5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

CSKA Moscow 本田圭佑 part171

533 :名無しに人種はない@実況はサッカーch:2010/06/26(土) 13:36:50 ID:bO4FFOwO0
金子達仁W杯戦記 (スポーツニッポン26日朝刊より)

本田に同感 ”日本はまだまだ途上国”

少し謙虚になってみようイタリアの1次リーグ敗退には、それもグループリーグ最下位での敗退には世界中が腰を抜かしたはずだ。
では、前回覇者はニュージーランドよりも下手くそなチームだったのか?スロバキアよりもパラグアイよりも個々の能力で劣るチームだったのか?
そうだと自暴自棄で答えるイタリア人は多いだろうが、そんなはずはないと見る第三者はもっと多いに違いない
これからはセリエAでなくニュージーランドリーグを見るなどと考える人が、世界中にどれだけいるだろうか。
日本は勝った。しかし、それは日本のサッカーがデンマークよりも、全敗でグループ最下位に終わったカメルーンよりも優れてたからというわけではない。
残念ながら、まだ、ない。「嬉しいけど、何か喜べない。目標ははるか先にある」
試合後、本田はそう言ったという。勝ったこと、決勝トーナメントに進出できたことは嬉しい。けれど、日本がデンマークよりも明らかに優れていたから勝てたわけではない。
ゆえに、なにか喜べないものがある。彼の心情を代弁すれば、そんなところだろうか。わたしは、自分が死ぬまでにW杯で優勝する日本が見たいし、それは可能なことだと思っている。
本田は違う。中田英寿がそうだったように、どうやら、彼は自分が現役のうちに世界の頂点に立つことを考えている。だから、喜べない。
現状を考えれば会心であったけれど、内容で圧倒したわけではない勝利は喜べない。なんと頼もしいメンタリティーであることか。
日本はE組で2番目にいいチーム、というわけではなかった。ただし、E組はおろか、他のグループすべてを見渡してみても、かくも大きな成長を遂げた国はなかった。
カメルーン戦でまるでできなかったこと、やろうとさえしなかったことを、デンマーク戦での日本選手たちはやろうとし、時にやってのけた。その象徴が、相手を完全に崩しきって奪った
岡崎の3点目だった。なぜ日本はこんなにも変われたのか。大会前の準備がひどすぎたから、だとわたしは思う。
まるで自信がない状態で大会に臨んだゆえに、決して喜べる内容ではなかったカメルーン戦の勝利でも、選手たちは自信をつかむことができた。
嬉しいけれど、何か喜べない。わたしも、まったくもって同感である

240 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)