5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゲイが親孝行を考えるスレ

1 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/09(水) 23:57:20 ID:/sTgdeyo
なにができるのか

2 :ンギモッヂイイ ◆taIZZWMjp. :2009/12/09(水) 23:59:22 ID:ltdJ6rkS
>>2ならチンコ晒す

3 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 00:11:43 ID:H+i4JrpF
小1の秋に母親が死んで、俺は親父の飯で育てられた
当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらなかった
また母親が突然いなくなった寂しさもあいまって癇癪おこして大泣きしたりわめいたり
ひどい時には焦げた卵焼きを親父に向けて投げつけたりなんてこともあった
翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り
俺は嫌でたまらず、一口も食べずに友達にちょっとずつわけてもらったおかずとで腹を満たした
弁当の中身は道に捨ててしまった
家に帰って空の弁当箱を親父に渡すと親父は俺が全部食べたんだと思い
涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で「全部食ったか、えらいな!ありがとうなあ!」と言った
本当に嬉しそうな声と顔だった
でも俺は本当のことなんてもちろん言えなかった
しかしその後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていたことを親父に言ってしまった
親父は相当なショックを受けてて、先生が帰った後も俺に対して怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた
さすがに罪悪感を覚えた俺は気まずさもあってその夜は早々に布団にもぐりこんだ
でもなかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父のところに戻ろうとした
流しのところの電気がついてたので皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら
親父が読みすぎたせいかボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた
で、俺はその時ようやく自分がとんでもないことをしたんだってことを自覚した
初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい謝ろうにもなかなか踏み出せない
結局俺はまた布団に戻って心の中で親父に何回も謝りながら泣いた
翌朝、弁当のことや今までのことを謝った俺の頭を親父はまたぐりぐりと撫でてくれて
俺はそれ以来親父の作った飯を残すことは無くなった
その親父も去年死んだ
病院で息を引き取る間際に悲しいのと寂しいのとで頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら
「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」とか
何とか言った俺に対し、親父はもう声も出せない状態だったものの微かに笑いつつ頷いてくれた
弁当のこととか色々思い出すたび切なくて申し訳なくて泣きたくなる

4 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 00:42:45 ID:e/0H453J
やらないか浜松

5 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 01:23:25 ID:92ht6drh
やらねえよ死滅しろ

6 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 04:17:51 ID:4UUlEXJs
ガチゲイ筋肉獣のナルシスト鏡面オナヌィーに乾杯!

7 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 08:47:48 ID:NZ1Y58S3
アナ水ってどんな水ですか?

8 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/10(木) 08:55:33 ID:tP0kaLIZ
子供の頃、家は貧乏だった。
母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。
学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。
別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、
高校の入り、進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。
俺は大学に進みたかった。
美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。
しかし進学するのに必要なお金など、どう考えても捻出できなかった。
毎日、昼のパート、夕方からのパートと掛け持ちで働き、くたくたになっている母親に、
「何で進学できないんだよ!子供の進学資金も出せないようじゃ親失格だぜ!」と言ったことがある。
母親は涙ぐみ何も言わなかった。
その姿にハッと我に返ったが、ぶつけようのない悔しさが邪魔をしてそのまま謝りもしなかった。
しばらく後になって、あの時なぜ謝らなかったのだろうと猛烈に悔やむことになった。
母親は事故で亡くなり、直接謝ることは出来なくなってしまったのだ。
パートの帰りの運転中の事故だった。
交差点に突っ込んでの事故で、ブレーキ痕もない、過労だと思う。

葬式の後、母の部屋を整理していて日記とも家計簿とも取れるようなノートを見つけた。
食費や光熱費、、、俺は家計をやりくりした事など当然ないが、
そんな俺が見てもギリギリの生活だった。
母親が自分のために使ったものなど何一つなかった。
なのに、、俺のための進学のための貯金があった。
ぎりぎりの生活の中で、本当に数百円の単位で毎月貯金してあった。
俺が怒鳴ったあたりから、パートの時間が増えていた。
後でわかった事だが、パートの勤務時間を頼み込んで増やしていたようだ。
俺はバカだった。
自分のことだけだった。
母の笑った顔を最後に見たのはいつだったろう?
俺は何一つ親孝行などしてない、母がいなくなってから、後悔の連続だった。
苦労ばかりかけて、自分のことばかり考えていた。
何の親孝行もしていない。
なぜあんな事を言ったのか、心から母に謝りたかった。
そんな時、ものすごくリアルな夢を見た。
夢の中で母親は居間で座っていた。
母を見つけた俺は、泣きながら母親に詫びた。
何もしてやれないで、ひどい事を言って、ごめんと。
本当に子供のように泣いた。
母親は俺の手を握って、「謝らなくちゃいけないのはお母さんだから、、ごめんね」と言った。
それを聞いて、俺はますます声をあげて泣いた。

9 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/14(月) 20:58:31 ID:vlNi2cKA
感謝するぜ

10 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/20(日) 04:14:43 ID:tuXUe6IA
感激

11 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/28(月) 08:26:18 ID:8/6YbEHK


12 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/28(月) 08:45:21 ID:VMhE4s9n
アラレちゃん

13 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/28(月) 12:15:54 ID:1ghf4Slu
親CowCow

14 :ウホッ!いい名無し…:2009/12/28(月) 17:42:59 ID:B+uTWkPS
伊勢丹バックのスーツの人?

15 :ウホッ!いい名無し…:2010/07/24(土) 02:28:10 ID:UwsSOg7C
a

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)