゃゲッター汚染されてなきゃ食料になってそうだ。
しかし以前にペンギンのレントゲン写真を見たときはショックだったな。

ホントは足ナゲーのかよ!

318 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 21:58:54 ID:nNp64e07
いやいや、ペンギンは油は使えるんだけど、
肉は凄い臭くてとても食用には堪えない、って十五少年漂流記で言ってた。

319 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 22:27:00 ID:qPbE0ydU
ヴィン「南極ゴジラって知ってるか」

アクセル「歳バレるぞ」

ヴィン「かつて南極で発見された謎の怪獣だ。私はインベーダーの一種かと考えたが、インベーダー襲来と時間軸が合わない」

アクセル「だから?」

ヴィン「つまり南極ゴジラは地球に元から存在する新種の可能性がある」

アクセル「だがそんだけ話題になったら科学者達も調べ尽くしてるだろ。南極基地にもそんなものが現れたって記録はなかったと思うが」

ヴィン「甘ったれるな!(ビシッ)」

アクセル「痛っ!?」

ヴィン「男は常にロマンを追い求めてこそ男だ。夢を無くした男など男ではない!」

アクセル「まさかヴィンデルにそんな一面があるとは思わなかったな」

ヴィン「それにあわよくば時の人になってがっぽがぽかもしれないじゃないか」

アクセル「やはり本音はそれか…」

320 :それも名無しだ:2008/10/11(土) 23:12:25 ID:GhlSC9Uj
>>316
ジョッシュ「あ、もし寒いのなら彼の近くに行って下さい。彼は熱いですから」
イグニス「俺はストーブか何かか!?」

321 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 01:00:22 ID:Xd5tH4t9
南極と言えばこれだろ。
っ白ペンギン

【テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!ゆっくりしていってね!!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!テケリ・リ!】

ジョシュア「ちぃ、また狂気山脈か!」
アクセル「だから狂気山脈ってなんなんだぁ!」



322 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 02:18:39 ID:CrTU1H+b
アクセル隊長!
レモン様もエキドナもアルフィミィも持っていって良いんでラミアを下さい!

323 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 02:28:19 ID:bN0IKsp7
アクセル「いいだろう。だがそれはあいつの気持ちを聞いた上でいってるんだな。もしあいつが嫌がる素振りを見せたらただの麒麟ではすまさんぞ」


324 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 02:30:40 ID:3HbZG1bh
エキドナは俺の嫁

325 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 02:52:04 ID:uySnhgoG
>>315
リムは感度が通常の1000倍なんですね!わかります!

326 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 02:56:47 ID:Xd5tH4t9
>>324
ウキーラエ・キドナスキー氏に殺られるぞ!?

327 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 03:09:09 ID:2g81Hrjp
クリス「ウェンは私のお婿さんよっ♪」
ウェン「リ、リム」
クリス「ふふ〜♪」
ウンブラ「……じゃあ……逆はお嫁さん……ネ?お嫁さんは……何する……の?」
クリス「え……えっとぉ……。 お、おかえりなさいませ、旦那様!」
リアナ「(クリス、それ違うと思う)」
ウェン「おかえりなさい、か……いい言葉だね」
クリス「そうかな?」
ウェン「かえる、って言葉に、接頭辞をつけて、どこかやらかい言葉にして……。
かえって来たことを祝福してくれるニュアンス、僕は好きだね」
クリス「……なるほど……そうだね、それもそうだね」
ウェン「じゃあ、おただいま、ってつけた方がいいのかな?」
クリス「そ、それは要らないと思うよ……ウェン」
ウェン「じゃあ……ただいま、かぁ。 ……僕は君に、ただいま、って言っていいのかな。これからも、ずっと」
クリス「いいのよ。私がウェンの帰る所になれれば。でも……私がただいま、って言ったら、
ウェンも私の帰りを喜んでくれる?」
ウェン「勿論だよ、リム。 ……でも、帰る帰らない以前に、ずっと一緒にいれれば、もっといいんだけどね」
クリス「……うん♪」

ミィ「アクセル、ただいまですの」
アクセル「おう」
レモン「アクセル、ただいま」
アクセル「ああ」
ラミア「隊長、ただいま……ですわ」
アクセル「おかえり、ってか」
エキドナ「ただいま戻りました」
アクセル「ああ」
ウォーダン「……」
アクセル「わかったわかった。

……ってお前等、なんで俺の部屋に帰ってくるんだ!?」
ミィ「もう、ずっと一緒の仲じゃないですの」
レモン「居心地がいいから」
ラミア「第一夫人ですので」
エキドナ「お世話をするよう……」
ウォーダン「ふん、ふんッ!」
アクセル「人の部屋で素振りするな!
……ったく、もう勝手にしろ」
ラミア「ツンデレ?」
レモン「ツンデレツンデレ。本当は寂しがりやなの」
アクセル「うるさい!」
猫「なーお」
アクセル「おお、よしよし、お前は自由に出入りしていいから、気にするなよ」
猫「なーお?」
アクセル「ははっ、猫に裸見られようが寝顔見られようが、減るもんでもあるまいしな」

『アクセルの部屋にいつでも入っていいと言われた。
裸を見てもいいと……夜這いをしてもいいと……今夜にでも忍び込もう』

ラキ「ふむ、ウンブラも色々あるのだな」
ジョッシュ「ラキ、ご飯だぞ」
ラキ「ああ。 ……ふむ、私もジョシュアならいいな」
ジョッシュ「何が?」
ラキ「何、お前と一緒に寝るのは心地いいと思っただけだ」
ジョッシュ「? ……まぁ、今日はしっかり布団を天日干ししたから、ふかふかで気持ちいいと思うよ」
ラキ「そうか……うん、ふかふかはいい。太陽の匂い、私は好きだ。
む……だがそれより今は、夕食にしよう」
ジョッシュ「そうだな。今日は腕によりをかけたから、期待してくれ」
クリス「……(お兄ちゃんって私より立派なお嫁さんになりそう)」

328 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 03:33:15 ID:Ne4dL4RC
>>326
つまり>>324は自分殺しをするというのか!?

329 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 03:40:16 ID:u6u0K5mb
ジョッシュ「うぅん……うぅ……」
ラキ「ジョシュア? うなされていたぞ。どうしたんだ?」
ジョッシュ「あ……ラ、ラキ……いや、なんでもないから、大丈夫……早く寝よう」


ジョッシュ「……」
アクセル「どうした? 寝不足の目をして」
ジョッシュ「……笑わないで聞いてくれるか?」
アクセル「いや、盛大に笑うな」
ジョッシュ「だろうな。
……その、夢を見たんだ」
アクセル「ほぉ」
ジョッシュ「俺が教会にいるんだ。どうやら、そこはめでたい席らしい。みんなが俺たちを祝ってくれていた」
アクセル「なるほど。で?」
ジョッシュ「……何故か、俺はウェディングドレスを着ていた」
アクセル「……ぷっ、どわははははは! お前、女装願望でもあるのか!?」
ジョッシュ「そんなのあってたまるか!」
アクセル「だよな、だろうな。……だがな、ジョッシュ、世の中にはもっと恐ろしい夢があるんだ。
それは……」
ジョッシュ「……それは?」
アクセル「……おっと、この話はまた後だ。じゃあな」
ジョッシュ「……なんなんだよ」

330 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 15:09:39 ID:MxHPXrsW
ミィ(魔女コス)「トリックオアトリートですの!」
ジョッシュ「ん、もうそんな季節か……待っててくれ……」
ウェン「はい、これだね?」
ジョッシュ「すまない。さっき焼いたクッキーだ。お気に召せばいいんだがな」
ミィ「ありがとうですの、ジョッシュ」
ジョッシュ「どういたしまして。それは魔女の仮装かい?」
ミィ「そうですの。じゃあ次に行きますの」
ウンブラ「……ふふふ……仮装いらず……」
ジョッシュ「……ま、楽しんでくれればいいさ。
さて、と……ん」
クリス(?)「トリックオアトリート!」
ラキ(狼男コス)「トリック……オアトリート」
ジョッシュ「わかったわかった、今出すよ。ところでリム……それは何のコスチュームだ?」
クリス「わからない? こうやって背中を向けると……。
背中の服も前になってるの!」
ジョッシュ「……ああ、ジキルとハイドか」
リアナ「正解よ」
ウェン「はい、どうぞ」
ラキ「すまない。
……いや、矢張り菓子はいい」
ジョッシュ「要らないのか?」
ちゅっ
ラキ「い、いたずらで済ましておく……」
ジョッシュ「……しょうがないな、ラキ」
ちゅっ
ラキ「……」(耳ピコピコ)
クリス「そ、そういう選択肢もあるの?
お菓子にしようかな……いたずらにしようかな……」
ウェン「お菓子もあげるからそんなに悩まないで、リム」


ラミア「……」
エキドナ「……」
アクセル「がー……ぐー……」
ラミア「……ぼそぼそぼそぼそ……」
アクセル「……ごー……がー……」
ラミア「(反応がない……ということは)」
エキドナ「(トリックしてもいいということ……!)」
ラミア「(さぁ、収穫祭の始まりですわ……!)」
ウォーダン「(うむ……!)」

331 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 18:34:07 ID:vDfDrPkv
リム「とりっくおあとりーと」
アクセル「とりっく!」
リム「え…?」
アクセル「Hey common!」スパーン、スパーン
レモン「悪ふざけはやめなさい」
 めこ
リム「きゃー、やりすぎですよ!」
ミィ「また、ですのー」

アクセル「ふふふ、死ぬかと思ったんだなこれが」
リム「いえ、半分ぐらいほんとに死んでましたって」
ミィ「くーくー」疲れて眠っている
アクセル「ハロウィンか…そういや知ってるか?」
リム「なんです?」
アクセル「死者の魂はカラスがあの世に運ぶ。しかしあまりに残酷な死を迎えたものは魂が安らぐことはない。」
リム「…」
アクセル「だからカラスはその不条理を正すために魂を連れ戻す。それがハロウィンの前日―悪魔の夜―さ。」
リム「それって…」
アクセル「なんてな、古い映画の話なんだな、これが。」ひょい
リム「このデータディスク?」
アクセル「ま、お詫びだよ。俺も悪ふざけが過ぎた。」

リム「せっかくだからウェンと観ようかな。」

332 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 22:31:57 ID:3HbZG1bh
レモン「まずはあなたの身体に痛みと快楽を刻み付ける♪」
アクセル「いやぁ!だれか!だれか助けてぇぇぇぇ!!」
レモン「ホホホホホ♪まさに至福の時間…だけどまだまだこれからよ!」
アクセル「いやぁぁぁぁぁぁぁ!!」
リム「このディスク…スゴい」

333 :それも名無しだ:2008/10/12(日) 23:51:18 ID:vDfDrPkv
アクセル「”何時か晴れる日は来るさ”か…ん?やべ、渡すディスク間違えた!」
ジョシュア「アクセル隊長、大佐がお呼びです。」

アクセル「ジョシュア、ワカメに加えてリーの説教まで受けるとは…」
ラミア「たー」
アクセル「合計何時間だよ」
ラミア「いー」
アクセル「ってかあのディスク、レモンがふざけて作ったコラだぞ」
ラミア「ちょー!」
アクセル「でいぃぃやっ!」
ラミア「きゅう」

アクセル「ここじゃシリアスに黄昏ることすらできんのか!」
クリフ「では、どういう風に黄昏るつもりだったのだね?」
アクセル「おわっ!いたのかクリフ」
クリフ「ここは食堂だ。誰がいてもおかしくはないと思うがね。」
アクセル「…笑うなよ?」
クリフ「内容によるがね。」
アクセル「やなくらい正直だなあんたは」
クリフ「性分なんでね。」
アクセル「…まあ、いいか。俺たちシャドウミラーはいわば嵐だ。」
クリフ「嵐?」
アクセル「ああ、少々荒っぽいが淀んだ空気を吹き飛ばし去った後には青空が開ける…理想としてはそんなもんだ。」
クリフ「ほう、端的過ぎて青臭く聞こえるが…言いたいことは判らんでもないし、真実の一端は含んでいるかも知れんね。」
アクセル「だが、青空が開けたときには嵐はそこにはない。そこにちょっとした虚しさを覚えたのさ」
クリフ「まあ、いつまでも居座られたら迷惑なのは事実だがね。そして君たちは事象の嵐ではないし、キミのキャラでもない。」
アクセル「ま、その通りなんだな。ああ、ホントこんなのは俺の柄じゃねえな。クリフ、今晩は付き合え」
クリフ「残念だが私はノンケだ。」
アクセル「アホ、酒だ酒!」
クリフ「ふむ、そちらならいいだろう。」

334 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 00:00:39 ID:338azg6k
クリス「まずはウェンの体にジャムを刻み込む!」
ウェン「そうなの?」
クリス「もぉ。そこはもうちょっと悲鳴あげてくれなくちゃ。今流行りなんだよ?」
ウェン「わ、わかったよ。

わ、わー」
クリス「臨場感がないよぉ!」
ウェン「あ、あーれー」
クリス「……もういいや。ウェンには悲鳴は似合わないしね」
ウェン「ごめんね」
クリス「怒ってない怒ってない。代わりに……ウェンには笑ってもらうから!」
こちょこちょ
ウェン「ちょ、ちょっとリム!? あははははは!」

ラキ「私は悲鳴というものを上げた事がないな」
ジョッシュ「そうなのか?」
ラキ「私は、あげさせる側だったから……矢張り、悲鳴は嫌か」
ジョッシュ「……ああ、そうだろうな」
ラキ「……一度くらいは、誰かに笑い声を上げさせてやりたいな。罪滅ぼしというわけではないが……」
ジョッシュ「……それならまず、ラキが笑って行こう。ラキが泣いてちゃしょうがない。知ってるか? 笑いは伝染するんだ」
ラキ「そうなのか?」
ジョッシュ「ああ。じゃあ……まず俺から笑うからさ。ほら」
ラキ「ぷっ……不器用な笑いだぞ、ジョシュア」
ジョッシュ「そうかな」
ラキ「だが……お前の笑顔、なるほど笑えた。
私もお前の笑顔……誰かに伝染させよう」
ジョッシュ「ああ、そうしてくれ」

335 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 02:14:53 ID:29uVHJNm
誰か解いてくれないか?
   ハハ
  (*゚ω゚) ←アクセル
  (=====)
 _(_⌒))
/\  `J ̄ ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄
    ||
   / \
     ̄ ̄ ̄


336 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 03:05:56 ID:3sSUAMsm
アクセル「ジョッシュ、代わりにお前が付き合え!」
ジョッシュ「アクセル、だから俺は酒が飲めないんだって言ってるだろ!」
アクセル「いや、気にするな。アルコール分解剤をドクトルから貰っている。
多少飲んだって、出撃時には大丈夫だって」
ジョッシュ「だからそういう問題じゃないんだよ、アクセル!」
アクセル「あー……あ、そうか。ブルースウェアは規律が厳しいんだな。
確かに、ジン・ジャハナムはそういうことに厳しそうだし、ブライト艦長は尚更だな。
だがここはシロガネだ。俺が黙ってりゃ、向こうに戻ってもばれんて」
ジョッシュ「アクセル……だから」
アクセル「ん? 酔っ払って帰ったらラキラキに心配かける? 別に、酔え、と言ってるわけじゃない。付き合ってくれれば、ウーロンハイでもいいんだぜ?」
ジョッシュ「俺は未成年だ! 未成年で十分だ!」
アクセル「嘘吐けぇ」
ジョッシュ「ついてどうするんだよ!」
アクセル「ドクトル、ジョッシュが俺を拒否しやがる。何とか言ってやってくれ」
クリフ「ジョッシュの保険証だ。見たまえ」
アクセル「……あ、本当に18だ」
ジョッシュ「わかっただろう? なんで未成年なのに、みんな俺を酒に誘うんだよ……」
シュワルツ「何? そうなのかよ!?」
ロジャー「たまには一席、酒を飲みながら語らいたかったが……」
オリファー「そうだったのか……残念だ」
ジョッシュ「……」

ラキ「ういー、もっと持ってこーい!」
ラミア「……なぜ子供ビールで酔うのでございましょ?」

337 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 05:51:42 ID:3OMupRmU
戦闘のプロも同い年なんだよな…

338 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 10:40:23 ID:Rf7DAKYQ
 合成ではなく自然の蒸留酒を傾けるのはこの世界ではかなりの贅沢といっていい。のど口を
焼くアルコールの辛さに頬を緩ませながら、アクセルは一息でグラスの中を氷一つにした。

「っくー。この一杯のために生きているようだな、これが」
「なら……この一杯のために死んでいるようなものだな」

 陽気なアクセルの声に反し、陰鬱なジョシュアの声。彼の右手にも同じものが握られているが、
中身は露ほども減っていない。未成年だという言い訳で酒を飲まないわけではない。彼とて荒廃
した世界の住人だ。酒の一つも知らなければやっていけないこともあった。
 初めて人を殺した時は、インベーダーから南極基地を守るために握ったはずの操縦桿から手を
離せず、シュワルツが力ずくで指を解いてくれたほどだ。その後の醜態は、今の彼を知る人から
すれば信じられないだろう。
 誰が想像できるだろう。ジョシュア・ラドクリフが吐くほどにアルコールを煽ったなどと。
 それも今は昔。彼は諦観と希望を同時に胸に抱く複雑な青年になっていた。
 人一人殺す殺さないでいちいち動揺しなくなったのは、成長か、退化か。

「いちいち辛気臭いことを言うな。せっかくの祝勝会だ、楽しまなければ損だぞ」

「たった二人の、だがな」

 そういったジョシュアの暗い顔を見て、アクセルは壜から新たに酒を注ぎながら、ふん、と息を
鳴らした。
 ここはアクセルの私室。祝勝会とは名ばかりの二人だけの宴だった。
 本来ならば、二人とて他の皆がいる艦の食堂で杯を交わしていたことだろう。だが、ジョシュアを
無理やり引っ張り、士官のみに許された個室で差し向かいの無用共用したのがアクセルだった。
 その選択が間違いではなかったと、この光景を見た十人が十人とも肯定するだろう。こんな暗い
顔が一人でもいたら祝勝会どころではない。

「誰かにかばわれて死なれたのは、初めてだったか?」

 そうして、アクセルはジョシュアに深く切り込んだ。その速度といえば、口もつけずに弄んでいた
グラスをジョシュアが落とすほどには、急襲の体を成していた。

「下らんことで悩むな。お前があそこで突撃しなければ隊の三割は損耗していた。つまりは全滅。
 それを考えれば、あいつの挺身は無駄ではなかった。いや、むしろ有益といってもいい。何しろ、
他に犠牲らしい犠牲もないんだからな」

「アンタは!!」

 気にも留めずグラスを傾けるアクセルに、ついにジョシュアは激昂した。死を悼んでいる自分を
どうしてこうも彼は逆撫でするのか。一人彼のことを思うぐらい許してくれてもいいじゃないか。
 そんなジョシュアに目をくれるわけでもなく、アクセルはジョシュアが机を叩きつけた拍子に零れ
てしまったグラスを直し、また新たに酒を注ぎ込んでいた。

「――っ!!」

 ふざけるな――罵声とともにジョシュアは殴りかかろうとして、しかしその機先を制してアクセルが
その鋭い眦をジョシュアに向けた。刃物よりも鋭いだろう。例えるものは、ジョシュアの中になかった。

「こいつの酒の名前、知ってるか? ホワイト・フェザー、というらしい。臆病者に相応しい、旨い酒の
名だ。……あいつが、一度飲んだら二度と忘れられない味だったとよく言っていた」

 その言葉に込められた意味を理解できないほど、ジョシュアは愚鈍ではなかった。不幸にも、ある
いは、幸運にも……

「……すまない」
「よせ、あいつは満足して逝ったんだ。今は謝るようなときじゃない」

 きいん、と、グラスのぶつかり合う音が室内に響いた。その日珍しく、ジョシュアは前後を忘れるほど
に酒を飲んだ。

339 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 11:01:59 ID:EazwfAh9
っ・・・!!
(声がでない)

340 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 11:52:55 ID:+SOdPAB2
確かに庇われるより庇うタイプだもんなあジョッシュ
援護能力無駄に高いし

341 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 12:41:42 ID:3sSUAMsm
ラキ「くぅ……目が痛い……」
援護防御
ジョッシュ「ラキ、俺が代わりに玉葱を切るよ。
……くぅ」

ウェン「えっと……塩胡椒を加えて……どうするんだっけ」
援護攻撃
ジョッシュ「ウェントス、ナツメグも入れるんだ」

クリス「キャベツのみじん切り……うまくいかない」
コンボ
ジョッシュ「任せろ。いいか、こうやってだな……」

アクセル「いやぁ、お前もスキルを上手に使うな」
ラミア「で、ハンバーグはまだでございますか?」
指揮
ジョッシュ「いいから、食べたいならアンタ達も働け」

342 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 13:37:47 ID:GlhwE+49
ジョッシュが二日酔いになると、ラキも影響を受けるのだろうか?

343 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 14:37:56 ID:F28OTMyZ
ジョッシュが辛いってのを感じる程度じゃないかな

344 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 14:47:29 ID:3sSUAMsm
じゃあ何か、えっと、ほれ、うん、ラキやリムが女の子の日だと、
相方も凄い辛いんだろうな。

345 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 15:00:51 ID:VGCNYu+z
じゃあ妊娠したらつわりとかすごい辛いんだろうな
出産とかどうなるんだろう

346 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 15:02:53 ID:3sSUAMsm
……幸せになるんじゃないか?

347 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 15:26:06 ID:AsIBe5Ky
辛という字に一を加えれば幸になる…か

348 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 15:55:27 ID:EazwfAh9
誰がうまいことを言えとww

349 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 16:14:58 ID:XeFKJr7S
男が出産の痛みを体験すると、ショック死するって聞いたことがある

350 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 17:32:13 ID:ba95Vx4a
ジョッシュなら大丈夫だろ
だってジョッシュだもん

351 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 18:35:10 ID:iHT9/Vja
まじめな話、月経や性交渉は出産の予行練習も兼ねてるからそれが無い男にゃ耐えられんだろう。

…あれ、じゃあそれの痛みも共感出来るなら助手も出産出k(ry

352 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 19:10:15 ID:mkVSwsRK
金的の痛みも共有すんのか。
あれは内臓に直接ダメージ喰らってンのと同じっつーから・・・

353 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 19:21:53 ID:mqMrLjZi
ま、まぁ、なんかツンとしてるな、なんかふわっとしてるな、くらいなんじゃないの?


リアナ「ウェンのバカァ! どうしてそうなのよ!」
ウェン「そういうリムだって……あんまりじゃないか! 僕にも我慢できないことがあるんだ!」
ポカポカポカ
リアナ「に、二倍痛いよぉ……」
ウェン「そ、そうだね……喧嘩はやめよう。ほら、絆創膏と痛み止め貼ってあげるから」
リアナ「むー……なんだかんだ言っても……やっぱり……ウェン、大好き♪」


354 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 20:35:45 ID:5MLsIzQx
シン×セツコに萌えられない無能クズは人間の出来損ない。だから死ぬべき


355 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 21:05:51 ID:EazwfAh9
「歴代主人公が兄弟だったら」のスレにいたぞ>>354
それはZスレで言えや

356 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 21:11:00 ID:EazwfAh9
>>355
間違えた。OG萌えスレだ・・OTZ
まあ>>354はご退場願おう。

357 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 22:01:55 ID:GlhwE+49
>>356
>>354はコピペだ、これがな。

※そこら中のスレに無差別爆撃してる

358 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 22:06:48 ID:zWZgbT9U
ラミア「隊長が今までにした一番痛い体験は何でございましょう」
アクセル「……そうだな。
一度、本気でヴィンデルと殴り合いをした」
ラミア「結果は?」
アクセル「ボロ負けだったよ。アイツは強かった。
いや、アイツが強かった以上に、俺が若くて未熟だった。
アイツ、貴様に物をわからせてやる、って言ってな、徹底的に急所だけを攻撃されたよ。
三発ぶち込まれたところで呼吸困難になってな……後は覚えとらん」
ラミア「……ふむ。私はてっきり」
アクセル「ん?」
ラミア「この時の事かと」

アクセル『タップ、ライト、頑張ってねぇん』
ライト『気持ち悪い』
タップ『地獄に落ちろ』
アクセル『ひでぇ』

アクセル「なんでそんな映像を貴様は保存しとるんだ!」
ラミア「リピート、っと」

アクセル『タップ、ライト、頑張ってねぇん』
ライト『気持ち悪い』
タップ『地獄に落ちろ』
アクセル『ひでぇ』

アクセル「やめろぉぉぉ!」
ラミア「再リピート」
アクセル「うがぁぁぁぁぁぁ!」



ミィ「アクセルが一番痛かった時は、どんな時ですの?」
アクセル「モニターに拳をぶち込んだ時だ」
ミィ「? そんなのが一番痛かったですの?」
アクセル「痛いんだよ、これがな」

359 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 22:50:08 ID:EazwfAh9
>>357
悪質だな>>354。ひでぇ奴だ。

>>358
ヴィンデルすごいな、強い!→こりゃ痛いわww→そうなるよなぁwww
こんな流れですか?

360 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 23:31:36 ID:3sSUAMsm
レモン「……なんだかピンとこないわね。死ぬほど痛い状況って」
アクセル「そうか?」
レモン「死ぬ時は死んで、死なない時は死なない。それだけのことじゃないかしら」
アクセル「……そういうものかね。死っていうものは」
レモン「仕事柄上ね、幾つも見てきたわ。筋一本で腕が繋がってた人、
下顎がぶらぶらと喉の前で揺れていた人、溢れ出る内蔵をこぼれない様に抑えながら救護班まで運ばれた人、
光が届かない、人間性を全て剥奪されるような極限の牢獄で震えていた人。
生命活動が停止する寸前の人は山ほどいたけど、私の前にいたのは、これからも生きる人と、これから死ぬ人だけ。
私は……死ねばいいのに死ななかっただけ」
アクセル「……似合いじゃないか。レモン、俺も同じだ。
俺とお前も、アンデットだ。死ぬべき時に死ねないのは一種の不幸だが、
生きてるってことそのものは、間違いなく幸運なんだよ、レモン」
レモン「……羨ましいわ、アクセル」
アクセル「ン……」
レモン「私は、死ぬべき時に死なせてもらえなかった女。
貴方は、生きるべくして生きている素晴らしい人。
貴方と生きてる瞬間の私……うんざりするほど生きてる気分になるの。
貴方に殺されたら……きっと私、間違いなく、生きて死ぬことができるのね」
アクセル「……生きろよ、レモン」
レモン「ええ、生きてるわ。私、生きてるのよ」

361 :それも名無しだ:2008/10/13(月) 23:37:12 ID:RPCaSPKW
>>358
肉体的(素手でモニター破壊的な意味で)、精神的(映像的なry)、金銭的(モニター弁償ry)の三重苦は痛いな。

362 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 00:00:16 ID:C4o5MwF7
エキドナ 「W17」
ラミア 「なんだ、W16」
エキドナ 「我々は…”生きている”のか?」
ラミア 「いきなりな話だな」
エキドナ 「隊長もレモン様も、様々な事情と経緯があるとはいえ、”今、まさに生きている”と言えるだろう。だが、我々は」
ラミア 「…偽りの生命を抱いた、リビングドール…とでも言って欲しかったのかね」
エキドナ 「!」
ラミア 「これはガイギャクス博士の受け売りだが…生命活動など、所詮はシーケンス通りに細胞が動作してるに過ぎない」
エキドナ 「では、”命”とはなんだ?」
ラミア 「博士は言った。”生きている”事に明確な定義などないと。生命とは、それが存在する事自体が目的であると」
エキドナ 「では、我々は何なのだ」
ラミア 「…私は、隊長のために生きたい。いや、隊長だけじゃない…レモン様も、大佐も…W15も、アルフィミィも」
エキドナ 「ラドクリフ兄妹も、彼らの伴侶も…皆、誰かのために”生きている”のか」
ラミア 「隊長を悲しませてはいけない、W16」
エキドナ 「そうだな…我々は人形以外の何者になることも出来ないが…隊長を悲しませないようにすることは出来る」
ラミア 「…喋りすぎたな…そういえば、隊長がそろそろシャワーを浴びる時間だ」
エキドナ 「抜かりはないな?」
ラミア 「当然だ」






マタオマエラカ!! ディィィィィィヤッ!!
アーレー
タイチョオォォォォ!!
フタリトモイイカゲンニスルデスノーッ!

363 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 07:16:40 ID:adXK+Kwy
ミミズだって、オケラだって、アメンボだって。

364 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 09:35:44 ID:s2nWGRks
みんなみんな 生きているんだ
友達な〜ん〜だ〜
こうですねわかりますww

365 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 12:20:41 ID:6NYG7ypc
ジョッシュ「ん……」
ラキ「くぅ……くぅ……む」
ジョッシュ「あ……起きた?」
ラキ「ああ……」
ジョッシュ「なあ、ラキ。寝る前は俺が腕枕してたと思うんだけど、
なんで胸の方に移動してるんだ?」
ラキ「いや、深い意味はないんだ。
お前の心臓の、トン、トン、というリズムを聞いていると、お前の生を身近に感じることができ……安心するんだ」
ジョッシュ「ふぅん……。
ラキ、俺も君の胸に耳を当てていいか?」
ラキ「ああ、いいぞ」
――トクン
――トクン
ジョッシュ「……俺もわかるよ。なんだか……安心する」
ラキ「これからは、私の胸を枕にするか?」
ジョッシュ「そ、それはいいよ」

ラミア「隊長……心臓が鼓動しない私達は、生きていないのでございますですか?」
アクセル「何? ちょっと耳を当てるぞ。

……いや、そんなことはない」
ラミア「気休めでありんすか」
アクセル「違う、乳が邪魔なだけだ」

366 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 18:44:53 ID:BNzOEHhX
クリフ「脇にピンポン玉を挟むと腕の脈拍が止まる。これはミステリーによくあるトリックだが……実際はあまり使えんな」
ミィ「そりゃあそうですの。脇をガッシリ押さえてる死体なんてありえませんの」
アクセル「まぁ生命反応を抑えるトリックなら、俺も一つ知ってる」
ミィ「なんですの?」
アクセル「仮死薬を飲む(ゴクリ)
うぐぁぁぁぁぁ!」
ミィ「ア、アクセルが死んでしまいましたの!」
アクセル「(なぁに、蘇生薬を飲めば……ってない!?
いかん、本当に死んじまう!)」
クリフ「アクセル君、未来が変わってしまった! タイムパラドックスだ!」
ミィ「また蘇生ですの……」

367 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 20:20:16 ID:prqRM+fa
ミィって、アクセルを蘇生させる度に合体
してるのかな(主にアインスト的な意味で

368 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 20:26:57 ID:Ag860NHK
>>365
腕枕はマジで危険。下手すりゃ肘部管症候群になる。

アクセル「だから、できりゃ腕枕なんてするな。まともに戦えなきゃその腕の使い道はあとはあの世の扉をノックするだけだからな。」
レモン「治らない事はないけど、結構リハビリ厳しいわよ?」
敷島「心配せずとも万が一腕が動かなくなったときはワシが」
ジョシュア「以降、気をつけます。」

369 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 20:32:49 ID:BNzOEHhX
>>368
無粋。

370 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 21:15:31 ID:Gq3zGL9b
SSを書く人が増えたのはいいけど
自分の感想や意見をキャラに代弁させるってのは何か違う

何が言いたいかってぇと…
ラミア職人カムバック!ш(;д;)ш

371 :362:2008/10/14(火) 21:37:42 ID:QW80hAxi
>>370
そういうつもりはなかったんだ、すまんな。
俺はSSを書くのは向いていないようだ…

372 :368:2008/10/14(火) 21:43:18 ID:Ag860NHK
>>371
いや、たぶん言われてるのは俺。

>>369,370
確かに少々無粋だった。反省する。

373 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 22:00:58 ID:6NYG7ypc
アクセル「あた……」
ラミア「いかがなされました?」
アクセル「アルフィミィに腕枕をせがまれたからやってやったら、腕を痛めた……まぁどうとうことはないが」
ラミア「見せてくださいませ。
……ん、マッサージをした方がよろしいかと」
アクセル「そうか?」
ラミア「ええ。……よろしければ私がやっちゃったりしますが」
アクセル「じゃあ、頼めるか?」
ラミア「はい」
もみもみ
アクセル「ん……つぅ……お゙ー…いい感じだ」
ラミア「もともと超過出撃で部品疲労が蓄積していたようですわ」
アクセル「部品とか言うな」
ラミア「失礼しましました」
アクセル「違う。貴様の体だって大事な体なんだ。そういう言い方するな」
ラミア「え……」
アクセル「それに、マッサージする貴様のしなやかな指、俺は好きだがな」
ラミア「好き……?」
アクセル「ああ」
ちょん

ラミア「キャァァァァアァ!」
ボキッ
アクセル「ふぐぉあ!?」

ミィ「で、再生しますの?」
アクセル「ふん、関節が外れただけだ。これぐらい……ぬぐぅ!」
ミィ「(……ホントにアクセルって再生までする必要がありましたの?)」

374 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 22:40:09 ID:5bnHCMPR
ミィ 「やっぱり再生した方がいいですの」
アクセル 「ふん、こんなの三日で何とかなる」
ミィ 「とかいいながら、お箸の使い方がぎこちないですの…あ、またおかずを落としたですの!」」
アクセル 「ちっ、利き腕が自由にならんのがこれほど不自由とはな」
エキドナ 「隊長…よければこれで…」

自分のおかずをアクセルの口元に差し出すエキドナ

アクセル「…人形の手伝いなどいらん」
エキドナ「…そうですか」
レモン (ジーッ)
リム (ジーッ)
ミィ (ジーッ)
アクセル「…なんだ貴様らその視線は…」
ラミア 「…」
アクセル 「…ええい、W17まで! そんな目で見るな!! 食えばいいんだろ、食えば!」

パクッ

エキドナ 「あ…」
アクセル 「いいか、W16…勘違いするなよ? 貴様が甲斐々しくて可愛いだとか、
      そんな理由で食ってやったんじゃないからな?!」
エキドナ「はい、存じております」
アクセル「理解できたなら、次はそっちのサラダだ」
エキドナ「…は、はい!」

レモン (素直じゃないわねぇ、相変わらず) ボソボソ
リム(でも、まんざらじゃなさそうですね) ボソボソ
ミィ (エキドナもなんだか嬉しそうにしてますの) ボソボソ
ラキ (私にはそうは見えないが…)ボソボソ

アクセル 「ええい、お前ら言いたい事があるならはっきりと…」
エキドナ 「隊長、おとなしく食べてください…ご飯がこぼれてしまいます」
アクセル 「あ、ああ…す、すまn」

レモン (夫婦みたいね) ボソボソ
ラミア (なんだかすごく悔しいです…) ボソボソ

375 :それも名無しだ:2008/10/14(火) 23:47:33 ID:1co4emUx
ラミア「アァァァクセェェェル!!!」
アクセル「な、何だ?いきなり人の名前を叫んで…」
ラミア「ライバルの名前はよく叫んで呼ぶそうです。なのでライバル関係であるアクセル隊長の名前を叫んで呼ぶ発声練習を」
アクセル「何を馬鹿な事を……第一戦場でライバル名を叫ぶやつなど」
ラミア「ド◯ン。あと、隊長御自身。戦場で何度ベーオウルフの名を呼んでたことか」
アクセル「…いたな。…折角やるというのなら本気でやってみせろ。さっきのは腹の底から出せてないぞ」
ラミア「なるほど。アァァァァァァァク……セェェェェェェェル!!!」
アクセル「いや、溜めるな。ちゃんと一発で言い切れ」
ラミア「なるほど…アァァク(ry」
アクセル「う〜む」
ヴィンデル「何を騒いでいる」
アクセル「む、ヴィンデルか。…実はかくかくしかじかで」
ヴィンデル「本当に何をやっているんだ………これを貸してやる」
ラミア「これは?」
ヴィンデル「ラスボスやスーパー系に配られる声にエコーがかかる機械だ。これをつけて普通に叫べば中々の迫力が出る」
ラミア「なるほど。では……アクセル!」セルゥ!セルゥ!セルゥ!
ヴィンデル「これでよし」
アクセル「よくわからん…というより自分の名前を連呼されるのはな……」
ラミア「とりあえず、参考にはなった。ありがとうございます」
ヴィンデル「別にいい、もう叫ぶなよ」


ジョッシュ「……止んだみたいだな」
ラキ「いったい何があったんだろうか?」
ジョッシュ「さあ?…好きな人の名前を叫びたいときがあるんじゃないか?」
ラキ「ジョシュアもそうなのか?」
ジョッシュ「いや、それよりも君の名前は君の耳元で囁いてたいな」
ラキ「……微妙にしっくりこないな」
ジョッシュ「ごめん」

376 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 00:27:24 ID:oMhQOPZf
ラキ「だがジョシュア、私はお前の名前、好きだ」
ジョッシュ「俺も君の名前、好きだよ」
ラキ「ん……だがジョシュア、『ジョシュア』という名前はありふれた名前なのだろう?」
ジョッシュ「ン、そうかな」
ラキ「お前以外のジョシュアにはまだあったことはないが、つまり、お前がたくさんいるのか?」

ジョシュア『言葉は不要か……決着をつけよう』

ジョシュア『ふふふ‥…あーっはっはっはっ! 私は生きてるぞーッ!』

ジョッシュ「……さぁ、どうなんだろ」
ラキ「まぁ、名前と心はさほど関係はないか」

ラミア「隊長、二つ目のは名前でなく名字……」
アクセル「いいから寝ろ」
ラミア「眠れません」
アクセル「寝ろ!」
ラミア「眠れません!」

377 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 00:46:24 ID:NJnVfu2f
ロジャー「それで、私に用件とは? ミスター・ヴィンデル」
ヴィン「ああ。実は今度の物資の支払いに関してなのだが……」
ロジャー「なになに……ふむ、良いでしょう。ブルースウェアでの一件で共に戦った間柄だ、努力はさせていただく」
ヴィン「すまんな、ネゴシエーター。よろしく頼む」
ロジャー「こちらこそ、私の仕事全てを任せてもらいましょう」
ドロシー「ロジャー、ヴィンデル、貴方達って最低だわ」


レモン「ヴィンデル!? 補給の支払いがゼロってどういうことなの!?」
ヴィン「ああ、ネゴシエーターに頼んでな。修理資材と食料の補給をタダにしてもらったのだ」
アクセル「またえげつない真似をしたな、ヴィンデル……」
助手「だから業者があんなに涙目だったのか……」


378 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 01:01:14 ID:PnGZG8Mi
ドロシー「ロジャー、もしも貴方が訴えられたら、貴方みたいな最低なセンスの髪型の弁護士に依頼するから安心してちょうだい」
ロジャー「ま、待ちたまえ! 彼はまずい……」
ドロシー「何故? 彼も貴方みたいな阿漕な仕事をする男よ」
ロジャー「何故と言われても……」

アクセル「ヴィンデル、お前もあんまり阿漕な真似ばっかりして、訴えられても知らんぞ」
ヴィンデル「問題ない。消すか飛ぶ」
アクセル「……」

379 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 01:19:15 ID:JMBReft6
               __
          _,,..-‐'' ̄: : : : : ̄ " '''- _
           <-==T= ̄`Z_,,..==- : : : : : :- _
           >: : ヽ: : : :_: -'' "、 <: : : : : : : : : 、  業者に払う金がない奴がいるならば
        /: : : :_:_/  _,,..-ヘ ヽ: : : : : : : : :、 それを踏み倒す奴がいてもいい
        ヽ: : :|__  、=乏::jゝ `  ヽ: : : : : : :ヽ 自由とはそういうことだ
          ヽ,=t::jヽ          | 反フ: : : : ヽ
           !  '           レ丶ソ へヘヘ
             !ヽ-            ノ
              ! `_ --一     / !
              !  ー       /  ヽ
             |      

380 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 01:19:23 ID:fN5MXi67
阿漕って言葉の意味を一度調べた方が良いよ
知っているなら原作見直すかプレイし直した方が良い

381 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 01:29:06 ID:PnGZG8Mi
あつかましい、ずうずうしい、という意味。
ロジャーもロジャーで、街中に私設地下線路を走らす男だし、
ナルホド君も、せっかく直した箇所をぶっ壊したり、こっそり証拠品を盗んだり、大概な弁護士だと思うけどw

382 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 02:00:55 ID:fN5MXi67
足元を見る≠駆け引き
ふてぶてしい≠往生際が悪い
詐欺≠ハッタリ
ネタにしても、諦めず食い下がる姿勢を冷やかす言葉はあんま好きくない
せめて誰かフォローしてよ、ネタスレ以外でこう言うの見るとなんかイラつく

383 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 02:01:52 ID:XH592lx4
>>382
そういう重箱の隅をつつくような真似はエレガントではないな
トレーズ閣下を見習いたまえ

384 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 02:06:31 ID:pb0lxv74
エレガントにスルーですね、良く分かります

385 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 02:22:19 ID:7v2jFuKL
ラキ「スルーできないとどうなるんだ?」
助手「ああなる」
ラミア「隊長〜。アイラビュー!」
アクセル「でぃぃぃやあああ!!」
ドカーン
ヴィンデル「この馬鹿共がいい加減にしろ!!」

レモン「あの人の場合スルーできないんじゃないなくて、
スルーしないだけなんだけどね」
リム「素直じゃないんですねアクセルさん」

386 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 02:57:21 ID:oMhQOPZf
スルーの図

イグニス「ハハッ、絶望に身を掻き毟れ!」

↓コンボ攻撃

アクセル「見え見えなんだな」

ジョッシュ「これぐらいなら!」

ラミア「回避軌道計算……」

ラキ「これぐらいかわさねば、ジョシュアに笑われる」

イグニス「or2」

387 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 11:30:50 ID:E9ti7eWt
ナイス例え!!
その後イグニスは麒麟で撃墜されるな、これはww

388 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 15:53:48 ID:oMhQOPZf
レモン「ア、アクセル、この服……」
アクセル「なんだ、今でも十分着れるじゃないか。似合うぞ」
レモン「が、学生時代の服よ。似合うわけないでしょ!」
アクセル「そうか? 俺はいいと思うんだがなぁ」
レモン「もう……W17、貴女が着なさい」
ラミア「私が……でございますか?」

レモン「うん、似合うじゃない」
ラミア「こ、この服、いつもより露出が少ないですわね……」
レモン「あら、地味かしら?」
ラミア「い、いえ、逆に恥ずかしいというか落ち着かないというか…‥」


ラキ「ふむ」
ジョッシュ「あれ、ラキ、その服……」 
ラキ「以前着ていた服だ。ニホンのキモノに近いそうだな。私はよく知らないが」
ジョッシュ「ああ。何て言うのかな、蝶々を思わす、ふわりとしたデザインが似てるな」
ラキ「蝶々か……こんな風にか?」
ひらり
ジョッシュ「……」
ラキ「む、どうした?」
ジョッシュ「いや……あんまり楽しそうに、綺麗に舞うから……少し見惚れた」
ラキ「……お、おかしなことを言うな。
それより、どうだ、ジョシュア? お前も着てみるか?」
ジョッシュ「い、いいよ。俺には女形の心得はないし」
ラキ「そうか……着ると楽しいのだが」
ジョッシュ「(そうなのか?)」

389 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 17:58:22 ID:T6EhhFZ1
>>388
レモンの学生時代か。ブラウスにブレザー、少しロング目の
スカートというところになるのかな。

そして、ラキが微妙に麻呂化しているように見えry

390 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 18:38:16 ID:FJMNvAjV
レモン「……って今度はハイスクールまで退行するの!?」
アクセル「わからんか、レモン! セーラー服は男のロマンなんだ!
これをわからんヤツは……」
レモン「わからない」
ぐりぐりぐりぐり
アクセル「あうあうあうあう」
ラミア「じゃあ隊長には学ランを着ていただきましょうか」
アクセル「ぬぉっ!? それはやめろ! 二十と幾つで学ラン着るなど老醜を晒す……いやぁぁぁぁぁぁ!」
レモン「あら、地味に似合ってるわね」
ラミア「激写激写」
エキドナ「録画録画」
アクセル「もういやぁぁ……」

クリス「セーラー服かぁ……」
ウェン「僕は似合ってると思うよ」
リアナ「ウェンもセーラー服が好きな人?」
ウェン「? よくわからないけど……セーラー服着た君は好きだよ」
リアナ「やっぱりセーラー服が好きな人かなぁ……」
クリス「そ、そういう意味じゃないよ、きっと!」
ラキ「……じーっ」
ジョッシュ「お、俺は着ないぞ」

391 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 18:58:06 ID:T6EhhFZ1
今度は学ランとな?!

…学ランを着用しているアクセルとジョッシュが
河原で夕日を背景に、拳で語り合っている
ジーンを幻視した。

392 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 20:17:54 ID:VdlYjcfc
学生服はジョシュアとリムともに年齢的にはOKだが、α主人公と比べると似合わない気がする。不思議

393 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 20:27:29 ID:n9CPKnjO
学ランのアクセルジョシュアならMAD動画で観たぜー

394 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 20:51:42 ID:IaEVn3sN
sageてね、坊や

395 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 21:43:39 ID:MOenP56+
>二十と幾つで学ラン着るなど
つ 実写映画版 魁!男塾

396 :それも名無しだ:2008/10/15(水) 22:17:07 ID:FOKrJriU
瓶出流 「あ、あれは…”輪異図怒雨留”!!」
悪瀬留 「知っているのか瓶出流」

397 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 00:07:53 ID:M+kt3Vg4
ジョッシュは学生服より背広の方が似合いそうだ

398 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 01:04:38 ID:cTu6M7bw
ラキ「ネクタイはこれでいいか?」
ジョッシュ「ん、問題ない。しかし……ふぅ、慣れないな、スーツってのは」
ラキ「お前のスーツ姿、私は似合っていると思うが」
ジョッシュ「そうか?」
アクセル「俺もスーツは苦手だな。ヴィンデルのヤツは慣れてるらしいが」
ジョッシュ「そうなのか……」
アクセル「お前に似合うのはエプロンか割烹着だ」
ジョッシュ「な、何でだよ」
ラミア「私は、着ろと言われれば何でも。トレーズ・クシュナリーダの美的センスにはついていけませんが」
ジョッシュ「……」
ラキ「同感だ」
エキドナ「よもやま話はその辺りにして、そろそろ参りましょう」
「……」
エキドナ「? 何か?」
「(スーツが似合ってる……)」


カルル「きゃっきゃっ!」
ウェン「よしよし、カルル」
シャクティ「カルル、ウェントスさんが気に入ったみたいですね」
クリス「エプロン姿のウェンも似合ってるよ」

399 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 01:24:28 ID:DOnVXFao
エキドナにはブレザー+タイトスカート(ミニ)がよく似合うと思うんだ

400 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 01:26:26 ID:WiWFXIIP
衣装的な流れで思ったのだか
主人公の女装エピを書く事で、かがみんの富野レベルは更に上がるのではないかと

401 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 02:24:29 ID:3f3Czz+z
かがみんはもういいです

402 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 12:48:32 ID:ekJ1WCyj
クリス「あれ、お兄ちゃん、そう言えば私達、ノーマルスーツ着ないの?」
ジョッシュ「何言ってるんだ、リム。ちゃんと着てるだろ?」
クリス「でも宇宙編の一話で……」
ジョッシュ「地上から宇宙に行ったから着てなかっただけなんだ! 宇宙では着てるんだよ!」
クリス「そうなのかなぁ……?」
ラキ「そうなのだろう」


通信士「『隊長、もう離しませんわ』『えぇい、いいからとっとと離れろ人形』
『そうはまいりません、鋼鉄○ーグのようにがっしりと』『でぃぃぃぃぃやっ!』」
リー「どうした?」
通信士「いえ、機体から投げ出された二人が、言い争っている模様です」
ヴィンデル「……酸素欠乏症にならない程度にほっておけ」

アクセル「くそっ、こうなったら通信機のスイッチを切ってやる!」
ラミア「お肌のふれあい通信には関係ありませんわ。さあ、隊長、私達のニュートランスレーションを刻み合いましょう。星の鼓動は熱血・必中・ひらめき。集中・気合・ド根性・幸運・努力ですわ」
アクセル「もいっちょでぃぃぃぃやっ!」

403 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 13:37:56 ID:r//zkOb5
ラミア、お前アクセルの事がほんとうに好きなんだなw

404 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 17:10:50 ID:cTu6M7bw
ラキ「ジョシュア」
ジョッシュ「ん?」
ラキ「さっきの訓練の時だが」

ジョッシュ『ラキは俺のパートナーだから、俺が組みます』

ラキ「そう言ったな」
ジョッシュ「ああ」
ラキ「戦闘の間の話だな?」
ジョッシュ「……まぁ、そうだな。
公私において、ラキは俺のパートナーだと思っているけど」
ラキ「今もか?」
ジョッシュ「……ああ。じゃないかな」
ラキ「……」
ぎゅっ
ジョッシュ「ラキ?」
ラキ「お前が私のパートナー……私の……嬉しいな、ジョシュア」
ジョッシュ「……そうだな、俺のパートナー」
ラキ「……ずっと、私をパートナーでいさせてもらえるか?」
ジョッシュ「ああ、勿論だ。その……俺はパートナー以上でも……」
ラキ「? パートナー以上? どんな関係だ?」
ジョッシュ「い、いや、今はいい」

405 :それも名無しだ:2008/10/16(木) 17:55:47 ID:oSgKkyW8
アクセル「ゲホッ」
ラミア「隊長、粉薬を吐いてはいけません」
アクセル「いや、これは砂糖だ」
ラミア「ですか? とりあえずお水をどうぞ」
アクセル「ん、すまん。
ンッ……ぷはぁッ! 生き返る」
ラミア「ところで隊長」
アクセル「ん?」
ラミア「隊長のパートナーとは一体?」
アクセル「そんなのいない。俺は基本的にスタンドプレーヤーだ。
指示はしても、相方は持たん」
レモン「あら、そうなの?」
アクセル「別に、お前を何とも思ってないとか、そういう意味じゃないぞ」
レモン「いえ、てっきりW17が貴方のパートナーかと」
アクセル「(ブーッ)
何故そうなる!?」
レモン「だって、そう見えるんですもの。あ、恋人は私として、よ」
ラミア「レモン様のお許しもいただけましたし、これからは生涯のパートナーとして末永く……」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
クリス「ツンデレ?」
レモン「ツンデレツンデレ」
アクセル「うっさい!」

406 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 10:32:36 ID:Es6ObgER
このスレを卒業して半年だが
ふと来れば未だに隊長大好きなラミアが健在で嬉しくなった
相変わらずラブラブな助手ラキに和んだ

407 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 12:52:37 ID:mJfpH8/y
クリス「ウェン……」
ウェン「リム……」
クリス「……」
ウェン「……」
カツン
クリス「あいたっ……歯、ぶつかっちゃった……」
ウェン「いたた……次は、もっと落ち着いてしないと」
クリス「そ、そうだね」


ラミア「などというせっかくのキスシーンでこんなことにならない為、日頃の修練は大事だと思いますわ!」
ミィ「なるほどですの」
クリス「な、なんでそんな映像があるの!?」
レモン「ウブねぇ、あなた。それがいいんだけど」
アクセル「上手下手なんかあるのか? レモン」
レモン「ちなみにこの人は、情熱的だけど下手なタイプだから」
アクセル「なにっ゙!?」


408 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 13:56:47 ID:0BhA4PuX
レモン「だって、私が初めてあなたとキスを交した時って…」

気合×3
熱血
直撃
必中

レモン「だったもの」
クリフ「相手を撃墜することに特化しているな」
ラミア「隊長、これは愛ではなく、一方的な攻めでござります」
アクセル「くっ…」
レモン「しかもその後、私は閃きをかけたのに、アクセルったらまた必中を」
アクセル「ま、待て! 誤解を招くような言いかたをするな!!」

409 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 16:44:30 ID:Es6ObgER
まずラミアで親娘百合キスを迫って閃きを外して、その後隊長がキスかませばレモン様ご懐妊

410 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 16:51:42 ID:wPgAqv8Q
レモン様に、精神コマンド「官能」(字違い)使われたら、一発クリティカルだな。

これがジョッシュとラキの場合、
信頼から始まって、ラキがジョッシュの傍にテレポート(第二次限定)して、
集中して、直撃と併用して愛、って流れになるんじゃないでしょーか!

411 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 17:11:00 ID:F9GPecBq
>>406
いつまでもその二組を見守っていきまっしょいっ。
いや、リムウェン入れて三組だな。

412 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 17:24:46 ID:YT4zYCL6
このスレはいつでもバカップルだらけだ!

413 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 18:24:25 ID:X6uPG+b6
胃薬が手放せない人達も忘れんでな!

414 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 19:18:12 ID:F9GPecBq
忘れない。ルイーナの機体4機を圧倒した彼を忘れるものか・・・!
(奇跡!魂!すぱろぐ大戦!のこのスレの9スレ目>>775-776参照)

415 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 20:50:27 ID:IkZ+0Dlx
ヴィンデル「ふふふ……わかる、わかるぞ、ラドクリフ!
お前も、私と同じ薬物中毒者の道を歩むのだ!」
ブライト「胃薬という名の薬物のな」
ダストン「ロジャーの仲間と聞いている。今ならよく効く胃薬を教えてやるぞ」
ヴィンデル「ふふふふ……はーっはははははははははは!」


ジョッシュ「わぁ!?

ゆ、夢か……生きてる人間の夢を見るのも、勝手かな……」
ラキ「ジョシュア、汗びっしょりだぞ。ほら、拭いてやる」
ジョッシュ「あ、ああ、ありがとう……」
クリス「お兄ちゃん、それよりもうご飯の時間だよ」
リアナ「ご・は・ん。ご・は・ん」
ウェン「そろそろお腹が空いたね」
ジョッシュ「あ、ああ、今作るよ。

……うっ、何故か今、フラッシュバックが……」

416 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 22:44:01 ID:mJfpH8/y
ミィ「うー……食べすぎましたの……でもエキドナの料理は美味しいですの……」
アクセル「胃薬胃薬……あかん、仮死薬とクレオソートしかないぞ。飲むか?」
ミィ「横になってますの……」
ラミア「食べた後、横になっていると牛になると言いますわ」
ミィ「ウシ型アインストなんていませんの……」
アクセル「しかしだな、クレオソートはニホンでは征露丸と書くそうじゃないか。
どうだ、ウェントス? こいつを飲んでリムを倒すか?」
ウェン「え?」
ラミア「そういう薬じゃございません」


ウェン「リムをやっつけるって、物騒だなぁ」
クリス「何が? ……うわっ、なにその薬! 臭いよぉ……」
ウェン「……やっぱりリムを倒す薬だったんだ。処分しておこう」
クリス「? どういうこと?」

417 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 22:45:02 ID:27LVngBG
アクセル「キスをした後の告白…どっかで聞いた事があるような気がするんだが」
レモン「私は知らないわね。あなたがあっちの部隊に入った後の出来事じゃない?」
アクセル「ええと…アキト達か。あの時は成り行きのキスだったらしいが実は両思いで……だったなぁ」

418 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 22:46:54 ID:7oShHajm
417 名前: それも名無しだ [sage] 投稿日: 2008/10/17(金) 19:23:08 ID:u4H/9V5O
【森住惣一郎】
昔から寺田のせいにされてたことは大抵彼が関わっていた。

ドイツ語ばっか使って厨臭い←森住「ドイツ語最高w」
森住さんは女キャラなんて好きじゃない←森住「金髪ポニテとかおっぱいとかいいよねぇw」
寺田はキョウセレン贔屓←森住「キョウセレンは思い入れあって好き」
寺田がアクセルを改悪した!←森住「OG2でもAキャラの台詞とか考えた」

419 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 23:04:32 ID:r0qYucw8
つまり鏡が鬱病になったというのも…!

いや、関係ないな

420 :それも名無しだ:2008/10/17(金) 23:14:45 ID:KrrDlvpO
あの人、鬱病になってたの? マジで?

421 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 00:18:04 ID:IbFDKSlt
関係ない話だが、ゆうメンタルクリニックというサイトにある「マンガで分かる心療内科」というやつが凄く分かりやすくうつ病について説明してたな。

422 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 00:34:13 ID:jdkbfO5w
アクセル「……ぶるっ……寒いな」
ラミア「氷点下は既に下回っています。この通り雪も積もって……」
アクセル「そんなこと、体感でわかる見りゃわかる。体を動かして少しは暖めたい気分だが……
俺もそこまでバカじゃない。おい、双眼鏡を貸せ」
ラミア「どうぞ」
アクセル「へっ……こんな場所に基地を作るとは、奴ら、燃料の代わりにウォッカ持ってきたか、
ウォッカの代わりに燃料を持ってきたかだな……うっ」
ゴトン
ラミア「隊長、手が悴んでいるのでございますか」
アクセル「ちょっと痺れただけだ。じきに治る」
ラミア「お見せくださいませ」
アクセル「ん」
ぎゅっ
ラミア「人形の腕に暖められるのも、気持ちのいいものではないと思いますが」
アクセル「……ふん、好意を無碍にするほど、俺も偏屈じゃあない」
ラミア「……好意を、ですか?」
アクセル「うるさい、もう喋るな」
ラミア「……」
アクセル「……」
ラミア「……」
アクセル「……おい」
ラミア「はい?」
アクセル「手を握られたまま諜報活動を行うスパイもいない気がするぞ」
ラミア「前例がないから、しないということもございませんと……」
アクセル「うるさい、しない」

423 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 02:36:53 ID:yboS6tzF
アクセル「今帰還した。連中、どうしてもこの一帯の優位性を得たいらしい。
既に戦闘態勢に入ってやがる」
ヴィンデル「ご苦労。さて、先手を得るか、後手から策に回るか……」
ラミア「……」
アクセル「指なんか見つめてどうした?」
ラミア「い、いえっ、どうというこではござりゃんせでございますが……」
アクセル「……あかぎれしてるじゃないか。
薬は……っと、オロナイン軟膏か。つけないよりマシか。
おい、手を出せ」
ラミア「は……はいっ」
アクセル「ん……こんなもんか。こうやって、よく揉みこんで……これでよし。あかぎれは甘く見ると辛いぞ」
ラミア「……隊長、私、二度と手を洗いませんですわ!」
アクセル「洗えバカ」

424 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 08:28:02 ID:uh8Coa0F
すげえ悪夢を見てしまった
ジョシュア、俺を殺してくれ

425 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 08:56:49 ID:Bh+SuA/f
まずは悪夢の内容を聞かせてくれぃ

426 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 08:58:23 ID:uh8Coa0F
まさかのDアニメ化と思ったら改悪っていうかこれ原作違うだろなノリ
ジョシュアさんがぐるぐる目だ!

427 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 08:59:28 ID:V0h/ZbGo
聞かずばなるまい
>>424
kwsk

428 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 09:12:59 ID:ZUhccW7S
>>426
falcomのドラゴンスレイヤー英雄伝説のアニメ思い出した。
あれ、なにをトチ狂ってダイナミックに依頼したんだろ。
カッコイイけど明らかに別物。

そういや賢ちゃんって餓狼伝説やウルトラマンタロウのコミカライズもやってたんだよな。

429 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 11:46:10 ID:yboS6tzF
アクセル「確かに別の作品形態になって、よくなった作品もあるっていえばあるが、
基本的にああいうのは、常に比較されることになり、ぎこちなさだけが残るんじゃないかね、これが」
ジョッシュ「そういう問題じゃないんじゃないか。
あれを映像で見たい、実写で見たい、そういう要望から端を発してるんじゃないか」
アクセル「そういうもんかね。
まぁ俺がいいたいのはこういうことだ。
元からよくできた人の子を、他人に預けてそうそうよくなるはずかない。なぁ?」
ラミア「はい? 何故私を見られますか?」
ジョッシュ「そうかな」
ラキ「む?」
ジョッシュ「でも、ファイヤーボンバーの曲は何曲もカバーされてるじゃないか。バラードになったり」
クリス「あ! 私は、シェリル・ノームのカバーが好き!」
ミィ「シェリルなんか古いですの。時代は第三の超銀河歌姫、ボビーですの」
アクセル「うるさい! ファイヤーボンバーにカバーなんか必要ない!」
リアナ「ゑ〜……」


430 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 12:17:48 ID:KZ/rBdwv
アクセル「超銀河ライブ、地球に来る……か」
助手「そういえば、この前ミレーヌからメールが来てたな」
リアナ「今度もファイヤーボンバーにシェリル・ノーム、ランカちゃんを初めとしたマクロスの歌手が来るんだってさ」
レモン「マクロスがフォールドで行ってから一年が経つのにこうも簡単に地球へ……フォールドは侮れないわ」
ミィ「アクセル、この前ミレーヌから送ってもらった鳥の人一緒に見てほしいですの」
アクセル「それ、もう10回位見た覚えがあるんだがな…」
ミィ「それでも見たいですの。シンとマオのキスシーンは何度見ても最っ高ですもの」
クリス「私はサラの方が好きかな」
ミィ「クリスは見る目ないですの」
クリス「そ、そんな事ないよ! だって最後シンが選んだのはサラなんだよ!?」
ミィ「マオを選ばないシンが見る目なかっただけですのーっだ!」
クリス「違うよ!」
ミィ「違わないですの!」
クリス「違う!」
ミィ「違わない!」
クリス「うぅぅぅ〜!」
ミィ「うぬぬぬ〜!」

アクセル「おい、ここで第二次星間戦争が始まりそうだぞ?」
助手「バサラに声に似てるんだから歌ってみたらどうだよ、アクセル?」
アクセル「お、めずらしい。おもしろい冗談言える様になるとはな、ジョッシュ」
助手「茶化すなよ……」
レモン「でも、可愛らしい戦争だからちょっと眺めてるのも悪くないわね」
アクセル「ま、それもそうだな」
助手「いや、発展すると困るから止めましょうよ二人とも……」



431 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 17:10:45 ID:eGzStXqt
クリフ「昔っから言うものだがね。
早瀬未沙かリン・ミンメイか語らせると星間戦争が勃発するから禁句だ、と」
アクセル「ふむ、わからんでもないな。
セイラかフラウか、ファかフォウか、ルーかリィナか、ベルトーチカかチェーンか、
デ○アナかソ○エか、キ○かカ○リかラ○スかメイ○ンかル○マリアかイザ○クか。
人間はそんな議論を繰り返してきたんだな、うん」
ジョッシュ「……」
アクセル「どうした?」
ジョッシュ「少しだけ、ほんの少しだけ他人事な気がしない」
ラキ「そうなのか?」
ジョッシュ「い、いや、俺はラキの事、大切だよ。ラキに出会えてよかったと思ってる。
だけど……並行世界、って言葉もあるぐらいだし」
ラキ「……そういうことはよくわからないが、少なくともここにいるお前は私と出会っている。
だから、私がジョシュアの事を大事に思っていることは、間違いなく事実だと思う」
ジョッシュ「ああ、間違いなく俺もそうだよ」
ウェン「まぁ、消えていった可能性自体はいくつもあるから」
クリス「そうだね……」
レモン「シェーンは死んだだの死んでないだの、ジェイムズは入水しただのしてないだの、
ややこしいったらありゃしないわね。
まぁ、はっきり、死んだ、ってわかってる方が楽よね。ジョーとか」
アクセル「は? なんだと? ジョーは燃え尽きただけだ。死んでない」
レモン「燃え尽きたら死ぬのよ、人間」
アクセル「燃え尽きたぐらいじゃ人間は死なん」
レモン「死んだ」
アクセル「死んでない」
レモン「死んだのよ」
アクセル「表へ出ろ!」
レモン「上等よ!」
テーン「みんな、決闘だ!」
ミィ「ポップコーン、コーラ、なんでも揃ってますのー」
ジョッシュ「第三次星間戦争が……」
ラキ「大変だな……とりあえず、メロンソーダを貰う」

432 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 19:06:14 ID:Voi0LVq/
不死鳥は炎の中から蘇る、ですね! わかります。

433 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 20:27:31 ID:CUEdi3Cz
だが不死鳥はいずれは炎の中に帰る定めなんだよ・・・

434 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 21:00:43 ID:1Eq4MnsB
get going 飛び立て〜

・・あ、いや、フェニックスって歌があってな
すまない反省するorn

435 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 21:23:20 ID:n4rtYc+P
>>431
アクセル 「レモン、容赦はせんぞ!」

 【気迫】
 【熱血】
 【直撃】
 【必中】


レモン 「ふ〜ん…相変わらずね、アクセル…じゃあ私は」

 【愛】

アクセル 「っ! なん…だと…!?」

436 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 22:30:53 ID:Q9w9vEUu
>>435
実は全部ベッドの上での出来事なのでした、とか?

『愛』と言う精神コマンドにここまで浮いた雰囲気を感じたのは初めてだなぁ・・・

437 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 23:03:23 ID:c2MZ4kXF
>>436
野外で公開プレイです

438 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 23:53:09 ID:V0h/ZbGo
D組の4人は全員愛持ちなんだよなあ

439 :それも名無しだ:2008/10/18(土) 23:55:56 ID:CUEdi3Cz
>>438
というよりAを除く携帯機主人公がだな。

440 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 00:43:13 ID:P4Rfpro4
ははあ、「ラブ」がレスなのですね

441 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 00:57:25 ID:sTHnDMeY
A時代の愛は奇跡互換じゃなくて味方全員HP全快という強力そうで微妙な効果だったからなぁ

442 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 01:12:22 ID:2UJ3L081
    /\___/ヽ
   /''''''    ''''''::::\
   |( ●),   、 ,≦ミ、.:| ⌒☆
  .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  
   |   ´トェェェイ` .:::::::|   
   \  |,r-r-| .:::::/ 
    `ー `ニニ´‐―´

443 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 01:13:01 ID:2UJ3L081
ごめん誤爆

444 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 09:46:00 ID:nIf33SvF
エキドナ「当基地に未確認物体接近!」
ヴィンデル「何!数や大きさは分かるか!?」
エキドナ「数は1体、大きさも1mほどですが…速度が尋常ではありません、マッハ50を超えています!」
ヴィンデル「総員第一級戦闘配備!」
エキドナ「無理です間に合いません…あれ?」
ヴィンデル「どうした?」
エキドナ「未確認物体が基地の前で停止しました、あれは…ペンギン!?」
クリス「あーもうそんな季節かぁ」
ヴィンデル「知っているのか?いったい何なんだあれは」
クリス「あれはオンソクナンキョクペンギンって言って、この季節になると南極のあちこちの基地を超音速で走って回るんですよ。
今年はここもコースに入ってるみたいですね。」
エキドナ「しかし生身の生物がマッハ50なんて速度を出せるはずは…」
クリス「そこが南極の神秘なんですよ。それから彼らを攻撃しちゃダメですよ、スプレッドガンやポットンミサイルで反撃してきますから。それに…」
エキドナ「それに?」
クリス「あの子たちはああやって恋人の好物をさがしてるんですよ。それを邪魔するなんて野暮にもほどがあるじゃないですか。」
ヴィンデル「そうか…では基地の前で待っているあいつにはこのリンゴでもくれてやるとするか。」

445 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 10:08:38 ID:7U9tWjyD
チーン
リアナ「花粉症かなぁ……。
よっ、と」
ポン
ポトッ
リアナ「……」
『必中』
ポン
コロン
クリス「(ダメよ、ポイント無駄遣いしちゃ!)」
リアナ「いいの、クリスのポイントだから」
クリス「(! リアナっ!)」


ラミア「隊長……♪」
『挑発(主に性的な意味で)』
アクセル「でぃぃぃぃぃやっ!」(戦闘的な意味で)

ミィ「みんな、抱き締めて! 始まりの地の、果てまで!」
『大激励』
影鏡兵「いや、俺たち別にそういう趣味ねぇし」
影鏡兵「隊長じゃあるまいしな」
アクセル&ミィ「……」
『戦慄×2』
影鏡兵「す、すいませんしたーッ!」


ラキ「ジョシュア、ロリコンとは何だ?」
『かく乱』
ジョッシュ「え……ロ、ロリータコンプレックス……つまり、未熟な少女に……」
ラキ「ふむ、お前もある意味ロリコンだと聞いたが」
『誘爆』
ジョッシュ「え、ええ!?」

446 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 11:16:59 ID:j48WFzNs
アクセルはレモンに熱血やら直撃やらかけて毎晩たのうわなにするやめ

447 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 12:24:52 ID:o2R2iVvn
夜は武器改造ばかりしてそうなアクセルだな…
HPや装甲を上げないと大変なことになるぜ。

448 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 14:47:00 ID:hrWj6kv9
>>447
むしろSPアップが最優先じゃないか?
もしくはSP補給アイテムとか。

449 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 16:36:22 ID:j48WFzNs
>>447
ハハッお前の装甲ばかり高くてHPも運動性もカスみたいだなぁ…とか言われたらどうするよ?

450 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 18:49:10 ID:julyTQpc
ラキ「ジョシュア、ペンギンが歩いているぞ」
ジョッシュ「ん、珍しいな、ああいう一群で歩いてる姿は」
ラキ「ジョシュア、知っているか?」
ジョッシュ「え?」
ラキ「人間は死ぬと、ペンギンに生まれ変わるのだぞ」
ジョッシュ「……いや、聞かないなぁ」
ラキ「あと、ペンギンはコウモリに武器を売るんだ」
ジョッシュ「……それも多分違うと思う。
それより、もうすぐ夕食ができるぞ。今日はから揚げだ。味見するかい?」
ラキ「む……貰うとしよう」
ジョッシュ「ほら」
パクッ
ラキ「……♪〜……」
エキドナ「……(まるでペンギンだな)」

451 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 19:18:49 ID:itSXXdhT
>>450
何故かジョッシュが唐揚げを口にくわえてラキに与えてる絵が

452 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 20:02:19 ID:cq09TfyI
>>450
なんか、大根の入った買物カゴを持った買い物帰りしか想像出来ない。
この世界にはステキにジャパネスクな南極横町商店街とかあるに違いない。

453 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 20:31:05 ID:hrWj6kv9
>>452
ミィ 「おじさま、このリンゴを5つくださいですの
店の親父 「お、ミィちゃん、今日もお使いか? えらいなぁ」
ミィ 「当番がさぼるから、私ばかりですの」
店の親父 「そいつぁいけねぇな…ミィちゃんはよく頑張ってるから、こいつも持って行きな」
ミィ 「わぁいですの♪」
店の親父 「じゃあ気ぃつけて帰るんだぞ。最近、サングラスをかけた金髪の変質者も出てるって噂だしな」
ミィ 「心配しなくても、そんな奴はさくさくっといきますの」
店の親父 「よくわからんが、また来てくれよな」
ミィ 「じゃあですの〜」
店の女将 「あんたっ! またあの娘にオマケしたんだね!? ただでさえ赤字なのに何考えてんだい!?」
店の親父 「あだだだだだ! 許してかあちゃん!!」




という風景が幻視できたんだが。

454 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 20:52:30 ID:bue3H6qW
クwwワwwトwwロwwの事かーっ!!ww
おっちゃん優しいしミィと顔見知りだ。
ほのぼのしてていいです。(最後は修羅場だが)
GJ!!

455 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 20:55:49 ID:7U9tWjyD
実はこのおっちゃん、ダルタニアスの熊寅のおっちゃんという裏設定



を、脳内補完。

456 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 21:49:07 ID:EmwPel2z
バカてめえw
もう熊寅にしか見えなくなっちまったじゃねえかw

457 :それも名無しだ:2008/10/19(日) 22:10:31 ID:c1b5GKee
>>451
そんなことしたら真昼間からちゅっちゅしだしちゃうかららめぇ><

…おかしいなぁ、ジョシュアって良くも悪くももう少し落ち着いた青年だと思ったんだが…?

458 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 00:06:40 ID:P4Rfpro4
運命の出会いをした敵の女幹部と駆け落ちする様なやんちゃな所もあります

459 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 00:43:00 ID:eDRC2Lua
悲劇度でいえば、実はレモンが一番だという罠。

レモン 「平行世界の事を調べてみたけど、私ってどこに行っても不幸になるのよね…」

460 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 00:43:34 ID:Vw5PiCJL
アクセル「まさに大恋愛ってヤツだな、ジョッシュ。
ついでに妹の相手まで抱えてくる律儀な兄貴なんて、お前ぐらいだぜ」
ジョッシュ「べ、別にそういう類のことじゃない」
ラキ「恋愛? そういうものではないだろう。そうだろう、ジョシュア」
ピトッ
ジョッシュ「い、いや、それは……」
アクセル「くくく……お前ら、一々微笑ましいよ」
ヴィンデル「もっと微笑ましい話をしてやろう。
昔の話だ。私達の時間で六、七年は昔の話だ」
クリス「大佐の昔の話?」
ラミア「是非聞きたいですわ」
ヴィンデル「いいだろう。昔々あるところに赤毛の新兵がいてな。我々特殊部隊は、雪山に潜むメカ獣士と交戦になった」
アクセル「……あ?」
ヴィンデル「新進気鋭の新型のPT部隊だ。異星人のメカごときに遅れは取らん。
だが、敵も雑魚ではない。射撃装備でアンブッシュしていたゲシュペンストが、撃墜された」
レモン「あぁ、そんなこともあったわね」
ヴィンデル「三番機がやられた、フォーメーションを組み直せ! 檄が機体間に飛ぶ。
だがしかし、四番機の赤毛の新兵は、三番機の限りなく赤に近い金髪のパイロットにお熱だっわけだ。
一目散に飛び出す四番。その時言った台詞が」
アクセル「やめろぉぉぉ!」
ミィ「ど、どうしましたのアクセル」
アクセル「そ、その話はそれ以上するな!」
ヴィンデル「邪魔が入った。ここでやめるとしよう」
リアナ「えー」
ヴィンデル「だがな、結末から言うと、その男の無鉄砲な命令違反行動により、彼女は助かったわけだ。修正一発。
どうだ、微笑ましい話だろう」
ミィ「まったくですの!(ニヤニヤ)」
ラミア「まったくですわ(ニヤニヤ)」
アクセル「そんな目で俺を見るなぁ!」

461 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 01:47:51 ID:XWV0yOo7
クリアナってよくみたらケバいよな?

462 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 10:11:15 ID:dtosHys6
>>460
ヴィンデルはたまに昔の話持ち出しいてアクセル悶えさせてそうだ


助手が記憶喪失になったら
アホセルみたいになるのかあんまり変わらないのかどうなるだろうな

463 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 10:41:04 ID:yNUTu/Q3
>>462
分の悪い賭ばかりするようになる。
ってよく考えたらラキの説得そのものが分の悪い賭のような気がした。

464 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 11:59:08 ID:Vw5PiCJL
普段は割と堅実派なんだけど、思い立ったら何するかわからないヤツ。
ジョッシュってこういうキャラね。
アクセルも特攻自爆なんのそのなキャラだし……。

465 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 12:14:16 ID:kRej5+SG
>>464
GBAのアクセルもどきのことをさらっと、アクセルのことのように言わないでくれ。
アクセルが特攻する覚悟を決めたとすれば、それはどうしても負けられない時か
逆に負けが見えて、自分が死んでもほかを逃がさなきゃいけないときだけ。
逃げられるのならさっさと逃げるのがアクセル流。
仮にAのアクセル主人公ルートの自爆のことを言ってるなら、ありゃ特攻というよりは「清算」だ。

466 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 12:19:50 ID:Vw5PiCJL
つっても、二度じゃぞ。生涯で二度も自爆する主人公なんてあるのかね(ジョセフ風)

467 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 12:49:26 ID:WQKGGKlG
>>466
ハーケン「OK、暫定親父…あんたには二度と隣接しないぜ…」

直後、自爆に巻き込まれて撃墜されるハーケン



468 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 13:24:14 ID:U6xc9VSP
なぜか知らんがA味方アクセルを見てると仮面ライダー555の乾やテッカマンブレードのDボゥイを見てるような感覚が………




もしくはデビルマン

469 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 16:42:20 ID:yNUTu/Q3
>>466
二度爆発した(一度目は暴発したエネルギーかなにかだが)施設に巻き込まれて生きてる主人公だっている。

470 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 19:02:45 ID:uYkbCx8t
レモン「アクセルも、一日に二度暴発事件起こしたわね」
エキドナ「どのような?」
レモン「私達はしんがりだったのね。あれは修羅場だったわ。
アクセル、あの時はラーズアングリフでね、自分のソリッドカノンの弾薬が切れたから、
止せばいいのに撃破された機体のソリッドカノンを使って、暴発。
暴風窓が吹っ飛んで、血だらけになって」
エキドナ「……(絶句)」
レモン「そこで兵器のID機能が起動して、ソリッドカノンも機体の操作をシャットアウト。
さぁ、どうしたでしょうか?」
エキドナ「……よ、予備のソリッドカノンを」
レモン「残念、ソリッドカノンを最大射程状態にして、振り回したのよ」
エキドナ「……(再度絶句)」
レモン「ま、無鉄砲なのは変わらないから、あの人」
エキドナ「お待ちください。二度目の暴発事件は?」
レモン「聞きたい? なんとか帰還した基地で」
エキドナ「ふむふむ」
レモン「ベッドで」
エキドナ「え」
レモン「バーン」
エキドナ「……(カーッ)」
じたばたじたばたバタン
レモン「あら、出てっちゃったわ」


アクセル「レモン! 貴様、W16に何を吹き込んだ!?」
レモン「貴方の輝かしい暴発事件を」
アクセル「あることないこと吹き込んで……」
レモン「多少誇張したけど、八割五分事実でしょ?」
アクセル「貴様だって気絶して戦闘不能になってたくせに……」
レモン「そ、それは言わない約束でしょ!」

471 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 19:33:29 ID:WQKGGKlG
>>470
この二人、やはり夜な夜な精神コマンドとテクニックの
駆け引きをしているのは間違いないっ…!

472 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 20:33:00 ID:z2jqe4Xm
>>741
勝率は、レモン:8、アクセル:2だって食堂のおばちゃんが言ってた!!

473 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 20:37:15 ID:eDRC2Lua
>>471を見てこんな事を幻視した俺は破廉恥だ。

〜深夜、アクセルの寝室にて〜

アクセル 「はぁ…はぁ…レモン、随分とやってくれた…な…」
レモン 「アクセル…あなたこそ…よくぞここまで…」
アクセル「だが、今回は俺の勝ちのようだな…」
レモン 「つ、強がりはよしたほうが…いいわよ…」

アクセル (見たところ、互いに使える精神コマンドは残り一つ…だが、僅差で俺の方が有利だ)
レモン(SP補給アイテムも尽きたわ…なんとかしないと…)

アクセル 「…いくぞ! レモン!!」

【突撃】
【熱血】
【集中】

レモン 「…なんてこと! そこまでSPを残していたなんて…!?」
アクセル 「ふ…気力限界突破まで粘った甲斐があったというものよ!! 最早おまえには閃きの分さえ残されていまい!」
レモン 「くっ…!」
アクセル 「今なら俺の命中率はほぼ100%…いくぞ!! 死なば諸共よ!!」

ガッ!! ググッ

レモン 「あっ…くぅ!!」
アクセル 「捉まえた…これで…フィニッシュだ!!」
レモン 「そ、それはどうかし…らね…」

ガシッ

アクセル 「!? 何をする? は、離せ! これでは動け…」
レモン 「”肉を切らせて骨を断つ” あなたの常套手段よね…」
アクセル 「まさか、レモン!?」
レモン 「さっきの台詞、そのままあなたにお返しするわよ…”死なば諸共よぉ!!”」

【自爆】

アクセル 「や、やめろ!! 勝手にそんな激しく…!?」
レモン「ふ…ふふ…これで…私は…あなたの…」
アクセル 「う…うぉおお…うぉおおおおおおおお!!!」
レモン 「あ…あっ…ああああああああああ!!!」


- 3 -


- 2 -



- 1 -







ズズーン

474 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 21:03:03 ID:ZFvqawHg
>>473
ワカメ「…それで、この有様は何だ?」
レモン「つい、熱くなっちゃって」

ラミア「しっかりしてください!隊長!!」
アホセル「キミのような人にキスされたら記憶が戻るかも」
ウェン「そう?」にこにこ

ワカメ「いい歳してなんだ!こんな玩具で!!」
レモン「いえね、上手く修復できたものだからテスト代わりに…」


ラキ「これはなんだ?ジョシュア」
助手「俺も知らないな」
クリフ「むう、これは!」
リー「知っているのかドクトル」

ワカメ「そんな激しい運動なら屋外でやれ!」
レモン「外でできるわけないじゃない、こんなこと。」


ミィ「次は走り幅跳びで勝負ですの」
リム「負けないわよ〜」
エキドナ「…なかなか面白いな。ファミリーオリンピック。」

475 :それも名無しだ:2008/10/20(月) 21:03:49 ID:YM/2vl3X
リアナ「ケイから習ったチョークスリーパー!」
ウェン「苦しい苦しい! ギブアップ!」
クリス「もう、リアナったら」
ウェン「いや……リムには全然適わないよ。
けど、なんでいきなり格闘技?」
リアナ「アクセルとレモンが訓練してるみたいだからね。負けられないよ」
ウェン「ふぅん、格闘技なんだ。レスリング?」
クリス「かなぁ?」

476 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 00:48:35 ID:nHP0fRn3
クリフ「ジョッシュもジョッシュで、色々あったそうだがね」
ジョッシュ「ク、クリフ」
クリフ「これは私がシュワルツ少佐からの伝聞であって、私が見聞きしたことではないのだがね」
ミィ「うんうん」
クリフ「インベーダー集団との戦闘でね、リガ・ミリティアとタワーは共同で迎撃にあたっていた。
ところが、突出した機体が一機、エール・シュヴァリアーだ。
幸いインベーダーの殲滅は滞りなく進んだが、軽率な行動に対して詰問するオリファー君に一言。
『どうして命令通りにやらなくちゃいけないんですか』と。暫しの押し問答の末、修正が執行、というわけだ」
アクセル「あちゃー……」
ラミア「さらにあちゃー……」
ジョッシュ「……あの頃は、荒れてたからな。あったよ、そういうこと」
ラキ「そうなのか」
ジョッシュ「ああ。今告白すると……あの時は恐かったんだよ。足が比喩じゃなくぶるってて、気が付いたら、前に飛び出すことしかできなかった」
リアナ「ふぅん……」
ジョッシュ「何を見栄をはってたのか、気が動転してたから、恐くて前に出てしまいました、なんて言えなくてな。
後は、感情の思うままさ。未熟だったよ。今が成熟した、とは言わないけどさ」
ラキ「お前にも、そんな頃があったんだな」
ジョッシュ「ああ。幻滅したか?」
ラキ「いや、ますますお前を知りたくなった。私が知らない私を」
ジョッシュ「俺のこと、か。
俺自身も、俺のこと、わかってるのかな……」
ラミア「……成長するのも人間、でございますか……」

477 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 01:09:46 ID:ChnFX2Qd
レモン 「うーん、困ったわね」
アクセル 「なんとかならんのか?」
レモン 「あれだけ損傷が酷いと、再生するのに一ヶ月は必要よ」
アクセル 「だがW16無しでは、これからの任務に支障が出るのでな。それに…」
レモン 「それに?」
アクセル 「…いや、なんでもない」
レモン 「はっきり言いなさいよ。”俺にはあいつが必y」
アクセル 「その先は言うな!」
レモン 「あの娘の前で言って欲しいものだわ。まぁ、予備の躯体が無きにしもあらず、なんだけど」
アクセル 「なんだと? それを先に言え!」
レモン 「んー、一つだけ問題があるのよね。それさえ良ければ、なんだけど」
アクセル 「…だいたい、何故そんなことを俺に聞くんだ?」
レモン 「それはねぇ」

〜二日後〜

エキドナ 「…という訳でなんとか復活できた。これからも宜しく頼む」
リアナ 「ぷ、くくく…」
クリス (だ、だめだよ笑っちゃ)
リアナ 「だって…」
クリフ 「どうみても小学生女子、だな」
アクセル 「身長145cm、3サイズは11歳児相当、か…」
ジョッシュ 「…何故こんなことに?」
ラキ 「先日本体が受けた損傷が直るまでの一ヶ月間、予備の躯体を使う事になり…その躯体がこれ、という訳か」
レモン 「ま、そういうことね。この子、見ためよりウブなんだから、あまり虐めないであげてね?」
エキドナ 「…なんだか微妙に不安だ…(胸がスカスカするし)」
ラミア 「…ニヤリ」
エキドナ 「!?(ビクッ)」

478 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 01:21:33 ID:Oc0+VemP
どうも小学生サイズになってもあまり変わらない感じが…

479 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 02:31:09 ID:ZbVoxqIf
エキドナ「よいしょ」
ラミア「……」
エキドナ「うんしょ」
ラミア「……」
エキドナ「……W17、わたしをかかえあげるのはやめろ」
ラミア「何故? 掃除の効率はあがられますが」
エキドナ「やめろといったらやめろ」
クリス「じゃあ私がチェーンジ」
エキドナ「だからやめろ!」

新兵A「……」
エキドナ「そろったか。これよりくんれんをかいしする」
新兵B「(な、なぁ、SMSの妖精小隊もそうだったけど、最近は幼女を採用するのが流行ってるんですか?)」
新兵C「(し、知らないわよ)」
エキドナ「そこっ、しごはつつしむ」

480 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 08:47:24 ID:dDyNUG08
教師「…というわけで、今日から5年1組のお友達がふえまーす」
エキドナ「伊崎えきどなだ。よろしくたのむ(ムッスー」
児童A「なんだよあいつ」
児童B「…なんかかわいくないよな」
教師「ほ、ほら、エキドナちゃん、笑って笑って」


〜小学校から1km離れた場所の司令車内〜
ラミア「何をもたもたしている、W16。そこはもっとにっこり笑顔で…」
アクセル「なぁ、いくら小学校への潜入任務とはいえ、なぜW16なんだ?」
レモン『まぁほら、折角だし、女教師より怪しまれ無いでしょ」
アクセル「あれだけ無愛想な小学生はおらんぞ…」

481 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 08:57:59 ID:ZDg+PjwV
潜入工作しなきゃいけない小学校とかどんだけ危険なんだよww

482 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 09:54:07 ID:fcRB2/gt
どうみてもレモンの趣味です。本当にありがとうございました。

483 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 12:34:52 ID:ke2PUj95
教師「じゃあ、エキドナちゃんは…ジロー君の隣が空いてるから、そこへ座って頂戴」
ジロー「…」
エキドナ「よろしく頼む」
ジロー「あぁ…」

レモン『これまた、アクセル並に無愛想な男の子ね』
アクセル『…ふん』

教師「それでは授業を始めまーす。ジロー君はエキドナちゃんに教科書見せてあげなさい」
ジロー「…ほらよ」
エキドナ「すまない」
ジロー「…」
エキドナ「肉筆で記録撮りするとは原始的な…あ、筆箱がない!?」
ジロー「…これ、使えよ」
エキドナ「…お前、鉛筆はこれ一本じゃないか。記録はどうするつもりだ!」
ジロー「いらねぇよ」
エキドナ「なら、後で私のノートを貸…」
ジロー「よけいなお世話だってんだよ!」
エキドナ「そうか…わかった、ありがとう」
ジロー「お、お前が可愛いからとかで貸してやったんじゃないからな!」


ラミア「…しかも隊長に勝るとも劣らないツンデレっぷり」
アクセル「だまれ人形」

484 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 13:22:47 ID:ZbVoxqIf
エキドナ「さて、それでは任務に入るか」
(同じく年少だから突き合わされた)スージィ「任務って?」
エキドナ「ああ。シティで奇怪な停電現象が頻発している。その件の奇妙な目撃情報がこの一帯で集まっているそうだ」
スージィ「その調査?」
エキドナ「ああ」
スージィ「(ウッソといいシローといい、みんなこうなのかな……)」


シーラ「……誰も信じてくれないけど本当なの。私、見たんだから」
エキドナ「そうか。私は全面的に信頼しよう。約束する」
シーラ「本当?」
エキドナ「ああ」
シーラ「エキドナ、貴方、いい人ね」
エキドナ「そんなことはない。



電気を喰う虫か……荒唐無稽だ。……いや、確か事前調査で、シーラの祖父は、元バラダイムの子飼いの科学者で、ユピテルだとかいうプロジェクトを……む」
校長「ありがとうございます、ロジャーさん。こんな端金で引き受けてくださり」
ロジャー「いえ、私は私の仕事をこなしたまでです。では。

……ドームの中と外、か」
とんとん
ロジャー「ん? なんだね、小さなレディー」
ドカッ(ひざ蹴り)
ロジャー「うおっ!?」
エキドナ「(日頃からヴィンデル様に多大な報酬を要求する礼だ)」
ロジャー「な、なんだ、あの少女は」
ドロシー「自分で言ってるでしょ、人間、どこで恨みを買うかなどわからない、って」
ロジャー「あんな少女に恨みを買うような仕事はしていない!」
ドロシー「そうかもしれないわね。本当に少女ならね」
ロジャー「?」

485 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 15:35:37 ID:nHP0fRn3
ラキ「ジョシュア、ジョシュア」
ジョッシュ「ん……眠いな」
ラキ「子供とは可愛いな」
ジョッシュ「まぁ異論はないけど……それがどうしたんだい?」
ラキ「どうすれば、マーベットの様に子供を得ることができるんだ」
ジョッシュ「じょ……女性が産むんだよ」
ラキ「そうか。では私も産めるか?」
ジョッシュ「いや……それだけじゃダメなんだ。父親がいないと」
ラキ「父親? ケイの弁慶か?」
ジョッシュ「……それも少し違う。ミレーヌのマックス艦長だよ」
ラキ「ふむ? 弁慶は父親ではないのか? 親父だぞ?」
ジョッシュ「違くはない。……血がつながってないだけで、親子さ」
ラキ「少しわかったぞ。産むには血の繋がった父親が必要だが、産むに限らない場合は大丈夫なのだな」
ジョッシュ「順序が逆だ。子供は父親が必要なんだよ」
ラキ「女が産むのに?」
ジョッシュ「産むためにさ……ふぁ……ごめん、ラキ。超過出撃でちょっと眠いんだ……」
ラキ「そうか、悪かったな。……ジョシュア、お前は私の「父親」になってくれるか」
ジョッシュ「ああ……いいよ……zzz」
ラキ「そうか、感謝するぞ」

起床後
ジョッシュ「なんでラキが俺の養子になる流れになってるんだ?」

486 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 19:24:34 ID:ptOAdX7z
レモン「……W16,W17。貴女達、ボディチェンジをしてみない?」
二人『は?』
レモン「二人とも生まれた時からその姿でしょう。だから今さらだけど子供時代の世界の見え方を体験してもらおうかと思って」
エキドナ「それは何かの任務のためですか?」
レモン「別にそういうわけじゃないけど……まあ貴女達の為かしらね」
ラミア「私達の為?」
レモン「子供の目での世界の見え方は重要よ。貴女達も長く生きることになるだろうしこういう事は重要ね」
エキドナ「…ならば体験してみます」
ラミア「良い体を、よろしくお願いします」

487 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 20:42:58 ID:qC1XfO3p
ラミア「隊長! 大変です! 大変なことになってしまいましたわ!」
アクセル「どうした、小さくなったW17」
ラミア「……『ある』のだった、本当だったのですわ!」
アクセル「スタージョンなんか今時誰も知らん」
ラミア「そ、それが……ぞ、ぞうさんが……もうお嫁に行けませんわ!」
アクセル「は?」


レモン『いえ、だってほら、小さい子供なんて男の子も女の子も一緒じゃない」
ラキ「という伝言だけ残して失踪している」
ラミア「だ、だからって普通間違いますか! 男の子の体と女の子の体と!」
ウォーダン「……つまり、今の貴様は間違いなく男子! 気兼ねなくたっぷりと鍛えてやろう」
ラミア「ちょ、ちょっと待って、僕は……ああ! 口調まで変わってる!」
ミィ「ふふふ……ちょっとそそられますの」

488 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 23:36:29 ID:Oj+eN1pa
時代はショタラミアと聞いて全裸で飛んで来ました!

489 :それも名無しだ:2008/10/21(火) 23:48:31 ID:JCHS8p+v
>>488をファートゥムのあのキモイ腕が食べてしまったようです

490 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 02:13:59 ID:Br3DUx/T
ショタだと…ブリキの金魚付きかね?

491 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 07:59:05 ID:wcj+jLkY
ラミア「……もう男子のボディは嫌ですわ」
ずーん
ウッソ「げ、元気だしてくださいよ、ラミアさん」
クリス「どうしたの?」
アクセル「ああ、なんだか知らんが、ザンスカールのルペとかいうパイロットに『恐ろしい拷問』を受けたらしい」
ミィ「『恐ろしい拷問』ですの?」
アクセル「ああ、ウッソも経験した『恐ろしい拷問』らしい」
レモン「そう……こういう時は熱いシャワーを浴びさせてあげるのが一番ね。ちょっと。お風呂に火を入れて」
ラミア「! シャ、シャワーとか風呂は結構ですわ!」
レモン「あ……W17! いったいなんなのかしら……」


ジョッシュ「ほら、ラキ。肩まで浸かって。シャンプーが目にしみても我慢する」
ラキ「うう……ジョシュアは風呂ではひどいことをする……」
ジョッシュ「そんなこと言われてもな……」
ラキ「……だが、お前と一緒に入ると暖かいから許すが……」

492 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 12:40:48 ID:ITl91rBI
アクセル「恐ろしい拷問……か」

〜もしもこんな風呂屋があったら〜

アクセル「銭湯か……少し入るか」
ガラガラ
アシェン「一名様ご案内だよ〜!」
ラミア「あいよ!」
アクセル「ぬ!?」
ミィ「裸にひん剥けですの!」
ウォーダン「応!」
エキドナ「服を脱いだらいい男〜、アクセルいい男〜」
アクセル「うわっ! 何をする! ぶはっ!」
ラミア「記憶が戻ればいい男〜、アクセルいい男〜」
アクセル「がはっ……し、沈めるなっ……がぼがぼがぼがぼ……


……ダメだ、こりゃ」

493 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 12:56:40 ID:GM8HwaPb
恐ろしい拷問だと!

っもかもか室
アクセル「なんですそれ?」
ヴィンデル「シャドウミラー毛深い奴等ベスト10が狭い部屋にみっちりと」
ジョシュア「それは恐ろしい………」

っシュレディンガーボックス
50%の確率でクスハ汁か楠葉汁のどちらかが出て来る部屋。

494 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 17:32:51 ID:e7GnqDtD
>>493
100%医務室送りwww

495 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 20:32:12 ID:wcj+jLkY
ラキ「ところでジョシュア、ゴーモンとは何だ?」
ジョッシュ「ん……肉体的、精神的に追い詰めて、無理矢理自供させることかな」
ラキ「ふむ……気が休まる話ではないな」
ジョッシュ「まぁ、物騒な話さ。あまり立ち合いたくない」
ラキ「そうだな、私もそう思う」


ジョッシュ「ラキ、朝だ。早く起きてくれよ」
ラキ「ん……わかっている」

ラキ「クッ!」
ジョッシュ「! 援護に入る!」
ラキ「む……すまない、ジョシュア」
ジョッシュ「いいさ、このくらい。さぁ、反撃に出るぞ!」

ラキ「早苗にこの髪飾りを勧められたのだが……似合っているか?」
ジョッシュ「……桔梗、かな。うん、似合ってるよ」
ラキ「本当か?」
ジョッシュ「本当さ」

ラキ「すぅ……すぅ……」
ジョッシュ「さすがに疲れたか……毛布でもかけとこう」

ジョッシュ「今日は、魚のムニエルを作ったんだが……」
クリス「うん、美味しい♪」
ラキ「ああ……」


ラキ「(じーっ)」
ジョッシュ「ラキ、湯加減どうだった?」
ラキ「よかった」
ジョッシュ「そうか……。
……どうしたんだ?」
ラキ「ジョシュア、お前は私を拷問しているな」
ジョッシュ「……は!? お、俺が何をしているっていうんだ!?」
ラキ「……お前が何か私にしてくれる度に、私は己の気持ちを自供しそうになるんだぞ。
これは拷問ではないか」
ジョッシュ「……多分それ、俺も同じだと思う」
ラキ「なにッ、そうなのか。私も拷問していたのか。
……それで、お前はどんな気持ちなんだ?」
ジョッシュ「ラキが教えてくれたら、喜んで教える」
ラキ「やはり拷問ではないか!」
ジョッシュ「はは……」

496 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 21:33:34 ID:tFXj1FE9
>>495
あ、甘過ぎるっ!!
俺は糖尿病予備軍なんだ! 発症したらどうしてくれる!
GJです!

497 :それも名無しだ:2008/10/22(水) 23:08:46 ID:e7GnqDtD
>>496
今 更 な に を 言 う
このスレの住民って大抵そうでしょうが。
あとそのID、FEがあっていいね。

498 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 00:23:42 ID:5DWs2+PV
ラミア「隊長♪」(白のレース下着)
レモン「アクセル」(黒のガーター)
エキドナ「た……隊長」(バスローブ)
ミィ「アクセル」(描写を控える)


アクセル「いや……これは軽く拷問だな」
テーン「とりあえず、男性隊員一同、既に機体のエンジンは暖めてあるんで、とっとと表へ出やがれこの糞野郎」

499 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 09:24:48 ID:vRWlXzkW
ドカッ
バキッ
ドン
ズドン

クリス「凄いなぁ、アクセルさん。もう52人だよ」
ウェン「さすがだね。でもなんでいきなりソウルゲインVS100体組み手になったんだい?」
リアナ「さぁ? アクセルって、自分には厳しいからさ、訓練じゃない?」
ウェン「そういうものかな」
クリス「ん……私達は訓練終わったし、シャワーでも浴びにいこう」
ウェン「そうしようか」


アクセル「キャオラッ!」
影鏡兵「や、やっぱつぇぇよ、隊長……」
影鏡兵「あんなのに勝てるのか……」
アクセル「なはははは! 軍の正規機体ならともかく、シャドウミラーのゲシュペンストのモーションは、俺のデータを元にしている!
それこそ、手札が丸見えのババ抜きをするようなもんなんだな、これが!」
影鏡兵「き、きったねぇ!」
アクセル「百機で襲いかかって言うことか!」


ウェン「ちょ、ちょっと、何をするんだい、リム」
クリス「しっかりお風呂に入るのよ。これがザンスカール式の拷問なんだから」
ウェン「い、色々あるんだね、って……あぁっ」
クリス「(ウェンがお風呂でくしゃくしゃになったテリアみたいになってる……なんだか可愛いかも)」

500 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 12:14:46 ID:kyFYXnv9
ウェンが、こんなにも萌える男だなんてあの時の僕は知らなかったワケで…

501 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 12:42:40 ID:FiqJsdiQ
ウェンに犬耳と犬しっぽをつけると、いつもニコニコ顔な
彼も豊かな感情表現が…

502 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 15:02:41 ID:CQmj92NS
ウェンのモフモフヘアーを影鏡女性士官達がキャーキャー言いながらモフるイメージが見えた。
あんまり判ってないニコニコウェン
ジェラシーなリム

503 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 20:09:28 ID:851V4pDx
女性士官A「ウェントス君って可愛いわよねー」
もふもふ
女性士官B「うんうん」
もふもふ
クリス「あ、あんまりウェンをもふもふしないでください!」
女性士官A「あら、ごめんね。ウェントス君はクリアーナの彼氏だものね」
ウェン「?」
クリス「そ、そういうことじゃなくて!」
女性士官B「ごめんあそばせー」
クリス「もう……みんな触るだけ触って戻っちゃうんだから。
髪、梳いてあげるからね」
ウェン「ありがとう、リム。
ン……僕の髪ってそんなに変わってる?」
クリス「変わってはいないけど、凄いサラサラヘアーなんだけど、
ふわふわヘアーで……気持ちいいの。どうやって維持してるの?」
ウェン「うーん……別に意識はしてないんだけどな……人より三分は髪を洗う時間が長いくらい」
クリス「ふーん? ……」
リアナ「もう我慢できない! お願いだからもふもふさせてー!」
ヴィンデル「それより、髪の毛の手入れ方を聞きたいのだが……」
ミィ「ふわふわヘアーなヴィンデル……これは軽い世界残酷映像ですの」
ヴィンデル「黙っていろ、アインスト!」
リアナ「んー♪」
ウェン「リ、リム、ちょっと落ち着いて」

504 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 21:25:40 ID:ebbddDlq
全員がストレートヘアのシャドウミラー
これを想像できる猛者はおらんかね。

505 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 21:30:57 ID:bimX3u60
ふと、頭に浮かんだこと
ここのレギュラー陣をあぶ刑事に例えると

ダンディ=助手
セクシー=アクセル
課長=ワカメ
プリティ=ウェン
木の実ナナ=レモン

疲れてんだな、俺

506 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 21:41:32 ID:Dlr+2Egc
大丈夫かい?

よければこのアインスト成分とインベーダー成分をミックスした特製ドリンクを差し上げるが?
これで翌朝、君も疲れなんか感じなくなるよ?

507 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 22:24:38 ID:L7rd5Lx7
>>503
リムにブラッシングしてもらってる最中の
ウェンの尻尾が、物凄い勢いでフリフリ
してる様子が見えるw

508 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 23:20:08 ID:vRWlXzkW
長髪の男子が無理矢理お風呂に〜……ってのは、いわゆる野性児属性(具体的に言うとヒロイックエi)なんだけど、
ウェンは忠犬属性ね。
忠吉さんのようなやさしい瞳……。

509 :それも名無しだ:2008/10/23(木) 23:24:31 ID:6lQ+RxWT
ラキ「ジョシュア、私もやってくれ」
ジョッシュ「え?」
ラキ「髪を整えるやつだ」
ジョッシュ「ああ、いいよ。じゃあそこの椅子に座ってて」
ラキ「………」
ジョッシュ「…やっぱラキの髪は長くて奇麗だなぁ」
ラキ「む、そうなのか?」
ジョッシュ「うん、とても良いし大事にしていかなきゃね」
ラキ「そうだったのか。私は他人のものはそんなに知らんからな」
ジョッシュ「そんなもんだよ。…別の髪型とかやってみようか?」
ラキ「む?」
ジョッシュ「この髪の長さなら色んな髪型ができるよ。…って別に遊ぶわけじゃないんだけど」
ラキ「よく分からんが、ジョシュアが良いと思うのならやってみてくれ」
ジョッシュ「うん、きっと可愛くなるさ。今は髪留めとかがないからまた今度ね」
ラキ「そうか」
ジョッシュ「…よし、出来たよ」
ラキ「む、ありがとう。…では」
ジョッシュ「?」
ラキ「何をぼーっとしている。今度は私がジョシュアの髪をやる番だろう」
ジョッシュ「…ああ、じゃあよろしくお願いしようかな」
ラキ「ああ、私も奇麗にしてやるぞ」

510 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 00:27:46 ID:1W3Bto3u
エクセレンの抱き枕サンプルを見てきた。

…アクセルの野郎、これと全く同じ肢体を毎晩抱いてるのか…
畜生、俺と勝負しろアクセル!!!

511 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 01:03:26 ID:B1i2ZLtc
>>510…見てるか…?お前のお陰でOG3でソウルゲインとアルトの合体攻撃が実現したんだぜ…。

512 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 04:46:49 ID:x105Z47o
それより先にアルフィミィと何かありそう

513 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 08:14:22 ID:M4bvha3V
>>512

ミィ「アクセル、将来的にレモンなナイスバディになる私を抱き枕にしませんの?」
アクセル「将来性よりも現実を取るだろ普通」
ミィ「ミィィィィィィィィィィ!!」エグリ
アクセル「ぐほぁっ」
レモン「まったく、相変わらずねあなたは。女の子の心をもう少し勉強なさいね」
アクセル「げほっ……俺は、お前が、いい……」ギュッ
レモン「……もう」///


ミィ「ワカメぇっ!!」バーンッ!!
ヴィン「何だ、人の部屋に入るなり」
ミィ「今すぐ次元転移いたしますの!」
ヴィン「はあ?」
ミィ「そしてっ、レモンのいない世界にアクセルを連れていきますの!そしたらアクセルは私をっ…私をっ」ウッウッ
ヴィン「なんだかよく解らんが、とにかくアクセルをお仕置きしてやるから、泣きやめ」ナデナデ

妄想しすぎた。
取りあえずアクセルとレモンを見ながら、ハンカチを噛みしめるラミアとエキドナはいたぞ。



514 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 11:13:15 ID:dZYLGzh6
クリス「アルフィミィ、確かにレモンさんはナイス・バディだと思うけど、
しっかり運動して、しっかり食べるもの食べないと、太りすぎになったりガリガリになったりしちゃうよ」
ミィ「……少し釈然としない部分がありますけど、一理はありますの」
レモン「逆に言えば」
ミィ「?」
レモン「努力すれば、私達を超えるなんて簡単よ?」
ミィ「!」
レモン「だから、しっかり食べてしっかり運動して、健康を心がけなさいね」
ミィ「うん……そうしますの」
ラミア「更に逆に言えば、一生チンチクリンの可能性もなきにしもあらずでございますが」
ミィ「ラミア〜!」


ラキ「……ジョシュア」
ジョッシュ「ん?」
ラキ「ラミアやリムの体を見て思ったのだが、私の体、少し細すぎやしないか?」
ジョッシュ「そうかもしれないな。もう少し肉をつけてもいいと思う」
ラキ「そうか……」
ジョッシュ「でもなんでいきなり?」
ラキ「ああ。食堂で話していたのだが、女性は、アンザン体型がいいらしい。私はアンザン体型とは違うそうだ」
ジョッシュ「そ、それは……うぅん……俺は今のラキの体型も好きだけど……」
ラキ「そうか? ふふっ、私もジョシュアの体も好きだぞ。ありがとう、ジョシュア」

515 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 12:13:32 ID:4vLnKffj
そういやラミアの躯体って、レモン自身のデーターを
参考にして作られてるんだっけ。
エキドナはどうなんだろうか?

516 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 17:58:43 ID:dZYLGzh6
ラミア「私達の体はみな、誰かの借り物の体なのでございましょうか、レモン様」
レモン「……うぅん……そうね、何ていえばいいのかしら……」
アクセル「バカ言うな、W17。だったら俺の体は親父とお袋の体か? ある意味ではそうかもしれん。
だが、これは間違いなく俺の体だ」
ラミア「隊長……」
アクセル「クロッペンは、ハーリンのクローンだった。そして、あいつはハーリンに自分の体を譲り渡した。
だがな、奴の心は確かにあった。心なんだよ、W17。大事なのは、心があることだ」
ラミア「心……」
アクセル「ああ。リムみたいな人と変わったヤツもいるが、お前だけの心がありゃ、その体もとっくにお前だけのものだ」
ラミア「……」
ぐっ
アクセル「ここにあるだろう? お前は」
ラミア「隊長……。

胸を触っておられるのですが」
アクセル「こ、こづいただけだろうが!」
ラミア「俺の心は乳房にある。
そういうメッセージと理解しましたわ」
アクセル「でぃぃぃやっ!」
ラミア「あぁん」
レモン「やれやれ……」

517 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 18:32:21 ID:+rdOsNjL
アンチがスレ立てまくりだからアゲとこう。

518 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 18:49:19 ID:lTXIre5e
>>516
アクセル=おっぱい聖人

519 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 19:58:23 ID:4qYK0ZAb
ラキ「……というか、子供が生まれるとはどういうことだ?」
ジョッシュ「あー……それはつまり、おしべとめしべ的な意味で?」
ラキ「いや、それはおおよそ把握した。私が言っているのは、種子と花粉的な意味でだ。
小さな卵子細胞が、今のお前になったのか?」
ジョッシュ「……そうだよ」
ラキ「……想像に難いな」
ジョッシュ「そうか?」
ラキ「ああ。レモンがラミアを作ったという話の方が、まだ私には現実味がある」
ジョッシュ「そうかな」
レモン「人体の神秘というものね。別に難しいことじゃないでしょう?
花だって、最初は種だったのよ?」
ラキ「そういうものか……人体とは凄いな。

……いや、待て。卵子細胞がこのくらい……ということはこのままこの調子で大きくなったら、ジョシュアの体は一体どうなってしまうんだ!?」
ジョッシュ「ならないって」
アクセル「体の一部分が大っきくなる子はいるのにな」
クリス「な、なんで私の胸を見るの!?」
ラミア「私はご覧にならないのに?」
ミィ「私も大きくなりますのよ?」
アクセル「あーあー、精々牛乳飲め」

520 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 21:22:36 ID:lTXIre5e
〜レモン先生の「とても簡単なWシリーズのつくりかた」〜

@どんな子を作るか妄想…もとい、設計します
A体格と性別に合わせた骨格を複合素材で作ります
B簡易内臓と人工筋肉をとりつけます
Cディテールを整えた後、人工皮膚と武装を取りつけて完成

ミィ「思ってたより簡単ですの」
レモン「ま、これは戦闘専用の子を作る場合なのよね」
エキドナ「我々のようなモデルは…」
レモン「そうねぇ、Aが終わった後に調整槽へ入れて、有機系の
パーツを植え付けていくのよ。パーツ同士を馴染ませないといけないし、
プロポーションや髪の毛、爪なんかも成長させないといけないから、
随分と手間が掛かるのよねぇ」
ラキ(レモン、随分苦労してそうなのに、うれしそうだな)
ジョッシュ(ラミア達の世話をする時、あの表情になる理由はこれだな…)

521 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 21:55:26 ID:HXHMBs1U
お砂糖とスパイスと素敵なものいっぱい+αでできるんだと思ってた

522 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 23:09:54 ID:1W3Bto3u
やはりアクセルはボインちゃんが好きなのか?

レモン→言わずもがな
ラミア→当然
エキドナ→上の二人に勝るとも劣らず
ミィ→将来ナイスバディの保証付


レモン 「でね、調整槽から出た直後にW17の髪の毛をブラッシングしてあげた時、この子ったら微妙に頬を染めて…」
ラミア 「あ、あることないこと言わないでくださいまし (///) 」
エキドナ 「ふん、貴様も意外とウブな面があるんだな」
レモン 「あらあら、W16だって初めてお風呂に入れて上げた時に、お」
エキドナ 「その先は駄目ですーーっ!! (///)」
ラキ「ジョシュア、”お”ってなんだ??」
ジョッシュ「さ、さぁ?」
ミィ 「…なんだかすごく羨ましいけど、全然羨ましくないですの…」

523 :それも名無しだ:2008/10/24(金) 23:23:20 ID:1rszXXcG
レモン「アクセルー? そろそろ新しいメンバーは欲しくないかしら」
アクセル「悪くない。格闘戦に長けたヤツが欲しいな」
ラミア「ところで隊長、こんなものは如何ですか?」
アクセル「ん、チョーシか。一杯貰おう。
……なんだこりゃ、日本酒かと思ったら洋酒じゃないか。まぁいい、甘口で美味いじゃないか。春を感じる味だ」
レモン「そう」
クリフ「……ククッ」
アクセル「どうした、ドクトル。何かおかしいか?」
クリフ「いや、何。少し、その酒の匂いを嗅がせてもらえるかね。
……すまないね。アクセル君。その酒はズブロッカだ」
アクセル「ズブロッカ?」
レモン「ギクッ」
クリフ「ああ。ポーランドのズブロッカ草の香りを添えたウォッカだ。
……精がつくと有名な酒だ」
アクセル「……レモン!」
レモン「だって、W17が妹が欲しいって……」
アクセル「妹ぉ?」
レモン「アルフィミィは従姉妹が欲しいって」
アクセル「従姉妹ぉ!?

……作るか」
レモン「え?」
アクセル「暫定息子よりは確定息子のがいい。ほら、行くぞ」
レモン「あ、ちょ、ちょっと、一度シャワールーム……」
アクセル「シャワー浴びさせてぇ、なんて仲か。ほら行くぞ」
ラミア「……あれも新しいWシリーズの作り方ですわ」
ラキ「なるほど」


524 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 00:50:27 ID:OGJda0wW
レモン家の懲りない面々

長男:W00 ハーケン・ブロウニング
長女:W06 カルディア・バジリッサ
次女:W07 アシェン・ブレイデル
次男:W15 ウォーダン・ユミル
三女:W16 エキドナ・イーサッキ
四女:W17 ラミア・ラヴレス


改めて書き出してみると、結構な大所帯だな。

525 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 01:09:34 ID:HI2LtrnY
父・クリフ
長男・ジョッシュ
長女・リム
次男・ウェン
次女・ラキ

そんな南極一家……フェリオ?
フェリオはもう、この世にいないんだよ……。


クリス「お兄ちゃん、足りないのはお塩とカレールーだよね」
ジョッシュ「ああ、頼む」
ウェン「義兄さん、掃除機、かけておくね」
ジョッシュ「に、にいさん……? あ、ああ、分かった」
ラキ「ジョシュア兄様、洗濯は私がするぞ」
ジョッシュ「に、にいさま!?」

526 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 09:15:23 ID:yljJN2FQ
ラミアって末っ子なんだなぁ

527 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 10:48:56 ID:LbQYC61c
ええ、そしてレモン様の趣味てんこ盛りです


528 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 11:24:30 ID:W1IqwPjh
ウォーダン「末妹よ」
エキドナ「おい、末っ子」
ラミア「レモン様、皆が末っ子とバカにしますわ!」
レモン「可愛がられてるんだからいいじゃない」
ウンブラ「私も……末っ子」
ラキ「そういえばそうだったか。姉として、可愛がってやろうか」
ウェン「よしよし」
ウンブラ「! ブルーハワイの……かき氷食べて……頭痛くしろ……」
ラキ「嫌なのか」
コンタ「クククッ、では私も可愛がってやろう」
アクイラ「我が胸に飛び込め」
ウンブラ「……気持ち悪い、地獄に落ちろ」
イグニス「ひでぇ」
アクセル「俺の台詞取るなよ」

529 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 15:07:54 ID:OddTzcxy
ラミア「隊長にご兄弟は?」
アクセル「さぁな、忘れたんだな、これが」
ミィ「ヴィンデルに兄弟はいませんの」
ヴィンデル「機密だ」
ミィ「もう……ここの人間は、みんな自分の事はノーメントですの!」
アクセル「許せ。身勝手な組織であることは理解しているんだ。
あまり迷惑はかけたくないんでな。今更迷惑かけて、呵責を感じることもないんだが」
ミィ「……もう、じゃあしょうがないですの」
クリス「でもさ、もしもアクセルさんに兄弟がいたら、どんな人かな」
ミィ「きっとメガネの、真面目青年ですの」
ラミア「真の意味で女性に優しいフェミニストですわ」
レモン「でも、奥手ね、きっと。でも甲斐性はあるの」
ウンブラ「口癖は……『なんですね、これが』……になる」
アクセル「貴様ら、勝手に人の家族の妄想するな!」
ミィ「キャー、ですの」
ラキ「ジョシュアは、元は一人っ子だったな」
ジョッシュ「ああ。まぁ……リムが家に来たのは、十何年も前だからな。
ずっと兄妹やってたな」
ラキ「……お前に兄がいたら、どうなっていたか」
ジョッシュ「……あまり想像したくはない」

530 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 22:24:00 ID:W1IqwPjh
クリフ「ある事柄を発見したんだがね」
ジョッシュ「大事なことなのか?」
クリフ「ああ。ルイーナが、負の感情をシュンパティアを通じて収集し、エネルギーにしたのは把握しているな」
ジョッシュ「ああ」
クリフ「破壊と混沌は手っ取り早く大量の負の感情を生み出す。だがね、どうやら、いわゆる正の感情も、エネルギーになるらしい」
クリス「? だからルイーナにも慈善事業で正の感情を集めるのを勧めるの?」
クリフ「違う。おまえ達はあの二人とシュンパティアで繋がっているだろう。つまりだね……」


クリス「ウェン!」
ウェン「リム? わわっ!」
クリス「私ね、ウェンのこと好きだからね、もっと大好きになるからね」
ウェン「あ、ありがとう、リム。いきなりどうしたの?」
クリス「うぅん、私ね、ウェンにはずっと元気でいてほしいから。それだけよ」
ラキ「いきなりどうしたんだ、リムは」
ジョッシュ「えっと……ルイーナは感情を力に変えているから、強い感情を発すれば……その分元気になれる、って」
ラキ「ふむ」
ジョッシュ「……で、俺もそうしろ、だってさ」
ラキ「ふむ? ジョシュアもああするのか」
ジョッシュ「……うん」
ラキ「ん? もうなっていないか?」
ジョッシュ「……なってる」
ラキ「……私の為に、私を好きになってくれるのか?」
ジョッシュ「……なんだか順序が変かな」
ラキ「かもしれん。だが、そうでなくても、お前が私を好きになってくれるなら、私は元気だぞ」
ジョッシュ「……俺もだよ」
ぎゅっ
ラキ「……む、今、確かに心が元気になる感触があった」

531 :それも名無しだ:2008/10/25(土) 22:29:10 ID:c+JBGZkR
レモン「実を言うとね…、アクセルには兄がいたのよ」
ミィ「え…、そうなんですの?」
レモン「ええ…。それも二人は双子でね、二人は子供の頃に戦争に
   巻き込まれて離れ離れになったのだけど、初めて今のアクセルを見た時は
   ビックリしたわ。兄と本当に瓜二つなんだもの」
ミィ「今の…アクセル?」
レモン「あら、言わなかったかしら?
   『アクセル・アルマー』は組織内でのコードネーム。本名は別にあるのよ。」
ミィ「ア、アクセルの本名ってなんていうんですの!?」
レモン「そう急がないの。兄の方も優れた操縦・戦闘技術の持ち主でね、
   軍でも組織でもエースとして活躍していたわ」
ミィ「…レモンはお兄さんの事が好きでしたの?」
レモン「……。そうね、私は彼の事が好きだった。
   彼が死んだ時は部屋で声を殺して泣いたわ」
ミィ「じゃあ…、やっぱりお兄さんの方はもう…」
レモン「ええ。前の戦闘で右目の損傷その他もろもろの重傷、
   それなのに私達がピンチと分かるや否や出撃してね。
   結果として私達は彼の命と引き換えに生き残ってしまったのよ」
ミィ「……」
レモン「通信越しに聞いた彼の最期の言葉、今でも耳に残ってるわ。
   『お前ら…、こんな世界で満足かよ…? イヤなんだ、俺はな……』って」
ミィ「…今のアクセルとはどうやって知り合ったんですの?」
レモン「私達は数年後に彼の弟がゲリラ組織に所属している事を突き止めてね、
   そして彼を引き抜くために、私はヴィンデルと一緒に彼と直接コンタクトを取った。
   『お前をシャドウミラーに迎えに来た。
   ライル・ディランディ、いや、アクセル・アルマー』
   ヴィンデルからこう言われた時、彼、心底驚いてたわ。
   あと、兄の方は『ニール・ディランディ』っていうのよ」
ミィ「ニールとライル…、ライル・ディランディ…、それがアクセルの……」
レモン「ちなみに彼の『〜なんだ、これがな』って口癖は元々は兄のものでね、
   兄の乗っていた機体のAIをアクセルの機体に移したんだけど、
   彼は『アクセル・アルマー』になるために、AIから聞き出してそれに倣ってるのよ」
ミィ「そうだったんですのー」
アクセル バンッ「おいレモン!! デタラメを吹き込むのはやめろ!!」
レモン「あら、聞いてたの」
ミィ「う、ウソだったんですの!?」
レモン「ちょっと考えれば分かるでしょうに。フフッ、あなたもまだまだね」
ミィ「………ミイィィィィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!」

532 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 08:30:26 ID:niBIPCGm
ロッコン兄さん!

533 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 08:35:21 ID:aNWgaM8u
ラミア「あ、あの、隊長。そこのソファーで構いませんので、今夜は一緒に寝てもよろしいでございますでしょうか」
アクセル「ん……何かあったのか? 嫌がらせか、ストーカーか」
ラミア「それが……」
ボソボソ
アクセル「怖いページを見てしまったぁ!? ……お前、可愛いな」
ラミア「そ、そういうことは言わないでおくんなまし」
アクセル「……ま、いいか。ほれ、入れ」


アクセル「だが冷静に考えると変な話だ。アンドロイドが幽霊を怖がるとか、そっちの方が奇妙だ。
普通は、非論理的です、って否定するんじゃないか?」
ラミア「……ニュータイプ、超能力者、プロトデビルン、アインスト、そんな存在が同居するこの世界で、
幽霊を非論理的と否定する方が、非論理的かと」
アクセル「……そうかもしれん」
ラミア「隊長に恐ろしいものは?」
アクセル「……ある。だが、そいつに相対する限り、誰の部屋で何人で寝るのも同じ事だとわかってる。
だから、恐ろしくはあるが、今更怖いなどと感じない」
ラミア「……よく理解できなかったりしちゃいます。

……私には、もう一つ怖いものがありますです」
アクセル「なんだ」
ラミア「隊長と一緒に寝ることですわ。隊長と一緒に寝たら、恐ろしさのあまりガタガタ震えてしまうかも」(棒読み)
アクセル「……よくわかった。今夜はガタガタ震わしてやる」
がばっ
ラミア「きゃー、饅頭怖ーい」(棒読み)

534 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 12:34:18 ID:mXuA9O2a
エキドナ 「W17、無様だな。おまけに隊長に迷惑をかけるとは」
ラミア 「くっ…、ならばW16、貴様もあのページを見てみるがいい!」
エキドナ「いいだろう。だが、私は貴様とは違う…隊長に迷惑などかけんからな」

〜その日の夜、アクセルの寝室〜

コンコン

アクセル「…ん?」

コンコンコンコン コンコンコンコン

アクセル「ええい、誰だこんな夜中に!?」
エキドナ「…」
アクセル「…W16か。何のようだ?」
エキドナ「あの…トイレ…」
アクセル「あぁ?」
エキドナ「トイレ…一人で行くのが…その、怖くて…ついてきて頂けないでしょうか…(///)」

535 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 14:11:13 ID:ZrLPJJMu
ラキ「カレーが怖い」
ジョッシュ「え?」
ラキ「カレーが怖いんだ」
ジョッシュ「そうか……じゃあ今日はビーフシチューに変えるよ」
ラキ「何?」


ラキ「シフォンケーキが怖い」
ジョッシュ「? じゃあ今日は下げておくよ」
ラキ「あ……」


ラキ「ジョシュアが怖い」
ジョッシュ「え? そんなに不機嫌そうな顔してたかな……少し頭を冷やしてくる」
ラキ「待て、ジョシュア」
ジョッシュ「なんだ?」
ラキ「今日、ウォーダンと『ラクゴ』を見たのだが……」
ジョッシュ「落語?」
ラキ「ああ。なんでも、ウォーダンが説明するには、本当に好きなものには、
怖い、と言うらしい。……だが、違うのか?」
ジョッシュ「……ラキが怖い」
ラキ「む……」
ジョッシュ「って言うよりも……ラキが好きだ、って言う方が手っ取り早いし……」
ラキ「……ああ、嬉しい」
ジョッシュ「そうだろう?」
ラキ「そうなんだが……だ、だがジョシュア、あまり好きと言えないこともあるんだ」
ジョッシュ「そんなの、あるのか?」
ラキ「ジョシュアに……ボソボソ……なのが怖い」
ジョッシュ「そのぐらい、なんてことないさ。ほら」
ラキ「あっ……」
ちゅっ
ラキ「ジョシュアが、怖くない……うん……好きだ……」

536 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 18:29:39 ID:/xTu9kJU
レモン「なんで子供ってトイレに行けないのかしら」
アクセル「夜中にトイレ以外のどこに行くんだ」
ウェン「やっぱり、暗闇は怖いんだろうね」
ミィ「怖い本読んだ後でも安心してトイレに行く方法はないですの?」
アクセル「ない。諦めてとっとと出すもの出してこい」
ミィ「薄情者ですの! 女の子がいまにも消えてしまいそうなほどか弱い手を差し出したら、
決して離さないと誓うのが男の子の役目ですの!」
アクセル「そんなキャッチコピーのゲーム知るか! 第一俺には角はないッ」


ヴィンデル「で、何故私が付き添う羽目になる。ツヴァイのあだ名がホーンドマンだからか?」
ジョッシュ「大変ですね……」
ヴィンデル「貴様は誰の付き添いだ」
ジョッシュ「いや、ウンブラに頼まれて……」
ヴィンデル「(……何故ヤツがここで寝泊りをしている)
猫用砂箱でもあてがっておけ」
ミィ『マニアックですのよ、ヴィンデル』
ヴィンデル「やかましい! とっとと用を足せ!」


ラキ「ジョシュア、まだ戻ってこないか……」

537 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 20:22:54 ID:3jle8iJj
この流れ…聖水プレイか!!

レモン様の一番搾りおいしいです(^q^)

538 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 23:25:09 ID:qQUzKMHR
ヴィンデル「うわーん!! またハガネとヒリュウ改の奴等にいじめられたよー!
      何とかしてよ〜ドラレモン!」
レモン「しょうがないわねぇ、ノヴィンデル君は。
テレテッテテー……鋼の魂〜。装甲+250、運動性+30、命中率35%上昇よ」
ヴィンデル「わぁいやったぁ! これでもうあいつらにいじめられないよ!
      さっそく熱血・必中・幸運をかけた邪龍鱗をぶちこんでくるよ!!」
レモン「いってらっしゃい。私はアクセルとデートしてくるわ」



ヴィンデル「……という夢を見たんだがどう思う?」
レモン「とりあえず一発ぶん殴るわね?」

ラキ「リム、何故レモンは怒っているんだ?」
リアナ「うーん…タヌキ型ロボと一緒されたら良い気分はしないんじゃない?
    もしくはネーミングの悪さかな」
クリス「タヌキじゃなくてネコ型だよ。私は好きだけどなぁ、ドラ○もん」

539 :それも名無しだ:2008/10/26(日) 23:27:28 ID:1f81ctTH
レモン(アクセルとのデートシーンではなく、ワカメの戦闘シーンを聞かされたのがムカついたなんていえないわね…)

540 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 09:01:13 ID:IaFbPar9
エキドナ「(猫型レモン様……)」

(艶めかしいペルシャ猫風黒猫レモン)

エキドナ「」ドバッ
ラキ「ど、どうしたエキドナ!」
アクセル「頭を上にさせろ! 鼻になんでもいいから突っ込め!」


レモン「頭脳が限界を越えた処理を行い、その熱が鼻孔付近の体液循環を阻害したのね。
で、どんなことを考えてたのかしら」
エキドナ「ど、どうかそれだけはお許しください」
レモン「いいじゃない。私にはこっそり教えなさいよ、ね?」
エキドナ「レモン様だから駄目なんですっ」

リアナ「(犬耳と犬のふさふさ尻尾つけたウェン……)」
ウェン「はぁ、コーンポタージュも美味しいね」
リアナ「あんまり変わらないか」
ウェン「? 確かにココアとコーンポタージュは同じくらい美味しいけど」

541 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 13:23:10 ID:UfxjYpEd
ミニラキ(E:ネコの着ぐるみ)「ネコズキナヤツメェ」
ジョシュア「誰がこの着ぐるみを作ったんだろうか………」
リム「お兄ちゃんお兄ちゃん、肉球まで付いてるよ、この着ぐるみ!」
プニプニ
ジョシュア「まさかこれもレモンさんの………ハッ!?」

そこには猫の着ぐるみ(明らかにジョシュアサイズ)を持ってニコニコしているレモン女史と既に着ぐるみを着せられたアクセルの姿が!

542 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 14:12:19 ID:ZMgOFUDZ
シン×セツコに萌えられない無能クズは人間の出来損ない。だから死ぬべき



543 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 14:34:55 ID:KSAX0rQg
数分前

アクセル「ふざけるなーッ! そんな着ぐるみ着るかぁ!」
レモン「私が貴方の体格に合わせて特注したの。着心地は抜群よ」
ラミア「諦めてくださいませ」
アクセル「やめろショッカーッ!」
ごそごそ
アクセル「あッ……ん」
レモン「どうかしら? どこかきつかったり辛い部分ない?」
アクセル「ぜ……全然そんなとこなふぁいぜ……これが」
レモン「そう」
ラミア「ちょっと私にも着せてくださいませ、隊長」
ミニラキ「ヌクヌクナヤツメー」

544 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 20:04:22 ID:Kk8tu/Tp
なぜか脳内映像は劇団四季ではなく、ひげよさらばだった

545 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 21:51:44 ID:IaFbPar9
ちゃららららんらんちゃららららん♪
アクセル「何だ、このチャイニーズサウンドは」
ミィ「ハウチーライライメイプーニャン♪
ニャンニャンニャンニャンニーハオニャン♪
ゴージャスデリシャスアインストー♪」
アクセル「……それは、作詞作曲の意図は知らんからなんとも言えんが、
中国語の娘を意味するニャンであって、多分猫の泣き声とは関係ないと思うぞ」
ミィ「なんですとの!?」


546 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 23:35:34 ID:5JarnV7N
>>540
子供のころ、鼻くそほじってたら本気で鼻血が止まらなくなって
洗面器で血を受けながら耳鼻科に連れて行かれたことがあった。

547 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 23:38:11 ID:B8eqvUZ0
鼻血は体温下がると止まるから、とにかく身体を冷やせばいい

というわけで南極でノースリーブとかどうよ?
すぐ止まると思うぜ

548 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 23:44:02 ID:tHPoAl2N
>>547
Wシリーズなら、いくらか体温調整は効くと思われるが…レモンや隊長が
絡むと、それさえ追いつかなくなるんだろう、きっと。

ハッ、まさかそのためのDTD…

549 :それも名無しだ:2008/10/27(月) 23:51:51 ID:qESfVf4P
シャドウミラーは犬だと思うがなぁ…
ラミア「隊長……」
アクセル「何だ?」
ラミア「何故の鎖プレイですのこと?」
アクセル「変なジャンルを作るな。貴様の胸に聞いてみろ」
ラミア「…………」
ラミア「………!」
タプンタプン ユサユサ コリコリコリ…
ラミア「………?」
アクセル「はぁ…一生やってろ」
ラミア「??」モミモミモミ

レモン「それであの子は?」
アクセル「外に繋いできてやった」
レモン「貴方も酷い男ねぇ…ちょっとしたスキンシップじゃない」
アクセル「ちょっとでDコンは砕けん!……全く、奴との真剣勝負を…ブツブツブツ」
レモン「やれやれね…」
「……ちょ〜〜…

……た〜〜いちょ〜〜……」
レモン「……呼んでるわよ?」
アクセル「ちっ…何だ!人形!!」
ラミア「オシッコ」
アクセル「くたばれ!!」バタン
アクセル「まったく、手間のかかる失敗作が!」
レモン「(と、言いつつちゃんと行くのね)」
アクセル「ん?なんだ?」
レモン「いえ、なんでも♪」


ジョシュ「それで、二人とも今日は外で食べるんですか?」
レモン「いちいち行くのが面倒なんですって」
アルフィミィ「本末転倒ですの」
『待て!伏せ!お手!』
リム「アクセルさん楽しそう……」
ヴィン出る「くだらん」
『そろそろご褒美が欲しいワン!』
タップリクラエ!デイイィィヤッ!!
キャイキャイン!

550 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 00:17:29 ID:sTgqgdri
ラキ「ジョシュア、ジョシュア」
ジョッシュ「ン……犬? そのダックスフント、どうしたんだい?」
ラキ「ベルトーチカに預かってな。どうやって面倒を見ればいいんだ?」
ジョッシュ「そうだな……餌は既製品はよくないな。手作りのヤツをあげた方がいい」
ラキ「ふむふむ……あ、コラ!」
ジョッシュ「ラキ、少し乱暴な持ち方だぞ。少し俺に預けてくれ」
ラキ「ああ、頼む」
ジョッシュ「ン……よっと。
おいおい、もうちょっと落ち着けよ」
犬「きゃんきゃん!」
ペロペロ
ジョッシュ「こらこら」
ラキ「!!!!!!!」
ジョッシュ「……ラキ、どうしたんだ?」
ラキ「……犬なのにずるい」
ペロ
ジョッシュ「こ、こら、ラキ!」
犬「きゃん!」
ペロペロ
ラキ「き、貴様……」
ジョッシュ「く、くすぐったいって! 手が塞がってるんだからやめてくれよ、ラキ!」
ラキ「犬にやらせて私にはやらせないということか?」
ジョッシュ「そういうことじゃ……」
スタッ
トットットットッ
ジョッシュ「あ……」
犬「ワンッ」
ゴロン
ジョッシュ「ソファーを占領されたか……眠くなったのかな」
ウンブラ「ううん……あれは……」
ラキ「あれは?」
ウンブラ「……秘密」
ラキ「節操のないヤツだ。思う様ジョシュアの顔を舐めてソファーで横になるとは」
ジョッシュ「……まぁ、いいか」

ウンブラ「……(やってられんわ、って顔)」

551 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 01:54:49 ID:dYW8Q5BO
>>548
だがちょっと待って欲しい。
アシェンはDTDを発動させると、コスチュームの緑色の部分が無くなり、放熱を促進させている。
つまり、ラミアにも同様の機能があるならば…ん?窓の外に随分と大きな天使の影が

552 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 10:19:08 ID:zz7CgIrx
ウォーダン「コードDTD、発動させるしかないか……ぬぉぉぉぉぉぉ!」

穿いてないミニスカ風衣裳化

リアナ・ミィ「「いやーッ!」」

553 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 10:54:09 ID:uhMx4vMt
やっちゃうからね!








試験前になんてモノ思い出させてくれたんだウア゙ァァァァァァ

554 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 16:49:05 ID:ehQqkh9J
ある日寝苦しくて目が覚めたらアクセルの腹に秋田犬(大型犬種)が大量に乗っていた。
秋田犬(ヘッヘッヘッヘッ)
アクセル「誰がコイツ等を………ハッ!?アルフィミィ何故逃げる?」
アルフィミィ「し、知らないですの!」
アクセル「えぇいここまで理不尽な事をするのはオマエとレモンぐらいだ!」


秋田犬は可愛いよ。

555 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 18:45:45 ID:2Xxg3Miu
>>553
小野健一声でえい☆とか言っちゃうわけですね、想像しちゃいました。

556 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 18:46:50 ID:boLc9n9X
レモン「んー……」
アクセル「どうした?」
レモン「考えて見ると、カサレリアであのスペシャル君の家で家畜を見た以外は、
あんまり見ないわね」
アクセル「ペットを飼う余裕なんてないんだろう」
レモン「嘆かわしいわね。人は動物と共存することで、余裕を手に入れたのよ」
ラミア「ペットと家畜は別の存在なのでしょう」
レモン「……それもそうね。
私にとっても、アクセルと貴女は違いますものね」
アクセル「んー……そうか」
ラミア「そうでございますか」
アクセル「……」
ラミア「……」
アクセル「待て! どっちがペットでどっちが家畜だ!」
ラミア「別に私はどちらでもよろしいのですが……」
レモン「あら、そういう意味じゃないわよ」
アクセル「どういう意味だ!」
レモン「そうね、強いて言うなら両方ペットで両方家畜」
アクセル「……ペットだって噛み付くんだがな、これが!」
ラミア「オツベルと象ですわ」
レモン「あ、ちょ、ちょっと貴方たち、あぁん♪」


ラキ「何故人はペットを飼うんだ?」
ジョッシュ「さぁな。可愛いからだろう」
ラキ「可愛いと飼いたくなるのか?」
ジョッシュ「ああ。心が癒される、ってことなんだろう」
ラキ「もしも私が可愛かったなら、ジョシュアは私もペットにしてくれたか?」
ジョッシュ「……しません」
ラキ「しないのか……」
ジョッシュ「に、人間は人間をペットにしないんだよ!」
ラキ「私はメリオルエッセだぞ?」
ジョッシュ「そうじゃなくて……ラキは、家族だよ」
ラキ「ペットも家族ではないのか?」
ジョッシュ「とにかくペットじゃないんだよ!」
ラキ「ではなんだ?」
ジョッシュ「……特別な人、さ」
ラキ「特別?」
ジョッシュ「ああ、特別だ」
ラキ「……」
ジョッシュ「……」
ラキ「そうか。私もジョシュアは特別だ。確かに、ペットなぞより、もっとずっと特別で大切だぞ、ジョシュア」
ジョッシュ「う……///」

557 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 19:00:11 ID:D7AvNMev
>>554
アクセルとミィが某野原家の親子みたいだw

558 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 22:14:25 ID:dYW8Q5BO
ttp://stat.ameba.jp/user_images/79/3d/10058232092.jpg

こんなのがアクセルの腹の上にのっていたのか。
犯人はミィじゃなくて、エキドナじゃね?と言ってみる。

559 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 23:50:28 ID:AkaU24Nk
>>549
うあ、久々に……



ラミアカワユス(;*´Д`)

560 :それも名無しだ:2008/10/28(火) 23:55:15 ID:zz7CgIrx
アクセル「(腹の上に小動物が……やれやれ)」
むにむに
アクセル「(あまり毛がないが、一本は長いな)」
ぷにぶに
アクセル「(妙にボリュームのある肉球だな。


……)」
パチッ
ラミア「……。(カーッ)」
アクセル「……。


うおどわぁっ!?」
ラミア「あ、あの、隊長、粗相はベッドを直した後で……」
アクセル「な、なんで貴様がここにいる!?」
ラミア「仮眠が終わったら起こせ、と……あ、あの、私もそう何度も揉まれると……いえ、もそっと強めでどうぞ」
アクセル「でぃぃぃぃぃっやっ!」

561 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 00:38:03 ID:2y/SUfNf
>>558
エキドナ 「まいったな…子犬を預かったのはいいが、哺乳瓶からミルクを飲んでくれない…」
子犬 「きゅぅ〜〜ん…」
エキドナ 「…そういえば、レモン様から聞いた事がある…試してみる、か」

哺乳瓶からティーカップへミルクを戻し、ごくりと飲み干すエキドナ

エキドナ 「体内代謝モード変更…これでよし。あとは…」

服の肩紐に手をかけるエキドナ。

子犬「くぅん?」
エキドナ 「あ、あんまりこちらを見るな、恥ずかしい (///)」


〜10分後〜
エキドナ 「んっ…こら、あんまりがっつくな…」
子犬 (グビ、グビ、グビ)
エキドナ (それにしてもレモン様は私に授乳モードまで付けて、誰の子守りをさせるつもりだったんだろう?)

アクセル「おいW16、次の任務だが…って、(゚д゚)」
エキドナ 「た、隊長…!? (///)」





レモン 「で、哺乳瓶を思いっきり投げつけられた、と」
アクセル「いででで! 消毒ぐらい、もう少し優しく…」
レモン 「…親心と女心をわからない唐変木には、これで十分よ (ぶしゅーっ) 」←マキロンを額の傷へ吹き付けた
アクセル 「ギャーーーッ!」

562 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 00:52:12 ID:I1k4Ib0p
い、犬うううう
俺に代われっ、代われえええ

563 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 11:03:16 ID:QkcTJ+T8
>>562
バカヤロウ!犬単体で可愛いだろうが!と秋田県民らしく言ってみる。


ジョシュア「………この犬は」
ラキ「ヴィンデル曰くサモエドという犬らしい。………ジョシュアジョシュア、毛並みがフカフカだぞ!」
サモエド「キュ〜ン」
ミニラキ「モフモフナヤツメェ」
ジョシュア「ラキ達が喜んでるから良いか……って!」

そこには秋田犬に腹に乗られて実に寝苦しいアクセルの姿が!

一方レモン様はひたすらそのアクセルと犬を激写していた。

564 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 12:36:10 ID:WBQxYjpF
影鏡で犬ブームとな



565 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 20:09:02 ID:dvY04P5w
ウンブラがグレますよ?

566 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 20:11:39 ID:DM0MMUn7
ヴィンデル「モカとキリマンを5:5……これが私のレシピだな」
エキドナ「煎れたのは私ですが」

クリス「森永とバンホーテンを7:3……これが私のレシピだね」
ミィ「貧乏性なレシピですの」
クリス「いいの!」
ウェン「僕はこのココア、好きだよ」

ラミア「照れ隠しが1で愛情が9ですわ」
アクセル「何がだ」
ラミア「隊長のでぃぃぃやっ」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃやっ!」

ラキ「……1:1だな」
ジョッシュ「? 何がだい?」
ラキ「……ひ、秘密だっ」
ぎゅっ

567 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 22:43:09 ID:mXPvpmqG
誰か昔このスレに張られたゲイナーの告白コピペ隊長バージョンを張ってくれないか
ラミアー!って叫ぶやつ

568 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 22:48:33 ID:ILwEu0NM
アクセル「おい、模擬戦しねぇ? 模擬戦」
ラミア「えぇ、いいでございますわよ。 私、私すげー強かったりしちゃいますけど」
アクセル「言っとくけど。 俺すげー強えーよ。だって、俺のライバルにあの、ベーオウルフいるもん。ベーオウルフ! ライバル! ベーオウルフいるもん!」
ラミア「いいですわよ。やりましょう。 なに、なに賭けちゃったりしちゃいます? ……PSP版Aの主役権!? あ…はい…あ、いいでございますわよ? いいでございますわよ。強化パーツ。いいでございますわよ!強化パーツ!」
アクセル「……ああ。じゃあアポジモーターで。 プロペラントタンク、増し増し」
ラミア「増し増しでござりますー!増し増しでござりますー!! ……ふ、ふふww私自重wwww 私自重しちゃいましょうwwwwww」
アクセル「あ、いい?あ、じゃあ俺ヴァイサーガ使うわ。ヴァイサーガ。おう」
ラミア「隊長てヴァイサーガ使わないでくださいませ。私ヴァイサーガ使っちゃったりします」
アクセル「だ、ちょ、お前ヴヴァイサーガ使うなって!」
ラミア「隊長ソウルゲイン使っときなさいませ! 隊長でぃぃぃや! が好きでございましょう!」
アクセル「だからヴァイサーガ使うなって!おい!おい!!ヴァイサーガ!! っヴァイサーガ使うなってーーー!!!!」

間違いなく違うだろうが私は謝らない

569 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 23:28:33 ID:Vz5a3G5S
>>568
なんというアクラミ(曲名的な意味で)

570 :それも名無しだ:2008/10/29(水) 23:58:27 ID:mXPvpmqG
>>568
間違いなく違ぇ!てゐ使うなってー!!

571 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 01:49:19 ID:FDV6+adi
しゃーない、ほらよ
人形!
好きだァー!人形!愛しているんだ!人形ー!
次元転移をする前から
好きだったんだ!
好きなんてもんじゃない!
ラミアの事はもっと知りたいんだ!
ラミアの胸の事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
オッパイを抱き締めたいんだァ!
潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
喘ぎ声は
俺の叫びでかき消してやる! オッパイ! 好きだ!
オッパイーーーっ! 愛しているんだ!これがな!
俺のこの心のうちの叫びをきけー!
過激にファイヤー!
主人公が同じになってから、人形を知ってから、俺はオッパイ星人になってしまったんだ!
愛してるってこと!好きだってこと!俺に押し付けろ!
オッパイを背中に押しあててくれれば、俺はこんなに苦しまなくってすむんだ、これが。
命令に忠実な人形なら、俺の心のうちを知っていて、俺に応えてくれるだろう
俺はオッパイを俺のものにしたいんだ!その美しい丸みと柔らかいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!
キスだけじゃない! 心からオッパイに尽させる!それが俺の喜びなんだな
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかい愛撫を、どこまでも、どこまでも、させてもらう!
人形!貴様がツンドラの中、素っ裸で揉めというのならやってもみせる!

572 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 02:03:33 ID:FDV6+adi
しゃーない、ほらよ

人形!
好きだァー!人形!愛しているんだ!人形ー!
次元転移をする前から
好きだったんだ!
好きなんてもんじゃない!
ラミアの事はもっと知りたいんだ!
ラミアの胸の事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
オッパイを抱き締めたいんだァ!
潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
喘ぎ声は
俺の叫びでかき消してやる! オッパイ! 好きだ!
オッパイーーーっ! 愛しているんだよ!
俺のこの心のうちの叫びをきけー!
過激にファイヤー!
主人公が同じになってから、人形を知ってから、俺はオッパイ星人になってしまったんだ!
愛してるってこと! 好きだってこと!俺に押し付けろ!
オッパイを背中に押しあててくれれば、俺はこんなに苦しまなくってすむんだなこれが。
命令に忠実な人形なら、俺の心のうちを知ってくれて、俺に応えてくれるだろう
俺はオッパイを俺のものにしたいんだ!その美しい丸みと柔らかいすべてを!
誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!
恋敵がいるなら、今すぐ出てこい!一緒にもんでやる!
でもオッパイを俺に差し出してくれればそれでいい
俺はオッパイをだだ揉みしだくのみ!オッパイの谷間の奥底にまでキスをする!力一杯のキスをどこにもここにもしてみせる!
キスだけじゃない! 心からオッパイに尽させる!それが俺の喜びなんだな
喜びを分かち合えるのなら、もっとふかい愛撫を、どこまでも、どこまでも、させてもらう!
人形!貴様がツンドラの中素っ裸で揉めというのなら、やってもみせる!

573 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 02:46:02 ID:NxCum17f
大事なことなので二回言いました

574 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 09:03:40 ID:czumG5ZM
レモン「……い……や……ッ!」
アクセル「……レモン?」
レモン「やめ……て……! 私を……私を奪わないで……!」
アクセル「レモン! 落ち着け! 俺だ、ここにいる。お前を誰も奪ったりなんかしない。大丈夫だ、レモン」
レモン「……アク……セル?」


レモン「嫌な感覚……私って存在の内臓が、切り刻まれる感覚。私を構成する最小単位が、切り離されていく感覚」
アクセル「……」
レモン「やっぱり私って……どこか欠けてるのね、きっと」
アクセル「じゃあ、欠けていなかったら、何になるっていうんだ?」
レモン「さぁ。何になったのかしら。少なくとも……もう少しマシな私」
アクセル「……じゃあ、俺はマシじゃないお前でいい」
レモン「……ねぇ、アクセル」
アクセル「ん」
レモン「以前に、私と貴方は、成り行きって言わなかった?」
アクセル「言ったかもしれん。だがな、人間みなそうだろう。成り行きの集合体が、生きることだ。本人の努力に関わらず。
その中でも、お前との成り行きは、格別に大切なものだ。そう思っている」
レモン「……変わったわね、貴方」
アクセル「ああ、変わった。あいつらのせいだ。
……なぁ、レモン。強くなくちゃ生きていけないが、弱さを抱えちゃいけないことも、少なくとも俺はないと思う。
お前は……よく頑張っているからな」
レモン「……」
ラミア「隊長、ココアをお持ちしました」
アクセル「ああ、そこに置いてくれ」
ラミア「気付けに、砂糖が二倍入っているそうですわ。……レモン様、ごゆっくり」
アクセル「……ココアって砂糖入れるのか?」
レモン「……」
アクセル「ほら、飲め。……うぐ」
レモン「……甘いわ、これ。

……あっ……うっ……アクセル、胸を貸して……。
……泣いてる顔は、見せたくないの……。
バカみたい……センチメンタルな女の子の……つもりかしら……」
アクセル「……ほら、いいぞ、レモン。
しかし、残念だな」
レモン「?」
アクセル「泣いてるお前も、中々色っぽいんだな、これが」
レモン「……馬鹿。最低。大好き」

575 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 09:51:28 ID:0S4RF6T4
うわぁぁぁぁ!甘い、甘すぎるよぅ。朝からなんてものを…
GJだ!

576 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 16:47:40 ID:zXawM4fg
>>572
おっぱい最高だ

577 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 19:15:26 ID:LAEKaq03
小ネタ
レモン「ねぇ、アクセル……この世界に来てからはおとなしいじゃない」
アクセル「な、なにがだ?」
レモン「なにがって……あなた向こうでは
    オパーイマイスターとかオパーイソムリエとよばれてたのに
    ここのところご無沙汰だから………」
アクセル「ブフゥゥゥゥゥゥ!?」

ジョシュア「あぁだからアルフィミィとかも問題なし……」
リム「オパーイマイスターならしょうがないよね……」
アクセル「ご、誤解だ!!」

578 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 20:40:55 ID:I35Rek0S
オパーイマイスター…

アクセル「俺が、オパーイだ。」

成る程成る程

579 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 21:59:49 ID:CNQw80cN
    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   |
   し ⌒J

580 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 22:21:08 ID:Bmx3FLFK
クリス「ふぅ……いいお湯だったなぁ。ウェン、そろそろ寝よう」
ウェン「わかったよ」
クリス「んん……ふぅ」
ウェン「……」
クリス「どうかした?」
むにっ
クリス「ひゃっ!? ウェン、何するの!?」
ウェン「いや、こうすると気持ちいいな、って」
クリス「(お、落ち着くのよ、ウェンはこういうことは赤ちゃんと同じなんだから、これぐらい我慢しなきゃ……)」
ウェン「……あったかいね、リムは」
ぎゅう
クリス「それは嬉しいんだけどさ……あ、ちょ、ちょっと!」
ウェン「……zzz」
クリス「(ウェ、ウェンっておっぱい星人だったの?)」
リアナ「(んー、まぁ減るもんじゃないしいいじゃん)」
クリス「(よくないよぉ!)」
ウェン「リム……zzz」

581 :それも名無しだ:2008/10/30(木) 23:06:37 ID:CNQw80cN
ラミア 「私とレモン様のおっぱいを、手触りのみで識別できるのは隊長だけでございますです」

582 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 01:00:28 ID:Vd3Gqb+4
>>572
ちょっ
面影なくなるまで改変すんなw

オマイら好きだなおっぱい


アクセル「むっ……このマシュマロ……」
ジョシュア「?どうしたアクセ…」
アクセル「この手触り、質感…ジャムを封入したことにより高まっている弾力…例えるなら
 W17の右の乳下方向35゜から触れたときの様な…それでいて指の腹にまとわりつく脇乳の滑らかさを纏い…」
ジョシュア「……」
アクセル「…ふっ、すまんな。これでもオパーイソムリエを自負していてな」


レモン「昔のアクセルなら……↑なんてことも」
アクセル「無い!断じて無いぞ!!……おい、そんな目で俺を見るな!…ちょっ、ねぇ!ちょっと…ちょっとーー!」

583 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 08:42:55 ID:SmNlyIA6
ラキ「私だって、ジョシュアの胸ぐらいわかる」
ミィ「本当ですの?」
ラミア「それはそれで難易度が高いような」

ポンポン
ラキ「……違う」
クリフ「正解」
ポンポン
ラキ「これも違う」
ウェントス「当たりだね」……
ラキ「触るまでもない、違う」
イグニス「!?」
ポンポン
ラキ「これも違う」
アクセル「なんでわかるんだ?」
ポンポン
ラキ「む……むむ……これが、ジョシュア……いや、違う」
ユ○「何なんだ、これ?」
ラミア「本日はお越しいただきありがとうございました」
ポン
ラキ「……ジョシュアだ」
ジョッシュ「……正解」
ラキ「目隠しを取るぞ。うん、やはりジョシュアだ」
クリス「なんでわかるのかな?」
ラキ「種を明かすと、共感現象の応用なのだが」
ジョッシュ「応用?」
ラキ「ああ。毎夜、胸の感覚が先鋭にリンクするからな。ジョシュアが私の胸を揉むから……」
ジョッシュ「わーわー!」
ミィ「なんだ、ジョッシュは貧乳マイスターでしたの」
アクセル「納得なんだな、これが」
ジョッシュ「納得しないでくれ!」
ラキ「?」

584 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 08:46:02 ID:uL6T1/mY
>>583
ラキが貧乳ですと?!

585 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 11:27:03 ID:f8QBVcWd
貧乳じゃない適乳だ!と以前ODEな助手ラキネタをこっそり投稿したものから言わせていただく!

586 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 12:39:22 ID:uL6T1/mY
ラキ「ジョシュア、牛乳がなくなった」
ジョッシュ「倉庫に行ってくるよ」
ラキ「倉庫の在庫も空だったぞ」
ジョッシュ「おかしいなぁ、補給されてからまだ二週間なのに…」
ラキ「消費量が増えたと考えるのが妥当だな」
ミィ(ギクッ)

587 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 14:34:34 ID:V5cxQIOn
知ってるかミィ、この世界で牛乳ってのは牛の絶対数が少ないから凄い貴重品なんだ
普段は合成ミルクとか泥水で生きていく世界なんだぜ?

588 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 14:46:28 ID:SmNlyIA6
ヴィンデル「……全員、そこに並べ。
アクセル」
アクセル「知らないんだな、これが」
ヴィンデル「W17、W16」
ラミア「心当たりはないでがんす」
エキドナ「左に同じく」
ヴィンデル「レモン、W15」
レモン「さぁ、どうだったかしら」
ウォーダン「……」
ヴィンデル「テーン、バリソン」
テーン「自分も知らないです」
バリソン「俺も知らんぞ」
ヴィンデル「艦長」
リー「牛乳は飲まん」
ヴィンデル「……ラドクリフ、グラキエース」
ジョッシュ「いや、俺たちが発見者だし」
ラキ「知らないぞ」
ヴィンデル「ふむ……リムスカヤ、ウェントスはどうだ」
クリス「私たちも困ってるの」
ウェン「わからないよ」
クリフ「先に言っておくが、私も違うんだがね」

ヴィンデル「――あらゆる可能性を排除した時、残ったものが真実となる。
簡単な消去法だ。

そこのアインスト」
ミィ「な、なななんですの?」
ヴィンデル「どうした、貴様は吃音持ちだったか?
貴様は、違うな?」
ミィ「ぜ、ぜーんぜん違いますの! 牛乳なんか勝手に持ち出したりしてないですの!」
ヴィンデル「そうか、よくわかった。
こいつを尋問室に連れていけ」
ミィ「みぃ〜〜〜!」

589 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 15:23:20 ID:shu6ZAIo
ミィちゃん、牛乳を飲まなくても好きな人に揉んでもらうと大きくなるよ!

590 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 17:56:25 ID:XFnJVqrr
アクセル「そもそもの話、揉むモノがないんだ、これがな」


591 :それも名無しだ:2008/10/31(金) 20:39:17 ID:DWlRPIHt
ラキ「ン……気持ちいい……」
ジョッシュ「ラキ……この辺りがいいのかい?」
ラキ「ああ……。……はっ!?」
ササッ
ジョッシュ「ど、どうしたんだ?」
ラキ「す、好きな人に揉まれると大きくなってしまうとラミアが……」
ジョッシュ「……多分ラミアは別の部位の事を言ってるんじゃないか。肩がどう大きくなるんだよ……」


アクイラ「……」
アクイラ120%
ウンブラ「……気持ち悪い」

592 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 01:03:17 ID:RWkfe67W
尋問スタート

アクセル「アルフィミィ……田舎のお袋さんが泣いてるぞ。正直に吐け」
ミィ「エクセレンはこんなので泣くタマじゃないですの。というかエクセレンも年中こんなことしてますの」
アクセル「……」


ラミア「アルフィミィ、このカツ丼が食べたいだろう。正直に自供しろ」
ミィ「トン助食べるからいいですの」
トン助「プギー! プギー!」
ラミア「た、食べさせるからやめなさいませ!」

クリス「今話してくれれば、この甘いココアを飲ませてあげるよ!」
ミィ「ココアは好きじゃないですの」


アクセル「いやぁ、手ごわい相手だ」
ラミア「まったくですわ」
クリス「歯が立たないよ……」
ヴィンデル「貴様ら……」


ジョッシュ「……アルフィミィ」
ミィ「……今度はジョッシュですの。どんな説得も聞き入れないですの! 耳を塞ぎますの!」
ジョッシュ「……耳を塞いだままでいいさ。ヤカンに氷と麦茶を入れたから、この湯呑みでも使って飲んでくれ」
ミィ「それだけですの?」
ジョッシュ「ああ、それだけだ」
ミィ「……ジョッシュ、ちょっと聞いてほしいことがありますの」


ジョッシュ「理由を聞き出した。他愛もない理由だよ」
アクセル「何ッ! ……さすがツンデレ殺しのジョッシュ……」
ラミア「汚いですわ、ジョッシュめ……」
ジョッシュ「何なんだ、その綽名は。
……それは置いといてだな、その、原因は彼女のペットらしい」
ラキ「ペット?」
ジョッシュ「ああ。しっかり、妥協案を話し合った。もう、こういう事態は起きないさ。
里親のところに、数匹送り返すから、大丈夫だってさ」
アクセル「ふむ……そうか。じゃあ今度、ペットフードでも持っていってやるか。猫か? 犬か?」
ジョッシュ「……と、とりあえず、犬用の骨でもあげれば、喜ぶんじゃないか」
エキドナ「そうか。ではそう手配しよう」
ジョッシュ「……」
ラキ「?」


ゴソゴソ
ミィ「さぁ、エサの時間ですの。起きますの」
手乗りクノッヘン「キュイ?」
ジョッシュ「……まさか、アインストとはなぁ……」
ラキ「ほら、骨だ。食べろ」
手乗りクノッヘン「カジカジカジカジ……」

593 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 07:15:44 ID:sfn/OON4
その時、影鏡基地の誰もがフードを被った三つ目猫の事を忘れていた

594 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 09:20:26 ID:yhftWEKZ
その時、世界のほとんどの人物がラテン語で炎の意味をもつ名を持った男を忘れ去っていた

595 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 09:28:36 ID:mDjFolOx
野性の少女のオッパイ

596 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 11:45:08 ID:sCBvccmk
アクセルって坂上智代より弱いの?

597 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 12:36:18 ID:aTHL5dta
猫「ニャー」
アクセル「ん?ああ、お前か。そういえば最近来てなかったな」
猫「ニャー」
アクセル「今日はいっぱい遊んでやるよ……猫じゃらしとミルクはどうだったかな?」
コンコン
ハーケン「邪魔するぜ」
アクセル「ん?何だ、ハーケンか。今日はどうした」
ハーケン「ちょっと暇でな。何か仕事がないかとうろついてんだ」
アクセル「俺達だって収入が少なくて苦労してんだよ。そんな余裕はない」
ハーケン「そうか。…ん?そのプリティーキャットは?」
アクセル「たまにふらりと来ては遊んだりしてるんだよ」
ハーケン「ふ〜ん、あんたがね。……そうだ」
アクセル「何してんだ?っておい!何か変なことになってないか!」
ハーケン「ああ、これを嗅がしてみた」
つマタタビエキス
アクセル「マタタビかよ…つまりこれは酔ってる状況だと」
ハーケン「まあ、そういうことだろうな」
アクセル「ったく。……この状況で遊んだらどうなるかな?」
ハーケン「猫じゃらしか。面白そうだな」



ウンブラの日記
酔いで体のうまく動かない私をハーケンとアクセルは翻弄し続けた。
意識ではやめたい私も本能には逆らえなかった。二人はそれを楽しむように私で遊び続けた。

598 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 17:08:37 ID:s8WdEKl6
ラキ「……夕陽だ、ジョシュア」
ジョッシュ「ああ。こうくっきり夕焼けが見えるってことは、随分寒くなったってことかな」
ラキ「そうだな。肌でわかる。
……」
ジョッシュ「寒いのは嫌いかい?」
ラキ「……あたたかい物が、私は好きだ。寒い私は嫌いだ……」
ジョッシュ「……考え方次第だろ。考えてもみてくれ。寒いって感じるから、暖めあえるんだろ」
ぐっ
ジョッシュ「……うん、ラキの指、暖かい」
ラキ「……私の指は、人より冷たい。やせ我慢はよしてくれ」
ジョッシュ「この冷たい世界よりは、暖かいさ」
ラキ「……ジョシュア。私は、あたたかいものが好きだと言ったな……? もう一つ、好きなものがある」
ジョッシュ「もう一つ?」
ラキ「優しいものだ。あたたかくて、優しいお前が好きだ、ジョシュア」
ジョッシュ「……俺もだよ、ラキ」
ぴとっ
アクセル「(そこだ、やっちまえ!)」
リアナ「(アニキにラキ、ファイト!)」
ジョッシュ「……聞こえてるんだがな」
ラキ「ふふっ、彼らも、優しくて暖かい。いいではないか」
ジョッシュ「……そうだな」

599 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 20:15:11 ID:+MniAblk
ハーケン「ヘイ、ダディ……なんで俺たちは簀巻きになってるんだ?」
アクセル「あー……なんか久々だ、この感じ」

600 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 21:47:20 ID:O53tfA3H
>>597
野暮な様ですまないが確かちょっと前にウンブラと猫が同一の存在だった事をアクセルは知った筈だぜ
それでボコられる原因が分かったアクセルが猫状態のウンブラを構わなくなってウンブラが寂しがるって話があった筈だ

601 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 21:54:00 ID:scUaDbeF
本当に野暮だな。
それくらい書き手の自由でいいと思うぜ

602 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 22:01:09 ID:aVvoRujh
そーいう一個のSSで延々続いてきたスレのお約束が消えるのってのもなんか淋しいんだぜ?

603 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 22:05:50 ID:wmaE/mYA
お約束なんかいらん。よいと思うものが繋がっていけばいい。
そして、その良いものというのは、SSを書いてくれる人なんだよ。

604 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 22:26:32 ID:Rmxs/EFd
ミィ「アクセル……三連休ぐらいどこかに行きたいですの」
アクセル「む……別に俺は構わんが、アルフィミィ。そうそう遠くには行けんぞ」
ミィ「ぶぅ……」
ヴィンデル「アクセル、知っているか」
アクセル「ん?」
ヴィンデル「シティ7には遊園地がある」
アクセル「ほぉ」
ヴィンデル「割引券もある」
アクセル「ふむ」
ヴィンデル「今なら、休日フリーパスも格安で買えるぞ」
アクセル「で?」
ヴィンデル「……もう知らん」
アクセル「あぁ! どうかお恵みを、ヴィンデル様!」
ヴィンデル「よかろう。だが条件がある」
アクセル「何?」


アクセル「……W17とW16も連れてってやれ、とはどういうことだ」
レモン「まぁいいじゃない。家族水入らずということで……」
アクセル「いつアイツらが俺の家族になった!?」
レモン「私の娘でしょ? 連れの娘みたいなものよ」
アクセル「……くっ、否定に足る要素が見つからん……む」
ラミア「……た、隊長……本日はお日柄よろしゅう……」
エキドナ「……」もじもじ
アクセル「……なんだ、そういう可愛げのある服も着れるんだな」
ラミア「う、うぅ〜……」
ミィ「アクセル、早く行きますの。とりあえずジェットコースターに乗りますの」
アクセル「あいよ。……お前等、変な目で見られるから、今日は隊長禁止だ」
エキドナ「え、ええ? ではなんと呼べば?」
アクセル「なんでもいいだろ」
ラミア「で、では……」


係員「はーい、未曾有のスリルアトラクション、恐竜帝国大追跡! お客様は何人ですか?」
アクセル「点呼ー」
ミィ「はいですの、アクセル」
レモン「いるわよ、アクセル」
エキドナ「こ、ここに……アクセル……さん」
ラミア「はい、アッくん!」
アクセル「五人な」
係員「はい、こちらへどうぞー。
(……どういう関係なのかしら?)」

605 :それも名無しだ:2008/11/01(土) 22:55:00 ID:ze6LfOzL
時間軸がずれたっていいじゃない。

606 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 01:48:43 ID:535JEa9Z
ハーケン「す巻きが懐かしい、か。俺はごめんだがな」
アクセル「だからといってどうする?ジョシュアの簀巻き職人っぷりはこの通り完璧だぞ」
ハーケン「OK、ならこうするまでさ」
ブチッ!
アクセル「な!縄をちぎっただと!」
ハーケン「ナイトファウルを服の中に忍ばせておいた。これを暴発させれば大抵の縄は千切れる。まあ俺にも多少のダメージがあるが」
アクセル「…とにかく、抜け出したなら俺も助けてくれ。そのエモノにはナイフ部分もあっただろ」
ハーケン「フッ、脱走でさえ危ないのに他人まで逃がしたんじゃ俺の罪がさらに重くなる」
アクセル「おい…」
ハーケン「まあ、さっきうっかりそっちの縄まで傷つけちまったし力を入れたら切れるんじゃないか?」
アクセル「……」
ブチッ!
ハーケン「お、あんたも自力で脱走か?」
アクセル「…フン、借りになど思ってやらん。自分でやったんだからな。…誰かが来る前にずらかるぞ」
ハーケン「OK」

607 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 09:30:18 ID:EwVVkzFl
ラキ「遊園地、か……」
ジョッシュ「何か乗りたいもの、あるかい?」
ラキ「お前が乗りたいものなら、なんでもいい」
ジョッシュ「え……俺が乗りたいもの、か」
ラキ「私は付き合うぞ、お前に」
ジョッシュ「うん……そうだな、もう少し、こうやって考えていようか……」
ラキ「ああ、私はいいぞ。こうやっていよう」


クリス「ウェン、今度はあのミニジェットコースターに乗ろう!」
ウェン「うん、いいよ。
ん、このジェットコースター、シートベルトだけなんだね」
クリス「ミニだからね。あ、発進するよ。きゃーっ!」
ぶるんぶるん

クリス「あー、楽しかった。……あ、ウェン!? ど、どうしたの!? 顔に何回も殴打された後が……」
ウェン「な、なんでもない、なんでもないよ、リム」

その後方
アクセル「……」
ラミア「た、隊長が瀕死ですわ!」
エキドナ「なぜこんなことに……」

608 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 15:34:07 ID:6EelW3fE
ラミア「アッくん!」

ラミア「アーっくん!」

ラミア「アッくん!」
アクセル「やかましい! その呼び方はやめろ!」
ラミア「やめた方がよろしいでございますでしょうか、隊長」
レモン「可愛いじゃない、アッくんって」
ミィ「大体、アクセル自身で、呼び方変えろって言ったじゃないですの」
アクセル「だが限度があるだろう! これからは隊長に戻せ」
ラミア「わかりました。アッくん隊長!」
アクセル「……でぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいやっ!」
エキドナ「ア、アクセルさん……もやめるべきでしょうか……」

609 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 18:31:28 ID:tw8Td95B
>>607
おのれアッくん…
ウェンはともかくアッくんめ…
巨乳二人にペチペチプルンプルン顔を挟まれるなんて許せない

610 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 18:34:43 ID:W50DZnNF
一方、はぶられた親分仮面は、バーチャルアイドル(熟女)のメイガスと
コンピューターの中で脳内デートをしていた。

611 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 19:57:35 ID:M2ZLM/83
>>607
ニコニコのスパロボ64プレイ動画で、アークのフルネームを「アー・クライトブルー」にしたら、
シャアが「アーくん」と馴れ馴れしく呼んできたのを思い出したw

612 :それも名無しだ:2008/11/02(日) 22:26:01 ID:ew+eimt7
ヴィンデル「くくくっ……貴様が、アッくんとは……笑えん冗談だな、くくくくっ……」
アクセル「うるせぇ、ヴィンちゃん」
ヴィンデル「ヴィンちゃ……!?」

ペルフェクティオ「ペルっちとか、ラフに呼んでいいよ」
ウンブラ「――黙れ」

613 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 08:49:47 ID:b6cOtgFR
アクセル「おいウン子ちゃん!」
ウンブラ「!?」

614 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 12:06:31 ID:REilAbLL
エキドナ「隊長、焼き芋など如何でしょうか」
アクセル「ん、悪くない」
ミィ「じゃあ落ち葉を集めますの」
エキドナ「いや、通販で買った石焼き芋セットがあるから……」
アクセル「石焼き芋セット? そんなのがあるのか」
エキドナ「はぁ」
アクセル「(モスレムを口に加えながら)
時代は変わった……」
ラミア「隊長がおいてけぼりなだけですわ」


クリス「……はぁ、焚き火あったかい」
ウェン「そうだね……」
ラキ「……なんだか眠くなってきた。ジョシュア、肩を貸してくれ」
ジョッシュ「ああ、いいよ」
クリス「あ、お兄ちゃん、アクセルさんとアルフィミィも焚き火始めるみたい」
ジョッシュ「そうみたいだな……けどあれじゃ、ラクビーボール型の炭を量産するだけだ」
ミィ「問題ないですの」
ウェン「聞いてたの?」
ミィ「モチのロンですの。あれは耐火性を上げたアインスト芋ですの。ほどよい具合で焼き上がりますの」
リアナ「……へぇ。
……ところでアニキ、ラキ、大丈夫?」
ジョッシュ「?」
リアナ「さっきまで肩によりかかってた頭がずれてるよ」
ジョッシュ「え……」
ラキ「くぅくぅ……」
パチパチ
リアナ「焚き火で溶けて縮んでるー!?」

615 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 12:19:27 ID:s+PLLfvz
ラミアがアインスト化したら最強じゃね?

616 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 17:32:16 ID:DnzXgNEq
ラキ「縮んでしまった」
クリス「や、やっぱりアイスドールだから?」
レモン「かしらねぇ」
リアナ「かしらねぇ、って……!」
ラキ「仕方ない。簡単にこうなってしまったんだから、簡単に戻るだろう」
ジョッシュ「そうだな」
ァクセル「楽観的というか無反応というか……」
ラキ「それよりジョシュア、そろそろお腹が空いてしまった。食堂に行かないか?」
ジョッシュ「そうするか」
アクセル「人間、あんなに落ち着いてられるものなのか……」


ラキ「ふむ、これがバトル7のカフェテラス新発売の、ライスバーガーか」
ジョッシュ「小麦の供給が安定しないんだそうだ」
ラキ「なるほど。はむっ……美味しい。ライスボールを思い出す味だ」
ジョッシュ「……そりゃあな」

ラミア「六歳ぐらいの小さなラキさんとジョッシュさんの構図が妙に様になってるのは気のせいでございますか」
アクセル「気のせいじゃあるめぇ、これがな」


617 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 21:26:54 ID:naV9Szei
>>615
ライン・ラミア・ラヴレス……
天使の様な…悪魔のような…

618 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 21:30:49 ID:brVdUeAe
天使のような悪魔の笑顔と申したか

619 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 21:34:21 ID:grbWmUaI
この街に溢れているとな

620 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 21:50:29 ID:qAKnhATo
くじけそうで迷いそうでござるか

621 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 22:04:13 ID:nkfBxe2x
何、アクセルなら見つけ出すさ、必ず

622 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 22:21:42 ID:m+kPwSOP
その心切なく私を呼び続けるのでありんすか

623 :それも名無しだ:2008/11/03(月) 23:35:20 ID:REilAbLL
ヴィンデル「やはり糞煩いので、娯楽室からカラオケは撤去する」
アクセル「そんな殺生な」
レモン「やっぱり娯楽室は、静かな方がいいわ。W16、ドライ・マティーニをお願い」
エキドナ「かしこまりました。BGMは『枯葉』で?」
レモン「悪くないチョイスよ」
ラミア「こちらは?
ブルームーン、マンハッタン、スクリュードライバー、ギムレット、なんでも作りますが」
ジョッシュ「……トマトジュース」
ラキ「ホットミルクだ」
クリス「ミルクココアお願いね」
ウェン「僕も同じく」
ラミア「……カクテルの勉強、いたしましたのに」


624 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 12:46:10 ID:v9uOM8yV
ラキ「ふぅ……ホットミルクは美味しいな」
ラミア「それは結構」
ラキ「……ジョシュア」
ジョッシュ「ん?」
ラキ「ミルクは、牛の乳だな」
ジョッシュ「ああ」
ラキ「人も、乳を出すな」
ジョッシュ「……そうだな」
ラキ「男は乳を出さないのか?」
ジョッシュ「だ、出さないに決まってるだろ!」
レモン「そうとも限らないわよ」
ラキ「レモン」
レモン「ごく稀に、脇腹辺りに乳首の名残がある男性がいるの。
で、割とざらに、乳を出す男性もいるのよ」
ラキ「ふむ。
矢張り出ないか?」
ジョッシュ「出ません!」

625 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 14:50:32 ID:7TKUCQaz
乳を出す男というと特ホウ王国思い出すのは俺だけかな

626 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 15:22:23 ID:7MCwB2if
アクセル「ストレーガか…… あの機体を見ていると
何故か上半身裸になって両腕にびっしりとペイントをしたくなるな……」

627 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 17:44:57 ID:B/+53bkR
ちなみに、男で乳が出る場合、乳癌の可能性がある。

628 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 21:00:51 ID:oq0+ZyZ+
ラキ「ニュウガン?」
ちらっ
アムロ「それじゃないんだが」
レモン「病気の一種ね。詳しくはこれを読むように……」
ラキ「ふむふむ……何ッ。ジョシュア、すぐに来てくれ」
ジョッシュ「?」
バタン
『あ、ちょっ、ちょっとラキ、あっ、あっ、アアッー!』
バタン
ラキ「大丈夫だ。ジョシュアは乳癌にならない」
ジョッシュ「うっ……ううっ……」
エキドナ「その前にシェルショックになりそうなようだが」


629 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 21:03:56 ID:t+j26kN1
ミィ「アクセルー、触診してくださいのー」
アクセル「誰がするか!!」

630 :それも名無しだ:2008/11/04(火) 23:17:01 ID:I/Q7S9rU
ミィ「じゃあ、私に触診させてですの。私がアクセルを治療したんだから、
しっかり体が治ってるか、確認ですの」
アクセル「勝手にしろ」
ミィ「ふむふむ……むむ、アクセルの腕……固いですの。前に治した時と感触が違いますの」
アクセル「のんべんだらりと過ごしているわけじゃないからな。俺だって鍛えている」
ミィ「なんでそんなに鍛えてますの?」
アクセル「決まってるだろう、お前等が危なっかしいからだよ」
ミィ「……それはつまり、私を守る為ということですの?」
アクセル「……勝手に解釈しろ」
ミィ「……それじゃあ、アクセルの肩をしっかり触診ですの。しっかり揉まないとダメですの」
アクセル「んん……悪くない。その次は、腰の上に乗ってもらえるか」
ミィ「やぁん……いくらなんでも、そんなにいきなり積極的なのはダメですの」
アクセル「足で踏め、って意味だ!」
ミィ「アクセル……別にどんな趣味持っててもいいですのけど、SMはちょっと引いちゃいますの」
アクセル「てかげんかけて、でぃぃぃぃぃぃぃやっ!」

631 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 07:43:55 ID:VEAT2ht+
     rr   、 、    /    /    _ ,/
    .||   ヽヽ   /     /  / _/ /         ヽ ヽ
    ||    ヽヽ/l  0  / / _/ _/            ヽ ヽ
   .|| r ‐ -、 ヽヽ !   l /  / _/ _, - ‐ ''' ''' ''' -、     ',. ',
   || i    `ヽ_二二二二二二_/ '´         \    i !
.   || i     _                        ',    ', ',
   ||  ',  r_'´_`ー、_ , -‐_'',,..´二二ニ_ー、_        ',    i i
   ll  i /r.;:-::::、:_::ー.-.‐:::;、:_;:-:‐::'::'::'::ー、ー、ヽ       i    | l
   ヽ,  i ||::i:::::::::::::::::i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::_::::ヽ;::ヽヽ      !    l |
.    '、 i ト::::;:ヘ::,::,::,::、::::::::::ヽ::-::;::;‐;:::;:::_::;、;::::::',',     i    i i
      ヽ i !::::ヽヾシ-ァ- - 、::_::ヽ..ヾ_シ,  ノ::::::::::j i      ,'     ヽヽ
      '、',、:::::::::::;/  '  ィー、;;:::::::::::::´:::::::;ノ//     /     ヽ ヽ-、
       ヾ! ー ' i   '      ` ー - - ' // _   /       `ー ァ
        |    \  、  〉        /// `ヽ i            /
        |                 /// /ヽ l i            /
        i     ,r - - - 、_       y j i l _ノ ! l        /
        ト    ー── -、!      /八 ',  / ',         /
          iヽ     ー       //   ゝ- '  ヽ     /
        | 'ー─────── ' /   /      ヽ- ‐'
          ', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i    /ー、_     |
          ',            l   / `ー、_ ー、   l
          ',________|./     `ー、ヽ |
           i ヽ                  ヽヽi
           /                    レ'
          _/ - ‐ '"´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー─--、_   |
         /                    ̄`ー 、
          /                        |

「この流れ…俺の出番か!」

632 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 09:22:50 ID:oOhQObPR
あみあみ

ラキ「何をしているんだ?」
ラミア「冬なので、隊長にマフラーを編んでいますわ」
エキドナ「今年は冷え込むと言われているし……南極に向かう機会も多いだろう」
ミィ「私もエキドナとラミアから習ってますの」
クリス「編み物かぁ……私も作ろうかなぁ。
……ねね、ところで一つ聞いてもいい?」
ラミア「?」
クリス「三人とも、誰に贈るの?」
ラミア「愚問ですわ」
エキドナ「とりあえずは隊長とレモン様に……ついでにヴィンデル様にも……」
ミィ「最初はアクセルとキョウスケですの」
クリス「ふーん……で、三人ともマフラー?」
ミィ「いけないですの?」
クリス「いけなくないけど……アクセルさん、マフラー達磨になっちゃうよ」
ラミア「む……。……その時は誰が最初に渡すか、争奪戦になるだけですわ」
エキドナ「ああ」
ミィ「早い者勝ちですの!? 急いで作らないと……! アインスト・グリードの力を借りますの!」
ラキ「……私も、ジョシュアに何か作ってやれるかな……」
クリス「私が手伝うよ。行こっ、とりあえず糸を貰ってこなくちゃね」

633 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 10:16:26 ID:5mu/4Ps2
「リー艦長、日本の方からグレートブースターが飛んできていますが」
「撃ち落とせ」


634 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 10:26:37 ID:Prix4B6n
>>632
編み物といっても色々あるじゃまいか。たとえば…
・マフラー
・セーター
・手袋
・腹巻
・パンツ


635 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 12:29:44 ID:HwqltIT2
レモン「ふーんふふーん♪ ……あっ」
アクセル「……レモン」
レモン「アクセル……あ、ちょ、ちょっと! 今は駄目よ!」
アクセル「固い事言うな。ジョッシュ達の空気にあてられたみたいだ。たまにはいいだろう?」
レモン「今は駄目なのよ。あっ……」
(毛糸の腹巻を始めとする超防寒グッズシリーズ)
アクセル「……ぷっ」
ボカッ
レモン「笑わないの! 女性の防寒対策は死活問題なのよ!」
アクセル「理解したから、顎にグーパンは……」


グビッ
アクセル「ふぅ、もう一杯くれ。
俺としては、日頃色っぽいヤツが、いもっぽい服装に変えた時は、それはそれでそそられるんだが」
ジョッシュ「俺にはわからない話だよ」
テーン「隊長、自分はわかります!」
アクセル「わかるか!」
テーン「はいっ!」
アクセル「お前変わってるね」
ガラガラ
ジョッシュ「……」

636 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 13:08:47 ID:x/ya9GXK

シャドウミラー裁判

被告 ジョシュア

ジョシュア「ってなんでまた俺なんですか!」
アクセル「だまれこの性少年」
ジョシュア「はい?」アクセル「防音性がタダでさえ低いっつうのにグラキエースとODE(おいおいダメだぜエロスはよの略)を猿みたいにしまくりおってからに!」
ジョシュア「ギャー!?」
アクセル「というわけで騒音の方から立件したわけだ………ってオーイ?ジョシュア?」
ジョシュア「アナガアッタラハイリタイ………orz」


637 :それも名無しだ:2008/11/05(水) 20:53:20 ID:DpXDdqRz
影鏡兵「でも、正直この艦で一番騒音発してるのは、間違いなく隊長っす」
アクセル「な、なんでそこで俺になる!?」
影鏡兵「実際問題、隊長がいなくなったら、この艦は二倍静かになると思います。
いや、それはそれで寂しいんですけどね」
アクセル「ひでぇ」
ラミア「では隊長、これからは無音でやりましょう」
アクセル「できるか」
ラミア「いえ、FOX HOUND式CQCを使えば」
アクセル「ん?」

ラミア「(無音で抱きつき)」
アクセル「(無音でカウンター投げ返し)」
ラミア「(無音で受身、さらにカウンター)」
アクセル「(無音で、でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
!
ALERT 99.99%

ヴィンデル「……無音で戦うアイツらは、恐ろしく気味が悪い」
レモン「同感ね」


ラキ「……うるさいのはダメか?」
ジョッシュ「……ダメだな」
ラキ「では、お前がうるさくなってしまいそうになったら、私が黙らせてやる」
ジョッシュ「物騒な響きだな……ラキに、俺を黙らせることができるのか?」
ラキ「できるぞ」
ジョッシュ「どうやって?」
ぐい
ジョッシュ「ん?」
ちゅっ
ラキ「……こうすると、ジョシュアはいつも黙ってしまう」
ジョッシュ「……」
ラキ「……ジョシュア?」
ジョッシュ「……」(ポーッ)
ラキ「……ジョシュア!」

638 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 00:54:18 ID:J+IZg2Xg
〜影鏡 助手&ラキの寝室 AM5:30〜

ラキ 「ん…よく寝た…まだ5:30か…」
ジョッシュ「Zzz…」
ラキ 「ジョシュアはまだ起きない…シーツがずれている、風邪を引くぞジョシュア…ジョシュア?」

ジョッシュの股間が不自然に盛り上がってる事に気づくラキ

ラキ「…なんだこれは…? 夕べまでこんな盛り上がりはなかった筈だが…」
ジョッシュ「ZZzz…」
ラキ「…何故だ…盛り上がってる中身を知りたい欲求が抑えられん…」

ぎゅっ (←握ってみた)

ジョッシュ「…!?!?!?」

         ・
         ・
         ・

ラミア「と、これが彼の初めてのxxxでありんす」
アクセル「ほぉ」
レモン「若いっていいわねぇ」
ジョッシュ「あんたらなんでそんな映像持ってるんだーーーっ!?」

639 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 10:49:25 ID:4KLKuIRX
くそ、ここでは俺のようなジョシュアはやけに青少年説を唱える人間は駆逐されるのか!

640 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 10:58:20 ID:4TAZPI8j
>>639
とりあえずこれでも飲んで落ち着きたまえ

つ【リムのココア】

641 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 11:31:01 ID:zhotvr7e
レモン「この前の解析データはどこだったかしらね……ああもう、書類だらけで嫌になっちゃう」
アクセル「たまには片付けた方が良いんじゃないのか? というか、なんで紙媒体なぞに……」
レモン「デジタルデータは下手すると破損してあの世行きだから、こうしてバックアップも兼ねておいてるのよ」
アクセル「そんなもんか」
レモン「そんなものよ……ああ、あった」
アクセル「で、それは何のデータだ?」
レモン「Wシリーズにゲッター線を浴びせたらどうなるかなーって敷島博士と話しててね」
アクセル「はあ!?」
レモン「で、その場合どうなるかって予測とかについて色々書いてるの。見る?」
アクセル「止めとく。どうせ流竜馬や神隼人みたいになるのがオチだ」
レモン「ううん、予測はもっとデンジャラスよ。なんていうか、もう、人の形保てないレベルの――」
アクセル「止めろ、トラウマになる」
レモン「ほんとね。実験しなくて正解だったわ」
アクセル「する気だったのかよ」
レモン「だって科学者だもの」
アクセル「するなら別の実験にしてくれ……」
レモン「そう? だったらすぐにできる実験があるんだけど」
アクセル「なんだよ?」
レモン「男女の交配についての実験」
アクセル「……誘ってるのか?」
レモン「悪い?」
アクセル「ここでか?」
レモン「興奮するでしょ?」
アクセル「……ふっ」
レモン「ぁっ」



ウェン「ん? どうしたんだいリアナ、レモンさんにココア持っていかなかったっけ?」
クリス「っそそ、そうだったんだけどね! うん、なんだか忙しいみたいだったからさ!」
ウェン「そっかぁ。レモンさんも大変なんだねぇ」
クリス「そ、そうだよねー! あはは、あははは……」
ウェン「? 二人とも、顔真っ赤だよ? だいじょうぶ?」
リアナ「ふえ!? あ、え、お、う、うん!! だいじょぶ、全ッぜんダイジョブだから!!」
クリス(うぅぅ……恥ずかしい……レモンさんとアクセルさんが……あ、あんな……)
リアナ(ちょっとクリス、思い出さないでよ!)
ウェン「? ねえ、本当に大丈夫なのかい?」

642 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 16:27:59 ID:bziD3KsT
クリス「……」
ウェン「どうしたんだい、リム」
クリス「あ……ウェン……。
その、えっとね……やっぱりさ、ウェンも男の子だよね」
ウェン「そう、だね。人の範疇で見れば、僕は男性だね」
クリス「……」
ウェン「そんなに考え込んで、どうしたんだい?」
レモン「不安なのよ、この子は」
クリス「レ、レモンさん!」
ウェン「不安……?」
レモン「大切な人がいるのは幸いだけれどね、それでも、女の子は男の子を好きになりたいの。好きになってほしいの。……意味、わかる?」
ウェン「……好き、か。……」


クリス「ウェン、そろそろ部屋に戻ろう」
ウェン「リム、少しいいかな。聞いてほしい話があるんだ」
クリス「え……うん、わかった」
ウェン「僕は、君のことをとても大切に思っている。それは本当だ。けれどね、僕が男の子で、君が女の子ってこと、
これまで、少しも意識していなかったかもしれない」
クリス「続けて」
ウェン「でも、最近わかった気がするんだ。君から流れてくる、僕を恋い焦がれる、って言うのかな、そういう気持ち。
僕の中にもあるみたいなんだ、君を恋い焦がれる気持ちが」
クリス「うん……」
ウェン「恋……してるのかもしれない。男性として、君を好きになってるのかもしれない。……いや、わからない。わからないけど、
どう言えばいいんだろう、とにかく、君に好きと伝えたくてしょうがないんだ、リム。僕の口から……あっ」
クリス「大丈夫。私が伝えるから。女の子として、男の子の貴方が、大好きです、ウェントス」
ウェン「……僕も、君が大好きです、クリアーナ」


レモン「(難儀な子達ね、四人とも。
……あの子達はみんな、自己犠牲に値する『愛』があって、その後に、男女の『好き』が生まれて。変な関係。
……でも、そういうものが羨ましいと感じるのは、何故かしら……)」

643 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 18:33:09 ID:L7p305zC
うわぁ!時間がヤバいよ!
隊長、明日提出のレポート何も手をつけてないのにこのスレ読んでニヤニヤしてる俺に喝を入れてくれ!
俺本気で頑張るから!

644 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 18:37:47 ID:4TAZPI8j
ラミア「フレー、フレー、>>643!! 頑張れ頑張れ>>643、でありんす!」
(↑チアガールコスで思い切り乳揺れしながら)



645 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 19:18:55 ID:L7p305zC
>>644
鼻血で画面が見えないZE☆
ラミアさん、俺、頑張るよ!!!!!

646 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 19:40:53 ID:J+IZg2Xg
エキドナ@メイドコス 「(胸の谷間をちらつかせながら) >>645、お茶が入った…少しは休憩しないと身体を壊すぞ」

647 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 19:56:02 ID:bziD3KsT
テーン「何を書いてるんですか、ヴィンデル様?」
ヴィンデル「見ればわかるだろう。請求書だ」

648 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 20:00:00 ID:6Vpp/zv3
ワカメさん、部活の練習から逃げてきた俺を説教してください

649 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 20:21:15 ID:5fJab47+
>>645
がんばってねぇん

650 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 20:42:07 ID:bziD3KsT
気持ち悪い。

651 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 20:45:24 ID:PGEUwIR0
消えろ。

652 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 20:45:29 ID:VVAm8mGb
地獄に堕ちろ

653 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 21:16:22 ID:czfJLH0g
ワカメに逃げ出した奴を叱ることなんて出来るのだろうか…


654 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 21:18:02 ID:J+IZg2Xg
>>653

ミィ 「ということで、私がワカメの代わりに来てやったですの。感謝するですの」

>>648の背後から、胸を押しあてつつ抱きつくミィ

ミィ 「当たってるんじゃないんですの…当ててるんですの!」

655 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 21:29:47 ID:3cWsW5V8
(………洗濯板?)

656 :それも名無しだ:2008/11/06(木) 23:32:45 ID:oh7kwPMA
>>655
サ ク サ ク い き ま す の

657 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 01:28:05 ID:DU2/4alr
>>646
なんだかお茶が鼻血の味しかしないぜ
俺は何て幸せなんだろう。あと一息頑張るよ!!!!!

658 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 01:30:25 ID:DU2/4alr
>>649
気持ち悪い



でもがんばるねぇん

659 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 04:37:40 ID:z8srO2aD
開いた瞬間>>634と同じで吹いた。
終わって今から寝れるけど。頑張れ>>634、お前にはラミアとエキドナとみんながついているんだ。

660 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 09:14:30 ID:6AzQLqxl
萌える言葉
「モフモフウェントス」

661 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 09:18:45 ID:TtjCXeRQ
「タユンタユンラミア」

662 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 14:09:56 ID:gVIQKfr7
クリス「ウェン……」
ウェン「リム……」

――そうして二人は、初めての二人きりの夜を迎えるのでごさりまし

リアナ「へ、変なナレーション入れないでもらえる!?」
ラミア「これは失礼。しかし実際、夜になれば二人っきりで……」
クリス「うん! ウェンと映画見たりお菓子作ったりお買物に行ったり」
ラキ「編み物や料理を、ジョシュアから教えてもらいたい」
アクセル「レモン、俺は今、この微笑ましい連中を腹抱えて笑いたい気分だ」
レモン「……でも、恋人同士って普通そうよね」
アクセル「ん?」
レモン「違う?」
アクセル「……。
そう言われてもな……」
ジョッシュ「ラキ、そろそろ模擬戦の時間だ。行くぞ。リムも準備しておけよ」
ラキ「ああ、今、行こう」
リアナ「調子はどう? いける?」
ウェン「悪くないね。大丈夫だよ」
レモン「アクセル、私達も行きましょうか」
アクセル「……俺たちも行くか」
レモン「なら早くなさいな」
アクセル「いや、その、何と言うか、今夜、アイツらみたいな真面目なデートを」
レモン「あら、どういう風の吹き回し?」
アクセル「な、なんなら、アイツらも連れていってやっても構わんが」
レモン「……そうね、考えておきましょ。今夜は目一杯お化粧しないと。W17にも、お化粧を教えたげようかしら。とりあえず、一度シミュレータールームに向かうわ」
アクセル「……こんな感覚だったな、あの頃は」

663 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 14:35:15 ID:p235b4Ib
とりあえずな小ネタ。
アクセル「でなんだこれは」
レモン「何って注射よ、インフルエンザ予防の」
アクセル「それは分かるがなぜ縛る」
レモン「だってアナタいつも逃げるじゃない」

664 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 18:33:33 ID:DU2/4alr
終わった!たった今レポート無事提出できた!時間ギリギリだったけど内容教授に褒められたよ!
ラミア、エキドナ、ついでにアホセル隊長もありがとう!
みんなありがとう!

665 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 20:15:14 ID:e5q7N12a
ヴィンデル「アクセルゥゥゥ!」
アクセル「ヴィンデルゥゥゥゥゥ!」
バキッ
ガンッ
ゴンッ
ドカッ

クリス「なんでシロガネの天辺で殴りあってるの?」
ラミア「隊長が注射を拒んだからですわ」
ミィ「だからって殴りあわなくてもいいですの……ヴィンデルなんか上半身裸ですの。意外に筋肉質ですの」

ヴィンデル「でぇぇぇい!」
アクセル「おぉりゃぁぁぁ!」
グシャ
アクセル「はぁ、はぁ……」
ヴィンデル「ふぅ、ふぅ……」
カランコロン
アクセル「……はぁっ!」
ヴィンデル「……ぬぉっ!」
プシュ
アクセル「くぅぅぅぅ!」
ヴィンデル「ぬぅぅぅぅ!」

エキドナ「やっと注射してくださいましたか……」

ヴィンデル「来い、アクセル!」
アクセル「おう!」

ラキ「まだ殴りあうのか!?」

666 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 21:21:07 ID:Abo+UlfS
>>958-959
こんなんとか
ttp://bbs03.gazoubbs.com/2ji2nd/img/1205196800/98.jpg
こんなんとか
ttp://bbs03.gazoubbs.com/2ji2nd/img/1205196800/116.jpg
こんなん
ttp://bbs03.gazoubbs.com/2ji2nd/img/1205196800/101.jpg

667 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 21:44:44 ID:Abo+UlfS
ここに落としてた…orz
スレ汚しスマソ

668 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 21:45:36 ID:LfLJcNve
ラミア 「んもう、隊長ったら…」
エキドナ 「これぐらいの生写真なら」
ミィ 「何時でもお好きなだけ提供しますですのに」
アクセル「お前らまとめてでぃぃぃぃゃっ!!」

669 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 21:51:42 ID:j2msWBgY
>>664
よく頑張った
祝いに一杯やるぞ

つ特濃リムココア

670 :それも名無しだ:2008/11/07(金) 22:31:04 ID:LfLJcNve
>>664
よくやったな。こいつらは好きにしていいぞ

つ 【アインスト】






それにしても、このスレのレモンに関するSSとか読んでたら、ムゲフロの
特典CDが切なくて聞けなくなるぜ…

671 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 00:40:15 ID:Vo7BMXht
激甘と手乗りアインストの夜

672 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 01:02:30 ID:nUGUcTfV
そういや前に居たアクセルに懐いてた手乗りアイゼンはどうしたんだろ?
妙に可愛かったよなぁ

673 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 01:34:58 ID:UMgqV/xC
手乗りアインスト・アイゼン「きゅーきゅーきゅー」
ミィ「ほら、餌ですの。スカルプルムの薫製肉ですの」
手乗りアイゼン「きゅきゅ」
アクセル「……無害なもんだな、こうなると」

手乗りアイゼン「キューンキューン キューンキューン」
アクセル「……ん? こ、こいつ、『私の彼はパイロット』を歌ってやがる!?」
手乗りアイゼン「……きゃけどきゃれったら、わたしより きゅきゅんのひきょうきに おねつなの
キューン キューン キューン キューン
私の彼は ヴィンデル緑ワカメー」
アクセル「なんだその歌はーッ!?」

674 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 06:08:09 ID:Vo7BMXht
手乗り「ロボチガウ」

675 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 08:52:01 ID:UFp2zK05
>>668
おまいら、いつのまにエクセ姐さんの生写真を。

676 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 11:32:42 ID:qCuqjj4N
エクセ姉様のことだから多分自分で撮った

677 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 12:30:34 ID:RzFRQyXx
それであんなに乳首がギンギンなのか……
じゃあラミアはエクセ姉に撮らrワォワォーン

678 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 12:31:27 ID:nUGUcTfV
自分で撮っておきながら、アクセルをからかうんですね、分かります!

エクセレン「あらぁ、アクアクったらレモンに飽きて私に乗り換える気?」
レモン「そんなっ!アクセル!?」
キョウスケ「…アクセル 貴様!」
アクセル「そんな訳無かろうがっ!! 貴様なんぞに興味は無い! 俺の女はレモンだけだ!ベーオウルフ!さっさとその馬鹿を連れて帰れっ!!」
レモン「アクセル///」
エクセレン「まぁお熱い事で」ニヤニヤ
キョウスケ「すまんな、こいつのいつもの病気だったようだ。プラズマホーンに吊るしておく」ズルズル
エクセレン「いやん♪」


679 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 16:17:55 ID:cKxXB21y
>>678
どう見てもアクセル以外の連中がグルにしか見えry

680 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 17:20:10 ID:zZDpEn8Z
ラキ「ジョシュア、私もお前の写真が欲しい」
ジョッシュ「俺の? 証明写真の残りがあったかな。ほら」
ラキ「ありがとう、ジョシュア。イヴの所に行く時間なので、行ってくる」
ジョッシュ「ああ。えっと、どこまで読んだかな……」
リアナ「そうじゃないでしょ、兄貴!」
ジョッシュ「うわっ!? な、なんだよ、リム」
ラミア「どこの世界に、写真を女性からせがまれて、証明写真を渡す方がおりますか!」
ジョッシュ「え……?
……あ、いや、そうかも」
クリス「今からでも遅くないから、ちゃんとした写真をあげてきなさい!」
ジョッシュ「わ、わかったよ」

ラキ「ふぅ」
ミィ「お帰りですの。どうでしたの?」
ラキ「何がだ?」
レモン「ジョッシュが何か言わなかったかしら?」
ラキ「そういえば、いきなり写真を撮る、と」
クリス「それで?」
ラキ「プリクラがあったから、そこで頼んだんだ。これがその写真だ」
リアナ「どれどれ……う゛、ダブル仏頂面写真……」
アクセル「やっぱり証明写真じゃねぇか」
ラキ「そんなことはない。
誰よりもやさしい顔ではないか」
エキドナ「……そうなのか」

681 :それも名無しだ:2008/11/08(土) 18:31:48 ID:DMwzzJ0Q
竜馬「ゲッタァァァァァアアアアアア・トマッホゥゥゥゥウウウクッッ!!!」
ゴウ「ゲッタァァァァァアアアアアアアア・ビィィィィイイイイイイムッッッ!!!」



アクセル「やっぱ違うな」
レモン「何が?」
アクセル「いや、俺達の知っているゲッターチームとあのゲッターチーム」
レモン「確かに、あれはワイルドというかデンジャラスよねぇ」
助手「いつも言ってるけどさ、俺にはあのゲッターチーム以外想像つかないよ」
アクセル「ああ、世界が違うってのは不思議なもんだよな」
レモン「ほんとねぇ」
ラキ「私達は戦わなくても良いのか?」
アクセル「あの間に割って入ったら死ねる自信はあるぞ」
助手「そりゃそうだけど……」


竜馬「ストナァァァァアアア・サンッシャアアアアアアアアイン!ッッッ!」



レモン「ゲッター線が綺麗ねぇ」
アクセル「本当だな」
助手「なんかなぁ……」
ラキ「?」

682 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 01:44:04 ID:Q2tjQmlI
>>680
後にアクセルがラキに
「写真でとられると魂を抜かれる」
という話をしている風景が…

683 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 07:47:44 ID:8pwpOTT+
ラキ「私には魂はないぞ」
アクセル「だが、ジョッシュには間違いなくあるだろ?」
ラキ「う……」(ぼのぼの的表現の汗)
ラミア「(困っている困っている)」
レモン「いじめるのはよしなさい」

ジョッシュ「アクセルがそんな話を? また変な事を吹き込んで……」
ラキ「私はジョシュアの魂を取ってしまったか?」
ジョッシュ「仮にそうだとしても」
ラキ「あっ……」
ジョッシュ「ラキになら、俺の魂を取られてもいいかな」
ラキ「……変だな」
ジョッシュ「ン」
ラキ「私には魂はないのに、いつのまにかお前に魂を奪われていた気がする」
ジョッシュ「……俺もだよ」

684 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 13:31:33 ID:owukPues
アクセル 「で、これはなんという物体だ?」
レモン 「ホットケーキ…とは最早呼べないわね」
アクセル 「確かに臭いはホットケーキだな」
レモン 「久しぶりに料理ってものに手を出してみたんだけどねぇ」
アクセル 「ホットケーキミックスを使うだけで、一体どうやったら広島焼きを超越したものが出来るんだ?」
レモン 「もういいわ、捨ててくるから」
アクセル 「…」
レモン 「私、食欲ないし。アクセルが食べないんだったら、他の人もきっと食べないから」
アクセル (もぐもぐ…グフッ!? も、もぐもぐもぐもぐ)
レモン 「ちょ、アクセル?! そんな無理しなくても」
アクセル 「(ゴクリ) ング…わ、悪くはないぞ。どこぞの娘みたいに甘みがきつすぎるが」
レモン 「…」
アクセル 「いつだっけか、俺が初めてお前の部屋にいったときも、こんな感じの料理が…レモン?」
レモン 「…馬鹿」
アクセル 「お、おい…?」
レモン 「馬鹿…思い出しちゃったじゃない…この唐変木」
アクセル 「(胸に顔をうずめたレモンの頭を抱きながら) 思い出ってのも、たまには悪かないな」

685 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 13:57:53 ID:8pwpOTT+
シュバルツ「やはり私の言う通り、過去のメモリーこそが、
愚かな有象無象に必要な真実なのだよ!」
ミィ「どっか行けですの、ルイーナ」

686 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 14:07:41 ID:hdhjOlOx
シュバルツの影の濃さは異常
ビックオーでもここまで目立てないぞ!?(シナリオと性能的な意味で)

687 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 15:42:55 ID:K+0Ka7me
ハッハー。だがZではこのベック様の方が出番が多いんだぜ?!
あ、いや、今日はお前らと戦いに来たわけじゃな

688 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 15:46:22 ID:bmOywUFq
ウンブラ「お前が……見たい……真実……とは?」
シュバルツバルト「ゴシップ・スキャンダル・競馬記事」
ウンブラ「(こいつ……やっぱり……ただの新聞記者……!)」

ヴィンデル「……」
レモン「ヴィンデル、新聞の政経欄を老眼鏡かけてみてる姿、似合ってるわよ」
ヴィンデル「うるさい」
ミィ「読み終わったら貸してですの」
ヴィンデル「ほれ」
ミィ「テレビ欄と4コママンガをチェックですの」
ラミア「……ふっ」
ミィ「あ!? 今、鼻で笑いましたの!」
ウェン「僕にも見せてもらえるかな。連続小説が楽しみでね」
ミィ「ん、わかりましたの」
シュバルツバルト「そうだ! 偏った情報だけではいかん!
新聞・テレビ・ネット、あらゆるメディアから得られる情報を照らし合わせていけば、
自ずと真実は見えてくる! 嘘に踊らされるな!」
アクセル「おい、不審者がいるぞ。早く対処しろ」
シュバルツバルト「そうだ! それも真実」
ラミア「強制排出」
ガコン
シュバルツ「んーっふっふっふっふっふ……」
ジョッシュ「……なんだったんだ」
レモン「悲しい男ね。見えているものの嘘と、見えていないものの中にある真実しか見えていない。
見えているものにも、確かにある真実が見えていない」
アクセル「……いや、あれはただの知りたがり屋だ。ヘタに付き合うとこっちの頭がおかしくなる」
ラキ「私も、お前への想いを疑った方がいいのか?」
ジョッシュ「……いや、俺は疑っていないよ」
ラキ「そうか。私も疑っていない」

689 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 17:46:55 ID:f9HnGirL
レモン「向こうの世界では生身でMSと戦うパイロットがいたじゃない」
アクセル「あ?ああ、ドモンたちのことか」
レモン「そこでラミアたちも肉弾戦に強くなればさらに良くなると思わない?」
アクセル「おいおい、生身で兵器と戦わせる気なのか?」
レモン「さすがにそこまではいかないわよ。まぁ生身の戦闘力が上昇するぐらいよ」
アクセル「まぁ、そこら辺はよくわからんからお前が好きにやってくれ」
レモン「わかったわ」



アクセル「レモン!」
レモン「あら?アクセルそんなぼろぼろでどうしたの?」
アクセル「今日のラミアは何なんだ!?さっきあいつに声かけたら…」

アクセル『おい、W17。こんなところで何をしている?(肩に手をかけようとする)』
シュン
アクセル『へっ?(ガシッ)うげっ!』
ラミア『隊長がセクハラとは感心しませんでございます(ゲシゲシ)』
アクセル『お前何言って…ぐえ!』
ラミア『近頃の隊長はやんちゃで困りまする(ぐい)』
アクセル『だからお前はさっきからなn
三方向に飛んでくる光るラミア
アクセル『うぎゃあ!』
ラミア『この辺で引き揚げさせて貰いますわ。
    私も少々疲れたし、そろそろティータイムなのでございましてね!』
スタスタスタスタ…
アクセル『……』

アクセル「あいつに何をやったんだ!戻してくれ!
     あれじゃ命がいくつあっても足りん!」
レモン「いいと思ったんだけどねぇ…最強の尖兵データ」

690 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:01:23 ID:nUoQxie1
>>689
スレ違いと言うかもしれんが言わせてくれ。

W0シリーズは、人間サイズの人造人間に火気をくっつけたりして戦闘能力の向上を測ってる。

元々そういうコンセプトで専攻量産しておいて、ロボットに乗るのが前提で作った10番台シリーズは、
0番台の戦闘力+ロボット操縦能力なので、火気はさすがにないが、格闘レベルは元から高いぞ。


691 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:06:01 ID:hdhjOlOx
ゲッターチームがうれしそうにアップを始めたようです

692 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:08:15 ID:f9HnGirL
>>690
マジで?ラミアたちってそんなに強かったのか。

…ちょっとAをやり直してくるorz

693 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:08:23 ID:8pwpOTT+
本当にそうなのかな……?とも言ってみる。
A作中の描写見る限り、驚異的な「受け身」は見せるけど、あまり戦闘力は見せないし。カミングアウト後も。
体術のレベルはともかく、単純な殴り合いレベルならたぶん、メガノイドの運動神経もものともしない万丈くらいだと……ん?

694 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:14:12 ID:nUoQxie1
A設定だと…『人間じゃないから殴られても平気』だったかな。

0番台は、モッコス様とガチで殴りあえる化け物というのはOGサーガ設定。
で、OGサーガはOG版?の影鏡を下敷きにした設定であるから、その設定を流用すれば
ラミアの格闘能力は極端に高くなる。
10番台は基本的には0番台のデータをもらって造ってあるので。まあ、さすがに素手で
扉をぶん殴って破壊するぐらいならできるだろうが、腕をがちょんと変形させて銃やらポン刀やらがでる
0番台との殴り合いは、さすがに10番台は武器がないと負けるだろう。

695 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:19:50 ID:fzs58KSE
しかしOG設定からするとOGsの2部分でアクセルが合流時にアルトの偽物見たっていう話がでるから
電ホ漫画の生身でリオンと戦える戦闘力がアクセルにあることに…

696 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:25:12 ID:RuaBqU6p
生身で流派東方不敗と烈風正拳突きを食らって生き残るからな、アクセル

697 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:33:58 ID:0KMlA9S6
なんか無茶苦茶な超人伝説ばっかり広がってくなぁ、アクセルは。ニュータイプだし。


698 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 18:36:56 ID:8pwpOTT+
超人じゃなきゃ生きてけないこんな時代だから、特別すぎるバックボーンや極端な異能がないのに、
無二の存在であるジョッシュを大事にしたいのよ。もちろんラキも。後リムとウェンも。それとアクセルとラミアも。

699 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 19:25:51 ID:sa4GATUP
>>694
『パンツじゃないから見せても平気』
まで読んだ。

700 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 21:50:20 ID:rMHS7wrj
強さには関係ないけど、
ジョシュアは唯一シュンパティアに抵抗なく感応した奴じゃなかったっけ?
リムはその影響で2重人格になったはずだし。

違ってたらスマン

701 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 22:12:14 ID:8pwpOTT+
唯一とは言われてない。シュンパティアはジョッシュとリム用に調整してあるとは言われてるけど、
ジョッシュとリムしか使えない、とは言われてない。
リムの二重人格にも関係ない。親父の人体実験でああなったわけ。
シュンパティアはサイコフレームみたいなもんで、メリオルエッセ級は全機搭載してる。


702 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 23:15:11 ID:roKLlkWG
ドモンと一矢の戦いに結局決着つけなかった様に
クロスオーバー物で、誰々より強い・弱い、って扱のは嫌がられるから
殴られたけど何とか無事だった、とすることで「実はオリも強い?」って表現にしたんだと思う

703 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 23:28:14 ID:roKLlkWG
× 誰々より強い・弱い、って扱のは
○ 誰々より強い・弱い、って扱うのは だった

RでGガンのシャッフル同盟とオリキャラが戦ってシャッフルがやられるってのがあるけど
見た目が子供で本気を出せない、とか理由つけてたが「オリ>Gガン(版権)」見たいな印象があったし
他にも、デビルガンダムをホイホイと呼び出すオリに版権キャラがビビるとか、色々やってたからだろうけども

704 :それも名無しだ:2008/11/09(日) 23:55:01 ID:rMHS7wrj
>>701
説明ありがとうございます。

ていうことは、ジョシュアとリムは適性が高かったってことか
NTやオーバーセンスみたいに

OGにでるなら特殊技能で追加されないかな
シュンパティアLv みたいなの

705 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 01:43:09 ID:Vajg9U5E
OGに出るのはいいけど……改悪だけはしないでほしい。
改悪されるくらいなら出ないでこっちで妄想するにとどめたいです。

706 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 02:28:08 ID:3fsjDGPi
何が誤解しているみたいだけど
シュンパティアってのは謎エネルギーをパイロットが制御出来るようにする為の装置であって
機体のパワーアップを図るにしても合わせるのはパイロットではなく機械の仕事なんだ…
エヴァのシンクロ値みたいのを想像してるみたいだけど
相性ってのは機体のチューンアップで上げる物という…
精神を共感したってのも本人の能力と言うよりは
シュンパティアを積んだ機体同士でしか起こんないバグ(仕様?)だから
別段チャクラに目覚めるようなシステムではない
各々パイロット毎の調整が成されていて、違うパイロットが動かす場合はシステムをカットする必要がある(無くても動くけど出力が下がる…とか?)
共感現象は謎だらけで憶測混じりになるけど…
ラキはリム、ウェンは助手のシュンパティアに相性が良いけど
助手とリムで共感現象が起こらない事から
4人が積んでいた物がそれぞれと同じ物(同じ調整)だったって訳ではなく
個人の相性で、たまたま起こった現象みたい

707 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 05:05:08 ID:IQ5/5Ov1
GBAOG2の批判を受けてOGSで変えたらまた別のキャラになって登場
外伝でも悪セルをベースにしたカッコつけにと七変化
OGでのアクセルというかAはこの通りだし
GBAOG2からの批判を受けた後に出てきたRすら、外道化だの何故か一部のロリだけ生存とか

これでDだけが原作の設定や元のキャラを保って活躍、何てのは想像するだに虚しい

708 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 07:42:46 ID:IOQyF5d5
アクセル「む……なんだ、うまくいかんな。裁縫ならできるんだが」
ジョッシュ「ああ、それはこうやるんだ。ここの順番が間違ってるんだよ」
アクセル「お、なるほど」
ウェン「楽しいね、編み物って」
アクセル「俺は楽しくない! アイツらの為とはいえ、ホワイトデーでもないのに何故三つもマフラーを作らなならん」
テーン「いいじゃないですか、隊長。男冥利に尽きるってやつですよ」
アクセル「なんだ、お前も貰ったのか?」
テーン「……実は第三部隊の……(ポッ)」
アクセル「……あ! こっ、こいつ!」
ジョッシュ「まさか……!」
ウェン「?」
テーン「嫌だなぁ、照れちゃいますよ」
アクセル「(……死亡フラグ立てやがった。当分、OZの連中と共同戦線張らせるのは控えるか)」
ジョッシュ「(……俺は何も見てない聞いてない)」
ウェン「糸から物を紡ぎだす……編み物は素晴らしいね、ジョシュア」
ジョッシュ「あ、ああ、そうだな」

709 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 08:47:12 ID:A2EBTiZL
アインストアイゼン「…」

ぷすっ ぷすっ

ミィ「こらっ! アクセルの毛糸玉を貫いちゃダメですのっ!」

710 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 10:58:15 ID:tb0uajzA
>>706
まぁぶっちゃけるとシュンパティアとの相性が良い、もしくはシステムカット前提なら影鏡一般兵でも乗れるわけだ
…しゅ、主人公補正とか全く無いなDのキャラは!

711 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 12:55:30 ID:qUASp2dW
くのっへん『にゃ〜ん』
アクセル「喋った!?」ミィ「凄いですの!でもなんでネコなんですの?」

ついカッとなって書いた。

712 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 12:55:56 ID:AHAVAnFC
>>710
それがいいんじゃないか……(AA略)
まぁ、機体に特別な適合率がなんちゃらとか内臓が破裂するとかなんちゃらが
あまりないのは、Aも同じでしょ。
ニュータイプ適性(だろうか)辺りが必要になるアシュセイヴァー以外。多分、アシュクリーフがニュータイプ適性必要だから、
そこからきてるんだと思うんだけど……。

いや、全長100m長の小型戦艦に匹敵する暴力的なサイズでありながら非特機っていう滅茶苦茶な機体に乗ってるわけでもあるんだが

713 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 17:10:02 ID:X2mqdQm/
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/game/31790/1219652771/

とりあえず萌えやネタを書かずに考察したい人は考察スレに行こうか


手乗りアインストネタGJ

714 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 17:33:56 ID:+fK5cL8O
え〜、ちょっとくらいの考察あってもいいじゃないか

そういやクリフって眼鏡をひたいの上らへんに乗っけてるよね
資料を読む時だけ使うのかな、アレ

715 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 17:39:42 ID:Tp7fW9i9
遠視なのかね?俺も子供の頃そうだったけど、字読まない時とかすぐ外してよく失くしてた。

716 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 17:40:44 ID:AHAVAnFC
クリフ「……ん、目が痛い。ジョッシュ、リム」
ジョッシュ「なんだい?」
クリフ「私のメガネ、知らないかね」
クリス「……ぷっ。クリフ、それ、古典的なギャグだよ」
クリフ「?」
ラミア「額に手をかけてごらんなさりませ」
クリフ「は? む……失態を見せた」
アクセル「いや、ドクトル、アンタの意外な面が見れて感激だぜ」
クリフ「やめてくれ。まぁ……メガネは見つかった」
クイッ(メガネ装着)
バサッ(髪が垂れる)
クリフ「……」
クイッ(メガネ脱着)
ボヤぁ(見えない)
クリフ「……」
クイッ(メガネ装着)
バサッ(髪が垂れる)
クリフ「グラキエース、そこのコンタクトレンズのケースを取ってくれ」
ラキ「わかった」
アクセル「それでいいのか?」
クリフ「私はこれでいい」

717 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 17:49:38 ID:g5vPtCdl
先に詫びますが、台詞の内容は自分流解釈。プラスそんな俺がDでプレイしていたのはフォルテギガスだけ。サーセン

ジョッシュ「ジェアンか……確かにデカイが本体はエールのほうだからな」
リアナ「デアもそうだけど、ウェポンボックスハンガーが巨大すぎるね。ねえクリフ、もうちょっとコンパクトにできなかったの?」
クリフ「もともとは二機ともに探査用の機体だったのを覚えているかね。レース・アルカーナを最大限活かすにはジェネレータサイズの関係上外付けでないと難しいという結論に至ったわけだ」
ラミア「あの出力を維持するには仕方がないわけか。特にブランシュネージュはほぼ外部武装に頼っていたから武器の携帯は万全となるわけだ」
アクセル「にしてもデカイ。小型戦艦並みはある。相手にとってはプレッシャーだな、これが」
ジョッシュ「戦術上毎回そうもいかない。出力も上がって武装も向上したけれど小回りの点では劣る。MSには困らされるよ」
リアナ「パージは簡単だけど、それっきりだしね。もう一回ドッキングなんて的になるようなものだし」
リー「……しかしあれが本体ごと戦艦に体当たりを仕掛けられたらと思うとゾッとする」
ジョッシュ「……確かに最悪弾丸代わりにはできる。でも」
ラキ「それは私がさせない」
ジョッシュ「ラキ」
ウェン「僕もそう思っているよ、リム。全力でとめるから」
リアナ「大丈夫、絶対そんなことはしないし誰にもさせないんだから。クリスもそう言ってるよ」
クリス(うん。だから安心してねウェン!)
レモン「グラキエースやウェントスにルイーナ以外として生きる道を示したのはあなたたち。これ以上は言わなくても……わかってるわね」
ジョッシュ「わかっていますよレモンさん。ゲリラをやっていたときより多くのものを背負っている自覚はある。運命なんてあったとしても足掻いて足掻ききってみせますよ」


718 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 18:40:44 ID:jQhOdYRs
〜ラーカイラム格納庫〜

アストナージ「ふぅ……しかし、なんだ。アンタ達の機体も他のスーパーロボットに漏れずややこしいな」
レモン「ええ。ソウルゲインなんかパイロットのモーショントレースだから整備のたびにパイロットと付きっきりよ?」
アストナージ「彼氏と一緒にか。羨ましいよ、まったく」
レモン「あら、ミスタ。そういう貴方もお家に帰れば奥様がいるじゃなくて?」
アストナージ「レモンさんやめてくれ。ケーラとはまだ結婚してる訳じゃないよ」
レモン「でも、お二人は恋仲でしょ? 良いじゃないの、それで」
アストナージ「やれやれ……」
アクセル「おい、レモン。ソウルゲインの調整に来たぞ」
レモン「お疲れ様。でももう少しソウルゲインを大事にして欲しいわね」
アクセル「分かった分かっ……ぬおっ!」
レモン「反省してないじゃない。分かったならイエスは一回」
アクセル「はぁ……了解」
アストナージ「おい、アクセル」
アクセル「ん?」
アストナージ「尻に敷かれてるな、同情してやるよ(ぼそっ」
レモン「?」
アクセル「ははっ、そりゃどうも……まあ、ベッドじゃ俺が上なんだがな?(ぼそっ」
アストナージ「ほぉ。流石だな、パイロット」
アクセル「良い女だからな。満足させねば損、ってな?」
アストナージ「まあ、満足させるのは良いが汚すなよ?」
アクセル「分かってるさ、汚さんようにやるさ」
レモン「ちょっと。何をコソコソ話をしてるのかしら?」
アクセル「なに、こっちの話だ」
アストナージ「じゃあ俺達は引き上げるからごゆっくり」
レモン「え? あ……うん、どうもね」
アストナージ(頑張れよ!):親指立ててスマイル
アクセル(おう):親指立ててスマイル

719 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 20:33:45 ID:2VsgjLMb
グッ(親指立てる)
ジョッシュ「? なんだ?」
ラキ「知らないのか、ジョシュア? これは『私は大丈夫だ』という意味だ。
……出撃するぞ」
ジョッシュ「あ、ああ」


ジョッシュ「ラキ、今日の夕食はブイヤベースでいいか?」
ラキ「……」
グッ(親指立てる)
ジョッシュ「あ、ああ。いいのか」


ジョッシュ「ラキ、早く寝ないとダメだぞ」
ラキ「……」
グッ(親指を立てる)
ジョッシュ「……じゃあ早くパジャマに着替えて」


ラキ「……くっ……あっ……ジョ……シュア……んッ!」
ジョッシュ「ラキ……いいのかい?」
ラキ「……」
グッ(親指を立てる)
ジョッシュ「あ、ああ……わかった」


イグニス「ハハッ、貴様らにはここで死んでもらうぜ!」
ラキ「……」
ビシッ(中指立てる)
イグニス「!!!!! ……な、なんだ。意味は知らないが、妙に心が痛む……」
ジョッシュ「ラ、ラキ! それはダメだ!」
ラキ「? そうだ。これは『ダメだ』という意味だぞ?」

720 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 21:16:19 ID:Vr0jHuGs
ジョシュア「アクセル隊長、少々お話があります。」
アクセル「待て、俺じゃない。」
ジョシュア「では誰だと?」
アクセル「俺が知る…いえ、知りません。本当です。」
ジョシュア「…信じましょう。お時間をとらせてすみませんでした。」

アクセル「ふう、直にやりあって俺が負けるとは思えんが…マジギレしてる時のジョッシュの眼つきは怖すぎだろ。」
レモン「で、本当にあなたじゃないのね?」
アクセル「当然だ。全く脈がないとはいえ見目麗しい女性にそんな下品なことを教えるなど紳士のすることじゃない。」
レモン「…」
アクセル「ん、どうした?俺のあまりの男前っ振りに惚れ直したか。」
レモン「クククッ、あ、あなたが紳士ですって、ちょっと久しぶりにプクク…笑わせないでフフフ」
アクセル「・・・しかし、この俺に濡れ衣を着せた犯人は誰だ?」

ラキ「ヴィンデル、読み終わったから返す。」
ワカメ「ん、これは…どこに行ったかと思ってたらお前たちだったか」
ミィ「なかなか面白かったですの。あなたでも漫画を読むのは意外でしたですの。」
ワカメ「そうか、これは私が若かったころに人気だった漫画でな。当時の私は存在を知ってはいたが読む機会がなくてな。
    まさかこちらの世界で復刻版が出てるとは思っても見なかったよ。」
ラキ「これはなんというジャンルの漫画なんだ?」
ミィ「みんなイカした髪形ですの。」
ジョシュア「ヤンキー漫画だね。」
ラキ「ジョシュア?何を怒っている?」
ジョシュア「大佐、少々お話があります。」
アクセル「ワカメ、俺もお前に話しておきたいことがある。」
ワカメ「手短には…済みそうもないな。」

721 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 21:34:51 ID:Xb0sWMt9
オレは”ヴィンデル”(ワカメ)を”信じる”ぜ‥‥!!?

722 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 21:41:18 ID:/RvBKxCD
>>718
ヴィン「アクセルとレモンめ、報告書の提出をしろと言っておいたのだがな……」
ラミア「隊長とレモン様でしたらラーカイラムでソウルゲインの調整かと思われるでございますです」
ヴィン「そうか……少し空けるぞ」
エキドナ「了解しました」

〜ラーカイラム・格納庫〜

ヴィン「で、来たわけだがアイツらめ一体何処に……ん?」

ん……ぁあ……

ヴィン「……」

だめぇ……ぁっ、ぁあ……

ヴィン「…………」

んっ……はぁぁっ……んぅっ!

ヴィン「はぁ……アイツらめ。盛るのは良いが部屋でしろ、部屋で……ああ、胃が痛い……」

723 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 23:10:22 ID:z6KvZv+M
>>719
完璧「いいか人差し指と中指で親指を挟んでだな」

こんな事してそうだな

724 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 23:17:54 ID:spRRujF+
ミィ 「アクセル、レモン、ちょっと教えて欲しい事があるですの」
アクセル 「忙しいから後にしろ」
レモン 「まぁそう言わずに。で、どうしたの?」
ミィ 「昨日、アーガマの格納庫で何をしてたですの?」
アクセル 「ぶふーっ!?」 ←コーヒーを盛大に吹いた
レモン 「ええええっ!? 」 ← 顔真っ赤
ミィ 「なんというか、楽しそうというか気持ちよさそうというか…見てて胸が締め付けられる感じでしたの…」
レモン (ちょっとアクセル、だからあそこじゃ駄目だって…)
アクセル (落ち着けレモン、こいつはまだ俺達が何をしてたのかわかっていない)
レモン 「あれは、その、なんというか」
アクセル 「ああ、あれはな…レモンと俺が互いの”存在”を確かめ合っていたのさ」
ミィ 「互いの存在…?」
アクセル 「こんな世の中じゃ、何時生き別れても不思議じゃないからな、ああやってお互いが
       生きている事を確かめあう…互いがそれを必要としたときに」
ミィ 「生きている事…」
アクセル 「今のお前なら判る筈だ。その身が宿している魂の熱さと、輝きが」
ミィ 「私も感じてみたい…確かめてみたいですの、アクセル」
アクセル 「お前にはまだ早いんだな、これが」
ミィ 「そうやっていつもアクセルは肝心な事をはぐらかすですの!」
レモン 「大丈夫よ、あなたにもいずれその時はきっとくるわ」
ミィ 「ぶぅ…レモンもそうやって私を抱きしめて…卑怯ですの…」

リム 「ミィちゃん、ココア出来たわよ…って、お邪魔しちゃったかな」
ミィ 「ぜーんぜん構わないですの! なんだか拍子抜けしたですの」
リム 「それじゃ、あたしの部屋で一緒にいただきましょ! ウェンもミィちゃんと話がしたいって」
ミィ 「わかりましたですの。にぶちんアクセルより余程話がいがありますの」




アクセル 「ふぅ、助かった…」
レモン 「アクセル、あなた…」
アクセル 「ああ、わかってるさ。その時が来たら、ケリをつけるつもりだ、これがな」
レモン 「それまで私たち、生きてられるかしら?」
アクセル 「…生きるさ、レモン。お前達が居る限りはな」

725 :それも名無しだ:2008/11/10(月) 23:31:48 ID:spRRujF+
げふぅ、アーガマじゃなくてラーカイラムだった…隊長にでいぃぃぃぃやっされてくる…

726 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 00:20:11 ID:rIkQAaig
トレーズ「エレガントな言葉遣いはエレガントな精神から……さぁ、私に続いて」
ラキ「エレガント」
ラミア「エレガントですわ」
アクセル「最悪なヤツに言葉遣いのマナー学ばせてどうする!?」
レディ「うるさい! いいからとっととトレーズ様のエレガントさを見習え!」
アクセル「ウギャー!」

トレーズ「指を立てるなどもってのほか……エレガントな立ち振る舞いで」
ラキ「こ、こうか?」
トレーズ「そうではない。もっと落ち着いた言葉遣いで……」
ラキ「……こ、こうでしょうか」
トレーズ「そう、それでいい」
ラミア「エレガントとは難しいものですわね」
トレーズ「君ははじめから、エレガントの何たるかをわかっているようだ」
アクセル「そいつこそエレガントじゃないだろ」
レディ「黙れ! トレーズ様が仰ったものこそエレガントなのだ!」
アクセル「あんぎゃー!」

ジョッシュ「……(まぁ、普通にマナーを教えてもらってるようだから、これでいいか)」
トレーズ「そう、薔薇の棘で指を傷つけないように……」
ラミア「Wシリーズは棘くらいどうということはありませんわ」
トレーズ「なるほど、素晴らしい指をもらって生まれたようだ」
ラキ「こ、この角度か……」
ジョッシュ「……(やっぱりやめてもらおうかな)」
レディ「トレーズ様に不遜な考えを抱くな!」
ジョッシュ「うぐぁーッ!?」
ラミア「エレガントの道は厳しいのですわ」
ラキ「そうなのか……その道を極めているトレーズは凄いな」
ジョッシュ「……絶対違う」

727 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 00:40:58 ID:jVhiAo89
>>713
別にここはOG萌えスレじゃない
あとは…わかるな…?

728 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 01:02:39 ID:/9hy23Bl
>>727
そこ別にOG萌えスレ専用の外部板って訳じゃないんだが
それを解るんだよ!

729 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 01:08:21 ID:JyKi4ryO
これやるから、おまいら二人とも落ち着け

つ【リムの特濃ココア(角砂糖5個入り)】
つ【ラキ特製のかき氷(つゆだく)】
つ【ジョッシュ謹製チャーハン】
つ【レモン様の手編み手袋】

730 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 01:11:06 ID:rIkQAaig
いや、OG萌えスレのルールで考えないでほしい、ってことだと思うよ。
確かにいい流れになってくれるのがいいけど、ここは語り禁止って決まってるわけじゃないし。むしろ、語るところから意外な発見をしたことが多々あった。
躍起になって雑談を排する理由も、スレの理念には特にないし。逆に空気が悪くなるだけ。


731 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 01:13:13 ID:jVhiAo89
>>728
あー、そういうわけじゃないんだ
別にこのスレの>>1に書いてあるわけでなくルールでもない
考察も入り乱れたこのスレが好きだからちょっと反応してしまった
いいじゃん真面目に考察するのも、このスレらしくて

と言ってみる俺は老害に違いない

>>729
悪いが俺はオデロとウッソの時のようにジョシュアが持ってきたココアじゃなければ和解は出来ないな

732 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 01:29:54 ID:RhVT7UHh
アクセル「くそっ……人形め」
ジョッシュ「そんなに言わなくてもいいだろう。彼女の判断が皆を救ったのは事実なんだし」
アクセル「だからってだな! 自機で特攻まがいの危険行為をするやつがいるか!
自分の身を顧みないあんなやつは部下におけん!」
ジョッシュ「部下上司の前に、一度人間として、礼を言うべきじゃないか」
アクセル「アイツは人形だ」
ジョッシュ「アンタは人間だろ」
アクセル「……」
ジョッシュ「……ココアだ。甘さは控えめだ」

ミィ「出ましたの! ジョッシュ必殺のココア! さりげないタイミングで出されたあのココア、一口すすっただけで、
絶妙でマイルドな甘味で頑なな気持ちがほぐれ、自然に仲直りしてしまいますの!」
クリス「あれでお義父さんが機嫌悪いのも直したんだよ」
ミィ「さすがジョッシュ……汚いですの、ジョッシュ」
エキドナ「機嫌を直すにはコーヒーよりココアか」


733 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 02:41:47 ID:nQwXJxR/
リムの特濃ココア砂糖5つ入りとか胸焼けしそうだな

734 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 06:25:49 ID:/9hy23Bl
>>730-731
つまりは俺の勇み足だったってことか
正直すまんかった
【リムの特濃ココア(角砂糖5個入り)】をいただいて落ち着くよ

……甘ったるいってレベルじゃない甘さだが、今はこの味が最高だな

735 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 09:11:37 ID:aMMCb+xv
影鏡ブランドのココアとか出来そう

カカオも影鏡が救出した難民から有志を募って
農場もPTや特機で耕作して

736 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 11:38:22 ID:T6TZwdbi
シャドウミラーで食品産業を始めるつもりか!

アリだな

737 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 11:53:52 ID:jAv0Jy8A
クリス「私だって、ココアにこだわりがあるの」
ミィ「そうなのですの?」
クリス「いつもは普通のホットココア。喉が渇いた時はアイスココア。
寒いな、って日はミルクココア。今日は大人の気分、って時はカフェショコラ」
エキドナ「ココア料理か……調べておこう」
ウェン「リムが飲むココアを見れば、その日のリムの気分もわかるし」
ラミア「そうなのでございますか?」
ウェン「うん。なんとなくだけれどね」
レモン「ココアウィスキーなんて、意外と美味しいわよ」
ジョッシュ「リ、リムはまだ17です!」
レモン「あら、失礼」


アクセル「……」
ラミア「隊長、如何いたしましたか?」
アクセル「いや、自動販売機で、ブルーマウンテンでも飲もうと思って金を入れたんだが……
なかったんだ」
ラミア「はぁ」
アクセル「それどころ、だ。ココアの銘柄の数がコーヒーを圧していた」
ラミア「……何故?」
アクセル「しかも残っているのは、ブラック無糖と、マックスコーヒーだけだったんだ……」
ラミア「……私が淹れますから、隊長」
アクセル「……頼む」

738 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 11:59:01 ID:RDplnoQ/
エキドナ「待て、W17。隊長のコーヒーを淹れるのは私の任務だ」

739 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 13:25:11 ID:RmsjLxJX
ミィ「この言葉が原因でまさかあんなことになろうとは誰も予想しえなかったですの…」

740 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 14:17:18 ID:jVhiAo89
ウィンデル「ジョシュアがコーヒーを入れなければ…考えるだけでも恐ろしい」

741 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 15:05:49 ID:rIkQAaig
アクセル「バカ」
ラミア「ペド」
アクセル「マヌケ」
ラミア「ドジ」
エキドナ「レモン様、隊長とW17が喧嘩を……」
レモン「ほっときなさい。喧嘩するほどなんとやらよ」
アクセル「お前の母ちゃんデベソ」
ラミア「隊長の嫁もデベソ」
プチッ
レモン「黙りなさい!」
グシャ

レモン「さぁ、仲直りなさい」
アクセル「……悪かった」
ラミア「ごめんなさい、ですわ」
レモン「うん、一件落着♪」
ラキ「ジョシュア、レモンも仲直りの達人だぞ」
ジョッシュ「……そうかもな」

742 :それも名無しだ:2008/11/11(火) 23:09:06 ID:RhVT7UHh
ラキ「よくよく考えれば、何故『仲直り』をするんだ?」
ジョッシュ「仲が悪くなったままじゃ嫌だろう?」
ラキ「……それなら、始めから嫌いになったりしなければいい」
ジョッシュ「……そううまくはいかないんだよ。誰かと過ごすってことは」
ラキ「……私も、お前と仲直りをしなければならない瞬間がくるのだろうか。
私は、嫌だ。しなければならないなら、すぐに仲直りするが、そんなことをしなければならないことには、なりたくない」
ジョッシュ「……そうだな。できる限りは、仲良くやりたいな」
ラキ「私もできる限りは、そうしたい。もっとお前と……仲良くしたい」


アクセル「どうしたんだ、お前ら」
ジョッシュ「ん?」
アクセル「人づてだが、ラキラキがお前とは仲直りしない、とか言ったそうじゃないか。喧嘩でもしたか?」
ジョッシュ「い、いや、そういうわけじゃないんだが……」

743 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 12:01:41 ID:bIHQ+nH2
影鏡兵「ソウルゲイン、ヴァイスセイヴァー、アンジュルグ、出撃不能! スレードゲルミルも出れません!」
リー「おのれ……なんという事だ! 奴一機に何をしている!」

アクセル「ああ……あったけぇ……」
ゴロゴロ
ラミア「隊長、みかん追加ですわ」
ゴロゴロ
レモン「ふぁ……書類もこんなとこかしら」
ゴロゴロ
ウォーダン「……」
ゴロゴロ
猫「ごろごろ……」
ヴィンデル「貴様等、とっとと働かんか!」
アクセル「……よし、後十分寝たら出撃する」
ヴィンデル「今出撃しろ! 大体誰だ! こんなところにコタツを置いたのは!」
エキドナ「あの、ヴィンデル様。それがこのコタツ、ザンスカール本国の消印がついた箱に送られたのですが……」
リー「完全に敵の罠ではないか! 大佐、どう対処を!」
ヴィンデル「……とりあえずコタツに入って考えるか」
エキドナ「手遅れッ!?」

744 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 20:23:06 ID:QKxYRNUd
       、--‐冖'⌒ ̄ ̄`ー-、
     /⌒`         三ミヽー-ヘ,_
   __,{ ;;,,             ミミ   i ´Z,
   ゝ   ''〃//,,,      ,,..`ミミ、_ノリ}j; f彡
  _)        〃///, ,;彡'rffッ、ィ彡'ノ从iノ彡
  >';;,,       ノ丿川j !川|;  :.`7ラ公 '>了   なにヴィンデル?アクセルたちがコタツに入ったまま離れない?
 _く彡川f゙ノ'ノノ ノ_ノノノイシノ| }.: '〈八ミ、、;.)
  ヽ.:.:.:.:.:.;=、彡/‐-ニ''_ー<、{_,ノ -一ヾ`~;.;.;)  ヴィンデル それは無理矢理引き離そうとするからだよ
  く .:.:.:.:.:!ハ.Yイ  ぇ'无テ,`ヽ}}}ィt于 `|ィ"~
   ):.:.:.:.:|.Y }: :!    `二´/' ; |丶ニ  ノノ    逆に考えるんだ
    ) :.: ト、リ: :!ヾ:、   丶 ; | ゙  イ:} 
   { .:.: l {: : }  `    ,.__(__,}   /ノ   「操縦席にコタツを作ればいいや」と
    ヽ !  `'゙!       ,.,,.`三'゙、,_  /´   
    ,/´{  ミ l    /゙,:-…-〜、 ) |       考えるんだ
  ,r{   \ ミ  \   `' '≡≡' " ノ  
__ノ  ヽ   \  ヽ\    彡  ,イ_
      \   \ ヽ 丶.     ノ!|ヽ`ヽ、
         \   \ヽ `¨¨¨¨´/ |l ト、 `'ー-、__
            \  `'ー-、  // /:.:.}       `'ー、_
          `、\   /⌒ヽ  /!:.:.|
          `、 \ /ヽLf___ハ/  {
              ′ / ! ヽ
         ペルフェクティオ

745 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 20:28:58 ID:IO7UkBGj
ボスボロットか戦神丸のようなコクピットになるぞ・・・・

746 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 20:41:30 ID:9iM/wlWz
スーパー8…いや、何でもない…

747 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 22:05:23 ID:s2v76NDn
レモン「あー、寒い寒い。本当に出撃するの?」
ヴィンデル「いいから出撃しろッ!」
レモン「けどねぇ、冷え性はホント、死活問題なのよ? 下手に暖房つけると、バッテリーあがっちゃうし」
エキドナ「だらしがないです、レモン様」
レモン「……W17」
ラミア「はいな」
エキドナ「キッ、キサマッ! 何をする!」

レモン「二重腹巻……毛糸のパンツ……厚手のババシャツ……なるほど、完全防寒仕様ね」
ラミア「見習わなければなりませんわ」
エキドナ「ひ、ひどいです、レモン様……」
アクセル「あんまりいじめるな。ほれ、お前もいじけるな」
エキドナ「……はい。……隊長の手、暖かい……」

クリス「寒いのってそんなに大変なのかなぁ?」(ノースリーブでカフェオレ味のパピコを食べつつ)
ウェン「人間じゃない僕には、よくわからないね」
クリス「そっかぁ。いつかウェンにもわかるよ」
ウェン「そうだといいね……」
ジョッシュ「いや、そういう問題じゃない」

748 :それも名無しだ:2008/11/12(水) 23:42:23 ID:o+/33h8g
ザンスカール兵『た……助けてくれ……血が……俺の腕がぁぁぁ……』
エキドナ「周囲の敵機影は0です、隊長」
アクセル「そうか」
助手「アクセル」
アクセル「分かっている。おい、聞け」
ザンスカール兵『な……なん、だ……?』
アクセル「お前らの基地はどこだ? ゲリラ化してもアジトくらいはあるんだろ?」
ザンスカール兵『あ、ああ……ある、あるから……助けて……』
アクセル「分かった。W16、そいつからデータを受け取れ」
エキドナ「了解」


エキドナ「データの転送を確認」
ザンスカール兵『これで……ぜ、全部……』
アクセル「ありがとよ」
ザンスカール兵『じゃあ……』
助手「…………」
アクセル「ああ――いっそ一思いに死なせてやる」
ザンスカール『――!!』



エキドナ「よろしかったのですか? 生かして情報を聞き出した方がベターだったかと」
アクセル「どっちみち中身は半分潰れていた。あのまま生かしたところで長くは保たん。無駄に物資を使う意味がない」
助手「…………」
アクセル「どうした、ジョッシュ。俺に幻滅でもしたか?」
助手「いや、そうじゃないさ。生かしても長くないのに生かす方が間違ってる。分かってるさ」
アクセル「じゃあ、どうした?」
助手「なんて事はないよ。こんな汚い仕事をするのは俺達だけで良い、ラキ達にはさせたくない……そう思っただけさ」


749 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 08:48:14 ID:R/wXWDza
ジョッシュ「……」
ボフッ
ラキ「どうした、ジョシュア。何かあったのか?」
ジョッシュ「まぁな」
ラキ「……」
ジョッシュ「聞かないのか」
ラキ「それを聞いて、何ができるのか、私にはわからない……。何かすべきと思うのだが」
ジョッシュ「……いいよ、気持ちだけで。ラキが俺をいたわってくれる気持ちで十分だ」
ラキ「気持ちだけは嫌だ。私も何かしたい……そうだ」
ジョッシュ「?」


ラキ「固形スープを落として、キャベツとハムを数切れ加えただけだが、どうだ?」
ジョッシュ「……うまい。率直に、凄いうまいよ。とても暖まる」
ラキ「そうか、よかった。お前が暖まってくれるなら嬉しい」
ジョッシュ「……」
ラキ「ジョシュア?」
ジョッシュ「す、すまない、ラキ、俺……」
ぎゅっ
ラキ「……お前は他人の為に頑張りすぎる。こういう時ぐらい、弱くなってもいいではないか」
ジョッシュ「こ、これぐらいでへたれちゃ、失礼だよ。誰に失礼なのか、わからないけど……」
ラキ「……誰もお前を見ていたり、何か言う者はここにはいない。お前の、破裂しそうになっている気持ち、吐き出してもいいだろう」
ジョッシュ「……ラキがいるじゃないか」
ラキ「では、目を閉じて、耳を塞いでおく。それならいいだろう」
ジョッシュ「……目をあけて、耳を開いていてくれ。何時にも増して弱い俺を、見ていてくれないか」
ラキ「ああ、そうしておく。もういいぞ、ジョシュア」
ジョッシュ「……くうっ……」

750 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 10:09:56 ID:jMD9apfr
>>748
ブラックラグーン思い出した
助手には昔同じようなことがあったんだけど今のようには割り切れずに
上司につっかかって修正されたりしたのかもしれない

751 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 12:01:39 ID:vm/aPSYJ
まあシュワルツかオリファーなんだろうな

752 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 14:48:26 ID:Dd2DiGfA
アクセル「はぁッ!」
ヴィンデル「筋はいい」
パンッ
ヴィンデル「だが、よすぎる」
バンッ
アクセル「かっ……!」
ヴィンデル「だからお前は、リーダー止まりだ。今のお前では、マスターにはなれん」
アクセル「ぐっ……とぁぁぁぁっ!」
ヴィンデル「だが、やり方は間違っていない!」


リアナ「強いね、ヴィンデル大佐……」
レモン「DMLであんな無茶な軌道の機体を振り回してるのよ。達人級なんてものじゃないわ」
ラミア「軍隊式の格闘技、とある今は廃れた流派の格闘術、その派生の剣術。ツヴァイ一機の操縦に、これだけの技が盛り込まれていますわ」
ジョッシュ「叩き上げの軍人っていうのは、伊達じゃないってことか」

アクセル「もらったぁッ!」
ヴィンデル「……」
ヒュン
ドカッ
アクセル「うぐっ……!」

ミィ「!? 今増えましたの! どう見てもヴィンデルが増えましたの!」
レモン「ちょっとしたシステムXNの応用よ」
ラキ「なるほど。さすがだな、ヴィンデル」
ジョッシュ「……いや、何か違うと思う」

アクセル「でぃぃぃぃぃやっ!」
ゴッ
ヴィンデル「!」
ズサッ
ヴィンデル「……暫らくやりあわぬ内に、強くなったな、アクセル」
アクセル「ふん、とっくに強いぜ、俺は」
ヴィンデル「言うようにもなったな」

753 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 15:31:31 ID:89JMH9tC
ヴィンデル「ならばアクセル!流派!!〇〇〇〇はぁぁ!!」
アクセル「王者の風よ!!」
ヴィンデル「全身!!」
アクセル「系列!!!」
ワカメ&アクセル「天覇供覧!!!」
ワカメ&アクセル「見よ!次元の向こうは紅く燃えているゥゥ!!」


ミィ「・・・爆熱ゴッドf」
レモン「それ以上言うと現実が解らなくなるわよ」

754 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 20:28:19 ID:R/wXWDza
ラキ「私も格闘技を習っておくか?」
ラミア「格闘技といっても色々ございましてー、カラテとか、ジュードーとか」
ラキ「ジュドー?」
ラミア「ジュードー。アイキドーとか、カポエラとか、ボクシングとか、パンクラチオンとか、パンチラチオンとか、レスリングとか、ショーリンジとか、ゴクドースタイルとか、環境利用闘法とか、SAGAスタイルとか」
アクセル「お前、後で本棚チェックするぞ」
ラキ「ふむ……私が聞きたいのはだな」
ラミア「はい」
ラキ「どれが一番強いんだ?」
ジョッシュ「みんな強いんだよ。この世で一番強い人間が存在しないみたいに」
ラキ「一人は必ず、どこかにいるのではないか。一番強い人間は」
ジョッシュ「でもいないんだよ」
ラキ「そうなのか。みんな強いのでは、強くなるとは容易ではないな」
ジョッシュ「ああ。そうなんだよ」

755 :それも名無しだ:2008/11/13(木) 23:30:57 ID:uuD8EogD
>>748
言いたくはないがラキは…既に手を染めちゃってるからなあ…
ウェンは………おっかしいな、リム編もクリアしたはずなのに印象が…

756 :それも名無しだ:2008/11/14(金) 09:20:18 ID:zz1+TPp4
ラミア「隊長、物資の搬入が完了しましました」
アクセル「ああ。お前達はコンテナの解体を行え。こっちは物資の整理。危険物、爆発物に注意しろよ」
ラミア「……隊長」
アクセル「ん?」
ラミア「そういえば隊長は隊長でした」
アクセル「わかりきってること言うな。俺も一応中間管理職た」
ラミア「(一番中間管理職なのはレモン様なはず……でも苦労しているのはヴィンデル様。頭なのに。

……)」

アムロ「リーダーの秘訣? 秘訣を語れるほど、俺は上等じゃないさ」

マックス「ふむ。部下の心をしっかり掌握すること、だな。何? 妻の心も掌握できないくせに?」

竜馬「ガタガタ抜かすヤツには喝入れて一発よ」

ラミア「隊長!」
アクセル「ん?」
ラミア「隊長は立派な隊長ですわ」
アクセル「そ、そうか。もっと誉めていいぞ」
ラミア「はい、隊長は素晴らしい隊長です」
レモン「(……そうかしら)」

757 :それも名無しだ:2008/11/14(金) 13:29:30 ID:RGNAd1rF
ラキ「高い能力を持った人間がリーダーになれるなら、ヒイロ辺りがリーダーになればいいのではないか。
システムが発動したヒイロは、目を見張るものがあるぞ」
ジョッシュ「強いだけじゃ、リーダーになれないんだよ。カリスマがなくちゃ」
ラキ「カリスマ?」
ジョッシュ「ああ。この人の指示なら信頼できる、ってものだ。ヒイロの指示が的確じゃない、とは言わないが、アイツは基本的にワンマンアーミーだからな。
昔、一緒に戦ってた頃は、何度も、そう思い知らされたよ。アイツは一人で戦争をしているんだ、って」
ラキ「ではお前がリーダーになればいい」
ジョッシュ「俺が?」
ラキ「私はお前の指示を信頼しているぞ」
ジョッシュ「……ありがとう。だけど、一人だけじゃダメなんだよ」
リアナ「そんなことないよ、アニキ」
ミィ「意外とみんな信頼してますの」
ジョッシュ「……その信頼を受けれる器じゃないんだよ。俺の器は。手の届く範囲で限界なんだ」
ラキ「……なら、零されない様にもう少し寄り添うか」
クリス「私も私も! ほら、ウェンも」
ウェン「え。う、うん」
ジョッシュ「……ま、参ったな」
アクセル「いいな、アイツらは」
ラミア「隊長の器も、十分広いと思いますが」
アクセル「俺のは穴空きの器なんだ。零れているのにも気付いちゃいない。あとには大きな氷が残っているだけだ。
そんな神経してるから、隊長なんてつとまるんだよ」
ラミア「……よろしければ私の器も貸しますが。穴空きも二枚重ねれば立派な器になりましょう」
アクセル「ふん、言うようになった。
……だが、いいアイディアだ」

758 :それも名無しだ:2008/11/14(金) 16:08:38 ID:zz1+TPp4
ジョッシュ「というか、ラキはもともと指揮官だろう?」
ラキ「頭であって、脳ではない。私の上位にある、本能と破滅の王により近い意識に従い行動していただけであって、
指示や指揮は何一つしていない」
クリフ「上位のヒエラルキーによって統一された、シュンパティアで精神を共有した存在なのだろうね、ルイーナは」
ウェン「うん、形の差はあっても、根本的な部分で差異を作られて生み出されてないんじゃないかな、僕らは」
レモン「でも、ある程度の思考力を得た機械なら、より効率のいい手段を発見するだろうし、体のどこか、磨耗し、損傷するかもしれない。
生の物なら尚更。何かが何かに変わるっていう簡単な事、それだけはわからなかったようね、彼らは」
ラミア「どういうことでございまするか?」
レモン「成長する、ってことよ」

759 :それも名無しだ:2008/11/14(金) 19:00:34 ID:MoE03ddF
俺はコナン映画のメインテーマをひとつに纏めたCDが欲しい。
あの映画のアタマに流れるやつ毎度毎度違うからいちいちサントラ買ったら金かかる

760 :それも名無しだ:2008/11/14(金) 20:03:33 ID:RGNAd1rF
アクセル「コナン・ザ・グレート?」
ラミア「隊長、少々古すぎますです」

ウンブラ「頭脳は……子供。体は……大人」
ラキ「む? 私のことか? 子供というほどではないぞ。まぁ……半分くらいは、な」
ウェン「そうだね。僕らは……」
ウンブラ「グラキエースとウェントスじゃない……オマエ」
クリス「わ、私!? いくらなんでもひどいよ!」
ウンブラ「そんな胸がでかい17歳がいるか……!」

761 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 00:53:43 ID:dIJdsrG3
>>752
DMLではない!ダイレクト・アクション・リンク・システム、DALSだ!
何が違うのかは知らないけどな。単に向こう側のダイレクトモーションリンクだと思うし。



…あとシステムXN搭載のOGヴィンちゃんって、ゲーム上のパイロットとしての各能力値見ると
アクセルに普通に負けてるんだぜ…まあ別にパイロットとして強いからトップにいるわけじゃないし、
乗ってる機体が強いからいいんだが。APだとブッチ切りで能力値高いし二回行動もするし。

762 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 01:28:32 ID:zFbYZXc9
XNなんてしらねぇよ
ツガイバーゲンに搭載されてるのは次元転移装置だし
ダイレクトなんちゃらもソウルゲインには付いてない

763 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 01:38:37 ID:fzWCGHU+
考察スレ行こうか



マッシウ゛比較したら意外にワカメがウォーダンぐらいありそう
レモンさんは最近運動不足で下腹部に

764 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 03:41:42 ID:bbmpdGFo
やあ、おめでたですね

765 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 03:49:50 ID:qi5yCHXn
牛乳飲んで食物繊維多めに食えばバッチリですよ

766 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 08:27:04 ID:CHd+4kuc
>>762
当然アクセルとアルフィミィには微塵も接点なんて無いんですね、わかります

767 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 08:30:39 ID:w/L0ssB9
ラミア「レモン様」
レモン「あら、何かしら」
ラミア「多様なデータを調査し、考察、結論づけたのでございますが」
レモン「何かしら」
ラミア「矢張りこの胸は大きすぎると思うのでございますが」
レモン「そう?」
ラミア「ええ」
レモン「……」
ラミア「……」
レモン「まぁ、その、何? いいじゃない、大は小を兼ねるとか言うし」
ラミア「ですが、胸胸言われるのはもう少し少なくしたいのですわ。何か方法はございませんか」
レモン「……あ、一つあったわ。(私が)何もしないで、胸をいつもより控えめに見せる方法」
ラミア「本当でございますか!」


アクセル「……」
ラミア「インベーダーが潜伏できるエリアは、かなり限定されると思われますわ。各個撃破より、部隊をまとめ、確実に撃破すべきと思います」
アクセル「あ、ああ、なるほど。参考になった。
……なぁ、W17」
ラミア「はい」
アクセル「お前、小さくなった様に感じるんだが」
ラミア「い、いえ、そんなことはございません。単なる相対的評価ですわ」
アクセル「ふーん……で、なんでお前の横に、ルイーナのアクイラが立ってるんだ?」
ラミア「いえ、特に意味は」

ウンブラ「ワタシが……小さく……見られるのも……相対的評価……!」
イグニス「そうでもねぇと思うぞ」

768 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 08:52:07 ID:63Ki9zyJ
アクイラ(まだ帰ったらダメなんだろうか)

769 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 08:59:13 ID:el9opWmv
ミィ「そうですの! 私の胸が小さく見えるのも相対的ひょ……」

ラミア(虚乳)
エキドナ(爆乳)
リム(巨乳)
レモン(美乳)
ラキ(微乳)
アルフィミィ(イボンコペッタンコ)

ミィ「……気のせいでしたの」
アクセル「別に女の魅力は乳のでかさじゃないんだな、これが」
ラミア「隊長はツルペ好み……と」

ミィ「うふふ〜」
ウンブラ「フフ……」
エキドナ「どうした、不思議系同士仲良くして」
ミィ「特に意味はないですの」
ウンブラ「そう……そう」
クリス「?」
ミィ「(こいつと仲良くすれば……)」
ウンブラ「(相対的評価で……胸が大きく見える……!)」
ラキ「まぁ、仲良き事はよきかな、だな」

770 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 15:03:39 ID:raJ3OW55
しょうもない洒落を一つ。
サイキック XN(ザーン)!!

アクセル「だれだぁ、こんな寒い洒落をソウルゲインの装甲に落書きしたヤツ!!何故か回復しねぇぞ!!」

771 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 19:07:39 ID:w/L0ssB9
レモン「落書き?」
アクセル「ああ、困ったもんだぜ」
レモン「それぐらい、機体にはたくさんあるわよ」
アクセル「なんだと?」

レモン「よいしょっと。ほら、この辺り、御覧なさいな」
アクセル「ん……なるほど、整備班どもの落書きか」
レモン「そ。ここの配線はこう、とか。注意事項とか、必要なパーツとか。
人をこきつかいやがってヴィンデルとパイロットのバカヤロー、とか。
装甲の一枚下じゃ、こんな風に整備班の怨嗟の声がひしめきあってるのよ」
アクセル「なるほど……って感心したのはいいが、説明になってないぞ」
レモン「それは多分アルフィミィでしょうね」
アクセル「……まぁそうだろうな。……っていってる側から!」 
ミィ「見つかっちゃいましたの!」
アクセル「こら!」
レモン「あらあら、アクセル、貴方とあの子の相合傘よ」
アクセル「アイツめ……レモン、早く洗浄液でも持ってきてくれ!」
レモン「可愛いから嫌。それぐらい、いいじゃない。可愛げがない機体なんだから」
アクセル「な゛っ!?」

772 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 20:42:15 ID:I5cptxg5
落書きと聞いて量産アシュにはレモン、ラーズやランドにはエキドナ
それでもってゲシュにはラミアのノーズアートが描かれてそうだな

773 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 21:52:19 ID:L3HJvDvS
  ?
 /|\
/ | \
^^^^|^^^~
 W | W
17| 15
   |

774 :それも名無しだ:2008/11/15(土) 21:53:12 ID:L3HJvDvS
ずれた orz

775 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 04:30:29 ID:A0tVo73D
途中で吹き出す事なく、寝ている人の額に「肉」と書くには鋼鉄の精神が必要である

〜ニーチェ〜

776 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 08:59:37 ID:kOZZulrH
ヴィン「フハハハ!ついに…ついに我が世界に帰る事が出来たぞ!ハハハ!うむ、この匂い…懐かしいな」

【別の世界】
???「あ!次○○○○が!」
ヴィン「え?ここどこ?」


ヴィン「うわあああっ!?…何という夢だ…」


レモン「え?ツヴァイの修復を一旦凍結?」
ヴィン「あぁ…次○繋がりで大変な夢を見た…」
レモン「ふぅん?…まぁいいけど」
ヴィン「すまんな」
レモン「…何か後姿が新兵がよくかかる病気にかかった人みたい」

777 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 09:55:47 ID:9HqHZ7nF
>>767-768
ラミア「レモン様…この方は?」
レモン「相対比効果第二段よ…」

ラミア「………」
リアナ「わ!デカ!!」
ラミア「………」
アルフィミィ「ま、丸出し!?…ですの!」
アクセル「あー、えー、その…今回の作戦についてだな…そのー…」
ラミア「………」
神夜「あのー、まだ帰っちゃダメなんでしょうか?」


778 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 10:06:07 ID:0LhKTKAs
そこで、雛形データである、W07を並べてみよう。

779 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 10:19:29 ID:yjWMi95O
アクセル「ハァ……ハァ……危うい所だったが、俺の勝ちだ、W17!」
ラミア「……最後の踏み込み、見事でしたわ、隊長」
アクセル「まだまだ、人形に負けるほど落ちちゃいないんだな、これが」
ラミア「……ところで隊長、レモン様からならったご褒美を差し上げたい、と」
アクセル「ごほうび?」
ちゅっ
アクセル「な゙ッ! 何をするッ!?」
ラミア「お気に召しませんでございましたか?」
アクセル「い、いや、別に悪い気はせんが……」
ラミア「それはようござんした」
エキドナ「待て、W17! それはご褒美として成り立っていない!」
ラミア「まごころ込めた接吻……これが成り立っていないと!」
エキドナ「むしろ、隊長からご褒美としていただくシチュエーション!」
ラミア「一理認めますわ!
というわけで、私達が勝利したら、隊長からのご褒美として接吻してよろしいでしょうか」
アクセル「……で、俺が勝ったら?」
エキドナ「私達からのご褒美に……」
アクセル「でぃぃぃぃやっ!」



780 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 11:36:01 ID:9oEhOQgE
>>778
まてまて、比較しようにも相手は100cmオーバー(下衆な意味で)だぜ!?
アシェンも普通に考えりゃ、かなりのサイズな筈だし。

781 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 20:22:57 ID:oy+u5Z2V
ラキ「……なぜ乳が大きくなければいけないんだ?」
ラミア「それはこう……何故でしょう」
ラキ「ウェントス、お前はリムの乳房が大きくて、何かメリットがあったか?」
クリス「ラ、ラキさん!」
ウェン「うん、そうだね、とりあえず気持ちいいよ」
リアナ「ウェ、ウェン!」
エキドナ「乳が大きくて気持ちいいだと……?」
ドバッ
アクセル「またW16が鼻血出してぶっ倒れた! メディック! 誰かいないのか!」

レモン「まぁ……なに? 昔に比べれば大きくなったわよね。もうびっくり人間大集合の域」
アクセル「そうかもな」(エキドナの頭の後ろを叩きつつ)
レモン「でもね、ハー君。これを忘れたら、ダメよ」
ハーケン「ん?」
レモン「胸がおっきな子を好きになるのは勝手だけど、胸しか見てくれない子なんて、女の子は好きにならないから」
クリス「うんうん」
ハーケン「な、なんで俺に振るんだ。まぁ……OK、忠告として一応ハートに刻んどくぜ」
ラキ「ジョシュアは、私の何を見ている?」
ジョッシュ「……心、見ているつもりだよ」
ラキ「心、か」
じーっ
ラキ「やはり胸だな」
ジョッシュ「い、いや、そうじゃなくて」

782 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 20:31:37 ID:A0tVo73D
ハートを鷲掴みって、そういう事か

783 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 20:38:08 ID:/dB06q3o
誰がうまいこと言えとww

784 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 21:38:29 ID:UO5OHjz2
なかなかww

785 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 21:50:25 ID:IYTILnBH
>>780
いや、アシェンの目測によると100cm前後だぞ。
身長も170あるから見た目だとそれほどでかく感じないが。

786 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 21:52:56 ID:UO5OHjz2
流れをぶったぎって、こんなの考えた

100.アクセルはラミアの事をもっと愛でるべき(493)
101.隊長はラミアの事を可愛がるべき(654)
102.アクセル・アルマーはラミア・ラヴレスと結婚すべき(289)
103.↑こいつら最高にW17(1001) 

乗りで書いてしまった、今は反省している

787 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 22:29:01 ID:Li0Y0Pms
気持ち悪い

788 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 22:43:07 ID:Bylgzw/I
地獄へ落ちろと思っている人の数↓

789 :それも名無しだ:2008/11/16(日) 23:32:13 ID:9HqHZ7nF
703:OG2のラミア・ラブレスは妹カワイイ(8)

790 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 00:00:08 ID:Snso+C4j
1.隊長にでぃぃぃぃぃやっ!されたら上げるスレ82532発目(958)

791 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 00:07:43 ID:oy+u5Z2V
1:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:21:28 ID:JoSHsRwD

嫁を過保護にしすぎるとしょっちゅう言われます。
自分は普通に接しているつもりなんですが、おかしいでしょうか?

2:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:27:54 ID:DaRkknIgHt

写真うp

3:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:32:08 ID:JoSHsRwD

写真はちょっと……。
真面目に相談したいのですが。

4:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:35:24 ID:raMiAw17

まぁまぁ。とりあえず話してごらんなさいませ。

5:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:41:11 ID:gLacIes

それよりお腹が空いたのだが。

6:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:41:31 ID:JoSHsRwD

>>5
わかった。今何かおやつでも作る。

7:それも名無しだ :0093/11/31(日) 16:45:41 ID:DaRkknIgHt

過保護乙。

792 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 03:13:57 ID:EZc6Kpc/
たまに思うがこのスレのミィは結構な早口である気がする

793 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 09:02:02 ID:wKND98Ba
ラミア「生麦生米生卵」
ミィ「なまむぎなまごめなまたまご!」
ラキ「なまむぎなまもめなまなまも」
ラミア「隣の客はよく柿食う客だ」
ミィ「となりのきゃくはよくかきくうきゃくだ!」
ラキ「となりのきゃくはよくきゃききゅうきゃくきゃ」
ラミア「赤巻紙青巻紙黄巻紙」
ミィ「あかまきがみあおまきがみきまきがみ!」
ラキ「あかまきまみあおまきまみきまみまみ」
リアナ「あーっもう! 可愛いなぁチクショー!」

794 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 16:18:25 ID:1h5lWmbK
ラキ「……ボスではあるまいし、そんなに早く喋れなくてもいいだろう」
ミィ「(珍しくちょっとむくれてますの)」
クリス「ラキさん、戦闘中に限らずあんまり喋らないものね」
ラキ「……」
ジョッシュ「前に比べれば、喋るようになったけどな」
ラキ「……そうかもしれないな。けれど、私の声は冷たいから……」
ラミア「……冷たい、声。私こそ、そうですわね」
アクセル「わっ!!」
ラキ「ひゃっ!?」
ラミア「きゃっ!? い、いきなり大声をあげて、何をなさいますか、隊長」
アクセル「……いや、意外と可愛い声出せるじゃないか、お前等」
ラミア「……可愛い?」
アクセル「ああ。そんなに卑下するな。そういう声が出せるんだから、もうちょっと喋ってくれても、誰も悪い気はしないぞ。な、W17」
ラミア「……」
ラキ「……そうだろうか」
ジョッシュ「少なくとも、俺はラキと、何でも話し合えれば、嬉しいよ」
ラキ「そうか……」
ミィ「アクセル、アクセル」
アクセル「ん?」
ミィ「私の声は魅力的ですの?」
アクセル「お前はまだ小さいし……」
レモン「(ニコニコ)」(穏やかな目)
アクセル「ひ、非常に魅力的なお声です」
ミィ「嬉しいですの♪」

795 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 20:33:18 ID:wKND98Ba
ジョッシュ「出撃か。行くぞ、ラキ」
ラキ「わかった」
アクセル「出るぞ。お前はアンジュルグに乗れ!」
ラミア「了解しました」

アクセル「ルイーナか……ジョッシュ、ブレードビットで援護しろ!」
ジョッシュ「了解した! ブレードビット!」
ブー
ジョッシュ「ッ!?」
ラミア「どうなされました、早くなされませ!」
ジョッシュ「ま、待ってくれ、音声認識が……!?
と、とうきょう……とっきょ……きょかきょく!?」
アクセル「なんだそりゃ!?」
リアナ「ア、アタシの機体も! どうなってるの!?」
ジョッシュ「俺が聞きたいよ! 今、登録しなおすから待ってくれ……」
アクセル「早くし……ぐっ!?」
ウンブラ「決着……つける」
ミィ「そういえば誰ががコックピットの辺りでごそごそやってましたの」
ラミア「完全に破壊工作……ぐぅ!」
ウンブラ「よそ見……しない!」
ラキ「ジョシュアの準備ができるまで、私が相手だ……!」
竜馬「だらしねぇぜ! 早口なんざ関係ねぇ! 『坊主が屏風に上』ぐがぁ!」
ブチッ
アクセル「ダメじゃねぇか!」
竜馬「へっ……舌が千切れて喋りやすくなったぜ」
ウンブラ「何……コイツ……!?」

796 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 21:39:20 ID:xx9v4m6K
隼人「(ブチッ) …ふっ、血の量がもつかどうか」
弁慶「(ブチッ) 死ぬばもろともよぉ!!!」

797 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 21:54:46 ID:6IKCX/U9
バスガス爆発はバスが酢爆発と考えれば楽勝です

798 :それも名無しだ:2008/11/17(月) 23:42:26 ID:3yM7KJXo
うちの方ではブスバスガイド・バスガス爆発だった
繋ぎの部分が言い難い

799 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 01:53:46 ID:iE0j2J6e
うちの方は
ガスバス核爆発、だった

800 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 02:01:10 ID:mZSLROwV
ルイーナがバスジャックと聞いて来ました

801 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 02:11:59 ID:36x3Td05
ラミアならこち亀に出ても違和感無い

802 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 02:52:08 ID:mFya1jIF
何故だw

803 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 07:01:30 ID:6LgDH0Vs
ワカメ「アクセルのアホは何処だ!?」

804 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 09:56:05 ID:WPcHYLup
>>803
助手「ベーオルフを倒しに次元転移してくるとか言ってました!」

805 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 10:13:30 ID:36x3Td05
唐突に>>801みたいな無茶ぶりをしても的確にネタにして拾ってくれるこのスレは凄いと思う

806 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 10:13:47 ID:9gbAURJF
ヴィンデル「……」
アクセル「どうした、柄にもなく漫画なんか読んで」
ヴィンデル「百回挑戦して百回成功するリョーツが羨ましい……」
アクセル「百回失敗するんだがな」


807 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 19:34:47 ID:PYvqthyT
ヴィンデル「資金が…これではまたツヴァイの装甲をはがすことになるな…ハァ」
女性士官「ヴィンデル様…」
ヴィンデル「むっ君か。安心しろ、減給などはせんよ。アクセルたちは別だがな」
女性士官「はぁ…」
ヴィンデル「ところで君は給料をなにに使っているんだ?」
女性士官「えーっと…とりあえず欲しいCDを買おうかなと思っています」
ヴィンデル「CDか…」



ヴィンデル「…それだ!!!!(ガタッ)」
女性士官「(ビクッ)はえ!?な、なにがですか!?」

808 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 20:19:33 ID:9gbAURJF
ヴィンデル「キャラソンだ! キャラソン計画だよ!」
アクセル「キャラソン……歌えるか?」
レモン「歌えるわけないでしょ……と思ったら、それなりにいけるのよ」
ラミア「実は私も……」
エキドナ「歌えないことはありませんが……」
ウォーダン「……」
ヴィンデル「ふ、ふふ、幸い経験者だけは大勢いる! これならいけるぞ!」
女性士官「あ、あの、ヴィンデル様!」
ヴィンデル「ふはははは! ……ん?」
女性士官「時代のニーズを考えると、キャラソンはどうかと!」
レモン「一理、あるわね」
ヴィンデル「ふむ……では聞こう。どうすればいい?」
女性士官「は、はい! ここはヴィンデル様とアクセル隊長とW15で……

BLCDを作るべきだと思います!」
ヴィンデル「!?」
アクセル「!?」
レモン「あら、悪くないわね」
ラミア「?」
エキドナ「?」
ウォーダン「……?」

809 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 21:30:11 ID:iE0j2J6e
本屋にて

ラキ「…」
アクセル「ん?一人でいるとは珍しいな。」
ラキ「…」
アクセル「何を真剣に読んでるんだ?…少女マンガか…!?」バッ
ラキ「何をする!?」
アクセル「こんなもの読んじゃいけません!店員はどこだ!?」

ジョシュア「どうしたんです?」
ラキ「あ、ジョシュア!アクセルが…」
アクセル「おい、ジョシュア!お前も監督不行き届き、保護者失格だ。」
ジョシュア「いったい何を…ラキ、これは君の読むようなものじゃない。」
リム「お客さん一体どうしたんですか?って、お兄ちゃんにラキさんとアクセル隊長?」
ジョシュア「リム…そういやバイトをするとか言ってたけどここだったのか。」
アクセル「そんなことより、これ置く場所間違ってるぞ。こんなモロどう見ても成人向けだろ。」
ジョシュア「未成年が間違えて手に取るといけない。ちゃんと戻しておきなさい。」
リム「え?普通の少女マンガじゃない。」
ラキ「そうだろう?アルフィミィに勧められたんだが二人ともおかしいんだ。」
アクセル「なに!?ミィもこんな不健全なものを読んでいるのか!」

ジョシュア「…これが普通の少女マンガ?せっかく世界も平穏になってきたのに…」
ワカメ「わかったか、これが平和という名の腐敗だ…」
アクセル「ワカメ、今こそお前の考えがよくわかった。一生ついていくぜ。」
ジョシュア「俺も、大佐に一生ついていきます。」
ワカメ「一生ついてこられるのも迷惑だが、それはそれとして嬉しいぞ!」
アクセル「われら三人、生まれたときは違えど」
ジョシュア「死ぬときもたぶん違うでしょうけど」
ワカメ「志を同じくする義兄弟!」
アクセル「いや、義兄弟はカンベン」
ジョシュア「同志でいいじゃないですか」

810 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 21:52:52 ID:cXkt0CFa
レモン「女の子にしてみれば、『最近の男子ってあんなので顔真っ赤にするのね』って笑うところよね」
ミィ「まったくですの。ププークスクスってヤツですの」
ラミア「そ、そうでしょうか。やはりこういうものは……」
クリス「や、やっぱりちょっと恥ずかしいよね」
リアナ「そぉ? こんなものじゃない?」
エキドナ「ふ、ふん、甘いな貴様等は!(声が上ずってる)」
ラキ「……(いけないことなのだろうか)」

811 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 22:24:34 ID:mZSLROwV
見ていた本の内容が、♂×♀か♂×♂かで判断の仕方もかなり違うと思うんだ

812 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 22:31:04 ID:sC+06Jee
パタリロ読んだらラキがくだらないギャグ飛ばすようになったりして

813 :それも名無しだ:2008/11/18(火) 23:22:37 ID:e2kPav7V
ラキ「だーれっが こっろしった くっく ろ〜び〜ん」
ミィ 「違うですの! もっとこう、きゅっと膝を伸ばして顎を引くですの!」
ラキ「わ、わかった」
ミィ「ではもう一度…お手を拝借ですの!」
ラキ「パパンがパン!」
ミィ「だ〜れが こっろしった くっく ろ〜び〜んっ!」
ラキ「だ〜れが こっろしった くっく ろ〜び〜んっ!」
助手&アクセル 「「やめ(んか)なさい!!」」

814 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 00:00:29 ID:36x3Td05
>>813
ラキ「そおれは私、私なの」

815 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 00:00:31 ID:d7M1lMPD
あるゲームにベイオウルフって銃があるんだよね
アクセルって名前のキャラを作って装備させるか…

816 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 00:02:38 ID:9gbAURJF
モンハンで、
アクセルって名前のキャラを作って、
招雷剣<麒麟>を作るの。
でも貴方は大剣なのぉ。
悲しいから、GLACIESを作って、グラキファーボウを装備させます。

817 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 00:58:22 ID:/rqoMaJo
>>816は判るが>>815の銃には何の繋がりがあるんだ

818 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 01:03:59 ID:IZfDVzJe
魔法剣を使う嫁はドラゴンなテンプルナイトをお忘れとは…
いや、微妙に違うが

819 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 01:44:11 ID:kavMxH5H
>>818
引っ張り出してシコシコ上げ下げ育成やってる真っ最中の俺に対する挑戦状か?
あれの名前の元ネタは多分そうなんだろう

820 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 01:58:28 ID:HxcHVuav
>>819
俺ガイル

821 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 03:06:44 ID:Nnm6WEE2
ミィ「マジメに、レモンはどんな少女マンガを読みましたの?」
レモン「そうね……『天は赤い河のほとり』みたいな大河ロマンもいいけど、
荒々しく繊細なハードボイルドも好き。けど、やっぱり最後はラブロマンスよね」
ミィ「やっぱりですの?」
レモン「ええ、男の子の為の読み物がいつだって冒険に行き着くように、
女の子の為の読み物は、いつだって恋愛に行き着くものなのよ」
ラキ「レモンは、恋愛をしたいのか?」
レモン「ふふっ、どうかしら。精々、憧れる、ね。こんな恋愛したくない、そう思う一方で、でも憧れる。そういうものなのね」
クリス「なんとなくわかるなぁ……」
ラミア「……そういうもの、ですか」
レモン「ええ。恋愛だけじゃ生きていけないのはわかりきってるのに、どうしてかしら、小さな頃は、恋だけでお腹一杯に生きていける気がしてたのよね」
ラキ「恋愛か……どういうものなのだろうか」
レモン「……貴方、もうどういうものか知ってるでしょ」
ラキ「? どういうものだ?」
リアナ「……先が思いやられるね」

822 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 08:43:30 ID:tciETgSW
アクセル「レモン、あいつらお前の昔の事を…」
レモン「気にしないの、アクセル。あの場で空気を程、私も無粋じゃないわよ」
アクセル「だがな…」
レモン「ありがと、アクセル」



ラミア「レモン様、お借りしていました『キャンデイ・キャンデイ』全巻、お持ちしました」
レモン「だ、駄目よ! もっと人気のないところで」
アクセル「レモンもやっぱり女の子だってことなんだな、これが」

823 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 10:03:17 ID:M5L4pW9j
レモン様ずいぶんと貴重な代物を持っているな。
それとも「向こう側」では敵対することがなかったのかな…

824 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 14:04:28 ID:HjdryAgi
ミィ「今更ですけど、聞きたいことがあるんですの」
ラミア「なんでごわす?」
ミィ「Wシリーズの搭乗機はどういう基準で選んでるんですの?」
ラミア「それは……まあ、基本的にはそれぞれの特性に応じてレモン様がお決めになるんだろう」
ミィ「じゃあ、ウォーダンはスレードゲルミル、ラミアはアンジュルグと専用機なのに
   エキドナだけ量産型のラーズなのはどうしてですの?」
ラミア「それは…なんででっしゃろ?」


ラミア「という訳で何故お前だけ機体が量産機なのか教えてくれ」
ミィ「ですのー」
エキドナ「……確かに、専用機に比べてラーズアングリフの性能が若干見劣りすることは認める。
     しかし、それを補って余りある良さがあの機体にはある」
ラミア「それは一体……?」
エキドナ「それはな………あのラーズは隊長のお下がりだからだ!(元アクセル機)」
ラミア「な、なんだってー!?」
ミィ「ふーん、ですの」
ラミア「どうしてそんなに冷静でいられるんだアルフィミィ!? 隊長のお下がりだぞ! 
    つまりは、コックピットシートには隊長の温もりや残り香が…! それが羨ましくはないのか!!」
ミィ「だって、私は機体どころか文字通りアクセルと一心同体になったこともありますの。
   今更そんなことでびっくりはしないですの」
ラミア「そ、そういえば…! くっ……! W16、アンジュルグと交換してくれ!
    今ならヴァイサーガも付けるから!!」
エキドナ「だが断る。隊長のラーズは私のラーズ、これがファイナルアンサーだ」

825 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 17:14:18 ID:89UpfYfy
(シロガネラウンジ)
レモン「……そろそろあの子の機体も専用機にしてあげましょうか」
アクセル「異論はない、な。いい加減ラーズアングリフじゃ厳しいだろう」
エキドナ「……レモン様」
レモン「あら、聞いてたの?」
エキドナ「私はまだラーズアングリフで戦えます。その都度調整を行えば、まだ十分な戦果をあげられます」
レモン「あら、機体に愛着がわいたの? まぁ、貴方がそういうなら別にいいけど……。
じゃあ、ラーズグリーズやレイヴンのデータを流用したアームドベースを作るつもりだったけど、
ジェアン・シュヴァリアーの改造パーツに提供してあげましょうか」
アクセル「それがいいだろう」
エキドナ「え……」


826 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 18:16:17 ID:3CqAXfDj
アストナージ「ラーズの改造プランか……量産機だからこそできるチューンのバリエーションが楽しい機体だな、やはり」
チェーン「レモンさんからの情報で調べましたけど、細部パーツの余剰分を使ってインコムの搭載もできますね、この機体」
カミーユ「エンジンの出力を考えるとZZのハイメガキャノンと荷電粒子砲を同時に使えるな……」
アストナージ「超長距離援護と大火力……バルキリーのミサイルも積んでみるか?」



エキドナ「………なんだかとんでもない物ができそうな気が」
レモン「そう? 面白そうじゃないの」

827 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 19:06:54 ID:IZfDVzJe
???「そんなわけでワシは地獄から蘇りシャドウミラー基地のラーズアングリフにゲッター線を浴びせに来たのだった」

828 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 20:31:00 ID:oL4chViy
ラーズ「そんなことより、俺のFソリッドカノンを見てくれ。これを(ry」

829 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 20:57:40 ID:Fw9pQ6pq
アンジェルグ 「とても…大きいです (///) 」

830 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 21:30:43 ID:Z/q92PQF
ここでラーズアングリフは男の子が女の子か議論。

女の子派
・前身機がラーズグリーズだから、女の子だよ。

男の子派
・立ち振る舞いが男らしいよ。

831 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 22:43:38 ID:lD1IJVlY
両刀

832 :それも名無しだ:2008/11/19(水) 23:04:25 ID:zKZJEx43
漢女(おとめ)

833 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 01:34:37 ID:W7TpPC5q
ふたなり

834 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 08:24:56 ID:Mcf+wkk8
男の娘(こ)

835 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 08:26:15 ID:brL0cHC7
ラキ「……」
ジョッシュ「ジェアンの整備状況は……ん、何だ」
ラキ「いや、なんということではない。
そこでシャドウミラーの者が話していたのだが」
ジョッシュ「ああ」
ラキ「ジョシュアは『かっこいい』な」
ジョッシュ「は? ど、どういうことさ」
ラキ「男性として魅力的、という意味ではないのか?」
ジョッシュ「それはわかるさ」
ラキ「つまりそういうことだ」
ジョッシュ「……気のせいだよ」
ラキ「そうだろうか……。お前は魅力的に感じるのだが」
ジョッシュ「……」
ラキ「どうした?」
ジョッシュ「……君に、魅力的とか言われて、ちっとも嬉しくない、って言えば……それは嘘になる」
ラキ「ふむ。矢張りジョシュアは『かっこいい』んだ」
ジョッシュ「……ラキは可愛いな、って面と向かって俺が言ったら、どう思う?」
ラキ「……す、すまん、控える……」

836 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 10:18:17 ID:mQq34fvn
辛いものを食べるとかっこよく、
渋いものを食べると美しく、
苦いものを食べると賢く、
甘いものを食べるとかわいく、
酸っぱいものを食べると逞しくなります。

837 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 10:28:51 ID:donWImwg
ポケモンか

ウェン「それじゃあリムが甘いものが好きなのはかわいくなりたいからだね?」
リム「え?あ、いや、別にそういう訳じゃ…」
ウェン「きっと成果が出てるんだね。リムはかわいいと思う。」
リム「ふえ?ウ、ウウ、ウ、ウェン?」ボン

アクセル「その理屈でいくと同じように甘いもん食ってるウェンもかわいくなるな。」
ウェン「そうなのかな…。ねえリム、僕はかわいいのかい?」
リム「か、かわいいウェン…」ぶー(鼻血)
ウェン「うわあ!大丈夫リム?」
リム「…大丈夫だよ。鼻血は心の汗だから…」ガクッ

838 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 12:20:56 ID:DdnPG3PJ
アクセル「もぐもぐ……」
ラミア「隊長、何を食べていらっしゃるのですか」
アクセル「ん、ウメのピクルスだ。ウメボシとも言う。どうだ、一個食うか?」
ラミア「では、ありがたく……」
カリッ
ラミア「……」
キュッ
ミィ「あ、ラミアの目がバッテンになりましたの!」
ラミア「しゅ、しゅっぱいですわ、これ……ピクルスとは一線を……」
アクセル「予想どおりの反応見せてくれるぜ、お前は」
ミィ「すっぱいもの食べたラミアは可愛い、っと……」
ラミア「うるさいですわ!」
ビスッ
ミィ「痛ッ! 種をぶつけるなですの!」

エキドナ「隊長は梅干しを喜んでくれたのですか? それは幸いです」
レモン「いい感じにW17を茶化せて満足、って感じだったけれど」
エキドナ「そろそろ、柚子の砂糖漬けでも作りましょうか……」

839 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 12:30:05 ID:O+alUurt
>>838
>柚子の砂糖漬け
リムにはおしえるんじゃないぞ、絶対だぞ!?

840 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 16:39:40 ID:r84qmYui
>>839
も う お そ い 。

841 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 19:12:47 ID:PbJfgDM/
シーズン的にはカリンの蜂蜜漬けを仕込む頃だねぇ。

842 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 21:38:50 ID:brL0cHC7
レモン「はい、間違い探しスタート」
アクセル「唐突だな。何を探せっていうんだ?」
レモン「なんでもいいから間違いを見つけてちょうだい」
アクセル「……W17が培養タンクに浸かっているな。なあ、レモン。なんで培養タンクの中じゃ、みんな膝を抱えるんだ?」
レモン「さぁ?」
ラミア『……』
くいっ
アクセル「……まぁ、それはいいとして、だ」
ラミア『!』
アクセル「……いや、やっぱりわからん」
レモン「正解は……っと」
ちゃぷ
アクセル「W17の培養タンクの培養液をすくってどうする気だ」
レモン「匂いを嗅いでみて」
アクセル「? ……!? これ、蜂蜜だろう!?」
ラミア『!?』
レモン「正解は『培養液が蜂蜜になっている』でした」
ラミア『ガボガボカボ……』
アクセル「早くひっぱりあげろ!」

843 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 23:57:16 ID:Mcf+wkk8
>>842
はちみつレモンは旨かったな。

844 :それも名無しだ:2008/11/20(木) 23:58:08 ID:CPCxZk5/
言われるまで気づかないのかよw

845 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 04:18:02 ID:JJhA+3za
親公認の蜂蜜プレイとか破廉恥にも程がある

846 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 10:16:23 ID:1+EVca4F
全裸で入っているとしたら、膝を抱える体勢じゃないと、18禁になってしまうではないか。
さいわい、ラミアは髪の毛が長いから、大事なところを髪の毛で隠すと言う方法もあるが。

そういえば、スパロボとは関係ないが、某閃士が、自分の髪の毛でハイレグ水着のようなのをつくったが、動こうとしただけで
普通は髪の毛が引っこ抜けるか、鞭打ちになるか、髪の毛のばい菌が大事なところを汚染するかのどれかだよな…

847 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 14:30:31 ID:voTf4aDO
アクセルって坂上智代に勝てる?

848 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 16:14:04 ID:0PAh455r
ラミア「レモン様!」
レモン「? あら、三人揃って丁度よかった。梨、剥いたの。食べる?」
ラミア「いただきます……っと、そうではなくて!」
レモン「なんなの? はっきり言いなさいな」
エキドナ「我々の調整槽の培養液に変な液体をいれるのはやめてもらえませんか!」
レモン「ダメ? 入浴剤みたいで気持ちいいでしょ?」
ラミア「私の槽にはハチミツをいれたり」

リアナ『そこの姉さん、いい匂いしとるやないか!』
ミィ『一口齧らせろですの!』

エキドナ「わたしはラベンダーの香りがしみついてしまいました」

アクセル『? ラベンダーの香りのウドン?』

ウォーダン「この甘ったるい薔薇の香り、恥ずかしくてメイガスに会いにいけん」
レモン「(それは別にいいと思うけど)
まぁ、その、何? 香水みたいなものだから別にいいじゃない」
プチッ
ラミア「放り込めー!」
レモン「ちょ、ちょっと、何!?」
ザブン

ラキ「……なんだ? なんだか甘酸っぱい匂いがするな」
アクセル「そうだな。いい匂いだ。これは……レモンの匂いだな」
レモン「そうよ! 私の匂いよ! だから何!?」
アクセル「お前のことじゃなくて果物のレモンなんだが……」
レモン「うるさい!」
アクセル「(なんだ? 今日はあれか?)」
テーン「(自分は知らんです)」

849 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 17:35:23 ID:cIz3FMaS
>>846
おっぱいリロードの最終巻ですね、わかります

850 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 21:38:28 ID:GzpNFeki
???「Wナンバーズが創造主を調整槽でレモン漬けにするとは……
    このエリック・ワンの眼をもってしても見抜けなかったわ」

851 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 22:19:23 ID:98GXNrFB
名前欄を???にしても台詞で名前言っちゃったら意味ないだろjk

そういうトンチキを見るのがまた楽しかったりもするんだが・・・

852 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 22:26:03 ID:4WKaSKzD
???「キュオンがこのスレに来てるのは誰にも知られちゃいけないひみつなんだからねっ!」

853 :それも名無しだ:2008/11/21(金) 23:20:24 ID:4tFTKWEo
???1「これがな」
???2「わぉ!」
???3「ですますなのです」
???4「ふっ…」
???5「ですの」
???6「オーケー」
???7「うわぁぁぁぁ!」
???8「チェストォォォ!」
???9「そうか」
???10「BMセレクト」


854 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 00:04:16 ID:QmNmEqxU
気持ち悪い

855 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 00:43:37 ID:tvQNOHDq
>>846
2巻以降ほぼ全て全裸だったOVAを忘れたかw
大事なところはもう無理矢理にもほどがあるレベルで隠してたがな!

思えば、あれがラミアの災難の始まりだった。

856 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 07:02:53 ID:LLPojN+6
???「フフフ……これで誰だかわかるまい」
ウェン「リアナ、クリスが困ってるよ」
リアナ「もう……やっぱりウェンは誤魔化せないな……アニキだって、少し観察しないとわからないのに」
ウェン「わからない方が……よかったかな」
リアナ「ううん、そんなことない。アタシ達をちゃんとわかってくれて、やっぱり嬉しいよ。
ありがと、ウェン」
ちゅっ
クリス「大好き、ウェン♪」
ちゅっ
ウェン「こ、こちらこそ……」
リアナ「ありがと、に対して?」
クリス「大好き、に対して?」
ウェン「りょ、両方だよ。クリス、リアナ」
リアナ「嬉しい事、言ってくれるじゃないの」
クリス「それじゃあ今日はトコトン喜ばせてあげるからね」
ウェン「ちょ、ちょっと待って! あっー!」

857 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 11:49:21 ID:/SuD4PRU
???「うむ、やはりこれだと落ち着く」
???「俺たちは秘密組織だしな」
???「でもこれ、何がなんだかややこしいわ、アクセル」
アクセル「こら、名前で呼ぶな! スパロボのパターンじゃ、
『謎の?マスクの集団が会話している』→『一人が誰かの名前を呼び、初めて?マスクが取れる』ってパターンが通例なんだな、これが」
???「わかったわよ……」
???「『約束の刻』はまだですの……?」
???「おお、秘密組織っぽいですわ」
???「今度の日曜と言ったろ。ちゃんと映画に連れてってやるから焦るな」
???「嬉しいですの♪」
???「……」
???「無言になると、何が何だかわからん、W15」
ウォーダン「……」
???「まぁ、私にもわからんことがたまにある」
???「大佐……」
???「時折『ん? こいつら、何について話しているんだ』とわからなくなる時がある」
???「バカ、それはこっちの台詞だ」
???「まぁ秘密組織でごわすし、よござんしょ」
???「だから黙るな」
ジョッシュ「部外者には何が何だかわからなくなってきた……ラキ、外に出よう」
???「そうか? 意外と面白いぞ」
ジョッシュ「こ、こら! そんなマスク、早く脱ぎなさい!」

858 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 13:56:05 ID:2dt0Z1N6
???「分かった、じゃこっちで」
つ麿ラキ

859 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 16:31:15 ID:9JlXzFo4
ラキのパーフェクトさんすう教室

860 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 17:06:15 ID:2yC4zL20
ラキがHだと!?

861 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 17:43:30 ID:LLPojN+6
ジョッシュ「そういえば、傭兵仲間にこんな伝説があったな……」
アクセル「何?」
ジョッシュ「赤と黒のカラーリングで、ビリヤードの玉を模したエンブレムをつけた機体……」
アクセル「ほぉ……」
ジョッシュ「あれは確か……ハッスルワンとかいう名前だったか」
アクセル「なんだ、粗製か」

ウォーダン「ハラショー!」

862 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 18:16:18 ID:2dt0Z1N6
ピーピーピーボボボボボボ

863 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 19:05:18 ID:/SuD4PRU
ウェン「彼女って、そんなに変わったかなぁ」
クリス「ラキさん? うん、変わったね。可愛くなった」
ウェン「可愛く?」
クリス「うん。ウェンだって、変わったよ」
ウェン「僕も?」
リアナ「初めて会った時のウェンはさ、何時死んでしまってもいい、って感じの雰囲気でさ、正直見てられなかった」
ウェン「そっかぁ……」
リアナ「今は、生き生きしてる。今のウェンの方が、アタシは好きだね」
ウェン「リムのお陰だよ。ありがとう、リム」
クリス「ふふっ……」
ウェン「けど……そっか、僕も変われたんだね」
アクセル「『変わる、という意思は重要ではない。変われる、と理解することが重要である』」
ラミア「どの偉人の言ですか?」
アクセル「偉人じゃない」
ラミア「知り合い?」
アクセル「W17、おまえも知ってるヤツだ」
ラミア「どなた?」
アクセル「俺が今作った」
ラミア「(ズルッ)」
ウェン「アクセル、君は変われたかい?」
アクセル「……ラミア、お前はどうだ?」
ラミア「……はい、変われましたわ。これからも、私は変わります」
アクセル「そうか。なら、俺も変われそうだ」

864 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 22:00:34 ID:sjIDviV2
風邪つらい。鼻かみすぎてティッシュがめちゃめちゃ抜いたみたいになってる
もし俺が隊長だったらW17にかいがいしく看病してもらえるだろうに

865 :それも名無しだ:2008/11/22(土) 23:54:07 ID:jIEg60In
アクセルは大変な物を盗んでぃぃぃぃやっしました

866 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 01:04:45 ID:7QaHnvNx
なんと気持ちの悪い男だろう

867 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 01:10:08 ID:T4bT9CDG
>>860
おてんば恋娘と申したか

>>865
ラミア「嫌い〜キライ〜loveing〜♪」
エキドナ・レモン・ミィ「「「あん・あ・あん・あん・あ・あん・あん♪」」」
アクセル「そうか、嫌いか、じゃあな。」
ラミア「ノリが悪いですのことよ隊長!」
アクセル「スレ違いやらかしてる時点で貴様らが悪だ!でぃぃぃぃぃやっ!!」

俺の頭が腐ってるだけなんだろうが…最近、ウェンの事を考えるたびに
「芥川龍之介の河童」某ま○おさんのヴォーカルアレンジが脳内再生されて…涙腺が…

868 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 01:18:21 ID:XK3yqTny
>>864
ラミア「隊長…私に言ってくだされば、ティッシュを使わずに気持ちよく」
アクセル「おりゃっ!俺は病人だぞ!?何でそんな発想になる!」
ミィ「アクセルのどこが病人なのか分からないですの」
レモン「何言ってるの、風邪がひどくてリミットを解除できないから白虎狡になってるでしょ?」
ミィ「…やっぱり、あれだけ動ける意味が分からないですの…」

869 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 08:41:45 ID:Edr1+33/
ジョッシュ「宇宙ウィルスを保有したベムボーグと戦った時はひどかったな……」
クリス「死者が出なかったのが奇跡的だよね。ドロシーとWシリーズが頑張ってくれたからだよね」
ラミア「できることをしたまでですわ」
ラキ「ラミア達は偉いな。……しかし、ラミアは風邪を引かないのか? 私も時折体調を壊すが……」
レモン「そうでもないのよ。ENウィルスとかHPウィルスとか、機体に干渉する特殊武器を受けると、ごくたまにこの子達が感染しちゃうの。
この前なんか、コックピットから降りて三歩歩いたところで倒れちゃって。
ほんと、厄介な兵器が実用化されてるのね」
ウェン「なるほど……君達も大変なんだね」


ベムボーグ「ギャァァォォォ!」
ラミア「ENウィルス! ……避けきれない!」
アクセル「どけっ! うっ……!」
ラミア「隊長!?」
アクセル「ぐっ……はぁっ!」
ベムボーグ「グギャア!」
ラミア「隊長、大丈夫でございますか?」
アクセル「ソウルゲインのENスロットは増設してある……貴様の機体ほどENにも依存していない。心配するな」
ラミア「もうしわけありません……待て、よ。
さぁ、私はここにいますわ! もっと特殊武装を撃ってくださいませ! そして隊長の援護を!」
アクセル「……」
ベムボーグ「キシャア!」(トリモチ弾)
ベチャ
ラミア「あうっ! し、白くてネバネバしたものがまとわりついて……」
アクセル「移動性能が落ちただけだ。射程の長いアンジュルグなら問題ないだろう」
ラミア「た、隊長! ああ! ネバネバしますわ!」

870 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 09:08:42 ID:ZHA9HlRo
>>869
エロいw

871 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 18:07:50 ID:VnsPGM/c
ジョッシュ「う……手が冷たい」
アクセル「南極育ちなのに情けないな」
ジョッシュ「しょうがないだろ。寒いものは寒いんだ」
クリス「しょうがないね、お兄ちゃんは」
ジョッシュ「……」
ラキ「手が冷たいのか?」
ジョッシュ「ああ、かじかんでる」
ラキ「暖かくすればいいのか?」
ジョッシュ「そうだな、あったかいお湯に突っ込みたい気分だよ」
ラキ「ふむ、では私に任せろ」
ジョッシュ「?」
スポッ
ジョッシュ「!? な、何するんだ!?」
ラキ「? ヒデヨシ・トヨトミに倣ったあたため方だが。
トヨトミは、これをやって、誠実な者だ、とオダに誉められたのだろう?」
ジョッシュ「だからって、普通胸に手を突っ込まない!」
ラキ「……冷たかったか?」
ジョッシュ「……い、いや、暖かかったよ」
ラキ「それならいいだろう。冷たくても、お前を感じられる手なら私は構わない」
ジョッシュ「そういう問題じゃなくて……」

872 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 22:49:07 ID:4hhYJ9EU
助手の理性がいい加減保たんな。
いいぞラキもっとやれぇ!!

873 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 23:11:31 ID:J83nyEGr
ジョシュアの理性がリミット解除!するまであと………

874 :それも名無しだ:2008/11/23(日) 23:36:52 ID:8NpGLM4y
>>873
10万日

875 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 00:30:24 ID:qNZVWJXD
長ぇな…

876 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 00:40:03 ID:6CbESN0/
なんたってジョシュアは生きながら悟りを開いたからな

877 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 01:09:08 ID:Y62J+J4+
《ハードボイルド》に《クールウィル》、《ブレインコントロール》…ジョシュアのシンドロームはサラマンダーか

878 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 01:18:19 ID:Uy8CsCff
サラマンダーよりはやーい

879 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 02:25:53 ID:6CbESN0/
>>877
はいはいガンズ&ローゼスさん、卓ゲ板に帰りましょうね
>>878
はいはいヨヨさん、将軍のところでギシアンしてましょうね

880 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 08:14:29 ID:jD7OGPxL
テーン「あの、隊長。自分、思うんですけど」
アクセル「ん? 何だ?」
テーン「傍から見て、鋼鉄の理性を持ってるのは、ラドクリフじゃないと思います。
そいつの前では、ラドクリフはただの18歳だと思うんです」
アクセル「誰だ、言ってみろ」
テーン「隊長ッス」
アクセル「俺が? バカ言え。俺は奔放気ままな自由人なんだよ」
ラミア「隊長、先程のやりとりを見て、胸を湯たんぽ代わりにするのを思いついたのでごじゃりますが……」
ぺたん
アクセル「でぃぃぃぃぃやっ!」
ラミア「やぁん」
テーン「(理性と言うよりEDなのかな……)」

881 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 14:22:53 ID:DG1sn61d
クリス「わ、私の理性が持たないよぉ……」(顔真っ赤にしてベッドの上でウェン押し倒しつつ)
ウェン「リ、リム……?」
クリス「も、もうだめぇ……」
ガバッ
クリス「ウェン、髪をもふもふさせて!」
ウェン「く、くすぐったいよぉ、リム!」

レモン「理性をコントロールすること、ね……。理性っていうのは、
知的な物を作る上で、重要になるファクターなのよね」
アクセル「感情に溺れず、筋道立てて物事を判断する能力……というのが辞書の説……待てよ。
なぁ、レモン。お前は、あいつらの、Wシリーズの感情の芽生えってパターンを、
シミュレートしたことがあったか?」
レモン「これっぽっちも。私はあの子達の自発的な自然発生に任せただけ。
そもそも、私は自我っていうものは、期待はしても想定はしてなかったもの」
アクセル「……感情を想定しないで、理性は想定してたのか?」
レモン「……さ、そろそろ機体の整備の時間ね」
アクセル「おい、待て! お前、まさか理性を入れ忘れ……」
レモン「だ、大丈夫よ! 勝手に芽生えると思うから!」

882 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 14:42:10 ID:6CbESN0/
そしてヴィンデルは過労死した。スイーツ。

883 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 15:03:47 ID:k49d/MwN
水に浸けたら30秒で蘇るんじゃよ

884 :それも名無しだ:2008/11/24(月) 20:52:41 ID:8nx/6ujd
普段は必要以上にアクセルを求めているように見えても、ここぞという
チャンス(?)ではしおらしくなってしまうラミア。そして、思考がODEの
領域にさしかかると、鼻血(?)リミッターが作動するエキドナ。

これはまさしく、彼女達に理性が芽生えている事を象徴するような
現象と言えないだろうか?




ジョッシュ「クリフ、何を書いてるんだ?」
クリフ「いや、レモン女史の娘達に少し興味がわいてね」

885 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 09:10:41 ID:D3wEwf0q
アクセル「だがなぁ、ジョッシュ。戦場じゃ、間違いなく理性を殺さなくちゃなる瞬間がある。ジン・トニックを頼む」
ジョッシュ「ウーロン茶で……。
わからないでもない。竜馬のやり方は、理性を殺した戦いだった。だが、あれは確かに正しかったんだ」
アクセル「人を殺す流れ作業なんだ、兵士ってのは。理性なんか期待するな」
ジョッシュ「……だからこそ、胸を張り、襟を正し、理性を忘れるな。俺は、そうも習った」
アクセル「オリファーか。彼はいいパイロットだったな。心からそう思う」
ジョッシュ「……」
アクセル「それも確かに金言なんだろうが……ウッソなんかを見ると、俺はたまに怖くなるんだ」
ジョッシュ「?」
アクセル「極限の状態で人間らしくあれるヤツこそ、実は一番狂ってるんじゃないかね、ってな」
ジョッシュ「……」
アクセル「……この前、旧市街地でな、インベーダーが出現し、戦闘になった。
俺はすぐさま、撃墜を命令した。そしたらな、W17がこう言いやがった。
あそこには避難が完了してない住民がいるかもしれないから、引き付けて倒すべきだ、ってな。俺はどう思ったと思う」
ジョッシュ「……怒った?」
アクセル「違う。ほっとしたんだ。安堵していた。俺達はそう戦っていいんだ、って。
なんだ、どうしたんだ、俺は。おかしくなったのか」
ジョッシュ「それでいいんだと思う。その方がアンタらしい」
アクセル「そう、か……。
……もう一杯、貰えるか」
ジョッシュ「アンタは飲みだすと適量がわからなくなる。エキドナにそう教えてもらった」
アクセル「ケチケチするな。今だけ理性を捨てさせろ」
ジョッシュ「ダメだ」
アクセル「ちっ……トマト・ジュース、頼む」

886 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 14:17:38 ID:w2OB+aot
エキドナ「(ヴィンデル様は強い酒を飲むが、ショットで数杯か、少しずつゆっくりと……自己管理ができているのだな。
アクセル隊長は飲みだすと歯止めがきかなくなる可能性が高い……以前計算したところ、上限はこんなところか。
レモン様は、存外に強い、底無しに強い。だが、若干泣き上戸になる傾向があり。ハンカチと隊長を用意すべし。
リー艦長は飲まない。軍規が及ばない場所でも、一滴も飲まない。生来の生真面目な性格もあり、下戸なのだろう。
W17は、酔うと暴走する恐れがある……私が調節してやらねば。
W15は、リー艦長以上の壊滅的下戸……ノンアルコール飲料は必須だな。
ドクトルは、ココアカクテルなども好む辺り、飲めないわけではないらしいが……まぁ、自己調整が上手なのだろう。
クリアーナは未成年、チェックの必要なし。
ラドクリフは……む? ラドクリフは……? ん? 未成年……? あれ? 成人? 未成年?
……飲まないようなので、チェックの必要はないだろう。
グラキエースやウェントスはどうなのだろう。後でドクトルに聞こう)」

カタカタカタカタカタカタカタ
エキドナ「ふぅ……」
トクトクトク(←麦茶)
ゴクリ
エキドナ「よし」
カタカタカタカタカタカタカタ
ウンブラ「……」
サッ
エキドナ「喉が乾くな」
ゴクリ(←ウイスキー)
エキドナ「……」
アクセル「おう、仕事の調子はどうだ?」
くるっ
にま〜
エキドナ「隊長〜♪」
アクセル「な、なんだ?」
エキドナ「私の愛を受けとめてっ!」
アクセル「どわっ!? どうした!?」

887 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 21:15:09 ID:CqIsrENC
ウンブラwww

888 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 22:27:48 ID:866gQjYh
このスレを元にSRC作りたいんだけど
当然のように1話から隊長たちがジョッシュ達といるのと
時限転位から始まるのとどっちが良いかな

889 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 22:33:20 ID:D3wEwf0q
記憶喪失のアクセルが、地上でリガ・ミリティアに保護されるか、宇宙でギュネイに一緒に保護されるか、だな。
ラミアはそのもうかたっぽの展開で。
SRCは突っ込んだことはよく知らないが、
すぱろぐ大戦辺りでこのスレの過去ログを読めば、
まぁ十何話はひりだせると思う。

890 :それも名無しだ:2008/11/25(火) 23:45:03 ID:tT8ViZd6
>>886

アクセル 「で、自分が何をやったのか全然覚えてないのか?」
エキドナ 「残念ながら…ウーロン茶を飲みほしたところまでは記憶があるのですが」
ラミア 「レモン様、なんとかならんのですか?」
レモン 「それがねぇ、記憶そのものはあるのよ」
アクセル 「はぁ?」
レモン 「実は何回か、メモリーのリストアを試してみたんだけど」

〜 2時間前 〜
レモン「メモリーリストア完了っと、再起動…」
エキドナ「ん…レモン様…私は…?」
レモン「思い出した? あなたともあろう娘が飲み過ぎるなんてねぇ」
エキドナ「そうだ、私はウーロン茶を飲んだ筈なのに、高濃度のアルコール分が…」
レモン「うん、それで?」
エキドナ「身体の制御が急に聞かなくなって…後ろから来た隊長に…隊長に…」
レモン「ちょ、ちょっと!?」
エキドナ「わ、私は…隊長に…あ!? なんて破廉恥なっ…ああーっ!!??」

ぶっしゅーーーーーーー


〜以下、数回繰り返し〜

レモン「って事になっちゃってねぇ」
ラミア「…自らの行為に、理性回路が耐えられないということでありんすか」
アクセル「まだ芽生えたばかりだから、過負荷に耐えきれないのよね」
エキドナ「そんな…私がそんなこと…ををををををっ!!!」

ぶっしゅーーーー

ラミア 「W16!? いかん、体液が漏れ過ぎだ!」
レモン 「アクセル、Wシリーズ用の止血剤持ってきて!」
アクセル 「…まったく、世話を焼かせる人形だ…これがな」

891 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 04:54:41 ID:EAASzgX2
>>888
前あったのだとムゲフロのCDドラマから時空転移のA勢だった
んでアクセルとリムが出会ってたから、ラミアが宇宙?

892 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 08:01:56 ID:aMYd5np2
レモン「ふぅ……ちょっと呑み過ぎたかしら」
アクセル「……み、水をくれ」
レモン「もう一杯欲しいわね」
アクセル「まだ呑むのか!?」
レモン「一杯だけよ。そうね、シンデレラ、ちょうだい」
アクセル「(シンデレラ? フルーツジュースを使ったノンアルコールカクテル……)」
レモン「……ああ、爽やかな味。魔法が解けていくみたい」
アクセル「シンデレラの味をそう評したのは、お前くらいじゃないか」
レモン「そう?」
アクセル「ああ。みんなこう言うんじゃないか。魔法にかけられたみたい……ってな、これが」
レモン「そうかもしれないわね。……ねぇ、アクセル」
アクセル「ん?」
レモン「シンデレラの話を聞くたび、私は思うの。
女の子はみんな、魔法使いに魔法をかけられる瞬間を待っている。
でもね、アクセル。私は、魔法使いに何の魔法をかけられたんだろう、って、ずっと考えるの。
私はたぶん、お姫様になる魔法じゃなくて……」
アクセル「言うな。レモン、もういい。もう十二時だ。もう魔法は解ける時間なんだ。それ以上言わなくていい」
レモン「……これからパーティーが楽しくなる時間に魔法を解くなんて、意地悪な魔法使い、って思ってたけど、今考えれば、優しいルールね。
さぁ、帰りましょうか」
アクセル「ああ。勘定、置いとくぞ。
……靴、忘れるなよ」
レモン「人の靴を公衆の面前にもってきて、靴だけで人を判断するクソッタレなんて、蹴り飛ばしてやるわよ」
アクセル「そうだな。ガラスの爪先は痛かろうな」
レモン「いいえ、踵で、よ」
アクセル「手伝ってやる」
レモン「ふふっ」
アクセル「ははっ」

893 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 13:27:36 ID:pl9H5kRG
W07「でも、ボクの名前はシンデレラが由来なんだよね、紫ワカメ」

894 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 13:40:48 ID:7Ud8Wxky
紫ワカメだとギリアムかシュウになるぜ
アクセルなら赤ワカメ
ヴィンデルなら緑ワカメ(もしくはただのワカメ)
ちなみにこのスレ以外なら緑ワカメにルオゾール
青ワカメにイングラムとキャリコだな
こうして書き出すと結構バンプレオリジナルにワカメ髪キャラは居るな
また新たにワカメ髪なキャラは生まれるのだろうか?

895 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 13:44:30 ID:7Ud8Wxky
書き忘れた…
アルフィミィは水色ワカメ
レモンはピンクワカm
ナニヲスル!キサマー!

896 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 16:21:05 ID:ESc8YtZd
レモン「はい、できた。髪飾りはこれがいいかしら」
ラミア「あ、ありがとうございます、レモン様」
アクセル「ほう、Wシリーズも髪の手入れは大変か」
レモン「いいえ、アートネ○チャーも地団駄踏む百年保証よ」
アクセル「なのに手入れするのか」
レモン「ええ、だって、戦闘以外は女の子ですもの」
アクセル「……ま、そういうのも悪くないな」
ラミア「レモン様、次は私がレモン様の髪を手入れしますわ」
レモン「ありがと、W17。いえ、今は、ラミア」
ラミア「……はい」
アクセル「あ、そうそう。後学の為に聞いておくが」
レモン「何?」
アクセル「他の毛はどうなって――」
ドカッ
グシャ
バキッ
ミィ「今日は復活させないですの」

ラキ「リム、髪の毛以外の毛とはなんだ?」
クリス「う、産毛とかそういうのじゃないかなーって」

897 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 20:35:36 ID:PnB+k1gI
!!

つっ、つまり…ラキは…ぱ

898 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 20:40:32 ID:6MDc9Ram
んつ はいてない

899 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 21:58:56 ID:rE+4Th2H
クリス「ショーツ履いて!」
ラキ「履いた」
クリス「ブラジャーつけて!」
ラキ「つけた」
クリス「それから、各々服を着る」
ラキ「ふむ、なるほど」
リアナ「大体さ、ルイーナにいた頃は、服を着替えなかったの?」
ラキ「着替えるも何も、クリスタルが勝手に整えてくれたから……」
リアナ「ふーん……?」
ミィ「着替えたくても、ペルゼインのコックピットから出られなかったから、
着替え様がありませんでしたの」
クリス「じゃあ、私がしっかりオシャレを教えてあげないとね」
ミィ「ここは素直に教えを乞いますの」


クリス「どうかな?」
レモン「あら……可愛いんじゃないかしら?」
ラミア「近頃のファッションリーダーの長所をよくよく捉えているものと分析しますわ」
ミィ「そ、そうですの? ふふん、オシャレもいいものですの」
ラキ「ジョシュア、喜んでくれるだろうか……」
エキドナ「……だが」
クリス「何?」
レモン「なんでノースリーブなの?」
リアナ「? オシャレでしょ?」
ラミア「……」

900 :それも名無しだ:2008/11/26(水) 22:54:24 ID:Qbfdm1pG
ラキなら南極でノースリーブいけるだろうな

901 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 00:21:40 ID:Cql7P6i8
ノースリーブを着たミィと申したか

902 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 00:42:37 ID:1WMVP+yX
鍛えた肩と上腕二頭筋をノースリーブでさらすアクセル

903 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 01:21:24 ID:Cql7P6i8
アクセルはタンクトップだな。
レモンとその娘達はノーブr

904 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 04:47:00 ID:G5SdqJh4
>>902
アクセル(サングラス着用)「今の俺はアクセルだ。アホセル以上でも悪セル以下でもない」

905 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 08:59:12 ID:uetPWpOt
ラキ「リムが言っていたが、二の腕のやわらかさは胸とほぼ同じらしい」
ジョッシュ「へぇ」
ラキ「……ジョシュア」
ジョッシュ「?」
ぎゅう
ジョッシュ「な、なんだ、ラキ!」
ラキ「ふむ……お前の胸、暖かいな。お前の二の腕も暖かいのだろうな」
ジョッシュ「……そうかな」
ラキ「そうだ」
ジョッシュ「……ラキの二の腕もやわらかいんだな」
ラキ「そうか?」


ミィ「……」
ぷにぷに
ミィ「……」
クリス「アルフィミィ、二の腕見つめてどうしたの?」
ミィ「胸を大きくするより二の腕鍛えた方が手っ取り早いんじゃないかな、と思ったですの」
クリス「え……ど、どうなのかな」
ラミア「その結果がこれですわ」
ケイ「ふぅ……ん、何?」
ミィ「ぶぅ……物事うまくいかないですの」
クリス「そ、そうなのかな……」

906 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 12:54:49 ID:eyx3f7CZ
レモン「ん……でも、ノースリーブも悪くないわね。二の腕から先しっかり強調されるのは少しあれだけど」
ラミア「そんなことございません、セクスィーですわ」
レモン「そうかしら?」
アクセル「うむ……美人女教師・禁断の誘惑って風情があってな」
バキッ
レモン「まったく、何を言いだすかと思えば……あら? シャア・アズナブルよ」
アクセル「いてて……ん、珍しいな。エゥーゴの制服を着てるんだな、これが」
シャア「……」
ギシッ
エキドナ「頭上を走るパイプを掴んで何を……」
ジョッシュ「……二の腕を強調してる気が……」
ラキ「何故だ?」
ジョッシュ「俺は知らないよ」

907 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 12:59:14 ID:1OyiagIM
教えて!レモン先生

908 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 14:25:38 ID:qBo3uEJd
ここはエクセ姉様との合体攻撃をだな

909 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 14:45:36 ID:kVz3YukD
エクセレモンバスター…

いやなんでもない

910 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 14:48:40 ID:O7Ar7cs2
正直、エクセレンはいらん・・・A勢とD勢だけでいいよ

911 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 15:10:38 ID:OfYHiG90
そんな排他的になることじゃないけどさ、エクセレンと絡むんだったら
OG萌えスレの方が相応しいかもね

もしA、Dだけだったらアルフィミィがダメになるじゃない?頭柔らかくしようよ

912 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 15:17:49 ID:eyx3f7CZ
んだんだ。
あれがダメ、これもダメってやってると、澱んじゃうよ。
あれもよし、これもよし、でも最低限これは共有すべきルール、ってぐらいに考えとくのがいい。
心配しなくても、よっぽどのことがなきゃ、いきなり変わったりしないって。

913 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 15:21:15 ID:9K5GuEvF
あんまり露骨にキョウスケとエクセレン出すのは俺も嫌だが、まあ程度はわきまえてとだな

914 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 16:20:19 ID:GbbMPJ7r
そういやジョシュアだけだよな、アクシズ落としも完遂したシャア総帥と仲間なのって

915 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 16:56:36 ID:9hhPg1TU
>>909->>914
エクセレンの真似して自室でボニーテールするレモン様

当然アクセルに見付かるもピンクポニテに普段は見えないうなじにパニくって「わたレモン」状態に
アクセル体調リミット解除
まで読んだ


916 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 17:10:42 ID:/xgBBMUm
>>914
ホント怖ええよ助手は・・・

917 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 17:35:07 ID:1OyiagIM
>>915
うなじ…だと…?
貴様ぁ!!





貴様とは美味い酒が飲めそうだ

918 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 20:09:20 ID:6/1Mvlv4
>>915
アクセル「ついにこの伝説の究極奥義を使う時が来たか!」
レモン「な、何をするつもり?」わたわた

カッ!!

アクセル「レ〜モンちゃ〜ん!!」スポーン

919 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 20:40:11 ID:DTZv7RhQ
すかさず100トンハンマーもったラミアがアクセルごとハンマーをフルスイングするんだな
こっちは新宿の種馬な人だけど

920 : [―{}@{}@{}-] それも名無しだ:2008/11/27(木) 20:44:22 ID:uetPWpOt
レモン「……」
ぐいっ
レモン「わおわおーん……」
アクセル「鏡を見つめて髪をポニーにしながらエクセレン・ブロウニングの真似をしてらっしゃるレモンさん。
何をしていらっしゃる」
レモン「あ、あら、いたの?」
アクセル「お前が呼んだんだろう。それとも俺が洗面所にいちゃまずいか」
レモン「そ、そうだったわね」
アクセル「……お前は十分以上に魅力的だ。そんな真似する必要はないぞ」
レモン「あら、お褒め頂き光栄ね。客観的評価として、自分の容姿のレベルは理解してるつもり。それでも、他人の目は気になるの。こういう子が魅力的なのかしらって」
アクセル「……俺はああいうのより、お前やアイナさんみたいな、静かな女が好きなんだがな」
レモン「ありがと。……でもね、アクセル。女は男の為ならいくらでも綺麗になれる。
でもね、自分の為なら更に綺麗になれるの」
アクセル「染色体を別にして生まれた俺達にはよくわからん」
レモン「そういうものかもしれないわね」
アクセル「だが、男だからわかることがある」
レモン「なに?」
アクセル「お前がわおわお言っても、ちっとも魅力的にうつらんぞ」
レモン「……薄々、いえ、そのくらいわかってるわよ」

ウェン「わおわおーん……」
クリス「……うん、可愛いよウェン!」
ウェン「そ、そうなのかなぁ……」

921 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 23:39:16 ID:Hqf2kF8A
ウンブラ「にゃー」

922 :それも名無しだ:2008/11/27(木) 23:45:04 ID:Cql7P6i8
レモン 「…ちょっと背伸びしてみたんだけど、アクセルってこういう時に限って鈍感なのよね…」

鏡で自分の姿をじっと見つめるレモン。

レモン「(両手を頭の上に立てて) にゃお〜〜ん…なんてね。そういえばあの人、猫が好きなんだっけ」
レモン「猫になれば、もう少しかわいがってくれるかしら…」

〜翌朝〜

ラミア「レモン様、おはようござ…(数秒間フリーズ)…います」
エキドナ「れ、レモン様…その…おはようございます」
レモン(なにかしら、妙な視線を感じるわ…)
アクセル「…レモン」
レモン「あら、おはよ。そんなにジロジロ見たって、何もあげないわよ。それとも私の顔に何かついてる?」
アクセル「…顔にはついてないが、その、なんだ…頭に…これがな」
レモン「頭…? (さわさわ) ちょ、ちょっと何これ?!」
ラミア 「…猫耳ですわね」
エキドナ 「見紛うことない、見事な猫耳…」
レモン 「えええ!?」
クリス 「…レモンさん、スカートの裾から見えてるこれってまさか…」
レモン 「え…ひゃんっ!? さ、触らないで…くすぐったい!?」
ウェン 「これはまた、可愛いしっぽだよね」
ラキ 「…猫の尻尾だな」
ジョッシュ 「というか、何故尻尾がレモンさんに…っ!?」

923 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 00:18:24 ID:RhSxxlky
ペルフェクティオ「それも私だ」
ジジイ「ゲッターの意志だ」
ゲペルニッチ「アニマスピリチアだ」
ズール「我が超能力の力だ」
シャクティ「世界を平和にするために皆で祈りました」


924 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 00:26:34 ID:TOMwmetr
???「フフッ…グランゾンの力をもってすれば造作もないことです」

925 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 00:37:23 ID:l09ja68h
アクセル 「くそっ、容疑者が多すぎて犯人の見当がつかん…」
レモン(……)  クイクイ
アクセル 「なんだレモン、出来るだけ早めにお前を元に戻して…」
レモン 「別にすぐじゃなくていいわよ、それよりもちょっと手伝ってくれない?」
アクセル 「は?」
レモン 「尻尾がパンツで押さえられて、根元が少し痛いのよ」
アクセル 「そんなもん、自分でパンツに穴開けりゃ済むだろう」
レモン 「私、背中に目がついてないもの」
アクセル 「…面倒だが仕方ないな…部屋に戻ってろ、後ですぐ行く」
レモン 「わかったわ♪」

ラミア 「…レモン様、心無しか嬉しそうだな」
エキドナ 「わからん…余計な付属物が増えたのに、何故ああも喜べるのだ?」
クリス 「まんざらでもなさそうだよね」
リアナ 「ま、アクセルさんにしてもらえるなら当然よね」
ラキ 「…私も尻尾をはやせば、ジョシュアにもっと構ってもらえるだろうか」

926 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 06:12:43 ID:AoySwmsb
>>911
>アルフィミィがダメになるじゃない?
つかアルフィミィこそ勘弁して欲しい
OGアクセル自体がどうにもならんが

927 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 08:00:35 ID:+6UVSYii
ウンブラ「くくく……堕ちてみれば……気持ちのいいものだよ?」

レモン「ハッ!? い、今のは……?」
ラミア「如何なされました、レモン様」
レモン「い、いえ、なんでもないわ」
ラミア「そうでございますか。レモン様、ちょっとその猫耳を……」
レモン「何?」
グイッ
プチッ
レモン「……」
ラミア「……」
レモン「外れた!?」
ラミア「あっさりと」
ウンブラ「馬鹿な……その呪いの猫耳は……愛するものに引っ張ってもらわないと外れない……」
レモン「アクセル、面白がって触るだけで取ってくれないんですもの。やっぱり貴女はいい子ね、ラミア」
ラミア「そ、そんなことは……」
ウンブラ「聞け……! まぁいい……ワタシはすぐに……第二第三の破壊工作に……」
ラミア「その前にこれ、お返ししますわ」
ポン
ウンブラ「!? にゃ? にゃーにゃーにゃー!」
ラミア「愛する人に外してもらいなさいませ」
ウンブラ「にゃーにゃんにゃー!?」

928 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 09:31:46 ID:Kx0/+6WI
猫「にゃーにゃー!」
アクセル「お。お前か。
……!? 耳が二つ、尻尾が二つついている!? お前、妖怪になったのか……?」
猫「にゃっ!」
ぐいっ         ぷちっ
アクセル「ぬおっ!?……外れた?」
猫「にゃっ♪」
とてとてとて
アクセル「いたずらされたのか……?」
じーっ
ラキ「アクセル、こっちにウンブラが来なかったか?」
アクセル「いや、わからん。……ラキラキ、これやるぜ」
ラキ「? 猫の耳?」

尻尾ふりふり
ラキ「……」
耳ぴこぴこ
ジョッシュ「と、とりあえず外そうな?」
ラキ「面白いからもう少しつけるんだ」
ジョッシュ「ラ、ラキ……」

929 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 11:37:19 ID:ItemMcuM
↓ここでネコミミラキ登場

930 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 16:47:33 ID:3sMREwwo
クリフ「にゃん♪
・・・とでも言って欲しかったのかね。」

931 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 19:26:56 ID:Cp8weBz/
まさかのネコミミミニラキが!

932 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 19:47:17 ID:h6n8kCQv
ネコミミ・ラキ「大変だ、ジョシュアが逃げた!」
ネコミミ・ミィ「さすがに勘がいいですの」
ネコミミ・アクセル「まあ、大体この流れから想像出来たろうからな」
ネコミミ・リム「やっぱりラキさんに話したのがいけなかったのかな」
海産物ワカメ「・・・たぶん分かっているがあえて聴く。お前ら何をしようとしていた。」
ネコミミ・ウェン「それはね」にこにこ
ネコミミ・リム「ネコミミお兄ちゃんこそ最萌!」

ネコミミ・ラミア「策に抜かりはありませんのことですわ。」
ネコミミ・エキドナ「たった今、助手生写真で戦闘のプロと自称NTの協力を取り付けた。」
海の恵みワカメ「近いうちにルイーナに強力な戦力が増えそうだな・・・」

933 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 20:18:56 ID:+6UVSYii
あるんだよね……ネコ耳ジョッシュのイラスト……というか四コマ。

934 :それも名無しだ:2008/11/28(金) 23:41:34 ID:gHNEEJFj
ラミア「隊長、こんなところで何をしていらっしゃるのですか?」
アクセル「宇宙について考えていたところだ、これがな」
ラミア「宇宙について?」
アクセル「星について、と言ってもいい。ただ、こうやってこいつと語らっていた」
ジョッシュ「結構さ、南極からだと綺麗に星が見えたんだよな」
ラキ「私も隣で星を見ていいか?」
ジョッシュ「ああ、いいよ」
ラミア「隊長、私も……」
アクセル「そこに座れ。
こうやって星を見ているとだな……ああ、俺は宇宙の中にいるんだな、って不思議な気分になるんだ」
ラミア「そういうものでしょうか」
アクセル「そういうもんだ。なんだか、この小さな星の上と少し外側で戦争をしていることが、
バカバカしくなってくる。まぁ、北斗七星と大三角形ぐらいしかわからんがな。
ジョッシュ、何か宇宙の話をできないか?」
ジョッシュ「ン……多少はできるかな」
アクセル「なんでもいい、話をしろ」
ラキ「私も聞きたいな」
ジョッシュ「そうだな……モンティ・パイソン風に話すか。
俺達のこの地球は、現在時速1400キロで太陽の周りを回っている。
そして、天の川の中のあらゆる星は一日に160万キロ移動している。
銀河系には1000億の星があり――端から端まで10万光年だ。
中心の厚さは1万6000光年で、地球の位置なら3000光年だ。
地球は中心から3万3000光年のところにあって、銀河は2億年周期で回っている。
で、そういう俺達の銀河はさらに宇宙の無数の銀河の一つに過ぎないわけだ。
光の速さは秒速1900万キロで、一光年はつまりその光が一年で到達できる距離ってことをお忘れなく、な」
アクセル「……」
ラミア「……」
ラキ「ふむ、宇宙は広いのだな。そして星は綺麗だな」
ジョッシュ「ああ、凄く広いよ。だから、マクロスの旅は、永遠に続いていくんだろうな」
アクセル「なぁ、W17。俺は本当に宇宙の中にいるんだろうか」
ラミア「よくわからなくなってきましたわ……」
アクセル「……今は星を眺めておくか。おい、W17、今ならどれでも好きなのをプレゼントしてやる。
全世界の人間に、いつでも見せびらかせられるぞ」
ラミア「そういうジョークは、レモン様におっしゃってください」
アクセル「話がわからんヤツだ」
ラミア「私が欲しい星は薬指に落ちてほしいのですわ」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
ラキ「……私も、いつかあそこに行けるだろうか?」
ジョッシュ「……その時は、俺もついていくよ」
ラキ「来てくれるか? 世話をかけるな、ジョシュア」
ジョッシュ「構わないさ」


ウンブラ「本当に……宇宙、滅ぼせるの……?」
ペルフェクティオ「なんだか自信なくなってきた……」

935 :それも名無しだ:2008/11/29(土) 21:32:43 ID:eliKMY+Z
アクセル「……」
ラミア「如何なされましたですか? 落ち着かないように周囲を眺めて」
アクセル「物資調達にシティ7に来たはいいが……なんだ? 何かの祭りでも始まるのか?」
レモン「バカね、もうクリスマスよ」
アクセル「なに!? まだ11月だぞ!?」
レモン「もう12月、ね」
アクセル「俺は昔っから、あのクリスマスって雰囲気になじめん。
何の縁で、イエスさんの誕生日を祝わなくちゃならないんだ」
レモン「まぁそれもそうねぇ」
ヴィンデル「そういうわけで、今年は年末のバカ騒ぎは禁止だ」
アクセル「よし、W17、シャンパン買って七面鳥も予約だ。金はやる」
ラミア「お釣りでグミを買ってもよろしいでしょうか?」
アクセル「ああ。構わん」
ヴィンデル「貴様ら……!」


クリス「靴下はね、こうやって編むんだよ」
エキドナ「ほつれないようにしっかりと、な」
ラキ「なるほど……もう少しお前達の手の動きを見せてくれ」

ジョッシュ「何をしてるんだ、三人で」
ウェン「クリスマスのプレゼントをいれる靴下を作ってるんだって」
ジョッシュ「ああ……。
(……あのサイズ、靴下か?)」

ラキ「(ジョシュア……)」
クリス「(ウェン……♪)」
エキドナ「(隊長……)」

936 :それも名無しだ:2008/11/30(日) 04:46:33 ID:nJDOWJR9
寝袋サイズと申したか

937 :それも名無しだ:2008/11/30(日) 15:10:20 ID:Ov88RR4l
レモン「それは、『貴方が欲しいの』って意味?
『私をあげる』って意味?」
エキドナ「そ、それは……」
ラキ「私はジョシュアが欲しい」
クリス「私もウェンが欲しいなぁ」
レモン「あらあら」
エキドナ「わ、私でよければ……た、隊長に差し上げたてまつり……」
レモン「言語パターンが壊れてはじめてるわよ。
もう……可愛い子なんだから。
じゃあ指南してあげないといけないわね」


ラミア「隊長の体のサイズは……」
アクセル「早く測り終えろ」
ラミア「私は万全を期して作りたいのですわ」
アクセル「(何作るんだ? まぁ……こういう毒気のないことなら嫌いじゃないんだが)」
ラミア「(隊長捕獲ネットのサイズはこのぐらいか……)」
『あ……ひゃん……や、やめてください』
『これぐらい我慢しなさい』
アクセル「……何の音だ。ちょっと調べてこい」
ラミア「はいな」

レモン「いい? リボンをここで交差させてこう巻いて……はいできた! これで、プレゼントフォーユーって……」
エキドナ「ほ、本当ですか?」
リアナ「レ、レモンさん、これ、際どい縛り方じゃないかな」
レモン「あら本当。いつのまにか亀甲縛りに。
そうじゃなくてここをこうして……で、リボンをこう巻いて……」
エキドナ「あ、あっ、レモン様、そこは……」
ラキ「エキドナの弱点はここか?」

ラミア「プレゼントの包装をしていただけなので悪しからず」
アクセル「そうなのか」

938 :それも名無しだ:2008/11/30(日) 23:39:28 ID:qhOY42aQ
ラミア「隊長は欲しいものはございませんか?」
アクセル「俺は、自分が欲しいものは他人から貰わない主義なんだよ。
何が悲しくて白い服着た赤髭親父にプレゼントを頼まなくちゃならん」
ラミア「赤い服着た白髭のご老人だと思いましが」
ラキ「……」
ジョッシュ「どうした、ラキ?」
ラキ「ジョシュア、よく考えたら、サンタとは泥棒ではないか」
ジョッシュ「え……い、いや、泥棒じゃないよ。
子供にプレゼント配るんだから……」
ラキ「ジョシュア……。
いくら私でも、不審者とそうでないものくらいわかるぞ?」
ジョッシュ「だ、だから、そうかもしれないけど、違うんだよ……」

939 :それも名無しだ:2008/12/01(月) 09:58:21 ID:b+H6LAGb
イグニス「ちっ、なんで俺がこんな珍妙な格好せにゃならん!」
コンタ「クククッ、奴らが無限稼ぎを行うから、我々はいつでも資金難なのだ」
アクイラ「六匹の下僕を従え、光速でこの星を駆け巡る、血のような赤い服をまとった、あらゆる障壁をものともしない老人……
猛者はいるものだな」
ウンブラ「ジングル……ベール」

アクセル「奴らがアルバイトをしとる」
ミィ「やっぱりサンタは不審者の代名詞ですの」
ウォーダン「うむ」
エキドナ「……」

940 :それも名無しだ:2008/12/01(月) 16:39:30 ID:cgaegraA
>ウンブラ「ジングル・・・ベール」
ちょっと萌えた

941 :それも名無しだ:2008/12/01(月) 23:58:02 ID:J2EsOK4K
他のカップルはクリスマスまでに何かあって、当日までハラハラする展開があるけど、このスレのカップルには関係無い話だな。

942 :それも名無しだ:2008/12/01(月) 23:58:40 ID:wZkcev7A
ラキ「師走か!」
ミィ「師走ですの!」
アクセル「東方不敗に走ってもらうよう頼むか?」
師匠「ようし! ならばやってやる! だからお前はアホなのだぁぁぁぁぁ!」
アクセル「ふごぉ!?」
クリス「でも、先生って人はいないよね、私達。オリファーさんくらい?」
ラミア「バニング大尉などがそうかと……」
アクセル「教官ねぇ……というか、シャドウミラーは元々アグレッサー部隊の面を持ってるしな」
ジョッシュ「そうなのか?」
アクセル「ああ。適切に敵の戦力を把握し、シミュレートする……そういうノウハウを元に、俺達は部隊を組んでるからな」
ミィ「じゃあアクセルが走れですの」
アクセル「イ・ヤ・ダ」
クリフ「なるほど……。敵の戦力を、ね……。
まさかとは思うが、敵の兵器を鹵獲したりしてませんかね」
ヴィンデル&レモン「「(ギクッ)」」
アクセル「……」
ラミア「……」
ジョッシュ「……」
ラキ「……」
レモン「い、嫌ねぇ、倒した敵機からパーツを漁ったりしてるけど、
ザンネックとかゲンガオゾとかドロシー1とかツインボーグとかゲッタードラゴンとか
ビルゴとかエンガーゾルンとかギシンメカとか回収及び改修して秘密のケージに収容してるなんて、
そんなことないじゃない」
ヴィンデル「まったくだ。うむうむ、そんなことするはずない」
ジョッシュ「……」
ラキ「ジョシュア、レモンはどう見ても嘘をついているぞ」
ジョッシュ「こ、こら、言っちゃいけない。後で大佐にこっそり報告しておこう……」
レモン「あぁ、だめぇ」
アクセル「あるんなら乗せてくれよ」
エキドナ「まったくです」

943 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 00:02:20 ID:mvgSDvFJ
ラミア「そういえば…前に皆でお鍋をつつきましたね」
アクセル「ああ、そんなこともあったな。ふむ…クリスマスの前にまたやるか」
エキドナ「よろしいのではないでしょうか。…W17、貴様との鍋早食い対決も決着を付けたいしな」
ミィ「そういえばうやむやで終わった気がしますの。よろしいですの、どうせ私の勝利は目に見えていますが
   遊んであげますの」
ラミア「大口をたたくと後で公開しまくりやがりますわよ?」

レモン「そうねぇ…せっかくだから勝った子にはクリスマスにアクセルとデートの権利を
    あげちゃおうかしら」
ラミア「ま、マジでございますかレモン様!」
エキドナ「勝つ…! この勝負絶対に勝つ……!」
ミィ「おっぱいナンバーズなんか軽ーく蹴散らしてクリスマスはアクセルとデートですの!」

アクセル「お、おい! レモン!」
レモン「別にいいじゃない。こんなにも慕われてるんだからたまには付き合ってあげなさい」
アクセル「……俺は…お前と…」
レモン「いつもクリスマスは私とだから今年くらい良いじゃない」
アクセル「お前は…それでいいのか?」
レモン「ええ。…そのかわり、クリスマスが終わってから正月が明けるまでは予約済みにさせてもらうわよ?」
アクセル「…了解した。まあ、キリストさんの生まれた日がデートに一番良い日ってわけでもないな」
レモン「そゆこと」



ウンブラ「鍋……闇鍋の……チャンス…」


944 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 00:08:33 ID:nAJJPzAt
>>943
>おっぱいナンバーズ
妙にゴロが良くて気に入ったw

筆頭はラミア、続くはエキドナ、更にアシェン・カルディアか?

945 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 08:18:33 ID:aeb4LH8H
意外とウォーダンが筆頭だったりしてな

946 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 09:19:00 ID:7Sx1d5Gy
そういや、男用のブラジャーが流行ってるらしいね。
なんでも、「優しい気持ち」になれるそうだ。

947 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 11:16:53 ID:DNNye1mq
アクセル「ところでウェントス、あっちの方はどうなんだ?」
ウェン「アッチ?」
アクセル「アレだ、アレ。ちゃんとリムを喜ばしてるか?」
ウェン「はぁ……」
アクセル「お前だって男なんだからな、しっかりやることやらないと……」
レモン「変なこと吹き込むのはやめなさい」
アクセル「み、耳引っ張るな!」
ウェン「……」


クリス「どうしちゃったの、ウェン?」
ウェン「え?」
クリス「今日はいつもよりも多く家事してくれるんだね。何かあった?」
ウェン「……うん、考えてたんだ」
クリス「何を?」
ウェン「どうすれば君が喜んでくれるかな、って」
クリス「そうだね……。訓練を上手にできたときとか、ココアが美味しかった時とか、
洗濯物がパリッと乾いた時とか、綺麗な服を見つけた時とか、おもしろい映画を観た時とか、今日も元気に帰れた時とか、そんな感じ」
ウェン「……君は、いつも嬉しく生きているんだね。
心から羨ましいよ」
クリス「でも、ここにウェンがいなきゃダメ」
ウェン「ン……」
クリス「ここにウェンがいるから、楽しいことが楽しくなるの。本当よ」
ウェン「……」
クリス「私も聞きたいな。ウェンの嬉しいこと」
ウェン「……君がいること、かな。それ以外にどんなことが嬉しいのか、よくわからない」
クリス「わかるよ。生きてるって嬉しいことなんだから」
ウェン「……うん」
クリス「……あ、もう一つ嬉しいこと、あった」
ウェン「なんだい?」
クリス「……今夜は、その、添い寝してくれたら、嬉しいなぁ」


アクセル「で、どうなんだ?」
ウェン「何が?」
アクセル「リムともう寝たのか?」
ウェン「うん、寝たよ」
アクセル「そうかそうか、それはよかった」
ジョッシュ「(……多分そういうニュアンスじゃないんだろうが、別に困らないからいいか)」
ラキ「ジョシュア、今夜は私もお前と寝たい」
ジョッシュ「え、えぇ?」
ラミア「私も隊長と」
アクセル「ベッドの下なら許してやる」
ラミア「いけずぅですわ」

948 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 12:40:33 ID:7pwsBb9v
>>946
アクイラ「ブラじゃないぞ、大胸筋矯正サポーターだぞ」

949 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 14:19:45 ID:+HNJ0u+V
>>939
よくよく考えたらお前らバイトするより市街地襲撃して強盗ついでに虐殺していけば負の感情もゲット出来てお得じゃね?

950 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 14:34:21 ID:ahSFANbT
ヒント:シングルヘルな人々

951 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 15:41:12 ID:94Mj2DyE
>>950
悲しいわっ!!

952 :それも名無しだ:2008/12/02(火) 18:31:31 ID:CP67a96i
ウンブラ「ワタシ達も……シングルヘル……だね」
コンタ「クククッ、我らは破滅を撒き散らす者。関係あるまい」
アクイラ「うむ」
ウンブラ「それも……そう……はっ」
イグニス「……」
どよーん
ウンブラ「……」
コンタ「……」
アクイラ「……」
ウンブラ「……よ、四人で……作戦会議でも……しよっ」
コンタ「クッ、ククク、そうするか」
アクイラ「そ、それも悪くなかろう」
イグニス「気にしちゃいねぇよ……今度こそ、人間と裏切り者は始末するだけさ」
ウンブラ「そ……その……意気……あっ、ちょっと隠れて」
ラキ「ジョシュア……そろそろ新しいコートを買ったらどうだ?」
ジョッシュ「ン……俺は今のままでいいさ。ラキこそ新しい服が要るだろ?」
ラキ「私は、お前が思っているより寒く感じていないから……」
ウェン「あ、リム。ジョシュア達だよ」
クリス「お兄ちゃん! 買い物終わったよ!」
ジョッシュ「そうか」
ウェン「重くないかい? 手が空いてるし、僕が持つよ」
ラキ「そうか? では半分頼む」
クリス「ん……ラキさんとウェン、なんだか兄妹みたい」
ラキ「そうか?」
ジョッシュ「言われてみれば、な。さぁ、戻るか」

イグニス「殺す! 絶対殺す! 特に失敗作は絶対殺す! ゼッコロ!」
アクイラ「見苦しいから少し黙れ」
ウンブラ「ワタシは……行かない……から」

953 :それも名無しだ:2008/12/03(水) 00:34:51 ID:a4h6bYU5
>>952
イグニス・・・
安心しろ、骨は拾ってやる・・・
なんて言いつつ、助手ラキリムウェン大好きですけどね、俺。

954 :それも名無しだ:2008/12/03(水) 02:14:22 ID:JZx+wtXe
イグニスがしっとマスクになりそうな勢いだな

955 :それも名無しだ:2008/12/03(水) 06:45:37 ID:/bF4Z8Se
最近のラキは「イグ…ニス…?」な勢いだから怖い

956 :それも名無しだ:2008/12/03(水) 16:34:50 ID:YRtW26F0
ごめん覚えていない

957 : [―{}@{}@{}-] それも名無しだ:2008/12/03(水) 18:13:13 ID:JjhX/7R6
ラミア「思い出す、とは、どういうことでしょうか?」
アクセル「そのままの意味だろう。忘れていたことが、また顔を出す……ってな」
ラミア「……なぜ忘れてしまうのでしょうか」
アクセル「何?」
ラミア「後になって再構築する重要なことなら、忘れなければよろしいものを」
アクセル「……わからんものさ。それが大事な記憶かどうかなんぞ。
その時は、記憶するまでもない些細な記憶と思っても、後になってみれば、
忘れちゃいけない大事な記憶だって気がついたりする。
忘れて、思い出して、その連続だ。お前は羨ましいな、忘れなくてすむから」
ラミア「忘れませんが――思い出しません」
アクセル「そういうものか……」
ラミア「隊長、隊長が忘れてしまっても、私は覚えています。
もし私が忘れてしまったら、隊長が思い出してくださいませ」
アクセル「……覚えてない、思い出せないなら?」
ラミア「また作りましょう、記憶を」
アクセル「……悪くない提案だな。完全に忘れた思い出は、未来にしかないんだろうな」
ラミア「隊長……ところで、今夜は私と同衾するという約束がありましたが、
忘れてはいませんか?」
アクセル「でぃぃぃぃぃぃぃぃぃやっ!」
ラミア「いゃん」

958 :それも名無しだ:2008/12/03(水) 23:59:59 ID:in5RTsuD
ヴィンデル「まだもうろくするような年ではないのだが……何か忘れている気がする」
レモン「変ね、私もだわ」
エキドナ「私も、物忘れをするように作られてはいないのですが」
テーン「大佐、データ揃いました」
ヴィンデル「まぁいい。では、これよりギシン部隊との戦闘に関するブリーフィングを始める」

影鏡士官「艦長、ブリーフィングに参加しなくていいんですか?」
リー「何? 初耳だぞ?」

959 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 13:46:09 ID:USOlBlAY
ジョッシュ「ウッソからミョウガを貰ったんだ。調理してみたんだが、飲むか?」
アクセル「もらおう。
ズズ……ん、いい味だ」
ラミア「ミョウガを食べると物忘れがひどくなると聞きます」
アクセル「迷信だ、迷信。そんなの信じてどうする」
ラキ「メイシン?」
ジョッシュ「理由はないけど昔から信じられてるものさ」
ラキ「つまり……お前が言っていた、神、とは迷信なのか」
ジョッシュ「……難しいな」
アクセル「迷信もいくとこいけば、伝承なんだな、これが」
ラミア「正確な相関関係にないのに、そうするよう命じられるのは、甚だ困惑しますわ」
ラキ「……しかし、皆が信じているというのならば、何かしらの力をもっていても、おかしくはない気がする」
アクセル「それもそうだな。
で、ミョウガ料理はまだか」
ジョッシュ「……」
ラキ「……」
ラミア「隊長?」
アクセル「あ?」

960 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 17:41:58 ID:KbhdBh47
(アクセル隊長はヴィンデル様の人形)
アクセル「だが、俺は望んで人形になった!」
(! つい、いけない想像をしてしまった)

961 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 18:26:49 ID:PGC8q9fl
>>960
何故だろう
腐女子のレスが大嫌いなのに
キャラクターが腐女子チックなのは可愛く見えるのは

962 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 19:27:02 ID:ihdeEJHk
>>961
某白い悪魔が腐女子になのかとおもた

ラキ「白い悪魔・・・・は昔のアムロのガンダムだな?ブライトから聞いたのを覚えている」
助手「この場合は違うんじゃないかなぁ・・・・」
ラキ「? アムロ以外にも同じ二つ名を持つ人間がいるのか?」
助手「・・・難しいな」

ラミア「頭冷やしやがれでございます・・・・アクセルシューター!!」
アクセル「ぬぉォォォォォォォォ・・!!」
キラーン

963 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 19:44:22 ID:svzimvyL
>>962
いやラミアお前そこはファントムフェニックスでいいだろ、中の人的に考えて

そういやアシェンの転移した某ホルスタインは「全力全開」とか言ってたな

964 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 20:25:59 ID:USOlBlAY
ヴィンデル「私の人形と」(指をゴキゴキならしてるヴィンデル)
レモン「私のお人形、どちらがいい?」(メスと注射器持ってるレモン)
アクセル「はい、えー、その……」

ヴィンデル「ほぉ……無垢な赤子のように、綺麗な体だ……。
くっくっくっ……喜べ、これからたっぷり地獄を見せてやるぞ」
アクセル「嫌だーッ!」

レモン「さぁ、今日はどんなお医者さんごっこがいい? 尿結石? 肛門ヘルペス?」
アクセル「こっちも嫌だーッ!」

ラミア「私の人形にしてあげてもよござんすよ?」
アクセル「俺は……」

965 :それも名無しだ:2008/12/04(木) 20:33:34 ID:K/6aj7UM
助手「正直ヴィンデル大佐ならまだいいと思う」

ゲッターチームやプロがアップを始めたようです

966 :それも名無しだ:2008/12/05(金) 05:51:38 ID:O/o29hKT
アクイラ「腐の感情を垂れ流しにする方法があると聞いて来ました」
(脱いだパンツをさりげなく頭にかぶりながら)

967 :それも名無しだ:2008/12/05(金) 09:08:18 ID:vPmMoq+6
エキドナ「(男と女でもよくわからないのに、男と男が体を重ねるなどどういうことなのか)」
アクセル「おい、W16」
エキドナ「は、はい?」
アクセル「さっきから意見を求めてるんだ。お前の観察眼ではどう映る?」
エキドナ「そうですね……この地点で受けに徹し、増援を配置し、一転攻めに転ずるのが……。
(! 受けとか攻めとか、何を言っている私は!)」
アクセル「悪くない作戦だ。よし、ジョッシュ、俺は受けに回る。貴様は攻めの準備をしておけ」
ジョッシュ「わかった」

タパタパ
エキドナ「リムスカヤ、ティッシュはないか? 鼻腔内出血が……」
クリス「? はい、どうぞ」

968 :それも名無しだ:2008/12/05(金) 13:24:19 ID:xdLXwHeO
なんとなくだが、レモン様はラミアやエキドナが腐に目覚めても成長を喜びそうな気がする


969 :それも名無しだ:2008/12/05(金) 14:18:52 ID:x5dw3yhx
しかしすぐにアクセルを使って正常な道に引き戻すから無問題

970 :それも名無しだ:2008/12/05(金) 22:33:31 ID:S2PgebZs
ウォーダンを調整し
妹萌えで遊ぶレモン様

971 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 00:32:19 ID:Gk3IcoQz
レモン「もう大丈夫よね、W17」
ラミア「はい、もう男色に傾倒したりしませんわ」
レモン「よろしい」
ラキ「ラミア」
ラミア「はい?」
ラキ「緊急で運ばれたと聞いたから心配したぞ。もう大丈夫か? 大事ないか?」
ラミア「ええ、この通りですわ。ラキさん」
ラキ「そうか。この後模擬訓練だ。体に気を付けるんだぞ」
ラミア「――はい」(うっとり)
レモン「……あら?」

972 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 01:09:26 ID:d29tNZmr
>>967
萌えた

973 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 12:59:50 ID:9RKjlJoz
>>971
だめだ・・・ラミアを早くなんとかしないと・・
助手が・・・助手がまた飯抜きにするぞっ!!
ってか過去スレの学園編で「女生徒にもててる」て設定だったよな、ラキ。

974 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 15:35:38 ID:12nSu10H
ラミア「エキドナ姉様〜♪」
エキドナ「や、やめろ! 気持ち悪い!」
ラミア「も、申し訳ございませんわ、エキドナ姉様……」
エキドナ「……(きゅん)。
ま、まぁ、節度さえ弁えれば……」
ラミア「アルフィミィ〜♪」
ミィ「やかましい! 欝陶しいですの!」
エキドナ「……(しゅん)」

レモン「も、もう、どう調整すればいいやら」
アクセル「それだけヤツの思考が複雑化してきたってことだ。いいことなんじゃないか? これが」
ラミア「隊長〜♪」
アクセル「でぃぃぃぃやっ! これは変わらんのか!」

975 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 22:09:05 ID:XWd08Yyw
エキドナが隊長に似てきてる…

976 :それも名無しだ:2008/12/06(土) 23:18:38 ID:P88gaIMa
そりゃペットは飼い主に似るというj(マトリクスミサイル

977 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 08:04:01 ID:h/akrk1M
ラキ『ぅ…く、クリアーナ、これ以上、は…』
リム『何を言ってるんです?まだ先っぽが入っただけじゃないですか』
ラキ『っ――しかし…あっ…だ、だめ…ッ』
リム『クスッ…全部入っちゃえば気持ちよくなりますよ…えいっ!』
ラキ『ひぁっ!?や、やめ…うあぁぁ!』


ドッボーン

ラキ『ぷはっ!い、いきなり何をする!?』
リム『あはは、ごめんなさい。でも肩までつかると気持ちいいでしょ?お風呂って』
ラキ『むぅ…』
リム『さ、次はシャワーの使い方の勉強ですよ!』

*****



978 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 08:11:05 ID:h/akrk1M

*****

影鏡兵A「…と、これがあるルートから入手したラキさんのはじめてのお風呂の音声だ」
影鏡兵B「オイオイ、うっかりイケナイ想像しちまったじゃないか」
影鏡兵C「いやぁ、音声だけってのもなかなか…」
影鏡兵D「な、さっきんトコ、もう1回――」

ピシィィィッ

影鏡兵B「な、なんだこのプレッシャー…」
影鏡兵D「体が、動か…っ!?」

?「…こんな所で、何をしているんです…?」

影鏡兵A「ヒ、ヒィィィィィ!?」
影鏡兵C「は、破滅の…破滅の王子g――」



ヴィン「…何だあの壁の大穴は」
アク「俺じゃないぞ」

979 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 10:29:56 ID:67F8pvXD
エキドナ「レモン様……調査が終了しました。浴場の清掃マシンから、
こんなものが……」
レモン「ご苦労様。……これは!? 実在していたというの……!?」
エキドナ「?」
レモン「U・Eデバイス……!」
エキドナ「U・Eデバイス……とは!?」
レモン「あるカサレリアのアスペシャルの少年が作ったというデバイス……。
その効果は、独立部隊ブルースウェアに一時的な不協和音を齎したほど……。
アムロ・レイが破棄したはずなのに……」
エキドナ「どのような効果なのですか?」
レモン「これを組み込まれたメカは、たわいのない玩具であろうと、究極の盗撮メカに変貌するのよ……!」
エキドナ「そ、そんなものが……!?」
レモン「……。

男湯用に改造しておきましょう」
エキドナ「賢明です」

980 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 11:57:21 ID:plYb4v/u
そろそろ次スレ建てますね。

981 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 12:05:26 ID:plYb4v/u
新スレどうぞ。
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1228618969/

982 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 20:12:15 ID:GMrGnntZ
>>981
好きなだけ休んでくれ

983 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 21:24:21 ID:DC0GNwFu
オツナヤツメー

984 :それも名無しだ:2008/12/07(日) 23:15:54 ID:iwE1s+T+
乙ーそして埋めー

985 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:16:38 ID:eOnZMoAg
うめ

986 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:17:29 ID:eOnZMoAg
うめ

987 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:18:02 ID:eOnZMoAg
うめ

988 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:19:02 ID:eOnZMoAg
ume

989 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:19:36 ID:eOnZMoAg
ume

990 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:20:15 ID:eOnZMoAg
ume

991 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:20:51 ID:eOnZMoAg
ume

992 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:21:29 ID:eOnZMoAg
ume

993 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:42:24 ID:eOnZMoAg
ume

994 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 03:43:06 ID:eOnZMoAg
ume

995 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 08:39:07 ID:71ds6KnN
>>995なら、ラキとジョッシュは新婚。

996 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 08:41:50 ID:75E6z/DV
>>996ならアクセルとラミアも新こでぃぃぃぃやっ!

997 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 08:43:09 ID:ykkTpr0F
>>997ならみんな三頭身

998 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 09:25:00 ID:Zvzpj86B
>>998なら次スレではリー艦長大活躍

999 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 09:52:57 ID:siDapl5s
>>999なら>>995-1000まで無効

1000 :それも名無しだ:2008/12/08(月) 10:02:04 ID:75E6z/DV
>>1000なら>>999無効

1001 :1001:Over 1000 Thread
┏──────────────────────┓
│            [インターミッション]             │
│──────────────────────│
│  ユニット能力   ユニットの改造   武器改造  │
│ パイロット能力  パイロットのりかえ  妖精のりかえ │
│  強化パーツ   ユニット換装      オプション   │
│   セーブ       ロード       ポケットステーション │
│〔次のスレッドへ〕                           │
│                                │
│次のスレへ進みます。                        │
│──────────────────────│
│  総ターン数_1000       資金___1000    │
│第1話『このスレッド』までクリア.                │
┗──────────────────────┛


457 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)